和歌山市駅

和歌山市駅(わかやましえき)は、和歌山県和歌山市西蔵前にある、南海電気鉄道・西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅。南海・JRの共同使用駅で、南海の管轄駅である。南海の駅番号はNK45。概要当駅には、南海電気鉄道の南海本線と和歌山港線のほか、JR西日本の紀勢本線が乗り入れている。南海本線と紀勢本線は当駅が終点、和歌山港線は当駅が起点となっている。全列車が停車する。南海本線の大阪方面からの列車は当駅折り返しが大半だが、特急「サザン」と急行の一部のみ和歌山港線に乗り入れる。また、隣の紀ノ川駅から分岐する南海加太線の全列車も南海本線経由で当駅に乗り入れ、運行系統上は当駅を始発とする。ただし、1955年まで存在していた加太線旧線は当駅へ直接乗り入れていた(#旧加太線の遺構も参照のこと)。南海本線の終点であり、その和歌山側のターミナル駅(大阪側のターミナル駅は難波駅)となっており、JR阪和線などの和歌山駅と区別するため、地元では市駅(しえき)と通称される。同様に市名をそのまま名乗る全国の「市駅」の中では最も古くから「和歌山市駅」を名乗っており、また一貫して改称もしていない。また、2015年度から2021年度の6年間で改築が予定されており、第一期と第二期に分けて行われる。JRの和歌山市駅南海の駅を使用した南海・JR西日本共同使用駅であり、JR西日本の駅員配置はない。JR線のりばの駅名標や案内放送も南海様式となっている。2017年7月14日までJR線の乗車券類は一部近距離区間までであれば南海の券売機で購入可能で、そのほかは南海の出札窓口で常備券や補充券による販売が行われていたが、7月15日の南海との改札分離により南海の窓口と券売機でのJR単独券の発売を中止し、これまで改札内に乗継用に設置していたJRの券売機を改札外に移設している。これは、本来当駅が南海の駅として開業し、後に紀和鉄道(→関西鉄道→国鉄→JR西日本)が当駅へ乗り入れていることによる。かつては当駅から1.0km先の分界点までの線路も南海の所有であり、「国社連絡線」という路線名で当時の運輸省監修「鉄道要覧」にも記載されていた。こうした経緯により国鉄時代は国鉄の駅数には計上されていなかった。

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


東蔵前丁3番地6
Wakayama-shi, Wakayama
640-8203

鉄道のその他Wakayama-shi (すべて表示)
Wakayamashi Station Wakayamashi Station
東蔵前丁3-6
Wakayama-shi