済生会横浜市東部病院 看護部

済生会横浜市東部病院 看護部

コメント

済生会横浜市東部病院の口コミにGoogleの初レビューを書いた。w

精神科の看護師が女性患者にわいせつ行為をして諭旨免職になっているのに、再発防止策を院内に周知をして行わずに。それ処か、かん口令が出されている。
男性看護師達が女性患者を、風呂に入れる女性患者を、ジャンケンで決めているそうな。

外から見えない場所に隔離部屋があり、手足を拘束して監禁する。(人権法違反)

脳神経内科の医師が触れられたくない事を、医事課の人間を使い、「○○先生からの警告だ! 交通事故の事を一言でも話したら、貴方を弁護士対応にする』(応召義務違反) 話さずとも弁護士対応…。otz

カルテの開示を他院のものだからと拒む。(個人情報保護法第28条違反) 貴院で初めてCTを撮り、脳にダメージがあるのを知りつつ、MRIを撮らずに私が他院の脳ドックで撮って来たもの、裁判を不利にする事が目的ならば、損害賠償請求権が発生する。(誤診の隠ぺい)

医事課の人間が、医師レベルの患者のカルテを、自由に観覧出来る(プライバシーの侵害) とても怖い話しです。

無いことを差もあったかの様に言い、米粒位のものをダルマ大に言い、院内での共有。(モラルハザードの問題)

私も怒ったことはあるが、電話交換手が解りました(理解)と言い、医事課に繋がれた。(ほぼ諭旨免職者の仇討ち)

看護師と患者の電話を、医事課の人間が盗聴 (人格形成における部分的欠如)

倒れて救急車を呼ぶ為に、電話を救命に回してくれと頼んでも、警備員に繋ながる(もう病院とは呼べないレベル)

救急外来でのカルテ開示を求め、流血痕を診せに行き処方薬も出たのに、その項目が無く{何をしに来たのか意義不明}と記されていた。 そっくりそのまま言葉をお返し致します。

救急外来の女性医師から、私が警備員と話している時に電話が来て、私が怖いので一緒に付いていてくれとの事。

私は身体障害者1級で、安静の為に寝てなくてはいけない。ほぼ寝た切り生活なので、ツムツムをやっているかどうかは、看護師に聞うた事はある。
そして綺麗な人には綺麗ですねと声はかける。それは病院に限らずに触れ合いのあった人全てに褒め言葉をかける。

両手足まひとで杖を突き、痺れがひどい時には、薬のここから手で切れますにも、はさみを使う程だ。なので言葉にするだけだ。 その行為さえ、逐一報告され院内で共有される。(異性職員にはジョークも言えない)

体が反射的に受け身を取り、生き延びたが為の灰色の人生…。

搬送先の病院では言っても、CT、MRIで調べられも為ず、この病院では、話しても即座にはMRIを撮らず、医師の庇い合い、整形外科ではキチガイ呼ばわり。(ドクターハラスメント)

高次脳機能障害もあるが、適正に薬を飲んで要れば抑えられる。何を持って怖いのか解らないし、医師なら判断がつくであろう。流石に心が折れた…。(身体障害者保護法違反)

女性医師の言葉もお返しをして、怖いのはそこの病院の医療関係者の倫理観ですから…。

だが、内科の入院棟でのチーム治療の良さと医師の良さには、感謝をしているので星1つ。

入院棟で看護師が患者のとん服薬も、調べずにとん服薬を出してもらえず、途中退院を余儀がなくされて院内の珈琲屋で、薬を飲んだ事があるので、星はこれ以上は無理かな。

昨年末にはコンプライアンス課が在り、そこの人間もここの病院は法律有りきではないと嘆いていたが、春にはもう居なくなっていた…。
私も院内ルールと法律の在り方を解っていない病院だと思う。

また履き違えた行動を起こさずに、非は非で認め、医療従事者との自覚を持ち、由々しき問題の再発防止策を行って欲しい。
初めまして。北里大学メディカルセンターの動物介在療法スタッフ饗庭(あいば)と申します。 この度、「動物介在療法」講演会を開催いたします。 よろしければ是非シェアをお願い致します。 https://www.facebook.com/events/1903936909914537/?acontext=%7B%22ref%22%3A%22106%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D 医療者・医療機関運営者のための「動物介在療法」講演会

今年度で開院10周年を迎えた急性期病院。3次救急を有する地域中核病院で?

通常通り開く

19/08/2021

【2期生の募集開始!】認定看護師教育課程 小児プライマリケア分野

2022年度の入試説明会の全日程が終了いたしました。多くの方にご参会いただき、誠に感謝申し上げます。

8/23からは2期生の募集を開始いたします。
皆様のご応募お待ちしております。

詳しくはこちらをご覧ください↓

【小児プライマリケア 2期生募集】
2022年度募集、入試説明会の全日程を終了いたしました。
北海道から沖縄まで、全国よりオンライン参加いただき、小児プライマリケア認定看護師教育課程に幅広く関心を持っていただき、心より感謝いたします。認定看護師としての活動意義や入講後の研修の様子を少しでもイメージいただけますと幸いです。

\2022年度 募集開始/
・募集要項・出願書類
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/pediatric-primary-care/
上記よりダウンロードしてください

・募集期間
 2021年8月23日(月)~2021年9月10日(金)必着

・入学試験日、会場
 2021年10月30日(土) 
 済生会横浜市東部病院 3階多目的ホール

・選考方法
 筆記試験、小論文、面接

・合格発表
 2021年11月29日(月) 郵送及びホームページ上で公開

Photos from 済生会横浜市東部病院's post 16/05/2021

Photos from 済生会横浜市東部病院's post

13/05/2021

【認定看護師教育課程 小児プライマリケア分野】入試に関するお知らせ

今年4月に当院で開講された、国内初の認定看護師教育課程 小児プライマリケア分野。1期生の受講生たちは講義を通して、新たな学びを得る日々です。

本日より、2022年度の募集要項と出願書類を公開し、入試説明会の申し込みも開始いたしました。

詳しくはこちらのシェアよりご確認ください。

【小児プライマリケア 2期生募集】
2022年度 入試説明会のお申込みを開始いたします!
次年度開講につきまして、多数のお問い合わせをいただき、ありがとうございます。日程は下記の通りです。

第1回 2021年7月3日(土)13:00~15:00
第2回 2021年7月17日(土)13:00~15:00
第3回 2021年8月6日(金)13:00~15:00
場所:済生会横浜市東部病院3階多目的ホー ル
第3回目のみ 済生会横浜市東部病院 望星ビル3階講義室
※来場・オンライン同時開催。各回とも同一内容です。

お申込みは下記URLの申し込みフォームより受付中
皆様のお申込みをお待ちしております。
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/pediatric-primary-care/

08/10/2020

済生会横浜市東部病院

【お知らせ】
一般社団法人日本医療経営実践協会創立10周年記念「功労賞」を受賞しました

10月3日(土)・4日(日)に一般社団法人日本医療経営実践協会創立10周年記念・第9回「全国医療経営士」東京大会が開催されました。
本大会において、医療経営士の育成や質の向上、資格の普及への貢献といったこれまでの当院の功績が認められ、「功労賞」(団体部門)を受賞しました。

28/09/2020

済生会横浜市東部病院

【お知らせ】
「ロボてくんと知る手術支援ロボットダビンチ」ページを開設しました!

当院“ロボット手術センター”の公式キャラクター「ロボてくん」は、ロボット支援手術をもっと身近な治療の選択肢の一つとして考えてもらえたら・・・との思いから誕生しました。

患者さん・医師・手術支援ロボットの三者が、手と手をつなぐ先の未来を示してくれます。

そして今回、「ロボてくんと知る手術支援ロボットダビンチ」ページができました!

ロボット支援手術ってなに?
患者さんにとって良いところは?

いちからロボてくんと一緒に学んでいきませんか。
詳しくはこちら⇒
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/davinci/

10/09/2020

済生会横浜市東部病院

【9月22日(祝・火)診療実施のお知らせ】
2020年度は、多くの連休が生じます。
当院では、3連休以上の連休最終日を平常診療することで手術待ちの期間が少しでも解消され、また効果的な医療の提供が途切れることのないよう、ハッピーマンデー(国民の祝日やその振替休日と重なる月曜日)を含む次の祝日(9/22・11/23・1/11)は、平日診療体制といたします。
各診療科の体制や注意事項など詳細は当院HPをご覧ください⇒https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/22354/

09/09/2020

済生会横浜市東部病院

【メディア情報】
たまひよオンライン、Yahoo!ニュース、gooニュースに、当院小児肝臓消化器科部長の乾あやの医師監修の胆道閉鎖症についての記事が掲載されております。ぜひご覧ください!

2020/09/05 たまひよオンライン
「生後3カ月ごろまでに発症する“胆道閉鎖症”肝硬変などに進む子も【専門医】」
(https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=81068)

2020/09/06 YAHOO!ニュース
「生後3カ月ごろまでに発症する「胆道閉鎖症」命にかかわることも、母子手帳の便色カードで必ず確認を【専門医】」
(https://news.yahoo.co.jp/articles/f7ce51c01988cbac527d6f3cc22f378896578046)

2020/09/06 gooニュース
「生後3カ月ごろまでに発症する「胆道閉鎖症」命にかかわることも、母子手帳の便色カードで必ず確認を【専門医】」
(https://news.goo.ne.jp/article/tamahiyo/life/tamahiyo-23848.html)

2020/09/05 たまひよオンライン
「『救急車の中で心臓が止まりそうに…』胆道閉鎖症でわが子をなくしたママ、おしっことうんちの色で早期発見を」
(https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=81069)

01/09/2020

済生会横浜市東部病院 看護師向け研修

認定看護師教育課程(小児プライマリケア分野)へ入学を考えている皆さま、いよいよ来週9月1日(火)より願書の受付を開始します。

入学試験:2020年11月21日(土) 9:30~
選考方法:筆記試験・小論文・面接

合格発表:2020年11月30日(月) 10:00

出願期間:2020年9月1日(火)~9月18日(金) 必着

詳細はホームページをご確認ください
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/pediatric-primary-care/

21/08/2020

済生会横浜市東部病院

【メディア情報】
2020/08/20『時事メディカル』『Yahoo!ニュース』に「熱中症、重症化の恐れ  気温37度超は『災害』」記事が掲載されております。

記事内では当院患者支援センター長 谷口医師と救命救急センター長 船曵医師が熱中症への注意警戒や救急での現状についてそれぞれコメントが載っております。

ぜひご覧ください。
‣8/20(木)07:00 時事メディカル
https://medical.jiji.com/topics/1763

‣8 /20(木)16:02 YAHOO!ニュース ※転載記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bb4f3e885a59f86c3fa5acdd3410b79dbd7b5ec

27/07/2020

済生会横浜市東部病院

【8月10日(祝・月)平常診療のお知らせ】
2020年度は、5月のゴールデンウィークをはじめ、祝日の移動による7月の4連休と9月のシルバーウィークと多くの連休が生じます。
当院では、3連休以上の連休最終日を平常診療することで手術待ちの期間が少しでも解消され、また効果的な医療の提供が途切れることのないよう、ハッピーマンデー(国民の祝日やその振替休日と重なる月曜日)を含む次の祝日(8/10・9/22・11/23・1/11)は、平日診療体制といたします。

各診療科の体制や注意事項など詳細は当院HPをご覧ください⇒https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/19370/

13/07/2020

済生会横浜市東部病院

【知識の処方箋】今できる災害への備え

この度の豪雨災害で被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く状況が落ち着くことを祈っております。

年々増える自然災害、今や、いつどこで起きてもおかしくありませんので、日頃からの備えがいざという時に身を守ります。

例えば、食糧や水の準備は手を付けられやすいと思うのですが、盲点になりやすい備えもあります。

今回は当院の広報誌『TOBU TIME』より、避難生活を想定して準備をしておくと安心なポイントをご紹介します。

■トイレ
まず見逃されがちですがとても重要なものとして災害用簡易トイレがあります。
電気や水道の停止によりトイレが使えなくなることで、排泄を我慢すると体調不良にもつながるため、簡易トイレの用意は必須です。
「トイレに行かなくてもいいように」と、水分補給を我慢することも避けましょう。

■薬の管理とお薬手帳
また持病や服薬の情報管理や薬のストックも欠かせません。
お薬手帳は1冊にまとめて、「アレルギー」「副作用歴」「既往歴」をきちんと書いて携帯すると安心です。

当院の所在する鶴見区を中心とした医療機関・介護施設のネットワーク「サルビアねっと」に登録すれば、これまでの通院歴やお薬の情報など必要な情報を参加施設の医療者が確認することができます。

このほか必要な備えや避難への疑問などさらにお知りになりたい方はこちらをご覧くださいhttps://www.tobu.saiseikai.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/03/TOBU-TIME-vol.29.pdf

日常の少しずつの積み重ねが大切な命を救います。
できることから始めていきませんか。

<【知識の処方箋】では、健康や医療に関する「見て良かった」「知ってためになった」と感じる豆知識をご紹介します>

13/07/2020

済生会横浜市東部病院 患者支援センター

【メディア情報】
当院患者支援センター長の谷口英喜医師のテレビ出演予定です。
熱中症にならないためのマスクの着用の仕方や正しい水分補給、夏場の健康レシピなど解説します。
ぜひご覧ください!

直近のTV出演予定です。
センター長は、この時期、TVに沢山出演しています。今日は週末なので息抜きに、TV出演予定を紹介させてください。

①7月18日(土) NHK 7時~おはよう日本「くらしり」
   ニュースの中で2-3分の出演
    テーマ 夏場の健康レシピ

②7月14日(火) テレビ朝日系(全国放送)
    林修の今でしょ!講座
    2時間スペシャルのうち30分程度の出演
     テーマ マスク VS 熱中症

③7月25日(土) TBS系列(全国28局)
    健康カプセル!元気の時間 7時~
    30分番組、ほぼ全体に出演
     テーマ 正しい水分補給

その他、新聞やニュースにもスポットで出演しています。
センター長のもうひとつの顔は
  「教えて!かくれ脱水委員会 副委員長」だからです。
   全国13名の医療従事者で脱水症・熱中症の予防啓発を
   行っています。
   https://www.kakuredassui.jp/

お時間ございましたら、ご覧いただければ、お役に立てる情報満載です。

13/07/2020

7月4日来場とオンラインにて、第1回小児プライマリケア認定看護師教育課程 説明会を開催しました!
多くの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。
※開催にあたっては、感染防止に十分配慮し実施いたしました。

7/26、8/1もお申込みを受け付けております。ご興味のある方はぜひご参加ください。お待ちしております!

第1回 小児プライマリケア認定看護師教育課程 入試説明会が開催されました!

小児プライマリケア認定看護師教育課程の入試説明会が7月4日に開催されました。
来院、オンラインともに全国各地よりご参加いただき、満員御礼での開催となりました。
※新型コロナウイルスの影響を考慮し、定員を設け座席の間隔を空けるなど感染防止に配慮のうえ実施しました。

当日の説明会では、
・小児救急看護認定看護師より「当院の認定看護師教育課程の紹介」
・診療特定看護師より「看護師の特定行為に係る研修制度について」
・事務局より「受講に必要な準備、入試出願手続きについて」
さらに、希望者の方との個別相談では、良い意見交換の機会を持つことができました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

【次回の説明会 受付状況】
7/26(日)13:00~15:00 来場→残席僅少 オンライン→個別相談なしの方のみ受付中(※)
8/ 1(土)13:00~15:00 来場→受付中  オンライン→受付中(個別相談可)
※ より多くの方にご参加いただくため、オンライン参加の方で個別相談が不要な方は引き続き、お申込み受付中です
スタッフ一同、ご応募お待ちしております!

01/07/2020

済生会横浜市東部病院 患者支援センター

【お知らせ】当院患者支援センターFBページ開設
このたび、当院患者支援センターのFacebookページを開設いたしました。
患者支援センターでは、患者さんに術前から退院まで安心して快適に治療を受けていただけるよう、多職種がチーム一丸となってサポートしています。
これから患者支援センターの取り組みを発信してまいります。ご覧ください。

済生会横浜市東部病院患者支援センターの取り組みを発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

12/05/2020

済生会横浜市東部病院 看護師向け研修

【お知らせ】当院HP新コンテンツ&看護師向け研修FBページを開設しました

このほど済生会横浜市東部病院HP新コンテンツ&看護師向け研修Facebookページを開設いたしました。

HPの新コンテンツでは当院で開講している看護師向け研修である、看護師特定行為研修と現在申請中の小児プライマリケア認定看護師教育課程に関する概要や特長、実際の受講者の声などお役立ち情報が満載です。

‣看護師のキャリア・スキルアップを目指す
横浜市東部病院の人材開発 
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/lp/nursing-pro-dev/

また本FBページでは上記2つの研修の情報や受講の様子など、随時お伝えしてまいります。ご覧ください。ぜひいいねをお願いいたします!

12/05/2020

一気に気温が上がってきたここ数日、お家で陥る「かくれ脱水」には要注意!

【知識の処方箋】お家で陥る「かくれ脱水」にご用心

<【知識の処方箋】では、健康や医療に関する「見て良かった」「知ってためになった」と感じる豆知識をご紹介します>

皆さんは「脱水症は夏や冬だけのもの」と考えてはいませんか?
日々の気温の変化が著しい春先でも、またお家で過ごしていても、脱水には注意が必要です。

脱水症になりかけているのに、本人は気付いていないのが、「かくれ脱水」。
特にご高齢の方は脱水の状態になってから水分補給をしても、元の状態に戻る力が弱まっており、リスクが高いと言われています。

脱水症にならないためには、
①自身の健康状態をチェックして把握する
②規則正しい生活
③こまめな水分補給
この3点が重要です。
特に水分補給は「のどが渇いた」と感じる前に飲むことが肝心で、給水回数の目安は1日8回です。

お家で仕事や家事・育児をしながら過ごす時間が増え、つい水分補給が減ってしまいがちですが、意識して少量ずつでも水分を摂るようにしましょう。

熱中症は予防と適切な早めの対処の知識が大切です。詳しくはこちらをご覧ください。
「熱中症の搬送者を、ゼロに。 ①脱水ケアで医療を守れ」
https://www.kakuredassui.jp/usefulinformation/recommendation_declaration/recommendation_declaration01

22/04/2020

済生会横浜市東部病院

【知識の処方箋】糖尿病患者さんに外出自粛生活で気をつけていただきたいこと

<【知識の処方箋】では、健康や医療に関する「見て良かった」「知ってためになった」と感じる豆知識をご紹介します>

緊急事態宣言の対象地域が全国の都道府県に拡大されたことで、外出が制限されてしまい、不安やストレスから心身疲れてしまった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

特に糖尿病患者さんにとっては普段通りの生活を送ることが治療につながるのですが、生活環境が大きく変わってしまうと、食事や運動、睡眠などの生活習慣が乱れてしまい、血糖コントロールにも影響が出てしまう危険性があります。

そのような時は、当院の糖尿病ケアチームと、地域の医師会や薬剤師会が協力して作成した「糖尿病患者さんのための災害時お役立ち!マニュアル」をぜひご覧ください。

このマニュアルは大雨や地震といった災害を想定して作成されていますが、
●糖尿病が悪化する可能性が高い状態
●緊急の処置が必要な症状(低血糖や高血糖)への対処法
●食事の摂り方のポイント
●日頃から行いたい運動
●神経障害のチェック法を含むフットケア
といった、お家での療養生活でも参考にしていただける内容が満載です。

また非常時では、「糖尿病であることを隠さず、公表すること」が重要です。
ご自宅で過ごす時間も長く、人と接する機会も少なくなってしまいがちですが、周りの人の協力を得ながら体調を維持していきましょう。

マニュアルはこちらからご覧ください
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/docs/pdf/tqm/manual.pdf

紹介ページはこちら
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/tqm/594/

22/04/2020

済生会横浜市東部病院

新型コロナウイルス感染症に罹患された患者さん及び関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

現在、神奈川県においても新型コロナウイルス感染症により、重症化した患者さんや高度で専門的な医療を必要とする患者さんが増えております。
当院で患者さんを受け入れる際には、動線や病棟を分けるなど、院内で感染を広げないための対策を講じてまいります。

同時に、患者さんやスタッフの安全を十分に確保しながら、通常の医療もできるだけ継続していきたいと考えております。
それに伴い、不急の手術・検査の延期といった、皆様へのご協力をお願いする場合もございます。

これからも地域の皆様の拠り所として運営を続けていくため、1人ひとりができることに取り組む姿勢が必要となりますので、引き続き、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

院長 三角隆彦

15/04/2020

済生会横浜市東部病院

ぜひ当院公式FBページをご覧ください。

【知識の処方箋】当院の“子どもの気持ちの専門家”が伝える、親子で考える“ニュースとの向き合い方”

<【知識の処方箋】では、健康や医療に関する「見て良かった」「知ってためになった」と感じる豆知識をご紹介します>

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの小中学校が休校となり、自宅で親子一緒に過ごす時間が長くなったというご家庭も多いのではないでしょうか?
連日伝えられる新型コロナウイルスに関するニュースは大人だけでなく、子どもたちも不安だと思います。

当院にて、子どもや家族が抱える精神的な負担を軽減し、主体的に医療と向き合えるようにサポートする役職、チャイルド・ライフ・スペシャリスト(略称CLS)として働いている井上絵未は、このようなニュースを親から子へどのように伝えるべきか、インタビューで次のようにアドバイスします。

(以下、「【子どもの専門家CLSからアドバイス】新型コロナ報道の親から子どもへの伝え方」より抜粋のうえ改編しております)。

* * * * *

「自宅でワイドショーをつけっぱなしにしないなど、必要な情報が正しく子どもに伝わるような環境作りをして、子どもが触れるメディアの種類や内容に配慮することはご家庭で検討できる対応かと思います」

やみくもにあらゆる情報を伝えるのではなく、お子さんに知ってほしい情報やお子さんに必要と思われる情報をご家族が判断して伝えることが家庭で取り組める第1歩の工夫といえそうです。
そのうえで井上は、こう付け加えました。

「世の中の情勢に関わらず家庭内ではいつも通りの日々があり、安心できる居場所であり続けることは周囲の大人ができる配慮だと思います」

さらに感染対策の意識が高まっている今だからこそ、「親子で健康や感染対策について考えてみる機会」であると話します。

「最近では、手洗いの歌なども色々な種類があるので、手洗いについて親子で楽しみながら正しい知識を確認することもできます。(中略)そうすることでお子さんの中に楽しい記憶とともに残り、将来的な興味や理解のきっかけとなる場合があります」

* * * * *

外出自粛期間を外に出られない辛い時間とするのではなく、家でも楽しく学べ、かつ家族の思い出作りの時間として過ごすのはいかがでしょうか。

インタビューの詳細はこちらをご覧ください。
‣「【子どもの専門家CLSからアドバイス】新型コロナ報道の親から子どもへの伝え方」
https://icashica.com/wp/ica/38116

下のサイトでは、子どもや子どもの身近にいる大人が安心して過ごすためのポイントがまとめられています。ご参考ください。
‣「子どもに関わるすべての方々へ『感染症対策下における子どもの安心・安全を高めるために』」
https://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=3170

08/04/2020

今後は公式ページで病院からのお知らせなども発信していきます。

【Design Next Medical Road】済生会横浜市東部病院 入職式(2020年4月1日)

<【Design Next Medical Road】では当院が目指す地域医療の在り方に関する取り組みや関係者の声を紹介します。>

4月1日、2020年度済生会横浜市東部病院の入職式が行われました。

今年度は医師63名、助産師3名、看護師82名、保育士1名、薬剤師2名、臨床検査技師2名、診療放射線技師2名、臨床工学士1名、理学療法士4名、作業療法士1名、管理栄養士2名、公認心理師2名、歯科衛生士2名、ソーシャルワーカー2名、事務員3名、メディカルアシスタント5名、看護助手1名、保安員1名の計179名が入職。

院長の三角は、
「多くの方々を助けてほしい」
と激励の言葉とともに、未来の医療の担い手たちを迎え入れました。

新たに当院の一員となった職員の皆さんと一丸となって、一人でも多くの患者さんを救えるよう取り組んでまいります。

※式は新型コロナウイルスの影響を考慮して規模を縮小して、対象者を分けて午前・午後の2回開催とし、検温と紫外線照射によるウィルス除去の実施、座席の間隔を空けるなどの配慮のうえ実施しました。

08/04/2020

【お知らせ】
このほど当院の公式Facebookページを開設いたしました。

本ページでは当院の取り組みや職員の声、イベントの告知や豆知識などといった皆さんのためになる情報を随時お伝えしてまいります。

ぜひご覧ください。

【お知らせ】当院の公式Facebookページを開設しました

このほど、済生会横浜市東部病院 公式Facebookページを開設いたしました。

当院は開院14年目を迎える、横浜市東部地域(鶴見区・神奈川区を中心とした地域)の地域中核病院です。

24時間365日、いつでも最重症患者さんに対応できる救命救急センターを設置するなど、3次救急を有する高度急性期病院として、日々一人でも多くの患者さんを助けられるよう励んでおります。

当院は「Design Next Medical Road」というメッセージを掲げ、「地域の未来の医療」をデザインする様々な取り組みを推進してまいります。

本ページでは当院の取り組みや職員の声、イベントの告知や豆知識などといった皆さんのためになる情報を随時お伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

tobu.saiseikai.or.jp 28/02/2020

済生会横浜市東部病院

看護部病院見学・インターンシップ中止のお知らせ

予定しておりました「看護部 病院見学・インターンシップ」は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止いたします。ご参加を予定していただいておりました方々には誠に申し訳ございません。

なお、再開はホームページでお知らせいたします。申込者への中止の連絡は個別にお知らせいたします。


看護部病院見学・インターンシップの詳細はこちら
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/19067/

tobu.saiseikai.or.jp 恩賜財団済生会横浜市東部病院のホームページ。地域の人々に愛され、信頼される病院をめざして。

asahi.com 19/02/2020

肥満防ぐ生活習慣、幼児から 成人後の病気リスク増、専門家警鐘:朝日新聞デジタル

先日8日に開催した健康市民よこはま公開講座「家族で考える子供の肥満」@東部病院の様子が15日『朝日新聞( 朝刊)』に掲載されました。
同内容がウェブ版(一部有料)でご覧になれます↓
https://asahi.com/articles/DA3S14365852.html…
#朝日新聞デジタル #朝日新聞

asahi.com  幼児期の肥満は、学童期以降の肥満につながりやすい――。各種の研究でこんなデータが明らかになってきました。日本では肥満の子どもは多くありませんが、専門家は「予防には幼児期からの対策が重要」と呼びかけて...

tobu.saiseikai.or.jp 19/02/2020

済生会横浜市東部病院

【お知らせ】
2019年度 当院イベント(健康市民よこはま公開講座・がんサロン)の開催中止について

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、多数の参加者が集うイベントの開催を中止することにいたしました。
つきましては、2月〜3月に開催を予定しておりましたイベントは全て中止とさせていただきます。

<イベント一覧>
・2/25(火)「認知症を生きるひとと支えるひとのための認知症講座 -令和の時代の脳のまもり方ー」

・3/8(日) 「あなたの腎臓大丈夫?」

・3/8(日) 「緩和ケア市民公開講座」

・3/10(火)「食事と運動でなおそう!骨粗鬆症」

・3/12(木) 「がんサロン さんぽ道」

・3/15(日)「食事と薬で長寿に挑む」

・3/26(日)「子育て世代のがん患者サロン 親子でさんぽ道」

ご参加をお考えいただいた皆さまには申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願いいたします。

https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/18917/

tobu.saiseikai.or.jp 恩賜財団済生会横浜市東部病院のホームページ。地域の人々に愛され、信頼される病院をめざして。

tobu.saiseikai.or.jp 13/02/2020

済生会横浜市東部病院

【開催中止】
新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況を受け、多数の参加者が集うイベントの開催を中止することにいたしましたため、本講座も開催中止とさせていただきます。ご参加をお考えいただいた皆さまには申し訳ございませんが、ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/18863/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2/25(火)10:30~12:00 健康市民よこはま公開講座「認知症を生きるひとと支えるひとのための認知症講座 -令和の時代の脳のまもり方ー」@当院3階多目的ホール

「“認知症”って何?」「家族の認知症にはどうやって気づく?」
そのほか認知症の予防や対処法、認知症に対する社会の見方や考え方の変遷もお伝えします。

事前予約不要(先着100名)・参加無料・当日直接会場へ

ご興味ある方はお気軽にお越しください。

tobu.saiseikai.or.jp

tobu.saiseikai.or.jp 04/02/2020

済生会横浜市東部病院

【参加者募集】2/8(土) 健康市民よこはま公開講座「家族で考える子供の肥満 ~今から始める生活習慣病予防~」@当院3階多目的ホール

肥満や生活習慣病は大人の問題と考えていませんか?幼児期の肥満が将来糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病につながる可能性もあります。今から子供の肥満について家族で考えてみましょう。

当日はエコー検診が9:00~10:00(事前申込制・定員40名・対象年齢:3~18歳)で実施されます。

また躰道の特別演武と体験会・講演が10:00~11:30(事前申込不要。直接会場へ)で行われます。
流れとしては、躰道世界チャンピオンの中野哲爾教士と千葉大学躰道部による特別演武の後、ご家族は講演へ、お子さんは体験会へご参加いただけます。
躰道の体験を通じて、お子さんには体を動かす楽しさを知ってもらいます!

ぜひお気軽にご参加ください。
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/18622/

tobu.saiseikai.or.jp

21/01/2020

【イベントレポート】
本日開催 健康市民よこはま公開講座
「転びやすくなったと感じたら」に215名ご参加 4人の “プロ” 語る

 本日 当院多目的ホールで行われた無料講座「転びやすくなったと感じたら」では、転んだときの対応策を聞こうと大勢の方にお越しいただきました。鶴見消防署の村木秀臣様による「転倒現場の現状と予防」に続き、当院救命救急センター長 山崎元靖の「転んだあとの病院のかかり方」、当院脳神経外科 副部長の峯 裕「何で私は転んだの?〜頭だったらどうしよう〜」、締め括りは鶴見区医師会の鈴木志律江様による「つるみ在宅ケアネットワーク連携ノートのご紹介」と、とにかく盛り沢山。常にザ・現場にいる者だからこそわかる転倒について知っておいて欲しいことを語り尽くしました。
 高齢者の頭部外傷で最も多い原因は「転倒・転落」。なかでも抗血栓薬(=血液をサラサラにする薬)を飲んでいる方は注意が必要と呼びかけ「転んだらすぐに受診を、そして飲んでいる薬の名前をきちんと覚えておいてほしい」と峯医師。また、受診に迷ったら「横浜市救急相談センター#7119に電話を」と各者話しました。

#7119とは?
https://youtu.be/psi3FDZLadQ(リンク:横浜市YouTubeチャンネル)
 
 次回の健康市民よこはま公開講座は2月8日「家族で考える子供の肥満」。近日こちらでも詳細公開します。

20/01/2020

【鶴見区災害医療訓練を実施しました】
1/19(日)鶴見区災害医療訓練を実施しました。当院を含め地域の医療機関、区役所や消防など35団体、計約840人が参加しました。
「東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3の首都直下型・区内最大震度6強の地震発生」を想定し、約30か所で同時に訓練が行われました。
当院では発災後、災害対策本部を設置し、院内での受け入れ準備を行い、運ばれてくる傷病人の治療訓練にあたりました。
医療コンテナ車も、「緑」のトリアージ判定をされた傷病人の治療訓練に使用されました。

いつ起こるかわからない自然災害にいつでも対応できるよう、これからも地域の皆さんと連携・協力して備えてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

tobu.saiseikai.or.jp 10/01/2020

済生会横浜市東部病院

【鶴見区災害医療訓練を開催します】
1/19(日)8:30~13:00 @当院 
当院は「東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3の首都直下型・区内最大震度6強の地震発生」を想定した、鶴見区災害医療訓練を開催いたします。当日は1つのシナリオをもとに同時並行で複数の会場で訓練が行われます。

横浜市鶴見区における災害医療訓練は、県の災害拠点病院に指定されている当院が2007年から行ってきた院内の訓練が元となっており、周囲の関係機関に協力を依頼しながら毎年規模を拡大しており、昨年は30を超す機関・団体の約800名が災害時の動きや連携を実践してきました。

今回は、日本初の試みとして国土強靭化基本計画に基づく医療モジュールによる医療コンテナ車を使用した訓練も当院で行います。そのほか、EMIS(広域災害救急医療情報システム)の入力や閲覧、トリアージ講習・実施訓練、モバイルファーマシーの展示などを予定しております。

※写真は過去の訓練の様子です

tobu.saiseikai.or.jp

tobu.saiseikai.or.jp 08/01/2020

済生会横浜市東部病院

【参加者募集】1/21(火)13:30~ 健康市民よこはま公開講座「転びやすくなったと感じたら」@当院3階多目的ホール

年齢を重ねるとともに転びやすくなっていませんか?
知っておきたい大事なことがあります。
脳神経外科・救急科コラボの本講座では、頭を打った時を中心に4人のスペシャリストによる講演があります。

参加無料、事前予約不要、当日は直接会場へ。
ご興味ある方はぜひご参加ください。

https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/18472/

tobu.saiseikai.or.jp

06/01/2020

【ロボてくん誕生】
新年あけましておめでとうございます。
本年も地域の皆様に質の高い医療を提供できるよう、職員一丸となって、より一層努力してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、このほど、当院ロボット手術センター公式キャラクター「ロボてくん」が誕生いたしました。

手術支援ロボット「ダビンチ」を患者さんにとって、身近な治療の選択肢の一つと思っていただけるよう、「ロボてくん」がロボット支援手術を広めてまいります!

院内1階~3階には「ロボてくん」のポスターが掲示されております。ぜひご覧ください。

27/12/2019

【12/27 納会を行いました】

2019年の締めくくり、毎年恒例の納会を行いました。例年院長より、今年1年間で活躍したへスタッフへの表彰があります。
今年は介護福祉士2名が個人賞に選ばれました!
当院の介護福祉士の専門性を追求し、チームにおいてリーダーシップを発揮したことが評価されたようです。
来年も大いなる活躍を期待しています!

26/12/2019

【小児病棟でサンタ回診を行いました】
クリスマスイブの朝、6階東小児病棟でサンタ回診を行いました。衣裳部屋となったプレイルームで医師たちは思い思いのクリスマスアイテムを選び、いざ身に着けて回診へ。
こどもたちは回診中にはサンタさんからシールをもらえるシールラリーを楽しみ、午後にはプレゼントももらいました!
#メリークリスマス! #サンタ回診 #サンタさんからプレゼント

headlines.yahoo.co.jp 24/12/2019

小児患者の不安和らげよう  存在感増す専門職「CLS」(時事通信) - Yahoo!ニュース

【「小児患者の不安和らげよう  存在感増す専門職『CLS』」記事掲載】
12月22日に配信されました時事通信の記事に、当院CLS(チャイルド・ライフ・スペシャリスト)に関する内容が掲載されております(YAHOO!ニュースにも転載)。
小児患者の痛みや不安を和らげるCLSの果たす役割や現状について、語られております。
ぜひご覧ください。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00010002-jij-sctch

headlines.yahoo.co.jp

nikkei.com 13/12/2019

救急隊「蘇生中止」広がるか 東京、本人の意思尊重へ(写真=共同)

【本日の『日経新聞』夕刊に山崎元靖副院長のコメント掲載】

東京消防庁が16日からスタートする救急隊が心肺蘇生や搬送を中止できる新たな取り組みついて取材を受けコメントしております。

救急隊「蘇生中止」広がるか 東京、本人の意思尊重へ(日経電子版)※日経電子版会員の方のみ閲覧可
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53304390T11C19A2CE0000/

nikkei.com 心肺停止後の蘇生措置を望まない終末期の患者について、東京消防庁は16日から救急隊が心肺蘇生や搬送を中止できる新たな運用を始める。「最期は自宅でみとられたい」という患者の意思を尊重するためで、家族の同

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


鶴見区下末吉3-6-1
Yokohama, Kanagawa
230-8765
病院のその他Yokohama (すべて表示)
かえるメンタルクリニック かえるメンタルクリニック
港北区新横浜2-3-9 新横浜金子ビル1F
Yokohama, 222-0033

かえるメンタルクリニック

横浜中央クリニック 横浜中央クリニック
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13横浜西共同ビル10階
Yokohama, 220-0004

当院は全国に21院ある中央クリニックグループの横浜院でございます。 薄毛などの情報を随時更新していきます。 泌尿器科、美容外科、形成外科、レーザー脱毛なども診察しています。

長谷川歯科医院 長谷川歯科医院
鶴見区北寺尾2-1-31 湘南ハイツ1F
Yokohama, 230-0074

一般歯科・小児歯科・審美歯科 インプラント・予防歯科 ◆休診日◆ 木曜・祝日

いちはな 接骨院 - 上永谷 いちはな 接骨院 - 上永谷
港南区丸山台2-12-17 港南壱番館1F
Yokohama, 233-0013

受付 9:00~12:30 14:30~19:00 (土曜17:30まで) 休診日 日曜・祝日  木曜の午?

医療法人社団 桐藤会 佐藤内科診療所 医療法人社団 桐藤会 佐藤内科診療所
神奈川区桐畑8-3
Yokohama, 221-0832

木村泌尿器皮膚科 (横浜市都筑区) 木村泌尿器皮膚科 (横浜市都筑区)
都筑区茅ヶ崎中央51-1
Yokohama, 224-0032

尿検査・超音波で腎結石・前立腺肥大症・膀胱炎・尿道炎をすばやく診断します。

医療法人社団晃徳会 横山医院 医療法人社団晃徳会 横山医院
保土ヶ谷区峰岡町2−118
Yokohama, 2400064

内科 訪問診療 緩和ケア内科 整形外科 リハビリ 

大和スマイル歯科クリニック 大和スマイル歯科クリニック
1-8-1 YAMATO文化森1F
Yokohama, 242-0016

神奈川県の「大和駅」すぐにある、歯科医院です。(虫歯治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療)

松井クリニック(横浜市都筑区の病院) 松井クリニック(横浜市都筑区の病院)
都筑区勝田町324-3
Yokohama, 2240034

横浜市都筑区の病院なら松井クリニックへ

ともともクリニック ともともクリニック
神奈川県横浜市南区大岡4-7-6
Yokohama, 2320061

【診療科】 内科・糖尿病内科・漢方内科 【診療時間】 月:9:00-12:00, 15:00-19:00 火:9:00-12:00, 15:00-19:00 水:9:00-11:30, 午後休診 木:休診 金:9:00-12:00, 15:00-19:00 土:9:00-12:00, 15:00-19:00 日:休診

クロダ矯正歯科(横浜市青葉区) クロダ矯正歯科(横浜市青葉区)
青葉区あざみ野2-9-5 吉春ビル1F
Yokohama, 225-0011

横浜市青葉区あざみ野にある矯正歯科です。初診相談のご予約は電話またはホームページから承っております。