ナチュラル メディケア

ナチュラル メディケア

お薬や病院の治療では改善しない方や、一般的なマッサージや整体では元に戻ってしまう方の本質的な原因を究明し自然治癒力を妨げる要因を明らかにして根本的な解決を図ります ナチュラル メディケア ウィルス感染防止対策としてプラズマクラスター及びオゾン発生器を使用の上、施術毎に換気、低濃度次亜塩素酸(GermBlock使用)消毒を徹底しております。また、他のお客様と鉢合わせにならないようご予約を調整しております。

通常通り開く

めまい、肩こり、不眠、頭痛Voice30 21/05/2021

めまい、肩こり、不眠、頭痛Voice30

仕事と育児の両立に苦しみ子供達からはいつも厳しい顔と思われていた女性が『ママ最近楽しそうだね』と言われるようになって気持ちに余裕が生まれ子供達にも優しく接することができるようになりました。

仕事と育児が両立できない理由はいろいろあるかと思いますが、体調が悪い場合にそれが当たり前になって諦めてしまっている方はかなりおられると思います。

辛くなったら薬を飲むのが当たり前、というのは副作用の心配がありますので絶対にオススメできませんし、そもそも薬を頻繁に飲まなければいけない状態は体のどこかに異常が起きているはずですので、その原因にしっかりと対処する必要があると思います。

体験談を寄せて下さった女性には、全身に及ぶ組織の固着が起きていました。どんな経過でどんな対処をしてどうなったのか?

劇的ビフォーアフター体験談をどうぞご参考にして下さい。

https://www.naturalmedicare.org/voice/insomnia_and_-dizzy/

めまい、肩こり、不眠、頭痛Voice30 仕事と育児の両立に苦しみ子供達からはいつも厳しい顔と思われていた女性がママ最近楽しそうだねと言われるようになって気持ちに余裕が生まれ子供達にも優しく接することができるようになったナチュラル メディケア.....

施術家としての思い(第二話)- 誰かの希望であり続けたい – 10/05/2021

施術家としての思い(第二話)- 誰かの希望であり続けたい –

独立開業して23年目を迎えました。この間に多くの方とのご縁を頂くことができまして、頂いた体験談や推薦文によって私自身が励まされてきました。

思い返せばいろいろと紆余曲折があった22年間ではあったのですが、ひとつの節目として施術家としての思いを改めて綴らせて頂くことに致しました。リンクのページよりご覧頂けましたら幸いです。

★施術家としての思い(第二話)- 誰かの希望であり続けたい –
https://www.naturalmedicare.org/2021/05/10/thought-2/

施術家としての思い(第二話)- 誰かの希望であり続けたい – 神奈川県横浜市青葉区にある総合療術による予約制プライベート整体サロン。閑静な住宅街の中にある駐車場完備のサロンにて日頃の疲れを癒し、心身気血のバランスを整えて、新たな活力を得て頂けますように誠意をもっ...

院長 そのやま ふとし 12/04/2021

院長 そのやま ふとし

いつもご利用下さり誠にありがとうございます。
当サロン院長のプロフィールページを追加致しました。現時点における院長の施術に対する考え方とお客様に対する向き合い方を書かせて頂いております。どうぞ宜しくお願い致します。

https://www.naturalmedicare.org/staff/sonoyama/

院長 そのやま ふとし お客様が、内在する宇宙の叡智を思い出して自分らしい生き方に目覚めることで健康と幸せ(健幸)を享受できるように総合療術整体を通して心身の両面からサポート致します

安全性に疑問あり。それでも日本がワクチンを米から大量購入する裏事情 - まぐまぐニュース! 19/03/2021

安全性に疑問あり。それでも日本がワクチンを米から大量購入する裏事情 - まぐまぐニュース!

ワク○ン産業の裏側をほんの少しだけ垣間見ることができる記事をご紹介します。

ヨーロッパではファイザー製のワク○ンで脳腫瘍ができる症例が激増して差し止める動きが広がっていますが、日本ではそんなことはお構いなしの様相です。どうなりますか、、。

https://www.mag2.com/p/news/490413

安全性に疑問あり。それでも日本がワクチンを米から大量購入する裏事情 - まぐまぐニュース! 以前掲載の「人命より利権か。イベルメクチンが厚労省に承認されると困る人々」では、新型コロナウイルスの治療薬として効果があるとされるイベルメクチンの認可の遅れを厳しく批判した、元国税調査官で作家の大村大...

08/03/2021

www.mhlw.go.jp

新型コロ○は【指定感染症】ではなくなっているのをご存知でしたか?!新型コロ○は「新型インフルエンザ」になりました。

このニュースは非常に重大だと思いますのでこちらのページでシェアさせて頂きますが、政府も都道府県知事もメディアも知っているのに、公に発表していません。

それどころか、未だに日々の感染者数を発表して恐怖と不安感を煽り続け自粛を強要しています。インフルエンザの流行期でもそんなことをしたことがないのにです。

先月2月13日付で厚生労働省健康局長から各知事と保健所に正式な通達が発せられていますので、ぜひご覧ください。

<厚生労働省通達資料>
https://www.mhlw.go.jp/content/000733827.pdf

※通達資料からの抜粋
〜新型コロナウイルス感染症の感染症法における法的位置付けについては、「指定感染症」から「新型インフルエンザ等感染症」に変更されることとなる(これに伴い、第四で後述するとおり、指定政令等は廃止する。)〜

知り合いのドクターに聞いたところでは、以前からドクターの間では新型コロ○を新型インフルエンザに指定すべきという意見が上がっていたようです。その方が機動力が上がるからだそうです。でも、2月13日付の通達は知らされていませんでした。

メディアによって煽られて皆んなが恐れている新型コロ○は、インフルエンザと同等か、もしくはこれまでのデータを見る限りはインフルエンザよりも危険度が低いウィルスであることが徐々に分かってきています。これは厚生労働省も認めているところなのです。

そろそろ茶番劇をやめにしませんか?恐れや不安は分断を生じさせます。世界を分断させることで利益を得る人達がいるからこういう事が行われてしまうのではないかと、疑いたくもなりますよ。

新型コロ○はただの風邪です。風邪やインフルエンザの予防のために手洗いやうがいをして、生活習慣に気を配って、いつも通りの予防対策をしていれば健康でいられるのと同じように、何も恐れる必要はなく問題ありません。

自粛生活は運動不足とストレスの増大を引き起こして、かえって健康被害を大きくします。茶番劇に翻弄されないように気をつけてください!

www.mhlw.go.jp

産後の不調(腰痛、背部痛、便秘と下痢、不安、イライラ)Voice29 02/03/2021

産後の不調(腰痛、背部痛、便秘と下痢、不安、イライラ)Voice29

一回の施術でとても良くなって効果を実感できる場合と、一回だけでは変化を実感できない場合とがあります。リンクの体験談は初回一回だけの施術でボディブローを浴びたように、日を追うごとに変化して良くなられたケースですが、罹患歴が長くて状態があまり良くない場合には(固着が多くて深部にまで至っている場合)、施術そのものが深い施術をすることができず、玉ねぎの皮を一枚一枚剥く様に少しづつ状態を改善させていく(固着を解放していく)必要があります。

当サロンの施術は、表層の固着にとどまらず、深層の固着まで解放していきますが、いきなり深層にアプローチすると反動で好転反応がひどく出てしまうことがありますので、慎重にならざるを得ない場合があります。

しかし、回を重ねることで確実に、今までは変化が経験できなかった症状であっても変わり得るものです。特に、何をしても良くならないという方にこそ、じっくりと気長に試して頂きたいと思っております。

https://www.naturalmedicare.org/voice/postpartum/

産後の不調(腰痛、背部痛、便秘と下痢、不安、イライラ)Voice29 骨盤の歪み(仙腸関節の離開)と膜組織の固着をマタニティクラニアル療法で改善しただけで体の症状が軽くなっただけでなく気分も楽に前向きになって子育てに希望を持てるようになったママさんの体験です。産後の様々...

ご予約とアクセス 02/03/2021

ご予約とアクセス

【お知らせ】
連絡先の電話番号が変わります。
ご予約とお問い合わせの際は新電話番号の方にお願い致します。また、当サロンの電話番号をご登録頂いている場合には、書換えのほど、よろしくお願い致します。

旧:03-3309-5965
新:080-3347-4875

https://www.naturalmedicare.org/reservation-and-access/

ご予約とアクセス ...

江崎よしひで氏が西村大臣から告げられた真実 20/02/2021

江崎よしひで氏が西村大臣から告げられた真実

新型コロナウィルスは風邪もしくはインフルエンザと同等の対策で充分!!西村経済再生担当大臣から江崎氏への伝言によるとそういう事になります。判断は自己責任でお願い致します。

★江崎禎英氏プロフィール
元 厚生労働省医政局 統括調整官
元 内閣府 大臣官房審議官
(科学技術・イノベーション担当)

新リンク

https://youtu.be/8TpU1hfh_YI

江崎よしひで氏が西村大臣から告げられた真実 【チャンネルテーマ】世界から「戦争・貧困・差別」をなくすこと。石川新一郎 携帯番号 080-3124-3151石川新一郎のコミュニティ(ブログ)http://fanblogs.jp/ishikawashinichiro/まだ、コンテンツはありませんが、石川新一郎サブチャ....

ご相談・お問い合わせフォーム 09/01/2021

ご相談・お問い合わせフォーム

【緊急事態宣言中の営業についてのお知らせ】
本年1月6日より営業を開始しておりますが、この度の緊急事態宣言を受けて当サロン営業に関するお客様からの問い合わせが増えております。

サロンの営業に関しましては個々にお応えさせて頂いておりますので、施術のご予約をご検討またはご希望のお客様は下記のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

症状に関するご相談や施術の可否などのお問い合わせも合わせて受け付けております。

以上、宜しくお願い致します。

https://www.naturalmedicare.org/inquiry-1/

ご相談・お問い合わせフォーム ...

27/12/2020

【年末年始休業のお知らせ】
いつもお声をかけて下さり、誠にありがとうございます。
年末年始の休業は下記の通りとなります。

尚、休業中もお問い合わせとご予約を受け付けておりますので、ホームページの入力フォームをご利用下さい。

<お休みの期間>
12月30日(水)〜1月5日(火)

【年末年始休業のお知らせ】
いつもお声をかけて下さり、誠にありがとうございます。
年末年始の休業は下記の通りとなります。

尚、休業中もお問い合わせとご予約を受け付けておりますので、ホームページの入力フォームをご利用下さい。

<お休みの期間>
12月30日(水)〜1月5日(火)

26/09/2020

ベルギーでの話ですが、新型コロナの政府対応に対して医師と医療従事者 計1509名(医師327名、医療従事者1182名)が署名付きで公開書簡を提出して話題になっているそうです。
 
公開書簡は日本語訳も出回っていますので読んでみましたが、その骨子は、現在の新型コロナの政府対応に対して医学的な正当性が認められず現在おこなわれている公的措置はかえって被害を拡大させているというものです。
 
その根拠として挙げられている内容は現在の日本においては恐らく多くの人がまだ信じられないような内容だと思いますが、メディアやインターネットによるプロパガンダに疑問や違和感を感じている方にとっては既に予測されていた事を裏付ける内容になっています。
 
その根拠をザッと列記してみますと、
 
・新型コロナは季節性ウィルスと変わらない
・PCR検査はコロナウィルスの診断には向いていない(開発者が警告しています)
・PCR陽性は感染を示すものではなく、この検査に基づく社会的措置は違法に該当する
・人体の免疫システムに関する正確な情報を提示しておらず、予防(健康的で本格的な栄養、新鮮な空気の中での運動、マスクなしでの運動、ストレスの軽減、感情的で社会的な人脈を養うこと)に対する対策が十分になされていない
・重度の患者に対して安価で安全で効果的な治療法があり回復・退院しているのに推奨されていない
・外気での感染は起こらない。また、お金、買い物、ショッピングカートを介した感染には科学的根拠がない
・ソーシャルディスタンスとマスク着用には科学的根拠がない
・健康な人のマスク着用はウィルス感染の拡大に対して効果がない
・マスク着用には副作用がある
・現在の感染者数の増大は検査数の増加による「症例化学」である
・緊急手順で実施され製造者がすでに法的な免責を得ている未試験のワクチンは深刻な問題を提起している。世界規模ではワクチンの結果として70万件の被害または死亡が予想されている
・WHOの対応と役割に対して疑問
・公衆衛生上の克服不可能な障害はもはや存在せず、非常事態はない
 
以上のような内容となっています。
 
 
専門の医師が署名付きで訴えている内容であることを考慮してみますと、無視できるものではないと思われます。
 
他の国でも話題になっていると聞いていますが、日本ではメディアも医師会も政府も一切触れていません。
 
ただ面白いことには、厚生労働省のホームページには以下のようなものが公開されており、【新型コロナウィルスはウィルス性の風邪の一種である】と明記されています。要するに「ただの風邪」です。
 
しかしこの資料は、普通にホームページを開いても見つけにくい場所にヒッソリと存在しており、あたかも私達は最初からそう言ってましたと後になって弁明するために準備してあるかのようです。
 
<厚生労働省資料>
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf
 
 
という事で、そろそろ私達は目を覚ました方が良いのではないかと思えてくるのですが如何でしょうか?
 
今回の新型コロナ騒ぎが私達にもたらしたものは、見方によって良くも悪くもあると思いますが、廃業や自殺の増加と未来への不安を増大したことは、もしかしたら不要だったかも知れないという一面は拭い切れない気がします。
 
前回の記事でご紹介しましたが「不安や恐れ」は健康にも大きな影響を及ぼし得るものです。そして本当は無いものが在るかのように見えてくることによって、他者を疑い分裂を引き起こす要素が多分に含まれています。
 
その事を知っている頭の良い人達は、何も知らない従順な人達をいとも簡単に罠に陥れて操作することすらできてしまうようです。
 
ベルギーの医療従事者たちによる公的書簡は、こうした人種への正式な抗議であると見ることもできるのではないでしょうか。
 
参考記事:『不安と恐怖に屈しない!』

https://www.facebook.com/738095269858794/posts/1211680049166978
 
 
いずれにしましても大事なことは、公開書簡にも書かれていますように如何にして自然免疫力を保ち、また向上させるかと言うことに尽きるのではないかと思います。
 
医師という立場でありながら費用の低額な自然免疫力を向上させる事に言及していることはとても好意的ですし、日本においても医学会や厚労省がお手本にして欲しいと思ってしまいます。
 
日本語訳のリンクを貼らせて頂いておりますので、お手隙の合間に目を通してみて頂けたらと思います。尚、翻訳が一部おかしくなっていたり専門用語があって読みづらい箇所がありますが骨子は伝わるかと思います。
 
 
<ベルギー公的書簡 日本語訳>
http://enformtk.u-aizu.ac.jp/papers/belgian_docs_JA.docx

※上記のリンクが開ない場合は下の文字をそのままブラウザの検索ウィンドウにコピペして検索して下さい。リンク先が表示されます。
belgian_docs_JA.docx
 
※閲覧にはアプリの起動が要求される事がありますのでその場合は許可して下さい。

[08/18/20]   以前投稿させて頂いた記事が反響を呼んでいるようなのですが、前置きが長くて骨子が伝わらないことがあるようでしたので編集・加筆しました。新型コロナ問題の真の原因に迫っていきます。
 
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
 
コロナ禍で多くの人が不安の中で過ごさざるを得ない状況が続いていますが、冷静になって考えてみると、新型コロナによる世界的パンデミックと情報のグローバル化に密接な繋がりを感じるのと、そのことが人々の恐怖と不安を必要以上に駆り立てているとしか思えません。
 
インターネットによるボーダレス化は情報伝達の高速化とグローバル化をもたらしましたが、同時に、伝達される情報の質の低下をももたらしていると思います。
 
こうした状況下で正しい情報に触れることはとても困難ですし、触れなくてもいい情報にまで触れる機会が増えることによって情報の取捨選択が追い付かない状態が確実に生まれています。
 
大前提として、「恐怖」は人体の免疫バランスを大きく狂わせるだけの強力な力を持っています。「不安」も同じです。
 
誤解を恐れずに、これまでの21年間の施術家としての経験から言わせて頂くならば、ウィルスによって与えられる人体のダメージよりも、恐怖と不安によって与えられる人体のダメージの方が遥かに大きいということが言えます。
 
代替医療の先駆者であり自然医学・統合医学の世界的な権威として知られているアンドルー・ワイル医学博士の著書『人はなぜ治るのか(日本教文社)』ではその結論として「信じる心が人を治す」と述べられています。
 
医学界ではプラシーボ効果が認められていて、例え偽薬を飲ませてもそれを治ると信じて飲むと病気が治ることが分かっています。
 
しかし、今現代のグローバル化された情報社会の中で本当に安心して信じられるものが果たしてどれだけあるかを注視してみたときに、少なからず猜疑心を抱いて信じざるを得ないものの方が圧倒的に多く、私たちはそうした根のない浮遊した情報に振り回されて、恐怖と不安を拭い去ることができない状況の中に放り出されて右往左往しているように見えてしまいます。
 
こうした心理的状態の中にあっては、壁面に映る木の影が幽霊に見えてしまったり、たまたま帰宅する方向が一緒になった人がストーカーに思えてしまったりという風に、本来は何でもないはずのものが自分にとっての恐怖と不安になり、形あるものに変幻し、まるで本当に触れているかのように脳が認識しはじめ、体感として感じるようになってしまいます。
 
実際にはそこには何もないにもかかわらず、自分自身の抱く恐怖と不安によって実際にダメージを受けてしまうのです。
 
具体的な名称は差し控えますが、コロナ禍で世界が一つにならなければいけないと叫ばれ始めているにもかかわらず、賠償責任がどうだとか、お前がやったのだとか、他人を攻撃してさらに分裂するような方向に舵を切っている勢力が増えてきています。
 
さらには、インターネットの匿名性を盾にして、普段対面ならば絶対に言わないような言葉を普段は使わないような口調で平気で使って他人を攻撃する人達が増えてきていることにも嫌悪感を覚えます。
 
これらも考えてみれば恐怖と不安によって駆られた心が自己防衛のために取っている低レベルの行動にしか思えませんし、それは見ていて滑稽であり悲しくもあり、そしてまた、明日の自分がそのようにならないとも限らないという意味においては反面教師であり教訓として映ってきます。
 
結論として、私たちは情報のグローバル化によってもたらされている不確かな情報の多くを採り入れざるを得ない状況に必然的に立たされていて、自分自身で的確に判断する能力を欠いてしまっているために、その心の隙間から顔を出した恐怖と不安が問題を大きくして、しかもその恐怖と不安ゆえに免疫機能のバランスを低下させてウィルスに感染しやすい状況を自分自身で生み出しているのではないかと考えます。
 
腸と脳の相関関係(脳腸相関)に照らし合わせてみてもこれには医学的な根拠がありますし、逆もまた然りで、恐怖と不安から自分自身を解放することによって免疫バランスが維持できることも医学的な根拠のある話です。
 
 
この状況をまるで予見していたかのような印象を与えた映画作品シリーズがつい最近になって完結したのですが、その映画作品というのは『スターウォーズ』です。
 
宇宙戦争を描いて世界的な人気作品になった映画ですが、ストーリーを簡潔に言うならば、それは「恐怖と愛の戦い」です。
 
この映画では「恐怖」を“ダークフォース(暗黒の力)“として表現し「愛」を“フォース(光)“として表現していて、“ダークフォース“の力に引きずり込まれる主人公が“フォース“を高めてその戦いに臨んでいく過程を描いた作品になっていますが、戦いの途中で主人公は自分の内面に存在する「恐怖(ダークフォース)」に気付き、自分自身との戦いに苦しみます。
 
自分が最も敵対視していた“ダークフォース“が実は自分自身の中にあり、しかも“ダークフォース“を敵対視すればするほど内面の“ダークフォース“が強くなって闇の側へと引き釣り込まれていくのです。
 
この状況がまさしく、現代の地球(人類)が置かれている状況そのもののように感じてしまい、ジョージルーカス監督の先見性と予見性に脱帽してしまうのですが、映画『スターウォーズ』シリーズの中では“フォース(光)“の力に覚醒したマスターと呼ばれる先達が修行中のルーク・スカイウォーカーにこんな言葉を語ります。
 
「ダークフォースから
  目を背けてはならない」
 
私たちは自分自身の内面に存在している「恐怖」や「不安」から目を背けようと必死になっているように思うことがあります。でも「恐怖」や「不安」は生物としての防衛反応の一部としてなくてはならないものであり、取り除くことは決してできません。
 
避けようと必死になったり取り除こうと躍起になっても、敵対視すればするほど自分の中で力を強化し、ひいては他人を傷つけることで自分を正当化しようと働くようにプログラムされているのだと思います。
 
“ダークフォース“は言わば「必要悪」なのです。だからこそ、目を背けるのではなく、理解し、向き合うことによって凌駕することができれば、「恐怖」や「不安」を持ちながらにして自分自身をコントロールして社会に流されない強さを持つことができるのではないかと思います。
 
恐怖や不安を受け入れるという態度は、実は身体のある部分を強く意識することで可能になります。その部分が【肚(はら)】です。つまりお腹の下部、お臍に位置している「丹田(たんでん)」と呼ばれているエネルギーのスポットです。
 
「恐怖」や「不安」を考えながら丹田に意識を向けて力を入れて深い呼吸を続けていると「恐怖」や「不安」が次第に和らいできて前向きな発想ができるようになってくることがあります。ここにも「脳腸相関」が成り立っていたのです。
 
この記事では冒頭から新型コロナ感染対策のための細かい手法をお伝えしましたが、本当に一番お伝えしたいのは、そうした対策は講じるにしても、それ以上に心の持ち方が及ぼす影響の方が圧倒的に強いということを知って頂いて、「恐怖」と「不安」にフォーカスして留まるのではなく、「恐怖」と「不安」に包まれている自分があることを先ずは認めてその自分を肚の底から受け入れて「恐怖」と「不安」には屈しないと宣言することと、より正しい情報を自分から求めていく行動を起こして実践することを通して自分の行動に自信と確信を持てるようになって頂きたいということです。
 
もしも今の自分が「恐怖」と「不安」に包まれていることを認められるとすれば、自分以外の他人も同じように「恐怖」と「不安」に包まれているかも知れないと想像することは容易になりますし、その他人はそれ故に一見不甲斐なく思えるような行動を取っていると考えることができるならば、そこに相手を攻撃する気持ちが湧き上がるだろうかと考えてみて欲しいと思います。
 
 
「恐怖」や「不安」という感情には一定の周波数があることがわかっています。宇宙の森羅万象にはそれぞれに固有の周波数があって、例えば地球には地球の周波数があり火星にもまた別の周波数があります。
 
電話機、電子レンジ、ラジオ、それからタンポポ、すみれ、ハイビスカスなどもそれぞれに固有の周波数がありますし、ラジオなどは受信する周波数帯を変えることで様々な放送局の放送を聴くことができるわけです。
 
また人体においても肝臓と腎臓とでは発している周波数が違いますし、その日の気分によって人体から発せられる周波数は変動しています。それから、ウィルスもインフルエンザウィルスとコロナウィルスとでは周波数が違います。
 
新型コロナウィルスが持っている周波数は「恐怖」や「不安」の感情が持っている周波数と同じことがわかってきていて、同じ周波数同士は引き付け合う(共鳴)こともわかっています。
 
つまり、私達が新型コロナに対して恐怖や不安を募らせるほど新型コロナが引き寄せられてくるという共鳴現象が、新型コロナが蔓延している真の原因だと言うわけです。
 
しかしどうでしょうか。テレビやインターネットから流れてくる情報の殆ど全てが私達の恐怖や不安を煽るような情報ばかりです。その反面、免疫のバランスを整えることや改善することについては殆ど情報を流していません。
 
これは明らかに何らかの意図があるからだと言わざるを得ません。恐怖や不安を煽ることによって得する人間がいるということです。情報操作というのはいとも簡単です。そういう社会システムを作り上げた土台の上に私達は日常生活を送っているために気付けなくなってしまっているのです。
 
でも、基本に立ち返ってみればそんなに難しいことではありません。要するに私達はもともとは自然界の一部であり、自然そのものです。文明の発達は人間と自然との繋がりを切り離してしまいましたが、私達がその繋がりを取り戻すことができるならば自然との共生が可能であるし、自然とのバランスを崩すことなく文明を発展させることができたはずなのです。
 
ですから、自分自身を自然界に近づける方向にあらゆるものを選択していけば、免疫のバランスは当たり前に整ってきますし、新型コロナウィルスだろうと何だろうと跳ね除けてしまうでしょう。
 
またその逆に、これまで以上に科学文明に偏った選択を続けていくならば、自然界の強大な力の前に人間など一握りで潰されてしまうに違いありません。
 
 
いま私たちは、絶対に“ダークフォース“に屈してはいけないのだと思います。そして、不自然な習慣から一日も早く脱するために、いま自分が本当はわかっていてやれていない事に舵を切るべき時ではないかと思います。
 
考えてみて頂きたいのです。なぜ自殺者が増え続けているのでしょうか?過酷な競争社会は本当に必要でしょうか?資本主義とはどういうことかを理解しているでしょうか?私達は自分や自分が愛する人のためではなくて、この社会を支配している一部の人間(資本家)のために汗水垂らして働いているのかも知れないのです。
 
こうした流れに歪みが生じているからこそ、いま社会全体が揺れ動いているのではないかと思います。
 
結局のところ私達は今のところ自分しか見えていないのではないかと思います。自分のことで精一杯です。そういう流れの中にいるのでどうしようもないと諦めている部分もあるように思います。
 
でも、そのような中にあっても何かを選択する力を私達は相変わらず持っています。恐れに屈するのではなくて、恐れを凝視して、恐れの正体を見抜く力を養う必要があると思います。
 
答えは自分自身の内側にあります。自分自身を思い出すことで何を選択すべきかが見えてきます。社会の波に揉まれてきて自分自身を捨ててきたとしても、決して忘れることができない自分が居るはずです。そこに気付けたら、恐れることなく行動することで現実が変わるはずです。
 
一人でも多くの皆様の上に「フォースが共にあらんことを」お祈り申し上げます。
 
 *
 
「May the force be with you !
  ーフォースと共にあらんことを!ー」
 
※この記事がお役に立てたら
ぜひシェアをお願い致します。

18/08/2020

当サロンの施術で健康を回復されたお客様がご厚意でヨットに乗せて下さいました。
 
メインマストが30フィートのクルーザーで一級船舶を持っていればアメリカ大陸まで行けるという、夢を乗せたドイツ製のヨットでした♪
 
自然の風を掴んで音もなく静かに海面を滑るように走る感覚は、音と振動がするエンジン艇とはまるで違い海との一体感を味わうことができました。
 
操舵していると海からのエネルギーが体幹を突き抜けて体が元気になるのがわかりました。沖に停泊して遊泳もできましたし、これは病みつきになるはずだなぁと思ったりしました。
 
何よりも嬉しかったのはオーナーであるお客様がとても元気に力強く、久しぶりの航行を味わっておられたことです。大声を張り上げてクルー達に操船を指示するお姿からは、若かりし頃に地元の草レースを自作艇で総なめにしてきたという貫禄が感じられたりもしました。
 
そのお客様がこう仰るのです。「こんな体験ができるのは僕が生きている内だけだよ。今の内に覚えたらいいよ」
 
若い人達を沢山お世話して育てて来た方からしか出てこない言葉だと思いました。いやぁ、、。船舶免許取ろうかしらん。
 
それにしてもライフジャケットが、ちょっと、、、(苦笑)

[07/09/20]   特注していたアクリル切り文字が完成したので、入口に店名をようやく付けることができました。
可愛く仕上がったと思います(´ー`)

ライトアップもしています。

あとは外壁に看板を取り付けるだけですが、こちらはまだ少し時間がかかります。

02/07/2020

サロンの移転がなんとか無事に終わりました。
 
サロン内の設備はすべて新調し、お客様に少しでも快適な時間を過ごしていただけるように、デザイン性と機能性にこだわった物を揃えました。
 
施術においてもっとも重要なアイテムとなる施術ベッドは、プロスポーツ選手やオリンピック選手などのシビアな調整を必要とする方々のためにデザインされたEarth Lite社の最上位機種を導入しました。
 
ベッドの上に横になるだけで筋肉が弛緩するスグレモノで、ソフトな寝心地は病みつき?になること間違いなし?!また、木製のため電磁波の影響を受けにくく、人体の微細な動きや変化をキャッチしやすくなりました。
 
床には抗菌効果と温かみのあるコルクマットを敷き詰めて居心地の良い空間作りを目指しました。その他にもこだわりの小物たちがさり気なくお客様をお迎えいたします。
 
 
サロンの移転は一部のお客様にお伝えしたのと、このページで軽く告知しただけでしたが、移転後はじめて来院して下さったお客様からは写真のように立派な胡蝶蘭のお祝いをいただきました。
 
予期せぬお心遣いに胸が熱くなると同時に、こうして応援して下さるお気持ちに応えられるように、もっと精進しなければと気が引き締まる思いでもあります。
 
新型コロナ対策に対する知識のアップデートと実践にも力を入れて、より安全な空間となるように、併設するヒーリングサロンのスタッフと共に取り組んでいく所存です。

看板がまだ付いていないのと、待合室が未だ準備中のため入口は閑散としていますが、その分、よりホットにお出迎えさせていただきます!
 
今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(*_ _)m

[05/24/20]   【サロン移転と移転に伴う料金改定のお知らせ】
日頃よりナチュラル メディケアをご愛顧下さりありがとうございます。
 
2019年3月より青葉区みすずが丘にて営業を開始して以来、少しづつではありますが近隣の方々からお声を掛けていただける機会が増えて参りまして、当サロンの施術が皆様の健康管理の一助としてお役に立てるものであることを実感できるようになり、同時に、この地域での総合療術の必要性も日を追うごとに感じるようになって参りました。
 
そんな折、当サロンが利用させて頂いている施設のオーナー様より1階のテナントが空くので移らないかとの打診がありまして、かねてより施術ルームがある2階への急で細い階段がお客様にとって危険だと危惧していたこともあり、二つ返事でテナントを契約させて頂きたい旨を返答した次第です。
 
新型コロナ禍でもあり、この時期に新たな投資をするのはいかがなものかとの反対意見もありましたが、新型コロナを含むウィルスの脅威はこれからも続くことを想定すると、この時期だけが特別なものではなく従って後ろ向きな判断をするものではないとの認識に至り、
 
同時に、健康分野の一翼を担う立場として適切な対応策を発信し続け自らが行動に現わす必要性を一層感じたため、新たなテナントにおいてウィルス対策にも万全を期した上で再出発しようと決断するに至りました。
 
また、1階部分が使えるようになれば、たとえば大画面にプロジェクターで映像を映し出して映画上映会などを開催することも可能になり、近隣地域の皆様にとって文化価値の高いサービスを提供できるようにもなると考えております。
 
 
 
移転は下記の通り今年7月(再来月)を予定しております。また、移転に伴いましてこれまでの料金体系を若干変更させて頂く予定でおりますので、合わせてお知らせ致します。
 
新型コロナウィルスの影響や心配はまだまだ続きそうですが、一日も早い終息を願うと共に「ウィズコロナ」を生き抜くための最新情報を収集し続けお客様に提示していくことや、そもそもにおいてウィルスや病気に負けない体作りのお手伝いをさせて頂くべくこれからも精進していく所存でおります。
 
今度ともどうぞよろしくお願い致します。
 
 
--------------- ー 記 ー --------------
 
 
現在のサロン所在地:
横浜市青葉区みすずが丘14-18 2階
 
★新しいサロン所在地:
横浜市青葉区みすずが丘14-18 1階
(建物は変わりません)
 
★改定料金:
「産後のむくみと疲労回復」コース
5回セット¥25,000 ⇒¥35,000
 
「定期メンテナンス」コース
10回セット¥50,000 ⇒7回セット¥50,000
5回セット¥30,000 ⇒5回セット¥35,000
 
以上の2コースで変更となります。

12/05/2020

【新型コロナに対する最新の感染防止対策を実施しています】
当サロンでは新型コロナウィルス感染防止にむけて下記の対策を実施しております。
 
・スタッフのマスク着用とGERMBLOCKによる手指消毒
・施術毎でのGERMBLOCKによる手指消毒の徹底
・GERMBLOCK噴霧による空間除菌
・定期的な換気(室内温度に配慮しながら施術中も窓を開けることがあります)
・サロン内の共有部分(ベッド、トイレ、蛇口、ドアノブ、柱、手すり、スウィッチ等)におけるGERMBLOCKによる消毒を強化
 
この点、お客様におかれましてもマスクの着用と受付での手指消毒にご協力を頂いておりますので、ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。
 
また、サロン内で他のお客様との施術が重なることがないようにご予約の時間をずらすように配慮しております。
 
 
まだまだ厳しい状況が続いておりますが、お客様の精神衛生と健康を脅かす不安・症状を少しでも早く軽減できるようにこの期間も務めて参ります。もし公衆衛生上の疑問などありましたら遠慮なくお尋ね下さい。
 
 
※GERMBLOCK(弱酸性次亜塩素酸水:30ppm)は岡山大学による安全性試験で安全性が確認されており、北里研究所でも病原性細菌に対する殺菌効果と安全性が認められており、警察署、病院などに導入されています。
 
(添付写真1枚目):
当サロンで使用している消毒液
 
(添付写真2枚目):
弱酸性次亜塩素酸水のキュウリの除菌実験
除菌が難しいと言われているキュウリを同じ有効塩素濃度の次亜塩素酸ナトリウムとジャームブロック(弱酸性)に30分間浸漬した後の生菌測定。
 
(添付写真3枚目):
GERMBLOCKの効果と用途

12/05/2020

【治る人と治らない人の違い】
治るはずの症状が治らないというケースは実際に多くありますが、多少なりとも一度は改善した症状が再発するという場合に考えられることが2つあります。1つは、施術範囲が不十分な場合。2つには、治るはずのプロセスを患者様自身で絶ってしまっている場合です。
 
<1のケース>
 
大前提として、施術によって症状が多少でも改善したということは、その施術はその時点では適切なものであったと考えられます。しかしある程度の時間が経過すると再発してしまうという場合には次の2つのことが考えられます。
 
●より広範囲な施術が必要
 
患者様の体力が低下している場合には必要十分な施術ができないために、症状が再発しやすいことがあります。このようなケースでは、ある程度の長いスパンで施術計画を立てる必要があります。また、一度の施術でできることには限界があるために、症状の原因が多岐に渡っているようなケースでは改善できていない原因によって症状が再発することがあります。
 
●生活習慣によって引き戻される
 
施術を受ける前の身体の状態と行動パターンは脳によって記憶されていますが、施術を受けることによって身体的なバランスに変化が起きたとしても、脳が新しい状態を受け入れるのには時間がかかります。そのため施術後の身体は、一時的に、古い脳の記憶によってコントロールされます。症状が再発してしまう原因が脳の古い記憶にあることが考えられます。
 
このようなケースでは、患者様自身が意識的に生活習慣を変えて、いままでの行動パターンを変えていく必要があります。当サロンの場合は、生活習慣を変えるためのご提案や、脳の古い記憶をリセットするためのエクササイズをご提案させていただきます。
 
<2のケース>
 
こちらのケースに当てはまる方は非常に多いです。簡潔に申し上げると患者様自身の判断で通院を止めてしまうことで、治る可能性が十分にあるのにその可能性を自ら断ってしまっているケースです。経済的な問題、距離的な問題、時間的な問題などいろいろと理由はあるかと思われますが、治る人と治らない人の違いはこの判断によって歴然としています。
 
 
~治る人と治らない人の違い~
 
添付した表は『治癒曲線』と呼ばれているものですが、一度発症した症状が消失して、尚且つ、症状を引き起こした原因が解決されるまでには段階的なステップがあります。
 
■治る人
 
「青線グラフ」で示したのは治る人の健康状態の推移です。「健康状態」が100%で完全に健康が回復した状態であり、0%に近づくほど健康が損なわれ、50%以下になると何かしらの自覚症状が発症し始めます。(数値は目安です)
 
「青線グラフ」の人は「健康状態」が25%となって症状を自覚してしばらく我慢したのち、いよいよ我慢できなくなって初診に訪れました(点A)。そのとき施術をおこなうことで、自覚症状がなくなってとても楽になり、しばらくは調子が良かったのですが(期間P)、再び自覚症状を伴った痛みが出てきたので、今度は我慢しないでその時点で2回目の施術に訪れました(点B)。
 
3回目に訪れたときには自覚症状が出ていなかったのですが、悪くなる前に施術を受けようと思って訪れました(点C)。この時点でこの人の「健康状態」は、ほぼ100%に近い状態にまで回復していて自覚症状も全く出ていませんが、その後は、『予防の為』ということで4回目の施術に訪れました(点D)。
 
このときの施術によってこの人の症状は完全に治りましたが、その後も定期的に心身の調整をすることで不安のない毎日を送ることができています。(施術の回数は目安で、個人差があります)
 
■治らない人
 
「灰色グラフ」で示したのは何度も症状が再発している人の推移です。初診は「青線グラフ」の人と同じように自覚症状が我慢できなくなって訪れました(点A)。そのときの施術で自覚症状がなくなって楽になりましたが(期間P)、次回の施術の必要性をご提案させて頂きました。
 
しかしこの人は忙しいため、ご提案した期日までには訪れず、再び自覚症状が我慢できなくなってから訪れました(点E)。この人の口癖はこうです。『また痛くなったら来ます』この人はずっとこの調子なので、いつまでたっても治ることはありません。
 
 
このように、一端発症した症状が完全に治癒するまでにはある程度の時間が掛かるもので、継続的な対処が必要になります。それは、その原因が一つではなく、また、長い期間が経過していくうちに体に変な癖がついてしまっているからです。
 
 
~古い記憶を上書きする~
 
施術を終えたすぐあとや、施術後の数日間は新しいバランスが維持されていても、普段の生活習慣に身を委ねているうちに脳に記憶された過去の状態(姿勢、習慣、思考や思い)によって、症状が発症するに至った元の状態に再び引き戻されてしまうことがあります。
 
例として、施術のあとに踵が磨り減った古い靴を履くと、施術前の歩き方の癖が古い靴によって再現されてバランスを崩すことがあります。
 
このとき大抵の方は「治っていない」「症状が再発した」と思って治療を断念してしまいますが、それは早合点であることも多く、他にも原因があることや習慣性を加味することが必要です。
 
<生活習慣を変える意味>
 
脳(記憶)に染みついた”生活習慣”や”癖”を上書きして新しい体の使い方や考え方を覚えさせることは、症状が治る上では必須条件だといえます。そのためにはある程度の期間、施術を継続する必要がありますし、自分では気付いていない習慣性や癖を客観的にみてもらうことが必要になります。
 
慣れてしまった習慣を変えることには大きな抵抗があるものですが、その習慣によって今現在の自分の症状があるということを理解していただいて、脳に刻まれた古い記憶を一掃して新しい習慣を心掛けてみていただきたいと思います。
 
<当サロンの取り組み>
 
当サロンでは、症状の原因に対処するだけではなく、生活習慣や体の癖、思考の癖に対してもしっかりと対処して、お客様の体が新しい本来の状態に定着することを継続的にサポートしています。
 
こうした取り組みの結果として、慢性の症状で悩まされていた方や、色々な治療を受けてみたが良くならないという方が、今までどの先生にも言われなかった症状の原因を指摘されて腑に落ちたと安堵されたり、頑固だった症状に変化が起きて希望を見出しておられます。
 
当サロンでは「お試しコース」をご用意しておりますので、いきなり「総合療術コース」では不安という方は先ずは「お試しコース」をご利用ください。実際の施術の体験談もご紹介しておりますのでご参考にしてください。
 
※体験談
https://www.naturalmedicare.org/voice/
 
※お試しコース
https://www.naturalmedicare.org/firstreservation/

電話番号

住所


青葉区みすずが丘14-18
Yokohama, Kanagawa
225-0016

営業時間

月曜日 10:00 - 15:00
火曜日 10:00 - 19:00
水曜日 10:00 - 15:00
金曜日 10:00 - 15:00
土曜日 10:00 - 19:00
日曜日 10:00 - 19:00
その他 Yokohama ビューティーサロン (すべて表示)
プライベートエステサロン Mahana(マハナ) プライベートエステサロン Mahana(マハナ)
Yokohama, 245-0053

【長期休業中】女性専用予約制エステサロンです。 南国風プライベート空間で極上の時間を過ごしてみませんか… 初めてご来店の方は10%オフ! マハナの詳細はこちらです。

アース美容院 アース美容院
中区長者町5-51-1
Yokohama, 231-0033

完全予約制のプライベート美容院。髪の毛などの悩みを抱えている方のかけこみ美容院です。

甘毒ネイサロン Ever nail 甘毒ネイサロン Ever nail
神奈川県
Yokohama, 241-0024

Japan to Thai groceries Japan to Thai groceries
5-3-3-2106 Minatomirai
Yokohama, 220-0012

We're selling health products from South East Asia to Scandinavia, mainly form Japan and Thailand to Norway. Seaweed, ginseng, Yakult green juice etc.

HSbodydesign(白鳥エステ)横浜桜木町店 HSbodydesign(白鳥エステ)横浜桜木町店
中区2-47
Yokohama, 231-0065

60分3000円 国内最安値高級エステサロン HSbodydesignです。 当店は完全予約制・完全会員制のエステサロンです。 会員登録・ご予約は、WEBもしくはお電話でどうぞ。

aj 青葉台店 aj 青葉台店
青葉区青葉台1-6-13
Yokohama, 227-0062

美容室ajでは、とことん癒しにこだわりを持ち、空間プロデュースから、癒しのメニューまでご来店いただける全てのお客様に最高の癒しをご提供いたします。

ミラ エステシア 横浜店 ミラ エステシア 横浜店
西区南幸2-17-7 ヴェルディ横浜4F
Yokohama, 2200005

脱毛・エステサロン「ミラエステシア」は、姫路・岡山・倉敷・加古川・横浜にある脱毛・フェイシャルエステ・痩身サロンです。

Cherry Blossoms Cherry Blossoms
中区山手町100番地
Yokohama, 2310862

横浜・山手町のサロン【完全予約制】 | アロマトリートメントとインディバを融合させた女性のためのプライベートサロン

青葉台リーフ整体院 Medical Chiropractic 青葉台リーフ整体院 Medical Chiropractic
青葉区青葉台2丁目7-2 鴨志田ビル402
Yokohama, 227-0062

【営業時間】 火~金/ 10:00~21:00(最終受付20:00) 土日祝/ 09:00~19:00(最終受付18:00) 定休日/月曜日+不定休あり

センター北・女性専用大高酵素おがくず発酵風呂  酵素ぷら センター北・女性専用大高酵素おがくず発酵風呂 酵素ぷら
神奈川県横浜市中川中央1-34-2 わくいビル5F
Yokohama, 224-0003

センター北の女性専用酵素風呂『酵素ぷらざ』です。ダイエット・デトックス・アンチエイジング効果も期待されています。アットホームな雰囲気でおくつろぎ下さい。

横浜タイ古式マッサージ ファーサイ  関内店 横浜タイ古式マッサージ ファーサイ 関内店
神奈川県横浜市中区羽衣町3丁目63
Yokohama, 231-0047

やすらいだ時間の中で、心と身体をゆっくりとほぐし、人間が本来持っている自然癒力を活性化し、心と身体のバランスを取り戻しましょう。

藤が丘 エステサロン RE:start SPA 藤が丘 エステサロン RE:start SPA
Yokohama

アロマリンパケアエステサロン!腰痛・むくみ・肩こり・小顔など体質から改善し、心身ともに健康へと導きます!現在産休中となり商品発送のみ行っています。