佐々木病院 横浜鶴見スポーツ&膝関節センター

佐々木病院 横浜鶴見スポーツ&膝関節センター

神奈川県横浜市鶴見区にあります。特に前十字靭帯損傷や半月板損傷、腱板損傷などのスポーツ外傷や変形膝関節症に対する治療・リハビリを行っています。

通常通り開く

Photos from 佐々木病院 横浜鶴見スポーツ&膝関節センター's post 31/05/2021

雑誌「ゆうゆう」(主婦の友社)2021年7月号に八木医師が監修した記事が掲載されました。

[04/12/21]   2020年4月~2021年3月手術実績

前十字靭帯再建術 24
後十字靭帯再建術 2
MPFL再建術 3
足関節靭帯再建術 3 
関節鏡視下手術 182
人工膝関節 23
高位脛骨骨切り術 64
人工股関節 7
その他(外傷手術含む) 89
合計 396

2020年度はコロナ禍でスポーツ外傷が減少し(それはいいことなのですが)、年年度と比べ手術件数は約1割減でした。
今後も安全かつ確実な手術を心がけてゆきます。

01/04/2021

本日より令和3年度の診療が始まりました。
本年度も堀之内・八木・飯田3人の常勤医を中心に診療を行っていきます。
外来予定に大きな変更はございません。
安全で確実な医療を心がけてゆくのでよろしくお願い申し上げます。

本日より令和3年度の診療が始まりました。
本年度も堀之内・八木・飯田3人の常勤医を中心に診療を行っていきます。
外来予定に大きな変更はございません。
安全で確実な医療を心がけてゆくのでよろしくお願い申し上げます。

[08/11/20]   当院における新型コロナウイルス感染症につきましては、ホームページ・院内掲示で随時ご報告させていただいております。
 その後、新たな感染者はなく経過観察期間の2週間が経過いたしました。なお、現在の入院患者様、ならびに職員に新型コロナウイルス感染症が疑われる症状を発症している方はおりません。
 引き続き横浜市福祉保健センターと連携し感染拡大防止等に向けての取り組みを最大限すすめております。皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします

06/08/2020

雑誌「ターザン」(マガジンハウス)2020年8月27日号に八木医師が監修した記事が掲載されました。

02/08/2020

雑誌「ゆうゆう」(主婦の友社)2020年9月号に八木医師が監修した記事が掲載されました。

[07/29/20]   患者様へお知らせ

7/17外傷で当院に救急搬送された患者様が肺炎を併発し総合病院に転院となりPCR検査をしたところ新型コロナ感染が陽性でした。

現在保健所の指導のもと拡大防止に全力で努めておりますので、ご心配、ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

尚、濃厚接触したスタッフはいずれも無症状ですが自宅隔離となっております。

今後状況が変化した場合は速やかにお知らせいたします。

[04/23/20]   患者様の皆様へ

新型コロナウイルス感染について、当院ではスタッフ及び患者様の感染は確認されておりませんが、今後も十分な注意・対策で診療にあたらさせていただきます。

[04/04/20]   2020年4月より飯田毅博医師が赴任しました。
常勤医が3人になり益々充実した診療を目指します。
外来予定の変更が多少あります、また新型コロナウイルスに関する情報など病院HPでご確認下さい。

https://sasaki-hospital.or.jp/

[04/04/20]   2019年4月~2020年3月手術実績

前十字靭帯再建術 43
後十字靭帯再建術 1
MPFL再建術 3
その他の再建術 1
関節鏡視下手術 203
人工膝関節 16
高位脛骨骨切り術 80
人工股関節 8
その他(外傷手術含む)99
合計 454

今後益々手術成績が向上するよう精進していきます。

sasaki-hospital.or.jp 28/01/2020

佐々木病院 | 「ウェルネスシップ」の佐々木病院。食事・運動・身体・精神衛生・人間関係・環境の調和を目指しています。

佐々木病院のホームページがリニューアルされました。
整形外科・スポーツ関節センターのページも充実しましたのでご拝見ください。

https://sasaki-hospital.or.jp

sasaki-hospital.or.jp 横浜市鶴見区の森永工場近くの住宅街の中にあります。病院内にある駐車場の数が限られていますので、なるべく公共交通機関のご利用をお願い致します。

24/11/2019

4年おきに行われる極真会館「第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会」が11月22から24日の3日間開催され大会ドクターとして堀之内医師・八木医師・後藤PTが参加いたしました。

極真会館横浜北支部の上田幹男選手が優勝、長年ロシアに奪われてきた優勝を奪還しました

[10/11/19]   10/12(土)は台風の影響により、関節センター・整形外科外来、リハビリは臨時休診とさせていただきます。

患者様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

18/06/2019

ひと月に出せる湿布の枚数には制限があります。
湿布を貼る時ひと工夫すれば剥がれにくくなります。
参考にしてみてください

04/02/2019

2018年手術治療実績

膝靭帯再建術 53件
高位脛骨骨切り術 55件
関節鏡視下手術(半月板切除・縫合など) 218件
手術合計 439件でした。

今後益々手術成績が向上するよう精進してゆきます。

06/12/2018

極真空手全日本大会優勝した上田幹雄選手が当院に優勝報告に来てくれました!
来年の世界大会、東京オリンピックのチャレンジ含めバックアップしていきます。

03/11/2018

【学会活動報告】
平成30年11月2〜3日
札幌コンベンションセンター
第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会

石川克樹理学療法士
「内側膝蓋大腿靭帯再建術後のスポーツ復帰状況」

当院で行なっている骨膜法 によるMPFL再建術は大きな合併症はなかった。スポーツ復帰は平均⒍5ヶ月であった。今後の課題を報告しました。

28/10/2018

11/27・28に行われた第50回全日本空手道選手権大会に当院堀之内医師と八木医師が大会ドクターとして参加いたしました。

そして上田幹雄選手が見事初優勝いたしました🎉

18/06/2018

6/14~16まで福岡で行われた第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会で当院堀之内医師が「内側型変形性膝関節症に対するHybrid HTOの術後成績」、八木医師が「FTA185度以上の症例に施行したOpening Wedge HTOの治療成績」、宮崎PTが「内側楔状開大型高位脛骨骨切り術後のスポーツ復帰の指標と合併症」について発表いたしました

27/05/2018

神戸で行われた第91回日本整形外科学会学術総会で当院堀之内医師が「75歳以上の内側型変形性膝関節症に対する楔状開大式高位脛骨骨切り術の術後成績」、八木医師が「Opening wedge HTO時に行った内側半月板後角横断裂の縫合と部分切除の治療成績」の演題発表をいたしました。
患者さまをはじめスタッフも含め病院を不在にする事でご迷惑をお掛け致しますが、今回の経験を臨床の現場で活かせるようにまた精進いたします。

04/03/2018

2018三浦国際市民マラソンに病院スタッフと共に参加しました。
天気も良く最高のコンディションで皆無事完走しました。

01/03/2018

「いい病院2018」の「QOLを回復する骨切り術」のコーナーで当院の紹介が掲載されました。
#いい病院2018
#骨切り術
#横浜

02/12/2017

3階整形病棟の看護師が、神奈川県看護学会で腓骨神経麻痺に関する予防・対策について発表してきました。
患者様の術後回復が順調に運ぶよう、看護研究の取り組みを継続して、看護力の向上を図っていきたいと思います。

23/06/2017

札幌で行われている第9回日本関節鏡・膝・スポーツ学会で当院堀之内医師が「75歳以上の内側型変形性膝関節症に対する楔状開大式高位脛骨骨切り術の術後成績」、八木医師が「Opening Wedge HTO時に行った内側半月板後角黄断裂の縫合と部分切除の治療成績」、葉室PTが「内側楔状開大型高位脛骨骨切り術後の膝蓋大腿関節軟骨の評価」の演題の発表をしました。
患者さまをはじめスタッフも含め病院を不在にする事でご迷惑をお掛け致しますが、今回の経験を臨床の現場で活かせるようにまた精進いたします。

17/05/2017

本日発売のベースボールマガジン社「けんいち VOL3ひざ痛を撃退」に八木医師の記事が掲載されております。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B071YCSP4R/ref=mp_s_a_1_3?__mk_ja_JP=カタカナ&qid=1495059258&sr=8-3&pi=AC_SX236_SY340_QL65&keywords=けんいち

08/05/2017

5月以降の関節センター・整形外科の予定表です。今月より田畑医師が常勤医として着任しました。
大変お手数をおかけいたしますが、お間違いのないようご確認ください

17/04/2017

4/15 16 東京体育館で開催された2017第6回全世界ウェイト制空手道選手権大会、及び2017世界女子ウェイト制空手道選手権大会、2017国際親善空手道選手権大会に堀之内医師・八木医師・菅野理学療法士・葉室理学療法士が帯同いたしました。

shufunotomo.hondana.jp 13/02/2017

変形性ひざ関節症 - 株式会社 主婦の友社 主婦の友社の本

当院八木医師が主婦の友社より前書の改訂版「変形性ひざ関節症」の書籍を出版いたしました。
当院の売店でも購入できるので、興味がある方は是非一読下さい。
http://shufunotomo.hondana.jp/smp/book/b279160.html

shufunotomo.hondana.jp ちょっと待って、ひざの手術! その前に、正しい診断が大切。最新の治療から痛みを軽くするひざ健康体操、減量、姿勢の工夫まで

02/01/2017

新年あけましておめでとうございます。
昨年は大きな事故もなく無事に一年を終えることが出来ました。
今年も皆さまに安心と満足を提供できるよう安全な医療に務め、皆さまに愛される病院として、この地に存在していきたいと願っております。どうぞこれからも、皆さまのご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
画像は昨年の手術実績です。

平成29年1月
育成社 佐々木病院 横浜鶴見スポーツ&膝関節センター
スタッフ一同

24/11/2016

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は加齢変化の一種で多くは膝の内側の軟骨が変性し、半月板の損傷を合併することが多くみられます。多くは膝の軟骨が摩耗して徐々にO脚変形となり内側に痛みを生じる疾患です。症状は主に内側の痛み、歩行時痛、関節の腫脹を伴うことも多く膝の曲げ伸ばしに障害を及ぼすこともあります。
軽度の場合は保存療法(薬物療法、理学療法、装具療法、注射)等で軽快しますが、中等度以上の場合は手術療法が行われます。当院では関節鏡を用いたなるべく侵襲の少ない手術を主に行っております。

1 関節鏡視下手術
関節鏡視下手術は関節鏡を用いて傷んだ半月板や軟骨、増生した滑膜や骨棘を切除します。入院は1週間前後で術後早期に社会復帰ができます。

2 高位脛骨骨切り術
O脚変形を伴っている場合は内側に偏った過重なストレスを、すねの骨を骨切りして荷重を外側に移動することで患者さんの自分の関節を温存し、長期間持たせようとする手術で関節鏡を併用して行っております。

高位脛骨骨切り術の特徴
 自分の関節は温存され機能は維持される
 日常生活に制限がなくスポーツ活動や重労働も可能となる
 術後1週後より歩行練習を開始し3~4週程度の入院で歩いて退院できる
 術後の膝の可動域は良好で正座可能な症例もある
 消失した軟骨の修復も期待できる
 骨癒合までは多少の痛みが続き機能回復にはリハビリをしっかりと行うことが重要

手術後の流れ
術当日硬膜外麻酔と全身麻酔との併用のため術後の痛みはほとんどありません
術翌日より車いす移乗を行います
2日目関節内と創部に入れてあるドレーン(血抜きの管)を抜去します
リハビリを開始し、可動域訓練と筋力トレーニングを徐々に行います。
1週後より部分荷重歩行を開始します。
3週間で全荷重歩行を許可し、歩行が安定し可動域が良好であれば退院し、外来通院にてリハビリを継続します。
1年程度でプレート抜去手術を行います。その際に関節軟骨の修復の状態を確認しております。

2015年度の高位脛骨骨切り術 72件  2008年から2,016年9月まで313件

内側の膝痛が持続している、最近O脚になってきた、歩行時痛、内側の引っかかり感、関節腫脹が持続している、まだまだスポーツ活動を続けたい等の希望のある方は気軽に当院に相談してください。

横浜鶴見スポーツ&膝関節センター  センター長    堀之内達郎

関連文献
内側型変形性膝関節症に対する関節鏡視下手術を併用したOHHTOの短期成績
                     JOSKAS Vol36:457~461.2011
内側型変形性膝関節症に対する鏡視下マイクロフラクチャー法を併用したOWHTOの再鏡視所見           JOSKAS Vol38:595~599.2013
膝前十字靭帯再建術後の二次性変形性膝関節症に対して靭帯再建術と高位脛骨骨切り術を二期的に行った3例       JOSKAS Vol38:622~627.2013
OWHTOの合併症の検討          JOSKAS Vol39:773~778.2014
特発性大腿骨骨壊死に対するOWHTOの術後臨床成績及び再鏡視所見の検討
                     JOSKAS Vol40:766~770.2015
OWHTO術後の膝蓋大腿関節軟骨と膝蓋骨高の変化
                     JOSKAS Vol40:739~743.2015

[11/17/16]   変形性ひざ関節症の治療について

当センターではなるべく人工関節にならない様に外来での保存療法、関節鏡視下デブリードマン手術、高位脛骨骨切り術など の“関節温存手術”での対応を考慮しています。

詳しくは来院してご相談ください。

[11/10/16]   膝前十字靭帯再建術について

当センターでは関節鏡視下の2重束再建術で行い、年間100件以上執刀しています。
リハビリテーションにも力を入れており、2週間で全荷重を目標に行っています。時間をかけて安全かつ丁寧に行うことにより、再断裂例も少なく良好な成績を収めております。

半月板縫合併用例はリハビリスケジュールも変わるのでお問い合わせください。

07/11/2016

11月5、6日東京体育館で行われた第48回全日本空手道選手権大会オープントーナメントに今年もドクターとして参加させて頂きました。空手道が東京オリンピックの正式種目になりルール改正後の今回の大会は日本人の活躍が目立ちました。今後共陰ながら医療面で支えていこうと思います。
佐々木病院スポーツ膝関節センター 堀之内達郎

04/11/2016

主任理学療法士の江崎です。

現場活動として8月22日(月)~8月26日(金)の日程で、神奈川県事業である神奈川県三県省道スポーツ交流事業に帯同してきました。平成16年度から実施しているこの事業は、3地域の青少年に国際交流の機会を提供し、相互理解を深めるとともに、国際性豊かな青少年の人材育成を図ることを目的に実施しています。
今回の遠征先は大韓民国の京畿道でした。現地は、気温も高く日中は36℃にもなっていました。幸いにも大会期間中に熱中症になる選手はいませんでしたが、トレーナーとして熱中症予防対策を万全に選手の管理を行いました。中国戦では体格差を肌で感じましたがスキルの高さは日本の方が優れていると感じました。韓国戦では、フィジカル面での弱さが目に見えましたが、チーム力で互角に戦えた様子がみられました。
全体を通してですが、チーム編成した際での持ち込みの怪我においては、肩甲上腕関節の亜脱臼感の訴え1名と左示指骨折1名だけで、対応としては、ウォーミングアップ前にテーピング施行し、ホテル内や移動時はバンテージにて良姿位保持するように対応しました。遠征中での怪我は試合中コンタクトプレーでの足関節周囲の打撲1名と膝関節内側面の打撲1名で、試合後にRICE処置にて対応しました。大きな怪我もなく無事に全日程終了することが出来ました。今回の活動を通して、選手のコンディション管理や海外での環境対策の重要性を改めて感じました。今回の経験を生かして次の現場活動に挑みたいと思います。

08/09/2016

9月の整形外科・関節センターの外来予定表です。
お間違えの無いようにご確認ください。

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


鶴見区下末吉1-13-8
Yokohama, Kanagawa
2300012
病院のその他Yokohama (すべて表示)
センターきた動物病院 センターきた動物病院
都筑区中川中央1-38-18
Yokohama, 2240003

当院は"Your PETS' Next Best Friend"をモットーに、動物に飼主様の次に信頼される関係を築けるようスタッフ一同心がけています。お気軽にご相談下さい。

医療法人社団ウイズワン ばんば整形外科 医療法人社団ウイズワン ばんば整形外科
港南区芹が谷2-8-11 芹が谷クリニックビル2階
Yokohama, 233-0006

芹が谷バスターミナル目の前です!(社)日本整形外科学会認定専門医 (説明に記載のURLは現在削除されております。新URL banba-seikei.com)WEB診療の開発にも関わっております。

二俣川どうぶつ病院 二俣川どうぶつ病院
二俣川2-52-1
Yokohama, 241-0821

神奈川県横浜市旭区の二俣川駅近くの動物病院「二俣川どうぶつ病院」では、犬・猫をはじめ、ウサギ、フェレット、ハムスターなどの診療も行っております。

メンタルクリニック響 カウンセリングルーム泉 メンタルクリニック響 カウンセリングルーム泉
青葉区あざみ野2-2-8 プロスパあざみ野2階
Yokohama, 225-0011

児童・思春期・トラウマケア、PTSD、リストカット、摂食障害など。カウンセリングを中心に治療を行っています。精神科専門医・専任薬剤師・公認心理師がいるメンタルケア専門施設。

こうづま歯科医院 こうづま歯科医院
青葉区新石川3-15-16 メディカルモールたまプラーザ
Yokohama, 225-0003

こうづま歯科医院は神奈川県横浜市青葉区新石川,東急田園都市線,たまプラーザ駅徒歩2分,メディカルモール・たまプラーザ内の歯科医院(歯医者)です。

湘南太陽会グループ 湘南太陽会グループ
金沢区釜利谷東2丁目21-22
Yokohama

医療法人社団 湘南太陽会グループの公式Facebookページです。

大和スマイル歯科クリニック 大和スマイル歯科クリニック
1-8-1 YAMATO文化森1F
Yokohama, 242-0016

神奈川県の「大和駅」すぐにある、歯科医院です。(虫歯治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療)

横浜市立大学医学部 消化器・腫瘍外科学 横浜市立大学医学部 消化器・腫瘍外科学
金沢区福浦3-9
Yokohama, 236-0004

消化器および乳腺の悪性腫瘍に対する外科治療と肝移植外科を行っています。 入局員を随時募集しております。

歯科さめじま Holistic Dental Care 歯科さめじま Holistic Dental Care
戸塚区品濃町563 ネオポリストキワ5-2F
Yokohama, 244-0801

東戸塚の歯科医院

中山駅南口 内科クリニック 中山駅南口 内科クリニック
緑区中山町157-2F
Yokohama, 226-0011

JR横浜線中山駅南口から徒歩1分にある内科・消化器内科のクリニックです。 ホームページ→ http://www.nakayamaminami.com