神奈川大学日本常民文化研究所/非文字資料研究センター

神奈川大学日本常民文化研究所/非文字資料研究センター

コメント

【直前情報】申込期間:2022年5月7日(土)まで
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 受講生募集
「日本常民文化研究所主催 沖縄の日本「復帰」50年」(全4回)
【ハイフレックス(録画あり)】

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2202.html
【直前情報】申込期間:2022年5月6日(金)まで
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 受講生募集
「日本常民文化研究所による古文書講読講座(前期・後期)」(全20回)
【ハイフレックス(録画あり)】
自ら読み解く力を身につけ、古文書の伝える歴史の世界を味わう 

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2201.html
【非文字資料研究センター】
本学の学術研究広報誌『PROUD BLUE』最新号No.9 “TREASURE” において、非文字資料研究センターが所蔵する国策紙芝居が紹介されました。

https://www.kanagawa-u.ac.jp/aboutus/publication/proudblue/
【日本常民文化研究所】
基盤共同研究 日本常民文化研究所所蔵資料からみるフィールド・サイエンスの史的展開
「国立民族学博物館での写真関連資料調査」(2022年3月16日~18日/報告)を掲載しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/fieldsience/220316.html
【日本常民文化研究所】
第130回研究会 個別共同研究「歴史民俗資料とデジタルファブリケーションの可能性の研究」第1回研究会

「デジタルファブリケーションと物質文化の接点を探る」道用大介氏(2022年3月23日)
終了報告を掲載しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/130_2.html
【日本常民文化研究所】
【新刊】『民具マンスリー』4月号 2022年4月10日刊行です。

備前市吉永町田倉牛神社の信仰と備前焼の牛(平松典晃)
二つの中世陵王面―鎌倉鶴岡八幡宮と六浦瀬戸神社― 下(渡邊浩貴)

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/mingu/index.html
【日本常民文化研究所】
受託研究 三宅村郷土資料公開・保存事業
三宅島郷土資料館の資料整理作業(2021年度)(2022年1月7~10日/報告)を掲載しました。

写真/浅沼悦太郎氏逝去の記事が載った『民間伝承』(「七島文庫」所収)

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/miyakemura/220107.html
国際常民文化研究機構は、2022年3月31日(木)をもって事業を終了いたしました。
これまでの活動は、引き続きWebサイトでご覧になれます。
13年間にわたる研究活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。

「国際常民文化研究機構 終了のごあいさつ」

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/news/2022.html
【日本常民文化研究所】
公式Webサイトがスマートフォン対応表示になりました。本研究所の情報をさらに見やすくお届けします。
 
※右上の「MENU」アイコンが表示されない場合は、スマートフォンのブラウザのキャッシュをクリアしてください。詳細は下記をご覧ください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/220330.html
【非文字資料研究センター】
【新刊】『国策紙芝居‐地域への視点・植⺠地の経験』(神奈川大学評論ブックレット 御茶の水書房/2022年3月18日発売)

http://himoji.kanagawa-u.ac.jp/news/index.html#p-1166

【内容紹介】
国策紙芝居の現場を訪ね、隠れた資料を掘り起こし、現場の⼈々の戦時下の経験と出合う。本書はそうした触発力に満ちた交流の記録である。
ご購入は御茶の水書房、またはお近くの書店までお問合せください。
【日本常民文化研究所】
【新刊】
本研究所の研究活動報告書『神奈川大学日本常民文化研究所 年報2020』が発行されました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/publication/annual.html

神奈川大学日本常民文化研究所、非文字資料研究センターの公式Facebookページです。個別の返信やフォローは行いませんので、御了承ください。

通常通り開く

27/04/2022

【直前情報】申込期間:2022年5月7日(土)まで
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 受講生募集
「日本常民文化研究所主催 沖縄の日本「復帰」50年」(全4回)
【ハイフレックス(録画あり)】

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2202.html

【日本常民文化研究所】
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター
「日本常民文化研究所主催 沖縄の日本「復帰」50年」(全4回)
【ハイフレックス(録画あり)】2022年度 受講生募集のお知らせ

今年は、沖縄の施政権が1972年にアメリカから日本に返還されて50年の節目となります。この50年という節目に1972年の「返還」について考えます。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2202.html

27/04/2022

【直前情報】申込期間:2022年5月6日(金)まで
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 受講生募集
「日本常民文化研究所による古文書講読講座(前期・後期)」(全20回)
【ハイフレックス(録画あり)】
自ら読み解く力を身につけ、古文書の伝える歴史の世界を味わう 

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2201.html

【日本常民文化研究所】
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 受講生募集のお知らせ

「日本常民文化研究所による古文書講読講座(前期・後期)」【ハイフレックス(録画あり)】
自ら読み解く力を身につけ、古文書の伝える歴史の世界を味わう 

詳細は下記をご覧ください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2201.html

写真:伊予二神家文書(日本常民文化研究所所蔵)

25/04/2022

【非文字資料研究センター】
本学の学術研究広報誌『PROUD BLUE』最新号No.9 “TREASURE” において、非文字資料研究センターが所蔵する国策紙芝居が紹介されました。

https://www.kanagawa-u.ac.jp/aboutus/publication/proudblue/

20/04/2022

【日本常民文化研究所】
基盤共同研究 日本常民文化研究所所蔵資料からみるフィールド・サイエンスの史的展開
「国立民族学博物館での写真関連資料調査」(2022年3月16日~18日/報告)を掲載しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/fieldsience/220316.html

18/04/2022

【日本常民文化研究所】
第130回研究会 個別共同研究「歴史民俗資料とデジタルファブリケーションの可能性の研究」第1回研究会

「デジタルファブリケーションと物質文化の接点を探る」道用大介氏(2022年3月23日)
終了報告を掲載しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/130_2.html

10/04/2022

【日本常民文化研究所】
【新刊】『民具マンスリー』4月号 2022年4月10日刊行です。

備前市吉永町田倉牛神社の信仰と備前焼の牛(平松典晃)
二つの中世陵王面―鎌倉鶴岡八幡宮と六浦瀬戸神社― 下(渡邊浩貴)

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/mingu/index.html

05/04/2022

【日本常民文化研究所】
受託研究 三宅村郷土資料公開・保存事業
三宅島郷土資料館の資料整理作業(2021年度)(2022年1月7~10日/報告)を掲載しました。

写真/浅沼悦太郎氏逝去の記事が載った『民間伝承』(「七島文庫」所収)

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/miyakemura/220107.html

01/04/2022

国際常民文化研究機構は、2022年3月31日(木)をもって事業を終了いたしました。
これまでの活動は、引き続きWebサイトでご覧になれます。
13年間にわたる研究活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。

「国際常民文化研究機構 終了のごあいさつ」

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/news/2022.html

30/03/2022

【日本常民文化研究所】
公式Webサイトがスマートフォン対応表示になりました。本研究所の情報をさらに見やすくお届けします。
 
※右上の「MENU」アイコンが表示されない場合は、スマートフォンのブラウザのキャッシュをクリアしてください。詳細は下記をご覧ください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/220330.html

29/03/2022

【非文字資料研究センター】
【新刊】『国策紙芝居‐地域への視点・植⺠地の経験』(神奈川大学評論ブックレット 御茶の水書房/2022年3月18日発売)

http://himoji.kanagawa-u.ac.jp/news/index.html#p-1166

【内容紹介】
国策紙芝居の現場を訪ね、隠れた資料を掘り起こし、現場の⼈々の戦時下の経験と出合う。本書はそうした触発力に満ちた交流の記録である。
ご購入は御茶の水書房、またはお近くの書店までお問合せください。

16/03/2022

【日本常民文化研究所】
【新刊】
本研究所の研究活動報告書『神奈川大学日本常民文化研究所 年報2020』が発行されました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/publication/annual.html

15/03/2022

【日本常民文化研究所】
第25回常民文化研究講座 日本常民文化研究所の100年
「渋沢敬三と日本の近代-越境し総合する知の100年」(2021年12月4日/オンライン開催)終了報告を掲載しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/exhibition/list/211204_3.html

14/03/2022

【日本常民文化研究所】
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター
「日本常民文化研究所主催 沖縄の日本「復帰」50年」(全4回)
【ハイフレックス(録画あり)】2022年度 受講生募集のお知らせ

今年は、沖縄の施政権が1972年にアメリカから日本に返還されて50年の節目となります。この50年という節目に1972年の「返還」について考えます。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2202.html

10/03/2022

【日本常民文化研究所】
【新刊】『民具マンスリー』
第54巻12号は2022年3月10日刊行です。

家庭への電灯の普及について(野々村明佳里)
【民具短信】
企画展「布 うつくしき日本の手仕事」を終えて
(刈田 均)
特許から見る鳥取倉吉の「千歯」から「太一車」産業への変遷(北村隆雄)
第54巻総目次
日本常民文化研究所 2021年度活動報告より

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/mingu/index.html

09/03/2022

【国際常民文化研究機構】
共同研究(一般)「民具の機能分析に関する基礎的研究」共同研究および成果の総括「民具の機能とは―形態学からの見直し―」を掲載しました。

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/research/group2-2-1/2022_1.html

09/03/2022

【日本常民文化研究所】
KUポートスクエア神奈川大学エクステンションセンター 受講生募集のお知らせ

「日本常民文化研究所による古文書講読講座(前期・後期)」【ハイフレックス(録画あり)】
自ら読み解く力を身につけ、古文書の伝える歴史の世界を味わう 

詳細は下記をご覧ください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/topics/2022/ku2201.html

写真:伊予二神家文書(日本常民文化研究所所蔵)

04/03/2022

【日本常民文化研究所】
『歴史と民俗』38[特集 景観の総合資料学][小特集 人々の境界と越境]
(神奈川大学日本常民文化研究所論集/平凡社/2022年2月18日発売)
要旨集を掲載しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/publication/history.html

【日本常民文化研究所】
【新刊】
『歴史と民俗』38[特集 景観の総合資料学](神奈川大学日本常民文化研究所論集/平凡社)2022年2月18日発売です。
今号では「景観の総合資料学」と「人々の境界と越境」の大小二つの特集を組んでいます。
ご購入は平凡社へお問合せください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/publication/history.html

24/02/2022

【国際常民文化研究機構】
共同研究(奨励)「台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究―東アジア・環太平洋地域の海女研究構築を目指して―」
「第10回共同研究フォーラム 台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究」(終了報告/2022年1月29日)を掲載しました。

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/research/group2-1-1/220129_2.html

写真:映像『去海拿東西的人(海に行き、ものをとる人)』

21/02/2022

【日本常民文化研究所】
第129回研究会 女捕(めとり)」について 久留島典子氏 終了報告(2022年2月16日)を公開しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/129_2.html

18/02/2022

【日本常民文化研究所】
【新刊】
『歴史と民俗』38[特集 景観の総合資料学](神奈川大学日本常民文化研究所論集/平凡社)2022年2月18日発売です。
今号では「景観の総合資料学」と「人々の境界と越境」の大小二つの特集を組んでいます。
ご購入は平凡社へお問合せください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/publication/history.html

16/02/2022

【日本常民文化研究所】
第130回研究会 個別共同研究「歴史民俗資料とデジタルファブリケーションの可能性の研究」第1回研究会 開催のお知らせ

「デジタルファブリケーションと物質文化の接点を探る」
道用大介氏(神奈川大学日本常民文化研究所 所員 経営学部 准教授)

日時:2022年3月23日 (水)17:30~19:00
会場:Zoomミーティング【開場:17:15】参加希望の方は、下記ページの参加申込みフォームよりお申込みください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/130.html

15/02/2022

【国際常民文化研究機構】
【終了報告】
第8回東アジア島嶼海洋文化フォーラム「島と海の変化と混沌」(2021年12月11日)にて、加藤里織氏(日本常民文化研究所特別研究員)が、「〈境界〉の島―奄美において境界変動は何をもたらしたのか―」と題して研究発表を行いました。

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/management/science/forum.html#01

14/02/2022

【日本常民文化研究所】
【直前情報】
第129回 日本常民文化研究所研究会 Zoom開催
「女捕(めとり)」について
久留島典子氏
(神奈川大学日本常民文化研究所所員 国際日本学部教授)
2022年2月16日(水)17:30~19:00
参加ご希望の方は下記ページの申込みフォームよりお申込みください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/129.html

【日本常民文化研究所】
第129回 日本常民文化研究所研究会 開催のお知らせ

テーマ:「女捕(めとり)」について
発表者:久留島典子氏
(神奈川大学日本常民文化研究所所員 国際日本学部教授)
日時:2022年2月16日(水)17:30~19:00
会場:Zoomミーティング

参加ご希望の方は下記ページの申込みフォームよりお申込みください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/129.html

10/02/2022

【日本常民文化研究所】
【新刊】『民具マンスリー』
第54巻11号は2022年2月10日刊行です。

玩具・ビデオゲームの展示
―愛荘町立歴史文化博物館の夏季特別展から― (西連寺匠)
戦後沖縄の石敢當受容(蒋明超)
【書籍紹介】
加藤和徳著『農具「唐箕」の伝播―羽前上ノ山と旧中川村の事例―』(佐々木長生)

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/mingu/index.html

04/02/2022

【ISJFC】
【Digital Pamphlets】
Institute for the Study of Japanese Folk Culture
Commemorative Issue for the Centennial 2021-2023

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/en/about/07.html

02/02/2022

【日本常民文化研究所】
第128回研究会「臨時の仮屋から常設の小屋へ―山形県小国町大宮のコヤバから―」板橋春夫氏 終了報告(2021年9月15日)を公開しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/128_2.html

Photos from NIKKEI The STYLE's post 01/02/2022

【日本常民文化研究所】
第125回研究会 山本志乃所員「片句大師堂と渋沢敬三―宮本常一の出雲採訪の旅からの展開―」を発端とする現地取材記事「屋根裏博物館 100年の恵み 礎なす島根の旅」が、日本経済新聞NIKKEI The STYLE(2022年1月30日)に掲載されました。

01/02/2022

【日本常民文化研究所】
第127回研究会「景徳鎮における伝統製磁道具について」王麗氏 終了報告(2021年7月21日)を公開しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/127_2.html

21/01/2022

【直前情報】
【国際常民文化研究機構】
第10回共同研究フォーラム「台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究」
2022年1月29日(土)Zoom開催

参加希望の方は2022年1月24日(月)12:00 までにお申込みください。

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/research/group2-1-1/220129.html

【国際常民文化研究機構】
共同研究(一般)「台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究—東アジア・環太平洋地域の海女研究構築を目指して—」
第10回共同研究フォーラム「台湾の「海女(ハイルー)」に関する民族誌的研究」2022年1月29日(土)オンライン開催のお知らせ
参加希望の方は2022年1月24日(月)12:00 までにお申込みください。

http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/research/group2-1-1/220129.html

18/01/2022

【日本常民文化研究所】
【英語版:創立100周年記念号 2021-2023年度】

Institute for the Study of Japanese Folk Culture
Commemorative Issue for the Centennial 2021-2023

本研究所の研究活動や所蔵資料、刊行物などの情報をまとめた英語版の要覧(パンフレット)を公開しました。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/about/09.html

17/01/2022

【日本常民文化研究所】
第129回研究会に参加申込みフォームよりお申込みいただき
返信メールが届いていない方は、迷惑メールフォルダおよび、
ご利用中のメールソフトの設定をご確認いただいたうえで
再度送信をお願いいたします。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/129.html

【日本常民文化研究所】
第129回 日本常民文化研究所研究会 開催のお知らせ

テーマ:「女捕(めとり)」について
発表者:久留島典子氏
(神奈川大学日本常民文化研究所所員 国際日本学部教授)
日時:2022年2月16日(水)17:30~19:00
会場:Zoomミーティング

参加ご希望の方は下記ページの申込みフォームよりお申込みください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/129.html

14/01/2022

【日本常民文化研究所】
第129回 日本常民文化研究所研究会 開催のお知らせ

テーマ:「女捕(めとり)」について
発表者:久留島典子氏
(神奈川大学日本常民文化研究所所員 国際日本学部教授)
日時:2022年2月16日(水)17:30~19:00
会場:Zoomミーティング

参加ご希望の方は下記ページの申込みフォームよりお申込みください。

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/research/folkculture/129.html

12/01/2022

【日本常民文化研究所】
第25回常民文化研究講座 民具を語る10(動画配信第5回)
「会津鋸」Ⅱ
内山大介氏 樫村賢二氏
動画を公開しました。
#民具 #学芸員 #会津

https://youtu.be/LqWxhzFTL2E

11/01/2022

【日本常民文化研究所】
第25回常民文化研究講座 民具を語る9(動画配信第4回)「会津鋸」Ⅰ 民俗学・民具との出会い
内山大介氏 樫村賢二氏 
動画を公開しました。

#民具 #学芸員 #会津

https://youtu.be/ZX0rKFsHeGg

電話番号

住所


神奈川区六角橋3-27-1
Yokohama, Kanagawa
221-8686

一般情報

【神奈川大学日本常民文化研究所】
Institute for the Study of Japanese Folk Culture, Kanagawa University

本研究所の活動は、1921年、渋沢敬三の創設によるアチックミューゼアムソサエティから開始されました。民具や古文書の収集・分類・整理、漁業史など、日本常民社会の多様な領域を対象とし、現地調査を踏まえた研究と分析を進めています。
The activities of the Institute for the Study of Japanese Folk Culture (ISJFC) began with the establishment of the “Attic Museum Society” by Keizo Shibusawa in 1921. The ISJFC provides and collates research in diverse areas related to Japanese commoner (jomin) society and undertakes research and analyses based on various studies in the field.

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/
http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/en/
【twitter.com/jomin_official】

〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
Tel: 045-481-5661(代表)
Fax: 045-413-4151
Address: 3-27-1, Rokkakubashi, Kanagawa-ku, Yokohama-shi, Kanagawa, 221-8686, JAPAN
Tel: +81-(0)45-481-5661
Fax: +81-(0)45-413-4151

[利用案内]
http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/guide/
※2020年4月7日(火)に発令された緊急事態宣言をうけ、本学は2020年4月8日(水)から8月1日(土)まで大学構内への立ち入りが禁止となりました。それにともない本研究所を閉室し、すべての研究活動及び利用を停止いたします。電話でのお問合せも対応できませんのでご了承ください。

【非文字資料研究センター】
Research Center for Nonwritten Cultural Materials

神奈川大学21世紀COEプログラム「人類文化研究のための非文字資料の体系化」の5年間の研究事業を継承・発展させる組織として神奈川大学日本常民文化研究所に付置されました。文字以外の人間諸活動の表現形態を対象に調査研究、資料収集の実施、世界への発信を目的としています。
Research Center for Nonwritten Cultural Materials was established and attached to the Institute to develop the 21st Century COE Program “Systematization of Nonwritten Cultural Materials for the Study of Human Society.” With the focus on the forms of human activity that are not expressed by the written word, the Center is dedicated to the study and collection of nonwritten cultural materials. The Center put particular effort into the dissemination of knowledge of the nonwritten cultural materials to the international research community.

http://himoji.kanagawa-u.ac.jp/
himoji.kanagawa-u.ac.jp/english/
mail: [email protected]
Fax: 045-491-0659

【国際常民文化研究機構】
International Center for Folk Culture Studies

本研究所を母体とした、共同研究のための組織です。グローバル化のなかにあって、等身大の生活文化を総合的に調査・研究・分析する方法論の確立を目指し多文化共生の道を探ります。本研究所の所蔵する史資料とデータベースを広く学外の研究者に公開・共有化し、さらに研究分野を拡大、深化させるために、共同で学際的な研究を進めています。
The Institute’s subsidiary organization for joint research.In the age of globalization, ICFCS seeks the coexistence of diverse cultures by establishing a methodology for research on everyday life of the ordinary people.
http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/
http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/en/
http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/cn/
http://icfcs.kanagawa-u.ac.jp/kr/
Fax: 045-481-3155

その他 Yokohama 大学 (すべて表示)
横浜市立大学 映画研究部 横浜市立大学 映画研究部
瀬戸22-2 サークル棟 B307
Yokohama, 236-0027

横浜市立大学 映画研究部です。 部室で映画見たり、気ままに活動してます。

ITP_ Kết nối Việt Nhật chuyên ngành Xây Dựng ITP_ Kết nối Việt Nhật chuyên ngành Xây Dựng
横浜市
Yokohama

一般社団法人ITP日越建設業推進会 Là tổ chức pháp nhân được thành lập nhằm kết nối cộng đồng anh em xây dựng tại Nhật Bản.

Yokohama College of Art and Design Yokohama College of Art and Design
青葉区鴨志田町1204
Yokohama, 227-0033