株式会社新世

株式会社新世

新世の工事情報等をお届けする公式Facebookページです。公式ホームページはこちらです。http://www.netcoms.co.jp/

通常通り開く

19/02/2018

平成29年度 急傾斜地崩壊対策工事(公共)95-1
週一の早朝工程会議で各現場からヒヤリハットや予想もしていなかったトラブルの報告がありました。事故にならなくて良かったと胸をなでおろすと同時に、各現場の職員それぞれが気持ちを引き締めました。この現場は順調との報告でしたが、抜き打ちで社内パトロールを実施しました

26/01/2018

今年も小山台中学の生徒さん3名が当社に職場体験に来ました。磯子区の道路拡幅工事現場、南区の水道工事現場、南本牧の盛土工事現場を順に見学し、南本牧ではドローンによる写真撮影を体験してもらいました。さすがにゲーム世代、当社の監督より操作が上手でした。
(生徒さんのプライバシー確保のために写真を修正しています)

25/01/2018

除雪状況

1月22日は大雪でしたね。当社では雪が小降りになった午後9時過ぎから翌朝までショベルローダー2台と小型バックホウ1台、作業員10名で除雪と融雪剤の散布を行いました。

18/01/2018

横浜健康経営でクラスAの認証を頂きました。
従業員の健康づくりを経営的な視点から考え、経営課題としてに取り組む事業所を、横浜市が横浜健康経営認証事業所として認証する制度です。本年度は初挑戦でしたがクラスAの認証を頂きました。今後はさらに「経営者の理解と関与」「健康経営の推進」「取組の評価」のPACDサイクルを実施して、クラスAAAを目標に”やりがい”と”思いやり”のある職場づくりを進めます。
港南区役所のホームページでも紹介されました
http://www.city.yokohama.lg.jp/konan/kucho/kucho-410.html

15/01/2018

昨年の12月15日に道路陥没で緊急出動をしました。復旧工事が夜間になるため、作業員、重機、材料の手配に苦労しましたが、直営作業班だけでなく現場の所長クラスも作業員として働き、仮復旧工事を無事に完了しました。後日、港南土木事務所の所長から弊社社長に直接お礼の言葉を頂きました。

12/01/2018

1月5日の仕事始めにハマロードサポーターとして道路清掃を行いました。道路工事でいつもお世話になっている当社ですので、心を込めて一生懸命に皆でがんばりました。すがすがしい気持ちで新年のスタートとなりました。

30/11/2017

南本牧埋立工事(第4ブロック載荷盛土その6)
現場に運び込まれた土砂は、ユンボとブルトーザーで4.0mの高さまで敷均しを行います。使用しているブルトーザーにはGPSが搭載され、計画した高さになるように自動で排土板(土砂を押す部分)が制御されます。

30/11/2017

南本牧埋立工事(第4ブロック載荷盛土その6)
横浜環状北線のトンネル工事の残土がクレーン船で現場まで運ばれ、当社の工事で使われています。毎日、約1,000㎥の土砂が運び込まれ、10tダンプに積み込んで現場まで運搬しブルトーザーで4.0mの高さに敷均します。

30/11/2017

市道山下本牧磯子線舗装補修工事
約5,500m2の切削オーバーレイ(道路を削り、新しい舗装をする工法)が昨日と今日の二日間で完了しました。

[11/26/17]   弊社のホームページ開設から25年、四半世紀を迎え、思い切ってリニューアルしました。建設業では横浜で一番早くyahooに登録し、建設業どん底の時期にも大きな仕事を何度も受注する事が出来ました。しかし、ほとんどの建設業者がホームページを開設する現在では、その役割も受注目的から、社会への関わりと法律へのコンプライアンスの姿勢をお知らせする事が、重要と考えています。
htpps://www.netcoms.co.jp

24/11/2017

弊社で運営するベイテラス港南中央のレストランに風景画を購入しました。透き通った青空と太い樹木の単純な構図ですが、タクラマカン砂漠の乾燥した大地を見事に表現しています。画家は新疆ウイグル自治区出身のアシムさんです。

27/11/2015

急傾斜工事の現場パトロールに来ました。彼女は入社1年目ですが、主任技術者の補助員としてがんばっています。

25/11/2015

日野川の河川維持工事を施工中です

03/10/2015

数十年前、私が港南中に通っている頃は、大雨が降ると毎年の様に日野川が氾濫しました。笹下放水路が出来てから数十年の間、一度も氾濫していません*\(^o^)/*。毎年メンテナンスを行い、放水路の機能を守っています。今年は当社がメンテナンス工事を受注しました。放水路に溜まった土砂浚渫工事の様子です。

02/07/2015

青色防犯パトロール講習を受けました。

14/05/2015

サービス付き高齢者向け住宅
「横浜ベイテラス港南中央」のご案内

この度、弊社はサービス付き高齢者向け住宅「横浜ベイテラス港南中央」を開設致しました。

 当住宅は、国土交通省・厚生労働省が認定するアクティブシニアのための住まいとして、総戸数40戸の規模で誕生いたします。お住まいの皆様の日々をサポートするため、24時間コンシェルジュを配した「フロントサービス」や暮らしのお悩みや心配ごとなどをご相談いただける「生活相談室」を設け、「快適な日々」に「安心・安全」をプラスした住まいとして開設いたします。

「横浜ベイテラス港南中央」入居相談室
電  話:045-350-4011
営業時間:午前9:00~午後6:00
住  所:横浜市港南区港南三丁目5-24

※ご見学は随時承っております。
事前にお電話のうえお越しください。
 皆様のご来臨を心よりお待ちしております。

27/03/2015
27/03/2015

南本牧シャーシヤード整備工事です。20,000m2の路盤が完了しました。来週、2日間でアスファルト舗装を行います。当社での1日当たりの最高施工面積ですので、現場で施工手順について説明を受けています。

18/09/2014

環状二号線の側道で緊急工事の施工中です。保安状況の抜き打ちパトロールです。

19/07/2014

社員有志で山下公園前の清掃ボランティアです。三連休の初日でしたが、家族を含めて18人で、歩道の草むしやゴミ拾い、掃き掃除を行いました。

16/07/2014

戸塚大踏切
第二次世界大戦終戦後、大磯に私邸を構えていた当時の首相吉田茂が東京に向かう際に、国道1号と東海道本線が交差する戸塚駅の北側にある「戸塚大踏切」の渋滞に業を煮やしバイパス(現在の横浜新道)の建設を指示したという逸話があり、吉田のニックネーム「ワンマン宰相」から「ワンマン道路」或いは「ワンマンバイパス」という異名をとった。現在でもこの戸塚大踏切は、平日の朝を中心に踏切が開かない開かずの踏切です。その、戸塚大踏切が来年4月のトンネル完成により閉鎖され、渋滞が解消されます。工事の最終段階のトンネル内の舗装工事を当社で施工することになりました。歴史にも名を残すほどの大工事のほんの一部ですが当社も関わることが大変名誉なことです。

02/06/2014

ここ数日、真夏のような日差しが続いています。 今年も作業員の熱中症に注意する季節になりました。
そこで、現場で熱中症対策キットを購入しました。
まずは、熱中症にならない対策を講じることが大前提ですが、万が一の時にはこのキットを役立て、事故を未然に防ぎたいと思います。

27/05/2014

作業を再開しました
昨日、掘削断面崩落の危険性有りとして一時作業を中止をしましたが、断面の勾配を緩くする作業を行い、安全を確認し作業を再開しました。3mから上部の断面勾配を四分から八分へ切り直しました。

26/05/2014

作業の一時中止指示
安全パトロールで当初施工計画と異なる方法で掘削作業が行われていましたので、作業の中止を指示しました。当初は地盤全体を下げてから石積みの基礎部分を掘削することになっていましたが、地盤全体を下げずに掘削し、掘削断面高が7.0mもあり危険と判断しました。理由については、施工計画作成後に、別途工事の関係で掘削範囲を狭めるように役所からの指示があり、地盤全体を下げると、指示が守れないとの工事責任者の説明でした。ただし役所は危険を冒してまでとは言っていないはずですし、ほかにの工法を検討しないで工事を進めたのは、会社のチェック体制の不備と反省しています。改めて安全パトロールの重要さを認識しました。

24/05/2014

事業継続計画(BCP)、震災時出動を円滑に行う為に。
地域建設業の地域貢献とは?東北の大震災のような時に、いち早く道路等を仮復旧し、警察や消防、自衛隊等の救護活動が出来るようにすることです。その為には、円滑に行政と連絡をとり、情報を共有することが重要です。しかし、混乱の中で担当者以外の社員でも対応出来るように、アプリを作りました。アプリから簡単に県や横浜市の土木事務所にメールが送れ、その内容が全ての社員と共有できます。サイボーズのカスタムアプリ機能を利用しての作成です。使わないで済めば良いのですが

21/05/2014

緊急時対応訓練を実施しました。
今日は朝から天気予報通り、本格的な雨でした。現場作業を休止し、災害・震災時の緊急対応についての訓練を行いました。神奈川県や横浜市との防災協力協定に基づく、パトロールや初動緊急出動が計画通り出来るように、社長と工事部員一同の参加です。当社担当道路や河川を再確認、電話不通時の役所への報告方法、パトロール担当者や災害対策本部長(社長)が不在や事故の場合のバックアップ体制について約4時間の訓練でした。

20/05/2014

安否確認アプリの運用開始です
大震災が起きた時に、一番重要なことは社員の安否確認ですし、BCP運用の基本でもあります。通信規制の中で、伝言ダイヤルを使うのも可能ですが、実際にやってみると混乱の中では難しいのではないでしょうか。そこで当社ではサイボーズのカスタムアプリで作った、安否確認システムを運用しています。スマホからならわずか数十秒で安否連絡を行うことが出来ますし、写真全員を一覧で確認できます。費用は一人当たり年間9,000円程かかりますが、作業日報、営業進捗管理、予定表、掲示板などの多くの機能がありますので、使い込んでいくとコスト以上の価値があると思います。

13/05/2014

いたち川改修工事の二か月前と今日現在の比較写真です。ゴールデンウイークの休みも終わり、本格的に施工中です。梅雨入り前に護岸工事が完了するように頑張っています。

28/03/2014

昨日は当工事の竣工検査でした。2月の大雪とダンプカー不足で工事の進行が遅れましたが、なんとか年度内に完成することが出来ました。4月からは当工事で作った仮設道路を使って、スパーゼネコンが圏央道のトンネル工事をします。東京オリンピックまでに圏央道全線開通は国家目標です。一部地域の反対もあり厳しい目標ですが、外国からの旅行者がびっくりするような素晴らしい道路が完成することを願っています。

27/02/2014

二度の大雪で工事が遅れていますが、落石防護柵の設置工事を全力で行っています。斜面と防護柵の間が圏央道横浜環状南線の工事車両のための仮設通路となります。

17/02/2014

二度目の大雪
またまた週末の大雪で、前週に引き続き土日返上でバス路線の除雪作作業でした。さすがに2週続けてはつらいというのが本音です。さて今回の雪はあまりの多さに雪かきしても置くところが無いので、遊水池に運んでいます。雪国では雪捨て場がありますが、この横浜で雪捨て場が必要になるほど降るとはまさに豪雪でした。

10/02/2014

除雪出動
先週の土曜日は数十年ぶりの大雪でした。土木事務所からの緊急要請でバス路線の坂道を除雪しました。土曜日の深夜でしたが、社員寮の入寮者と区内在住の社員で何とか対応することが出来ました。社員寮や大型重機の自社保有はコストがかかるので、やめることを考えた時期がありました。地元業者としての価値は緊急時の素早い対応が出来ることですが、今後もこの体制を維持するには、しっかりと受注し、利益を確保していく必要があります。

03/02/2014

ほぼ最終形の形が出来上がりました。この工事は山を削って、仮設道路を造る工事です。完成後には、この仮設道路を使って、ネクスコ東日本により圏央道の本線工事が施工されます。最終的には、この仮設道路も都市計画道路上郷公田線として横浜市が整備し、圏央道公田ICへとつながる重要な道路となります。

29/01/2014

大黒ふ頭H号荷捌き地整備工事
輸入車の一時保管駐車場として利用しながら、工事を行っています。地盤沈下により、雨が降るとプールのようになり、荷役作業に支障をきたしています。駐車場を嵩上げし、雨が降っても、水たまりの出来ない駐車場に戻すのが、この工事の目的です。2月末の完成を目標に最終工区(全体を3分割した最後の部分)の施工を行っています。三分割といっても一つの部分が1万㎡以上あります。写真は在来のアスファルト舗装の上に、砕石盛り土をしている状況です。この上に、さらに路盤材とアスファルト舗装を被せていきますので、最終的には現在の舗装より新しい舗装は1m近く高くなります。

28/01/2014

いたち川改修工事、10年前の廃材処分
いよいよ昨日から”いたち川改修工事”に本格的に工事に着手しました。草刈りをすると、使えない保安資材が放置されていました。聞くところによると、前の業者が工事途中で倒産し、そのままになったようです。震災復興、東京オリンピックと建設特需で活況を呈していますが、10年前は市内の有力業者がバタバタと倒産した時代でした。改めて時代の変遷を感じるとともに、目の前の活況に一喜一憂すことなく、継続することの重要性を感じさせる写真です。

ビデオ (すべて表示)

除雪状況
南本牧埋立工事(第4ブロック載荷盛土その6)現場に運び込まれた土砂は、ユンボとブルトーザーで4.0mの高さまで敷均しを行います。使用しているブルトーザーにはGPSが搭載され、計画した高さになるように自動で排土板(土砂を押す部分)が制御されま...
南本牧埋立工事(第4ブロック載荷盛土その6)横浜環状北線のトンネル工事の残土がクレーン船で現場まで運ばれ、当社の工事で使われています。毎日、約1,000㎥の土砂が運び込まれ、10tダンプに積み込んで現場まで運搬しブルトーザーで4.0mの高さ...

カテゴリー

製品

舗装工事、駐車場工事、エクステリア工事、土木造成工事、上水道管布設工事、デザインコンクリート

電話番号

ウェブサイト

住所


日野9-26-2
Yokohama, Kanagawa
234-0051
舗装・アスファルトのその他Yokohama (すべて表示)
横浜 舗装 サン建設 横浜 舗装 サン建設
旭区上川井町194-1
Yokohama, 241-0802

横浜市をメインに舗装・土木工事を行っています。 各家庭の小規模舗装工事や外構工事も承ります。小さな会社ですが、直接施工・機動力が売りです。気軽にお声をかけてください。