放課後等デイサービス cocoon

ムーブメント教育・療法ももとに、アート、ダンスといった集団プログラムから、個別学習支援まで、子どもたちのストレングスを伸ばすアプローチで、生きる力を育みます。

通常通り開く

Photos from 放課後等デイサービス cocoon's post 13/04/2021

今年も自己評価アンケートの公表の時期がやってきました。2020年度のアンケート結果です。
毎年年度末に保護者の皆様から一年の支援のまとめとして、アンケートを通して評価を頂いています。cocoonへの通信簿として受け取っています!
コロナ渦の一年だった2020年、子どもたちにとって遊びの場の必要性、遊びを通した発達支援の必要性が問われ、模索が続きました。日々変わっていく社会情勢の中で、変わらないものは「遊びたい」子どもたちの想いです。
「あそびのちからはいのちのちから」
通信簿を受けて、2021年度も子どもたちと歩んでいきます。

12/04/2020

保護者の皆様より一年間の支援内容について評価をして頂いた、2019年度の放課後等デイサービス自己評価アンケート結果を公表致します。
貴重な意見をたくさんお寄せいただきました。
成長の要は子どもたち自身の「こうなりたい」「こうしたい」気持ちから…それをどう引き出し繋げていくか、保護者の皆さんと共に考え、場を作って行きたいと思います。

01/04/2020

本来なら新学期を前に心躍らせる4月です。

私たちが子どもたちを守りながら出来ることは少ないです。

子どもたちはいつだって、あそびたい、うごきたい、まなびたい。

4月、花を咲かせた子どもたちです。

04/12/2019

明日から、みどりアートパークで行われる障害者週間キャンペーン[みんないっしょならもっとたのしい! み・ど・り]に参加しています。
アート作品の展示に体験ムーブメント教室では、パラシュートムーブメントで一足早いサクラを咲かせます。
お楽しみに❗

障害者週間 12月5日~12月7日
      10時~16時まで
  @長津田駅すぐみどりアートパーク

ムーブメント教室
12月5日 11時から
12月7日 11時30分から

[10/11/19]   明日の開所について

明日は台風のため、交通機関の影響がはかれないので閉室にいたします。

[09/08/19]   本日は台風15号の影響により閉室いたします。

27/03/2019

平成30年度の放課後等デイサービス自己評価アンケート結果を公表致します。
保護者の皆様より、今年度の取り組みについて評価をして頂いたものを集計しまとめたものです。
この結果を元に、次年度もさらに子どもたちの成長に寄り添う支援を行っていきたいと思います。

16/02/2019

その9!
これにてパペットシリーズおしまい…ありがとうございました。
誰かに喜んでほしい、面白がってほしいという子どもたちの気持ちは無限大ですね。
気持ちをエネルギーに作品ができました♪

16/02/2019

その8!

16/02/2019

その7!

15/02/2019

その6!

15/02/2019

その5!

15/02/2019

その4!

13/02/2019

その3!

[02/13/19]   その2!

13/02/2019

子どもたちの作ったパペット動画!その1です。
計画性とイメージする力がupしているなあ…と♪

[01/22/19]   アートムーブメントで制作した子どもたちの作品を動画にしてみました。
絵から連想した詩も子どもたちが考えました。
コメントにご感想頂けたら嬉しいです!!

12/01/2019

ダンス&パフォーマンス発表会「繭〜私がえらぶわたし〜」
1週間の発表ウィークが終わりました…!

「ここで培った力を自信にして巣立っていこう」…というcocoonの名前の由来に立ち返り、今回のテーマは「繭」。
副題は「私がえらぶ私」です。

今回、親御さんも学校の先生も地域の方々も、子どもを中心に笑顔の輪になりダンスを踊れたのが心に残る思い出になりました。
子どもたちは発表会を振り返る度に「サークルダンス楽しかった!」と言っています。

どこに巣立っていくとしても「誰かと一緒にがんばれた」経験、「誰かと気持ちを共有できた」経験が、生きていくための力となるとよいです!
子どもたちは、悩んだり、失敗したりしながらも、どうしたらより良く生きられるのか自身の行動を選び、試し、経験を重ねています。
子どもたち自身が選び、形作っていく自分が、「誰かと共に笑いあえる自分」であるように、これからも一緒に経験を重ねていきたいです。

04/12/2018

緑区役所の障害者週間の啓蒙イベントにて、子ども達の作品を展示させて頂いています。
「月」をテーマにした作品を展示しています。
今年は各所で作品発表の場に恵まれ、大変ありがたいです。
自分自身の心の内面の表現である作品を、誰かが見て、受け取ってもらえる事はとても嬉しい体験だと思います。
発表の機会を頂だいた事が、子どもたちの力になりますように。
★12月5日〜7日まで緑区役所1階展示スペースにて。

26/10/2018

「てんかんをめぐるアート展」にcocoonの子どもたちの絵画作品が展示されています。
パシフィコ横浜の会議センターにて、27日土曜日までの展示です。
てんかんを持つ方とその周辺の人々の作品群を展示し、彼らの世界とその外側の世界を繋ごうという試みの展覧会です。
写真家の原美樹子さんによる、作品制作風景の写真展も同時開催されています。今回cocoonの子どもたちも撮影して頂きました。作品と共に子どもたちがどのような眼差しで制作に向き合っているのかが感じられる展示になっています。

【シェア・拡散をお願いします】
てんかんをめぐるアート展、開催中です。
本日もたくさんの方がご来場いただき、
大盛況の一日です。
展示している作品も喜んでいると思います。

本日も開催していましたが、ワークショップも大盛況。
限定でトートバッグを作成できるようです。
ぜひご参加ください。

また会場では、
作品作成風景の動画を上映していたり、
ぽつラジオが視聴できたり、
大迫力の写真を鑑賞できたり…と盛りだくさんの内容です。
ぜひご来場いただき、楽しんでください。

お帰りの前に、受付でおみやげをもらって帰ってください。
てんかんをめぐるアート展を記念して作成した限定グッズがもらえます。

ここだけの話ですが、実は毎日お配りするものが違います。ぜひコンプリートしちゃってください。
まだ終了まで30分弱。
会場まで急いでお越し下さい。

#てんかん;#アート展;#19時まで開催;
#ワークショップ大盛況;#限定トートバッグ;
#ぽつラジオ;#大迫力の写真;#作成風景の動画;
#アート展記念グッズ;#毎日変わるグッズ;
#明日は10時開場;

18/10/2018

9月から11月にかけて、気候の変化と学校行事(秋の運動会や校外学習、文化祭などなど…)の多さで体調を崩したり、疲れが溜まる時期です。子どもたちは精神面でも余裕が持ちづらい時期のようです。
でも!だからこそ!身体を動かす事がとても大切。そして、ただ「動く」のではなく、「楽しく動く」のがもっと大切。
プログラムにストレッチと相互マッサージを加えて、身体と心をほぐしています。音楽にあわせて関節・筋を意識してストレッチ。マッサージではゆらす動きとタッチケアをお互いに。感覚が過敏な子も、相手の事がよくわかっている関係性の中で、身を任せリラックスしていました。
楽しく動く事で、血流も活発になり代謝もよくなり疲れもとれやすくなります。没頭したりリラックスする事で、視野が狭くなっていた気持ちも解放されていきます。
安定しない時期だからこそ…いっぱい動こう!!

09/10/2018

ムーブメント教育・療法を基とした発達支援を行う日々の中で思うのは、子どもたちに身につけてほしい力はそれぞれですが、共通しているのは社会性や協調性といった、他者と共に生きて行くための力だなという事です。
色々な特性を持ち合わせている子どもたちですが、他者と心が通い喜びを感じる体験が多ければ多いほど、その後の人生も豊かになるのではないかと思います。
そんな、ソーシャルスキルアップを軸としたムーブメントをしました。
ロープの道を相手と対面で進み、道幅からお互いがはみ出すことなくすれ違うにはどうしたらいいか?という課題です。
初めは自分だけがはみ出ないように、相手を押し出したり、相手が来る前に走り抜けようとする子が続出!
「お互いがはみ出さないよう協力して」の言葉に自分だけに向いていた意識が相手に広がりました。問題を解決するためにお互いにコンタクトを取ると様々な方法が出てきました。新たな方法が出るたび「えー!?」「それアリ!?」と驚きと笑いが。
一緒に問題解決した、という経験が積み重なって、どんな場所でも、誰かと共に生きていける自信と力になるとよいです!

19/09/2018

夏休みに別れを告げ、子どもたちは通常の生活にシフトチェンジです。
学校から抱えてくる気持ちもあり、夏休みとは違ったモードですが、遊び中で発散できればいいなと思います!
この日は、パラシュートの中にみんなで入り、タンバリンを鳴らしている子の方向へ音を頼りに進むムーブメントをしました。
聴知覚と空間認識、協調性の課題です。
小さく遠い?大きく近い?どのぐらいの距離でどう聴こえる?音に耳を澄ませ…。生活の中では人の話を聞いたり、注目しなくてはならない場面で役立ちますね。
聞き取るのに少し自信がない子も、みんなで答えを探せるので苦手意識が出ずに動けていました。
多少、ぐちゃぐちゃしてしまったり、中であーだこーだと意見が割れても、そのごちゃごちゃも含めて「あそんだなー」という感覚になれる子どもたち。受け入れる心の力も成長のひとつですね。

24/08/2018

最終週のプチ発表会、無事終わりました!!
今週で公立校は夏休みも終わりですね。
最後の週は毎曜日、この夏休み期間で培った経験をプチ発表会として、お母さんお父さんたちの前で披露しました。
泣いても笑っても、曜日毎に一回きりの本番です。
パフォーマンスを創る過程での小さなドラマも沢山ありましたが、本場当日もぎゅっと濃度の濃い心動くドラマがありました。
過程では、共に場を創る、という目標の元で相手との関係性をめぐるドラマが。
お互いの距離が縮まり仲良くなったり、より踏み込んでケンカをしたり…。
本番では集団の中の自分を見つめました。
自分の行動や言葉が、相手に、場にどんな影響を与えるのか。自分だけが気持ちよくなれればいいのか?
子どもの成長はらせん階段のようですね。
一歩進んでは悩み、元に戻り、でも行きつ戻りつしながらもらせんを描いて成長していく、まさにそんな様子を見せてくれました。
一回しかない本番、でも本当は毎回の遊びの場もそうです。一度しかない場を自分自身がどう関わり創るのか。
そこへ繋がる道すじが発見できた夏休みでした。
子どもたちみんなと探検をして見つけた道、次はどこに繋がるのか?!楽しみです!

16/08/2018

夏休み4週目です!
いよいよ来週はプチ発表会です。
スカーフを使ったダンスムーブメントも本番のような熱量になっています。
私たちスタッフの熱量も上がり続けています。
「共に場を創る」
夏休みの一ヶ月間をかけて、どこまでその本質に迫れるでしょうか。
どこまで伝えられるでしょうか。
テーマに迫るからこそ、浮き沈みもあり、子どもたちも悩み模索しています。それでも子どもたちがすごいのは、動き続けるのをやめない事です。動き続ける中に答えがある事を知っているのだと思います。
共に動き場を創ることが、楽しいと思える瞬間がある発表会にしたいです。

10/08/2018

夏休み3週目です。
あっという間にもう3週目!毎日私たちスタッフも、子どもたちもやりたい事がいっぱいで時間が足りません!でも、ひまわりムーブメント計画は着実に進んでいます。
プチ発表会に使う遊具はスカーフに決定。
ひまわり色のスカーフをみんなで染めて作りました。
子どもたちから「えっ!?スカーフ自分で作るの!?」の声が。そうです、スカーフだって、パラシュートだって、遊びだって、全部自分たちで作ります!
だって、それが一番楽しいから!
自分たちで作ったひまわりスカーフを持って遊ぶ子どもたち、どんな風に動かせる?どのくらい高く投げられる?…今までのスカーフムーブメントの動きがパフォーマンスへと繋がっていきます。自分自身で創る遊びの場でキラキラ輝いています。
このスカーフを手に、どんな発表会が見せられるかな?まだまだ続きます。

01/08/2018

夏休み2週目!
ひまわりをテーマにして活動中です。
プチ発表会で使うパラシュートも、子どもたちの手でひまわりバージョンを制作中です。
ひまわりの科学絵本を見ながら種の並びを確認して…
垂直に生っている種を正面から見ているから、涙型の形ではなくて、ひし形なんだ!という事を子ども達が発見!
ひまわりを見れば見るほど、発見がいっぱいでイメージが膨らみます。
この日はパラシュートの生地に円形に並んだ種を絵の具で描きました。
どんな完成形になるかな?
いつもムーブメントで遊んでいるパラシュートが、大きなひまわりになり、天井に打ち上げられたら…想像するだけでワクワクです。
この夏はみんなでワクワクをたくさん共有したいです!

30/07/2018

夏休み期間スタートしています!
今年の夏休みのテーマは「ひまわり」!テーマを基に、みんなでひとつの遊びの場を創りだすのが目標です。
cocoonという遊びの場で、自分自身も環境の一部である事を体感して、主体性を持ち生きていく力を育めたらいいなと思っています。
大きな目標ですが、1日1日、一歩一歩、まずは楽しみたいと思います!

1週目はみんなでひまわり畑へ。
実物のひまわりに囲まれて感じて…。
葉っぱの大きさは?
花びらは何枚?
種はどうなってるいるの?
ひまわりのイメージをみんなで共有しました。

2週目はテーマ曲を発表。
歌詞を見ながら、口ずさみながら、イメージやひまわりのストーリーを膨らませます。
テーマ曲に合わせて振り付けを先生達が披露しました。
今までムーブメントで取り組んできた動きの応用です。
できるかな?とちょっと緊張の子どもたち、緊張も不安も回を重ねて行く度に違う気持ちに変わっていくことでしょう!
先ずは、そのままの自分の身体と、心で楽しんで…。
そのままの自分と、そのままの相手、遊びの場で全部受け止め合えるといいね。
最終日にはプチ成果発表もします!今から楽しみです。

15/07/2018

猛暑日が続きぐったりしそうな日々ですが、cocoonの子どもたちの遊びは通常営業です。
この日はユランコソリを使ったムーブメントをしました。
cocoonでは小〜高校生の幅広い年齢と、様々な発達段階の子どもたちが共に過ごしています。
そのため個々の課題も様々です。

身体意識が弱い子は、乗り手になった時は抗重力姿勢を保つ事、運び手になった時は腕の引く力と同時に走る下肢の力の全身運動が課題になります。
言葉の概念が弱い子は、乗り手では「速い・遅い」、運び手では「重い・軽い」を体感しながら言葉の意味の結びつきを学びます。
社会性が困難な子は、身体を使った共同作業を通して相手と息を合わせる事、他者を意識する事が課題です。
様々な課題を集団プログラムの中に取り込むのは設定の難しさがありますが、それ以上に他者と関わりプラスになる部分もとても大きいです。
ユランコソリも他者がいないと成り立たない部分に楽しさがあります。
子どもたちは自分が運び手になった時、乗り手の子が楽しそうな笑顔になると、自然と笑いが生まれていました。
みんなと一緒に、が課題への大きな原動力となりますね!

19/06/2018

今月のアートムーブメントでは絵画の模写にチャレンジしました。
以下、アートプログラム担当の朋ちゃん先生からの報告です。

ムーブメント教育・療法では活動の中で模倣の遊びをすることが多くあります。それは他者の動きや姿勢を模倣することが、発達のために大切な役割を担っているからです。
身体意識や想像力、他者意識や共感力など沢山の力が模倣を繰り返す中で育まれます。
アートムーブメントの活動は、ムーブメントやダンスムーブメントの活動よりも身体の動きの幅は狭まりますが、でも基本、大切にしていることは共通で、発達に必要な取り組むべき課題は同じです。
模写もそのひとつです。
模写も模倣と同じく、「動きを知る」こと→「動きで表す」こと→「表現を見合う」ことのサイクルで成り立っています。アートの活動においては「描く方法を知る」→「描いて表現する」→「表現を見合う」がサイクルになります。
スポーツ選手の動きをいきなり真似できないように、画家の作品も急に真似することはできません。
色々な描く方法を試しながら、模写の課題に取り組みました。
画家の中でも、抽象が多く模写が比較的しやすそうなミロとカンディンスキーの画集から、子どもたち自身に好きな作品を選んでもらいました。
結果、子どもたちから非常に面白い反応が起きたと思います。発見も沢山ありました。子どもたち自身が発見したものもあったかと思いますが、リーダー側の大人が子どもたちから発見したものもありました。
ひとつは「少し難しい方が面白い」ということですね。これはムーブメントのプログラムの中でも大切にしている考え方で、「もう少し」でできそうなことが、子どもたちにはチャレンジングで自発性と成長が引き出されます。簡単過ぎても難しすぎてもいけません。
いつも描いている課題よりも「少し」難しい模写は個々の内的なドラマを生み出していたようです。子どもたちの、やりきった顔がそれを物語っていました。
そして模写したにも関わらず、このオリジナリティ!!
動きの模倣をしても、個々の身体性が出て、それが個性になるように、絵にも身体から発するオリジナリティが出るんですね。これも発見でした!
子どもたちの絵、どれが何の作品の模写かわかるでしょうか?
模写の定義を揺さぶられながらも…、一番楽しかったのは私自身でした。

★★★利用者募集中★★★
放課後等デイサービスcocoon
横浜市緑区十日市場町863-11(横浜線十日市場駅から徒歩3分)
TEL:045-530-0641
E-mail:cocoon★cmd-youyou.com(★を@に変えてください。)
HP :http://cmd-youyou.com/
※定員により利用できる曜日がかなり限定されるようになってきました。ご利用を検討中の方はどうぞ早目にご相談ください。

21/04/2018

放課後等デイサービスcocoonに通う発達に凸凹のある子どもたちにとって、cocoonでの集団生活・ムーブメントの集団プログラムのひとつひとつが社会性を育むチャレンジの場です。
社会の中で生きていくために必要な社会性の根本には、まずは自己意識が無くてはならないし、自己を中心とした他者意識も必要です。

これまでのダンスムーブメントの活動を通して、身体意識を育むことで自己意識・他者意識が広がり、より個々に自我を出せるようになってきました。
ここでもう一歩踏み込んだ自己と他者への意識の向上に向けて、「気持ちを表現しよう」をテーマにしたダンスムーブメントに取り組み始めました。

自分の気持ちを表現すること、相手の気持ちを想像すること、人と関係を結ぶ上でとても大切なことです。

だけど、気持ちって何だろう・・・?
気持ちを表現するってどういうこと?

先ずは、ダンスムーブメントのさやか先生が、大切にしてきた曲に合わせて、自分自身の気持ちを表現したダンスをみんなに披露しました。
命・生きること…難しいテーマの曲でしたが、さやか先生の表現を子どもたちがシ~ンと見つめている様子に驚かされました。
ミラーニューロンの発見により、「動きを見る」ことは実際に動くことと同じ脳の働きがあることが解りました。 子どもたちが、実際に繰り返し真剣に「見る」体験を通して、身体に宿るものが確かにあるのです。

言葉にできなかったとしても、さやか先生のダンスを「見る」ことによって一人ひとりに感じたことがあったとはずです。
このような活動を一歩一歩積み重ねて、自分自身の表現へ向けて「気持ち」と向き合っていけたらいいですね。これから、どんな表現が生まれるか楽しみです!

05/04/2018

お別れの季節
新学年、新学期がスタートしましたね。春は新しい出発でもあると同時にお別れの季節でもあります。cocoonでも、大学を卒業する学生スタッフが1名、cocoonも卒業となりました。
一年間共に過ごした彼は、子どもたちにとって、スタッフと子どもという関係性を越えて共に遊びの場を創る「仲間」でした。
真剣に子どもと向き合い、悩み時には涙した事もありました。等身大の姿で関わってくれる大人がいる事が何より子ども達の学びたいになっていたと思います。
それを体現するように、いつもは自分達が取り組んでいるムーブメントプログラムを、卒業するスタッフにプレゼントしたい!と子どもたちが主体になり、「卒業式ムーブメント」を行いました。

子どもたち手作りの桜の絵の飾り、
一文字ずつメッセージの書かれた風船を探してもらう宝探し、見つけた風船をみんなでゴールまで運び並べメッセージを発表、そして、♪ありがとうの歌詞に合わせたダンスを披露しました。

今までやってきたムーブメントとダンスとアートの経験が詰め込まれています。
普段、集団生活の中で社会性や協調性が課題とされる事が多い子どもたちですが、ひとつの目的に向かって自然と結束していました。
やらさせる、ではなく、自発的にやりたい!と思えた時が一番の成長の時だと再確認した時間でした。
今回は自発性にプラスして、「相手を喜ばせたい」という、ワンステップ高い段階の社会性・協調性が育まれていました。
相手をhappyにできた時、自分自身も嬉しいのだということは、人と関わりを持つ意味の根幹を成します。何故、人と関わるのか。何故、人と一緒に生きるのか。
cocoonでは、ムーブメント教育・療法で基本とされる集団活動に重きを置いています。他者と一緒に場を創る事の意味を、この日の子どもたちは楽しんで表現してくれました。
この日の気持ちが毎日の日常の中では、必ずしも持続するわけではないと思いますが、経験した事は、からだとあたまとこころに留まります。
大切な場面でこの気持ちの引き出しがきっと引き出せると思います。子どもたちと一緒に、たくさんの引き出しを蓄積できたらいいなと思いました。

29/03/2018

春色で描くアートムーブメント

一気に春めいて花ざかりの陽気ですね。
子どもたちと鮮やかな絵の具を使って春をイメージした作品を制作しました。
この間、空を表現するのにグラデーションの彩色の方法に何度か取り組みました。今回もその方法で背景を描いている子もいます。
空と地面が子どもの絵に現れるのは、はいはい期を経て自分の足で地に立ち、実感としての空間認識が育まれてからです。
絵の発達と子ども自身の発達は必ずしもイコールではありませんが、その子が世界をどう認識しているかのひとつの現れ方、見え方だと思います。
「背景に空を描く」それだけの事に子どもたちの成長が詰まっています。
空にこだわらず、自由な色で背景を描いた子も多かったです。
例え、「空を描く」事が人にわかりやすく的確に表現できていないとしても、子どもたちは今自分が出来ることを出し惜しみせずに描いています。
完成されていない、現実的には正しくない、だけどそれが魅力となるのがアートの良さだと思います。
一見マイナスとも思える発達の凸凹も画面の上では魅力となって立ち上がります。
でも作品だけでなく、一人ひとりに凸凹した魅力が詰まっているのですよね。それを忘れず新しい年度も、一緒に作品作りに取り組みたいなと思います。

26/03/2018

【H29年度の放課後等デイサービス自己評価表の結果を公表します。】
今年度の放課後等デイサービスcocoonの自己評価アンケートを取りまとめましたので、ここに公表致します。
アンケート内容は厚生労働省の定める「放課後等デイサービスガイドライン」に基いています。
ご協力いただきました保護者の皆様、誠にありがとうございました。
率直なご意見も頂き、今年度の取り組みを振り返ると共に、一人一人の成長に寄り添う支援をより充実させたいと思いを新たにしました。
一年を振り返りお子様の成長を喜ばれるご意見も頂いた事は、本当に嬉しい限りです。
今後の事業運営に活用し、より良い支援のために役立てたいと思います。

23/03/2018

サブリーダーな子どもたち!
中高生の子どもたちが多い日には、サーキットでサブリーダーになってもらっています。
ゴムバンドを持ち、跳んだりくぐったりをサポートする役、バランスをキープするポーズのお手本になる役、ゆらんこソリを引っ張りゴールまで導く役など、今まで自分たちが大人にサポートしてもらっていた役割に取り組んでいます。
「お手本になる」ために中高生自身もより、身体に意識を向けています。
そして、年下の子たちが最後まで楽しくサーキットをやり切るためには、どう動いたらよいか考えてサポートしている様子が伺えます。
遊びの環境に身を置く時、その環境を作っているのは自分自身であり、遊びの場を維持するためにはお互いに協力が必要です。
ケミニュケーションが苦手だったり、相手の立場に立つ想像力が持ちづらい子も、遊びの場を維持するための環境の一部に自分自身がなる事で、協調性や他者意識を育んでいます。
なにより、自分との関わりで年下の子たちが笑顔になってくれる経験は、これから社会に出ていく彼らにとってひとつの自信となる事と思います。
与えられるだけではなく、与える事で、相手も自分も喜びや楽しさがどんどん増えていく事、どんな場に身を置いても自分自身も環境の一部である事を実感してほしいと思っています。

ビデオ (すべて表示)

その9!これにてパペットシリーズおしまい…ありがとうございました。誰かに喜んでほしい、面白がってほしいという子どもたちの気持ちは無限大ですね。気持ちをエネルギーに作品ができました♪
その8!
その7!
その6!
その5!
その4!
その3!
子どもたちの作ったパペット動画!その1です。計画性とイメージする力がupしているなあ…と♪

電話番号

ウェブサイト

住所


緑区十日市場町863-11
Yokohama, Kanagawa
226-0025

営業時間

月曜日 10:00 - 18:00
火曜日 10:00 - 18:00
水曜日 10:00 - 18:00
木曜日 10:00 - 18:00
金曜日 10:00 - 18:00
土曜日 09:00 - 17:00
その他 Yokohama 公務員 (すべて表示)
横浜市市民文化会館 関内ホール 横浜市市民文化会館 関内ホール
中区住吉町4-42-1 横浜市市民文化会館
Yokohama, 231-0013

横浜市市民文化会館 関内ホール

横浜市 上郷地区センター 横浜市 上郷地区センター
栄区上郷町1173-5
Yokohama, 247-0013

地区センターは、幼児から高齢者までの幅広い年齢層の地域の皆さまが、スポーツや文化活動などの相互交流を通して、地域コミュニティの形成を促進することを目的としています。

街のつどいの広場 ほっとカフェ 街のつどいの広場 ほっとカフェ
瀬谷区三ツ境88-5
Yokohama, 246-0022

■月・火・土/12時-17時 カフェの日 ■木・金/10時-15時/レンタルスペースの日 ■土/10時-12時/乳幼児の集い「ほっとスペースの日」 ■日/たまにイベントの日

よこはま運河チャレンジ よこはま運河チャレンジ
横浜市
Yokohama

人と人が繋がり、町と町が繋がる。横浜・関内関外地区で活躍するメンバーが、信頼の地域連携で10年後20年後を見据えた未来創りを行う。

光学堂ロービジョンルーム 光学堂ロービジョンルーム
西区中央2丁目6-5
Yokohama, 220-0051

視覚障害者用福祉機器ショールーム

Alohas Alohas
鶴見区馬場7-7-1
Yokohama, 2300076

ALOHA+LOHAS=makes you happy!! 日常からちょっとだけフワッとできる、そんな空間なALOHASです。

本牧山頂公園 本牧山頂公園
中区和田山1-5
Yokohama, 231-0805

横浜市中区にある本牧山頂公園のFacebookです。尾根伝いに続く丘、散歩道や、キャンプやバーベキューが楽しめる公園です。

横浜市立野毛山動物園≪公式≫ 横浜市立野毛山動物園≪公式≫
西区老松町63-10
Yokohama, 220-0032

横浜市野毛山動物園の公式face bookです。動物と動物園の情報をお届けします。

横浜 洋光台エリア掲示板 横浜 洋光台エリア掲示板
磯子区洋光台
Yokohama, 235-0045

憧れのまち 本牧 憧れのまち 本牧
横浜市中区
Yokohama, 2310804

かつて憧れの街であった本牧は、さらに光り輝く伝説の街に発展しました。こちらのページから、それを感じてください。

かなチャンtvアナウンス室 かなチャンtvアナウンス室
中区日本大通1
Yokohama, 231-8588

Yokohama WBC Yokohama WBC
中区新港2丁目2-1
Yokohama, 231-0001

Yokohama WBC (Yokohama World Business Support Center)