水辺荘

水辺荘

SUPツアーを中心とした水辺荘の活動を紹介する公開ページです。
This page is open to public for promotion about Mizube-so's activitie

■About us
Mizbe-so association is a professional team exploring and creating attractive scenes on the water, by the water and the other public realms to contribute to quality of life, especially focus on such places in City of Yokohama; one of the oldest historic port cities in Japan.

日本を代表する港街である横浜。港から栄えた都市であり、かつては舟運で賑わった港に繋がる運河、河川が現在でも多数残っています。

この横浜の特徴を生かした「まちづくり」とは何か?港街横浜ならではのライフスタイルとは何か?港の「景

Our Story

■About us
Mizbe-so association is a professional team exploring and creating attractive scenes on the water, by the water and the other public realms to contribute to quality of life, especially focus on such places in City of Yokohama; one of the oldest historic port cities in Japan.

この拠点は、2010~2011にBANKARTで開催された研究会「これからどうなる横浜」で、水辺をテーマに研究会を開いていた「水辺班」が中心メンバーとなって、2012年に有志で立ち上げました。

ここで、行われる事。それは、都市の水辺を利用すること。

横浜や東京には、私たちが利用できる港、運河、河川がたくさんあり、しかも都市に本当に近い場所にあります。しかしながら、サービスとして提供されているさまざまなアトラクションはあるものの、主体的に遊べるところはあまりにありません。

ところが、この拠点「水辺荘」にほど近い場所にある「大岡川桜桟橋」はカヌーやカヤック、SUP、e-boatや水辺の非動力系のさまざまなアクティビティをするために恵まれた環境です。しかも、地元のひとたちが運動を起こして、神奈川県につくってもらった、地元主導の桟橋です。わたしたちは、この場所に惚れ込み、この場所の魅力を多くの人に知ってもらって生活を豊かなものにしてもらうためによそ者でありながら2012年6月に拠点を設ける事にしました。

発足時メンバーは、糸井孔帥、岩本唯史(BOAT PEOPLE Association)、椎橋成年、丹羽信司、山崎博史(BOAT PEOPLE Association)、山田渚。
現在、さまざまなプログラムを用意して多くの人がコミットできる仕組みを考えています。

Videos (show all)

大岡川桜🌸花吹雪
雨の大岡川花筏SUP

Telephone