東神奈川駅

東神奈川駅(ひがしかながわえき)は、神奈川県横浜市神奈川区東神奈川一丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。乗り入れ路線当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線と横浜線の2路線で(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)、そのうち東海道本線を当駅の所属線としているが、東海道本線は電車線を走行する京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」は使用されていない。したがって当駅は京浜東北線と横浜線との乗換駅として案内されている。また横浜線は当駅が起点となっているが、一部電車は京浜東北線とともに横浜駅を経て根岸線へ直通する。特定都区市内制度における「横浜市内」に属する。歴史東神奈川駅は東海道本線上にある駅であるが、この区間の東海道本線開通時にはまだなく、横浜と八王子を結ぶことを目的として建設された私鉄の横浜鉄道(後の横浜線)が、東海道本線との接続駅として建設した。横浜鉄道では、横浜側の接続駅として神奈川駅や平沼駅などを検討していたが、土地が狭いなどの理由で、東神奈川駅の位置において接続する方針となった。こうして1908年(明治41年)9月23日に、横浜鉄道線の開通とともに東神奈川駅は開設された。国鉄側の設備も含めて横浜鉄道の費用負担で建設されている。さらに横浜鉄道では、経営陣を同じくする横浜倉庫を通じてこのあたりの沖合を埋め立てて岸壁と倉庫を建設し、そこに鉄道を乗り入れて海陸連絡を図る構想を持っていた。このため東神奈川駅からさらに海側へ延伸する免許を取得し、1911年(明治44年)12月10日に海神奈川駅までの支線が開通した。しかし結局より沖合の埋立免許を取得して岸壁を建設することができなかったため、この支線は横浜倉庫の倉庫群への連絡鉄道に留まった。この当時、東神奈川駅のすぐ海側にはすでに京浜電車(後の京急本線)が通っていたため、貨物支線を通すために仲木戸駅付近を高架化する工事を行っている。この横浜鉄道線は1910年(明治43年)4月1日から国鉄が全線を借り受けて営業することになり、1917年(大正6年)10月1日付で正式に国有化され、国鉄横浜線となった。

通常通り開く

カテゴリー

ウェブサイト

住所


神奈川区東神奈川1
Yokohama, Kanagawa
221-0044
鉄道のその他Yokohama (すべて表示)
相模大塚駅 相模大塚駅
桜森3-1-1
Yokohama, 242-0028

Yokohama Station Yokohama Station
Yokohama

国道駅 国道駅
鶴見区生麦5-12-14
Yokohama, 230-0052

Hodogaya Station Hodogaya Station
保土ケ谷区岩井町4
Yokohama, 240-0023

Kannai Station Kannai Station
Yokohama

三ツ境駅 三ツ境駅
瀬谷区三ツ境4
Yokohama, 246-0022

伊勢佐木長者町駅 伊勢佐木長者町駅
中区長者町5丁目
Yokohama, 231-0033

関内駅 関内駅
中区港町1-1
Yokohama, 231-0017

海の公園南口駅 海の公園南口駅
金沢区
Yokohama