マーサ動物病院 本院

マーサ動物病院 本院

生活の質を大切にした獣医療を目指しています。 幸せな暮らしのために
当院では、「飼い主」、「動物」、そして「病院スタッフ」が一味同心となり、お互いが幸せになれることを目標としています。
病院スタッフは、病気の予防だけでなく、しつけや食事等、日々の生活全般に目を向け、『飼い主の一員』という理念のもと、日々の診療にあたっております。

通常通り開く

13/07/2021

お伝えが遅くなってしまいましたが、7月の力作ブラックボードを掲示しています。来院時に絵の雰囲気とともに内容もご覧なって下さい。
天候の急変や温度・湿度の上昇で、家の中で管理している子が多いとはいえ、毛皮を着ている子達にはかなり影響を及ぼすと考えています。散歩の時間には特に注意をしてただき、体調の変化があった場合にはまずお電話で構いませんのでお聞き下さい。暑い日が続きます。大きなトラブルなく、なるべく来院しなくて済むように祈っています。

26/06/2021

獣医師、動物看護師向けセミナーのご案内です。

近隣の県でも発生をみている今、この疾患に関しての情報を再確認していただけたらと思っています。

7月1日(木)
SFTS対策セミナー(録画配信)
(主催:株式会社EmVet、後援:公益社団法人千葉県獣医師会) 

添付、ご案内チラシに記載のQRコードに関しまして、【既にこちらでのお申込みが終了】しております。
お申込みご希望の先生、スタッフ様におかれましては、【以下の千葉県獣医師会様にメールにて直接お申込み】をお願い申し上げます。

【お申込み期限】:2021年6月29日(火)18時まで
【お申込みメールアドレス】 公益社団法人千葉県獣医師会事務局 [email protected]
【ご記載内容】貴院名、お名前、お申込者のメールアドレス(メールに直接ご記載ください)

【お問い合わせ先】公益社団法人千葉県獣医師会事務局 
〒260‐0001 千葉市中央区都町 6-2-15
TEL.043-232-6980 FAX.043-232-6986

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post 05/06/2021

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post 13/05/2021

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post

02/04/2021

新年度が始まりました。
月初め恒例の平野先生の啓蒙ブラックボード。今回も素敵なものになりました。ちょっと妬ましいくらいのセンスと技術。昭和世代の自分にとってはやはりデジタル表示より手書きのほうが何倍も説得力があると感じます。一手間、いや二手間の労力の違いなのかな。
さて当院も少し混雑してまいりました。お時間を取るのは大変だと思いますが、可能ならば余裕を持って早めにご予約いただけると助かります。調子が悪くないワンちゃんたちはこの時期にしか会えないので、久々の来院を楽しみにしています。嫌われ者になる覚悟で...。

09/03/2021

昨年多くの獣医師の先生方にご協力いただいたフェイスシールド寄与に対する感謝状が昨日届きました。
まだまだ終息の目処が立たない戦いでありますが、今なお新型コロナ感染症の最前線で働いている方々のみならず、負担がかかっている医療従事者や介護関係の方々に、私達ができることを微力ながら支援できればと考えております。
何より突然の申し出にも関わらず、快く賛同していただいた神奈川の多くの獣医師の先生方に心より感謝いたします。

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post 09/02/2021

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post 05/02/2021

Photos from マーサ動物病院 動物医療センター's post

25/12/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

Merry Christmas
少なくとも当院の犬は喜んではいないと思いますが、Xmas仕様にさせられています。ただ、トナカイなのサンタなのどっち...という感じではありますが。
今年もあと少し。動物たちや飼い主の方々そしてスタッフたちが無事に年を越せるよう祈るばかりです。

            お知らせ

           年末年始の診察
        12月30日(水)通常診察
        12月31日(木) 休診
        1月1日(金)   休診
        1月2日(土)   休診
        1月3日(日)   休診
        1月4日(月)  通常診察

        *随時変更する場合があります。         
               マーサ動物病院 

今年もたくさんの患者さん方に私を始めスタッフたちが多くを学ばせて頂きました。ありがとうございます。
これからも皆様に寄り添うことを主軸として、少しでも動物たちが楽に過ごせるよう、飼い主の不安を少しでも取り除けるようスタッフ一同頑張りますので、来年もよろしくお願いいたします。
素敵なXmasと新年をお迎えください。

26/11/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

秋に入り、スタッフの勉強会が始まりました。
今年卒業した看護師の子が学校で学んできたことを看護助手の子たちに教える会。教える方の子は授業で聞いてまとめたノートを元に、現場に即したアドバイスを一生懸命考えて伝えています。聞いている子達の頷きも多く、よく理解しているようです。学んだことは発信してはじめて身になる...そう思ってスタッフたちにやってもらうようになりました。僕ら獣医師も時々茶々を入れながら参加して。一生懸命学んでいるこんな光景が大好きなのですが、自分もしなくてはという焦りも同時に感じています。教わった子たちが来院してくれる患者さんたちに少しでもこの勉強会の成果を発揮できるよう見守っていきたいと思っています。

18/11/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

先日当院に開業初期と中期を支えてくれた動物看護師さん達が遊びに来てくれました。
一人は患者さんからアルバイトを経て入社し、その後に認定動物看護師を取りました。さりげない心遣いと手先が器用で病院内の至るところに彼女のセンスのある便利グッズが置いてありました。当院で初めてのスタッフになってくれて、14年もの間一緒に働いてくれました。
もう一人は動物看護の学校卒業後すぐに入社し、無遅刻無欠勤で本当にどんな時も笑顔で受付を守っていてくれました。彼女の可愛らしさに動物たちや患者さんだけでなく、僕らスタッフも癒やされていました。過渡期に9年間一緒にいてくれて、働き方の見本になってくれました。
思い出すと大変な出来事ばかりでしたが、二人のおかげでダメージ少なくやってこれました。彼女たちに共通するのは明るさと優しさ。辛い立場の飼い主さんたちに寄り添い、戦う勇気を与えてくれたと思います。僕の病院の根幹。これはこれからも現スタッフが引き継いでくれると思っています。
友人と一緒で久しぶりに会っても昔のままの気がします。これは彼女たちの中身が変わっていないからなのか。いずれにしても笑顔や会話が楽しげだったので幸せそうだったのと、当院が戻ってきてくれる場所であったことに安心させてもらいました。

29/10/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

新しいCT撮影装置を導入いたしました。今までの機種より処理能力が優れているので、短時間に精細な画像を抽出できます。ですので無麻酔でも症例により撮影可能となりました。見た目も音も優しい雰囲気なので、操作する僕らも穏やかに撮影できるように思えます。動物たちになるべく負担をかけぬよう、この機械で少しでも貴重な情報をもらえたらと思っています。

29/09/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

当院のというか、私の犬の投稿ばかりですみません。
もう一段大人の階段を登るための儀式(?)が始まっています。乳歯から永久歯ヘの転換。厳かに移行すると思いきや、あまりに愉快な状況だったので記念写真を撮りました。こんな表情は二度と有りませんから。体つきは大きくなっている気がしますが、毎日見ていると感じないものですね。顔つきや行動はまだまだ子供。毅然とした大人になってくれるのか...あまり期待はしていませんが。
興味ないかもしれませんが、もう少しだけみなさんも一緒に犬の子育て、垣間見ていただけますようお願いします。トイレの片付けや散歩、毎日の食事は僕がしますので。

27/08/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

少しお姉さんになりました。
まだまだ寝る前には狂ったよう走り回るし、噛んではいけないものも噛みますが、ちょっとずつコマンドを覚えてくれています。先日は兄妹と会いました。男の子はマーサより2kgくらい重くて大きく。二人共病気と縁遠く育ってほしいものです。そして先日やっと散歩に行くことができるようになりました。あまり怖がることなく周りに興味津々。記念写真は目からビームを出しているような、漫画のような写真に。帰ってからはぐったり死んだように眠っていました。
子犬を育てるのは久しぶりですが、おかげでいろんな自分に気付かされます。教えたことができる度に自分でもどっから声が出てるんだという声ではしゃぎながら褒めたり、疲れて帰った時に全く違う場所で粗相をしても悪態つかずに忍耐強く処理できたりと。この歳になってはもうあまり必要性を感じませんが、育て育てられているのかもしれません。そして生活の彩りが少しだけ華やかになっている気がします。徒労という言葉を伴いながらではありますが...。

28/07/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

前の子を見送ってから半年、縁があって当院にというか僕の家に犬が来ることになりました。犬種は4頭目となるエアデールテリア。名前も3代目マーサにしました。飼うことに関してはかなり真剣に悩みましたが、一生のうちに飼える犬数なんてほんの僅かと思い出会いを大事にしました。2ヶ月齢の子犬ですので想像していた通り(それ以上かな)夜泣き、異所での排便排尿、家具を齧ることなど数日で疲れきりました。でもやはりかわいい。向こうも僕らの反応を確認しながらいろんなことをしてくるので、久々に犬とキャッチボールしているようで時間を忘れます。遊びながら普段の僕らは動物たちにきっとありがた迷惑な行為をしてしまっているのかもしれないなと思ったりして。
2代目のマーサは看板犬として立派に育てようと一生懸命すぎました。なので今回は思いっきり可愛がるだけにしようと思っています。ただしおやつはあげませんが。まだ免疫が不十分なので散歩には行けませんが、抱きかかえながらいろいろな場所に連れ出しています。たくさんの匂いと音に慣れてもらうために。日に日に長くなる足と鼻。来た当初はダックスフンドに間違われるような感じでしたが変身を続けています。成長を見守りながらこれからたくさんの時間を共有して思い出をたくさん作っていきたいと思います。亡くなってしまった後もいい思い出しか思い出せないくらいに。動物を飼うのはやはり大変ですが、ただ黙って側にいて安心と癒やしを与えてくれる存在。だから何かしたくなるのでしょう。そんな想いから獣医師を目指したことを改めて感じています。先を考えると不安はありますが、出会いと運命を信じて。自分にとってのいい子に育てていきたいと思っています。

14/05/2020

命を懸けて新型コロナと戦う医療従事者の方々に感謝の気持を込めて
~命に関わるものからのささやかな支援~
神奈川県で働く医療従事者の方々に、獣医師を中心とした有志たちからの贈り物です。

各自の自粛…これは病気を終息に向かわせるというよりも、医療崩壊を招かないための対処だと考えています。ずっと我慢しておればウイルスがいなくなるわけではなく、治療法と同時に予防法が確立されないと終わりはありえないのでしょう。だから、きっと長く続くことになる。ただ、病気は新型コロナウイルスだけではありません。もし今以上に新型コロナウイルスの感染者が多くなれば、交通事故や重症疾患その他緊急疾患の対応が遅れ救えた命も救えなくなります。ここを徹底して守らなければいけないのではないかと思っております。それにはその最前線の場で、命を懸けて働いていらっしゃる方々を守ることだと考えます。
医師と“one health”を共有する獣医師として何かできないかと考え、簡易フェイスシールド3,000部を医療従事者の方々に寄与しようと考えました。現段階ではマスク等予防装具が圧倒的に現場で足りないことを考えるとフェイスシールドは微力ではありますが、使えると思っております。再生・消毒もマスクよりは簡単にできますし、顔への飛沫防止や自分の手で接触することへの防止効果もあります。また医療従事者に限らず介護 関係の方々など、どうしても感染者と接触せざるを得ない方々へも届くように願っています。
今回は僅か2日という短期間にも関わらず有志獣医師50名の先生方の参加を得ました。また弘明寺観音のご住職様にもご協力の申し出を頂き、 新堀県会議員にもお手数をおかけして本日神奈川県健康医療局への寄与という運びになりました。
覚悟を持って向き合っておられる医療従事者の方々にお使い頂ければ幸いです。そして、くれぐれもご注意の上、ご自愛くださいますよう願っています。

07/05/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

緊急事態宣言の延長に伴い、当院では前回お知らせした通りの診療体系を継続することにいたしました。 但し木曜日午前中のみ、院長はセンター診療とさせていただきます。 皆様には何かとご不便をおかけすると思いますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
https://www.martha-vet.com/%e7%b7%8a%e6%80%a5%e4%ba%8b%e6%85%8b%e5%ae%a3%e8%a8%80%e5%bb%b6%e9%95%b7%e3%81%ab%e4%bc%b4%e3%81%86%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/

07/05/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

新型コロナで大変な時期を覚悟を持って今年から従事してくれている2名のスタッフを紹介いたします。
佐藤さんは昨年内定してから定期的にアルバイトに来てくれていたので、即戦力として活躍してくれています。何をするにしても”ありがとうございます”を口癖のように言う謙虚さと初々しい明るさが魅力です。動物たちにも優しく力を与えてくれています。
山口さんは出勤日数は少ないもののかなりの努力家です。言われたことはもらさずメモを取り、それをきれいにノートにまとめ、間違いをしないように常に気をつけています。スマートな見た目とは違い、何にでも一生懸命手を抜かずに行う姿に信頼と安心を覚えます。
彼女たちが昔からやりたかった仕事で思う存分力を発揮できるような環境にしたいと思っています。そして動物や飼い主の方たちからたくさん教わりながら成長していって欲しいです。

緊急事態宣言が延長になり大変な時ですが、こんな時だからこそ一つ一つを丁寧に対処して、動物たちの命と延いては我々人間の命をスタッフ一丸となって守っていきたいと思っています。ご不便をおかけすることがあるかもしれませんが、どうかご協力を引き続きお願いすると同時に、新たなスタッフもよろしくお願いいたします。

24/04/2020

【重要なお知らせ】
新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受け、4月24日(金)から5月6日(水)までの予定で当院の診療形態を変更させていただきます。 今まで本院とセンター間を獣医師・スタッフが行き来していましたが、感染拡大を予防するために各院のスタッフを固定勤務にいたします。これに伴い今まで予約の段階で獣医師の指名を伺いましたが、暫くの間取りやめさせていただきます。院長は基本的には本院勤務となります。特殊な手術や検査に関しましては、院長のみがセンターに移動し、消毒・着替えをした後に処置・手術を行います。副院長はセンターでの診察となりますので、眼科診療に関しましてはできる限りセンターにご来院いただきますよう、お願いいたします。
【ご来院いただく飼い主の皆様にお願い】
・当院は完全予約制とさせていただいております。このことは三密を防ぐためにも大事な事と思われます。事前に電話でご予約いただけますようお願いします。
・密接を避けるために待合室に人がいる場合にはお声がけいただいた後にドアの外か車でお待ち下さい。スタッフが順番をお知らせいたします。
・ご来院の際はできる限りマスクを着用していただき、最小限の人数でお越しください。
皆様にはご不便をおかけすると思いますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【重要なお知らせ】
新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受け、4月24日(金)から5月6日(水)までの予定で当院の診療形態を変更させていただきます。 今まで本院とセンター間を獣医師・スタッフが行き来していましたが、感染拡大を予防するために各院のスタッフを固定勤務にいたします。これに伴い今まで予約の段階で獣医師の指名を伺いましたが、暫くの間取りやめさせていただきます。院長は基本的には本院勤務となります。特殊な手術や検査に関しましては、院長のみがセンターに移動し、消毒・着替えをした後に処置・手術を行います。副院長はセンターでの診察となりますので、眼科診療に関しましてはできる限りセンターにご来院いただきますよう、お願いいたします。

【ご来院いただく飼い主の皆様にお願い】
・当院は完全予約制とさせていただいております。このことは三密を防ぐためにも大事な事と思われます。事前に電話でご予約いただけますようお願いします。
・密接を避けるために待合室に人がいる場合にはお声がけいただいた後にドアの外か車でお待ち下さい。スタッフが順番をお知らせいたします。
・ご来院の際はできる限りマスクを着用していただき、最小限の人数でお越しください。

皆様にはご不便をおかけすると思いますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

https://www.martha-vet.com/%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/

10/04/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

仲間たちとつくった本が少し好評だったので、まさかの続編を作りました。
今回も成書にはあまり書かれていない小動物臨床現場でのノウハウを一生懸命詰め込んだつもりです。
主旨は新人獣医師向けですが、数年後に控えた動物看護師の国家試験でもお役にたてるのではないかと思っています。
今までしてきたことをこういった形で残せることができて、この本に携わったみなさんに感謝しています。
間違いなく老いてきていますが、これからも僅かながらでも貢献できることがないかを探っていきたいと思っています。

31/03/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

本日をもって、当院を村田先生が卒業することになりました。
大学卒業から3年間、臨床家として挫けずに石にかじりついて頑張ってきました。何にでも手を抜かずに一生懸命向き合う姿勢に僕らスタッフもたくさん学ばせてもらいました。狭い病院を彼女が走り回って仕事する姿が見れなくなると思うと寂しいですが、次のステップに向けてバックアップしていきたいと思います。今後彼女は一度大学に戻り、違った角度から臨床を見つめることになりますが、当院にも非常勤としてまた手伝ってくれる予定になっています。当院のムードメーカーだった村田先生。いつまでも明るく可愛く誠実な先生として活躍してくれることを願っています。3年間お疲れ様でした。

24/03/2020

皆様のおかげで当院は30周年を迎えることができました。
20代の頼りない時から暖かく見守っていただけたこと感謝しています。そして自分のワンちゃん、ネコちゃんでもないのに煩くお話ししたことお詫びしたいと思います。ただきっとこの姿勢はこれからも変わらないかもしれません。すみません。
飼い主の皆様そして動物たちには本当にたくさんたくさん学ばせていただきました。ありがとうございます。その教えを取りこぼしが無いようにしてきたつもりですがより研鑽して、私もしくは当院が”動物たちの寿命のうち”と思っていただけるよう努力していきたいと思っています。今後も今まで通り飼い主の方たちと一緒に見守らせていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

17/03/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

去年の台風19号で飛んでしまった当院の屋根の工事が先週の金曜日から始まりました。千葉の方が少し落ち着いてきたからなのかもしれません。屋根の補修は大したことないのですが、10年目になる外壁の塗装工事も一緒にさせていただきます。なるべくご迷惑をおかけしないよう診察は通常通り行います。どうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

19/02/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

先日当院の吉田先生が私の主催する会で講演しました。
100名近い先生方の前でしたが、堂々とわかりやすく皮膚病に関して説明してくれました。彼が当院に来たのが17年前。たくさん助けていただきました。今はフリーの獣医皮膚病医としてたくさんの病院で診察を行っています。お互いあまり変わっていないと思っていましたが、壇上にいる立派になった彼を見て月日の流れを実感し、妙に嬉しい気持ちになりました。これからももっと活躍してもらいたいですね。出会った人を大切にすることの先にある幸せを肌で感じた時間になりました。

29/01/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

本日早朝に愛犬が15年の幕を閉じました。
当院で妊娠を診断し、取り上げ、離乳時から家にきました。ワイヤーヘアードフォックステリアと言って、僕の生まれる前から祖父の家にいて僕を動物関係の道に導いた子と同じ犬種です。大好きなプロゴルファーの名前(エルス)をつけ、訓練に出したりして一生懸命躾をしましたが、何でも口に入れゴミ箱は漁る、猿のように考えられないような所に登るなど、かなり手を焼きました。先住者を優先しその犬が優秀だったこともあって、彼はかなり愛情に飢えていたのかもしれません。だから気を引こうとしてあらんかぎりの悪行を働いたのかな。先住犬が亡くなってからはゴミ箱を漁る以外は落ち着いて。僕らの愛情を一身に集めてとても嬉しそうに過ごしました。ただその頃から心臓病になり、超音波機器のデモをするたびに業者の人に予後不良と言われ。確かに心雑音はかなりひどく夜中には苦しそうに咳もしていましたが、そこから5年もの間ほぼ普段と変わらずに生活できて。投薬はどんどん増していきましたが...。最期は1日半前からご飯を食べず、頻脈と呼吸困難状態になりました。そして家族に見守れらながらゆっくり旅立ちました。
飼い主の方達にいつも言っているように自分にも、覚悟しながら、必要以上には心配をせず、少しでも安心を与えるために体を撫ぜ、やり過ぎないやら無さ過ぎないように消えそうな命を見守りました。見送って正直ホッとしました。これ以上苦しまずに済んで。でも飼い切ってあげられたかな。悪童だったけど寂しがり屋で常に腹ぺこで、だけど最後まで綺麗な体型でした。天国でモテるかな。子供の頃から常に犬と生活していました。ここで一時途絶えます。またおそらく縁があるでしょう。天国から落ちてきた彼を見逃さないようにしたいと思います。悲しくないと言えば嘘になりますが、僕はあまり好きではなく認めていないペットロスという状況にはならないでしょう。喪失感はあるのが当たり前。彼が生きたことが無駄にならないよういいことも悪いことも思い出として少しづつ引きずって、そして決して忘れないことが一番の供養と考え、度々に家族で話していけたらと思っています。
生まれる前から最期まで、全てに関われて、飼い主冥利、獣医師冥利に尽きる時間でした。ずっと一緒に生きてくれて本当にありがとう。

27/01/2020

マーサ動物病院 動物医療センター

進めているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の啓発活動の一環としてセミナーと一緒に行われた座談会の様子が雑誌になりました。専門書ですので飼い主の方に直接は届きませんが、多くの先生方を通して皆様に伝わればと思っています。新しいウィルス感染が話題になっていますが、我々日本の獣医師として動物を介するこの疾患(SFTS)を地道に継続的に啓発していきたいと思っています。

13/12/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

年末年始の診療に関して
本年度は12月30日(月)午後7時まで本院、センターとも診療いたします。
新年度は両院とも1月4日(土)午前9時からの診療となります。

12月31日〜1月3日までは休診となります。

また、今年度より新しく加わったスタッフをご紹介いたします。
獣医師になって6年目の鈴木先生と介護職からこの仕事に飛び込んできてくれた河野さんです。
鈴木先生は温厚な人柄でありながらも頼り甲斐のある先生です。大学では整形外科の研究室に在籍していました。
河野さんは仕事を選ばず何にでも細かい心遣いができる女性です。動物や飼い主の方達に寄り添う看護助手になってくれると思っています。
よろしくお願いいたします。

11/12/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

”いぬのきもち”という雑誌の監修をしました。外部寄生虫のノミ・ダニに関して。ダニにはたくさんの種類がありますが、疾患に関係する肉眼で確認できる大きなダニ:マダニ(tick)と肉眼では確認できないくらい小さなダニ(mite)に大別することを本当は書きたかった...。そのために当院のスタッフの吉田先生と鈴木先生はかなりの時間を割いて調べてくださったのですが、名前も載らず。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
僕が監修する意味があったかどうかは別にして、今回の記事も動物を管理する上では大事なことだと思いますので、お時間のある方は見てみください。そしてもしダニの違いを知りたい場合は直接獣医さんに聞いていただければ幸いです。冬でもノミ・ダニは存在します。当院ではトラブルを予め防ぐために、冬の間も休むことなく通年での投与を推進しています。

16/11/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

多くの協賛と協力を経て、動物たちと人間の安全を守る活動を始めることができました。
まずは獣医師と動物看護師の方達に正確な情報を届けることから。そして飼い主の方達に少しでも興味を持っていただくために、一生懸命ポスター制作を行いました。
このポスターを動物病院でみかけたらお話を伺ってみてください。
たくさんの方のお役に立てますよう願っています。

02/11/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

写真写りの良さってワンちゃんでもあるんですね。
病院慣れ(?)している子ではありますが、表情豊かで。吹き出しをつければまるで漫画です。おどおどしている子が多い中、この仕草に救われて。僕らも飼い主の一員なのかなと思わせてくれます。
僕は顔色ってよんでいる動物たちの表情。主に目の輝き元に判断しています。そこから読み取ることに30年かけてきましたが、恥ずかしながらまだ理解しきれていません。でもそれが獣医師の醍醐味なのかもしれません。怒ったら噛んだり、引っ掻かれたりするけれど、悪態をつかれるよりはよほどマシ。痛みや苦しさをじっと耐えているからなんとかしてあげたくなるのです。ただ、良くなったとしても感謝されたりしないのは少し残念ですが。なのでこのワンちゃんの表情にとても癒されてしまうのかもしれません。

21/10/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

今年の10月22日は祝日のため、休診とさせていただきます。
お間違えの無いようよろしくお願いいたします。

お休みのお知らせばかりで申し訳ありません。

[10/11/19]   台風19号接近のため、12日(土)午前10時以降の診療は臨時休診とさせていただきます。

03/09/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

この頃は小学生でも卒業論文を製作するのですね。この夏、当院に小さい頃からお母様と一緒にずっと通ってきてくれているお子様の論文のお手伝いを少しだけさせていただきました。と言っても僕は何もしていませんが...。来院してくださる患者さん方にアンケートを書いていただいて。内容も飼っている方々が喜んで答えてくれそうな内容と発想でした。その結果をお礼ということで途中経過をまとめて持って来てくれました。よくまとまっていて、考察も素晴らしく。『犬は飼い主の気持ちや行動を読んでいる...』、文章にするとハッとします。彼女の質問の中で犬を含めて家族内での順位というのがありました。とっても興味深く、世のお父様は優しいということが伝わってきました。大学でもこういう論文、”動物と人間との関係”をもっともっと増やしたらどうなのかな。しかし今のお子さんは優秀ですね。僕の夏休みの宿題は一夜漬けでした読者感想文がやっとだった気がします。彼女のアンケート集計結果は動物医療センターの方に貼ってあります。来院された時には是非ご覧になってください。心温まると思います。

26/08/2019

マーサ動物病院 動物医療センター

先日私たちが企画したセミナーを開催してきました。約半年くらいかけて準備してきたものですが、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)というダニを媒介して人にも感染する重篤な病気の最新の情報と対応の仕方を学び、感染が確認されている地域から経験された先生をお呼びして臨床現場での生の声をお聞きしました。”西の病気”という認識がありますが、いつ来ても対応できるように、蔓延させないように今からの準備が必要と感じています。未だ良く解っていないこの病気に関して、まずは獣医師と動物病院に従事するスタッフに正確な情報と対応をしっかり学んでいただき、飼い主の方々に啓蒙していただきたいと思っています。このセミナーより今できる準備として当院では、”ダニ予防のための通年投与”と”可能な限り猫ちゃんの室内飼育”をお勧めしていきたいと考えております。
たくさんの先生、スタッフの方々にご参加いただきました。皆さんに講演された先生方そして私たちの思いが通じることを願っています。

02/08/2019

夏になり学校がお休みになる関係で、当院にもたくさんの実習生が来院しています。先日出張に行った沖縄からもわざわざ来てくれて。今年は就活を兼ねての実習生が多いので嬉しい限りです。僕の病院は決してみんな仲良しということを目指していませんし、和気藹々という雰囲気ではないかもしれません。でも、お互いに尊重し合えるような環境は作っていきたいと思っています。これは患者さんも含めて。若い方達にそれが通じるのか分かりませんが、素のままの病院で、明日から働いてもらうつもりで実習していただこうと思っています。今年から新たなスタッフも加入してくれて、そして近い将来仲間になってくれそうな人たちも集まってくれたのでこれからに期待したいと思っています。まだ実習は終わっていないのですが....。
実習に限らず、ずっと飼い主さんと動物達から教わる姿勢を持っていて貰えたらと思っています。僕なんかが教えるより何十倍も有意義な知識を得られるはずですので。何れにしても大事に時間を過ごして学校に帰ってもらいたいです。お盆休みの無い仕事なので、この頃は実習生が来てくれるこの時期に縁のない夏休みを感じるようになっています。

幸せな暮らしのために

当院では、「飼い主」、「動物」、そして「病院スタッフ」が一味同心となり、お互いが幸せになれることを目標としています。
病院スタッフは、病気の予防だけでなく、しつけや食事等、日々の生活全般に目を向け、『飼い主の一員』という理念のもと、日々の診療にあたっております。

電話番号

ウェブサイト

住所


〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東6-19-1
Yokohama, Kanagawa
236-0042

営業時間

月曜日 09:00 - 19:00
火曜日 09:00 - 19:00
水曜日 09:00 - 19:00
木曜日 09:00 - 19:00
金曜日 09:00 - 19:00
土曜日 09:00 - 19:00
その他 Yokohama 診療所 (すべて表示)
色彩教育研究所イーカラー 色彩教育研究所イーカラー
大倉山2丁目1-10-405
Yokohama, 222-0037

e_color は日本色育推進会本部。色のチカラで子育てからビジネスまで役立つ 色彩の知識と活用法をお届けします。オンライン無料説明会を開催中。お問い合わせ→[email protected]

よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック
横浜市港北区綱島東4-3-17 アピタテラス横浜綱島2F
Yokohama, 223-0052

Okada Dental Clinic Okada Dental Clinic
Kanagawa-ku Mitsusawa Kami-cho 1-13 2F
Yokohama, 221-0856

This is Okada Dental Clinic in Yokohama-city,Japan. If you need any assistance for your dental problems, please contact us.

平安堂薬局 平安堂薬局
Yokohama, 〒231-0012

2021年、お陰さまにて横浜・馬車道で創業151周年を迎えました。平安堂薬局は馬車道本店をはじめ横浜市内に店舗がございます。ホームペ-ジ:http://www.heiandoo.co.jp/

横浜市泉区 いずみ中央 いずみ野 立場 頭痛めまい肩こり腰 横浜市泉区 いずみ中央 いずみ野 立場 頭痛めまい肩こり腰
泉区和泉町4932-18
Yokohama, 245-0016

横浜市泉区のはり・マッサージの治療院 かわくら治療院 公式HPはこちらhttps://kawakurachiryouin.wixsite.com/mysite

HOGUSHICo"coro  『鶴見 ほぐし心 整体サロン』 HOGUSHICo"coro 『鶴見 ほぐし心 整体サロン』
横浜市鶴見区鶴見中央1-24-10
Yokohama, 230-0051

横浜市鶴見区にあるリラクゼーション整体サロンです。

横浜の婦人科クリニック併設サロン Selene(セレネ) 横浜の婦人科クリニック併設サロン Selene(セレネ)
神奈川区二ツ谷町6-3 雷鳴堂ビル3F
Yokohama, 221-0823

横浜市東神奈川にある婦人科クリニック併設サロンです。 マタニティマッサージ、マタニティエステ、妊活、更年期も対応しております

Skp整体 関内マリナード店 Skp整体 関内マリナード店
中区港町5-24-2 第D-7号店舗
Yokohama, 231-0017

Natural Healing Arts 癒芸 Natural Healing Arts 癒芸
神奈川区六角橋1-5-17#102
Yokohama, 221-0802

YCU OBGY CLUB 〜横浜市立大学産婦人科〜 YCU OBGY CLUB 〜横浜市立大学産婦人科〜
横浜市金沢区福浦3-9
Yokohama, 236-0004

横浜市立大学医学部産婦人科 連絡先 〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9 Tel 045-787-2690 Fax 045-701-3536

おぎの治療院 おぎの治療院
栗田谷8-10
Yokohama, 221-0804

整体 鍼灸治療  出張 訪問も承ります 丁寧な施術が評判です。

Acupuncture & Massage of Ganki at Yokohama Acupuncture & Massage of Ganki at Yokohama
5-183 Tobecho Nishi-ku
Yokohama, 220-0042

We can use acupuncture moxibustion treatment, maneuver therapy, kinesitherapy, a massage treatment with most pain symptoms. We can also provide the rela