緑水庵

緑水庵

平成六年日本を学び、日本を遊ぶ茶、花、香を楽しむため、市中の山居となるような小さな庵を結びました。  庵主 高山真弓 ★稽古(茶道・香道・能・着つけなど)→ http://ryokusuian.jp/keiko.html
★催し(会や講演など)→ http://ryokusuian.jp/moyooshi.html
★花部門 fleur de RYOKUSUIAN → http://ryokusuian.jp/fleur
★喫茶部門 salon de thé → http://ryokusuian.jp/sonohoka.html

通常通り開く

Photos from 緑水庵's post 19/09/2021

今日のお茶のお稽古
◇(長板一ッ置)初炭→茶碗荘→後炭→薄茶
*一双の茶碗を濃茶と薄茶で披露

#長板一ッ置 #観月 #松風 #省亭 #茶緑水庵 2021年9月19日

Photos from 緑水庵's post 17/09/2021

今日は旧暦8月11日、仲秋名月まで4日。

この春に、拙庵生徒のご夫君が中国企業に就職し、ご自身も中国支店に転勤しました。

中秋節連休ということで、ご夫君の会社から贈り物があったそうです。
端午節(旧暦)も会社はお休みと贈り物。

中国の春節は有名ですが、陰暦の生活を手放していないのですね。
日本は、明治6年太陽暦に改暦してから陰暦の歳時記を失いつつあります。
とても残念で、今年は殊に拙庵では陰暦で稽古しています。

#歳時記緑水庵 #仲秋の名月 2021年9月17日

16/09/2021

at NEWoMan YOKOHAMA

#横浜緑水庵 2021年9月16日

at NEWoMan YOKOHAMA

#横浜緑水庵 2021年9月16日

15/09/2021

昨日、文楽。
吉田勘十郎さんが7月に人間国宝に認定されてより、東京では初めての公演です。
おめでとうございます。

コロナ禍で、入りはいまいち、華やかな催しがないのが、とっても残念です。
いずれお祝いの公演が催されることを願います。

#文楽緑水庵 2021年9月16日

昨日、文楽。
吉田勘十郎さんが7月に人間国宝に認定されてより、東京では初めての公演です。
おめでとうございます。

コロナ禍で、入りはいまいち、華やかな催しがないのが、とっても残念です。
いずれお祝いの公演が催されることを願います。

#文楽緑水庵 2021年9月16日

15/09/2021

昨日、五島美術館「桃山の華」

書状・肖像画・草子絵巻などに、大東急記念文庫蔵の目新しいものが多く出ていました。
大東急記念文庫蔵でも秀吉のお祢宛の消息などはよく出ていますが。
光悦・宗達、光琳・乾山も見ごたえがありました。

茶道具はいつもの名品。
拙庵の座学に出ている人は、最近お話したばかりの備前・伊賀・信楽の水指・花入が多く出ていますので、是非お出かけください。

そうそう、美術館までの道に烏瓜の花がたくさん咲いていました。
また一週間くらい前にふと感じた金木犀の香り、昨日は濃厚で秋を感じました。

#五島美術館 #展覧会緑水庵 2021年9月15日

昨日、五島美術館「桃山の華」

書状・肖像画・草子絵巻などに、大東急記念文庫蔵の目新しいものが多く出ていました。
大東急記念文庫蔵でも秀吉のお祢宛の消息などはよく出ていますが。
光悦・宗達、光琳・乾山も見ごたえがありました。

茶道具はいつもの名品。
拙庵の座学に出ている人は、最近お話したばかりの備前・伊賀・信楽の水指・花入が多く出ていますので、是非お出かけください。

そうそう、美術館までの道に烏瓜の花がたくさん咲いていました。
また一週間くらい前にふと感じた金木犀の香り、昨日は濃厚で秋を感じました。

#五島美術館 #展覧会緑水庵 2021年9月15日

Photos from 緑水庵's post 13/09/2021

今日のお稽古
秋は月、今日は旧暦8月7日ですから既に夕月が上っています。

◇お香
組香「月見香」
詳細略、名目だけあげておきます。
夕月夜・待宵・十五夜・十六夜・残月・水上月・木間月・雨夜。

◇お茶
初心者~濃茶

#香道 #志野流 #月見香 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年9月13日

Photos from 緑水庵's post 12/09/2021

昨日のお茶のお稽古

◇長板一ッ置~初炭→濃茶→後炭→薄茶
◇長板二ッ置~初炭(略)→濃茶→後炭(略)→薄茶

一ッ置は風炉釜が、二ッ置は水指が名物または伝来のもの(本来は拝領のもの)。

#長板一ッ置 #長板二ッ置 #茶緑水庵 2021年9月13日

Photos from 緑水庵's post 11/09/2021

昨日、横浜市歴史博物館に行ってから、隣接する大塚・歳勝土サイカチド遺跡公園へ。

博物館同様、ここも初めて。
環壕集落の竪穴式住居や高床式倉庫などが再現されています。
また、古民家が移築され、茶室もあります。

時間がなくて、民家や茶室はゆっくり見られなかったので、また行こう。
イベントは軒並中止のようですが、10月には重陽節の飾りをするそうです。

横浜市歴史博物館特別展「布」→ https://www.facebook.com/161408844001812/posts/2119227308219946/

#大塚歳勝土遺跡公園 #横浜緑水庵 2021年9月11日

Photos from 緑水庵's post 11/09/2021

手持ちのこぎんと刺し子を撮ってみました。
横浜市歴史博物館「布―うつくしき日本の手仕事」で、こぎんや刺子を観たので。

https://www.facebook.com/161408844001812/posts/2119227308219946/

#こぎん #刺子 #石鹸袋 #日用品緑水庵 2021年9月11日

Photos from 緑水庵's post 11/09/2021

昨日、横浜市歴史博物館「布―うつくしき日本の手仕事」

1995年開館の博物館、横浜市民なので存在は知っていましたが初めて行きました。

展示品は全て撮影可能、全て撮りたいくらい素敵!
こぎん・菱刺・アイヌ紋様・刺子・裂織サキオリなど、大麻布・榀布シナフ・ぜんまい織・紙布シフ・葛布・芭蕉布など。
初めて知ることもたくさんあり、購入した図録で確認するつもりです。

今更ながらに気づいたのは、アイヌの衣装の形は独特のものかと思っていましたが、大和民族も長着以外はああいう形なんですね。
草木の繊維から作る糸の素材展示も理解を深めるのに有効な展示です。

ところで、製作年代や着用年代が一切書かれていないのが残念。
知識がないので、江戸末とか明治とか昭和の戦前とかでも良いので書いていただきたかった。

研修室の「古代織参考館」館長さん(?)のお話もとても勉強になりました。
こぎんは丈夫にするための工夫と思っていましたが、木綿の着用を禁じられた庶民が目の荒い布を糸で埋める防寒が目的だったそうです。

母が裂織をしていたので家に地機ジバタがあり、いずれ織ってみたいと改めて思いました。

#横浜市歴史博物館 #布 #横浜緑水庵 #展覧会緑水庵 2021年9月11日

Photos from 緑水庵's post 08/09/2021

昨日、東京ステーションギャラリー「藤戸竹喜」

副題の「木彫り熊の申し子-アイヌであればこそ」として観るか、アイヌ文化の枠を外して観るか、戸惑いました。

「アイヌであれば」、私の勝手なイメージですがプリミティブな感じが欲しい⑴。
イクパスイやマキリなどの紋様の自然崇拝、今展に出展されていた藤戸氏のコレクションである古作の熊の原始性のような。
それらに比べると藤戸氏の熊は、「アイヌにしては」写実に過ぎると感じました。

「木彫り熊の申し子」ですが、イルカやラッコなど海の生物の方が固定観念なく観られました。

さて、製作には丸太から下絵も描かずに彫り上げ、それはあたかも木の中に潜んでいる形が予め見えていて、それをただ取り出しているだけで、要らない部分をそぐそうです。
何百、何千と彫ってきた結果なのでしょう。

この展覧会のポスターに目を奪われ⑴、ちょっと期待が大き過ぎましたが、正確にものを捉える眼やそれを彫り出す技術は素晴らしいです。
熊や狼への畏敬の念、アイヌの誇り、芸術作品とせず不出世の姿勢、に好感を持ちます。

⑴未完の遺作に、プリミティブを感じてしまいました。
⑵→ https://www.facebook.com/161408844001812/posts/2061210907354920/

#東京ステーションギャラリー #展覧会緑水庵 2021年9月9日

07/09/2021

寒いなぁと感じると湯タンポを出して、チャイを淹れます。
例年は11月に入ってなのですが、今年は寒暖差が激しいからでしょうか、冷えを感じてチャイしてます。
流石に湯湯婆はしませんが。

#チャイ 2021年9月8日

寒いなぁと感じると湯タンポを出して、チャイを淹れます。
例年は11月に入ってなのですが、今年は寒暖差が激しいからでしょうか、冷えを感じてチャイしてます。
流石に湯湯婆はしませんが。

#チャイ 2021年9月8日

Photos from 緑水庵's post 07/09/2021

横浜散歩、臨海パーク。
今日を逃すとお天気悪いらしいので、午前中ヨガ、午後散歩。
健全過ぎて、つまらないですが。

#横浜緑水庵 2021年9月7日

Photos from 緑水庵's post 06/09/2021

今日のお稽古
◇お香
組香「女郎花香」
小倉山みねたちならし鳴く鹿の
  経にけむ秋を知る人ぞなき

◇お茶
初心者~濃茶
初炭→大圓草→後炭→薄茶
趣向「八朔」

明日(旧暦8月1日)は八朔祝儀です。
「田実タノミの節」とも言い、今頃に実り始める田実(稲)の豊作を願います。
また田実と頼みをかけて君臣や師弟などの挨拶の日としました。

起源は新穀を折敷土器に入れて贈ったことですが、後には他の様々な品が贈答されました。

また、徳川家康が八朔に江戸に入城したので、幕府では大事な祝日で、民間にもさまざまな風習があります。

現在でも新暦8月1日には、例えば裏千家お家元は高弟や出入りの方々から、京舞の井上八千代さんは祇園甲部の芸舞妓さんから、祝儀を受けられています。

でも、旧暦の方が田実の節の本来の意味が実感できますね。

#香道 #志野流 #女郎花香 #大円草 #手作り和菓子女郎花 #錦玉羹 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年9月6日

Photos from 緑水庵's post 01/09/2021

東博「聖徳太子と法隆寺」

暑い・コロナ禍・高い⑴で躊躇していましが、涼しくなり(肌寒いくらい)、友人から2200円の価値はあると聞いたので、昨日行ってきました。

聖徳太子1400年遠忌記念だそうですが、1400年前の文物の色褪せない瑞々しさと豊穣!
「法隆寺献納宝物」(東博1996)に行かず、後に買った図録でいつか観たいと願っていたものが観られました。
「正倉院の世界」(東博2019)には東博蔵法隆寺献納宝物が多く出ていたし、観る機会がある東博蔵以外を意識的に観ましたので、それについて。

仏像はどれも良かった、三国時代や白鳳時代の仏像はやっぱり好きです。
薬師如来座像は圧倒的な存在感、昨年コロナ禍で「法隆寺金堂壁画と百済観音」が開かれず、百済観音が拝見できなかったのは残念です。
興味深かったのは伝法堂の阿弥陀如来および両脇侍の台座で、重なる蓮弁の最上部がたぶん果托⑵と珍しい、結んでいる印も珍しいかと。
日本最古の四天王(2躯のみ)は、後の時代のような動きはなく直立していて、また邪鬼の表情や体躯も特徴的です。

法隆寺印・鵤寺倉印はそれを押す人物の指が見えてきましたし、瓦は建物まで想像させます。

裂類も見事で、天寿国繍帳が見られなかったのが残念ですが(以前観ているので我慢)、四騎獅子狩文錦(復元を持ってたはず)や蜀江錦など、今なお鮮やかな色彩を保つ染色や織りの技術には眼を見張るばかりです。

小刀・太刀・梓弓・箭・彩絵胡簶などは平安・鎌倉時代とは異なり、素朴な美しさ。

妓楽面・行道面・舞楽面も上代に引き戻してくれるくらいの魅力があります。

……書いていくと切りがないので、これくらいに。

⑴コロナ以後、東博や東京都美術館などの観覧料がびっくりするほど高くなった。
入館者が少なくなっているので仕方ないと思いつつ、こんな時だからこそ国は文化に助成金を出すべきなのにと不満だが、良い点もある。
予約の手間もあって本当に観たい人しか来ないため空いている、会話が禁じられているので静か、と観覧し易い環境になっている。

⑵果托→ https://ryokusuian.exblog.jp/16258889/

#東博 #聖徳太子と法隆寺 #展覧会緑水庵 2021年9月2日

Photos from 緑水庵's post 30/08/2021

逗子散歩。
大学生の時によく行っていたデニーズは、今はなぎさ橋珈琲に…初めて行きました。

今年は海の家が建てられていたのに、今年も中止となり、解体が始まっていて可哀想。

#逗子 #逗子緑水庵 2021年8月30日

Photos from 緑水庵's post 23/08/2021

今日は旧暦7月16日、二十四節気では「処暑」ですが、未だ未だ暑いですね。

今日のお稽古
◇お香
組香「初秋香」

①蕭颯涼風与悴鬢 誰敎計會一時秋  白居易
②秋きぬと目にはさやかにみえねども
  風の音にぞおどろかれぬる  藤原敏行
③槐花雨潤新秋地 桐葉風涼欲夜天  白居易
④うちつけにものぞかなしき木の葉ちる
  秋のはじめになりぬとおもへば

用いる詩歌はいづれも「和漢朗詠集」所
収ですが、①③「白氏文集」、②「古今集」、④「後撰集」などにも。

◇お茶
初心者~濃茶・薄茶

#香道 #志野流 #初秋香 #盂蘭盆会 #送り火 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年8月23日

Photos from 緑水庵's post 22/08/2021

今日のお茶のお稽古
◇盆香合→茶筅荘(平水指)→後炭→薄茶(絞り茶巾)
趣向「盂蘭盆会」

今日は旧暦7月15日、中元節、本来の盂蘭盆会の中心となる日です。
日本では月の満ち欠けに従って行われる行事が多く、盂蘭盆会も満月の15日前後4日間⑴に行われました。

現在、首都圏では新暦7月15日、多くの地域では月遅れの新暦8月15日、沖縄などは旧暦7月15日です。
満月ではない新暦では、本来の意をなさないのでは。

また、日本では七夕と盂蘭盆会が一連の行事とされたので、7月6日から16日くらいまでの行事だったのでしょう。
確かに乞巧奠と精霊棚の室礼には共通点が多い。

⑴13-16日が一般的だが、地域・時代・宗派により12-15日などがある。

#盂蘭盆会 #乞巧奠 #旧暦 #満月 #平水指 #洗い茶巾 #茶緑水庵 2021年8月22日

Photos from 緑水庵's post 17/08/2021

以前のボールペンは使い捨てでしたが、替芯タイプが出来てストレス軽減です。

#プラスチックフリー #緑水庵 2021年8月17日

Photos from 緑水庵's post 14/08/2021

今日、
①初、浦賀駅・観音崎・横須賀美術館
②残念、催涙雨

#横須賀美術館 #酒井駒子 #七夕 #催涙雨 #展覧会緑水庵 2021年8月14日

Photos from 緑水庵's post 09/08/2021

今日のお稽古
◇お香
組香「七夕香」
香は7種、雲・月・扇・糸・竹・牽牛・織女(札聞にて一炷開き)

◇お茶
初心者~濃茶
昨日に引き続き鬼桶水指を使いました。
麻笥オケ→苧桶オゴケ·オオケ→鬼桶オニオケ

この歌が好きです。
娘子ヲトメらが 麻笥ヲケに垂れたる 績麻ウミヲなす 長門の浦に 朝なぎに 満ち来る潮の 夕なぎに 寄せ来る波の その潮の いやますますに その波の いやしくしくに 吾妹子ワギモコに 恋ひつつ来れば 阿胡アゴの海の 荒礒アリソの上に 浜菜摘む 海人娘子アマヲトメらが
          『万葉集』

#乞巧奠 #七夕 #香道 #志野流 #七夕香 #手作り和菓子黒糖羹 #天の川 #麻花 #麻笥 #苧桶 #鬼桶 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年8月9日

Photos from 緑水庵's post 08/08/2021

今日のお茶のお稽古
◇(小間)炭所望→花所望→大津袋→(広間へ動座・運びの棚)葉蓋
  趣向「七夕」
  末広籠・棗到来

今日は旧暦7月1日、8月14日が旧暦7月7日です。
国立天文台HPに8月14日21:00の星空が載ってましたよ。
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2021/08-topics01.html

#乞巧奠 #七夕 #花所望 #末広籠 #葉蓋 #芋の葉 #鬼桶 #硯屏 #茶緑水庵 2021年8月8日

Photos from 緑水庵's post 06/08/2021

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック リミックス」
目黒区美術館「包む-日本の伝統パッケージ」

昨日の酷暑!
でも、冷房の効いたレストラン Du Parcの窓から見ると、木立が落とす濃い蔭が涼しげでした。
お料理も美味しかったです。

#東京都庭園美術館 #目黒区美術館 #デュパルク #芳野鮎御鮨 #御酢屋弥助 #展覧会緑水庵 2021年8月5日

Photos from 緑水庵's post 02/08/2021

今日のお稽古
◇お香
組香「晩夏納涼香」
池冷水無三伏夏⑴ 松高風有一聲秋
     英明エイメイ⑵(『和漢朗詠集』)

松影の岩井の水をむすび上げて⑶
  夏なき年と思ける哉
      惠慶法師(『拾遺和歌集』)

昨日の投稿⑷に続き、夏の終わりのこと。
晩夏とは月でいうと旧暦6月のことで、今年であれば新暦7月10日から8月7日まで。
二十四節気でいうと小暑から立秋前日(夏の節分)まで、今年であれば7月7日から8月6日まで。
ちなみに今日は旧暦6月24日。

◇お茶
初心者~薄茶・濃茶
  
⑴三伏とは初伏・中伏・末伏各10日間をいい、夏の末、立秋前後30日の最も暑い時期。今年の場合、7月11日・7月21日・8月10日(または7月31日)。
⑵源英明フサアキラ
⑶結びつゝ(『和漢朗詠集』)
⑷夏越祓→ https://www.facebook.com/161408844001812/posts/2087768311365846/

#香道 #志野流 #晩夏納涼香 #手作り和菓子藤の花 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年8月2日

Photos from 緑水庵's post 01/08/2021

今日のお茶のお稽古。
今日は八朔(8月1日)ですが、旧暦では6月23日です。

◇(小間)炭所望→続き薄茶
  朝茶事
  名水点
  名物の水指(毛織抱桶の設定)
  「夏越祓」

◇(小間)四ヶ伝

夏越の大祓は、夏の終わりに半年の穢れを祓い、残り半年の厄除けを祈る儀式です。
四季の区分には、月⑴または二十四節気⑵で分ける方法があります。

夏の終わりは月でいうと6月晦日で、明治の改暦後⑶も新暦6月30日に夏越祓を行う神社が多いですが、月遅れ・旧暦もあり、ややこしい。

二十四節気でいうと夏の節分です。
年越の大祓は新暦12月31日がほとんどですが、冬の節分に年越しをする風習は残っていますね。

夏越の大祓を新暦以外である月遅れ⑷・旧暦⑸・節分⑹に行う神社をいくつかネットで拾ってみました。
ちなみに今年は以下の通り。
夏の節分=8月6日
旧暦6月29日(小の月)=8月7日

私には馴染みのある鶴岡八幡宮(鎌倉)では、節分に夏越祭・立秋に立秋祭・8月9日に実朝祭、その3日間(または4日間)にぼんぼり祭が催されます。
みなさまの近所の寺社の夏越祓はいつですか?

⑴四季<旧暦>
春~1.2.3月
夏~4.5.6月(6月晦日が夏の終わり)
秋~7.8.9月
冬~10.11.12月(12月晦日が冬の終わり)

⑵四季<二十四節気>
春~立春(新暦2月4日頃)から春の節分
夏~立夏(新暦5月6日頃)から夏の節分
秋~立秋(新暦8月7日頃)から秋の節分
冬~立冬(新暦11月7日頃)から冬の節分

⑶四季<新暦>
正月~1月(旧暦だと冬になるので特殊)
春~2.3.4
夏~5.6.7月(7月31日が夏の終わり)
秋~8.9.10月
冬~11.12月(12月31日が冬の終わり)

⑷月遅れ(7月31日、~:例外)
八坂神社(京都)
向日神社(京都)
御香宮神社(京都)
神足神社(京都)
加悦天満宮(京都)
高鴨神社(奈良)
葛木御歳神社(奈良)~7月の最終日曜日
葛木坐火雷神社(奈良)~7月17日
吉野神宮(奈良)
東大寺(奈良)「解除会」~7月28日
法華寺(奈良)「蓮華会式」
住吉神社(大阪)
開成山大神宮(福島)
福島稲荷神社(福島)
佐佳枝神社(福井)
大前神社(栃木)
鈴鹿明神社(神奈川)
由加神社(岡山)
紅葉八幡宮(福岡)
篠崎八幡宮(福岡)
足立山妙見宮(福岡)
宇美八幡宮(福岡)

⑸旧暦6月晦日(2021年は8月7日)
鹿島神宮(茨城)

⑹夏の節分(立秋の前日~2021年は8月6日)
下鴨神社(京都)
八大神社(京都)
鶴岡八幡宮(神奈川)

#炭所望 #続き薄茶 #名水点 #朝茶事 #夏越祓 #四ヶ伝 #茶緑水庵 2021年8月1日

Photos from 緑水庵's post 21/07/2021

三溪園の投稿⑴の藤の実で、拙ブログ⑵を思い出したので抜粋します。

⑴→ https://www.facebook.com/161408844001812/posts/2079436545532356/

⑵→ https://ryokusuian.exblog.jp/20222399/

#三溪園 #藤 #藤の実香合 #藤灰 #富士灰 #緑水庵 2021年7月22日

Photos from 緑水庵's post 21/07/2021

昨日の三溪園。
2日前に「蓮葉ハチスバ香」をした折、三溪園の話をしたら行きたくなって。

三溪翁というと蓮。
毎年蓮見の茶会をし、ある夏その直前に長男を亡くしながら開いた茶会は殊に有名です。
また、翁の葬儀には遺言により香奠や供物を固辞し、庭の蓮の花が供えられたとのこと⑴。
高潔な人柄が偲ばれます。

翁のさまざまな逸話を知るにつけ、本当に蓮のような人だと思います。

⑴三溪翁は愛する蓮の咲く頃、8月16日に亡くなった。
西行は桜と月の下で死にたいと願い、旧暦2月16日に亡くなった。
出来る人は違うなぁ(笑)。

#横浜緑水庵 #三溪園 #三溪 #蓮 #藤 #緑水庵 2021年7月22日

Photos from 緑水庵's post 19/07/2021

今日のお稽古
◇お香
組香「蓮葉ハチスバ香」

はちす葉の濁りに染まぬ心もて
  何かは露を玉とあざむく

◇お茶
初心者~濃茶・薄茶

昨日今日は祇園会の「役行者山」⑴にゆかりの菓子を真似て作りました。
役行者山には役行者エンノギョウジャ・一言主神ヒトコトヌシノカミ・葛城女神の三体が安置されています。
役行者によって縛られた葛城神、記紀では一言主神という男神ですが、能「葛城」では女神として登場します。

⑴祇園祭山鉾連合会「役行者山」→ http://www.gionmatsuri.or.jp/yamahoko/ennogyojayama.html

#香道 #志野流 #蓮葉香 #荷葉 #手作り和菓子行者餅 #祇園会 #不忍池 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年7月19日

Photos from 緑水庵's post 19/07/2021

昨日のお茶のお稽古
趣向「祇園会」
◇(朝茶)炭所望→続き薄茶
◇唐物

祗園会は7月1ヶ月に渡る祭りで、山鉾巡行前祭(17日)⑴と後祭(24日)⑵がよく知られます。
去年に引き続き、今年も中止で残念ですが。

稽古に「白楽天山」に因んだ掛物を掛ました。
日本人にとって白楽天(居易)は身近だったのでしょう。
場面は異なりますが能「白楽天」が作られたりし、光琳の「白楽天図屏風」(根津美術館蔵)は能「白楽天」が画題です。

⑴旧暦の時代は6月7日
 (本日7月19日は旧暦6月10日)
⑵旧暦の時代は6月14日

#朝茶 #炭所望 #続き薄茶 #祇園会 #巴棚 #茶緑水庵 2021年7月19日

Photos from 緑水庵's post 16/07/2021

パナソニック 汐留美術館
「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」

大倉博古館
「FUSION~真島秀徳Kinesis/水の宇宙&大倉コレクション」

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
「蝶の行方展」

#汐留美術館 #大倉博古館 #ミュゼ浜口陽三 #展覧会緑水庵 2021年7月16日

16/07/2021

昨日「灰形教室」3.4回目。

なお、灰形教室は2人以上でお申し込みいただけば、日にちご相談の上開催します。
定員 2-4人

https://fb.me/e/2pjvoqyXU?ti=cl

#灰形教室 #茶緑水庵 2021年7月15日

昨日「灰形教室」3.4回目。

なお、灰形教室は2人以上でお申し込みいただけば、日にちご相談の上開催します。
定員 2-4人

https://fb.me/e/2pjvoqyXU?ti=cl

#灰形教室 #茶緑水庵 2021年7月15日

Photos from 緑水庵's post 16/07/2021

氷室について書くつもりが、調べれば調べるほど拡がってしまい、収拾がつかないのでひとまず。

◇6月朔日の氷室ヒムロ節(賜氷シヒョウ節)は宮中儀礼、と辞典等で書かれているのを疑っていませんでしたが、「氷の文化史」⑴によると6月朔日に制定したのは江戸幕府とのこと。
また、江戸時代、加賀藩から幕府への献氷は実際には雪氷であったことも認識を新たにしました。
以前のblog⑵も参考にしていただけると思いますが、改めて「氷室」について考えてみました。

◇闘鶏をツゲと訓む由来は10年ほど前に調べたことで、最新情報ではありませんが。

⑴「氷の文化史」→ http://www.manabook.jp/essay-icemanlibrary-index.htm

「都祁氷室に関する一考察」川村和正著(龍谷大学考古学論集)
「金沢の氷室と雪氷利用」竹井巖著(『北陸大学紀要28号』)

⑵「氷餅の祝」→ https://ryokusuian.exblog.jp/15942532/

#蔵氷 #賜氷節 #氷室 #都祁 #闘鶏 2021年7月16日

Photos from 緑水庵's post 14/07/2021

東博「聖林寺十一面観音」
東京都美術館「イサム・ノグチ 発見の道」
旧岩崎邸庭園
下町風俗資料館

#展覧会緑水庵 2021年7月14日

Photos from 緑水庵's post 12/07/2021

昨日のお稽古
昨日は旧暦6月3日、「賜氷シヒョウ節(氷室ヒムロ節)」(6月朔日)⑴に因んで。
この時期は謡曲「氷室」を読み返している。

◇お香
組香「氷室香」
詳細省略、香は5種、冬の名残・消へぬ氷・杉の下風・千年の松・客。
その他用いる言葉は、松ヶ崎・津希野ツゲノ⑵。

用いる和歌は、
つげ⑶の野に大山守が治めたる
  氷室ぞ今も絶へせざりける
      藤原仲実(『堀河院御時百首和歌)

氷ゐて千年の夏も消へせじな
  松ヶ崎なる氷室と思へば
      京極関白家肥後(『 同断 』)

◇お茶
初心者~濃茶・薄茶

⑴氷室節について後刻投稿する→ https://www.facebook.com/161408844001812/posts/2074670996008911/

⑵志野流聞書では「津希野」と書かれていますが、「つけの」の変体仮名でしょう。

⑶つげ:『日本書紀』では闘鶏、地名では都祁・都介など

#香道 #志野流 #氷室香 #氷室 #闘鶏 #手作り和菓子氷室 #糸寒天 #香緑水庵 #茶緑水庵 2021年7月13日

Photos from 緑水庵's post 11/07/2021

今日のお茶のお稽古

昨日が旧暦6月1日「賜氷シヒョウ節」なので「氷室ヒムロ」の趣向にて
◇花所望→初炭→茶筅荘→後炭→薄茶(洗茶巾)

#花所望 #木地釣瓶 #一器二用 #清風籠 #茶筅荘 #茶緑水庵 2021年7月11日

カテゴリー

ウェブサイト

住所


港北区篠原北1-10-13
Yokohama, Kanagawa
222-0021
カフェのその他Yokohama (すべて表示)
アンティーク雑貨&ガーデンカフェ GK Santa アンティーク雑貨&ガーデンカフェ GK Santa
青葉区寺家町680
Yokohama, 227-0031

ご予約や営業についてのお問い合わせはお電話のみとなります。 臨時休業もありますのでお問い合わせ願います。 当店のホームページはありません、ご注意ください。

ふくろうカフェ(猛禽)福来楼 本牧店 ふくろうカフェ(猛禽)福来楼 本牧店
中区本牧宮原7-1ベルストーン1階
Yokohama, 231-0804

ふくろうカフェ(猛禽)横浜市中区本牧宮原7-1ベルストーン1階に2015年6月21日にオープンしました。 090-1763-1968 つながらない時は、 090-5803-7727

POUR HOUSE yokohama POUR HOUSE yokohama
中区元町3-121
Yokohama, 231-0861

美味しい料理に、ビールにカクテル。楽しい音楽、ライブもやってます。スポーツ放映もしてます。ベイスターズ、サッカーその他もイロイロ!!貸切や、イベント等ご相談下さい。

Cafe Bar and Lunch Box SMILE Cafe Bar and Lunch Box SMILE
栄区小菅ヶ谷4丁目17-9
Yokohama, 247-0007

カフェ、お弁当のお店です。有機(オーガニック)食材のみを使用したお弁当、ミキサー、刻みと言った介護食のお弁当も販売しています。

Blendia coffee Blendia coffee
あざみ野2-28-1パールビルA102
Yokohama, 255-0011

Blendia coffeeは、あなたの小さな焙煎工場です。美味しいコーヒーに必要不可欠な焙煎を科学的根拠を基に確立し煎りたてのコーヒー豆をお届けしています。

こだわりパン工房 mogumogu こだわりパン工房 mogumogu
都筑区茅ヶ崎中央1-1 センター南駅1F
Yokohama, 224-0032

毎日食べてもらいたいので、北海道産小麦とできる限り体に優しい素材を使ってパンを作っています。 フワッフワッの焼きたてパンを、ぜひ一度食べてみて下さい。

Archiship Library&Cafe Archiship Library&Cafe
中区吉田町4-9
Yokohama, 231-0041

約4000冊の建築やアートの本が自由に読める、ライブラリーカフェ。 火曜から金曜13時~18時  土日祝日13時~18時  月曜休業 年末年始、大型連休についてはSNSでご連絡致します。

Cafe&shop kaguya Cafe&shop kaguya
横浜市中区海岸通1-1 海岸通壱番館2F
Yokohama, 2310002

気軽に飲めるお抹茶、こだわりのコーヒーやお酒、季節を感じるお料理、丁寧にセレクトした雑貨などをご用意しています。

ひめ風堂 絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂 絵本とおうたのベビーマッサージ
瀬谷区相沢4丁目9-4
Yokohama, 246-0013

2013年ひめ風堂スタート。2017年オリジナル絵本を使ったベビーマッサージプログラムをスタート。2021年4月、ベビーマッサージスタジオ&カフェOPEN!

ウチルカ ウチルカ
横浜市青葉区鴨志田町561-1 パインドエル金子1F
Yokohama, 227-0033

日曜定休 現在、夜の営業、イベント対応は自粛中です。

CHILLULU_coffee_hostel CHILLULU_coffee_hostel
Nakaku Yamash*ta-cho 188-12
Yokohama, 2310023

1F -CAFE- 8:30-20:30 2F -Hostel- 20bed Dorm Reception 8:30-20:00 Cancellation fee same day 100% One and two day befor 100%

The EARLY BIRD cafe The EARLY BIRD cafe
青葉区美しが丘1-10-1
Yokohama, 225-0002

たまプラーザで20年以上愛され続けるベッカライ徳多朗のcafe 「the EARLY BIRD cafe」の公式ページです。