Nakajima整骨院

Nakajima整骨院

スポーツ(トレーニング)と治療を融合し『ストレングス&コンディショニング』をトータルでサポートいたします!あなたを変えていく整骨院です!
https://nakajima-bonesetter.com/ 《病院と提携》 《先進機器が充実》 《有名選手も実践するトレーニング法》

安心と信頼で、プロスポーツ選手も多数来院!
JR桜木町駅から徒歩2分。
甲子園や国立競技場をめざしている学生、プロスポーツ選手が多数来院。
明るい雰囲気の元気をもらえる整骨院です。

─────────
  当院の特長
─────────
☆★アスリート施術に特化
 アスリートの限界点は技能面だけではありません。
 ケガでの限界点はそれ以上に恐るべきもので
 アスリートたちの不安に寄り添いながら 体と心のサポートをめざしています。

 柔道整復師の国家資格の他、
 NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定トレーナー)、
 NASM-PES(Performance Enhancement Specialist)としての資格も有し
 アスリート施術に特化する整骨院です。


☆★アスリートからお子様まで幅広く来院
 基本的にはアスリートや選手の方に、怪我の早期回復をめざした施術に加え
 その予防やトレーニングの指導まで行っております。
 しかしアスリートに限らず、小、中、高校生の子供達、近隣の会社員の方まで
 幅広い年代の方が来院されています。


☆★トレーニングスペースも併設
 トレーニングスペースを併設していますので、施術はもちろん
 予防や再発防止のためのスポーツトレーニングでトータルサポートいたします。
 多くのアスリートも実践しているKOBA式バランス体幹トレーニングが受けられます。

──────────────────
   満足度の高い治療機器が充実
──────────────────
◎インディバアクティブ
 プロサッカーチームでも導入されているインディバアクティブが受けられます。
 1回の施術で痛みが和らぐのを実感&早期回復が期待できます。
 痛みをほとんど伴わないため、より深部まで施術が可能です。

◎酸素カプセル
 サッカー、ラグビー日本代表にて帯同モデルの酸素カプセルを導入しています。
 酸素カプセルや物理療法、トレーニングとの併用で相乗効果が期待できます。

通常通り開く

23/09/2021

Mポジション投手とは(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

Mポジションまたは逆W投手と肘障害リスク

「Mポジション」「逆W」と表現される投球メカニクスは、肘内側(野球肘)の障害を引き起こしやすい傾向にあります。

踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメント(野球肩)と肘内側の障害を起こすリスクが高くなります。

体幹の前方への基準ベクトル(0°の中立軸とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。

Mポジション

Mポジションは、ローテーターカフの外旋筋群から開始される外旋の速度を高めると推測されており、高められた外旋速度は、投球側の手の加速と、踏み出し足の接地から重心の前方移動とが同時起こるように調整されます。

理論上、高い外旋速度は、MERにおける投球側の前腕の慣性を増大させることが証明されており、前腕が外旋位に向かう加速度が増大すると、外反トルクが増強されるために、肘内側の安定化要求が高まります。

肘に加わるトルクとモーメント

肘内側の引張損傷と肘外側の圧迫損傷を低減させるには、内反モーメントの強化トレーニングを行うことが非常に重要になります。

さらに、高速外旋を制御するための減速動作によって、肩関節の前方関節包の弛緩性が高まる可能性もあります。

外旋速度を制御できると、投球動作のレイトコッキング期に生じる外反負荷を低減することが可能になり、この制御という概念は、非常に高い外旋トルクについて調べた先行研究において支持されています。

プロレベルの投手においては、高い肩外旋トルクは高い肘外反トルクに関連していることが明らかになっており、内旋を行う伸張性筋活動を強化し、さらに動作を改善して、肩が受動的に外旋されるようにすると、加えられる内反トルク(外反ストレスに抵抗する釣り合いモーメント)の負荷速度と量が低減される可能性があるとされています。

#野球 #野球肩 #野球肘 #インピンジメント #投球障害 #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009.

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-7468

Mポジション投手とは(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

Mポジションまたは逆W投手と肘障害リスク

「Mポジション」「逆W」と表現される投球メカニクスは、肘内側(野球肘)の障害を引き起こしやすい傾向にあります。

踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメント(野球肩)と肘内側の障害を起こすリスクが高くなります。

体幹の前方への基準ベクトル(0°の中立軸とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。

Mポジション

Mポジションは、ローテーターカフの外旋筋群から開始される外旋の速度を高めると推測されており、高められた外旋速度は、投球側の手の加速と、踏み出し足の接地から重心の前方移動とが同時起こるように調整されます。

理論上、高い外旋速度は、MERにおける投球側の前腕の慣性を増大させることが証明されており、前腕が外旋位に向かう加速度が増大すると、外反トルクが増強されるために、肘内側の安定化要求が高まります。

肘に加わるトルクとモーメント

肘内側の引張損傷と肘外側の圧迫損傷を低減させるには、内反モーメントの強化トレーニングを行うことが非常に重要になります。

さらに、高速外旋を制御するための減速動作によって、肩関節の前方関節包の弛緩性が高まる可能性もあります。

外旋速度を制御できると、投球動作のレイトコッキング期に生じる外反負荷を低減することが可能になり、この制御という概念は、非常に高い外旋トルクについて調べた先行研究において支持されています。

プロレベルの投手においては、高い肩外旋トルクは高い肘外反トルクに関連していることが明らかになっており、内旋を行う伸張性筋活動を強化し、さらに動作を改善して、肩が受動的に外旋されるようにすると、加えられる内反トルク(外反ストレスに抵抗する釣り合いモーメント)の負荷速度と量が低減される可能性があるとされています。

#野球 #野球肩 #野球肘 #インピンジメント #投球障害 #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009.

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-7468

22/09/2021

5 Hip Mobility Exercises.

✅股関節を含む可動性エクササイズは、3つの身体平面(前額面、水平面、矢状面)すべてで行うことが理想とされている。

https://twitter.com/SetantaCollege/status/1114834168532357120/video/1

腰痛、股関節痛を訴えるクライアントでは、腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の柔軟性低下も確認されています。

https://note.com/nakajimahiro/n/nafc16ebdab59

#hipMobility #股関節 #可動性向上エクササイズ #フォームローラー #腰痛 #股関節痛 #予防エクササイズ #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院トレーニング動画 #Nakajima整骨院

@SetantaCollege

22/09/2021

Conditional Circuit Training,

✅サッカーの筋力系トレーニングセッションは、"両側の筋力"、"片側の筋力"、"前額面の筋力"、および"伸張性のハムストリングトレーニング"という4つのカテゴリーのエクササイズを中心に構成されるケースが多い。

https://twitter.com/Mfalpri/status/1438809957181362178/video/1

伸張性のハムストリングエクササイズは、ハムストリングの傷害予防に有益な効果をもたらすと考えられていることから、筋力トレーニングセッションにおいて重視されています。

https://note.com/nakajimahiro/n/n2b2a06683744

#soccer #Strength #training #筋力 #ハムストリング #サッカー #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院トレーニング動画 #Nakajima整骨院

@Mfalpri

21/09/2021

野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編(シーズン前のコンディショニングの重要性)

野球医学とコンディショニング

この本は1986年に発行されていますが、野球読本の基礎練習編の冒頭にはシーズンオフの存在が明記され、シーズン前のコンディショニングの重要性が示されています。

体格検査の必要性

「シーズンが始まる前に健康診断を受ける方が良い」という記述が記されています。

内容的には内科的検診をさしているようですが、選手の身体がのちに練習についていけるように疾病の有無を確認しておくほうが安心であるとされています。

現在では通常の内科的健康診断のみならず、野球による障害(野球肩、野球肘)が発生しやすい部分のチェックを行うことが推奨されています。

少年野球ではなおさらで、「離断性骨軟骨炎:野球肘」の有無をチェックすることが重要です。

専門医受診の重要性

練習中の負傷は、いち早く専門医の診察、施術を受けることが重要です。

コンディショニングの重要性

野球において爪は損傷しやすいので、十分にケアをしておくようにと、また、新しいスパイクではマメが出来やすいので、できにくくなる工夫をするようにと記載されています。

飲食物

もっとも注意するのは過食(食べ過ぎによる)と断言しており、ここでは水分摂取にも言及していますので、以下に原文通りに記載いたします。

「練習中に湯水を飲むことは心がけ一つで用いずともしのび得るものである。しかし夏季等の渇きを覚えやすい場合はかえって日射病等の恐れもあるので適当に用いるのは差し支えない。ただ、あまりにも冷たいものを多量に飲むことは胃腸を患うもとである。」

すなわち水を飲むなとは一切記載されておらず、むしろ熱中症予防のためには必ず必要とさえ言われています。

もちろん今ほどのようにように積極的に水分摂取を促してはおらず、別の本には「夏場の湯水の過剰摂取は逆に身体の疲れをもたらし、時に意識さえ失う可能性がある」との記載がされていますが、おそらくこれは「脱水症状の時に水のみを摂っていると、身体から失われたミネラルの補給が行われず、体内のミネラルバランスが崩れいわゆる水中毒を起こした状態」と推測されます。

この解決方法は現在ではスポーツ飲料の摂取で予防できますが、その当時では過度な水分の摂取を防ぐことしか方法が無かったものと推測され、この点がおそらく「水を飲むな」につながるようです。

基礎練習の階梯

シーズン初めの練習は段階を踏み、決して初めからやりすぎないよう注意を促しています。

準備期間は4週とし、最初の4・5日の練習を行い、1日休養を置くこととし、慎重に準備をするようにと記載しています。

練習の内容についても当初は全力で行わず、量も控えめとし、「物足りないくらいが大切」と記載しており、決して量的負荷を加えているものではありません。

練習後の手入れ

以下、原文どおりに記載します。

「練習を終えて直ちに冷水摩擦をする。温浴しても良い。その時はよく肩や足を揉み、浴後体操を行えば一層理想である。

もし関節に痛みを感ずるものは幾度か熱いタオルを持って罨法するがよい。」

今の言葉で言えば「練習後はアイシングを行い、風呂に入って、その後ストレッチやマッサージを行うと効果的であり、関節が痛いときは関節を冷やさないよう暖め、サポーター等をしましょう。」とされています。

#野球 #野球肘 #野球肩 #トレーニング #回復 #リカバリー #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

引用・索引 野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-7508

野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編(シーズン前のコンディショニングの重要性)

野球医学とコンディショニング

この本は1986年に発行されていますが、野球読本の基礎練習編の冒頭にはシーズンオフの存在が明記され、シーズン前のコンディショニングの重要性が示されています。

体格検査の必要性

「シーズンが始まる前に健康診断を受ける方が良い」という記述が記されています。

内容的には内科的検診をさしているようですが、選手の身体がのちに練習についていけるように疾病の有無を確認しておくほうが安心であるとされています。

現在では通常の内科的健康診断のみならず、野球による障害(野球肩、野球肘)が発生しやすい部分のチェックを行うことが推奨されています。

少年野球ではなおさらで、「離断性骨軟骨炎:野球肘」の有無をチェックすることが重要です。

専門医受診の重要性

練習中の負傷は、いち早く専門医の診察、施術を受けることが重要です。

コンディショニングの重要性

野球において爪は損傷しやすいので、十分にケアをしておくようにと、また、新しいスパイクではマメが出来やすいので、できにくくなる工夫をするようにと記載されています。

飲食物

もっとも注意するのは過食(食べ過ぎによる)と断言しており、ここでは水分摂取にも言及していますので、以下に原文通りに記載いたします。

「練習中に湯水を飲むことは心がけ一つで用いずともしのび得るものである。しかし夏季等の渇きを覚えやすい場合はかえって日射病等の恐れもあるので適当に用いるのは差し支えない。ただ、あまりにも冷たいものを多量に飲むことは胃腸を患うもとである。」

すなわち水を飲むなとは一切記載されておらず、むしろ熱中症予防のためには必ず必要とさえ言われています。

もちろん今ほどのようにように積極的に水分摂取を促してはおらず、別の本には「夏場の湯水の過剰摂取は逆に身体の疲れをもたらし、時に意識さえ失う可能性がある」との記載がされていますが、おそらくこれは「脱水症状の時に水のみを摂っていると、身体から失われたミネラルの補給が行われず、体内のミネラルバランスが崩れいわゆる水中毒を起こした状態」と推測されます。

この解決方法は現在ではスポーツ飲料の摂取で予防できますが、その当時では過度な水分の摂取を防ぐことしか方法が無かったものと推測され、この点がおそらく「水を飲むな」につながるようです。

基礎練習の階梯

シーズン初めの練習は段階を踏み、決して初めからやりすぎないよう注意を促しています。

準備期間は4週とし、最初の4・5日の練習を行い、1日休養を置くこととし、慎重に準備をするようにと記載しています。

練習の内容についても当初は全力で行わず、量も控えめとし、「物足りないくらいが大切」と記載しており、決して量的負荷を加えているものではありません。

練習後の手入れ

以下、原文どおりに記載します。

「練習を終えて直ちに冷水摩擦をする。温浴しても良い。その時はよく肩や足を揉み、浴後体操を行えば一層理想である。

もし関節に痛みを感ずるものは幾度か熱いタオルを持って罨法するがよい。」

今の言葉で言えば「練習後はアイシングを行い、風呂に入って、その後ストレッチやマッサージを行うと効果的であり、関節が痛いときは関節を冷やさないよう暖め、サポーター等をしましょう。」とされています。

#野球 #野球肘 #野球肩 #トレーニング #回復 #リカバリー #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

引用・索引 野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-7508

21/09/2021

Desert uphill running.

✅水平のサーフェスでのランニングに比べて、アップヒルトレーニングでは酸素摂取量と乳酸濃度が上昇するとされている。

https://twitter.com/overtime/status/1440068036535279622/video/1

これらの増加は、アップヒルの負荷において、身体を推進させる股関節と下肢の筋組織の活性化が向上したことによってもたらされたとされています。

https://note.com/nakajimahiro/n/ndfc58b904e65

#uphill #running #アップヒル #酸素摂取量 #乳酸濃度 #股関節 #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院トレーニング動画 #Nakajima整骨院

@overtime

21/09/2021

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

投球動作の運動技能

自分の身体そのものの移動が伴う移動系動作に対して、投球動作は自分の身体以外のものを操作する操作系の動作になります。

そうした中でも野球における上手投げは、後天的に学習によって獲得する運動技能であり、成長に伴って身につく技能ではないとされているために、ジュニアの野球選手は、練習を重ねることでその動作を習得していくことになります。

発育モデルと投球動作

青少年の身体発育モデルでは、早い段階で、将来の競技特異的動作の構造的な基礎となるFMS(基本的運動スキル)の習得を目指しています。

さらに、幼児期から学童期といった思春期前は神経系の発達が著しいことから、調整能力(平衡性、敏捷性、巧緻性など)に関与する至適時期でもあり、野球の投球動作においても、こうした調整能力は求められます。

なお、投球動作に関しては、小学校高学年ぐらいまでには、成人の熟練投手と同等の動きを獲得することが可能とされている一方、体幹や下半身の動きにおいては、成人の熟練投手とは異なる点も多いとされていることから、投球動作の最終的な部分でもある腕の振りだけから、選手の技術の習得度合を判断することは避けなければなりません。

身長、筋量の増加と下肢筋群の割合

筋量の増加に関わるPWV(Peek weight Velocity:筋量の急激な増大がみられる時期)のタイミングはPHV(Peek Height Velocity:最も伸張が伸びる時期)に遅れて訪れ、さらにこれを体重に占める上肢、下肢の筋量の割合で見た場合、上肢はほとんど変化が無いのに対して、下肢についてはPHV付近より筋量増加の割合が高くなるとされています。

つまり、投球動作の腕の動きを習得したジュニア選手の投球動作を、より高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められますが、特に下肢においては、筋量が遅れて増加する傾向があることから、投球動作をより洗練させるためには、そうした時期を待つ必要があります。

ジュニア選手においては、まず下肢の筋量の増加が始まる思春期前までに、投球腕のスムーズな動きを習得することを目指すことになり、そして、その間は動きの習得段階でもあることから、動作のエラーによる肩や肘への負担も大きくなることが予想され、骨の成長段階でもあることからも、投げすぎることによる障害(肘の障害の発生は11~12歳、肩に関しては15~16歳がピーク)に対しては、十分に注意する必要があります。

投手、捕手以外の選手における投球障害

投げる機会が多い投手や捕手に対する投球数の管理も必要になりますが、投球による障害は投手、捕手以外にも発生しうるものです。

特に投手は、肩や肘の状態が、そのまま試合でのパフォーマンスに反映されやすいのに対し、野手の場合、ポジションによっては、試合での影響が少ない場合もあり、状態がかなり悪化するまでプレーが継続される危険性も考えられ、指導する側においては、すべてのポジションの選手に対して注意深い観察や管理が求められると同時に、子供立ち自身が、自ら行った投球動作の分析と、その投球の結果を結びつけながら試行錯誤できるような指導や管理が求められています。

引用・索引David J Szmanski 「Contributing Factors Increased Bat Swing Velocity」

#野球 #投球動作 #成長 #体幹 #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-7965

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

投球動作の運動技能

自分の身体そのものの移動が伴う移動系動作に対して、投球動作は自分の身体以外のものを操作する操作系の動作になります。

そうした中でも野球における上手投げは、後天的に学習によって獲得する運動技能であり、成長に伴って身につく技能ではないとされているために、ジュニアの野球選手は、練習を重ねることでその動作を習得していくことになります。

発育モデルと投球動作

青少年の身体発育モデルでは、早い段階で、将来の競技特異的動作の構造的な基礎となるFMS(基本的運動スキル)の習得を目指しています。

さらに、幼児期から学童期といった思春期前は神経系の発達が著しいことから、調整能力(平衡性、敏捷性、巧緻性など)に関与する至適時期でもあり、野球の投球動作においても、こうした調整能力は求められます。

なお、投球動作に関しては、小学校高学年ぐらいまでには、成人の熟練投手と同等の動きを獲得することが可能とされている一方、体幹や下半身の動きにおいては、成人の熟練投手とは異なる点も多いとされていることから、投球動作の最終的な部分でもある腕の振りだけから、選手の技術の習得度合を判断することは避けなければなりません。

身長、筋量の増加と下肢筋群の割合

筋量の増加に関わるPWV(Peek weight Velocity:筋量の急激な増大がみられる時期)のタイミングはPHV(Peek Height Velocity:最も伸張が伸びる時期)に遅れて訪れ、さらにこれを体重に占める上肢、下肢の筋量の割合で見た場合、上肢はほとんど変化が無いのに対して、下肢についてはPHV付近より筋量増加の割合が高くなるとされています。

つまり、投球動作の腕の動きを習得したジュニア選手の投球動作を、より高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められますが、特に下肢においては、筋量が遅れて増加する傾向があることから、投球動作をより洗練させるためには、そうした時期を待つ必要があります。

ジュニア選手においては、まず下肢の筋量の増加が始まる思春期前までに、投球腕のスムーズな動きを習得することを目指すことになり、そして、その間は動きの習得段階でもあることから、動作のエラーによる肩や肘への負担も大きくなることが予想され、骨の成長段階でもあることからも、投げすぎることによる障害(肘の障害の発生は11~12歳、肩に関しては15~16歳がピーク)に対しては、十分に注意する必要があります。

投手、捕手以外の選手における投球障害

投げる機会が多い投手や捕手に対する投球数の管理も必要になりますが、投球による障害は投手、捕手以外にも発生しうるものです。

特に投手は、肩や肘の状態が、そのまま試合でのパフォーマンスに反映されやすいのに対し、野手の場合、ポジションによっては、試合での影響が少ない場合もあり、状態がかなり悪化するまでプレーが継続される危険性も考えられ、指導する側においては、すべてのポジションの選手に対して注意深い観察や管理が求められると同時に、子供立ち自身が、自ら行った投球動作の分析と、その投球の結果を結びつけながら試行錯誤できるような指導や管理が求められています。

引用・索引David J Szmanski 「Contributing Factors Increased Bat Swing Velocity」

#野球 #投球動作 #成長 #体幹 #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-7965

20/09/2021

England women’s team - catch me - reaction sprint.

✅アジリティにおいて、"認知的意志決定"過程は、視覚、状況に関する知識、パターン認識、そして予測が重要になるとされている。

https://twitter.com/worldfootcoach/status/1240522794690940928/video/1

アジリティとは、「ある刺激に対して、方向やスピードの変化を伴う素早い全身運動を行う能力」と定義することができます。

https://note.com/nakajimahiro/n/n752eacd327a5

#reactionsprint #agility #England #sprint #反応 #認知 #アジリティ #トレーニング #俊敏性 #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院トレーニング動画 #Nakajima整骨院

@coachingplan1

スプリントにおける​スピード筋力とは(スピード筋力とは、「運動動作中に筋によって生み出される爆発力」のことになる)/Nakajima整骨院 20/09/2021

スプリントにおける​スピード筋力とは(スピード筋力とは、「運動動作中に筋によって生み出される爆発力」のことになる)/Nakajima整骨院

スプリントにおける​スピード筋力とは(スピード筋力とは、「運動動作中に筋によって生み出される爆発力」のことになる)/Nakajima整骨院

スピードは、ストライド頻度×ストライド長と定義されています。​

そして、スピードパフォーマンスを向上させるには、この2つの変数のどちらか1つ、または両方を向上させる必要があります。

是非ご視聴ください!
https://youtu.be/tCIiXweVyhg

スプリントにおける​スピード筋力とは(スピード筋力とは、「運動動作中に筋によって生み出される爆発力」のことになる)/Nakajima整骨院 スピードは、ストライド頻度×ストライド長と定義されています。​そして、スピードパフォーマンスを向上させるには、この2つの変数のどちらか1つ、または両方を向上させる必要があります。是非ご視聴ください!Nakajima...

20/09/2021

関節リウマチ(関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患とされている)

関節リウマチとは

関節リウマチは慢性の全身性炎症疾患で、侵された関節が変形し、機能障害を起こします。

アメリカの関節リウマチの患者数は約130万人で、20代から30代で発病することが多く、40代ではさらに羅漢率が増えます。

女性は男性よりも2.5倍発症しやすく、有病率が高いため、疾病の進行過程と運動処方のガイドラインを理解しておくことが重要になります。

関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患と説明されています。

この炎症反応は関節の周辺組織に広がり、骨や軟骨のびらんや破壊をもたらします。

そのため関節の変形と機能障害が起こる可能性があり、重篤の場合は、関節リウマチが全身に広がり、最終的に心臓や肺などの重要な臓器の炎症を引き起こすこともあります。

病因

関節リウマチは関節の痛み、こわばり、腫れが生じ、関節の動きが制限される慢性疾患になります。

関節リウマチは、身体に漸進的に影響を及ぼす特発性(原因不明)自己免疫疾患に分類されてきました。

疾病プロセスは異常な自己免疫疾患によって引き起こされ、その結果、身体は自分自身の健全な組織を攻撃します。

現在の理論は、発症の引き金となるいくつかの事象を指摘しており、例えば、遺伝的に影響されやすい素因のある人が感染症にかかると、関節を攻撃する免疫反応が起こり、この反応によって、直接的、または間接的に患部の滑液包、骨、および結合組織が破壊されます。

多くの場合は、手関節と手が最初に影響を受けます。

関節リウマチのクライアントは、しばしば左右対象の関節の痛みと腫れがあり、病状の悪化と寛解を特徴とする慢性疾患で苦しんでいます。

クライアントは次のような症状を訴える可能性があります。

・複数の関節の痛み、発赤、温感、腫脹、こわばり

・関節運動に伴う痛み

・朝と不活動後の関節のこわばり

・全身の疲労感と体調不良(倦怠感、インフルエンザに似た症状)

・睡眠障害

・食欲不振

・結節と呼ばれる、関節近くの痛みの無い腫脹

・活動不安と抑うつ

#関節リウマチ #多関節炎症 #関節 #炎症 #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

Al-Qubaeissy KY, Fatoye FA, Goodwin PC, and Yohannes AM. The effectiveness of hydrotherapy in the management of rheumatoid arthritis: A systematic review. Musculoskeletal Care 11: 3–18, 2013.

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-14574

関節リウマチ(関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患とされている)

関節リウマチとは

関節リウマチは慢性の全身性炎症疾患で、侵された関節が変形し、機能障害を起こします。

アメリカの関節リウマチの患者数は約130万人で、20代から30代で発病することが多く、40代ではさらに羅漢率が増えます。

女性は男性よりも2.5倍発症しやすく、有病率が高いため、疾病の進行過程と運動処方のガイドラインを理解しておくことが重要になります。

関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患と説明されています。

この炎症反応は関節の周辺組織に広がり、骨や軟骨のびらんや破壊をもたらします。

そのため関節の変形と機能障害が起こる可能性があり、重篤の場合は、関節リウマチが全身に広がり、最終的に心臓や肺などの重要な臓器の炎症を引き起こすこともあります。

病因

関節リウマチは関節の痛み、こわばり、腫れが生じ、関節の動きが制限される慢性疾患になります。

関節リウマチは、身体に漸進的に影響を及ぼす特発性(原因不明)自己免疫疾患に分類されてきました。

疾病プロセスは異常な自己免疫疾患によって引き起こされ、その結果、身体は自分自身の健全な組織を攻撃します。

現在の理論は、発症の引き金となるいくつかの事象を指摘しており、例えば、遺伝的に影響されやすい素因のある人が感染症にかかると、関節を攻撃する免疫反応が起こり、この反応によって、直接的、または間接的に患部の滑液包、骨、および結合組織が破壊されます。

多くの場合は、手関節と手が最初に影響を受けます。

関節リウマチのクライアントは、しばしば左右対象の関節の痛みと腫れがあり、病状の悪化と寛解を特徴とする慢性疾患で苦しんでいます。

クライアントは次のような症状を訴える可能性があります。

・複数の関節の痛み、発赤、温感、腫脹、こわばり

・関節運動に伴う痛み

・朝と不活動後の関節のこわばり

・全身の疲労感と体調不良(倦怠感、インフルエンザに似た症状)

・睡眠障害

・食欲不振

・結節と呼ばれる、関節近くの痛みの無い腫脹

・活動不安と抑うつ

#関節リウマチ #多関節炎症 #関節 #炎症 #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

Al-Qubaeissy KY, Fatoye FA, Goodwin PC, and Yohannes AM. The effectiveness of hydrotherapy in the management of rheumatoid arthritis: A systematic review. Musculoskeletal Care 11: 3–18, 2013.

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-14574

19/09/2021

Banded pull through + swing kettlebell.

✅ケトルベルスイングは、股関節伸展筋群から筋パワーを発揮することが要求されるため、スイングをコントロールしながら、"股関節からパワーを発揮する"ことに役立つとされている。

https://twitter.com/Jcarlosmurillof/status/1437778214718410759/video/1

スイングで生じるハムストリングへの伸張性負荷も、運動中に伸張性負荷を経験するアスリート(スプリントの振り出し局面など)の保護に役立つ可能性があるとされています。

https://note.com/nakajimahiro/n/n1bef4848120a

#kettlebell #ケトルベル #股関節 #パワー #ハムストリング #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院トレーニング動画 #Nakajima整骨院

@Jcarlosmurillof

19/09/2021

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

野球選手と肘の障害

野球肘は若年者の野球においてよくみられるオーバーユース障害になります。

オーバーユースは肘内側に外反ストレスがかかることにより生じ、骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなります。

投球量を管理することが有効な対策とされていますが、根底にはピッチングメカニクスや球種の選択、およびフィジカルコンディショニングの問題もあり、単純に投球量を管理するだけでは不十分な可能性があります。

若年選手と肘障害

若年野球選手における肘障害の発症率は20~40%にのぼると報告されています。

このアスリート集団が発症する肘痛は、一般に野球肘(リトルリーグ肘:Little League Elbow:LLE)と称されます。

LLEは広範な臨床症状に用いられる総称であり、特に上腕骨内側上顆(肘の内側)の障害や上腕骨小頭部の離断性骨軟骨炎(骨やその上を覆う軟骨が剥がれる症状)を指すことがおおくなります。

リトルリーグ肘の特徴

この疾患の特徴は、ピッチング動作のコッキング期とアクセレーション期において肘に外反ストレスがかかることで生じる肘内側部痛になります。

外反ストレスが加わると通常、肘内側に牽引力、肘後方に剪断力、そして肘外側に圧縮力が加わります。

屈筋を収縮させると痛みが生じ、肘の可動性が制限される場合もあります。

LLEの重症度は様々であり、休息とリハビリテーションによって改善する場合もある一方、外科的介入を必要とするアスリートもいることを複数の報告が示唆しています。

オーバーユースとLLE

1960年にBrogdon and CrowがLLEにおける最初の記述を発表して以来、多くの危険因子が調査されてきました。

そのうちいくつかは、LLE発症の主要な危険因子はオーバーユースであると特定されています。

「オーバーユース障害」という名称は一般的に、十分な回復時間をとらずに高い生理学的ストレスを受け続けることで生じると思われる慢性障害を指して用いられます。

オーバーユース障害

オーバーユース障害は通常、次の4つのステージに分けられます。

・身体活動を行った後に患部に痛みが生じる

・活動中に痛みにが生じるがパフォーマンスは制限されない

・活動中に痛みが生じ、パフォーマンスが制限される

・休息時も絶えず慢性的な痛みが生じる

若年の野球投手は成長軟骨を有するために、肘にオーバーユース障害を発症するリスクが高くなります。

若年野球選手の肘でオーバーユースを起こしやすい部位は、上腕骨内側上顆および、上腕骨小頭と橈骨の接合部の関節面になります。

LLEを引き起こすオーバーユースの危険因子にはそのほか、ピッチングメカニクス、投球量、球種、および、フィジカルコンディショニングが挙げられます。

#野球肘 #リスク因子 #成長軟骨 #リハビリ #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009.

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-5598

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

野球選手と肘の障害

野球肘は若年者の野球においてよくみられるオーバーユース障害になります。

オーバーユースは肘内側に外反ストレスがかかることにより生じ、骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなります。

投球量を管理することが有効な対策とされていますが、根底にはピッチングメカニクスや球種の選択、およびフィジカルコンディショニングの問題もあり、単純に投球量を管理するだけでは不十分な可能性があります。

若年選手と肘障害

若年野球選手における肘障害の発症率は20~40%にのぼると報告されています。

このアスリート集団が発症する肘痛は、一般に野球肘(リトルリーグ肘:Little League Elbow:LLE)と称されます。

LLEは広範な臨床症状に用いられる総称であり、特に上腕骨内側上顆(肘の内側)の障害や上腕骨小頭部の離断性骨軟骨炎(骨やその上を覆う軟骨が剥がれる症状)を指すことがおおくなります。

リトルリーグ肘の特徴

この疾患の特徴は、ピッチング動作のコッキング期とアクセレーション期において肘に外反ストレスがかかることで生じる肘内側部痛になります。

外反ストレスが加わると通常、肘内側に牽引力、肘後方に剪断力、そして肘外側に圧縮力が加わります。

屈筋を収縮させると痛みが生じ、肘の可動性が制限される場合もあります。

LLEの重症度は様々であり、休息とリハビリテーションによって改善する場合もある一方、外科的介入を必要とするアスリートもいることを複数の報告が示唆しています。

オーバーユースとLLE

1960年にBrogdon and CrowがLLEにおける最初の記述を発表して以来、多くの危険因子が調査されてきました。

そのうちいくつかは、LLE発症の主要な危険因子はオーバーユースであると特定されています。

「オーバーユース障害」という名称は一般的に、十分な回復時間をとらずに高い生理学的ストレスを受け続けることで生じると思われる慢性障害を指して用いられます。

オーバーユース障害

オーバーユース障害は通常、次の4つのステージに分けられます。

・身体活動を行った後に患部に痛みが生じる

・活動中に痛みにが生じるがパフォーマンスは制限されない

・活動中に痛みが生じ、パフォーマンスが制限される

・休息時も絶えず慢性的な痛みが生じる

若年の野球投手は成長軟骨を有するために、肘にオーバーユース障害を発症するリスクが高くなります。

若年野球選手の肘でオーバーユースを起こしやすい部位は、上腕骨内側上顆および、上腕骨小頭と橈骨の接合部の関節面になります。

LLEを引き起こすオーバーユースの危険因子にはそのほか、ピッチングメカニクス、投球量、球種、および、フィジカルコンディショニングが挙げられます。

#野球肘 #リスク因子 #成長軟骨 #リハビリ #トレーニング #柔道整復師 #インディバ #横浜 #桜木町 #野毛 #みなとみらい #nakajima整骨院ブログ #Nakajima整骨院

引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009.

https://www.nakajimabonesetter.com/entry/blog/post-5598

ビデオ (すべて表示)

電話番号

住所


横浜市中区花咲町2-65-6 コウノビルMM21 7階
Yokohama, Kanagawa
2310063

営業時間

月曜日 10:00 - 20:00
火曜日 10:00 - 20:00
水曜日 10:00 - 20:00
木曜日 10:00 - 20:00
金曜日 10:00 - 20:00
土曜日 10:00 - 14:00
その他 Yokohama ジム/スポーツ施設 (すべて表示)
第6回 よこはま春風ラン 第6回 よこはま春風ラン
中区新港一丁目
Yokohama, 231-0001

よこはま春風ランは、横浜赤レンガ倉庫をスタート・ゴールとする、横浜の景観を楽しめるコースで開催します。

イトマンスイミングスクール イトマンスイミングスクール
永田台6-19, 南区
Yokohama, 232-0076

イトマンスイミングスクール公式のFacebookです♪ お友達・家族・ご兄弟みんなでイトマンへ!! スタッフ一同皆様にお会いできるのを楽しみにしております^o^☆

横浜ビー・コルセアーズ アカデミー事業部 横浜ビー・コルセアーズ アカデミー事業部
Yokohama

横浜ビー・コルセアーズ アカデミーのページです。

湘南とつかymca 湘南とつかymca
戸塚区上倉田町769-24
Yokohama, 244-0816

総合スポーツクラブとして、プール、スタジオ、マシンルームがあり幼児、小中学生、成人と幅広い世代の方が参加できるスポーツプログラムを用意しています。

Nobby Tech Golf Studio Nobby Tech Golf Studio
都筑区折本町1171
Yokohama, 224-0043

日本で唯一の最先端ゴルフ機材を扱うゴルフスタジオです

X-treme Jiu-jitsu Academy X-treme Jiu-jitsu Academy
神奈川本町3-6
Yokohama, 2210046

横浜市神奈川区神奈川本町3-6-201

自遊空間 横浜西口店 自遊空間 横浜西口店
西区北幸1-8-2
Yokohama, 220-0004

Welcom to JIYUU-KUUKAN. Our shop is Internet cafe in YOKOHAMA. Everyday 24 hour open!

ピーナッツ R. G. ピーナッツ R. G.
Yokohama

横浜市鶴見区で活動する新体操クラブです。instagramで情報更新中です。@pea

横浜栄FC 横浜栄FC
栄区
Yokohama, 247-0026

神奈川県横浜市栄区を拠点にキッズ、ジュニア、ジュニアユースのカテゴリーを持つサッカークラブです。

Dance Gallery CYGNET Dance Gallery CYGNET
都筑区茅ケ崎中央10-7
Yokohama, 2240032

ダンススクール

Flourish BMX Shop Flourish BMX Shop
1-15-2
Yokohama, 221-0822

Flourish BMX Shopです。 BMX ,アパレルを 扱っております。 営業時間は12時〜20時。定休日は木曜日となっております。 ご来店を心よりお待ちしております。

横浜FC GENOVA MATCH 横浜FC GENOVA MATCH
神奈川区三ツ沢西町3-1
Yokohama

株式会社GENOVAが運営するGENOVAMATCHのページ