KADVO 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯

KADVO 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯

コメント

ししの会 Charity Christmas party 中止のお知らせ

2021年12月に予定していました「ししの会 Charity Christmas party」は 新型コロナウイルスの感染症の拡大を防止するために誠に残念ですが中止をすることといたしました。
新型コロナウィルスの1日も早い収束を祈念すると共に 2022年にはぜひとも開催が出来、元気な皆様方にお会い出来る事を楽しみにしております。
KADVO Charity BBQ Party 2021 中止のお知らせ
8月に予定していました夏の「KADVO Charity BBQ Party 2021」も 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み中止をすることといたしました。2022年こそは必ず復活、皆様方のご参加、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
The history of KADVO since 1982 | 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団
”濃密なコロナの日々”
KADVOセブ島現地コーディネーター櫻井絹恵氏の投稿です。
History of the KADVO & CDS Joint Free Dental Mission
......It all started with a friendship

https://www.youtube.com/watch?v=T8vgBxnqRps&feature=youtu.be
One of the memorable time.
https://www.youtube.com/watch?v=a5ykouRPFlA
フィリピン(セブ島)では、やっとOn-lineで学校が再開されました。
我々がサポートしてます『Batang Pinangga』の子供たちです。
We will see you soon
ししの会 Charity Christmas party 中止のお知らせ
2020年12月に予定していました「ししの会 Charity Christmas party」は 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み中止をすることといたしました。来年はぜひともご参加、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
KADVO Laos Projectの齊藤彰大先生がラオスでの活動についてインタビューを受けました。

千住でクロスC-Studio ゲスト 齊藤 彰大さん「600人中598人に虫歯あり」
https://youtu.be/2_QnWupvCC4

KADVO(Kanagawa Alliance of Dental Volunteers Overseas)
特定非営利活動法人神奈川海外ボランティア歯科医療団 神奈川海外ボランティア歯科医療団は、1982年2月に現地視察に始まり地域の行政、大学、歯科医師会および現地医師等の協力を得、特に現地における友人たちの多大なる協力を得て発足するに至りました。
その後、1996年には、日本国内で複数の歯科大学同窓生、歯科衛生士、歯科技工士及び歯科医療に直接関連しない一般の人方々の参加を得て、神奈川海外ボランティア歯科医療団(KADVO)を発足し、2005年9月には、国際協力に関する非営利活動をさらに充実かつ発展させ、幅広い観点から多岐にわたる援助活動が可能となることを目的に、特定非営利活動法人神奈川海外ボランティア歯科医療団を設立するに至りました。

通常通り開く

[09/21/21]   ししの会 Charity Christmas party 中止のお知らせ

2021年12月に予定していました「ししの会 Charity Christmas party」は 新型コロナウイルスの感染症の拡大を防止するために誠に残念ですが中止をすることといたしました。
新型コロナウィルスの1日も早い収束を祈念すると共に 2022年にはぜひとも開催が出来、元気な皆様方にお会い出来る事を楽しみにしております。

[06/21/21]   KADVO Charity BBQ Party 2021 中止のお知らせ
8月に予定していました夏の「KADVO Charity BBQ Party 2021」も 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み中止をすることといたしました。2022年こそは必ず復活、皆様方のご参加、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

The history of KADVO since 1982 | 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団 19/06/2021

The history of KADVO since 1982 | 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団

The history of KADVO since 1982 | 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団

The history of KADVO since 1982 | 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団 神奈川海外ボランティア歯科医療団(Kanagawa Alliance of Dental Volunteers Oveseas以下KADVO)は、1982年に数名の日本人歯科医師によるフィリピン・セブ島民の歯の健康状態視察をきっかけに、1984年正式にセプフリーデンタルクリニッ....

19/11/2020

セブ・日本人会

”濃密なコロナの日々”
KADVOセブ島現地コーディネーター櫻井絹恵氏の投稿です。

【濃密なコロナの日々(セブ島通信11月号) 】

セブ日本人会副会長
櫻井絹恵

2020年のような激動の年はこれまであっただろうか。まさかのパンデミックが世界中の人達の生活と人生を驚天動地させるほど一転させた。世界中で大都市だけでなく小さな街までも次々にロックダウンされ、人の往来や交通の移動が止まった。セブでも3月28日からロックダウンが始まったが、それがまさかのギネスブック殿堂入りする世界最長のロックダウンになるとは誰も予想すらしていなかった。

我が家では半年分の米、食料や生活物資や水、プロパンガス、発電機用のディーゼルを買い込み、ガチな籠城生活を想定して自宅に籠った。希望の無い毎日が重く押し被さってくる感じがした。

セブ島はビーチリゾートの観光地であり、マニラに比べ治安も良いことから英語学校で英語を学ぶ若者を中心にした多国籍の語学留学生が増えていた。今回の新型コロナ感染拡大を受けフィリピン政府が3月13日に語学学校を含む全ての学校に対して一斉に休校指示の通達を出した。フィリピンでは国内線および国際線を減便またロックダウンによる運行停止で2000人以上の学生や観光客、また在留邦人が日本へ戻れなくなった。セブ島からの日本への脱出は空路しか無い選択肢。フィリピン政府は感染拡大防止策として入国に関しては厳しく、外国人の出国に対しては可能な限り支援する方向で対応した。

3月

セブ日本人会と有志の方々が心をひとつにして3月20日に第一陣の臨時便2機で帰国を希望する日本人を成田へ飛ばした。民間の臨時便の為、フィリピン航空運賃は自己負担で片道1000ドル以上と高額な運賃に吊り上げられた。それでも日本へ帰国させないと感染リスクと休校による寮の閉鎖の為、滞在先の無くなった学生達の治安確保のために口がカラカラになるまで説得して特別便に乗せた。シンドラーズリストさながらの命を守る搭乗者リストを作成して、ロックダウンで交通手段のない人達にボランティアが車を出したり、許可を取るなど対応した。空腹を我慢しながら頑張るフィリピン航空の職員と日本人有志ボランティアを支えるため、炊き出し隊も結成し飲み物や家庭料理で腹から応援した。PALの支店長も我々の団結力を絶賛し、この最強のチームがバックアップについてくれるのであれば、幾便でも特別便を出すと言われた。不可能を可能にし伝説を作れたのは、松田会長が先頭に立ち、皆が一丸となりボランティア精神の汗と涙の結晶があったからこそ出来たのだと思う。フィリピン航空8便と韓国系航空会社2便の特別便を飛ばし2200人を帰国させる事ができた。この偉業は多くのメディアからも取り上げられ、高く評価された民間レベルでの支援であった。

6月後半

セブ市では全国一の新型コロナウイルスの感染者数で1日350人以上が感染し、セブ市が全国感染者数1割を占めるホットスポットになってしまった。中央政府がセブ市のコロナ対策を調査介入する事態となり、全国で唯一の防疫強化地域延長になった。ビサヤ地方コロナ対策総括責任者シマツ環境天然資源相が指揮を取った。重武装の警察特殊部隊(SAF)160人も投入され、街は国軍の兵士が溢れ各地で検問所が設けられた。各検問所は通行パス無しでは猫一匹も通れなくなった。特に越境では厳しかった。国軍の装甲車が走っているのを普通に目にする様になり、緊迫した空気が街を覆った。

感染者数の多いバランガイは厳格な防疫封鎖が実施された。中心地にあるバランガイルスもそのひとつで、NPO誰でもヒーローの奨学生が居住する地域でもある。感染リスクが高い環境で、内山代表は支援者の協力を受けながら奨学生だけでなく地域住民の命を繋ぐ支援活動を継続したのには頭が下がる。

セブ州の病院で医療崩壊が起こり深刻な状況に陥った。身近なフィリピンの友人達10人が感染し次々と亡くなった。セブ日本人会の会員で観光業に携わっていた前野君が脳卒中で倒れ、満床を理由に複数の病院をたらい回しにされたあげく、適正な治療を受けることもなしに命を落とした事は大変無念であったと思う。前野君の御冥福を心より祈るばかりだ。

運命を変えた友人の決断

私事だが隣の事務所のガードが感染していると分かり、自らの家族を自主的に抗体検査を受け陰性を確認した。内には孫だけでなくガード家族の子供3人も含め4人の子供がいる。ロックダウンされてからの数ヶ月、外に一歩も出たことがない子供達は注射だというのにワクワクしていた。可哀想になって「泣かなかったらジョリビーのお昼ご飯が待ってるよ。」と言ったら、一番下の4歳のニニャまでもが歯を食いしばって痛みを耐えた。

本来なら雨の降らない乾期の時期(3月から5月)に延び延びになっていた我が家の大々的な補修工事をする予定になっていた。雨漏りがするので屋根や樋を全てやり変え、家の内装や外装のペンキの塗り替えまで計画していた。しかし、いつ何処で感染するか分からない状況で安全を考慮した上で延期するしかないと判断した。

家にガッツリいる間に工事を済ますという考えもあったが家族の安全第一を考慮すると踏み切れなかったのが運命を分けた結果となった。近所の華僑の友人宅は私と反対の決断をし自宅の改装工事を行った。大工や施工業者など全ての工事関係者に外出禁止にしていたにも関わらず、その中の一人が夜中に抜け出し、彼女の所に会いに行っていた。その男が無症状感染者で何と世帯主のオイ弁護士と長女を感染させてしまったのだ。長女は中度で済んだが、御主人は命を落とす結果となった。友人は自分を責めて今も立ち直れない状態で、15キロも激痩せしてしまっている。気の毒過ぎて言葉も出てこない。

そして、ついに一番起きて欲しくない事が起こった。別れた亭主がコロナ感染し、濃厚接触者が二人の息子と84歳の義理の母と高齢の世話役のチェリー、そして高度障害で寝たきりの息子が自宅にいる義弟だと分かった。家族全員に衝撃が走った。真っ先に脳裏に浮かんだのは可愛い孫の顔だ。絶対に感染させる訳にいかないと思うと涙が出てきた。友人達が次々に感染して、デリバリーだけで生活していた親戚までもコロナ感染で入院していると聞き、どんどんコロナに包囲され迫って来ている感がしていただけにショックは大きかった。先ず、濃厚接触者全員がPCR検査を受け、陽性であればその家族も全員検査を受ける事で同意した。検査も接触してから1週間後でないと正確な検査結果が出ないそうで心配と恐怖で眠れない日が続いた。元亭主は華僑経営のチョンフア病院のコロナ病棟に入院したが、日増しに状況が悪くなり呼吸困難とサインカインストームで重症化した。入院中は毎日食べれそうなものを作って届けさせた。明日は命が無いかもしれない状況で闘病する彼にエールを送った。家族や多くの友人達も祈り続けてくれた事にも感謝する。お金さえ出せば何でも手に入るフィリピンでは日本やアメリカのコロナ医療で使われている特効薬も手に入る。一番効を奏したのは抗体治療で強運の持ち主の彼は生き延びた。命の重さが金で決まるフィリピンを改めて実感した時でもあった。抗体治療だが、厳格な防疫封鎖を行った地域で感染した住民の中には新しいサイドビジネスで抗体の出来た血液を売っているらしい。最初は5千ペソ代だったのが10倍以上になっていると言うから驚きだ。

経済も集中治療室に入ったフィリピン。嫌でも経済を回して行かないとコロナ感染より飢えで命を落とす人達が出てくる。9月になり修正防疫地域から一般防疫地域になった。感染者数も数字の上では激減して多くの市民も外出するようになった。フィリピンのトレードマークであったジープニーはソーシャルディスタンスが不可能な為認可されず、その代わりに大型バスが市内を走っている。マスクとフェイスシールド着用義務が市の条例で決められ、建物に入る時や公共の交通機関に乗車する時はマストになっている。

ホテルやレストランも消毒と検温、さらにQRコード登録や筆記による個人情報を提出しクラスターが出たときは追跡する体制になっている。私は必要不可欠な時以外外出はしない。5割や7割のイートインになっても、感染リスクは常に付き纏うので不特定多数の人が行かない家での集まりで済ます様にしている。ポットラックでの自宅料理持ち寄りやカシノエスパニョールなどからの料理で息子家族や仲の良い友達と会って話をするのは格別な時間である。ロックダウンの時の話し相手は基本的に愛犬の愛と太郎かお手伝いさんで、会話も犬語かビサヤ語の単純内容になっていた。これまで従事してきた環境事業や医療支援活動が全て止まり、全く先が見えない状況に精神的にも追い込まれていく自分が嫌になっていた。

そんな中でひたすら魂を入れて作ったのが家庭料理。私はアメリカやロシア、フィリピンでの生活の中で学んだ料理や海外旅行の度に仕入れるレシピ本で世界中の料理が出来るほど料理にはある程度自信がある。有機栽培をしている親しい友人が市場が止まってしまった為行き先の無くなった野菜を分けてくれて、これが大変ありがたかった。市場では買えないものばかりで家族や友人達にお裾分けをし喜んでもらえた。豆腐も製造している業者が分かり、グループで注文するようになったのも食生活を充実してくれた。我が家には息子家族が同居していて食べ盛りの子供がいるので、気をつけていても子供が食べてもらえるメニューになってしまう。週5回も行っていたジムへも行けなくなり、有酸素運動でやっていたステップも筋トレもしない数ヶ月間の籠城生活であっという間にメタボになってしまった。かなりヤバ過ぎるレベルで悩み始めていた時、セブ日本人会オンライン医療相談で日本人医師に相談する機会を頂いた。今まで幾度も命を繋いで貰っている先生で私は一生足を向けて眠れない。検査はダンスで酷使した左足踵のアキレス腱下部の骨棘のレントゲン撮影、血液検査と尿検査。レントゲンとラボテストでコロナ感染リスクの高い病院で長時間過ごすのは不味いんじゃないかと家族に言われ、早朝6時から並んで民間のラボで検査を受けた。結果は全てネットで送ってもらったが、ラボテストの数値の悪さに目が点になってしまった。何と生活習慣病に全て当てはまる様な数値である。どう考えても半年でここまで悪くなるとは考えにくい。私はラボの数値を疑い、再度パルペチュアル病院のラボラトリーで検査した。10時間水も食べ物も口にせず、早朝5時の普通の人が行かない時間に行って検査を受けた。病院でのラボ検査メリットは24時間受付ていて検査結果も正確で早いという事だ。最初からこれにすれば良かったと後悔したが後の祭り。結果はコレステロールだけが高く努力すれば下がる程度だった。わざわざコレステロールを下げる為に薬も飲む必要がないと言われ、心を入れ替える事にした。

今ハマっていること

友人に勧められて今ハマっているのが断続的断食である。いわゆるプチ断食で最高の体調を手に入れようというものだ。断食というと食べ物を一切口にしないので、辛く苦しいといったイメージがついて回るが計り知れないメリットがある。16時間の絶食時間をつくり、8時間の間に食事を済ます。毎日これを繰り返す。飢餓感を体験して自食作用の状態にする。要するに細胞が自身を食べて自分の細胞を分解し栄養の素材にするで、その際に、不要な細胞やゴミや汚れも一緒に分解して、浄化してくれる。また自分の細胞に入り込んだ病原体も分解する作用があり、細菌などの病原体への抵抗性が高めてくれる優れたダイエット方法だと思う。9月2週目から始めたこの方法で既に6キロ減に成功している。

後悔しないためのこれからの生き方

先の見えない料理おばさんも8ヶ月以上毎日同じ事をやってるとさすがに疲れが出てきている感がある。自分の中でもコロナでリセットされ、マジに人生を変えようという気になって来た。そんな中で今年のラニーニャの影響で故郷、鹿児島が幾度も台風の脅威にあった。実家の母は高齢で体も少し不自由になって来ているので、一度かなり良い有料老人ホームに入居させた事があるが本人が気にいらず、入居2ヶ月後に自宅に戻ってしまった事がある。現在はデイケアやヘルパーサービスなどを入れて頑張って現状維持出来るようにしているが、余りにも不安材料が多過ぎる。本来なら一人娘の私は味噌汁の冷めない所で住むべきだったが親不孝にも40年間海外生活を続けてきた。母の不憫さを思い知らされたのが台風10号で、気象庁が最大級の警戒を呼びかけ鹿児島県本土が甚大な被害が出そうになった事だ。奇跡的に紙一重で大きな被害は出なかったが実家は一部損壊してしまった。台風接近前に母を医療型短期利用特定施設に3日間の予定で滞在させたが、本人は自宅に拘り2日目で帰ってしまった。色々と考えた末、来年早々から本腰を入れ日本にいる母の介護をする事にしている。今しないといつ出来るのかと自分自身に問いた時に今しかないでしょうというのが上からの答えだった。もし母に何かあって一生後悔するよりも、勇気を出して一歩踏み出す事にした自分。遅かれしながらの親孝行だけど、今まで出来なかった分を取り戻していきたいと思う。

最後に

コロナパンデミックはまだ半分しか来ていない。大統領選が終わったアメリカでは感染者が一日12万人を超え、感染者数は既に1千万以上を超えている。ヨーロッパでも第三波が来ていて再度ロックダウンされている。ひょっとすると、今後数年間、感染リスクは我々に付きまとってくる可能性がある。東京オリンピックでさえ崖っぷちで中止になってもおかしくない状況だ。ファイザーが9割強の予防効果がある新型コロナワクチンの臨床試験が成功し市場に出るのも秒読み段階に来た。未知のウイルスなだけにワクチン投与は慎重に行って欲しい。

とにかく油断する事なく自己防衛に努める事だ。これまでとって来た基本的な感染対策が重要である事には変わりはない。これからはコロナ前と同じような事をしても生き残れない。ニューノーマルを受け入れ、各個人が本当の価値観を見出す事だ。名声や物質的な物にとらわれず、大切なものを守っていく。家族や友人達の為にも生き抜いてほしい。

youtube.com 14/11/2020

KADVO'S 30TH ANNIVERSARY

History of the KADVO & CDS Joint Free Dental Mission
......It all started with a friendship

https://www.youtube.com/watch?v=T8vgBxnqRps&feature=youtu.be

youtube.com History of the KADVO & CDS Joint Free Dental Mission ......It all started with a friendship

youtube.com 14/11/2020

KADVO 29th CEBU DENTAL FREE CLINIC in Talisay city

One of the memorable time.
https://www.youtube.com/watch?v=a5ykouRPFlA

youtube.com

28/10/2020

Batang Pinangga Foundation Inc.

Always grateful."We are all a part of the everyday miracles."

28/10/2020

フィリピン(セブ島)では、やっとOn-lineで学校が再開されました。

Time for school.😊📔📒✏️🖍❤️

17/09/2020

Batang Pinangga Foundation Inc.

我々がサポートしてます『Batang Pinangga』の子供たちです。
We will see you soon

Batang Pinangga children stay home together since March. All 31 of them. They are healthy, but weary when to see the "world" outside. Batang Pinanga is very grateful for all of those who send in donations, even only until our gate and are not being able to come inside to meet the children. But soon, the gates will be open again, and we will all see you.😘🙏

[09/17/20]   ししの会 Charity Christmas party 中止のお知らせ
2020年12月に予定していました「ししの会 Charity Christmas party」は 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み中止をすることといたしました。来年はぜひともご参加、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

[09/15/20]   KADVO Laos Projectの齊藤彰大先生がラオスでの活動についてインタビューを受けました。

千住でクロスC-Studio ゲスト 齊藤 彰大さん「600人中598人に虫歯あり」
https://youtu.be/2_QnWupvCC4

[07/20/20]   KADVO Charity BBQ Party 2020 中止のお知らせ

8月に予定していました夏の「KADVO Charity BBQ Party 2020」は 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み中止をすることといたしました。来年はぜひともご参加、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

kadvo.com 20/07/2020

KADVO|特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団

The homepage has been redesigned.
この度ホームページをリニューアルしました。是非ご覧ください。
https://kadvo.com/

kadvo.com KADVOは、フィリピン・ラオスでの子ども達の歯科医療やハートペアレンツという里親奨学金制度を世界に向け発信して活動している神奈川海外ボランティア歯科医療団

20/05/2020

KADVO 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団's cover photo

37th Free Dental Mission Day 4 KADVO Heart Parents Project 04/03/2020

37th Free Dental Mission Day 4 KADVO Heart Parents Project

37th KADVO & PDA Cebu Chapter Join Free Dental Mission 04/03/2020

37th Free Dental Clinic organized by KADVO and PDA Cebu Chapter was successfully done.
Many many thanks to all the volunteers and sponsors who made this project possible. We did all the possible methods and took every measures as safety is our number one concern before anything else.

神奈川ボランティア海外歯科医療派遣団とフィリピン歯科医師会セブ支部による第37回合同フリーデンタルクリニックが行われました。感染症対策を強化して万全の態勢で行いました。ボランティア、スポンサー、各関係者の皆様方に厚く御礼を申し上げます。

37th Free Dental Clinic organized by KADVO and PDA Cebu Chapter was successfully done.
Many many thanks to all the volunteers and sponsors who made this project possible. We did all the possible methods and took every measures as safety is our number one concern before anything else.

神奈川ボランティア海外歯科医療派遣団とフィリピン歯科医師会セブ支部による第37回合同フリーデンタルクリニックが行われました。感染症対策を強化して万全の態勢で行いました。ボランティア、スポンサー、各関係者の皆様方に厚く御礼を申し上げます。

09/02/2020

第37回セブフリークリニック行ってきます。

26/10/2019

2019年第2回KADVO理事会

28/09/2019

Global Festa Japan 2019

本年のテーマは「Cheer up the world あなたのチカラを,世界に。」
KADVOのブース154番にて活動を紹介中

25/09/2019

いよいよ今週末に!

今週末9月28日(土)、29日(日)の2日間は、東京・お台場センタープロムナード シンボルプロムナード公園にて「グローバルフェスタ JAPAN 2019」が、いよいよ開催!
 10月6日の“国際協力の日”に合わせて、国際協力活動を行う政府機関やNGO、企業などが一堂に会する国内最大級の国際協力イベント。
 今年で29回目を迎える本イベントには250団体以上が出展を予定。当日は“テツandトモ”を総合司会に迎え、多彩なステージイベントや外務省写真展、フードコーナーや活動報告コーナーなど、国際協力に触れて、知って、興味をもっていただける充実したプログラムをご用意。
 皆さん、今週末開催の「グローバルフェスタ JAPAN 2019」へ是非お越しください!
「グローバルフェスタ JAPAN 2019」公式サイト: http://www.gfjapan2019.jp

36th KADVO & PDA Cebu Chapter Join Free Dental Mission 18/03/2019

Day 3

Day 3

36th KADVO & PDA Cebu Chapter Join Free Dental Mission 18/03/2019

Day 2

Day 2

36th KADVO & PDA Cebu Chapter Join Free Dental Mission 18/03/2019

Day 1

Day 1

13/03/2019

KADVO 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団's cover photo

12/03/2019

KADVO 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団's cover photo

06/03/2019

KADVO Heart Parents 2019

Meeting sponsors from Japan Feb 2019

27/10/2018

we are grateful

30/09/2018

雨の中お立ち寄り頂きましてありがとうございました。
1日のみの開催となりましたがまた、来年お会いできるのを楽しみにしてます。

18/09/2018

グローバルフェスタ JAPAN

今年もグローバルフェスタJAPAN2018の時期がやってきました。
KADVOもブース出してますので是非、お越しください。

日本最大級の国際協力イベントです!毎年秋に都内にて開催!

18/09/2018

KADVO 7th Laos Dental Free Clinic
“Save The Teeth”
15-20 Sep 2018

KADVO第7回ラオスフリークリニック

26/06/2018

グローバルフェスタ JAPAN

22/03/2018

ຄະນະເເພດອາສາສະໝັກຈາກໂຄງການກາດໂວສືບຕໍ່ປິ່ນປົວຮັກສາສຸຂະພາບໃນຜົ້ງປາກ |21-03-2018|

KADVO Laos project

https://www.facebook.com/amari.yuji/posts/1841685982518651

ໂທລະພາບແຫ່ງຊາດລາວ Television Nationale Lao Chommany street, Ban Sivilay,Muang Saythany District, Vientiane Lao PDR, P.O.Box 5635, Tel+85621 710067. E-mail: l...

21/03/2018

KADVO 特定非営利活動法人 神奈川海外ボランティア歯科医療団's cover photo

28/02/2018

35th KADVO & PDA Cebu Chapter Joint Free Dental Clinic
Mabolo Elementary School (Cebu City)
February.11-15,2018
Other

ビデオ (すべて表示)

がんばれ!Bezalel君

電話番号

ウェブサイト

住所


中区花咲町2-79 花咲ビル301
Yokohama, Kanagawa
231-0063
その他 Yokohama 非営利団体 (すべて表示)
地域情報サイト まいぷれ都筑区 地域情報サイト まいぷれ都筑区
横浜市都筑区すみれが丘35-33
Yokohama, 2240013

地域情報サイト「まいぷれ」横浜市都筑区版の編集室の活動の様子を随時お知らせしています。

常世塗装【とこよとそう】 常世塗装【とこよとそう】
南区別所5-20-51
Yokohama, 232-0064

横浜市で塗装業を営む常世塗装です。 お家の塗り替えは何年かに一度の大イベント! そしてお客様の財産であるお家を守れる様に1日を大切に作業させて頂いております

鴨池公園こどもログハウス 鴨池公園こどもログハウス
都筑区荏田東3-2 鴨池公園
Yokohama, 224-0006

子供たちが身近な公園で、木のぬくもりを感じながら自由に集い遊ぶことのできる遊具を設置した施設です。子育てや、地域活動を支援しています。

港北区限定!高齢者交流フリーペーパーえがお 港北区限定!高齢者交流フリーペーパーえがお
港北区大豆戸町423-3
Yokohama, 2220032

プラチナ世代交流フリーペーパーえがお 横浜市港北区の高齢者同士が互いに支え合いながら彩りあふれる生活を取り戻すフリーペーパーです。 プラチナ世代が交流するための情報を

<ME-net>認定NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわ <ME-net>認定NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわ
栄区小菅ヶ谷1丁目2番1号 地球市民かながわプラザ  NPOなどのための事務室内
Yokohama, 247-0007

多文化共生教育ネットワークかながわ(ME-net)

港南台タウンカフェ 港南台タウンカフェ
港南区港南台4-17-22
Yokohama, 234-0054

タウンカフェについて

NPO法人 活動ホームふたまたがわ NPO法人 活動ホームふたまたがわ
旭区本村町17番地18
Yokohama, 2410024

事業所名:障害者地域活動ホームふたまたがわ・シュガーポット・グループホーム葵・レゾナンス

NPO法人 よこはま相続センターみつば NPO法人 よこはま相続センターみつば
神奈川区入江2-10-20
Yokohama, 221-0014

広く一般市民の皆さまが相続に関する諸問題を気軽に相談できる環境を作ることや、円滑円満に相続を実現していただくことを目的とする団体です。

野生動物救護獣医師協会神奈川支部-WRVK- 野生動物救護獣医師協会神奈川支部-WRVK-
横浜市神奈川区六角橋5-17-15皆川ハイツ102
Yokohama, 221-0802

人間活動によって傷ついた野生動物を獣医療をもって野生復帰させるため活動している非営利団体です。

特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議 特定非営利活動法人 小網代 野外活動調整会議
港北区綱島西2-19-1 レーベンス綱島西ⅡA棟
Yokohama, 223-0053

首都圏唯一の自然状態の流域生態系「小網代の自然」の管理を行っているNPO法人小網代野外活動調整会議のFacebookページです。

育生会よつば苑 育生会よつば苑
保土ケ谷区狩場町200-9
Yokohama, 240-0025

横浜市保土ヶ谷区の特別養護老人ホーム 育生会よつば苑のページです。