Ayurveda&SocialWork研究所युक्ति 

カウンセリングをメインとして、セルフケアプランのお手伝いをします。
オンラインやメールでご相談対応可能です。お気軽にお問い合わせください。

三鷹市 |映画上映会“防災×障がい者”「逃げ遅れる人々」 24/11/2022

三鷹市 |映画上映会“防災×障がい者”「逃げ遅れる人々」 三鷹市では、毎年12月3日から9日の障害者週間にあわせて障がい者への理解を深めるため心のバリアフリー推進事業に取り組んでおり、今年は生涯学習センターで防災×障がい者の関する映画の上映会を行ないます。▼内容…

15/09/2022

サービス管理責任者初任者研修、というのに参加し、終了しました。5日間40時間のオンライン研修で、もう腰や眼が痛くなる身体はっての研修。

サービス管理責任者とは、福祉の業界で、障碍者や高齢者の利用者さんが利用する施設が提供するサービスを管理する役職です。

社会的に自立が難しい人や、意思疎通が難しい人、一般企業で働けない人、病気や障害を抱えている人、そのような多様な方が社会と接点を合わせられる場所は、それなりの専門職の配置のある施設になります。
より丁寧に、深く、その人を理解し、提供できるサービス(作業ともいうし、ひいては支援ともいいます)を展開させるためには、人を理解しながら制度につなげていくことが必要で、専門職にはクリエイティブな思考や、アクティブさ、判断力や明晰さはもちろん、人間的な大きさが求められます。

セラピストやカウンセラーは、クライアントそのものを診ていきますが、上記のソーシャルワークは、クライアントとそのつながる世界を見ていくわけで、わたしが魅力的な仕事だと思うのは、世界とのつながり方を創造していく、ということです。

写真にあげたのは、ニーズ整理表、とストレングスとウィークネス対比表。
ニーズには、クライアントの主観ニーズと支援者の客観的ニーズがあり、その総合的なニーズを支援に生かすという技術。
ひとつひとつのクライアントのニーズ「働きたい」「お金をためたい」などのビーズを付箋に書きだします。夢や希望、理想、妄想、いろんなことが整理されていきます。

また、クライアントの強み、ストレングスは「細かい作業ができる」など。逆のウイークネスが「すぐ飽きちゃう」など。支援のコツは、この弱みをどのように強みにかえていくか、です。
コップに水が入っていて、これしかない、を、こんなにある、とマインドセットを変えることが弱みを強みにかえること。

このようなソーシャルワークの技術をつかって、体調が不調なクライアントさんのカウンセリングにも、とても役に立つことがあります。

身体の使い方や食事方法にこれがダメ、あれがダメ、というセラピストを多くみかけますが、ソーシャルワークの手法を使ってみて、建設的なカウンセリングをしてみたらいかがでしょう。

JNPF 第23回研究集会 北海道・浦河大会 - The Japanese Network of Psychoeducation and Family Support Program JNPS2022 02/07/2022

ソーシャルワークのおまつり、みたいな講座が
きのうから始まっています。

浦河町長はアイヌ文様のマスクをしているし、
大会のごあいさつにもアイヌ語が出てきて、
自称サイレントアイヌの石原真衣さんもお話あります。

当事者研究、心理教育に関心のある方はぜひ。
わたしは研修として参加します。



大会長講演
共に学び合う地域づくり 〜浦河町の実践〜
座長:土田正一郎(倶知安厚生病院)
演者:川村 敏明(浦河ひがし町診療所)

基調講演
当事者研究から見た心理教育の可能性
座長:高田 大志(浦河ひがし町診療所)/伊藤知之(浦河べてるの家)
演者:熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター)

特別講演
〈沈黙〉と〈弱さ〉のケイパビリティ サイレントアイヌの世界からつながりが生まれる
座長:向谷地生良(北海道医療大学/浦河べてるの家)
演者:石原 真衣(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター)

教育講演
地域の防災力を高める市民教育
座長:池松麻穂(浦河べてるの家)
演者:河村 宏(NPO 法人支援技術開発機構)

シンポジウム
新たな知を創造する心理教育
座長:向谷地生良(北海道医療大学/浦河べてるの家)
演者:後藤 雅博(こころのクリニック ウィズ)
木村 尚美(ひだクリニック)
阿部 幸弘(こころのリカバリー総合支援センター)
坂本 明子(久留米大学文学部)

市民公開講座
日本海溝・千島海溝巨大地震津波を踏まえて今できること
座長:中村 創(株式会社 N・フィールド)
演者:根本昌宏(日本赤十字北海道看護大学)

-

分科会
分科会1
みんなで考えるトラウマ-インフォームド・アプローチ(TIA)
講師:遊佐安一郎(長谷川メンタルヘルス研究所)
分科会2
障害者雇用の雇用安定にそれぞれの立場で出来ること
講師:市来真彦(東京医科大学)
分科会 3
ピアサポーターが切り開く心理教育の扉「るえか式心理教育」
~ピアサポーターとの協働、心理教育は誰でもできる~
講師:木村 尚美(ひだクリニック)
分科会 4
WRAP~経験知から耕す~
講師:坂本明子(久留米大学)
分科会 5
「統合失調症を知る心理教育テキスト家族版~上手な対処を今日から明日へ、改訂版」の
実際の活用と、今後の課題
講師:伊藤順一郎(メンタルヘルス診療所しっぽふぁーれ)
分科会 6
心理教育をたいけんしてみよう
~誰でも参加できる・みんなが主役になってワイワイ取り組もう~
講師:土屋 徹(office 夢風舎)
分科会 7
心理教育の立ち上げと維持の仕方
講師:贄川信幸(日本社会事業大学)
分科会 8
初心者のための家族心理教育
講師:香月富士日(名古屋市立大学)

-会 9
統合失調症を持つ当事者への心理教育~入門編・専門職向け~
講師:内野俊郎(久留米大学)

自主企画
自主企画1
心理教育における当事者研究の活用(基礎編)
企画:浦河べてるの家
自主企画 2
心理教育における当事者研究の活用(実践編)
企画:浦河べてるの家

一般演題(口頭発表)
1.地方におけるうつ病休職者の復職支援(リワーク)の取り組みと当事者による研究発表
の実践
〇大濱 伸昭(浦河ひがし町診療所)
2.実践報告:インターネットによる心理教育の試み
〇木野内 南(ネット心理教育ピアサポート、名古屋大学大学院)
〇藤田剛(ネット心理教育ピアサポート)
3.さっぽろ若者応援ネットワークにおけるメンタルヘルス支援実践
〇片野 仁美(北海道医療大学大学院看護福祉学研究科修士課程)
〇浦野圭太(北海道札幌啓北商業高等学校)
〇土屋 大(さっぽろ若者応援ネットワーク)
〇奥田かおり(北海道医療大学看護福祉学部)
4.地域の児童精神科における多職種連携の実践に関する一考察
〇浜頭もにか(医療法人社団 同行会 うらかわエマオ診療所)
〇大内世思也(医療法人社団 同行会 うらかわエマオ診療所)
5.実践報告:父母ミーティングにおける心理教育の試み
〇福岡 拓弥(社会福祉法人 浦河べてるの家)

6.当事者の地域生活における心理教育~当事者同士で支え合う服薬管理の視点から~
〇武山竜大(社会福祉法人 浦河べてるの家)
7.境界領域知能を有する発達障害者への就労に向けた心理教育的支援
〇前川 貴哉(医療法人社団 楽優会 札幌なかまの杜クリニック)
〇徳岡 聖子(医療法人社団 楽優会 札幌なかまの杜クリニック)
8.北海道の里親が抱く困難と課題について先行研究論文からの一考察
〇田辺 瑠々(札幌学院大学)
〇小林 茂(札幌なかまの杜クリニック)
9.精神科訪問看護での心理教育-衝動コントロール困難な利用者に対するアプロ-チ-
〇中村 創(株式会社 N・フィールド)
〇伊東健太郎(札幌市立大学)

JNPF 第23回研究集会 北海道・浦河大会 - The Japanese Network of Psychoeducation and Family Support Program JNPS2022 金剛出版さまありがとうございます 学会特別ショップへトップページのバーナーからお入りください

JNPF 第23回研究集会 北海道・浦河大会 - The Japanese Network of Psychoeducation and Family Support Program JNPS2022 01/06/2022

JNPF 第23回研究集会 北海道・浦河大会 - The Japanese Network of Psychoeducation and Family Support Program JNPS2022 金剛出版さまありがとうございます 学会特別ショップへトップページのバーナーからお入りください

生活保護を必要としている人、そして現場で働く人へ(1)専門家からのアドバイス 申請・利用について - 記事 | NHK ハートネット 23/03/2022

生活保護を必要としている人、そして現場で働く人へ(1)専門家からのアドバイス 申請・利用について - 記事 | NHK ハートネット 市民生活を支える“砦”となるはずのセーフティーネット「生活保護制度」。2021年10月に放送した「みんなの生活保護!」には大きな反響が寄せられました。今回は番組内で答えきれなかった「預金があると生活保護を申請...

依存症・アディクション - テーマ別情報・窓口 | NHKハートネット 22/03/2022

依存症・アディクション - テーマ別情報・窓口 | NHKハートネット 依存とは、特定の物質や行動にのめりこみ、心身の健康や生活を脅かしているにも関わらず、やめることができない状態を指します。大きく分けて、アルコール・薬物といった精神作用物質を摂取する「物質系」の依存と、...

精神疾患・メンタルヘルス - テーマ別情報・窓口 | NHKハートネット 15/03/2022

精神疾患・メンタルヘルス - テーマ別情報・窓口 | NHKハートネット 精神疾患は誰もがなる可能性のある病気です。厚生労働省の統計によると、精神疾患により医療機関を受診している(外来・入院含む)患者数は年々増加傾向にあり、平成26年の調査時には約392万人いました。内訳と…

『子ども当事者研究 わたしの心の街には おこるちゃんがいる』 が出版されました|べてるの家|note 14/03/2022

『子ども当事者研究 わたしの心の街には おこるちゃんがいる』 が出版されました|べてるの家|note ○『子ども当事者研究』のお求めはコチラ(コトノネ ウェブストア)

27/02/2022

https://kamuyukar.jimdofree.com/

3月の予定をUPしました。

トリートメントは要予約、4月から週末のみになります。
カウンセリング、セルフケアプランのオンライン受け付けは随時行っています。

不穏な世界情勢に心痛しているときは、体調も崩しやすいですが、そういう時はお祈りをするとよいですよ。どうやって誰にどういう方法で祈るのか?ヴェーダの世界は祈りで出来ています。今も、伝統的な教えは、先生からきちんと教わることができます。祈りについて、漠然とした思いを持つ方は、この機会に学んでみるとよいでしょう。
ヴェーダーンタクラス案内も更新しました。

Ayurveda and Yoga studio yukar アヴィヤンガなどトリートメントのサロンです

ヴィシュヌ・サハッスラ・ナーマ・ストートラムについて 26/02/2022

✴︎विष्णुसहस्रनामस्तोत्रम् [viṣṇusahasranāmastotram】チャンティングのお知らせ✴︎

26日(土)
20時より
Muktih Muktidhaamji
のリードによりチャンティングします。オンラインです。

東ヨーロッパの情勢に心痛めている方も多いと思います。

ひとりでも、もちろんですが、ひとりでも多くの方と一緒に祈りたいと思い、先生にお願いしました。

この痛ましい情勢が、一刻でも早く平和になりますように。
世界はもとより、わたしたち、わたし個人の内も、常に調和がありますように。

そのようなサンカルパのもと、チャンティングしましょう。

ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています!



ヴィシュヌサハッスラナーマについて
Michika Medha先生より

ヴィシュヌ・サハッスラ・ナーマ・ストートラムについて ヴィシュヌ・サハッスラ・ナーマ・ストートラムとは、 ヴィシュヌ神の1000の名前を、 108のシュローカにまとめたストートラムです。 北インドでも南インドでも、インド全国で広く愛されているストートラムです...

studio yukar veda|note 04/02/2022

【1/50 専門研究レポート公開 相談援助の理論】

2018年から2021年にわたって50本近く書いたレポートですが、順次noteに公開していきます。
これから社会福祉士・精神保健福祉士を目指す方のヒントになれば、またはアーユルヴェーダのセラピストさんが学校では教わらない分野なのでヒントになればと。

ちなみに国家試験の受験のトピックは

1 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム のうち1科目
2 現代社会と福祉
3 社会調査の基礎
4 相談援助の基盤と専門職
5 相談援助の理論と方法
6 地域福祉の理論と方法
7 福祉行財政と福祉計画
8 福祉サービスの組織と経営
9 社会保障
10 高齢者に対する支援と介護保険制度
11 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
12 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
13 低所得者に対する支援と生活保護制度
14 保健医療サービス
15 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度 のうち1科目
16 相談援助演習
17 相談援助実習指導
18 相談援助実習

いま、知識を得て現場にいると、たくさんのジレンマがありますが、知識は宝です。とくに、相談援助の方法は、より質よく、最善を目指す方向へ常に気をつけることです。

https://note.com/20160327

studio yukar veda|note アーユルヴェーダセラピスト・講師 ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保管福祉士) サンスクリット語・ヴェーダーンタ勉強中

04/02/2022

【公開講演会のお知らせ】

東京都三鷹市の井之頭病院(精神科・心療内科)の主催で統合失調症について。

まだはっきりした原因などもわからない統合失調症ですが、だからこそ、研究がさかんです。研究されて開かれていくうちに、病気に対しての偏見や、病気をもっている人への間違った接し方なども、どんどん明るくなっていっています。

病院主催の公演は、情報キャッチが難しいのですが、医療福祉関係者だけでなく関心のある方に届くように、わたしからも発信していきたいと思います。

ちなみに、病院と連携しているのが、役所の福祉課や相談支援窓口、就労支援施設などになります。個人の病気は、家族だけが抱えるのではなく、このようにネットワークをつくっています。それを総称してソーシャルワークといいます。

井之頭病院
https://www.inokashira-hp.or.jp/

講演会のフライヤーhttps://www.inokashira-hp.or.jp/hospital/pdf/kouen69.pdf

www.inokashira-hp.or.jp

ジェノグラム・エコマップの簡単書き方ガイド 29/01/2022

【カウンセリングシート、フェイスシート、問診表を書く上でのプラス@】

1.家族関係図、ファミリーマップ

2.社会資源関係図 ソーシャルマップ

3.ソシオグラムhttps://creately.com/ja/usage/ソシオグラムの例とメーカー/

などが書けるようになると、より支援が見えてきますよ!

#ソーシャルワークの技法をアーユルヴェーダセラピストのために

https://www.lucidchart.com/pages/ja/how-to-make-genogram

ジェノグラム・エコマップの簡単書き方ガイド ジェノグラム(家族関係図)の書き方や作成方法、エコマップ・ジェノグラムの図形・記号一覧の全てをまとめたガイドで詳しく学んでいきましょう。

26/01/2022

つなぐ②

今日は、三鷹市の精神科専門のH病院長による統合失調症の薬物治療の講義でした。

主に服薬のコンプライアンス,アドヒアランスについてでしたが、薬の形状、飲み方の好みや持続可能な服薬方法について患者さんが積極的にかかわることはエンパワメントにつながる、ということ。アーユルヴェーダのトリートメントやケアプランにも同じことが言えるでしょう。

また、薬物治療のほかに、家族と地域のかかわりや、リカバリーしていこうとするご本人の意思があってこそが、再発を防ぐ治療の最善方法。
アーユルヴェーダのカウンセリングやケアプランで見落としがちなクライアントを支える人間関係の相関図を想像して、総合的なケアをつなげていきましょう。

今日のまとめ

・統合失調症患者の地域での生活を支えるためには、入院中も退院後も地域連携による多職種チームによるかかわりが重要である・このためには入院中からリカバリーを目指すための薬剤及び剤型選択がポイントとなる
・薬剤選択は患者自身がその有用性を理解し、SDM(共同意思決定)にて導入することが望ましい
・地域でのネットワークミーティングは患者のライフイベント・ライフスタイルに合わせて、参加職種のコーディネートを工夫しながら柔軟でかつ臨機応変に開催できるようにしている



さらに詳しく聞きたい方など、ぜひご連絡ください。

24/01/2022

【つなぐ①】

サンスクリット語のユジュというダートウにプラッティヤがついて、ユクティとなり、、、と言葉の成り立ちを文法的に専門的にみていくと楽しいのですが、それは個人的なこと。
ヨーガの語源でもあるユジュ。
ユクティとは、つなぐ、という意味があります。



経験や勉強が浅いセラピストは、なんでも自分でやろうとし、結局はなんにも出来ません。または自己満足にすぎません。

自分でできないことは、専門家につなげなさい、という教えはアーユルヴェーダ業界ではないからです。
古典書にはあるのか、わかりませんが。

すべてをvata pitta kafaで、まるで占いのように分析するだけしかできないアーユルヴェーダの見立て、その次のステップにそろそろ行きましょうよ。

次のステップとは、どうか、その道の専門家に頼ってくださいということ。

わたしたちは、日本に住んでいるセラピスト、です。
わたしたちは、インドのドクターではありません。
病名を推測したり、薬を処方したり、はできません。

どうか、そのあたりは専門家につないでください。
病名のついている病気は、専門家の手にゆだねてください。

おかしな場所を切ったり取ったりするかもしれません。
しかし、そのあとが本当のアーユルヴェーダのケアの真髄かもしれません。セラピストとしてできること、本領発揮の時が、そこなのかもしれません。
それこそセラピストのダルマでしょう。

つなぐ②へ


今後
症例の事例アーユルヴェーダ研究
障害のソーシャルワーク研究
海外のソーシャルワークの例
など共有していきますので、情報などお待ちしています

23/01/2022

Ayurveda&Yoga studio yukarのサロン業務とは別に、カウンセリングと研究をメインとした業務を立ち上げました。

主に、セルフケアプランの応援です。
また、心身のご不調が社会の中でどのように「援助」「住み分け」「相互理解」されるかも一緒に考えていきましょう。ソーシャルワークの手法を用います。

HPなど情報をそろえ、春には公開します。

サンスクリット語のユクティはユジュという動詞から。つなぐ、という意味や、名詞になると「理論」という意味もあります。

あなたの事業を診療所のトップリストFuchuにしたいですか?
ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

カテゴリー

住所


東京都
Fuchu, Tokyo

医療・健康のその他Fuchu (すべて表示)
JPEAA 日本アーシング協会 JPEAA 日本アーシング協会
Fuchu, 1830015

日本アーシング協会では、アーシング健康法の日本普及のための活動をお?

田中こうすけ鍼灸マッサージ治療院 田中こうすけ鍼灸マッサージ治療院
府中町2-8-2ローゼンハイム 202
Fuchu, 183-0055

美芳鍼灸院 美芳鍼灸院
東京都府中市多磨町2-48-4カナディアンハイツタマ101
Fuchu, 183-0002

就労移行支援事業所ハピネスサポーター西府 就労移行支援事業所ハピネスサポーター西府
東京都府中市西府3-1-5 スィング242 102
Fuchu, 1830031

障害者就労移行支援事業所ハピネスサポーターはあなたの幸せを支えます?

武蔵台整骨鍼灸院 武蔵台整骨鍼灸院
武蔵台1-8/14
Fuchu, 183-0042

ケガそのものによる痛みから、生活習慣や仕事による姿勢性の痛み、または原因のハッキリしない、自律神経性の痛みまで、お気軽にご来院ください。

たまれ(life design village FLAT) たまれ(life design village FLAT)
清水が丘3-29/4
Fuchu, 183-0015

もぐもぐクリニック もぐもぐクリニック
紅葉丘1-37/7
Fuchu, 183-0004

嚥下治療の専門医療機関 摂食嚥下機能回復を外来・訪問診療でトータルサポート 2018年 4月 開業 〒183-0004 東京都府中市紅葉丘1-37-7 歯科診療サービス:「もぐもぐ歯科 」「もぐもぐデンタル」