特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議

首都圏唯一の自然状態の流域生態系「小網代の自然」の管理を行っているNPO法人小網代野外活動調整会議のFacebookページです。 首都圏唯一の自然状態の流域生態系「小網代の自然」の管理を行っています。 ※本Facebookページは、NPO法人小網代野外活動調整会議が運営しています。
※ウォールへの投稿、メッセージは受け付けておりません。本Facebookページや小網代の谷に関連するお問合せは、下記事務局へお願いいたします。
<事務局>
NPO法人小網代野外活動調整会議
〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西2-19-1 レーベンス綱島西II A棟
電話:045-540-8320(平日10:00~17:00)
ファックス:045-546-4344
Eメール:[email protected]
※利用者がサイト上に掲載した情報および内容(ウォールでのコメントなど)について、内容が不適切であるとが事務局が判断したものは、事前に何ら通知することなく、削除・その他の必要な措置をとることができるものとします。
※本ページにおいて利用者により提供される情報について、その正確性、完全性、合法性その他を保証するものではありません。当該情報に起因して利用者その他第三者に損害が発生したとしても、事務局は、一切責任を負いません。

通常通り開く

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 31/05/2021

保全管理計画に沿って、河口域の草原のネズミホソムギ繁茂を、ハマカンゾウで抑制してゆきます。南の谷出口、散策路の浦の川川のり面、除草して、ハマカンゾウ100株移植しました。担当は関本、飯田さん。お疲れ様。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 31/05/2021

5月29日小網代作業。糸井さんグループのハマカンゾウ群落きれいに除草できました。坂本スタッフありがとう。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 31/05/2021

5月26日小網代作業。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 24/05/2021

今日の小網代、スタッフの仕事です。8月、ハマカンゾウ満開の日を待望して、延々、地味な草刈り作業がつづきます。梅雨が上がれば日数百、数千のハマカンゾウが、小網代の谷の海辺の湿原をかざります。ありがとう。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 10/05/2021

大池の堰の底が抜けてしまいましたので、緊急修繕してまいりました。池の水がしっかりたまらないと、下手の、半夏生の群落に、ササがはいってしまうのです。刈回収ですが、来年まで大丈夫。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 02/05/2021

コロナマナー守って、訪問者、多々。

02/05/2021

湿原、風速、14m。

湿原、風速、14m。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 02/05/2021

連休作業。快晴強風でしたが、花のおわるハマ大根を除去して、ハマカンゾウに全面的に日照を提供します。カンゾウぐんぐん成長中。スタッフ3名+1名。頑張りました。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 01/05/2021

真ん中湿地から、ヤナギテラスへの、春、感動の道。

01/05/2021

小網代は、チゴガニのダンス、はじまりました。

小網代は、チゴガニのダンス、はじまりました。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 01/05/2021

小網代報告。午後、2度にわたり驟雨に見舞われましたが、小網代、静かな連休開始。今日の引き潮、見事な、干潟です。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 18/04/2021

ハマカンゾウ育成地。草取り大作業。スタッフ15名勢ぞろい。もう一息です。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 18/04/2021

スタッフ定例会報告:2021年4月18日。コロナ警戒・ナラ枯れ対応下で、ずっと、休会がつづいていた調整会議の定例作業が、本当に久しぶりに実施されました。参加スタッフ15名。引橋入り口から、アスカイノデ群落保護のためのササ刈りをしながら、遠路を下り、午後は、ハマカンゾウ育成地で総力投入の、除草作業。ほぼ7割ほどを完了です。アカテガニ広場地先の自生地の整備も有志で処理してまいりました。

小網代の森について 02/04/2021

小網代の森について

●神奈川県からの重要なおしらせです。            
 小網代の森は、4月まつまで、全面閉鎖が継続されます。
ナラ枯れで、枯死した樹木の伐採処理が、続いており、行政と、NPOの管理作業のみが継続されます。5月、連休までには再開されるよう、期待しましょう。以下県のHPの告知です。

散策路の安全を確保するため、樹木の整備工事を行います。なお、整備工事期間中は、施設を全面閉鎖しますのでお知らせします。(令和3年4月下旬まで(予定))

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/d2t/kankyo/p820028.html

小網代の森について アカテガニをはじめ多くの生き物が棲んでいる小網代の森(小網代近郊緑地特別保全地区)のすばらしい自然を満喫してください。

[03/12/21]   東日本大震災から10年。復興、多難なお仕事に、心より敬意を表します。関東も本当に他事ではありません。相模トラフで次の地震が起こると、発生後、6~7分で小網代湾入り口に7mの津波が到達する予想です。実は7分かからないという意見もありました(神奈川県の津波予想を承認する国交省の小委員会の委員をしていたので現場の議論に参加していたのです。最短の意見は、1分、でした)。三浦半島、まだまだ予防対応できていないはず。小網代に限って言えば、避難に関する地域の詳細協定、しっかりまとまっているか、心配です。猶予は数分です。谷奥集落については、じいちゃん、ばあちゃん安全非難を確実にするためにも、適地に15mくらいの高さのある、エレベーター付きの公共利用の可能な堅牢なビルが、ほしいです。三浦市から、いま、はじめないとだめです。小網代の谷の中は、県、NPOで、避難路の整備が鋭意進んでおります。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 11/03/2021

2013年3月11日、東日本大震災でハマカンゾウ大群落が焼失した小網代の塩水湿地の10年後の現況。全景、現地で回復中の小群落、28株が救出された笹原の跡地、救出された28株をもとに、いま、5000株規模に復活再生中の、エノキテラス・ハマカンゾウ大群落春の光景。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 11/03/2021

東日本大震災から10年。小網代浜辺のハマカンゾウ群落消失から10年後の記念の作業を実施しました。2011年数百株の群落のあった場所は今全域がササとアイアシの群落ですが、幅50mほどの塩水湿地の北端にエノキの根に守られた小群落が生き延びて50株ほどの群落になっていました。中央の笹原にも30株ほどが回復中。南端の岩場の境にも20株。この10年を生き延び、自然増殖したハマカンゾウ100株ほどになっていました。刈払いを実施して群落再生めざします。

05/03/2021

次の作業の準備で南の谷に入りました。咳小群落無事でした。暖かくなったらハマカンゾウの小群落救出にゆきます。

次の作業の準備で南の谷に入りました。咳小群落無事でした。暖かくなったらハマカンゾウの小群落救出にゆきます。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 05/03/2021

小網代浦の川の整備、もう一息。今日は夕方まで雨避けられそうとの情報で、老人2名、作業に入りました。ここまでできれば、あめ大丈夫。関本さん、uboじい、おつかれさん。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 04/03/2021

春の雨が来ます。浦の川の流路安定化作業をしてまいりました。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 03/03/2021

2021年・花さく小網代 タチツボスミレ、ヤブツバキ。満開のやぶ椿、残念ながらコロナ閉鎖で公開できず。保全管理作業の合間の調査で撮影できた写真をお送りします。

Photos from 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議's post 21/02/2021

管理作業用の収納庫を設置できることになりました。竹を伐採し、枯れ木を処理し、設置場所の藪を整地しました。コロナ危機による小網代の森通行禁止継続中ですが、3月上旬には設置できる予定です。

小網代の森について 08/01/2021

小網代の森について

小網代の森について アカテガニをはじめ多くの生き物が棲んでいる小網代の森(小網代近郊緑地特別保全地区)のすばらしい自然を満喫してください。

小網代の森について 08/01/2021

小網代の森について

●利用禁止のおしらせ:緊急事態宣言の発令をうけ、小網代の森の利用が、本日2020年1月8日から当分の間、禁止されることとなりましたので、お知らせします。昨日の強風で、倒木等もありますので、通路安全も確保できていない状況です。宣言解除まで、しばらくのご辛抱をおねがいもうしあげます。https://www.pref.kanagawa.jp/docs/d2t/kankyo/p820028.html

小網代の森について アカテガニをはじめ多くの生き物が棲んでいる小網代の森(小網代近郊緑地特別保全地区)のすばらしい自然を満喫してください。

03/01/2021
27/12/2020

●花さく小網代年納め:12月27日、小網代2020年の管理作業、納めます。多事多難な一年でしたが、ファンの皆様の多大なご支援をいただき、スタッフ一同、流域思考の多自然管理作業、やり遂げました。水系のお世話、ハマカンゾウの群落育成地のお世話おえて、新年をむかえます。一年本当にありがとうございました。

[11/21/20]   ●法人からのお知らせ:コロナの感染拡大急なので、スタッフ安全確保のため、明日から2週間、小網代の森は、巡視作業等、通常の作業を休止します。訪問者へのNPOとしての対応もなくなります。ご了解よろしくお願いいたします。

20/11/2020

🦀小網代の森を訪問されるみなさんへ🦀

小網代の森はオギの穂波の美しい晩秋を迎え、多くの方に訪問していただき、森の空気や景色の美しさを堪能していただいていますが、この数日コロナウイルス感染急拡大しています。
小網代の森を訪れる際にはソーシャルディスタンスを保ち、マスクの着用をお願いします。特に他の散策者の方とのすれ違いや、エノキテラスで休憩される時には必ずマスクの着用をお願いします。また、暫くの間エノキテラスでの飲食はご遠慮下さいますようお願いします。小網代の森の中には手を洗う場所もありませんので、携帯用のアルコール消毒液なども各自ご用意下さい。

みなさんで感染拡大防止に留意し、小網代の森での時間が楽しくなるようご理解とご協力をお願いします。

NPO法人小網代野外活動調整会議 事務局

16/11/2020

2020年11月15日日曜日。小網代定例作業日。エノキテラス周辺のハマカンゾウの一斉作業、スタッフ全力投球で、まずは一段落。無事に冬の準備ができました。

12/11/2020

小網代保全は日々の作業巡視が支えます。
ハマカンゾウのお世話が一段落。アサギマダラも海に出た気配。セイタカアワダチソウの除去をすすめます。源流域から、アスカイノデ保護のための、ササハラ整備も始まりました。応援よろしくおねがいします。

08/11/2020

小網代は、作業巡視で、まもられています。昨年の台風被害。今年のコロナ閉鎖による作業遅滞。緊急支援募金の支援も得て全力で原状復帰にむかっています。今日、11月8日。旧別荘跡地の整備。つわぶき群落周辺の整地をしました。アサギマダラも海に出た気配。セイタカアワダチソウの除去はじめます。

07/11/2020

小網代の秋深まっています

チガヤに襲われたハマカンゾウの
再移植もすすみました

オギの穂波もまだ楽しめます

11月の小網代の森に是非お越しください

01/11/2020

オギの穂波みごとです。晩秋の小網代ご訪問あれ。

01/11/2020

●小網代緊急支援作業第一期終了ご報告

昨年来、小網代の森では、台風15,19号の被害、コロナ対応の閉鎖で、管理作業ならびに活動資金調達もままならない状況がつづいておりました。5月、緊急支援要請にお答えいただいたみなさまからの107万円の支援資金をもとに、10月末までの5ヶ月間、ナラ枯れ対応、ススメバチ対応で断続的な閉鎖がつづくなか、夏の整備作業を行い、一区切りすることができましたので、ご報告です。ハマカンゾウ群落のお世話は完了しました。周辺のアレチウリ等の外来植物コントロールも終了。真ん中湿地の新水路整備、関連の管理通路管理も一段落です。秋の作業については、支給計画をたて、可及的速やかに次の作業にはいります。ひとまずの、作業終了、ご支援くださった皆様に心よりの御礼をもうしあげます。全体のご報告は年度末に行う予定です。記録の写真は、ハマカンゾウ育成地整備状況、水路・管理通路整備状況です。

20/10/2020

特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議

🦀お知らせ🦀

小網代の森引橋入口
本日より開放となります

秋の小網代の森をお楽しみ下さい

ビデオ (すべて表示)

今日のチゴガニダンス高校生スタッフが動画を撮ってくれましたので、どうぞお楽しみください‼️
小網代の森インフォメーションスペースアカテガニさんのお食事
アカテガニの赤ちゃん、ゾエア。1ミリに満たない小さな体。でも、自分で泳ぐための尾っぽが発達しており、卵から出るなり、ぴょんぴょん泳ぎます。
アカテガニの赤ちゃん、ゾエア!1匹のアカテガニから、数千匹から数万匹のゾエアが海に放たれます。
アカテガニの放仔その2。お母さん同士で出産後、ハイタッチ。
アカテガニの放仔、その1!
マキタさんから寄贈された電動草刈機!静かです。
ヤマトオサガニのダンスです。
小網代のスター、ハマガニの雄が登場!
小網代の子供イベントが7月22日土曜日にあります。たぶん梅雨も明けて、夏休みも始まる頃。スタッフと一緒に干潟でカニ観察ができますよ!ぜひ、ご家族でご参加下さい!こあじろKIDS STAFF 出動中第2回浜パトロールに行こう!!2017年7月...
ウマノスズクサに卵を産みに来たジャコウアゲハです。
アカテガニの赤ちゃん、ゾエアの様子です

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


港北区綱島西2-19-1 レーベンス綱島西ⅡA棟
Yokohama, Kanagawa
223-0053

一般情報

代表理事 岸由二(慶應義塾大学名誉教授)
環境保護のその他Yokohama (すべて表示)
かながわトラストみどり財団 かながわトラストみどり財団
西区岡野2丁目12番地20
Yokohama, 220-0073

かながわトラストみどり財団公式フェイスブックページです。かながわのナショナル・トラスト運動、森林づくり、緑の募金活動など情報を発信していきます。

Sailors for the Sea Japan Sailors for the Sea Japan
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
Yokohama, 220-8522

セイラーズ フォー ザ シー ジャパンのオフィシャルFacebookページです。活動の情報や報告を発信していきます。

シーホース工房 シーホース工房
中区真砂町3-33 セルテ11F よこはま市民共同オフィス内
Yokohama, 231-0016

自然景観保全のための竹林間伐、竹楽器製作、音楽制作・演奏ワークショップを通じて、誰もが文化活動に参画できる仕組みづくりに取り組んでいます。

水源開発問題全国連絡会(水源連/Japan River Keeper Alliance) 水源開発問題全国連絡会(水源連/Japan River Keeper Alliance)
港北区下田町6-2-28
Yokohama, 223-0064

川を守り、ダムや堰とたたかう人たちのネットワーク組織です。 HP:  http://suigenren.jp/

NPO法人 Reライフスタイル NPO法人 Reライフスタイル
金沢区鳥浜17-3
Yokohama, 236-0002

NPO法人Reライフスタイルは、横浜を拠点にペットボトルキャップのリサイクルを通じ、環境の保全と子どもの健全な育成を図るため活動しています。

野生動物救護獣医師協会神奈川支部-WRVK- 野生動物救護獣医師協会神奈川支部-WRVK-
横浜市神奈川区六角橋5-17-15皆川ハイツ102
Yokohama, 221-0802

人間活動によって傷ついた野生動物を獣医療をもって野生復帰させるため活動している非営利団体です。

慶應義塾大学環境サークルECO 慶應義塾大学環境サークルECO
日吉4-1-1 塾生会館407
Yokohama, 223-8521

慶應義塾大学環境サークルE.C.O.の公式Facebookページです。 公式HP:http://keioeco.net/ 公式twitter:https://twitter.com/keioeco