医療法人社団悠健Dr. Andy's Clinic

医療法人社団悠健Dr. Andy's Clinic

What'sApp: +8180 4913 8798

Photos from 医療法人社団悠健Dr. Andy's Clinic's post 17/02/2023

全てのがん患者さんは、あきらめず、どうか勇気を持ってください。一緒にがんと闘いましょう!

ご相談のご予約は、プロフィール画面 drandysclinic.com から承っております。
Dr.Andyは日本再生医療学会認定医です。

#がん治療
#早期発見
#ステージ4
#末期がん
#ドクターアンディーズクリニック
#統合医療
#がん治療最先端
#ヨウ素
#コロイドヨード

#がん免疫細胞治療
#がん名医
#転移
#子宮頚癌
#抗がん剤
#がん放射線
#がん予防 
#がん検査
#抗がん剤きつい
#子宮癌
#膵臓癌
#がん痛み
#乳がん
#肺癌
#大腸癌
#胃癌

Photos from 医療法人社団悠健Dr. Andy's Clinic's post 14/02/2023
24/08/2022

再生医療について説明してください。

再生医療の可能性
 
私たちは、生命を与えられて、この世に生まれ、子供から大人へと成長していきます。そして、成長を終えると老いて衰えていきます。また、その過程で怪我や病気などで体を損傷したり、機能や体の一部を失うこともあります。
 
私たちヒトの体において失われた部位や機能の多くは、回復させることが困難でしたが、人類が健康と長寿を追い求める中、その英知は、失われた部位や機能を新たに再生させる医療を生み出しました。それが再生医療です。再生医療は、効果と安全性を両立させながら、日々進歩を遂げ、従来の医療では不可能だった病気や症状の克服を現実にしつつあります。
 
再生医療には様々な形があります。皮膚や軟骨などの損傷した組織を体の外で再生し移植するやり方、また様々な細胞に分化する幹細胞を移植することで、体の中で失われた部位や機能を再生させるやり方などです。
 

 
幹細胞治療のメカニズム
 
私たちの体は膨大な数の細胞の集まりです。そのひとつひとつに役割があり、その役割を果たすことで、生命が維持されています。その中に様々な細胞に分化し、組織を再生する間葉系幹細胞があります。幹細胞は損傷した部位に集まり、その部位に必要な細胞に分化し、損傷を修復していくのです。
 
再生医療のひとつとして大きな期待が寄せられている幹細胞治療は、体の様々な部位が老化したり損傷したりした結果、慢性的な症状が出ている方に対して、幹細胞を人為的に補充することで、組織や機能の回復を目指します。
 
 
医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックの幹細胞治療について
 
当院では、日本再生医療学会正会員の医師が幹細胞治療の計画をします。幹細胞の培養のため、患者さん自身の腹部から微量の脂肪を採取します。採取は極めて小さな切開で済み、局所麻酔で行いますので、痛みはほぼありません。また、熟練の美容外科専門医が執刀しますので、傷の心配も無用です。脂肪から分離された幹細胞は、厳格な衛生管理の元で4~5週間かけて培養され、1億~1億2000万個を目安に増殖させた上で、点滴で体内に戻します。
 
 
糖尿病の根治療法として
(第二種再生医療計画番号:PB3200114)
 
当院の幹細胞治療の対象となるのは、まず糖尿病です。糖尿病は、不摂生などが原因でインスリンというホルモンの分泌が不十分になり、高血糖の状態が続く状態をいいます。高血糖の状態が続くと、全身の毛細血管がぼろぼろになり、体そのものがじわじわと壊れていきます。
 
インスリンを分泌する膵臓の機能は、一旦低下すると回復しないとされ、従来の医学では糖尿病の患者は、インスリンを投与し、血糖の状態をコントロールするしかありませんでした。しかし、幹細胞を投与することで、膵臓がインスリンを分泌する機能を回復させ、糖尿病という厄介な病気を根本から治療出来る可能性があります。また、幹細胞を投与することで、高血糖の引き起こす全身の炎症を緩和することも期待出来ます。
 
 
慢性疼痛も原因から解消
(第二種再生医療計画番号:PB3190020)
 
怪我や病気で痛みが起こるのは、危険を知らせるためです。しかし、治療によってそれらが回復しても、痛みが残ったり、些細な刺激で痛みが再発したりすることがあります。それが慢性疼痛です。慢性疼痛の原因は、患部が回復しても、神経などに損傷や異常が残り、痛みを末端から脳へと伝えるシステムに誤作動が起こることだといわれています。
 
長期的に痛みが続くと、健康的な社会生活の大きな障害になります。また、それはやがて精神的にも大きな負担になります。慢性疼痛の治療としては鎮痛剤や麻酔を用いた薬物療法、鍼灸などの代替医療など様々な試みが行われていますが、なかなか症状が改善しない場合が少なくありません。
 
幹細胞を投与すると、まず炎症を緩和する作用によって、対症療法的に疼痛が治まっていきます。やがて幹細胞は神経の損傷した部位に誘導され、徐々に修復していくことで、慢性疼痛を根本的に解消していくのです。
 
幹細胞治療は、交通事故などで脊椎を損傷し、四肢麻痺など重篤な後遺症に苦しむ方の治療においても、その可能性が期待されています。従来の外科的な治療では回復が困難とされる方にとって、大きな光明となるかもしれません。
 

 

#ステージ4
#コロイドヨード療法
#ヨウ素 
#末期がん
#がん転移
#子宮頚癌
#抗がん剤
#がん放射線
#がん予防 
#がん検査
#抗がん剤きつい
#癌治療
#がん治療最先端
#慢性疼痛
#糖尿病
#子宮癌
#膵臓癌
#がん痛み
#乳がん
#肺癌
#大腸癌
#胃癌

18/08/2022

がんで悩んでいる患者様から、最近よく聞かれている質問の一つとしては、食事療法のことです。 がん患者様食事療法の基本な考え方は、もし、がん患者様は食事ができる方でしたら、

植物由来の自然食を食べていただくことをお勧めします。

もし、可能なら、8つのルールを少しでも多く満たすように、実践していただきたい。


目的は二つ

体の炎症状態を下げること(高感度CRPを相対的に下げること)、
pHを8.0以上にすること。がんのエッセンシャル療法のヨウ素以外のチェックポイント阻害剤(オブジーボなど)も、免疫細胞治療も、遺伝子療法も高感度CRPが正常値、もしくはもっと下の方は、期待通りの結果が出ておりますが、高感度CRPが高い方は、その高さによっては、治療が効くまで遅い。逆に言えば、炎症を極力下げれば、本来持っている体の免疫機能が発揮される、ということもロジカルに言えば、成り立ちます。尿のpHが8.0以上の状態は、がんが乳酸を出していない、つまり、がんが糖代謝を行ってないことになりなります。

この2つを満たすためには、現代の医学では、栄誉代謝を改善するしかありません。この手段が、8つのルールです。


生活習慣改善(栄養代謝療法)の目的と効果

目的
細胞の微細環境を酸性からアルカリ性(ph7.6~)に変える。
がん細胞に活動のための兵糧をなるべく与えない。
がん細胞に成長促進のための物質を与えない。
がん細胞に脂肪酸を合成させない。
 細胞環境を悪化させる炎症を鎮める。

効果

ステージⅣのがん患者さんでも劇的寛解例が続出6,300名の指導してきた中で、ステージⅣでも、20-30%の患者さん が劇的寛解。上記も含むがんの進行が止まった方は、約70%。



がん体質改善(栄養代謝療法)の8のルール

大原則

植物性の食材を中心に精製、加工されていないものを丸ごと食べる

ルール1 炭水化物は精製されていない玄米などから取る
ルール2 塩分はなるべく控える
ルール3 たんぱく質は大豆などの植物性のものや青魚で取る
ルール4 野菜、果物、きのこ類をたくさん取る
ルール5 脂質はえごま油、アマニ油などのω-3系の油で取る
ルール6 牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品は控える
ルール7 牛肉、豚肉、加工肉および硬化植物油などの人工油は控える
ルール8 クエン酸(例:梅エキスなど)を積極的に取る


医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックでは、
がんのエッセンシャル統合医療を行っております。
食事療法は、がん治療においては、重要な補助療法でもあります。

ご不明な点はありましたら。お問い合わせください。

HP
https://drandysclinic.com/
https://drandysclinic.com/lp/

Line Official
https://lin.ee/AmlG8JM

YouTube
https://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriber

#ステージ4
#コロイドヨード療法
#ヨウ素 
#末期がん
#がん名医
#がん転移
#子宮頚癌
#抗がん剤
#がん放射線
#がん予防 
#がん検査
#抗がん剤きつい
#癌治療
#がん治療最先端
#慢性疼痛
#糖尿病
#子宮癌
#膵臓癌
#がん痛み
#乳がん
#肺癌
#大腸癌
#胃癌

『がんで悩んでいる患者様から、最近よく聞かれている質問の一つとしては、食事療法のことです。』 18/08/2022

『がんで悩んでいる患者様から、最近よく聞かれている質問の一つとしては、食事療法のことです。』 がんで悩んでいる患者様から、最近よく聞かれている質問の一つとしては、食事療法のことです。 がん患者様食事療法の基本な考え方は、もし、がん患者様は食事ができる方…

21/07/2022

「がんとの闘い」
がん!何故、できるのか?
がんは!何故、再発するのか?
がん難民!何故、増えているのか?
がん幹細胞とは?
再発したらどうすればよいのか?
理想ながん治療は何であるのか?
がんのエッセンシャル統合医療とは?
リキットバイオプシーとは?
CTCsとは?
がんにならないための生活習慣とは?

がんとはどういう病気なの⁉️

ステージ4末期がん、がん転移、がん再発と診断されても、諦めてほしくない。苦痛のないヨウ素を含んだ統合医療でスピーディーな効果が期待できます。
当院では最先端リキットバイオプシーの技術を導入し、直径1mm以下の微小癌細胞(CTC)でも診断・転移・再発・治療効果をリアルタイムで測定できます。

「Dr. アンディーに直接質問・
 相談することができます」

よければ
公式ラインにもご登録ください
https://lin.ee/AmlG8JM

YouTubeにも登録してください。
https://m.youtube.com/channel/UCBG6AEX4MopJbh2xE72Xkdw?view_as=subscriber

#ステージ4
#がん名医
#抗がん剤
#がん放射線
#ヨード 
#間質性肺炎
#早期発見
#ヨウ素 
#がん予防 
#がん検査
#コロイドヨード療法
#抗がん剤きつい
#癌治療

#末期がん
#子宮頚癌
#がん治療最先端
#子宮癌
#膵臓癌
#がんヨウ素治療
#がん痛み
#全身痛い
#がん転移
#乳がん
#肺癌
#大腸癌
#胃癌

10/07/2022

こんにちは、医療法人社団悠健
Dr. Andy’s Clinicの
院長・理事長のDr. Andyです。

この度、私、アンドリュー・ウォンは、
6月20日に14冊目の著作となる

『ステージ4、末期のがんから生還する方法
─完治を目指していない標準治療の不都合な真実─』
を上梓することとなりました。

既に,この本を読まれました方々から沢山のfeedbackは届いています。

また、Amazons より、7月15日から
販売スタート!

今や日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代になりました。

医療先進国であるはずの我が国でどうしてこの状況が改善出来ないのか、医療現場に止まらず医療保険という制度の問題などから言及した一冊となっております。

40年以上の医師経験で培った知見を、ひとりでも多くの方に知っていただき、ひとりでも多くの方がこの病気から生還されることを願って止みません。

「Dr. アンディーに直接質問・相談することができます」

アンドリューウォンは
がん予防・ステージ4・進行がん治療・効果判定に欠かせない各種CTC(血中循環がん細胞)の動態、cf DNA濃度、エクソソームDNA検査によるメチル化の測定で、がんの状態を可視化するリキッドバイオプシーの第一人者。超早期での発見やリアルタイムで治療の効果を追跡することを可能にしている。世界70か国に及ぶ人道的奉仕活動を行い、1988年に国際ロータリー最高の栄誉である「超我の奉仕賞」、2016に東久邇宮記念賞、2021年にアジアのノーベル賞とも言われている「グシ平和賞」を受賞。日本再生医療学会認定医試験合格、日本美容外科学会専門医。錦花池坊流師範資格を持つ。
がん・再生医療に関する様々な情報を発信していきますので、是非、フォローしてください。

#ステージ4
#コロイドヨード療法
#ヨウ素 
#末期がん
#がん転移
#子宮頚癌
#抗がん剤
#がん放射線
#がん予防 
#がん検査
#抗がん剤きつい
#癌治療
#がん治療最先端
#慢性疼痛
#糖尿病
#子宮癌
#膵臓癌
#がん痛み
#乳がん
#肺癌
#大腸癌