地方独立行政法人 神奈川県立病院機構

地方独立行政法人 神奈川県立病院機構

足柄上病院、こども医療センター、精神医療センター、がんセンター、循環器呼吸器病センターの各病院の持つ機能を存分に発揮し、患者さんに「質の高い安全な医療」をお届けします。 <Facebookアカウント運用ポリシー>

神奈川県立病院機構Facebookページ(以下「当ページ」とします。)は、次の方針で運用しております。

【目的】
神奈川県立病院機構の各病院について、より多くの方に興味・関心を持っていただけるよう、情報を全国的に広く提供していくことを目的としています。

【コメント削除基準】
以下のような内容のコメントについては、発言者に断りなく削除することがあります。
(1)記事の内容や他者のコメントに関係のないもの。
(2)政治的活動、宗教的活動、営業活動その他営利を目的としたもの。
(3)他人の個人情報を含むもの。
(4)誹謗中傷を含むもの。
(5)違法行為又は違法行為を煽るもの。
(6)虚偽や事実誤認の内容を含むもの。
(7)神奈川県立病院機構を含む他者になりすましたもの。
(8)意味のない連続した文字列やランダム文字列のもの。
(9)公序良俗に反するもの。
(10)(1)~(9)の内容を含む外部ページのURLまたはリンクを含むもの。
(11)その他神奈川県立病院機構が不適切と判断したもの。

【免責事項】
(1)神奈川県立病院機構は、投稿されたコメントに対する回答を行いません。また、投稿されたコメントについて、一切の責任を負いません。
(2)神奈川県立病院機構は、コメントの投稿者間、もしくはコメントの投稿者と第三者間のトラブルによってコメントの投稿者または第三者に生じたいかなる損害について、一切の責任を負いません。
(3)神奈川県立病院機構は、当運用ポリシーを予告なく変更する場合があります。

【お問い合せ】
当ページの運営に関するお問い合せや、ご意見・ご要望は、神奈川県立病院機構へのお問い合わせフォームをご利用ください。
https://kanagawa-pho.jp/mailform/1595/mfp01/

通常通り開く

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 21/09/2021

認知症看護の充実にむけた他職種によるチーム活動をキックオフしました!
(循環器呼吸器病センター「D<Dementia&Delirium>S<サポート>T<チーム>プロジェクト」)
 
2040年まで増え続けると言われている高齢者人口!当センターも例外なく高齢化が進んでいます。地域医療支援病院として、地域の高齢者の皆さんに安心して専門医療を受けてもらえる病院を目指し、昨年よりDSTプロジェクトがスタートしました。
そして、特に、令和2年度診療報酬改定において新設された、「せん妄ハイリスク患者ケア加算」算定開始に向け
ての取り組みを中心に、1年間活動してきました。
当センターは循環器と呼吸器の専門病院であるため、せん妄ハイリスク患者が多く入院されます。しかしこれまでは、せん妄対策についてシステム化されておらず、個々の看護師の経験値に頼り、時に対応が遅れ、せん妄が発症・悪化し、治療が困難となるケースもありました。
加算新設を機に、入院時全症例についてせん妄リスクをスクリーニングし、システムに沿って対策を導き出せるようになりました。せん妄発症率は明らかにできていませんが、看護師の経験を問わず、誰もがシステムに沿ってケアを行うことで、意図的・予測的に関われるようになり、せん妄の予防や早期発見・早期対応についての対応力は一気に向上したと思います。
いよいよ、8月に多職種チームの立ち上げをしました。看護師のケアだけでなく、医師による身体症状のコントロールや薬物療法、薬剤師によるせん妄ハイリスク薬への対応、理学療法士による不動化の解消、社会福祉士によるその人らしい生活の継続など、より一層、認知症&せん妄の対応力向上を目指して取り組んでいきたいと思います。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 14/09/2021

がんセンター6E病棟の紹介です!

6E病棟は主に婦人科・乳腺内分泌外科の患者さんを対象とした女性専用病棟です。
手術や化学療法、放射線療法を目的とした患者さんが多く入院しています。

今年度は4月に3名の新人看護師を迎えました。患者さんに寄り添い、その人らしさを大切にした看護を実践できるように、日々頑張っています。
6E病棟では令和3年2月からPNSを導入し、ペアで看護実践することで、患者さんや看護師にとって安心・安全な看護が提供できるよう日々頑張っています!
8月からは、先輩看護師のサポートを受けながら初めての夜勤を行いました!

また、看護局の新たな取り組みとして、夜勤勤務者のユニフォームをエンジ色に統一し、夜勤者が一目でわかるようになりました。業務の引継ぎを促進し、協力体制の強化につながり、結果として時間外勤務の短縮につながる効果があるとされています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 13/09/2021

夏祭り(こども医療センター 4階西病棟)

みなさん、こんにちは。こども医療センター4階西病棟です。
4階西病棟には、学童期から思春期、AYA世代まで年齢の幅広い患者さんが入院しています。また、外科や内科の様々な治療が必要な患者さんを対象にしています。入院・治療という過酷な環境ではありますが、そのような中でも季節のイベントを看護師、保育士で協力して行い、患者さんのストレス緩和に努めています。
今回は8月26日(木)に実施した夏まつりの様子を紹介します。感染対策をしながら、どのような方法であれば、患者さんたちが楽しめるイベントになるかを考えました。また、工作が得意な患者さんもいますので、夏まつりの装飾等の準備は患者さんたちと作成しました。夏まつり当日も患者さんたちの楽しそうな表情を見ることができ、企画側としてとても嬉しい時間になりました。
コロナ禍ではありますが、感染対策を実施しながら、入院中の患者のストレスを緩和できるようなイベントを今後も実施していきたいと思います。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 09/09/2021

患者さんが安心して受診できる環境を整えています
(足柄上病院 外来看護科)

こんにちは!足柄上病院では「感染を広げない」を合言葉に、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、正面玄関で来院者の体調確認を徹底しています。発熱や咳などの体調不良のある方には、丁寧にご本人やご家族から問診し、症状が出る前にさかのぼって状況を確認し、適切に診療を受けられるようにご案内しています。現在は感染拡大もあり、身近に新型コロナウィルス感染症を発症した方がいるなどの情報も感染を広げないために大切です。発熱外来の看護師は個人防護具を着用し物々しい姿ですが、感染を広げないように細心の注意を払っています。
不安の中で受診する患者さんが少しでも安心できるように丁寧な声掛けや対応に努めています。
職種や世代を問わず大変な世の中ですが、みんなで共に乗り越えていきましょう。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 09/09/2021

COVID-19ワクチン接種に協力しています~看護師養成校編~

がんセンターでは、神奈川県等からの依頼により、ワクチン接種に協力しています。
8月6日と27日は神奈川県立よこはま看護専門学校の学生さんへのワクチン接種を行いました。
感染対策でソーシャルディスタンスを保ちながら、ルールを守って行い、問題なく終了しました。
看護学生さんたちは、昨年から、通常の実習に出ることができず、工夫をしながら学内学習を行っていると聞いています。
がんセンターでも、予定していた実習の受け入れができなくなり、看護学生さんのいきいきとしたパワーから刺激を受ける機会が減り、残念に思っています。
一日も早く、一緒に臨床現場に立てる日が来ることを心から願っています。

事務職 採用案内 | 神奈川県立病院機構 08/09/2021

事務職 採用案内 | 神奈川県立病院機構

☆神奈川県立病院機構職員採用選考『事務職(幹部候補者)』のお知らせ☆

皆さんこんにちは!
神奈川県立病院機構本部事務局人事部です。
本日、『事務職(幹部候補者)』のお知らせ(受験案内)を機構ホームページ「職員採用案内」に掲載しました。

https://kanagawa-pho.jp/employ/officeworker.html

受験をご希望の方はホームページから申込書等をダウンロードし、申込期限までに申し込みをお願いします。
申込期限:令和3年10月15日(金)(消印有効)
共に働きたいという志を持つ皆様からのご応募をお待ちしております!

事務職 採用案内 | 神奈川県立病院機構 地方独立行政法人神奈川県立病院機構の事務職の採用案内です。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 30/08/2021

~通院患者さんが安心して過ごせるために~
精神医療センター 外来看護科

外来では新型コロナウィルス感染症対策の一貫として、病院入り口でサーマルカメラによる検温と手指消毒をお願いしています。
発熱や体調不良がある方は、受診をご遠慮頂く場合もありますので、職員にお申し出ください。なお、待合室の密を避けるために、状態の安定している患者さんには主治医による電話再診を行っています。ご自宅へ処方せんを郵送するなどの対応も行っていますので、主治医または外来看護師へご相談ください。今後も職員一同感染予防に努めながら、患者さんやご家族の皆様に安心して受診していただけるよう心がけていきたいと思います。
外来診療では、一般精神・ストレスケア・思春期・もの忘れ外来・依存症外来など幅広い病態・年代の方へ専門的な医療を提供しています。さらに、12歳~17歳を対象にしたインターネット・ゲーム依存症に関する診療も開始しました。ご自身やご家族の皆様の心配や悩み事がある方はぜひご相談ください。
私たち外来看護師は、患者さんやご家族の皆様の気持ちに寄り添いながら、治療が継続できるように支援を行っています。家庭や地域で安心して生活することができるように、外来看護師やケースワーカーが、ご自宅や生活の場に伺うこともあります。また、病棟や地域とのカンファレンスに参加するなど多部門と連携しながら、患者さん個々のニーズに添った対応ができるように取り組んでいます。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 10/08/2021

七夕まつり(こども医療センター看護局)
 
みなさんこんにちは、こども医療センター5階西病棟です。
私たちの病棟は、幼児から学童期を主とした血液・腫瘍科をはじめとする内科科系各科の患者を対象としています。また、長期入院や入退院を繰り返す患者が多いです。そのため、入院や治療のストレスを少しでも緩和するために、年間を通して季節ごとに病棟主催でイベントを行ったり、ボランティア主催のイベントを随時開催したりしています。
病棟では7月7日(水)に七夕のイベントを開催しました。今年も感染面を考慮し、2部制でイベントを行いました。前半は病棟保育士が七夕の由来について、パネルシアターでお話し会をしました。その後、子ども達にピアノやトライアングル、鈴など好きな楽器を選んでもらい、皆で七夕の音楽を演奏しました。子ども達はピアノを習っていた子や楽器が好きな子が多く、イベント前から練習をしていました。
私たちの病棟では、大人から一方的に提供するイベントではなく、子ども達がやりたい事をできるような環境を大切にしています。そして、入院生活という非日常的な空間から元気な時の日常を思い出せるように企画しています。保護者の方からも「子どもがとても(イベントを)楽しみにしています」との声もいただいています。今後もコロナ禍でイベントが制限される中ではありますが、感染対策を配慮しつつ子ども同士の交流を大切にしたイベントを考えています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 02/08/2021

5B病棟は退院支援や業務改善に力を入れています!
(足柄上病院看護局・5B病棟)

5B病棟は、総合診療科・消化器内科・脳神経外科などの様々な疾患をもつ患者さんが入院しています。患者さんは70~80歳代の方が多いです。入院が長期間となるケースもあり、退院支援がとても重要です。そのため、毎日、退院支援カンファレンスを行い、現在の状態を評価しながら、患者さんが安心して退院できることを目指し関わっています。
さらに、病棟のグループ活動にも力を入れ、物品整理をはじめとした業務改善など、看護師が働きやすい環境づくりにも取り組んでいます。
写真は、退院支援カンファレンスの様子と入職1年目・2年目の看護師です。共に学習しながら成長しています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 29/07/2021

がんセンター看護局(7W病棟の紹介)

7W病棟は血液内科の無菌病棟です!白血病の患者さんが多く入院され、大量化学療法や造血幹細胞移植を行っています。
患者さんにとって人生における大切な治療の機会を、今はつらくても、のちに前向きに振り返ることができればと願いながら、日々寄り添い、チーム皆で看護しています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 26/07/2021

コロナ病棟の2年目
(循環器呼吸器病センター看護局 1階南病棟)

当センター1南病棟は、結核病棟から病棟編成をおこない新型コロナウイルス感染症病棟になり2年目を迎えました。神奈川県の新型コロナウイルス感染症の重点医療機関でもあり、現在も感染拡大に応じて、柔軟に対応ができるようチーム一丸となって取り組んでいます。昨年は、コロナ禍の中で、新採用者2名を迎えました。日々、先輩看護師の指導を受けながら、感染症対策の基本を学び、安全な看護実践ができるよう専門知識を学び、今年度はステップI取得に向けて研修に取り組んでいます。患者さんに寄り添う姿を見るたびに成長がうかがえます。
今年度も、新たに2名を迎えることができました。早期から指導体制を見直し「OJT」(On the Job Training略)を中心に、経験が成長につなげられるよう指導を進めています。先輩看護師にとっても、指導を通して、新たな学びを発見できる機会となっており、互いに切磋琢磨し、励みあう日々になっている様子です。
今後も、病棟の強みでもある専門性を発揮した看護の提供を心がけ、笑顔を忘れず、チーム力の向上を目指します!

医療技術職 採用案内 | 神奈川県立病院機構 21/07/2021

医療技術職 採用案内 | 神奈川県立病院機構

☆神奈川県立病院機構職員採用試験のお知らせ☆

皆さんこんにちは!
神奈川県立病院機構本部事務局人事部の前川と申します。
本日、『医療技術職(一般採用)』のお知らせ(受験案内)を機構ホームページ「採用案内」に掲載しました。

https://kanagawa-pho.jp/employ/iryo-gijutsu.html

受験をご希望の方はホームページから申込書等をダウンロードし、申込期限までに申し込みをお願いします。
意欲あふれる皆様からのご応募をお待ちしております!

医療技術職 採用案内 | 神奈川県立病院機構 地方独立行政法人神奈川県立病院機構の医療技術職の採用案内です。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 19/07/2021

がんセンター 病棟の紹介 7E病棟
 
新型コロナウイルス感染症への対応のため、7E病棟は2021年3月から感染症病棟としても機能しています。都道府県がん診療連携拠点病院としての役割を果たすとともに、新型コロナウイルス感染症陽性または疑いの患者さんの看護を行っています。
各部屋にはTV画面付きモニターがあって患者さんとやりとりができます。
部屋から出られない患者さんにとって食事は数少ない楽しみのひとつです。写真は、配膳の様子です。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 13/07/2021

~精神科救急病棟のワンダウンポジション~
精神医療センター 5A病棟(精神科救急病棟)

5A病棟は夜間・休日も含め通院患者さんの入院と、神奈川県内の救急入院の患者さんを受け入れています。急な入院で緊張の強い患者さんも多く、安心できる関わりとして、「ワンダウンポジション」を心がけています。そして入院時から退院を見据え、多職種と連携し早期に社会復帰できるよう支援しています。
患者さんが思い描く地域生活の実現に向けて、身のまわりのことから自己決定を支援し、日々患者さんの思いを受け止め、患者さんの心に寄り添う看護ができるよう努めています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 06/07/2021

「こども医療センター 5南病棟です」
(こども医療センター看護局)
 
5階南病棟は乳幼児を対象とした内科病棟です。
PNS(パートナーシップナーシングシステムの略。2人の看護師が共働して、複数の患者を受け持つ看護方式)を推進しており、受け持ち看護師を中心とした継続的な看護を実践しています。
今年4月に4名の新人看護師を迎えました。新人看護師と先輩看護師でパートナーを組むことで、看護技術やケア、患者さんへの声かけの方法や接し方をより実践的に学ぶことができています。また、パートナーと共に行動することで、すぐに相談ができる環境にあり、患者さんの情報を共有するため看護師間のコミュニケーションが活発になり、新人看護師にとってPNSは不安を軽減することにも繋がっています。
毎年、年度末に次年度の年間パートナーを決め、全員がどんな看護を取り組んでいきたいか、PNS宣言を紙に書いて、病棟に貼り出しています。
今年もスタッフ一同患者さんやご家族に寄り添い、看護の質の向上を目指していきます。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 30/06/2021

神奈川県立がんセンターのCOVID-19対応
(感染制御室)
 
がんセンターでは、県内の新型コロナウイルス感染症で入院が必要ながん患者さんの受け入れを行っています。感染症対応病棟を中心に新型コロナウイルス感染症陽性者や疑い患者さんの対応をしています。
感染制御室では、職員が安全にそして安心して看護が行えるように個人防護具の着脱訓練などを行っている他、病棟を訪問し、いつでも相談できる環境作りを行っています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 28/06/2021

キュンがあふれるコロナ病棟!
(足柄上病院看護局・5A病棟)
 
5A病棟は、コロナ患者担当となって1年が経過しました。
今日も暑さ対策のアイスノンとコロナ収束への希望を背負い勤務しています。
この1年でスタッフ間の団結は強くなり、忙しさの中にも愛のある看護を目指して頑張っています!キュンです♡
コロナ担当の岩渕医師のさわやか笑顔もキュンです☆

#神奈川県立足柄上病院 #コロナ病棟 #キュンです #岩渕敬介

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 21/06/2021

寒川町の集団接種会場で医療従事者が協力しました!

神奈川県からの派遣要請を受け、こども医療センター、精神医療センター、がんセンター及び循環器呼吸器病センターの医師、看護師及び薬剤師、総勢18名が、寒川町の集団接種会場で、ワクチン接種業務に従事しました。

いつもは、違う病院で働く医療従事者が、ひとつの目的のために集まって、寒川町役場の職員の方とも力を合わせて、大きな事業を成し遂げることができました。寒川町の協力は、7月いっぱい続く予定です。

新型コロナの一刻も早い終息を願って、病院機構はできる限りの協力をこれからも続けていきます。

(寒川町のみなさま、本当にありがとうございました。)

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 21/06/2021

教育担当者の活動 -“共育力“-
(循環器呼吸器病センター看護局 教育担当者会議)
 
今年は例年の倍の人数の新採用者が就職してくれました。昨年度から「集合研修のスリム化とOJTの強化」を目標に掲げ、さらに本年は「共育力」をテーマに現場の教育力の強化を目指しています。
より一層、教育担当者の役割が重要になっており、教育担当者研修で年間の教育活動の目標・計画を立て、集合研修とOJTをつなぐための取り組みに挑戦しています。どう教育活動を可視化するか、どうチームを巻き込むかなど工夫を凝らし、コロナ禍でも負けない教育体制の構築を目指しています。
業務の合間に研修受講者のレポート支援をし、研修参加の推進をし、勇気を出してチームに教育活動について発信するなど、日々悩みながら、8名の教育担当者が奮闘しています。看護教育科としても、最大限サポートできるよう、現場の声に耳を澄ましながら、共に成長していきたいと思います。
循呼センターにもアジサイの季節がきました。少し頑張りすぎた時には自然豊かな景色を眺めてリフレッシュ!そして強みのチーム力で、より良い医療の提供を目指して前進していきます。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 17/06/2021

☆神奈川県立病院機構職員採用試験のお知らせ☆

皆さんこんにちは!

神奈川県立病院機構本部事務局人事部の前川と申します。
本日、『事務職(一般採用、経験者採用)』のお知らせ(受験案内)を機構ホームページ「採用案内」に掲載しました。

 https://kanagawa-pho.jp/employ/officeworker.html

受験をご希望の方はホームページから申込書等をダウンロードし、申込期限までに申し込みをお願いします。
意欲あふれる皆様からのご応募をお待ちしております!

写真は本部の職場風景です。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 11/06/2021

「看護の日イベントのご紹介」
(精神医療センター看護教育科)

看護週間は1990年12月に厚生省(当時)により、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日である5月12日を含む日曜日から土曜日までを国民の看護及び看護職に対する理解を深めるとともに、その社会的評価を高めていくための記念日として制定されました。
毎年この日に合わせて地域の方や患者さんへ向けたイベントを実施していましたが、昨年はcovid-19の影響で中止を余儀なくされました。今年は、テーマを「みんなに届け、看護のこころ」とし、担当者で様々な企画を考えていましたが、地域の方を招いての実施は断念することになりました。しかし、形を変えてできないか検討し、入院・外来患者さんを対象とした掲示物中心のイベントを実施することになりました。
看護の日のイベントではありますが、多職種が協働してアイデアを出し合い準備・企画をしました。掲示物のテーマは1.看護の日の成り立ち、2.医療者からのメッセージ、3.当センターの感染予防対策、4.当院で観察できる動植物の紹介としました。また、5月13日の昼食は、患者さんたちから人気の高いオムライスとシュークリームを特別食として提供しました。掲示物・特別食どちらも患者さんからは大好評でした。
来年は地域の方を招いてのイベントが実施できることを願っています!

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 03/06/2021

こども医療センター4階南病棟
 
4階南病棟は乳幼児を対象とした外科病棟です。主に手術や検査を目的とした患者さんが入院しています。患者さんご家族が安心して治療や検査が受けられるように、また退院後の生活が送れるようにスタッフで協力し支援をしています。病棟では保育士と連携し、プレイルームで遊んだり季節に合わせたイベントや飾りをして楽しめるようにしています。にぎやかで明るい病棟です。(写真の掲載にはご家族に了承を得ています。)

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 31/05/2021

こども医療センター看護教育科

こんにちは。看護教育科です。
4月1日、こども医療センターには、新卒新採用者58名、既卒新採用者12名、計70名の看護師が入職しました。今年度はCOVID-19 感染予防対策をしながら、集合研修を行っています。講義では、こども医療センターの理念や、職員としての心構え、小児病院ならではの看護の視点などを学びました。配属発表後は、各セクションに分かれて先輩看護師の動きをシャドウウィングし、自分の働くイメージについて話し合いました。「集合研修で学んだことを実践に活かしたい」「先輩や患者・家族と丁寧にコミュニケーションをとっていきたい」「チームの一員として、自分にできることをがんばっていきたい」などの意見があがりました。
現在、新人看護師は、集合研修とセクションでの研修や実践を繰り返しながら、日々学びを積み重ねています。看護教育科をはじめ、院内全体で新人看護師をサポートしています。新人看護師たちの今後の活躍に期待しています!

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 24/05/2021

新人看護師を迎えました!
(足柄上病院看護局・4A病棟)
 
4A病棟は外科・整形外科の病棟です。今年も4月に2名の新人看護師を迎えました。
今年の新人は新型コロナの影響で学生時代に臨地実習が少なかったこともあり、臨床での実践に不安が強い様子です。先輩看護師はその思いに寄り添いながら、看護師として着実に成長できるよう丁寧に指導をしています。
世の中は、非常に大変な状況ですが、こうして仲間が増えるのは本当に嬉しく、そして頼もしいです。今年も新しい風を感じながら、後輩の指導を通して先輩も共に成長していきます。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 20/05/2021

新採用者研修
(がんセンター看護局)
 
新型コロナウイルス感染症の影響で、例年通りの実習が行えず、不安を抱えて入職された今年度の新人看護師さんたち。
講義と演習を通して、社会人として働く助走をしました。
特に印象に残っている研修は「採血」。
モデル人形で練習後、先輩看護師の支援を得ながら実際に研修者同士でお互いの採血を行う体験をしました。
「看護師として信頼してもらえるように手順の振り返りや検査を受ける患者さんへの声かけを大切にしたい」という言葉が聞かれました。
2週間の研修後、いよいよセクションへの配置発表。
先輩たちは新しい仲間がくるのを心待ちにして準備をしてきました。一緒に頑張りましょう!

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 18/05/2021

COVID-19感染患者受け入れによって、不安定な状況になった病棟のチーム作りの工夫
―PNS®マインドを取り入れたToDo達成表を用いた取り組み―
(循環器呼吸器病センター看護局2階西病棟)

2020年4月からCOVID-19患者の受け入れに伴い、自部署は一時閉鎖したためスタッフは感染病棟や他病棟へそれぞれ変則的に配属されました。それまでは、PNS®の年間パートナーがペアナースの委員会や係の活動、院内・外の研修などを補完し協力し合っていましたが、その取り組みが行えない状況に置かれました。     そこで、個々のスタッフが抱える課題の状況把握と発信力の向上を目指し、「やらなくてはいけないもの」「忘れてはいけないもの」を付箋に書き出し、ToDo伝言板として貼りだすことを提案し実行していきました。
実際の使用は、「〇月〇日までに○○データ集計を出す」「〇月〇日までにレポート提出をする」など委員会や研修に関わる内容が多く記載され、メンバーからのフィードバックとして「応援しています」「データ集計お手伝いします」など、補完する姿勢や労いの言葉が記載されていきました。ToDoリストやメッセージは、ほとんどのスタッフが記載し、「自発的な発信や優先順位の整理ができた」「チーム内の心理的な開放感や結束を感じることができた」というプラスの意見が多く聞かれました。この試みにより、個々の課題が可視化され、団結力の強化や風通しの良い組織風土だけでなく、人材育成の役割の一端となりました。これからも良好なチーム作りを目指し続けていこうと考えています。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 10/05/2021

ナイチンゲール降臨!?
(精神医療センター看護局 4A(高度ケア)病棟)
 
ナイチンゲールは療養環境を整えることが病気回復に必要であると言っています。
慢性期病棟の患者さんは、病院が生活の場となっている方も多くいるため、身の回りを整理整頓することがセルフケア能力を維持、向上していくためのツールになります。また、看護師が毎朝決まった時間に環境整備に回ることで生活リズムを付けることにも役立ちます。
4A病棟では、部屋担当が個々に環境整備を行うのではなく日勤者が全員で全病室を回ります。清潔の保持だけでなく患者さんの状況を把握することで、その日の患者さんの精神状態などを観察しています。多くのスタッフが回ることで多面的に患者さんを把握できます。
患者さんの反応は「将来一人暮らしするから勉強になります」「朝、環境整備をしないと1日が始まらない」などの声が聞かれます。一緒に環境整備を行う積極的な患者さんもいらっしゃいますよ。
患者さん、職員全体で清潔な病棟づくりに励んでいます!!

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 20/04/2021

4東病棟 幼児学童外科病棟
(こども医療センター看護局)
 
満開の桜も芽吹き、葉桜となり2021年度が始まりました。PNS(パートナーシップマインドの略。2人の看護師が共働して、複数の患者を受け持つ看護方式)を推進している4東病棟では、新年度のパートナー決めという一大イベントが待っています。スタッフそれぞれが、自分の強み、弱みをカードにしたためて自己アピールを行っています。
そして、新採用者5名が新たに配属されました。今年は、どんな花が咲くか楽しみです。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 12/04/2021

新しい仲間と学ぶ患者とのコミュニケーション ~老年看護、認知症看護~
(足柄上病院看護局)
 
新採用者に向け、看護局主催で認知症看護認定看護師による研修を実施しました。
高齢者の特徴を疑似体験し、ユマニチュードケア®を取り入れた演習を行い、患者さんの視界に入り見つめ合い、声をかけ触れながら「あなたは大切な存在です」という気持ちを伝え、関わることを学びました。薬剤師や栄養士も参加し、「患者さんと関わる時にぜひ実践してみたい」と話していました。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 07/04/2021

神奈川県立保健福祉大学名誉学長より阿部志郎賞を受賞しました!
(循環器呼吸器病センター看護局)

当センター看護局2階西病棟に勤務するがん性疼痛認定看護師である堀越美保さんは、3月末に神奈川県立保健福祉大学保健福祉研究科保健福祉学専攻前期博士課程を修了しました。同時に、同大学のヒューマンサービスの実現と保健・医療・福祉の向上に貢献されたと 大学名誉学長であり阿部志郎賞を受賞しました。阿部志郎名誉学長は、神奈川県立保健福祉大学の初代学長であられ、福祉の分野で功績を積まれ現在も活躍中です。本人及び当センターでも大変名誉ある賞を頂き大変嬉しく思っています。
堀越さんは「3年間博士課程で学んだ実習や演習、研究論文などを多くの方に見て頂いたことが嬉しかった」「福祉の分野でパイオニアでもある名誉な方の賞を頂き大変恐縮です」と述べていました。また、「今は、学びを咀嚼し実践にどのように貢献するか考えているところです」と述べ、「専門性を高め質向上に貢献していきたい」と今後の抱負を語ってくれました。
看護局としても、活躍を期待するとともに次に続くスタッフを育成していきたいと考えています。

31/03/2021

薬剤師レジデント紹介動画(1分)

☆神奈川県立病院機構職員採用試験のお知らせ☆

皆さんこんにちは!
神奈川県立病院機構本部事務局人事部の斉藤と申します。
本日、『薬剤師レジデント』及び『薬剤師(経験者採用)』のお知らせ(受験案内)を機構ホームページ「職員採用案内」に掲載しました。


https://kanagawa-pho.jp/employ/iryo-gijutsu.html

受験をご希望の方はホームページから申込書等をダウンロードし、申込期限までに申し込みをお願いします。
意欲あふれる皆様からのご応募をお待ちしております!

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 24/03/2021

「コロナ禍2年目を迎える新人看護師教育体制について!~共育する力・伝える力~」
(循環器呼吸器病センター看護局 看護科長会)

2020年度4月当センターは神奈川県の新型コロナウイルス感染症の重点医療機関となりました。その為、新人看護師の配属を余儀なく期間限定の変則配置を行いました。PNSを活かした新人看護師教育、教育担当者間の情報共有・連携、OJTを強化してきました。また、新型コロナ患者の動向に柔軟に対応して1年が経過しています。新人看護師は、この激動の流れにも負けず頑張り成長しています。
もうすぐ2021年度4月を迎え、当センターではコロナ禍の人材育成2年目を迎えるにあたり、入職してくる看護師の基礎教育の実態、社会情勢等を踏まえ、看護科長会議においてディスカッションを行いました。
この社会情勢のなか、入職する新人看護師も、受け入れる看護師も様々な不安や緊張感もあるでしょう。
今年度の成果を強みに、「PNSの基本に戻る」「看護科長を中心に看護科長代理、教育担当者間の連携強化」「病院全体で新人看護師を育成」「更なるOJT強化」「メンタルヘルス」など「共育力」を強化し、安心して新人看護師が成長できるよう支援していきたいと考えています。

23/03/2021

3A病棟(地域移行支援病棟)の活動内容
精神医療センター3A(地域移行支援)病棟

3A病棟では多職種が一丸となって早期より退院を見据えた支援を行っています。病棟スタッフは「地域移行支援パス」「退院支援プログラム」「退院促進カンファレンス」の3つのチームで活動し多職種と協働・連携しながら進めています。
今回は病棟の3つのチームの活動について説明します。

【地域移行支援パスチーム】
地域移行支援パスは治療の質の均一化と、退院にむけた支援を患者さんと共有するためのツールとして作成されました。このツールを用いてチーム医療を推進し、医療の質の向上と平均在院日数の短縮をめざしています。

【退院支援プログラムチーム】
退院の意思を育むための環境を整え、退院後の生活をイメージしやすくし、理想と現実の折り合いをつけることを目的としています。4つのテーマ(食事・住居・生活全般・薬)で構成し、多職種で運営しています。横浜市退院サポート事業の一環として生活支援センターの職員の方も協働しています。

【退院促進カンファレンスチーム】
入院が長期化している患者さんに対して退院促進カンファレンスを行っています。訪問看護やヘルパー、区の担当者などが参加し、現状や今後の課題などを話し合い、地域で生活できるように支援しています。

これからも多職種と協働・連携しながら患者さんが地域で生活できるようにスタッフ一丸となり支援していきます。
写真は作業療法の時間に患者さんたちみんなでつくった作品です。

3A病棟(地域移行支援病棟)の活動内容
精神医療センター3A(地域移行支援)病棟

3A病棟では多職種が一丸となって早期より退院を見据えた支援を行っています。病棟スタッフは「地域移行支援パス」「退院支援プログラム」「退院促進カンファレンス」の3つのチームで活動し多職種と協働・連携しながら進めています。
今回は病棟の3つのチームの活動について説明します。

【地域移行支援パスチーム】
地域移行支援パスは治療の質の均一化と、退院にむけた支援を患者さんと共有するためのツールとして作成されました。このツールを用いてチーム医療を推進し、医療の質の向上と平均在院日数の短縮をめざしています。

【退院支援プログラムチーム】
退院の意思を育むための環境を整え、退院後の生活をイメージしやすくし、理想と現実の折り合いをつけることを目的としています。4つのテーマ(食事・住居・生活全般・薬)で構成し、多職種で運営しています。横浜市退院サポート事業の一環として生活支援センターの職員の方も協働しています。

【退院促進カンファレンスチーム】
入院が長期化している患者さんに対して退院促進カンファレンスを行っています。訪問看護やヘルパー、区の担当者などが参加し、現状や今後の課題などを話し合い、地域で生活できるように支援しています。

これからも多職種と協働・連携しながら患者さんが地域で生活できるようにスタッフ一丸となり支援していきます。
写真は作業療法の時間に患者さんたちみんなでつくった作品です。

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 15/03/2021

WEBで病院説明会を開催しています
(がんセンター 看護局)
 
新型コロナウイルス感染症の予防のため、病院説明会をWEBで開催しています。
当院への就職を考えているみなさん、どうぞ当院ホームページから参加をお申込みください。
病院の概要を知っていただいたり、院内の雰囲気を知っていただけたりするような内容になっています。令和2年度採用の新人看護師とも直接お話していただけます。
3月26日(金)が今年度の最終開催になりますが、まだ参加申し込み可能です。

WEB病院説明会のご案内
http://kcch.kanagawa-pho.jp/kango/event/index.html

Photos from 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構's post 15/03/2021

周産期センター 新生児病棟
(こども医療センター 看護局)
 
新生児病棟は回復期にあるあかちゃんたちの退院に向けた支援を行っています。近年は医療ケアを持ち帰る子どもも増えていますが、家族の生活スタイルを踏まえ、個々の家族らしい生活ができるような支援が重要です。また、あかちゃんの生活を考える上で、最も重要になるのは母乳育児を始めとした栄養計画です。乳房のセルフケアや母親が望む形の母乳育児ができるよう支援することを大切にしています。
病棟では、病棟保育士やボランティアさんの協力を得て、Family-Centered Careの一つとして離れて暮らすきょうだい達と一緒に季節感を感じられる「共同制作」を行っています。写真はきょうだいも制作に参加した節分のカードとボランティアさんによる雛祭りのカードです。離れていても家族共通の思い出を作り、共に季節の移り変わりや成長を感じることを大切にしています。

ビデオ (すべて表示)

薬剤師レジデント紹介動画(1分)
手術室速報!~師走も元気に明るく~(足柄上病院看護局) みなさん、こんにちは。足柄上病院手術室です。 私たち手術室スタッフは、患者さんの不安や緊張を少しでも和らげ、安全に手術を受けられるよう、患者さんの想いに寄り添い笑顔を大切に、手術室の看...
循環器呼吸器病センター「カッターレース」で大活躍!!
足柄上病院手術室だより~初めての学会発表!~の動画です。

カテゴリー

製品

足柄上病院
こども医療センター
精神医療センター
がんセンター
循環器呼吸器病センター

電話番号

ウェブサイト

住所


中区本町2-22
Yokohama, Kanagawa
231-0005

営業時間

月曜日 08:30 - 17:15
火曜日 08:30 - 17:15
水曜日 08:30 - 17:15
木曜日 08:30 - 17:15
金曜日 08:30 - 17:15
病院のその他Yokohama (すべて表示)
ともともクリニック ともともクリニック
神奈川県横浜市南区大岡4-7-6
Yokohama, 2320061

【診療科】 内科・糖尿病内科・漢方内科 【診療時間】 月:9:00-12:00, 15:00-19:00 火:9:00-12:00, 15:00-19:00 水:9:00-11:30, 午後休診 木:休診 金:9:00-12:00, 15:00-19:00 土:9:00-12:00, 15:00-19:00 日:休診

やまと診療所 日吉 やまと診療所 日吉
横浜市港北区日吉5-5-17
Yokohama, 223-0061

地域のみなさまのかかりつけ医として、患者さま、ご家族が安心できる暮らしをお届け出来るよう努めます。 地域のつながりに積極的に関わり、地域づくりに取り組みます。

松井クリニック(横浜市都筑区の病院) 松井クリニック(横浜市都筑区の病院)
都筑区勝田町324-3
Yokohama, 2240034

横浜市都筑区の病院なら松井クリニックへ

木村泌尿器皮膚科 (横浜市都筑区) 木村泌尿器皮膚科 (横浜市都筑区)
都筑区茅ヶ崎中央51-1
Yokohama, 224-0032

尿検査・超音波で腎結石・前立腺肥大症・膀胱炎・尿道炎をすばやく診断します。

リバーズ動物病院 リバーズ動物病院
旭区二俣川1-46-15
Yokohama, 241-0821

動物病院・トリミングのブログ

きぬた歯科 きぬた歯科
都筑区池辺町5486-3-101
Yokohama, 224-0053

JR横浜線鴨居駅北口徒歩3分

いちはな 接骨院 - 上永谷 いちはな 接骨院 - 上永谷
港南区丸山台2-12-17 港南壱番館1F
Yokohama, 233-0013

受付 9:00~12:30 14:30~19:00 (土曜17:30まで) 休診日 日曜・祝日  木曜の午?

裕徳会 港南台病院 裕徳会 港南台病院
港南区港南台2-7-41
Yokohama, 234-8506

横浜市港南区の84床の病院です。

大和スマイル歯科クリニック 大和スマイル歯科クリニック
1-8-1 YAMATO文化森1F
Yokohama, 242-0016

神奈川県の「大和駅」すぐにある、歯科医院です。(虫歯治療、小児歯科、インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病治療)

オグラ歯科医院(Ogura Dental Clinic) オグラ歯科医院(Ogura Dental Clinic)
保土ヶ谷区宮田町2-160-2
Yokohama, 240-0002

最先端の設備、高度な技術をもって、皆様の歯の健康を、そして笑顔を提供したいと考えております。インプラント・審美歯科・咬み合わせのことなら オグラ歯科医院までご相談下さい。

いなばクリニック inaba clinic いなばクリニック inaba clinic
港南区港南中央通13-24
Yokohama, 233-0004

いなばクリニック耳鼻咽喉科・皮膚科・アレルギー科 いなばクリニックispa

いなば耳鼻咽喉科 いなば耳鼻咽喉科
都筑区茅ケ崎中央51-1
Yokohama, 224-0032

木曜午後、日曜、祝祭日は休診です。