横浜駅整体ルメディエ治療院

横浜駅整体ルメディエ治療院

コメント

こんにちは!ルメディエ治療院です! 毎日暑い日が続いていますね。。。 健康的な8月を過ごす為に、今回は、東洋医学をもとにした、夏の食養生についてです! 食養生とは・・・「食で命を養う」という考え方 東洋医学では、食材の持つ性質と個々の体質に合わせた食べ方をする事が基本となります。 夏の養生 夏は、草木が茂り、陽気が最も充実している季節です。 暑く明るくエネルギーに満ち溢れ、気持ちが外に向かう為、陽気を発散して活動的に過ごすのが、本来の夏の養生です。 しかし、コロナの影響で今年の夏は活動的に過ごす事が難しい・・・ ストレスも溜まり、マスクにより熱中症の更なる心配、東洋医学では五臓の「心」の不調が起こりやすい季節です。 一方で、夏野菜や冷たい物の取り過ぎは「脾」を傷つけ胃腸を弱め、むくみの原因にもなります 日本の夏は蒸し暑い!! 「熱+湿気」の強い季節です。 この季節は、上手に水分を補いつつ、出来るだけ汗をかき水分代謝を促し、体にこもった熱を発散させ、神経を落ち着かせる食材がオススメ!!! 胃腸を労わり、秋に備える季節です。 夏のオススメ食材 体の余分な熱を取る食材 夏が旬の食材は、寒涼性の性質で心身の熱を取る。 トマト ナス キュウリ ズッキーニ みょうが オクラ モロヘイヤ スイカ メロン など 神経を落ち着かせる食材 苦味のある食材は、心の働きを調整する。 怒りなど高ぶった精神状態を鎮める。 ゴーヤ セロリ クレソン ピーマン 緑茶 コーヒー など むくみを取る食材 甘みのある食材は胃腸を労わり、消化不良によるむくみを取る。 トウモロコシ 小豆 冬瓜 ハト麦 かぼちゃ など 夏によく食べるゴーヤチャンプルは、豚肉(疲労回復効果の高いビタミンB1)、卵と豆腐(タンパク質)なども摂取でき西洋の栄養学からみてもオススメ料理! 寒がり・胃腸が弱い人の夏野菜の食べ方 夏野菜は身体を冷やすから食べないようにしている人もいるかと思います。 旬の食材は、生命力に溢れています。 夏野菜は、身体の熱を冷ます為、普通~熱がこもりやすい人(のぼせ、ほてり、暑がりなど)には夏を快適に過ごすのに好都合な食材です。 一方、寒がり・胃腸の弱い人には、夏野菜の食べ過ぎは注意が必要です。 加熱する事で、寒涼性が少し和らぎ消化も良くなる為、軽く火を通した状態で食べるのがオススメです! また、身体を温める食材と合わせて取る事も対策の1つです。
https://remedier.yokohama/healthnews/natunosyokuyouzyou/
ステイホームでセルフ整体
https://remedier.yokohama/healthnews/become-therapist/
院内撮影1
本棚と給水場
あったかい雰囲気を大切に♪
本格整体&心の安らぎ

#ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近 #神奈川区 #神奈川区整体
コロナに負けるな!続2
清潔な着替え、ハンガー、小物入れ、ロッカー等の各消毒を徹底。

#ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近 #神奈川区 #神奈川区整体
コロナに負けるな!手洗いと手指消毒しっかり。

#手洗い #ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近
コロナに負けるな!手指消毒、換気の徹底、クラスター対策。今一度意識を高めて。

#ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近 #神奈川区 #神奈川区整体
感染が続く新型コロナウイルス、世界中が大パニック、もし感染した時、私たちを守る役割をするのが免疫です。免疫はウイルスなどの病原体から私たちを守る防御システムのようなもので、白血球に含まれる免疫細胞の働きなどでこのシステムが作られます。 普段から身体の免疫力ををあげてウイルスに負けないような身体にしましょう! 免疫のしくみのおさらいです。 免疫は、からだの外部からの侵入者である抗原や細菌やウイルスなどに対して免疫細胞などが「自分」と「自分でないもの」を識別して、からだを守るしくみをいいます。 免疫には自然免疫と獲得免疫があります。 【自然免疫とは】 からだの中に細菌やウイルスなどの自分でないものが入ってくると、その侵入者=抗原に対してすぐに対抗する抗体(こうたい)〈自分を守るもの〉をつくり攻撃(こうげき)します。このようにからだが自然に反応する最初の免疫を「自然免疫」といいます。 【獲得免疫とは】 同じ種類の「抗原」が二度目に体内に侵入してくると、すでに記憶(きおく)されている免疫がすぐに反応します。これを「獲得免疫」といいます。これらの「自然免疫」と「獲得免疫」のはたらきをするのが、さまざまな免疫細胞です。免疫細胞は、体内を移動し、抗原を処理しながら、からだを健康な状態に保ってくれています。 免疫機能の働き=自律神経の働きなのです。 私たちの身の回りには、細菌やウイルス、ほこりや汚染物質など、身体に有害なものがたくさん存在しています。そのような物質にさらされても病気にならないのは、それらの有害物質を身体から排除する、免疫という防護システムがあるためです。 免疫機能は、身体を若々しく健康に保つ力ですが、ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。 免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。 自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経はおもに日中、活動している時に優位になります。全身の活動力を高める神経で、血圧や血糖を上げたり、血液を筋肉や脳に集める働きがあります。 副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働きます。身体を回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。 「ストレスは悪い」というイメージがありますが、全くストレスがない状態よりも、多少はある方が生活にメリハリがつき、仕事や勉強も進めやすくなります。しかし、長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。そうなると、免疫機能が正常に働きません。 では、どのようなことを心がければ、自律神経のバランスを整える=免疫機能を正常に保つことができるのでしょうか? 「免疫力」を上げるには 自律神経の働きは、心理状態に大きく影響されます。ですからストレスに対処することが最も大切なポイントといえるでしょう。そしてもちろん、生活習慣を見直すことも必要です。 身体を動かす まずは1日に10分程度の体操をするだけでもよいですから、運動の習慣をつけることが大切です。可能ならば、うっすらと汗をかく程度の時間、散歩ができるとよいでしょう。 運動は免疫機能を向上させる他にも、生活習慣病を予防したり、転倒を防いだり、脳を活性化させるなどの効果があります。 食事 免疫機能を維持するためには、良質なタンパク賃、ビタミン、ミネラルが必要です。脂肪や糖分ばかりが多くなりがちな洋食に比べて、和食は栄養バランスがよくおすすめです。 ぐっすり眠る 夜にきちんと眠れば、昼間はすっきり起きて動けるようになります。昼は交感神経が、夜は副交感神経が優位に働くという自然な切り替えをするためにも、睡眠のリズムを確保することが重要です。 よく笑う 笑うと副交感神経が優位に働きます。また、NK細胞という、免疫をつかさどる細胞が活性化されることが分かっています。たとえ作り笑いでもそのような効果がみられます。 身体を温める 身体が温まると血管が拡張して副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなります。  入浴はぬるめのお湯でゆっくりと。40度くらいのお風呂に10分以上つかるとよいでしょう。シャワーだけでは身体が温まらず、交感神経が刺激されるため、あまりリラックスできません。 身体を温める食べ物もあります。根菜類、イモ類、しょうがなど、土の中にできるものは身体を温める作用があるといわれます。 リラックスできる時間をつくる 仕事が多忙な人はストレスから暴飲暴食を招きやすいものです。また、責任感が強くまじめな人は、ついがんばりすぎて無理をしてしまうことが多々あります。適度に「手を抜く」ことも、時にはいいかもしれません。高齢になってから生活習慣を改善した場合でも、健康上の効果があることがわかっています。 生活習慣を改善する時期は若いほどよいのですが年齢を重ねた方でも遅いということはありません。 当院の整体は骨格の歪みを取り筋肉のバランスがよくなり身体の血流を良くする効果があります。血流が良くなると免疫力がUPし、病気になりにくくなります。是非おためしください
https://remedier.yokohama/healthnews/post-9557/
【4/28更新】4月29日と5月5日・6日のお知らせ
https://remedier.yokohama/info/closed20200428/
グットコンタクト #ルメディエ健康通信
https://remedier.yokohama/healthnews/post-9383/

横浜で20年以上続く整体院。正しい姿勢、首肩こり、頭痛、腰痛、痺れ、その他様々な症状に対応します。 整体・カイロプラクティック・矯正・鍼灸

通常通り開く

横浜駅整体ルメディエ治療院 updated their website address. 27/08/2021

横浜駅整体ルメディエ治療院 updated their website address.

横浜駅整体ルメディエ治療院 updated their website address.

remedier.yokohama 14/10/2020

呼吸についてのお話

呼吸についてのお話

http://remedier.yokohama/healthnews/post-9725/

remedier.yokohama 結論 呼吸を意識するとメリットいっぱい 普段から呼吸を意識して行っていますか? おそらく多くの方はNOと答えるでしょう。 無意識にリズムを打ちながらスーッ…ハー…と繰り返している呼吸。 意識一つでご自

remedier.yokohama 15/08/2020

夏の食養生

こんにちは!ルメディエ治療院です! 毎日暑い日が続いていますね。。。 健康的な8月を過ごす為に、今回は、東洋医学をもとにした、夏の食養生についてです! 食養生とは・・・「食で命を養う」という考え方 東洋医学では、食材の持つ性質と個々の体質に合わせた食べ方をする事が基本となります。 夏の養生 夏は、草木が茂り、陽気が最も充実している季節です。 暑く明るくエネルギーに満ち溢れ、気持ちが外に向かう為、陽気を発散して活動的に過ごすのが、本来の夏の養生です。 しかし、コロナの影響で今年の夏は活動的に過ごす事が難しい・・・ ストレスも溜まり、マスクにより熱中症の更なる心配、東洋医学では五臓の「心」の不調が起こりやすい季節です。 一方で、夏野菜や冷たい物の取り過ぎは「脾」を傷つけ胃腸を弱め、むくみの原因にもなります 日本の夏は蒸し暑い!! 「熱+湿気」の強い季節です。 この季節は、上手に水分を補いつつ、出来るだけ汗をかき水分代謝を促し、体にこもった熱を発散させ、神経を落ち着かせる食材がオススメ!!! 胃腸を労わり、秋に備える季節です。 夏のオススメ食材 体の余分な熱を取る食材 夏が旬の食材は、寒涼性の性質で心身の熱を取る。 トマト ナス キュウリ ズッキーニ みょうが オクラ モロヘイヤ スイカ メロン など 神経を落ち着かせる食材 苦味のある食材は、心の働きを調整する。 怒りなど高ぶった精神状態を鎮める。 ゴーヤ セロリ クレソン ピーマン 緑茶 コーヒー など むくみを取る食材 甘みのある食材は胃腸を労わり、消化不良によるむくみを取る。 トウモロコシ 小豆 冬瓜 ハト麦 かぼちゃ など 夏によく食べるゴーヤチャンプルは、豚肉(疲労回復効果の高いビタミンB1)、卵と豆腐(タンパク質)なども摂取でき西洋の栄養学からみてもオススメ料理! 寒がり・胃腸が弱い人の夏野菜の食べ方 夏野菜は身体を冷やすから食べないようにしている人もいるかと思います。 旬の食材は、生命力に溢れています。 夏野菜は、身体の熱を冷ます為、普通~熱がこもりやすい人(のぼせ、ほてり、暑がりなど)には夏を快適に過ごすのに好都合な食材です。 一方、寒がり・胃腸の弱い人には、夏野菜の食べ過ぎは注意が必要です。 加熱する事で、寒涼性が少し和らぎ消化も良くなる為、軽く火を通した状態で食べるのがオススメです! また、身体を温める食材と合わせて取る事も対策の1つです。
https://remedier.yokohama/healthnews/natunosyokuyouzyou/

remedier.yokohama こんにちは!ルメディエ治療院です! 毎日暑い日が続いていますね。。。 健康的な8月を過ごす為に、今回は、東洋医学をもとにした、夏の食養生についてです!   食養生とは・・・「食で命を養う」と

remedier.yokohama 21/07/2020

活動的に過ごすために

活動的に過ごすために
https://remedier.yokohama/healthnews/seikaturhythm/

remedier.yokohama   こんにちは! ルメディエ治療院の北岡です。 気が付くともう夏ですね。 コロナの影響でいつのまにかって感じですね。 以前と比べリモートワークで生活リズムが変わった方 など、この数か月で劇的

remedier.yokohama 14/06/2020

ステイホームでセルフ整体

ステイホームでセルフ整体
https://remedier.yokohama/healthnews/become-therapist/

remedier.yokohama セルフ整体のご案内です。 即席ちょこっと整体のやり方 机や椅子などがあればやりやすいです。効果を実感できたら他の方にも教えてあげて下さい。 よく分からないものについては、お気軽にお尋ねください。 治っ

23/05/2020

院内撮影1
本棚と給水場
あったかい雰囲気を大切に♪
本格整体&心の安らぎ

#ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近 #神奈川区 #神奈川区整体

23/05/2020

コロナに負けるな!続2
清潔な着替え、ハンガー、小物入れ、ロッカー等の各消毒を徹底。

#ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近 #神奈川区 #神奈川区整体

23/05/2020

コロナに負けるな!手洗いと手指消毒しっかり。

#手洗い #ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近

23/05/2020

コロナに負けるな!手指消毒、換気の徹底、クラスター対策。今一度意識を高めて。

#ルメディエ治療 #整体 #カイロ #マッサージ #リンパマッサージ #アロマ #歪み #矯正 #骨盤矯正 #肩こり #首こり #腰痛 #頭痛 #眼精疲労 #むくみ #冷え性 #小顔矯正 #小顔 #膝痛 #自律神経失調症 #披露 #本格 #老舗 #横浜整体 #鶴屋町整体 #横浜 #鶴屋町 #横間駅近 #神奈川区 #神奈川区整体

remedier.yokohama 18/05/2020

コロナに負けるな免疫力を上げよう!!

感染が続く新型コロナウイルス、世界中が大パニック、もし感染した時、私たちを守る役割をするのが免疫です。免疫はウイルスなどの病原体から私たちを守る防御システムのようなもので、白血球に含まれる免疫細胞の働きなどでこのシステムが作られます。 普段から身体の免疫力ををあげてウイルスに負けないような身体にしましょう! 免疫のしくみのおさらいです。 免疫は、からだの外部からの侵入者である抗原や細菌やウイルスなどに対して免疫細胞などが「自分」と「自分でないもの」を識別して、からだを守るしくみをいいます。 免疫には自然免疫と獲得免疫があります。 【自然免疫とは】 からだの中に細菌やウイルスなどの自分でないものが入ってくると、その侵入者=抗原に対してすぐに対抗する抗体(こうたい)〈自分を守るもの〉をつくり攻撃(こうげき)します。このようにからだが自然に反応する最初の免疫を「自然免疫」といいます。 【獲得免疫とは】 同じ種類の「抗原」が二度目に体内に侵入してくると、すでに記憶(きおく)されている免疫がすぐに反応します。これを「獲得免疫」といいます。これらの「自然免疫」と「獲得免疫」のはたらきをするのが、さまざまな免疫細胞です。免疫細胞は、体内を移動し、抗原を処理しながら、からだを健康な状態に保ってくれています。 免疫機能の働き=自律神経の働きなのです。 私たちの身の回りには、細菌やウイルス、ほこりや汚染物質など、身体に有害なものがたくさん存在しています。そのような物質にさらされても病気にならないのは、それらの有害物質を身体から排除する、免疫という防護システムがあるためです。 免疫機能は、身体を若々しく健康に保つ力ですが、ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。 免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。 自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経はおもに日中、活動している時に優位になります。全身の活動力を高める神経で、血圧や血糖を上げたり、血液を筋肉や脳に集める働きがあります。 副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働きます。身体を回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。 「ストレスは悪い」というイメージがありますが、全くストレスがない状態よりも、多少はある方が生活にメリハリがつき、仕事や勉強も進めやすくなります。しかし、長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。そうなると、免疫機能が正常に働きません。 では、どのようなことを心がければ、自律神経のバランスを整える=免疫機能を正常に保つことができるのでしょうか? 「免疫力」を上げるには 自律神経の働きは、心理状態に大きく影響されます。ですからストレスに対処することが最も大切なポイントといえるでしょう。そしてもちろん、生活習慣を見直すことも必要です。 身体を動かす まずは1日に10分程度の体操をするだけでもよいですから、運動の習慣をつけることが大切です。可能ならば、うっすらと汗をかく程度の時間、散歩ができるとよいでしょう。 運動は免疫機能を向上させる他にも、生活習慣病を予防したり、転倒を防いだり、脳を活性化させるなどの効果があります。 食事 免疫機能を維持するためには、良質なタンパク賃、ビタミン、ミネラルが必要です。脂肪や糖分ばかりが多くなりがちな洋食に比べて、和食は栄養バランスがよくおすすめです。 ぐっすり眠る 夜にきちんと眠れば、昼間はすっきり起きて動けるようになります。昼は交感神経が、夜は副交感神経が優位に働くという自然な切り替えをするためにも、睡眠のリズムを確保することが重要です。 よく笑う 笑うと副交感神経が優位に働きます。また、NK細胞という、免疫をつかさどる細胞が活性化されることが分かっています。たとえ作り笑いでもそのような効果がみられます。 身体を温める 身体が温まると血管が拡張して副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなります。  入浴はぬるめのお湯でゆっくりと。40度くらいのお風呂に10分以上つかるとよいでしょう。シャワーだけでは身体が温まらず、交感神経が刺激されるため、あまりリラックスできません。 身体を温める食べ物もあります。根菜類、イモ類、しょうがなど、土の中にできるものは身体を温める作用があるといわれます。 リラックスできる時間をつくる 仕事が多忙な人はストレスから暴飲暴食を招きやすいものです。また、責任感が強くまじめな人は、ついがんばりすぎて無理をしてしまうことが多々あります。適度に「手を抜く」ことも、時にはいいかもしれません。高齢になってから生活習慣を改善した場合でも、健康上の効果があることがわかっています。 生活習慣を改善する時期は若いほどよいのですが年齢を重ねた方でも遅いということはありません。 当院の整体は骨格の歪みを取り筋肉のバランスがよくなり身体の血流を良くする効果があります。血流が良くなると免疫力がUPし、病気になりにくくなります。是非おためしください
https://remedier.yokohama/healthnews/post-9557/

remedier.yokohama 感染が続く新型コロナウイルス、世界中が大パニック、もし感染した時、私たちを守る役割をするのが免疫です。免疫はウイルスなどの病原体から私たちを守る防御システムのようなもので、白血球に含まれる免疫細胞の働

remedier.yokohama 28/04/2020

【4/28更新】4月29日と5月5日・6日のお知らせ

【4/28更新】4月29日と5月5日・6日のお知らせ
https://remedier.yokohama/info/closed20200428/

remedier.yokohama 誠に勝手ながら、4月29日(水)と5月5日(火)・6日(水)を臨時休診とさせていただきます。  

remedier.yokohama 14/04/2020

グットコンタクト

グットコンタクト #ルメディエ健康通信
https://remedier.yokohama/healthnews/post-9383/

remedier.yokohama この業界に属し、何となく気になっていた事があった。リフレクソロジーってかっこよくね??特に深い意味はないです。 男ならあるでしょう?その言葉や形や景色を感じ、心の奥底で高ぶる事が。 そう、その感じです

remedier.yokohama 08/04/2020

新型コロナウイルスへの更なる取り組み

新型コロナウイルス対策をより徹底的に実施いたします 施術を行うベッドに敷かれるシーツをパラフィンに変更いたします。 パラフィンは1人施術を終えるごとに毎回交換いたします。 使用済みのバスタオルは毎回交換いたします。 他の施術中の方との間隔を空けるようにいたします。 パラフィンとは、ビニール素材でできた薄手のシートのことです。 こちらを毎回取り換えていく為、ご予約のお時間になってもすぐにご案内できないことが考えられます。 より良い施術環境を構築するため、予めご理解下さいますようお願い申し上げます。 鍼灸整体ルメディエ治療院はこれからも、疫病対策に日々取り組んでまいります。
https://remedier.yokohama/info/anti-corona-virus/

remedier.yokohama 新型コロナウイルス対策をより徹底的に実施いたします 施術を行うベッドに敷かれるシーツをパラフィンに変更いたします。 パラフィンは1人施術を終えるごとに毎回交換いたします。 使用済みのバスタオルは毎回交

remedier.yokohama 07/04/2020

非常事態宣言を受けて改めてお知らせ

非常事態宣言を受けて改めてお知らせ
https://remedier.yokohama/info/what-we-do/

remedier.yokohama 東京都では感染者数が連日100名以上かつ増加傾向が続き、感染経路不明も増えています。「緊急事態宣言」が発布されました。 今のところ当店としましては、前ブログの通り新型コロナウイルス対策を徹底しつつ、基

remedier.yokohama 03/04/2020

新型コロナウイルスに対する当院の取り組み

新型コロナウイルスに対する当院の取り組み
https://remedier.yokohama/info/anti-covid-19/

remedier.yokohama 当院が実施している疫病対策の具体例 ロッカー内設置の貸し出し用ポーチは、毎回熱湯消毒をして清潔な状態でお渡ししております。 換気を積極的に行い、院内に呼気がこもらないようにしております。 消毒用アルコ

remedier.yokohama 15/03/2020

腕の症状は首から? 〜不調からダイエットまで〜

腕の症状は首から? 〜不調からダイエットまで〜 #ルメディエ健康通信
https://remedier.yokohama/healthnews/arm/

remedier.yokohama 今年は暖冬でしたので、「首元が寒くて肩がコる〜!」なんてことはもしかしたら少なかったのではないでしょうか? ただ、当院にいらっしゃる患者様のお悩みで1年通して特に多いのが「首肩のコリ」です。 普段の生

remedier.yokohama 19/02/2020

その不調?甲状腺の病気かも?

最近疲れやすいな・・・年のせいかしら!? 身体が熱い、汗が凄いな・・更年期!?自律神経!? イライラするな・・・ストレスか!? などなど 軽く考えられやすい、日常のちょっとした不調、もしかしたら 甲状腺の病気のせいかもしれません。 通常の健康診断の血液検査には含まれず、オプションでしか調べる事がない為 気付かないうちに病気になっていることが多い病気です。 甲状腺とは 首の前側、喉ぼとけのすぐ下にある縦4㎝、厚さ1㎝、重さ15g位の小さな臓器 食べ物に含まれるヨウ素を原料に新陳代謝に関するホルモン(甲状腺ホルモン)を作り血液中に分泌します。 甲状腺の働きが強すぎると新陳代謝が促進され過ぎ、弱すぎると新陳代謝が低下し過ぎます。 甲状腺の病気 甲状腺ホルモンは、多くても少なくても不調になり、分泌のバランスが崩れると様々な症状が現れます。 代表的な病気として、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と甲状腺機能低下症(橋本病)が挙げられます。 特に女性に多い病気ですが、男性も発症する病気です。 甲状腺機能亢進症(バセドウ病) バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に出る事で下記のような症状が... イライラ 熱い・多汗 動悸 脈が速い 食べているのに体重減少 口が渇く 下痢 手足の震え 眼球が出る 甲状腺機能低下症(橋本病) 橋本病は、甲状腺ホルモンの出が悪い事で下記のような症状が... 無気力 寒がり 脈が遅い 動作が鈍い 声がれ むくみ 皮膚乾燥 便秘 眠気を感じる ※バセドウ病・橋本病共通症状 だるさ 疲れやすい 抜け毛 月経異常 首の腫れ 患者の声 実は・・・この記事を書いた私も、バセドウ病を患いました。 その体験から実際の経過を書きたいと思います。 (発症2年前) 冬の寒い日に鍼治療に行った時、先生に今日身体が熱いと話したら「甲状腺大丈夫?」と言われる。 たまたま別件で定期通院している先生が甲状腺も診ている為、この件を伝えた所、 甲状腺のエコーと血液検査をしてもらう。 甲状腺やや大きめだけど、血液検査も問題なしで念の為半年に1回定期健診・・・ (その後2年) 定期健診問題なし (2年後の12月の検査) 6月の検査では問題なしだったが、半年の間にバセドウ病になっている事が判明 本人自覚それ程なし・・・ しかし、判明してから半年を振り返ると、あれ!?と思う事があった事に気付いた。 1つ目は抜け毛 10月頃、髪の抜け毛が酷く、秋は毎年抜け毛が多いので、そのせいかなと思っていた。 2つ目は、便通の良さ(これも10月頃) 普段どちらかというと便秘気味なのに、1日2回出たり快便傾向で、調子いいな~と勘違いしていた。 3つ目は、常に熱く汗がいつもより出る これも代謝が良い!?と勘違いしていた。 もしかしたら、これがバセドウ病の症状だったんだなと後で感じた。 (バセドウ病判明後) 気になって心拍数を測ると、以前の測定で安静時1分間64位だと思っていた心拍数が80台だった。 字を書こうとした時に、手が震えている事が2回あった。 その後薬でコントロールしている。 バセドウ病になってみて・・・ 甲状腺の先生には、私の様に発症する前から検査をし、発症するタイミングをみる人はまずいないと言われた。 診察の経験からだいたいの人が半年以上前から症状が出て、他の科を色々受診する。 原因が見つからず、最後にこの科を受診し病気が見つかる事が多いそうだ。 お客様で甲状腺の持病持ちの方の話を伺うと、気付いたら心拍100超えてた・動悸が凄かった・家族に首が腫れていると言われ受診したと話していた。 本人が気付きにくい為、普段から心拍数を測ったり、健康診断に血液検査を追加するなどしてみた方が良いかもしれません。
https://remedier.yokohama/healthnews/thyroid-desease/

remedier.yokohama 最近疲れやすいな・・・年のせいかしら!? 身体が熱い、汗が凄いな・・更年期!?自律神経!? イライラするな・・・ストレスか!? などなど 軽く考えられやすい、日常のちょっとした不調、もしかしたら 甲状

remedier.yokohama 01/02/2020

【2月限定】ルメくじキャンペーン

【2月限定】ルメくじキャンペーン
https://remedier.yokohama/info/reme-kuji-promo/

remedier.yokohama 皆様、大変長らくお待たせいたしました! 去年の10月のプロモーションを最後に、新しい企画もないまま2020年を迎えてしまいました そして2月、もう何かやらないとまずい! 今回は「くじびき」のプロモーシ

29/01/2020

2020年2月1日より29日まで、期間限定のキャンペーンを実施いたします!

詳細は当日配信のLINEの投稿、またはスタッフまでお気軽にお尋ねください!

29/01/2020

Timeline Photos

29/01/2020

Timeline Photos

29/01/2020

Timeline Photos

29/01/2020

Timeline Photos

29/01/2020

Timeline Photos

remedier.yokohama 18/01/2020

ギックリ腰の対処は「冷やして安静」だけが正義なのか?

2020年明けましておめでとうございます。 今年もルメディエ治療院スタッフ一同みなさまの健康と幸せをお祈りいたします。 さて、今年はじめてのルメ通信は『腰痛』にフォーカスを当てたいと思います。 なぜかと言うと、去年11月、私がギックリ腰になってしまったからです。 起き上がろうとした瞬間、骨盤の仙骨と腸骨で形成される仙腸関節部にビキッとした電気のような痛みに襲われました。 ただ、凄い激痛ではなかったのですが、一瞬痛みによる気持ち悪さがきてびっくりしました。 ただ私、ここで皆様のために、ギックリ腰後の過ごし方で何が一番良いかを体を張って試しました まずはじめに行ったのが、鎮痛薬を飲みました。 30分位横になって、起きるのが大変でしたが、だいぶ動けるようになりました。 そして、そのまま足元が冷えていたので床暖で足裏(立位)をずっと温めました。 すると、鎮痛薬が効いていたせいかさらに動けるようになりました。 このまま味をしめ、今回は「冷やす」という選択肢を取らず 「温め」をメインでいこうと決めました。 「温め」となると何が良いか考え、お風呂に入ることに決めました。 そして、湯船に浸かり、まずは正座をし腰を温めしばらくしてから、足の指の間に手の指を入れ足首をぐるぐるまわしたりしました。 けっこう足の指の間が痛くて新しい発見でした。 当日はこれで、あとはゆっくりし就寝しました。 翌朝、鎮痛薬が切れていたのか痛みが出た仙腸関節周囲に熱感が感じられましたが、前日のような痛みは、その時は感じられませんでした。 あの一撃を喰らうまでは・・・ 寝返りをうち一安心となったところに娘の蹴りの一撃が下腹部に入り、耐えようと下腹部に力を入れた瞬間、あの激痛が・・・ また痛みが出てしまいました。ただ、可愛い娘には怒ることはできませんでした。 また、頑張ってうつ伏せ四つ這い起き上がりをしすぐに鎮痛薬を飲みゆっくりとしました。 前日よりも、薬の効果があったのか痛みはすぐに収まり、ある程度の日常動作には支障がでませんでした。 今回、ギックリ腰を体験したことで感じたことは、すぐに鎮痛薬を飲み、なるべく普段と変わらない日常動作をすることが回復を早めるということが分かりました。 これは、スウェーデンでの実験結果でも証明されていて安静にしすぎるのは、かえって回復を遅くするという結果が出ています。 ただ、これには個人差もありますので、ギックリ腰になったからといって無理に動いたりしないようお願いします。 あくまでも、自己責任の範囲でお願い致します。
https://remedier.yokohama/healthnews/hexenschuss/

remedier.yokohama 2020年明けましておめでとうございます。 今年もルメディエ治療院スタッフ一同みなさまの健康と幸せをお祈りいたします。 さて、今年はじめてのルメ通信は『腰痛』にフォーカスを当てたいと思います。 なぜか

remedier.yokohama 14/12/2019

気分が軽くなる記事 - ルメディエ治療院

気分が軽くなる記事 #ルメディエ健康通信 #ルメディエ治療院
https://remedier.yokohama/healthnews/stress-free/

remedier.yokohama TOP > ルメディエ健康通信 > ルメディエ健康通信 気分が軽くなる記事 2019年12月3日 気分を落ち着けたいときにやるメンタルケア ストレス判定テスト このテストでは、回答を行い自らそれを“認識する”ことで僅かなストレス...

remedier.yokohama 11/12/2019

Instagramはじめました - ルメディエ治療院

Instagramはじめました
https://remedier.yokohama/info/instagram/

remedier.yokohama TOP > お知らせ > お知らせ Instagramはじめました 2019年12月11日 Instagramはじめました いつもご利用いただき、ありがとうございます! Facebook 、 [email protected] に次ぐSNSとして、Instagramアカウントを開設したことをお知らせいたします 携帯...

remedier.yokohama 27/11/2019

年末年始休診のお知らせ - ルメディエ治療院

年末年始休診のお知らせ
https://remedier.yokohama/info/closedon2019/

remedier.yokohama TOP > お知らせ > お知らせ 年末年始休診のお知らせ 2019年11月27日 休診日:12月30日(月)~1月3日(金) ※12月29日(日)は18時が最終受付となります。年始は1月4日(土)より通常通り診療いたします。 患者様各位 連絡先 横....

remedier.yokohama 14/11/2019

ブルーライトと健康 - ルメディエ治療院

ブルーライトにかこまれた私たちの生活 昔の人は太陽と共に生活していたため ブルーライトを浴びるのは日中だけでした。 しかし、現在では照明が誕生してからは夜も明るくなり 人々の生活リズムは大きく変化しました。 とくに、青色発光ダイオードが登場してからは LEDディスプレイを搭載したテレビやパソコン スマートフォン、ゲーム機、LED照明など 身のまわりにブルーライトを発する機器が急増 これによって、生活の中でブルーライトを浴びる量が増え 体内リズムが乱れやすい環境になっています。 そもそもブルーライトとはどんなものなのでしょう? ◆ブルーライトは太陽光に含まれている光。 ブルーライトとは、太陽光に含まれている波長が 380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。 紫外線の波長に近く人の目で見ることのできる光の中で 非常に強力なエネルギーを持っています。 また、ブルーライトは目や身体に大きな負担をかけると言われています。 ◆ブルーライトは体内リズムをコントロールする。 目は体内リズムを調整する“時計”の役割を担っています。 目の網膜には、光の色と、明暗を感知する2つの視細胞が存在します。 近年、このほかに「第3の視細胞」が発見され サーカディアンリズムと呼ばれる体内リズムを コントロールする役割を果たしていることがわかってきました。 つまり、ブルーライトは健康を維持するために重要な役割を 果たしている光なのです。 ブルーライトの影響 ブルーライトはエネルギーが強い光で、眩しさを感じる原因になります。 そのため、瞳孔を縮めようとして目を細めて目の筋肉を酷使したり、 画面を見るために姿勢が悪くなったりして、肩・首のこり 腰痛などにつながる可能性があります。 また、体内リズムが乱れることで、睡眠の質の低下 病気リスクの高まりなどが起こります 朝、太陽光に含まれるブルーライトを浴びると 脳は「朝だ」と判断して覚醒します。 一方、日が沈んでブルーライトの量が減少すると 「夜だ」と判断して休息モードになります。 しかし、夜でもデジタル機器を使う生活をしていると睡眠のサイクルが乱れ 自律神経の乱れにつながります。自律神経が乱れることで 体温や心拍、血圧、血糖値ホルモンなどの生理機能にも影響が出て 糖尿病や高血圧、心筋梗塞などの病気のリスクが高まります。 子どもの目はとくに影響を受けやすいので注意が必要です。 成長過程にある子どもは、目の水晶体が透明でにごりがないため 大人の目以上にブルーライトの影響を受けやすいと考えられます。 スマートフォンやゲーム機の画面に無防備にさらされる子どもの目を守るために 子どものうちからブルーライト対策をおこなうことをおすすめします。 ブルーライトと上手に付き合おう ブルーライトは、目や身体に大きな負担をかけます。このような機器を 使用する際は以下のような工夫をすることが望ましいでしょう。 * 1時間のディスプレイを見る作業を行ったら、15分程度の休憩を取る。 * ディスプレイの輝度、コントラスト設定を調整する。 * ディスプレイに、ブルーライトをカットするフィルターを貼る。 * ブルーライトをカットするメガネを使用する。 その不調の原因もブルーライトかもしれません。 肩こりや首の痛み、眼精疲労……ブルーライトが身体のさまざまな不調の 一因になっているのかもしれません。 私たちが生活する中で当たり前のように浴びているブルーライトは 人が見ることのできる光の中でも非常に強い光です。 紫外線並みに眩しく、強烈なブルーライトを浴びると 知らず知らずのうちに目を細めたり眩しくて見にくい画面を見るために 身体に負担がかかる姿勢のままで作業をしたりすることになります。 そのせいで目の筋肉や神経はもちろん、首、肩の筋肉にまで負担がかかり 身体がバランスを崩してしまっているのかもしれません。 ブルーライトが身体に与える影響がお分かりになったと思います。 そしてお身体の不調を感じたら当院のコンディションニング整体で 改善してみてはいかがですか。
https://remedier.yokohama/healthnews/post-8900/

remedier.yokohama TOP > ルメディエ健康通信 ブルーライトと健康 2019年11月15日 ブルーライトにかこまれた私たちの生活 昔の人は太陽と共に生活していたため ブルーライトを浴びるのは日中だけでした。 しかし、現在では照明が誕生してから....

remedier.yokohama 15/10/2019

膝のお悩み - ルメディエ治療院

こんな思いしていませんか?? 昔はシャキシャキと歩けていたのに…今の私はなんなの? 【膝が痛くて】満足に歩けないじゃないの・・・ 趣味にしてたハイキングも出来ないし、今からの季節の 紅葉も仲間たちと堪能したいのに・・・はぁ~… お辛いですよね。素晴らしい人生を台無しにしかねますよね。 まずはご自身の状態をセルフチェック! 🔲 正座しずらい 🔲 歩き始める時に痛い 🔲 和式トイレが辛い 🔲 立ち上がる時に痛い 🔲 階段の上り、下がりの時に痛い 🔲 30分以上歩くと膝が痛い 🔲 膝を動かすとギシギシ音がする 上記の多項目に当てはまってしまう方は【変形性膝関節症】かもしれません! 平成の間に最も患者数が増加した整形外科疾患は、変形性膝関節症や、 老年性股関節症等の関節症で、1990年(平成2年)には23万8000人だった 患者数が2014年(同26年)には125万人へと5倍以上に増えている。 【厚生労働省の平成26年患者調査】 上記をの事実を知ると、恐怖さえ覚えます。 こんなにも関節症でお悩みの患者さんが増えているのですね~( ゚Д゚) その背景には『超高齢化社会』が潜んでいます。 現在、介護に必要な主な原因が“高齢化による衰弱”の他、“関節疾患”も深刻化を増しています。 そう、膝の痛みによる歩行障害などがそうです。 歩行障害の結果、筋肉や健が委縮し、さらには障害が重なり、寝たきりとなってしまうケースが増加する事が考えられます。 変形性膝関節症とは? 膝には骨と骨が直接ぶつからない様に、クッションの役目や、滑りやすくする為に軟骨(関節軟骨)で覆われています。 ですが、その大事な軟骨が『加齢』や『肥満』や『O脚』などが原因で減少し、遂には骨同士がぶつかります。 それが要因となって起こる炎症や変形の事。 関節軟骨の構造 関節軟骨は硝子軟骨からなり弾性に富む。厚さは、膝では一般に2~4mm。 軟骨組織は、軟骨細胞が2%、水分が75%、残りはプロテオグリカン(ムコ多糖蛋白複合体)とコラーゲン繊維からなる基質で構成される。 プロテオグリカンは、コラーゲン繊維と結合し、水分を豊富に保ち、滑動や衝撃吸収の為の弾性能を有する。 原因と症状 変形性膝関節症は実は明らかな原因はなく、加齢や慢性的な機械的刺激が加わって発症する一次性と、手術後、あるいは炎症性、代謝異常疾患に伴って生じる二次性と分けられる。 頻度としては一次性変形性膝関節症が多く、50~60歳代で初発し女性に多く見られる。 初期は、歩き始めや立ち上がりなどの動作初期に膝関節内側に疼痛、しばらく歩くと軽快あるいは消失。病状が進むにつれ、歩き始めだけではなく、歩行時に疼痛を伴うようになり歩行距離も徐々に減少。 手術は嫌だし…膝痛を起こさないためのセルフケアってないの? 膝を支える筋肉を鍛える ◉太ももの前側の筋肉を鍛える Part1 ※1~順に行ってください ※呼吸は止めないでください 1、椅子に腰かける 2、片方の脚を水平に伸ばす 3、5~10秒キープ 4、元に戻す ◉太ももの前側の筋肉を鍛える Part2 1、脚を伸ばして床に座る 2、膝の下にタオルや枕を入れる 3、タオルや枕を押し付けるようにゆっくり脚の力のみで下方向に押す (片足ずつ) [ 34 more words ]
https://remedier.yokohama/healthnews/post-8670/

remedier.yokohama TOP > ルメディエ健康通信 膝のお悩み 2019年10月15日 こんな思いしていませんか?? 昔はシャキシャキと歩けていたのに…今の私はなんなの? 【膝が痛くて】満足に歩けないじゃないの・・・ 趣味にしてたハイキングも出来....

remedier.yokohama 08/10/2019

【重要】災害時の休診について - ルメディエ治療院

【重要】災害時の休診について
https://remedier.yokohama/info/disaster/

remedier.yokohama TOP > お知らせ 【重要】災害時の休診について 2019年10月8日 平素より当院をご利用頂き、ありがとうございます。 当院の災害時の対応、方針についてお知らせいたします。 患者様の安全・スタッフの安全を第一に考えまして...

26/09/2019

Timeline Photos

26/09/2019

Timeline Photos

26/09/2019

Timeline Photos

26/09/2019

Timeline Photos

製品

整体、鍼灸、アロマテラピー

電話番号

ウェブサイト

住所


神奈川区鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F
Yokohama, Kanagawa
2210835

営業時間

火曜日 09:30 - 13:30
15:00 - 21:00
水曜日 09:30 - 13:30
15:00 - 21:00
木曜日 09:30 - 13:30
15:00 - 21:00
金曜日 09:30 - 13:30
15:00 - 21:00
土曜日 09:00 - 13:00
15:00 - 21:00
日曜日 09:00 - 13:00
15:00 - 21:00
鍼治療のその他Yokohama (すべて表示)
いしい鍼灸整骨院 いしい鍼灸整骨院
西区浅間町3丁目173-3
Yokohama, 2200072

横浜の整骨院なら患者様の健康をお守りするいしい鍼灸整骨院へ

はり・灸 松野治療室 はり・灸 松野治療室
栄区笠間2-16-20 オフィス笠間1F
Yokohama, 247-0006

その痛み、あきらめないで!!!

横浜・根岸 はりきゅうマッサージサロン インファンシィ 横浜・根岸 はりきゅうマッサージサロン インファンシィ
西町15-7 ミオカステーロ横浜根岸2F
Yokohama, 235-0007

in-fancy~インファンシィ~は、本格的な整体・エステ・はりきゅうが気軽に受けられる「結果にこだわる」サロンです。

鍼灸指圧マッサージ はぎわら治療院 鍼灸指圧マッサージ はぎわら治療院
青葉区榎が丘2-1ビンセプト203
Yokohama, 227-0063

横浜市青葉区、青葉台駅から徒歩3分の治療院です。1人1人の体に合わせた丁寧な施術を提供しています。

こころ港南はりきゅう治療院 こころ港南はりきゅう治療院
磯子区洋光台3-36-21
Yokohama, 235-0045

こころ港南はりきゅう治療院のページです

太鼎堂鍼灸院 Taiteido acupuncture clinic 太鼎堂鍼灸院 Taiteido acupuncture clinic
神奈川県横浜市鶴見区下末吉1-26-28 2F
Yokohama, 230-0012

痛みの無い治療で身体を根本から治し、心を癒す横浜市鶴見の鍼灸院。『人と社会を温める』 頭痛、冷え、不眠、精神疾患 一人一人に寄り添う完全予約制の鍼灸院

せせらぎ鍼灸整骨院長津田院 体塾-Athletic Sports Labo "アスラ せせらぎ鍼灸整骨院長津田院 体塾-Athletic Sports Labo "アスラ
緑区長津田みなみ台4-4-4 クリニックモール2F
Yokohama, 226-0018

鍼灸整骨院 & パーソナル・トレーニングの複合施設

いちろ整骨院 はり灸治療室 ここつ いちろ整骨院 はり灸治療室 ここつ
Yokohama, 245-0008

横浜市泉区にある『いちろ整骨院 はり灸治療室ここつ』です。当院では西洋医学と東洋医学の融合をコンセプトとしており、統合医療を目指しております。

倉本接骨院 倉本接骨院
鶴見区岸谷4-19-16 奥村ビル1F
Yokohama, 230-0078

受付時間 8:30~12:00 14:00~19:00 (土曜日は17:00まで) 休診日 日曜 祭日 *土日や日月の連休時には 土曜日月曜日を開院致します

鍼灸サロン ラ・コンシェル 鍼灸サロン ラ・コンシェル
青葉区青葉台1-29-1ひこべービル2F
Yokohama, 227-0062

当サロンの美容鍼は、独自の若返りメソッドと熟練されたスキル・知識によって結果重視の「切らずにリフトアップ」を実現。一緒に「リフトアップ美鍼」で若返りましょう。

IORI Health and Beauty Japan IORI Health and Beauty Japan
1-37-16 Hiranuma, Nishi-ku
Yokohama, 220-0023

IORI Health & Beauty is located just 20 minutes by train from Tokyo near the East exit of Yokohama Station. We offer total care for your spiritual/physical health and beauty. English speaking therapists are on-site and inquiries are welcome here as well.

まさき鍼灸マッサージ治療院 まさき鍼灸マッサージ治療院
金沢区釜利谷東3-1-10
Yokohama, 236-0042

金沢文庫駅西口徒歩3分の地域密着型の治療院です。 趣味でランニングや体を動かすことが好きなトレーナーが皆様の日頃の疲れやストレスなどを マッサージや鍼治療で吹き飛ばします。