歯の悩みにさよなら!

歯の悩みにさよなら!

歯の悩みにさよなら!, 医療・健康, Yokohamaの連絡先情報、マップ、方向、お問い合わせフォーム、営業時間、サービス、評価、写真、動画、お知らせ。

gooddentist.jp 21/09/2018

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー④

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー④
https://gooddentist.jp/1809-04/

gooddentist.jp 小島:秋本先生が気になるゲストをお迎えしてインタビューするコーナー、今日は社交ダンスエバンジェリストの鈴木宏明…

gooddentist.jp 21/09/2018

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー③

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー③
https://gooddentist.jp/1809-03/

gooddentist.jp 小島:はい。秋本先生が気になるゲストをお呼びしてインタビューするコーナー、今日は社交ダンスエバンジェリストの鈴…

gooddentist.jp 21/09/2018

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー②

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー②
https://gooddentist.jp/1809-02/

gooddentist.jp 小島:はい。秋本先生が気になるゲストをお迎えしてインタビューするコーナー。 今日は社交ダンスエバンジェリストの…

gooddentist.jp 21/09/2018

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー①

社交ダンスエヴァンジェリスト鈴木宏明さんインタビュー①
https://gooddentist.jp/1809-01/

gooddentist.jp 小島:秋本先生が気になるゲストをお招きしてインタビューするコーナーです。 今日は社交ダンスエバンジェリストの鈴…

gooddentist.jp 18/03/2018

自由診療のメリットとデメリットは?

秋本:こんにちは。 質問者:こんにちは。 秋本:よろしくお願いします。 質問者:よろしくお願いします。 先生、今日お伺いしたいのは、自由診療の歯医者さんのメリットとデメリットを教えてください。

https://gooddentist.jp/1803-3/

gooddentist.jp 秋本:こんにちは。   質問者:こんにちは。   秋本:よろしくお願いします。  …

gooddentist.jp 11/03/2018

自由診療と保険治療の選択は?

秋本:こんにちは。 質問者:こんにちは。 秋本:よろしくお願いします。 質問者:よろしくお願いします。 今日先生にお伺いしたい内容なんですけど。 自由診療の歯医者さんと、保険診療の歯医者さんなんですけど、患者としてはどういう風に使い分けたら良いと思いますか。

https://gooddentist.jp/1803-2%e3%80%80/

gooddentist.jp 秋本:こんにちは。   質問者:こんにちは。   秋本:よろしくお願いします。  …

gooddentist.jp 04/03/2018

初診の時に行うべきことは?

秋本:こんにちは。 質問者:こんにちは。 秋本:よろしくお願いします。 質問者:よろしくお願いします。 先生に今日お伺いしたいのは。 初心で通わせていただく時に、どういった流れで治療が進むんでしょうか。 [ 28 more words ]

https://gooddentist.jp/1803-1/

gooddentist.jp 秋本:こんにちは。   質問者:こんにちは。   秋本:よろしくお願いします。  …

gooddentist.jp 27/02/2018

良い者医者の見分け方は?

秋本:こんにちは。 質問者:こんにちは。 秋本:よろしくお願いします。 質問者:よろしくお願いします。 今日先生に、私からお伺いしたいのは。 ちょっと答えにくいかもしれないんですけど。 僕が歯医者さんを選ぶ時に、良い歯医者さんを選びたいとやっぱり思うんですよ。 [ 42 more words ]

https://gooddentist.jp/1802-1/

gooddentist.jp 秋本:こんにちは。   質問者:こんにちは。   秋本:よろしくお願いします。  …

gooddentist.jp 31/12/2017

先生の説明に納得出来なかったら?

こんにちは。 横浜市のプライベートデンタルオフィス院長の秋本です。 本日の質問は、40代女性からの御質問です。 「歯医者さんの説明に納得できない場合は、 どのようにしたら良いのでしょうか。」 という御質問です。

https://gooddentist.jp/1712-4/

gooddentist.jp こんにちは。 横浜市のプライベートデンタルオフィス院長の秋本です。   本日の質問は、40代女性から…

gooddentist.jp 24/12/2017

一度治療した歯は虫歯にならない?

こんにちは。 横浜市で歯科医院を開業している プライベートデンタルオフィス院長の秋本です。 本日も患者さんから寄せられた質問に対してお答えいたします。 本日の質問は 「一度治療した歯はもう虫歯にならないのでしょうか。」 という30代男性からの御質問です。

https://gooddentist.jp/1712-3/

gooddentist.jp こんにちは。 横浜市で歯科医院を開業している プライベートデンタルオフィス院長の秋本です。   本日…

gooddentist.jp 17/12/2017

インプラントは歯の代わりになりますか?

こんにちは。 横浜市で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィス院長の秋本です。 本日も患者さんから寄せられた御質問に対して解答いたします。 本日の御質問は、40代男性からの御質問で 「インプラントは自分の歯の代わりになるのでしょうか。」 という御質問です。

https://gooddentist.jp/1712-2/

gooddentist.jp こんにちは。 横浜市で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィス院長の秋本です。   …

gooddentist.jp 10/12/2017

歯磨き粉より大切なこととは?

こんにちは。 横浜市で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィス院長の秋本です。 今日も患者さんから寄せられた御質問に対してお答えします。 今日の御質問は50代男性の方からの御質問で 「歯磨きの時に歯磨き粉や洗口材を使った方が良いのでしょうか。」 という質問です。

https://gooddentist.jp/1712-1/

gooddentist.jp こんにちは。 横浜市で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィス院長の秋本です。   …

gooddentist.jp 12/11/2017

『ホワイトニングで本当に歯が白くなるのでしょうか?』

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日も、患者さんから寄せられた質問に対してお答えいたします。 本日の質問はなんでしょうか。 Q:「歯のホワイトニングに興味があるんですが、本当に歯が白くなるんでしょうか。」 はい、御質問ありがとうございます。 まず結論から言うと、

https://gooddentist.jp/1710-3/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。   本…

gooddentist.jp 05/11/2017

痛くもない虫歯も治療が必要なのでしょうか?

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日も、患者さんから寄せられた質問に対してお答えいたします。 本日の質問はなんでしょうか。 Q:「はい、他の歯医者さんで虫歯があると言われました、 痛くもないんですが、治療が必要なのでしょうか。」 はい、ご質問ありがとうございます。 そうですね、これもよく聞く話しでですね、 例えばご本人はどこかが痛いとか、取れたとか、

https://gooddentist.jp/1710-1/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日も、患者さん…

gooddentist.jp 29/10/2017

歯並びの治療は何歳まで可能なのでしょうか?

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日も、患者さんから寄せられた質問に対して解答いたします。 本日の質問をお願いします。 Q:「はい、歯列矯正をしている人をよく見かけます、歯列矯正は何歳まで可能なのでしょうか。」 はい、ありがとうございます。 そうですね、最近大人の方でもね、歯列矯正をされている方を多く見かけるんですけど

https://gooddentist.jp/1710-2/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。   本…

26/10/2017

アキモトプライベートデンタルオフィス紹介動画

当サイトを監修しております「アキモトプライベートデンタルオフィス」院長秋本昌弘のクリニック紹介動画です。是非御覧ください。

gooddentist.jp 22/10/2017

先生に治療の相談がしにくいです・・・

横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日も患者さんから寄せられたお悩みに対して解答いたします。 本日はなんでしょうか。 Q:「通っている歯医者の先生がいつも忙しそうで、治療の相談がしにくいです」 というご質問です。 はい、ご質問ありがとうございます。 まず、一般的な歯科医院における形としては 数人を複数のチェア、治療台に並べて、同時に診療するというスタイルが一般的ですから

https://gooddentist.jp/1710-4/

gooddentist.jp 横浜市西区で歯科医院を開業しております プライベートデンタルオフィスの秋本です。   本日も患者さん…

gooddentist.jp 22/09/2017

歯の痛みを訴えたのに気のせいと言われてしまいました

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通われている患者さんのお悩みについて解説いたします。 お悩みの内容は、『違和感を訴えても気のせいと言われると、虫歯もないので問題ないという風に言われた』という50代後半女性のお悩みについてです。 これはこの方に限らず、非常に多く聞くお悩みの一つなんですけども、これはですねこれは歯の痛み、違和感の原因というものは、けして虫歯や歯周病だけではないんですね。 その原因は咬み合わせ、もしくは、実は歯科とは関係ない所に原因にあることがあります。 まず歯医者さんに行って何か症状があると伝えると、大体レントゲンを撮ったり、あとはいわゆる歯周ポケット測定と呼ばれる歯周病の検査をされる事が多いのではないでしょうか。 歯医者さんによっては、そこで虫歯や歯周病がなければこのままで良いという風に考えている方もいらっしゃるようです。 たださっきお話ししたように違和感、痛みを感じる原因はそれだけではなくて、特に噛み合わせ、もしくは無意識の噛みしめや食い縛り、それによって歯に負担がかかって、歯そのものだったり、顎の関節に症状が出る事はあります。 その場合には、ご自身の噛み合わせのバランスがしっかりと左右前後しっかり噛んでいるかということだったりだとか、あとは睡眠時、もしくは何かに集中している時に食い縛り がないかどうか、もしくは筋肉を触診したりして、痛みがあったり、コリがあるところはないかどうか、そういったところを検査していただいて、原因が何から来ているのかというのをきっちり検査していただいた方が良いかもしれません。 放置した場合には、最初は違和感だったものが、長く続く事で慢性的な痛みとして感じることになると、その痛みを取るのに非常に時間がかかったりすることがありますので、症 状が重くなる前に、詳細な検査を受けられた方がよろしいかもしれません。 もしくは非歯原性疼痛と言って、歯が原因でない痛みなんですが、患者さんご自身では歯、もしくはその周囲に痛みや違和感を感じるというケースもございます。 非歯原性疼痛というものの鑑別診断というものは非常に専門性が高く、診断が難しい分野ですから、いわゆるペインクリニックなどの顎顔面痛を専門に扱う大学病院などにご紹介いただくというのも、一つかもしれません。 当院では、虫歯や歯周病はもちろんの事、噛み合わせやその方の生活習慣、そういったところまで踏み込んで詳細に調べる事で、ご自身の感じられている症状がどこから来ている のか、もしくは今はそれほど感じてないけれども、それを放置した場合にどのような症状が出てくるかというところまで、検査してご理解いただけるようにしています。 もしくは顎顔面痛、非歯原性疼痛が疑われる場合には、適切な医療機関に紹介するようにしております。

http://gooddentist.jp/1709-10/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通わ…

gooddentist.jp 22/09/2017

良い歯医者さんの見分け方、選び方とは?

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院されている患者さんの雑談の中で、ご質問があった内容に関して解説いたします。 その方は40代女性の方で、現在当院に通院中の患者さんなのですが、よくお友達の中で、歯医者さんの話になった時に、どこの歯医者さんが良いとか、どこの先生が優しかったとかそういう話が出ると言う事でした。 そこで『良い歯医者さんの見分け方、選び方というのは何かあるのですか』という事でした。 これはなかなか僕らも断言してお答えするのは難しいご質問です。 これは歯科独特の難しい部分が関係しているのではないかと思います。 例えば洋服屋さんであれば試着も出来ますし、食べ物屋さんであれば試食をしたりするお試しのが出来ます。 しかし歯医者さんの場合は実際に行ってみないとどんな先生がいるかわからないですし、 もしくは治療を仮に受けたとしても、その治療が良い治療だったのが、長持ちするものな のか判断するのが治療を受けた時点では判断が難しいという点も、歯医者さんの選び方を難しくしているのでしょう。 よく患者さんから評判の良い歯医者さんは、例えば痛くないとか、先生が優しいとか、そういった部分で選ばれている方が多いように感じています。 もちろん、痛くなく治療するというのは最低限の条件です。 痛い歯医者さんというのは私も通いたくありませんので、痛くなく治療してくれるというのは一つの基準ではないかと思います。 しかし先生が優しそうだからとか、そのクリニックが綺麗だからという理由だけで歯医者さんを選ぶのは少し危ないところがあるのではないかと思われますので、その点に関してもう少し解説していきます。 例えば最新の治療器具がたくさんあるという事をよくホームページとかに謳っているところは今非常に多いですね。 しかしCTは診断には有効なツールですが、CTがあるから必ずしも凄く良い治療ができるかと言うわけではありません。 もしくは歯科治療に顕微鏡を使いこなすには非常に練習が必要になります。 ですから顕微鏡も同じように、顕微鏡があるからと言って必ず良い治療ができるというわけではありません。 これは時々聞く話ですが、顕微鏡を買ったとしても全く使っておらず、医院の隅っこに置いてあるという医院も少なからずあるようです。 ですから、治療の質というのは患者さんが正確に把握するのは正直かなり難しいと思っています。 僕の立場から言える事としては、十分に患者さんの希望や悩みをきっちり聞いてくれる先生を選ぶ。 もしくは、治療方法の、良いところも悪いところも十分説明して、患者さんの意思を尊重してくれる、そんな歯医者さんが良い歯医者さんなのではないかと思っております。 ただ、一般的な保険診療の場合は、相談の時間というのは保険の点数がついていませんし、なかなかそこまでの時間をとれるクリニックは少ないのではないのかなというのが現状だと思います。 当院は自由診療で行っておりますので、患者さんのそのようなお悩み、希望を聞く時間を十分に設けておりますし、実際の治療にしてもいわゆる見切り発車的に進めて行くのではなくて、検査を行い全てのお口の中の問題を明らかにして、その上で治療を進めていくように進めています。 ですので、もし何かお困りの事があれば一度ご相談だけでもいらしていただければと思います。

http://gooddentist.jp/1709-9/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院…

gooddentist.jp 22/09/2017

他のクリニックで抜歯とインプラントを勧められたのですが…

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院されている患者さんのお悩みについて解説いたします。 患者さんは50代男性の方で、『他のクリニックさんで抜歯を勧められたんですけども、歯を抜かなければいけないのかと、そして歯を抜いた後にインプラントを勧められたんだ けれども、インプラントというものは本当に安全かと、それ以外に方法はないのか』というお悩みでした。 まず、抜歯をしなければいけないかという点なんですけども、これは非常に難しい問題です。 もう誰が診ても”この歯は抜歯”と判定されるほど、状態が悪ければ当然どこのクリニック に行っても、抜歯と判断されても仕方がないですね。 しかし、グレーゾーン、必ず抜歯しなければいけない状態と、逆に高い確率で保存でき 状態、そのラインの中間の状態の歯を保存するのか抜歯するのかという点は、クリニックの方針や、その先生の技術、そのような部分で左右されるところがありますので、そこは歯医者さんによって見解が分かれるところだと思います。 じゃあどのようにそれを判断するかなんですけども、レントゲンや歯周病の検査、もしくは、肉眼で見ただけでは、何故抜歯を勧められるくらい、状況が悪くなったのかというところがわからないケースが結構あるんですね。 ですから、当院では歯科用のCTを使って、3次元的にどこに病巣があるのか、何が原因なのか、例えば歯周病から来ているのか、根っこの中の問題なのか、もしくは歯にひびが 入っているのかを詳細に調べます。 もしくは歯の中、表面を手術用の顕微鏡で、最大倍率約20倍に拡大してですね、何が起きているのかを肉眼ではわからないレベルで、中を検査をして、本当にその歯を抜歯しな ければいけないのかというところを、歯を抜く前に徹底的に調べるようにしております。 しかし先ほど述べた様に、やっぱりそれでも残せない状態で、抜歯をしなければいけない というケースももちろん多々あります。 ではその歯を抜いた後は、ブリッジという治療法や、後は入れ歯という治療法だったり、インプラントという治療法、大体大きくわけてこの3つがあります。 この3つのどれを選択するかというところは、これは必ずインプラントが良いとか、入れ歯がダメだとか、そういった事ではありません。 インプラントにしても、ブリッジにしても入れ歯にしても、どれにも一長一短、必ずメリットとデメリットがありますから、その患者さんのお口の中の状態、その方の御希望に応じて色々な選択肢をご提示する必要があると思っています。 もちろん、インプラントは非常に良い治療法の一つではありますので、インプラントすることも多くあります。 ただインプラントを回避できるケースというのも多々ありますので、その点に関しては、できれば歯を抜く前に詳細な検査をした上で、どの方法がベストなのかをご相談下さい。 もしくはインプラントをしたとしてもそれで終わりというわけではありませんから、その後のメンテナンスケアも含めて、十分に説明を受けた上で、治療法を選択されるのがよろしいのではないでしょうか。

http://gooddentist.jp/1709-8/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院…

gooddentist.jp 22/09/2017

治療中の痛みが怖くて、歯科医に行けません!

こんにちは。横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日の質問は、『治療中の痛みが怖くて、歯科医に行けません』という方、40代女性からの質問です。 痛みに関しては、非常に私もいろんな患者さんから不安だというお話を聞く事が多いのですが、原因とその対策を考える事で、ほとんど痛みを感じずに治療できると考えておりま す。 まず、治療の痛みは二種類あります。 一つ目は、治療中の痛みです。 もう一つは治療中の痛みを防ぐための麻酔、その麻酔自体が痛いということもよくお伺いします。 その2つについて解説していきます。 治療中の痛みに関しては、これはほとんどのケースで麻酔をすれば、感じなくする事ができます。 しかし、炎症が強かったりしてどうしても麻酔が効きにくいという状況もありますし、体質によっては麻酔が効きにくいという方もいらっしゃいますので、歯科医院の方に、痛みに弱いとか、麻酔が効きづらいので、量を多めに打ってほしいという事を申し出ていただけると良いでしょう。 おそらく麻酔の量を増やすなどの配慮をしていただけると思います。 次に、その痛みをなくすための麻酔が痛くて辛いと、言う事もよくお伺いするんですが、それは麻酔の打ち方に問題があると思われます。 麻酔をする時に感じる痛みとしては、まずは針を刺す時の痛み、あと麻酔を針を刺した後に、麻酔液を注入する時の痛み、この2種類があります。 針を刺す時の痛みは、麻酔を刺すところに表面麻酔をして、感覚を鈍くしたり、針を刺す時のテクニックで、刺した事自体がわからない位に痛みを抑える事ができます。 また注入する時の痛みは、強圧で一気にグッと麻酔液を入れると、体の内部の圧が高まって非常に痛く感じます。 そのためゆっくり、麻酔一本打つのに5分から10分くらいかかけて、ゆっくりゆっくり打つ事で注入中の痛みを防ぐことができます。 ですので、痛みが怖いので歯医者に行けないという方は、まず最初に先生や、スタッフの方に痛みに弱いとか、麻酔が効きづらくて苦労したという経験をまずお話していただいて、それに対してきちんと対応して頂ければ、痛みなく快適に治療を受けられるのではないかと思われます。

http://gooddentist.jp/1709-7/

gooddentist.jp こんにちは。横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日の質問は、『…

gooddentist.jp 22/09/2017

歯医者に行くと歯を削られ過ぎないか不安…

みなさんこんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通われている患者のお悩みについて解説いたします。 患者さんは30代女性で、『歯医者に行くと歯を削られ過ぎないか不安で、そのために治療を躊躇してしまう』というお悩みでした。 まず、ある意味虫歯になっているところがあれば、それを解決するには歯を削らなければいけないというのは、これは仕方が無い事だと思います。 しかし、結果的に削る量を少なくする(それだけ歯の寿命が長くなる)という対策は取る事ができます。 これはどういう事かというと、例えば、削って銀歯で治したとすると大体7・8年くらいは正常に機能すると統計から読み取れるのですが、7・8年経ってまた削って再治療して、また7・8年後に再治療をして、というのを繰り返して行くと、歯の寿命というのはどん どん短くなっていきます。 一度治療すると決めたら、削らなければならない量はきっちり削って、しっかりした材料 で精密に詰めるなり被せて、それが7・8年ではなくて、10年20年と長く持つように する。 という事が、結果的に治療の回数が少なくなって、歯を削る量が長期的な視野で見ると少なくなるのではないでしょうか。 あともう一つ、初期虫歯に対する対応なんですけれども、一部の歯医者さんでは、”黒いところがあるば虫歯”という風に判定されて、本当はその時に削らなくても良かった歯を削られてしまうという事例もあるようです。 当院では自由診療で行っておりますので、国際的な虫歯の判断基準:ICDASといった 根拠に基づいて、今治療するのがベストなのか、もしくはもう少し経過観察をした方が良いかという事を判断しております。 もちろんあまり長く放置しすぎて悪くなってしまったら意味が無いですから、定期的な健診を受けるというのは、前提条件ではあります。 例えばフッ化物を作用させたりだとか、お口の中の環境を良くする事で、進行がゆっくりになることもあります。 もしくは慢性化してほとんど進まなくなるという事例もございますので、そういう面では、無駄な歯の治療は避けるようにしています。 まとめるとですね、まず治療しなければいけないという場合には、長持ちするしっかりした治療を受けて頂いた方がよろしいと言う事。 そして初期虫歯に対して黒くなっているからと言って、安易に削るという選択をしないというところが大事と考えております。

http://gooddentist.jp/1709-6/

gooddentist.jp みなさんこんにちは、横浜市西区で歯科医院を開業しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当…

gooddentist.jp 22/09/2017

歯医者さんの臭いや音が苦手で通院するのが…

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院中の患者さんで、『歯医者さんの臭いや音が苦手で、以前の歯医者さんで通うのが大変だった』という50代女性のお悩みについて解説いたします。 よく歯科医院に行くと、中に入ると薬品の臭いだったりだとか、キーンという削る器具の音が非常にうるさくて、歯科医院に入るとそれだけで緊張してしまうという声をよくお伺 いいたします。 ただ最近では、かなり改善されてきていますので、その原因と現在どのように解決しているか、という点を解説いたします。 まず臭いですが、かつては揮発性の高い、つまり蒸発しやすいお薬を歯の中に使ったりする治療が多かったんですね。 そのため、その臭いがクリニック中に広まって、中に入るとその臭いがプーンとするということが、特に昔の歯医者さんには多かったようです。 ただ最近ではそのような揮発性の高いお薬は、体に悪影響があるという報告がありまして、最近ではあまり使われていないようです。 また、音に関しては、キーンという独特の甲高い音は、エアタービンと言って、空気を圧 縮する事で、削る機械を回す、そのようなシステムでしたので、非常に甲高い音がしたんですね。 しかし最近では、空気ではなくて電気の力、それによって機械を回転させて切削するという方法がかなり普及しておりますので、ある程度音がするのは仕方ないんですけども、かつての歯医者さんと比べると、音と言うのはかなり静かになっているのではないかという風に思っております。 また、ただ音がしない、臭いがしないというだけではなくて、それにプラスして、患者さんがリラックスできるような音楽がかけたり、アロマを焚いたりして、より積極的に治療中の不快症状、緊張を緩和させようというようなクリニックも増えています。 当院でも揮発性の高いお薬は一切使っておりませんし、クリニックにいる時間を快適に過ごしていただけるようにBGMやアロマにも配慮して環境を整えております。 なので、薬品の臭いやうるさい音のしないという点で歯医者さんを選ばれるのも一つかと思われます。

http://gooddentist.jp/1709-5/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院…

gooddentist.jp 22/09/2017

歯の治療をしたのにまた悪くなる事ってあるんでしょうか?

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は、当院に通院中の30代女性のお悩みについて解説いたします。 そのお悩みというのは、『一度歯の治療をしたら、その歯はまた悪くなる事はないのでしょうか?』というご質問でした。 まず、これはどんなものにも言えますが、人工物が永遠に機能するという事はまずないと考えていた方が良いです。 治したところが何故悪くなるのかという点なんですが、銀歯を詰めるにしても、セラミックスを詰めるにしても、ご自分の歯と人工物の境目というのが必ずどこかに存在しますので、そこはどうしても汚れが付きやすい場所になります。 もちろん詰めたもの自体は人工物ですから、虫歯になることはありません。 しかし、そこの境目に汚れが付きやすい状態であれば、当然ご自分の歯が虫歯になっていったり、材料の耐久性によっては、例えば腐食したり、変形して、最初ははぴったり合っていたとしても、長い時間が経つ事で、合わなくなってくるという事があります。 一般的な銀歯の耐久年数で言うと、統計的には7・8年という結果が出ておりますので、取れたり、痛みが出ていなくても、7・8年以上経っている銀歯は、何らかの問題が起きていてもおかしくないと考えていた方がよろしいと思います。 ですので、古い詰め物は必ずやり替えないといけないというわけではないのですが、その部分はよく歯科医院で調べていただいて、痛みが出ていなくても、問題があるようであれば早めに処置をするということで、ある程度悪化は防げるのではないでしょうか。 しかし、歯を何回も治療すればするほど、歯の寿命というのは短くなっていきますから、何度も治療を繰り返さない状態を保つ事が大事であると考えています。 そのため、長い時間経っても変形や腐食がない材料を使うかも重要です。 そして、どんな材料を使うとしても、詰め物かぶせ物とご自身の歯との境目がどれだけきっちり合わせられるかというのは、非常に重要です。 それこそミクロン単位の話で、虫歯菌というのは、1ミクロンくらいで(*1ミクロンというのは1ミリの1000分の1)非常に小さいものなので、見た目上非常にぴったりあっているように見えてもですね、実際は結構な段差になっていることが多いです。 ですので、当院では、まず被せ物は、セラミックスを代表とした長く耐久性が保てるものを使用することを心がけていますし、その被せ物と歯がどれだけぴったり合わせるかという所にも、非常に時間やコストをかけて行っております。 そのため治療は自由診療となりますが、ご自身の体への投資と考えると、長期的な視野では、おそらくそれほどコストが高いものではないのではないかと考えております。 ですので、しっかり治療したとしても必ず再発する可能性はあるというのを認識いただいたうえで、ではその上でどのような治療法を選択するかというところが大事な点だと思っております。

http://gooddentist.jp/1709-4/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は、当院に通…

gooddentist.jp 22/09/2017

口臭が気になって、他人の視線がきになる

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院中の患者さんのお悩み、『口臭が気になって、他人にどう思われているのか心配』という50代男性のお悩みについて解説いたします。 口臭を気にされている方は、男性女性、そして年齢に限らず非常に多いように感じます。 これはマナーの問題として、身だしなみも含めて口臭が気になる方が多くなってきているという背景があるのではないかと思います。 もしくはこの相談された方のように、実際に口臭がすると、配偶者の方や、お子さんに口が臭いと言われて、自分では自覚していなかったのですが、そのように言われて来院されたという方も多々いらっしゃいます。 口臭の原因ですが、これはいくつかあります。 まず、お口の中の問題からお話ししていくと、まず唾液の減少、これが大きく関係しているケースがあります。 唾液は菌の繁殖を抑える働きがありますから、例えば加齢や糖尿病・高血圧などのお薬の副作用などで唾液が減少することがあります。 もちろん虫歯や歯周病があれば、そこから菌が発する臭いによって口臭がしてくることもあります。 また、意外と見落とされがちなんですけども、舌についている汚れによって、口臭がしてくることがあります。 他には内科的に、糖尿病などの内科的な疾患があると、それによって体の中から、口の中からではなくて、体の中から臭いがしてくることもあります。 それぞれの対策としては、内科的な問題がある場合には、まずそちらの治療を行う、もしくは自分の内服しているお薬に唾液が減少する副作用がないかどうか、それを担当医の先生にお聞きすると良いでしょう。 もし、唾液が減少する副作用があるようでしたら、可能であれば違うお薬に変えて頂くという選択肢も一つではないでしょうか。 あとはお口の中の問題に関しては、もちろん虫歯・歯周病があればこれは口臭以外の弊害もございますので、早めに治療される事を勧めます。 唾液の減少に関しては、年を取ってくると唾液の量というのは少なくなってきますので、ある程度仕方ところはあるのかもしれません。 ただ、例えばよく噛んだりだとか、唾液腺を例えばお風呂に入っている時に、10回くらいマッサージしてあげたりだとか、そうすることで唾液が出やすくなることもありますので、そういったマッサージをするというのも1つの手だと思います。 あとは舌の汚れに関しては、普段お使いの歯ブラシで構いませんので、歯磨きをしたあとに、1日1回夜だけで結構ですので、舌を歯ブラシで磨いてあげると良いでしょう。 あまり奥に突っ込むと、気持悪くなってしまいますので、気持ち悪くならない範囲で、舌を何回かゴシゴシやっていくだけで、綺麗になりますので、そういった形で対処をされるのが、よろしいでしょう。 あとは神経質な方に多いのですが、本当はほとんど口臭がないのに、他人の身ぶり手ぶりなどで自分は口臭がしてるんじゃないかという風に思い込んでしまう方もいらっしゃいます。 客観的に口臭がしてるどうがを判断するとしたら、いわゆる口臭外来などがある専門医療機関にかかっていただいて、臭いを判定する機械で客観的な数値として、口臭がしているのかどうかを調べるのも、1つの方法かと思われます。 まずは口の中に問題がないかどうか歯科医院でチェックしていただいたり、舌を軽く磨いてあげるというところが一番の対策になると思います。

http://gooddentist.jp/1709-3/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院…

gooddentist.jp 22/09/2017

なぜ歯の治療はこんなに長くかかるのか?

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院中の患者さんのお悩みに対してお答えしていきます。 お悩みの内容は、『何故歯の治療はこんなに長くかかるのか』と言う事です。 この方は50代の会社経営の方でお時間がないという事もあり、この様に思ったのではないかと思われるのですが、この方に限らず歯医者に通うとなかなか終わらないという不満、お悩みを聞く事があります。 まずその原因の一つは、なかなかみなさん歯医者にいらっしゃる時と言うのは、もうかなり状態が悪くなっている方が多いんですね。 こまめに検診を受けているような方であれば、問題が小さいうちに、数回で治療が終わって、また定期検診に戻って行くという方が多いです。 本当に痛くなるまで、ギリギリまで我慢してからいらっしゃるような場合には、その問題 の歯以外にも、例えば歯周病の問題だったりとか、噛み合わせの問題だったりとか、もしくは歯を抜かなければいけないなんていうケースでは、非常に回数がかかり、結果歯医者 に1年も2年も通う事になるという事になってしまうのではないでしょうか。 対策としては、一つは先ほどお話したように、御自身では異常が無いと思っていても定期 的に検診を受けていただいて、もしその時に問題があるとしたら、小さいうちに治療して おくという事をお勧めいたします。 また、例えば不幸にも非常に多くの問題が起きているという場合には、これはある程度時 間がかかることは仕方ないと思っています。 特に保険診療で、1日20人も30人も診なければいけない歯科医院の場合には、一人の 患者さんにかけれる時間と言うのは非常に限られております。 そのため例えば一人30分の時間を取っていたとしても、どうしても治療が細切れになりやすいですから、その分回数がかかるという事は起こりやすいでしょう。 当院では自由診療ですので、一人の患者さんを1時間半をベースに、長い時間をお取りしています。 患者さんを同時に何人も並べて診る事もありませんので、私が付きっきりで1時間半なら 1時間半、2時間なら2時間、きっちり治療を密度高く治療して、一緒に出来るところが あれば、同時に治療を行うようにしております。 もちろんそれでも長くかかることはありますが、普通に保険診療の歯医者さんに通うより は、おそらく短期間でしっかり治す事ができるのではないかと考えています。 なので、もし例えば何か事情があって、早く治療を終わらせたいという方の場合には、自 由診療の歯科医院を選ぶというのも一つの考えではないでしょうか。

http://gooddentist.jp/1709-2/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は当院に通院…

gooddentist.jp 22/09/2017

なぜ何度通ってもなかなか歯の調子が良くならないの?

こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は、他のクリニックに通っていた方で、その後当院に治療に来た患者さんのお悩みについて解説いたします。 40代女性の方で、『何度通ってもなかなか歯の調子が良くならない、何カ月も通っているのだけど症状が改善しない』というお悩みでした。 これはこの方に限らず、非常に多くの患者さんからお伺いすることが多い悩みです。 その原因と対策について解説していこうと思っています。 まず治療が長期化する、良くならないという原因について2つに分けて解説します。 まず1つは、その治療自体が凄く時間がかかる内容なので、1本の歯を治すのに、何カ月もかかっているというケースです。 まずこのケースは、特に歯の根っこの治療を行うケースが多いんですけども、例えば本当に半年とか、1年間くらいやってもなかなか良くならないという話をよく聞く事があります。 理由は何故かと言うと、歯の神経というのは髪の毛より細い、枝みたいなものがたくさんあってですね、それを完璧に綺麗にするというのは、非常に時間がかかる治療なんですね。 特に保険診療の場合では、一人の患者さんの治療時間を30分だとか、短いところだと20分とかで予約を取る事が多いですから、どうしてもその分、例えば一本を治療するのに10回くらいかかったりする、と言う事が時々あるようです。 ただ、何回も治療する事は実は治療の予後に影響しないという論文もありますし、かえって予後が悪くなるというような結果も出ている論文もありますので、それはできるだけ短い治療で終わらすと言う事は、患者さんにとっても有益ですし、歯の予後にとっても非常に大事なところなので、実は長い期間治療したからといって良くなるとは限りません。 ですので、理想的には1回の治療に、特にそのような根っこの治療に関しては、1時間半とか2時間、最低1時間くらいは時間を取って、2回から3回くらい、長くかかったとしても、4、5回くらいで終わるようにすべきというのが、今の最新の考えです。 あともう一つ治療が長期化する原因としては、例えば自分が気になっているところが左の上の歯だとしても、なかなか先生がそこを治療してくれないという悩みを聞く事もあります。 これは、私自身はあまりそういった事は患者さんに言われる事はないのですが、考察する にですね、おそらく患者さんにとっては非常に悩みが大きいところなんだけども、ドクターの医学的 な見地からは、他の所をもっと先に治療した方が良いと言う風な判断で進められているのではないのかなという風に思います。 ですから、まずなかなか気になるところをやってくれないという風に感じられたら、一度担当の先生と治療の進め方、もしくはいつ自分の気になるところをやってくれるのかという事を一度ご相談された方が良いかもしれません。 特に日本人の患者さんは非常に気を遣われる方が多いので、ドクターに対してこういう事を聞いちゃいけないのかなとか、治療に対する口出しをしたら機嫌が悪くなってしまうの かなという風に気にされる方が多いんですけども、それですといつまでも、ドクターと患 者さんの溝は埋まらないと思いますので、そこはもう正直にご自分の考え、気持をお伝えするのが一番ではないかという風に考えています。 当院では、基本的に最低1時間、通常1時間半くらいの予約時間を取るようにして、できるだけ少ない回数で、もしくはまとめて治療できるところはまとめて治療して、可能な限り早く治療を終えて日常生活に戻っていただくというような治療計画を心掛けております。 また、私の一人よがりではなくて、患者さんの希望、もしくは都合、そういった事を聞きながら治療を進めるようにいたしております。 まとめるとですね、何か気になる事があったあ、ざっくばらんに聞くのが一番の近道、という風に考えております。

http://gooddentist.jp/1709-1/

gooddentist.jp こんにちは、横浜市西区で歯科医院を経営しております、プライベートデンタルオフィスの秋本です。 本日は、他のクリ…

ビデオ (すべて表示)

アキモトプライベートデンタルオフィス紹介動画

カテゴリー

電話番号

住所


Yokohama, Kanagawa
220-0004
医療・健康のその他Yokohama (すべて表示)
訪問看護ステーション ナースアテンダント 訪問看護ステーション ナースアテンダント
中区相生町1-18
Yokohama, 231-0012

横浜で在宅看護・介護のサービスをお探しなら、訪問看護ステーション ナースアテンダント

おがさわら治療院・整骨院(横浜市) おがさわら治療院・整骨院(横浜市)
青葉区美しが丘2-20-1 美しが丘アレービル103
Yokohama, 225-0002

横浜市青葉区にある接骨院。たまプラーザ駅より徒歩3分。ぎっくり腰、ヘルニアやむち打ちなどの交通事故治療、逆子治療なども提供しています。 http://ogasawara-seikotsu.com/ TEL:045-903-1186

中国式気功整体院  Re+  リ・プラス 中国式気功整体院 Re+ リ・プラス
南区高根町3-17-32
Yokohama, 232-0022

横浜の癒しどころで心からキレイになる!!

Oralpeace Oralpeace
中区南仲通4丁目43番地 馬車道大津ビル
Yokohama, 231-0003

「Oralpeace」 is innovative oralcare brand from Japan.

ふれあい鍼灸整骨院 ふれあい鍼灸整骨院
緑区台村町352
Yokohama, 226-0014

JR横浜線中山駅徒歩4分 腰痛・肩こり・捻挫・頭痛・ぎっくり腰・交通事故(ムチウチ)治療ならお任せください!

東テニス整骨院 東テニス整骨院
綱島西2-17-18 東テニス整骨院
Yokohama, 2230053

東急東横線「綱島」駅から徒歩6分 テニスのプロと世界を回っていたトレーナーが手掛ける整骨院。

【都筑区の活法整体マッサージ】山田治療院(センター南 【都筑区の活法整体マッサージ】山田治療院(センター南
都筑区茅ヶ崎中央26-33 グリーンヒルズ201
Yokohama, 224-0032

センター南駅から徒歩5分、活法整体マッサージの山田治療院 公式サイト→http://www.care-yamada.com

女性専門整体院【横浜Visseマッサージ治療院】 女性専門整体院【横浜Visseマッサージ治療院】
横浜市中区山下町28-2ライオンズプラザ山下公園506
Yokohama, 231-0023

腰痛や肩こり、頭痛、むくみなどの、痛みや不調に悩む方のための、女性専門・完全予約制のマッサージ整体院です。

EMR財団 EMR財団
中区新港2‐2‐1 横浜ワールドポーターズ6階 NPOスクエア
Yokohama, 231‐0001

サニー接骨院 サニー接骨院
都筑区茅ケ崎南5丁目2-14
Yokohama, 224-0037

にこにこ訪問看護ステーション にこにこ訪問看護ステーション
栄区小菅ケ谷4丁目9-38
Yokohama, 2470007

横浜市栄区の訪問看護ステーションです。24時間連絡対応で、ご利用者様やご家族様の生活のお手伝いをします。

横浜で行う健康交流セミナー 横浜で行う健康交流セミナー
神奈川県
Yokohama, 245-0002