BuddyDog ドッグフード研究室

こだわりのフード

愛犬にも「医食同源」

犬の健康と病気は、食事が大きく左右します。

犬の「食の安全」「栄養バランス」「適量管理」これらが守られていれば、犬が病気になるリスクを低減できるはず!!

食事、運動、休息などの生活習慣を改善することで、生活習慣病をはじめ、多くの病気を予防することができるといわれています。

その中でも、栄養バランスが悪い食生活、食べすぎ、など食生活が病気の最大の原因といわれています。

人間の食事と、犬の食事が大きく異なる点は、人間の食事のように「食の安全」が守られていないドッグフードを食べている犬が非常に多いことです。

ドッグフードの安全を確保することと、栄養バランスが良い食事をすることの両方を改善しないと、犬の病気予防にはなりません。

「犬の健康のキーワードは、医食同源です」

医食同源……一度は聞いたことがある人も多いだろうが、実際、どんなものかは良く分からない。

若者世代の心をつかむ「聞くこと」を重視するマーケティング、ペットフード企業の知恵 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン) 27/09/2023

https://forbesjapan.com/articles/detail/66292

若者世代の心をつかむ「聞くこと」を重視するマーケティング、ペットフード企業の知恵 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン) いまどきの若者世代は「ペットを飼うことの意味」を書き換えている。だからマーケターたちは、ペットと暮らす若者世代に対して、どのようなメッセージを発信してリーチすればいいのか、見直す必要がある。若者世代は...

ドッグフードをそのまま与えてはいけない…愛犬の寿命を縮める「隠れ水分不足」の恐ろしさ 「勝手に水を飲むはず」は大間違い 27/09/2023

https://president.jp/articles/-/74116?page=1

ドッグフードをそのまま与えてはいけない…愛犬の寿命を縮める「隠れ水分不足」の恐ろしさ 「勝手に水を飲むはず」は大間違い 犬のエサやりでは、どんなことに気をつけるべきなのか。獣医師の長谷川拓哉さんは「高齢犬の病気の9割は『隠れ水分不足』によるもの。ドッグフードをそのまま与えず、水でふやかして与えたほうがいい」という――。

ペットフードが「食品」として扱われない現状 原材料に廃棄肉を多用、サルモネラ菌や大腸菌が検出された例も 13/05/2023

https://www.news-postseven.com/archives/20230513_1868212.html?DETAIL

ペットフードが「食品」として扱われない現状 原材料に廃棄肉を多用、サルモネラ菌や大腸菌が検出された例も  ちぎれんばかりにしっぽを振って駆け寄ってくる愛犬。いつもはつれないのに、勝手に布団に入ってきて一緒に眠る愛猫──とにかくペットが可愛くて仕方ない人は多いだろうが、ペットフードには…

09/03/2023

腎機能低下犬の食事

犬の腎機能が低下した場合、適切な食事が必要です。腎臓の働きは、老廃物や有害物質などをろ過することであり、腎炎やネフローゼ症候群などが代表的な病気です。

犬にはパンやソーセージなど塩分が多いものや、有害物質が含まれるフード、タンパク質過剰な食事、摂取エネルギー不足などが腎機能を低下させる原因となります。

犬には、塩分過剰な食事を避け、ストルバイツ結石の療法食のように塩分を多くして喉が渇くようにして水分摂取量を増やす食事が適しています。

また、病院で処方された特別な療法食を与えることも重要です。

有害物質が含まれているフードは、腎臓の負担に!

家禽肉・鶏肉副産物・トウモロコシ類・大豆・動物性脂肪などの原材料表示がされている。

食品産業廃棄物や食肉検査に不合格の肉、残留農薬基準値を超えている農作物など、人間の食品に適さない「非食用」原材料を使ったドッグフード。

エトキシキンやBHAなどの人間に使用が禁止されている合成酸化防止剤やホルマリンなどの化学薬品などの有害物質が多いドッグフード。

多くの半生タイプフードに使われているプロピレングリコールなどの有害物質は、犬の肝臓だけでなく腎臓にも大きな負担になっています。

タンパク質は、体内に蓄積しないので過剰な場合には腎臓に負担をかけます」。

タンパク質は、脂質や炭水化物のように体に蓄積しておくことができないので、タンパク質の過剰摂取は腎臓で余剰分をろ過するので犬の腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

摂取エネルギーが不足すると、腎臓に負担をかけます」。

摂取エネルギー(カロリー)が不足すると、体の筋肉を分解して使うことになるので、犬の肝臓と腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

ダイエットのためのフード減量は危険です。

犬の腎機に負担をかけない食事

ドッグフードでは塩分過剰にはならないので、パンやケーキやお菓子、ソーセージやハム、味がついた肉や魚や野菜を犬にあげないようにする。

ストルバイツ結石の療法食の一部で、塩分を多くして喉が渇くようにして水分摂取量を増やすようにしているものがあり、それで腎臓を悪くした犬がいるので注意!!

#犬の栄養 #犬の健康 #犬の食事

08/03/2023

肝機能低下犬の食事

春になると、犬の健康診断に出かける飼い主さんが増えます。
この時に行われる生化学検査で、肝臓の数値が悪いと診断されるケースが多いようです。

人間と違って、犬は肝炎やアルコール性の肝炎、過労などが少ないため、フードや薬品の副作用が原因の場合が多いようです。

肝臓は、消化吸収されたものを代謝して体に使えるようにする重要な臓器であり、有害物質を解毒する作用もあります。

しかし、安全性に問題があるフードを食べる、タンパク質や食物繊維が不足したフードを摂取する、長期間にわたって薬品を使用するなど、さまざまな原因で肝臓の働きに支障が出ます。

肝機能低下を防ぐためには、安全性の高いフードを選び、タンパク質や食物繊維が豊富なものを与えることが必要です。

また、薬品の使用は適切に行い、肝臓の負担を減らすようにすることが大切です。

★肝臓の働き

胃腸で消化吸収されたものが肝臓に運ばれて、体に使えるように再合成(代謝)します。

また、有害物質の解毒作用は、食べ物に含まれる有害物質だけでなく、腸内悪玉菌がつくりだす有害物質や医薬品やノミ・ダニ駆除剤などの農薬成分も解毒します。

胆汁をつくるなど様々な働きをしていて、まさに肝心要な内臓です。

★肝臓が悪くなる要因

最大の要因は、安全性に問題があるフードを食べていることではないでしょうか。

原材料が、残留農薬基準値を超えた農作物、病気など細菌やウィルスに汚染された鶏肉、それを処理する化学薬品や合成酸化防止剤など、原材料や添加物に有害物質が多いと、犬の肝臓は解毒作用で疲弊してしまいます。

また、トウモロコシ類や大豆などの犬が消化できない原材料と食物繊維の種類が少ないフードは、犬の腸内環境が悪くなり悪玉菌が排出する有害物質が肝臓に運ばれて、解毒のため高負荷に。

栄養的には、タンパク質の質が低いことや植物性脂肪などの質が悪い脂質のフードが多いので、健康な肝臓をつくることができないことがあります。

また、薬品も肝臓で解毒するので、抗生物質やステロイドなどの長期服用は、肝臓の負担を高めます。

★肝機能低下を防ぐ食生活

犬の肝臓の解毒作用を少なくするためには、原材料が安全なのか確認!!

「人間用食材と同等以上の原料を使ったドッグフード」にします。

また、エトキシキンやBHAなどの合成酸化防止剤やメラミンやカビ毒などの有害物質は、第三者検査機関の成分分析で未検出が確認されているか。

犬の腸内環境を良い状態に保つためには、穀類・芋類・野菜類・海藻類など多種類の食物繊維を含むフードを選こと。

必要に応じてヨーグルトやプロバイオティクスなどの腸内善玉菌を配合したフードを。

肝臓の新陳代謝や再生には、人間の肝臓同様に良質のタンパク質が不可欠です。

アミノ酸スコアが高い良質なタンパク質と、脂質の質が高くバランスが良いフードが必要です。

#犬の健康 #肝臓機能低下 #ドッグフード #安全な原材料 #食物繊維 #腸内環境 #肝臓の健康

07/03/2023

アレルギー対応食の選び方

犬の食物アレルギーの原因食材を避け、有害物質が極力少ないフードを選ぶことが大切です。

主原料にトウモロコシ・大豆・小麦を使用していないフードが望ましく、農薬・化学薬品・合成酸化防止剤などの有害物質が少ないフードが理想です。

人間用の食材を使用していることが証明されており、第三者検査機
関で製品検査を受け、エトキシキン・BHAなどの合成酸化防止剤、メラミン・カビ毒・サルモネラ菌などの有害物質が未検出であるものが望ましいです。

処方食でも同様に、限定した食材でも栄養基準に適合しているフードを選ぶことが重要です。

犬の食物アレルギーに対応するためには、まずアレルゲンの原因食材を避け、有害物質が少ないフードを選ぶことが大切です。

多くの犬達が処方食を食べてもアレルギー性皮膚炎が治らない原因は、アレルギー食で、安全で栄養バランスが良いフードが少ないことが原因とされています。

したがって、トウモロコシ・大豆・小麦を使用していないフードを選ぶことが望ましいです。

一般的なドッグフードには、トウモロコシ類、大豆、小麦が含まれていることが多いので、注意が必要です。

これらの原材料がなぜ不適切なのかは、別の記事を参考にしてください。

病院での処方食についても、同じ観点から見直す必要があります。

一部の獣医師は、処方食にも安全性に問題があると指摘しています。

処方食には、通常のフードと同様に、有害物質が含まれることがあります。

また、処方食には独自の原材料が使用されているため、安全性に関する情報が十分でない場合があります。

したがって、獣医師と相談し、安全性について確認を行うことが重要です。

限定的な食材でアレルギー対応食を選ぶ場合でも、栄養基準に適合したフードを選択することが大切です。

犬は自ら必須栄養素を生成できないため、食物からの摂取が必要とされるとともに、AAFCO栄養基準が実質的な世界基準として規定されています。

アレルギー対応食でも、犬にとって必要不可欠な栄養素を十分に摂取する必要があります。

例えば、健康的な皮膚と被毛を維持するためには、タンパク質、脂質、亜鉛、ビタミンなどのバランスの良い質の高いフードを選択することが重要です。

特に、タンパク質はアミノ酸スコア100の肉や魚のような高たんぱく質の動物性食品が好ましいです。

脂質も、皮膚や被毛の主要材料であり、動物性脂肪のみならず、一価不飽和脂肪酸やオメガ3とオメガ6の不飽和脂肪酸とバランスが良い高品質な脂質が必要です。

さらに、皮膚と被毛に関連するビタミンやミネラル(亜鉛、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチンなど)が配合されているかを確認することも重要です。

#犬の栄養 #犬の健康 #犬の食事 #犬のアレルギー食 #犬の皮膚ケア

07/03/2023

皮膚トラブル犬の食事

犬の皮膚トラブルに関する園長の経験から、安全で栄養バランスが良いフードを与えることで、犬の皮膚病や皮膚トラブルを防げることがわかりました。

人間のアトピーなどと同様に、犬の皮膚病や皮膚トラブルの原因も、食品添加剤や農薬などが関係しています。
犬に添加されるエトキシキンやホルマリンなどの化学薬品は、人間の食品には使用が禁止されているものが多く、さらに人間の食用にできない原材料が使われていることがあります。

フードに使用されるトウモロコシや大豆類などばかりで栄養バランスが悪い場合、犬の皮膚と被毛の新陳代謝が滞り、皮膚病や皮膚トラブルにつながることが多いといわれています。

また、トウモロコシやコーングルテンミール、大豆、小麦などを含むフードは、アレルギーの原因になることがあり、慢性腸炎を引き起こし、皮膚炎にもつながると考えられています。

犬の皮膚病を予防するためには、安全で良質なタンパク質と脂質を含むフードを選ぶことが重要です。食物アレルギーを防ぐためには、複数の食材を使ったフードを与え、特定のアレルゲンをため込まないようにすることが基本です。

また、トウモロコシ類や大豆類や小麦を含まないフードを選ぶことも、アレルギー対策に有効です。

#ドッグフード #ペットフード #安全性 #成分分析 #穀類不使用 #犬幼稚園

06/03/2023

安全なドッグフードを求めて

ドッグフードの表示には、たくさんの情報があります。
穀類不使用など、園長が選ぶ基準を満たしたフードが3つのブランドありました。
しかし、これらのフードを輸入する代理店に、第三者機関での成分分析を問い合わせると、2つの会社から同じような回答が返ってきました。

「株式会社Aの○○です。本日は××フードに関してお問い合わせを頂きありがとうございました。検査ですがどのような項目をご希望でしょうか。経験がないためお聞かせ頂けると助かります。」

以前から、輸入元として成分分析をしている会社はないという現状があります。
分析費用が高く、園長も支払い時にいつも泣いています。
安全なドッグフードは何か?園長に教えてもらいたいと思います。

ペットフードメーカーは秘密主義であり、どの(危険な)原材料を使用しているかを知ることはできません。
原材料を開示しているのは、一部のフードメーカーであり、安全と信じられる情報は少なすぎます。
原材料や添加物だけでなく、そのフードの栄養成分も問題です。
そのため、犬幼稚園Buddy Dogでは、フードの分析を行っています。

それでも、絶対に安全と言い切れる自信はありません。
園長によれば、これは非常にパーソナルな問題であり、信じることができるかどうか、信仰のようなものだと思っています。

犬幼稚園Buddy Dogで販売するフードが、どのブランドなのか気になります。

#ドッグフード #ペットフード #安全性 #成分分析 #穀類不使用 #犬幼稚園

06/03/2023

「医食同源」

犬の健康と病気は、食事が大きく左右します。

犬の「食の安全」「栄養バランス」「適量管理」これらが守られていれば、犬が病気になるリスクを低減できるはず!!

食事、運動、休息などの生活習慣を改善することで、生活習慣病をはじめ、多くの病気を予防することができるといわれています。

その中でも、栄養バランスが悪い食生活、食べすぎ、など食生活が病気の最大の原因といわれています。

人間の食事と、犬の食事が大きく異なる点は、人間の食事のように「食の安全」が守られていないドッグフードを食べている犬が非常に多いことです。

ドッグフードの安全を確保することと、栄養バランスが良い食事をすることの両方を改善しないと、犬の病気予防にはなりません。

「犬の健康のキーワードは、医食同源です」

医食同源……一度は聞いたことがある人も多いだろうが、実際、どんなものかは良く分からない。

辞書で引いてみると、「病気の治療も普段の食事も、ともに生命を養い健康を維持するためのもので、その源は同じであるとする考え方のこと」とある!

「食べ物が持つ様々な特性を見極めて、バランスの取れた食事が、医食同源です」。

安全なドッグフードを求めて(1) - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 24/10/2022

安全なドッグフードを求めて(1) - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog ドッグフードはたくさんの種類があり、様々な特徴を持っています。その中から愛犬にあったものを探すのは至難の技です。フードのラベル表記やウェブ情報などで成分や品質を十分に調べて最善だろうと選択したフードも...

相談したい、助けてほしい!は犬の幼稚園BuddyDogに - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 23/10/2022

相談したい、助けてほしい!は犬の幼稚園BuddyDogに - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog ⽝の「困った!たすけて!」は、いろいろあるとおもいます。そして、情報もたくさん流れています。あまりに多くの情報があるので、一体どれを信じていいのか分からない方には、ぜひ、犬の幼稚園BuddyDogで問題を整理し....

ドッグファーストの思いを - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 23/10/2022

ドッグファーストの思いを - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 親父の話を聞かずに一方的に話をしたり、親父の感情や状況を無視する天邪鬼のようだと思っていた娘が相手の気持ちを察するスキルが高く、言葉のキャッチボールが上手だったことにびっくりしてしまった。ドッグファー...

Photos from 阿蘇くまもと  大地の恵み's post 19/10/2022
K9ナチュラルの販売を始めます。 - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 18/10/2022

K9ナチュラルの販売を始めます。 - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 新鮮で安心・安全な「生食」をいつでも手軽に与えられるニュージーランド産生食フリーズドライペットフードK9ナチュラルの販売を始めます。よろしくお願いします。園長のひとりごと園長は犬幼稚園に来られた飼主さ...

お知らせ - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 18/10/2022

お知らせ - 愛犬家が2000人集まる犬の幼稚園 BuddyDog 大変お待たせしております。RAWZの販売予定11月中旬頃入荷します。園長のひとりごと園長は犬幼稚園に来られた飼主さんと愛犬の食事に関してお話をします。原材料や原産国を選択基準にされている方は多いのですが?手作...

食の安全先進国フランスで禁止、でも日本では食べられる食品の数々 08/09/2022

https://www.news-postseven.com/archives/20200412_1554964.html?DETAIL

食の安全先進国フランスで禁止、でも日本では食べられる食品の数々  2020年1月、フランスでは学校給食や病院食など集団食の食材を、2年以内に最低でも20%はオーガニックにするという法律が施行された。 食文化として初めてユネスコ無形文化遺産に登録(2010年)…

犬は1日何食が最適? 1万匹の統計から示された意外な結果 (2/3) - ナゾロジー 25/05/2022

https://nazology.net/archives/109097/2

犬種も性別も異なる1万匹以上の犬のデータを分析した結果、給餌回数が1日?回である成犬は認知機能障害の数値が低くなり、胃腸・腎臓・肝臓・膵臓といった消化器を始め、歯科・整形外科的分野でも障害が起こりにくいことが示されたそうです。

犬は1日何食が最適? 1万匹の統計から示された意外な結果 (2/3) - ナゾロジー あなたはペットにごはんを1日何回あげているでしょうか?環境省のガイドラインは1日2回が適切と記していますが、米国の新たな研究はペットの健康と給餌回数の意外な関連を報告しています。

水分量80%で泌尿器系疾患の予防も!バイオフィリアが国内初の猫用フレッシュフード発売|@DIME アットダイム 12/05/2022

https://dime.jp/genre/1383356/

水分量80%で泌尿器系疾患の予防も!バイオフィリアが国内初の猫用フレッシュフード発売|@DIME アットダイム コロナ禍で活性化しているペット関連産業、国内初の猫用フレッシュフードの新商品が登場国内外ともに増え続けるペット市場経済産業省が3月に発表したペット産業の動向調査では、「コロナ禍でも堅調なペット...

危険なペットフードの見分け方 「国産」表記にも注意すべき理由〈週刊朝日〉 12/05/2022

https://dot.asahi.com/wa/2022051000082.html?page=1

危険なペットフードの見分け方 「国産」表記にも注意すべき理由〈週刊朝日〉 「添加物不使用」などとアピールする食品はスーパーでもよく見かける。食の安全に注目が集まるなか、ペットが口にするものにも気を配ろうとする動きが。ペッ...

ネコの腎臓病予防に期待「AIM活性化物質入りフード」商品化、3月発売へ | 文春オンライン 25/02/2022

https://bunshun.jp/articles/-/52269

ネコの腎臓病予防に期待「AIM活性化物質入りフード」商品化、3月発売へ | 文春オンライン 「ネコの宿命」とされる腎臓病にタンパク質「AIM」を利用する治療法を開発した東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センターの宮崎徹教授は、不活性状態にあるネコのAIMを人間と同様に機能させる物質を発見...

Dog Gone Dog Treats Salmonella Warning | DogFoodAdvisor 18/02/2022

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/dog-gone-treats-alert/

Dog Gone Dog Treats Salmonella Warning | DogFoodAdvisor Complete details of the Dog Gone Dog Treats Salmonella alert issued by the Massachusetts Dept of Health and reported by The Dog Food Advisor.

外資が強いペットフード業界で、日本メーカーが見いだした「独自路線」 01/02/2022

https://diamond.jp/articles/-/293871

外資が強いペットフード業界で、日本メーカーが見いだした「独自路線」 コロナ禍、家で過ごす時間が増える中、ペットを飼う人が増えているという。そんな中、ペットフード市場も盛況だ。特にキャットフードやペット用の「おやつ」が好調だという。従来、日本のペットフード市場は外資企業...

Xylitol: Popular Sweetener That Can Be Deadly to Your Dog 05/01/2022

https://www.dogfoodadvisor.com/red-flag-ingredients/xylitol-dog/

Xylitol: Popular Sweetener That Can Be Deadly to Your Dog The accidental consumption of the popular sweetener xylitol by a dog can cause a sudden and life-threatening drop in an animal's blood sugar

Costco Recalls Irish Rover Advent Calendar Dog Treats - Dog Food Advisor 15/12/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/costco-irish-rover-treats/

Costco Recalls Irish Rover Advent Calendar Dog Treats - Dog Food Advisor Complete details of the Costco Irish Rover 2021 Advent Calendar dog treats recall as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

BioLifePet Liquid Probiotics for Dogs and Cats Recalled - Dog Food Advisor 08/12/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/biolifepet-liquid-probiotics/

BioLifePet Liquid Probiotics for Dogs and Cats Recalled - Dog Food Advisor Complete details of the BioLifePet Liquid Probiotics for Dogs and Cats recall as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

Sam's Club Dog Treats Recall | Dog Food Advisor 25/11/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/sams-club-beef-stick-dog-treats/

Sam's Club Dog Treats Recall | Dog Food Advisor Complete details of the Sam's Club Member's Mark Dog Treats recall of November 2021 as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

Cesar Wholesome Bowls Dog Food Review | Rating | Recalls 05/11/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-reviews/cesar-wholesome-bowls/

Cesar Wholesome Bowls Dog Food Review | Rating | Recalls Cesar Wholesome Bowls Dog Food - an impartial review by the editors of The Dog Food Advisor. Includes ingredient analysis and recall history.

NutriSource Pure Vita Dog Food Recall - Dog Food Advisor 13/10/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/nutrisource-pure-vita/

NutriSource Pure Vita Dog Food Recall - Dog Food Advisor Complete details of the NutriSource Pure Vita Dog Food recall of October 2021 as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

Fromm Dog Food Recalled Due to High Levels of Vitamin D 04/10/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/fromm-recall-2021/

Fromm Dog Food Recalled Due to High Levels of Vitamin D Complete details of the October 2021 Fromm Dog Food recall as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

ラボ生まれのタンパク質でペットフードに変革を 米新興企業のエコな挑戦 27/09/2021

https://www.afpbb.com/articles/-/3367535

ラボ生まれのタンパク質でペットフードに変革を 米新興企業のエコな挑戦 【9月27日 AFP】ガラス容器の中で泡立つ液体に、米国のスタートアップ企業の期待がかかる。

混ぜたらダメ!?多くの飼い主が知らないドッグフードの常識|@DIME アットダイム 22/09/2021

https://dime.jp/genre/497551/

混ぜたらダメ!?多くの飼い主が知らないドッグフードの常識|@DIME アットダイム かつては7年程度であった、ペット犬の寿命。それが今では倍の十数年にまで延びている。ペットフード業界に30年以上身を置き、現在はペット関連情報の発信を行う、ピーリンクの顧問、橋長誠司氏によれば、寿命...

ドッグフードや犬用おやつに異物混入があった飼い主は◯%!リコール情報をチェックしない飼い主が約9割。実際、販売先に連絡した人の声も紹介【飼い主306人アンケート】 15/09/2021

https://www.fnn.jp/articles/-/239259

ドッグフードや犬用おやつに異物混入があった飼い主は◯%!リコール情報をチェックしない飼い主が約9割。実際、販売先に連絡した人の声も紹介【飼い主306人アンケート】 なんでも統計局 by PR TIMES ドッグフードや犬用おやつに異物混入があった飼い主は◯%!リコール情報をチェックしない飼い主が約9割。実際、販売先に連絡した人の声も紹介【飼い主306人アンケート】 PR TIMES 2021年9月15日 水....

330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫は犬から輸血も 英 31/08/2021

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/08/330-2.php

330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫は犬から輸血も 英 <今年5月ごろからイギリス各地で猫たちの衰弱と不審な死が相次いで報告が目立ちはじ...

Top Quality Dog Food Recall of August 2021 29/08/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/top-quality/

Top Quality Dog Food Recall of August 2021 Top Quality Dog Food recall of August 2021 - complete details as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

FDA Issues Important Warning to Maker of 12 Dog Food Brands 26/08/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/midwestern-pet-foods-warning/

FDA Issues Important Warning to Maker of 12 Dog Food Brands Complete details of the FDA's August 2021 warning to Midwestern Pet Foods... as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

23/08/2021

https://www.cainz.co.jp/images/information/pdf/20210817_info.pdf

www.cainz.co.jp

ネズミの培養肉を用いたキャットフード 「Harmless Hunt™ Mouse Cookies for Cats」 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア 21/08/2021

https://www.axismag.jp/posts/2021/08/395805.html

ムリムリ 触るのだってイヤだー

ネズミの培養肉を用いたキャットフード 「Harmless Hunt™ Mouse Cookies for Cats」 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア アメリカのペットフード会社「Because, Animals」は、世界初というネズミの培養肉を用いたキャットフード「Harmless Hunt™ Mouse Cookies for Cats」を発表した。2022年には一般販売を予定しており、現在は公式サイトで予約注文を受け....

19/08/2021

https://jp.xxiinews.cc/finances/102389.html

イギリスで300匹以上の猫が謎の死。原因はキャットフード? 一部製品から有毒化学物質 - 今日のニュース イメージ可愛らしい見た目や自由気ままな性格から、世界中の人々を虜にし続ける猫。海外の有名セレブの中にも、愛猫家を公言している人は少なくない。ところが、そんな愛猫家たちにとってショッキングなニュースが舞...

Simply Nourish Dog Food Recall 15/08/2021

https://www.dogfoodadvisor.com/dog-food-recall/simply-nourish/

Simply Nourish Dog Food Recall Complete details of PetSmart's August 2021 Simply Nourish dog food recall as reported by the editors of the Dog Food Advisor.

あなたの事業をペット店のトップリストYokohamaにしたいですか?
ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

カテゴリー

ウェブサイト

住所


横浜市都筑区葛が谷12-4
Yokohama, Kanagawa
2240062

営業時間

月曜日 09:00 - 19:00
火曜日 10:00 - 19:00
木曜日 10:00 - 19:00
金曜日 10:00 - 19:00
土曜日 10:00 - 19:00
日曜日 10:00 - 19:00

Pet Suppliesのその他Yokohama (すべて表示)
Suih(スールー)ペット用品・アパレル販売 Suih(スールー)ペット用品・アパレル販売
神奈川県横浜市中区常磐町1丁目2/1
Yokohama, 231-0014

ペット用品・アパレルの専門店

URALA URALA
Yokohama

Kishu Kishu
Киш
Yokohama, 74589

The Kishu, sometimes called the Kishu Inu or Kishu dog, is a Japanese breed of dog. It comes from an

chang_pet_dog chang_pet_dog
横浜市港北区新横浜2-14-25アポロ新横浜第二ビル2F
Yokohama

愛犬家シェフが作る完全無添加Petご飯ブランド chang 食べるイヌ用プロテイ

Oneforyou Dogs Oneforyou Dogs
Yokohama, 222-0024

「one for you=世界でたった1つの贈りものをあなたに」をコンセプトに、?

合同会社ヴァイシュラ(vaisra LLC.) 合同会社ヴァイシュラ(vaisra LLC.)
1-2-1 1階
Yokohama, 2210021

いぬねこサプリ.com(イベント部門)、アズスマイル(インターネット部門

マルワン大倉山店(ペットショップ) マルワン大倉山店(ペットショップ)
港北区大豆戸町 150
Yokohama, 222-0032

「トレーニングをしながら育てるお店」をコンセプトにお客様サポートに?

うさぎ専門店 pet's-club うさぎ専門店 pet's-club
青葉区すすき野2丁目6/5
Yokohama, 225-0021

うさぎ専門店pet's-club公式Facebookページ

Charmant Charmant
栄区笠間5-35/3
Yokohama, 247-0006

Charmantのセール告知やグッズの紹介、遊びに来てくれたわんこなどなど更?

クープー横浜 クープー横浜
富岡西4-78/7
Yokohama, 236-0052

神奈川県横浜市金沢区|シャンプートリミング|ペットホテル|ペットフ?