絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)

絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)

コメント

はじめまして。
とよなかし出身の
のむらとしやともうします。

拙作絵本 うさぎをカメ!の
紹介をさせていただきます^^
よろしくおねがいいたします^^

あのうさぎとかめの おはなしからすうねんご
ふたりにまたたいけつのときが!
そしてなんとも いがいなてんかいに!
おともだちっていいな^_^
ひとりでできないことも
ふたりでちからをあわせれば
なんとかできる!

https://www.facebook.com/Usagiwokame/videos/372725313126027/
https://www.amazon.co.jp/dp/4866410388/ref=sr_1_2…
地元に絵本のお店見っけ。
先ほどの追加写真です。よろしくお願い申し上げます。
豊中市の 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)さんが新刊『たんぽぽ』をとっても素敵にご紹介くださいました!ありがとうございます
Re:Sと出会えて感謝です!
どきどきと涙と、反省とか。
読んでると、いろんな感情がぶわーーーと出てきます。
素敵な本を置いてくださいね。これからも。
またいきまーーす。

https://www.instagram.com/pienisilta 大阪府豊中市熊野町にある、子どもの本の店 pieni silta (ピエニ シルタ) です。

営業日 : 7/6(火)、8(木)、10(土)、11(日)、13(火)、15(木)、17(土)、18(日)※最終営業日
営業時間 : 10時~16時

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 01/01/2022

2022/1/1

あけましておめでとうございます。子どもの本の店、ピエニシルタです。

昨年夏の閉店時には、たくさんの方にご来店いただき、本当にありがとうございました。

私ごとですが、その後、娘とともに夫の赴任先のベトナムへ渡り、家族揃って新年を迎えることができました。

こちらでは、出発前に悩みに悩んで船便に詰め込んだ絵本を、毎日娘といっしょに楽しんでいます。

今のところ、こちらの本屋さんでは、日本語の絵本は見つからず。
とはいえ、日本の絵本の翻訳絵本がペーパーバック(薄い絵本)でたくさん並んでいる本屋さんもありました。
そんなベトナムの絵本事情も、追々ご紹介できたらなと思います。

写真2枚目は、昨年11月に出版された『#にっぽん全国おみやげおやつ』です。#甲斐みのり 著 #白泉社 刊

わたしも、「絵本のようなお菓子」の章で選書に関わらせていただきました。

甲斐みのりさんが選んだ7つのお菓子について、お菓子のビジュアルやお店の方の製作ストーリーから連想して7つの絵本を選んでいます。
もし見かけられたら、手に取っていただけたらうれしいです。

本年も、みなさまにとって、幸せな1年になりますように。

#とらのえほん #オストハイマー #積み木

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 18/07/2021

2021/7/18(日)

本日は、当店最後の営業日でした。
ご来店くださったみなさま、ありがとうございました。

2012年12月3日にオープンしてから、8年半あまり。

毎日営業をしていたのは最初の3年間だけで、
その後は転居により月に2日間の営業となり、細々と営業を続けてきました。

コロナ禍で、ここしばらくはずっと休業を続けていたので、
久しぶりの再開が最後の営業となってしまいましたが、
最後の営業となったこの8日間のあいだ、たくさんの方々にご来店いただきました。

赤ちゃんのときから通ってくれていた子どもたちも、もう小学生になって、すっかり立派なお兄ちゃんお姉ちゃんに。

懐かしいお顔もたくさんで、
子どもたちのお父さんやお母さんと、その子が小さかった頃のはなしをしたり、
これまでに選んでくださった本や、その本についてのエピソードをお聞きしたりしました。
子どもたちの成長に、本を通して関わらせていただけたことは、何よりうれしく、幸せな時間でした。
本当にありがとうございました。

そして、本を愛するみなさま。
ご来店くださった方から、絵本や、本にまつわることを教えていただくことも多く、わたしの方が勉強させていただいていました。いつも楽しい時間を、ありがとうございました。

たくさんの方々に支えていただいた8年半、感謝の気持ちでいっぱいです。
ピエニシルタは一旦ここで閉店となりますが、これからも、生涯、子どもの本に関わっていきたいと思っています。
いつか別のかたちで再開が決まったら、そのときは、こちらでお知らせさせていただきます。

これまで本当にありがとうございました。
またどこかでお会いできますように!

18/07/2021

2021/7/18(日)

早いもので、最終営業日となりました。本日も10時から16時まで営業します。

開店初日から、営業日に毎日続けてきた「今日の1冊」も、これで最後となりました。

新しい絵本をご紹介することも考えましたが、最後にご紹介しておきたい絵本があったので、こちらを選びました。
2015年に一度ご紹介していますが、とっても良い絵本なので、少し修正して、改めてご紹介させてください。

今日の1冊
『ちいさなき』

神沢利子 文
高森登志夫 絵
出版社 福音館書店
発行年月日 2009年5月20日
※月刊「ちいさなかがくのとも」2003年11月号
定価 880円 (本体800円+税)

“ちいさなき” というのは、
うまれたばかりの、赤ちゃんのような小さな木のこと。

かえでだったり、樺だったり、いろいろな種類のちいさな木が登場しますが、
立派に枝葉を広げるお母さんの木と比べると、その幹はとても細くて、小さくて。

けれど、小さくても同じ葉っぱ、同じ色。

お母さんに見守られながら、
「ほら みて
おかあさんと いっしょでしょ」と、誇らしげ。

その愛らしくも、生き生きとした様子は、まるで小さな子どものよう。

本書のおはなしは、
そんな小さな木に向けたエールで締めくくられています。

“ちいさな き あかちゃんの き
おおきくなったら
りすが きて あそぶよ
ことりが きて うたうよ
いいな いいな
みんな おおきくなあれ”

小さな木の成長を願いながら、
読者である子どもたちの成長を願う言葉のようにも聞こえます。

どの子も、絵本の中の小さな木のように、
“おおきくなったら” と、これからの未来に夢を持てますように。

小さな木に、りすやことりが集まってきたように、
どの子にも、すてきな出会いがたくさんありますように。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 17/07/2021

本日もオープンしました。営業時間は16時まで。

明日の最終営業日も、10時から16時まで営業します。
ありがたいことに、在庫の絵本も、残りわずかとなりました。
雑貨・おもちゃのセールは引き続き開催中です。

本日も、どうぞよろしくお願いします。

今日の1冊
『おやすみ』

中川李枝子 作
山脇百合子 絵
出版社 グランまま社
発行年月日 1986年5月18日
定価 836円 (本体760円+税)

どろんこになるまで遊んだら、おふろに入って、ごはんを食べて、
歯を磨いたら、おはなしきいて、こもりうたきいて、
眠たくなったら、お布団でむにゃむにゃ……

そんな1日の終わりを、
リズミカルな短い文章と、あたたかみのある絵で綴った、シンプルな絵本です。

当店の定番絵本として、ピエニシルタの棚にはいつもありましたし、

“たくさん あそんで
どろんこ
どろんこ
ああ おもしろかった”

“おふろに はいって
きれい
きれい
ああ いいきもち”

と続く文章は、声に出すと心地よく、大好きな1冊でした。

とはいえ、本書が、わたしにとってかけがえのない1冊になったのは、
出産を経て、子どもに絵本を読むようになってから。
思いがけず心に響いたフレーズがあったからでした。

それは、最後のページで、

“あしたは なにして あそぼうか

おやすみ
おやすみ
むにゃ むにゃ むにゃ”

の、ところ。

これまで幾度となく読んでいた文章なのに、
久しぶりに本書を開いて読んだ、“あしたは なにして あそぼうか” という一文に、なんだか、ハッとしてしまいました。

もちろん、絵本やわらべうたを楽しんだり、散歩へ出かけたりと、
日々なにかをして遊んでいたはずなのですが、
夜の寝かしつけに、明日は何して遊ぼうか、という楽しい気持ち、持てていなかったかも、と。

そんなこと、と思われるかもしれませんが、
当時は目からウロコのような気分で、
そう気がついてから、夜寝る前の時間を、
すこし前向きな気持ちで過ごせるようになりました。

そして、これまでひとりごとのように言っていた “あしたは なにして あそぼうか” のフレーズも、
最近は、「ぱんぽ!(さんぽ!)」、「かきかき!(おえかき!)」と、返事が返ってくるようになりました。

それが、とってもうれしい。

ちなみに、本書は2部作で、『おやすみ』のほかに『おはよう』があります。

いずれも、作者は、「ぐりとぐら」でおなじみ、中川李枝子さん山脇百合子さんご姉妹。

すでに店頭販売分は売り切れてしまいましたが、
もし気になっていただけたら、ぜひお近くの本屋さんで探してみてください。
お子さまに読むのはもちろん、出産のお祝いや1歳の誕生日プレゼントにもおすすめです。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 15/07/2021

2021/7/15(木)

今日の1冊
『育育児典』

毛利子来、山田真 著
出版社 岩波書店
発行年月日 2007年10月26日
定価 4,180円
(本体3,800円+税)

お店をはじめてから毎日続けてきた「今日の1冊」も、今日を含めて、残りあと3冊。

ご紹介しきれなかった本は、まだまだありますが、 せっかく産休・育休を経て営業を再開できたので、その経験も少し織り交ぜて、最後の3冊を選びました。

残りの2冊は絵本をご紹介するとして、今日は、この『育育児典』を。

「暮らし編」と「病気編」の全2巻からなり、「暮らし編」は、妊娠から5歳のころまでの、子どものようすや育てかたを、「病気編」は、月齢や年齢に関係なく、病気別に、その症状や治療方法について書かれています。

特にわたしが妊娠中からお世話になったのは、「暮らし編」です。
実際に役立つ子育ての知識や技術はもちろん、母親が、産後、家族や社会とどう関わっていくか、ひいては人生のことまで、さまざまな視点で育児について書かれています。

おおよその月齢ごとに書かれたページを、子どもの成長に沿って読み進めてきましたが、ときには思いがけず目頭が熱くなったことも。

とはいえ、「病気編」も欠かせません。
我が子はまだ大きな病気をしたことがありませんが、子どもが熱を出したとき、頭を打ったときなど、さまざまな場面でお世話になりました。
また、薬についての基礎知識を学んだり、これからかかるかもしれない病気について予習をしたりしました。これからも、度々お世話になるだろうと思います。

「暮らし編」を担当された毛利子来さんは、「疑問や不安や迷いや悩みに対応し、判断のしかたと切り抜けかたを提供し、気持ちを楽に子育てができるようにする」ことを執筆にあたって心がけたことのひとつだと話し、
「病気編」を担当された山田真さんも、「安心して、のん気に子育てをしてもらえるといいな、と思ってこの本を書きました」と書かれていました。

この本の冒頭にもありますが、母親だけでなく、父親や祖父母など、子どもを取り巻く人たち、保育園や幼稚園、小児科など、子どものいる職場で働く人たちにも、活用していただける本だと思います。
  
ちなみに、わたしはこの他に、
『子どもに伝えたい春夏秋冬和の行事を楽しむ絵本』(三浦康子/著 永岡書店)や、
『いっしょにあそぼうわらべうた―0・1・2歳児クラス編―』(コダーイ芸術教育研究所/著 明治図書出版)を、育育児典と合わせて手の届くところに置いていました。

わらべうたの本は、まず最初に手に取るなら、以前にもご紹介した『気になる子のわらべうた』もおすすめです。

他にも、まどみちおさんの『ぞうさん』や、写真を撮り忘れましたが、白井明大さんの『歌声は贈りもの』も、何度も歌いました。(いずれも福音館書店)

絵本を読むもよし、歌を歌ったり、わらべうたをしたりするもよし。

今日は、子育てが、より気楽に、より楽しくなるような本をご紹介しました。

残念ながら『ぞうさん』は現在品切れですが、お歌の絵本は、この他にもたくさんあります。
まだ言葉が話せなくても、子どもが大人に歌を歌ってほしいとき、子どもはその本を差し出すだけで良いのも、歌絵本の良いところです。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 15/07/2021

前回(7/13)の「今日の1冊」が更新できていなかったようなので、改めて。



今日の1冊
『かぜがはこぶおと THE SOUNDS CARRIED BY THE WIND』

駒形克己 作
出版社 ONE STROKE
発行年月日 1994年9月1日
1,987円
(本体1,806円+税)

風が、音を運んでいます。

木々や葉の音、水の音、
森や草原にいる動物たちの声を。

風に乗ってやってくるたくさんの音を、
1枚1枚、色や質感の異なる紙を使い、美しい切り絵で描きます。



ワンストロークさんの絵本は、これまでも度々ご紹介してきましたが、繊細で、美しく、手に取るたびに惚れ惚れとしてしまいます。

ただ、その繊細さゆえ、大人向けだと思われることも。

けれど、決してそんなことはなく、本書をはじめ、小さなお子さんから楽しめる絵本がたくさんあります。
本書もまた、そのひとつ。

きれいに切り抜かれた動物のシルエットや、それぞれの鳴き声も楽しく、大切に見ていただければ、2歳前後からお楽しみいただけると思います。

本を開けば、爽やかな風が心にすっと通るような、気持ちの良い絵本です。

当店にあるワンストロークさんの絵本は、すべて中を開いてご覧いただけます。
ぜひお気軽にお手に取ってご覧ください。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 15/07/2021

2021/7/15(木)

本日もオープンしました。営業時間は、16時まで。

▽写真1枚目
絵本『わたしのワンピース』のトートバッグ、こぐま社さんのホームページに見当たらなかったのでどうやら品切れのようですが、一点在庫がございます。
お探しの方がいらっしゃったらぜひ。

▽写真2〜7枚目
絵本のグッズは値下げしていませんが、階段の棚では、雑貨やおもちゃのセールを開催中です。

残り少なくなりましたが、よければこちらも合わせてご覧いただけるとうれしいです。

本日もどうぞよろしくお願いします。

13/07/2021

2021/7/13(火)

本日もオープンしました。
今週の営業日も、火、木、土、日、営業時間は10時から16時まで。7/18(日)が最終営業日です。

奥の棚の絵本が少なくなってきたので、窓のそばの棚に、海の絵本を集めました。

本日も、どうぞよろしくお願いします。

11/07/2021

2021/7/11(日)

本日もオープンしました。営業時間は、16時まで。
本日もどうぞよろしくお願いします。

今日の1冊
『せみとりめいじん』

かみやしん 作
奥本大三郎 監修 
出版社 福音館書店
発行年月日 2001年6月15日
※月刊「かがくのとも」1997年7月号
定価 990円
(本体900円+税)

セミとり名人のごんちゃんは、あっという間にセミを捕まえます。

まだセミをとったことのない、てっちゃんは、
ごんちゃんのとったセミを触りたくて、自分でもとれるようになりたくて、
ごんちゃんにセミとりの方法を聞きました。



今朝、セミの声を聞きました。
梅雨明けもそろそろ、とうとう夏本番です。

夏が来て、セミとりをしよう!と思い立ったとき、
おすすめの先生が、この絵本のごんちゃんです。

ごんちゃんは、
・セミとり用の網の作り方
・網の持ち方・捕まえ方
・セミの種類
・セミが好きな木
など、セミとりにまつわるいろんなことを教えてくれます。

セミが、一般的な虫取り網だと捕まえづらいとは知らなかったし、
わたしも、てっちゃんになったつもりで、ごんちゃんからセミとりについて教わりました。

セミとりの途中、ごんちゃんが、
「せみとりは あそびじゃないよ、しんけんしょうぶ!」
と、てっちゃんに言う場面があるのですが、本当にその通り。

巻末には、本書の監修を務め、2010年まで日本昆虫協会の会長だった奥本大三郎さんのあとがきが添えられています。

そのあとがきには、
“虫を採るのはかわいそう、採らないで観察しましょうなんて言う人がいるけれど、やっぱり採ってみなければわからないことがたくさんある”と書いてありました。

お子さんとのセミとりを控えた、お父さんお母さんの予習にもどうぞ。

10/07/2021

2021/7/10(土)

本日もご来店くださったみなさま、ありがとうございました!
明日も10時から16時まで営業します。

どうぞよろしくお願いします。

今日の1冊
『くつくつあるけ』

林明子 作
出版社 福音館書店
発行年月日 1986年6月20日
定価 880円
(本体800円+税)

“くつくつ あるいた
ぱた
ぱた ぱた
さんぽに おでかけ”

走ったりジャンプしたりと、楽しそうな靴。
ところが、跳んだ拍子に転んでしまい……?



靴を履いて歩けるようなった子どもが、うれしくて外に出たがるというのはよく聞きますが、
我が子も例外ではなく、何より、“自分の靴”というのが嬉しいようで、
靴を履きはじめた頃は、玄関へ行っては自分の靴を持ってきて、よく自慢げに見せてくれていました。

そんな風だったので、この本を好きになるのに時間はかかりませんでしたが、
数か月経った今では、絵本の中の「あぶない」も「いたたたた」も「できた」も言えるようになって、本を開くのがますます楽しそう。

一足の靴が散歩に出かけて、遊び疲れて眠るまでを描いた、シンプルな絵とおはなしですが、
靴から子どもの姿が浮かぶような、余白の多い1冊です。

※ 本書を含む「くつくつあるけのほん」シリーズは、
この他に、『おつきさまこんばんは』、『きゅっきゅっきゅっ』、『おててがでたよ』があります。

絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ) updated their information in their About section. 08/07/2021

絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ) updated their information in their About section.

絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ) updated their information in their About section.

08/07/2021

2021/7/8(木)

本日もご来店くださったみなさま、ありがとうございました!

次回の営業は、7/10(土)、11(日)、
営業時間は、いずれも10時〜16時です。

狭い店内ですので、もしも混雑した場合は、入店をお待ちいただいたり、ご家族お揃いの場合は、二手に分かれてご入店いただいたりと、ご協力をお願いする場合があるかもしれません。
恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今日の1冊
『ちいさなヒッポ』

マーシャ=ブラウン 作
内田莉莎子 訳
出版社 偕成社
発行年月 1984年1月
原書初版 1969年
定価 1,320円
(本体1,200円+税)

お母さんのそばにいれば怖いものなしだった、かばの子ヒッポ。
そんなヒッポにも、かばのことばを覚えるときがきました。
ヒッポはお母さんに教わった大事なことばを、何度も何度も練習しました。

ある日のこと、
お母さんのそばを離れたヒッポのもとへ、大きなワニが滑り寄ってきて……



『三びきのやぎのがらがらどん』や『ちいさなメリーゴーランド』などでおなじみのマーシャ・ブラウンさん。
本書の作者紹介には、ニューヨーク市立図書館にお勤めだったときのおはなし会がきっかけで、絵本を描きはじめられたとありました。

さまざまな技法で絵本を制作され、作品によっては、がらりと異なる作風に驚かされますが、『ちいさなヒッポ』もまた、著者の『あおいジャッカル』や『もとはねずみ…』などと同じ、美しい木版画の絵本です。
木版画の木目を生かして水輪を表現していたり、空の様子を区別していたりと、見れば見るほど惚れ惚れとしてしまいます。

個人的には、ヒッポがおくちを目一杯開けて、教えてもらったばかりのことば「グァオ!」を言ってまわるところが好きです。
なかでも、仲間の小さなかばと「グァオ!」と言い合っているところがいいなあと思うのですが、ちょうどそのそばを通っている大きなかば(もしかすると、その小さなかばのお母さん?)の表情が、まさに人間の大人が、通りすがりに子どもたちのやりとりを微笑ましく見ているそれと同じで、思わずこちらまでにっこりしてしまいます。

親子の姿を描きながら、物語の舞台であるアフリカの壮大さや、かばの暮らし、その生態などが分かるのも、この本の魅力です。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 08/07/2021

本日もオープンしています。営業時間は、16時まで。

正面の棚には、ワンストロークさんの絵本を並べました。どの絵本も本当に素晴らしいですが、わたしは『雲ひとつ』が特に好きです。

奥の棚には、虫や海の絵本、水辺の生きものの絵本を集めました。

どうぞよろしくお願いします。

06/07/2021

1年半ぶりの再開初日。久しぶりの営業でしたが、たくさんの方にご来店いただけて、本当にうれしかったです。ありがとうございました!

これまでと変わらず、営業日は1日1冊絵本を紹介します。まずはこちらから。

今日の1冊
『ゆかいなかえる』

ジュリエットケペシュ 文・絵
いしいももこ 訳
出版社 福音館書店
発行年月日 1964年07月15日
原書初版 1961年
定価 1,100円
(本体1,000円+税)

卵からおたまじゃくしになり、立派に成長した4匹のかえる。
かけっこをしたり、かたつむりのかくしっこをしたりと、楽しく遊びます。

さぎやかめなど、かえるを食べる敵から狙われながらも、そのやりとりさえも、まるで楽しんでいるかのような、かえるたち。

卵から孵り、冬眠するまでの様子を、のびやかな絵でいきいきと描きます。



娘がよく気に入っていて、度々読んでと持ってくる絵本です。

石ころやお月さまが好きなので、
かえるたちが、かたつむりのかくしっこをする場面で、「あれ これは いしだった」というところと、
動物とかえるたちが、満月の下でいっしょに夏の歌を歌う場面が、お気に入り。

それから、最近よく「おいしいごはん」というフレーズを口にするのですが、どうやらこのフレーズも、この絵本からきているようです。

使われているのは、表紙にある、青・緑・黒・白の4色のみ。
それでも、かえるのいきいきとした様子を伝えるのには十分で、娘の反応を見ていると、石井桃子さんのリズミカルな文章が、いっそうおはなしを盛り上げてくれるのだと感じます。

絵本は、横長の判型で、表紙には楽しげなかえるたち。
本を開けば、見返しいっぱいにたくさんのおたまじゃくしが描かれていて、その可愛らしい様子が、私はとても好きです。

03/07/2021

【閉店のお知らせと最終営業日について】

こんばんは。
子どもの本の店、ピエニシルタです。

一昨年の秋から産休に入り、昨年の春に営業を再開する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、長らく休業を続けてきました。

状況が落ち着けば営業を再開しようと考えていましたが、なかなか終息の目処が立たず……
そうこうしているうちに、かねてから話のあった夫の海外赴任が決まり、家族で転居することになりました。

そのため、急ではありますが、ピエニシルタは今月をもって閉店させていただくことになりました。

2012年にオープンしてから、これまでたくさんの方に支えていただき、本当に感謝しています。

長いあいだ休業していたので、来てくださる方がいるだろうかと不安に思いつつ、最後のご挨拶ができればと思い、来週から8日間だけ、営業を再開します。

【営業日】
7/6(火)、8(木)、10(土)、11(日)、
13(火)、15(木)、17(土)、18(日)※最終営業日

【営業時間】
10:00〜16:00

閉店に伴い、今のところ、新たな仕入れは予定していません。在庫の販売のみとなります。

以前のような品揃えではありませんが、古本やおもちゃのセールを開催しますので、お気軽にお立ち寄りいただければうれしいです。
※ 新品の本は定価での販売となります。ご了承ください。

ご来店、楽しみにお待ちしています!

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 13/06/2021

2021/6/13(日)

こんばんは。子どもの本の店、ピエニシルタです。

月刊MOE最新号(7月号)の折り込み付録「にっぽん全国おみやげおやつ」にて、選書を担当させていただきました。

甲斐みのりさんが選んだ7つの「絵本のようなお菓子」について、お菓子のビジュアルやお店の方の製作ストーリーから連想して、7つの絵本を選ばせていただきました。

全国に散らばるお店に足を運ぶのはなかなか難しいご時世ですが、どのお店も通販が可能とのことです。気になるものがありましたら、問い合わせてみてください。

ちなみに、今号の巻頭特集は「中川李枝子 ぐりとぐら」。
絵本『ぐりとぐら』の誕生秘話をはじめ、さまざまな視点から中川李枝子さんとその作品を知ることのできる、たのしい特集でした◎

(松居直さんや石井桃子さんからの視点なども、まとめてあります。特に、石井桃子さんのエッセイからのより抜き。素晴らしかったです!)

17/04/2021

2021/4/17

こんばんは。子どもの本の店、ピエニシルタです。
またまたご無沙汰してしまい、3か月ぶりの更新です。

実はこの春、まとまって営業できる目処が立っていたのですが、大阪の感染拡大の状況を見て、その予定も、なかなか実現が難しくなってしまいました。
今後の様子を見つつ、また改めてご案内できればと思います。

さて、ここからはMOEのご紹介です。最新号(5月号)が発売されてからすっかり日が経ってしまいましたが、「おばあさんの絵本」のコーナーで、絵本の選書と紹介文を担当させていただきました。

本誌では、これまでに20以上のテーマで絵本をご紹介してきましたが、今回の「おばあさんの絵本」は、その中でも特に良いラインナップになったように思います。(本当に、大好きな絵本ばかり!)  

不安な日々が続きますが、絵本の中のおばあさんを見ていると、元気をもらったり、励まされたり。
はたまた、人生について考えさせられることも。

わたしの紹介した絵本が、どなたかの目にとまって、1冊でも手に取るきっかけになればうれしいです。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 03/01/2021

2021/1/3

あけましておめでとうございます。子どもの本の店、ピエニシルタです。

随分ご無沙汰してしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

昨年のうちに営業を再開できればと考えていましたが、この状況下で、子どもを連れて自宅のある名古屋とお店のある大阪を行き来すること、そしてお店を再開すること自体にも不安があり、現在も休業を続けています。

今年こそは、どうか状況が良くなって、穏やかな日々が戻ってきますように。

またみなさまにお会いできることを、願っています。

それから先日、久しぶりにMOEのお仕事をいただいて、最新号(2月号)の「十二支の絵本」というコーナーを担当しました。

牛の絵本(4冊)・干支の絵本(12冊)の選書と、コーナー内すべての絵本(30冊)の紹介文を書かせていただきました。

特に、干支の絵本12冊を選ぶ作業は、とても楽しかったです◎
いつかまたここでもご紹介させてください。

その他、広松由希子さんが語る新刊絵本についてのおはなしや、がまくんとかえるくんシリーズの翻訳でお馴染み三木卓さんのインタビューなどもおもしろかったです!

どこかで見かけられたら、手に取っていただけるとうれしいです。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 10/04/2020

2020/4/10

【営業再開延期のお知らせ】

こんにちは。
ご無沙汰しています。ピエニシルタです。

ひとつ前の投稿をしたときと今とでは、まるで世界が変わってしまっていて、なかなか新しい投稿ができずにいました。

昨年の秋から産休・育休に入り、この春の営業再開を目指していましたが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、当面のあいだ再開を延期させていただくことにしました。

不安な日々が続きますが、みなさまと、そのご家族や大切な人が、どうか元気に毎日を過ごすことができますように。

そして、1日も早い終息を願います。

営業につきましては、再開の目処が立ちましたら改めてお知らせします。

どうぞよろしくお願いします。

写真2〜4枚目は、昨年ご紹介した絵本です。

▽テーマ

2枚目 : 春
3枚目 : こどもの日
4枚目 : 母の日

お家で過ごす時間が多いなか、絵本選びの参考になればうれしいです。

31/10/2019

2019/10/31

本日の営業を終了しました。
ご来店くださったみなさま、ありがとうございました。

2012年の12月にオープンしてから、もうすぐ7年。2016年に住まいを名古屋に移してからは月に2日間の営業となり、このかたちでの営業の方が長くなりました。

今月は、週に3日間オープンできたこともあって、久しぶりにご来店いただいた方も多くいらっしゃったり、反対に、休業する前にと、はじめてご来店いただいた方もいらっしゃって、多くの方とお会いできたことを、本当にうれしく思います。
ありがとうございました!

11月以降は、産休・育休のため、しばらくのあいだ休業させていただきます。

再開は来年の春以降を予定しておりますが、今のところ未定です。再開が決まりましたら、改めてホームページまたはSNS等でお知らせします。

恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いします。

ゆきのひのゆうびんやさん 31/10/2019

ゆきのひのゆうびんやさん

【今日の1冊】

『ゆきのひのゆうびんやさん』

文 こいでたん
絵 こいでやすこ
出版社 福音館書店
発行年月日 1992年10月30日
※「福音館のペーパーバック絵本」1987年11月発行
価格 ¥900+税

ある雪の日のこと。
三匹のねずみの家へ、うさぎの郵便屋さんが小包を届けにきました。
ところが、郵便屋さんは風邪をひいていて、ふらふらしています。

そこで三匹は、郵便屋さんの代わりに、配達に出掛けることにしました。

ところが、だんだん雪と風が強くなってきました。配達も残りあと一軒というところで、三匹のねずみは雪の中に吹き飛ばされてしまって……!?



この「三びきのねずみ」シリーズは、全部で4作あります。
『とんとんとめてくださいな』
『ゆきのひのゆうびんやさん』
『はるですはるのおおそうじ』
『とてもとてもあついひ』(いずれも福音館書店刊)

すべて、小出淡さんと小出保子さんご夫婦による共作で、おはなしはちょっぴりハラハラ、でも最後にはほっと一安心!の、朗らかで楽しいシリーズです。

『はるですはるのおおそうじ』でも思いましたが、三匹のねずみは、頼まれると断れなかったり、この『ゆきのひのゆうびんやさん』では、困っている人を放っておけなかったりと、
読んでいるわたしたちは、ちょっぴりひやひやする場面もありますが、三匹ともに、素直でやさしい心の持ち主です。

ちなみに三匹は、いつも赤と青と黄色のものをそれぞれ身に着けているのですが、わたしはどうも、その中の赤い子が、気になって仕方なくって。というのも、『とんとんとめてくださいな』では、この子だけ、一大事にぐっすり眠っているし、『はるですはるのおおそうじ』で、率先して動物たちに家のものをあげちゃうのはこの子だし……(笑)

この三匹は、きょうだいなのかな。だとしたら、甘えん坊のところもあるし、赤い子は1番末っ子なのかなあなんて、勝手に想像してしまいます。

来年は、ねずみどし。
シリーズの4作は、春・夏・秋・冬を舞台にしているので、1年を通して、1冊ずつで楽しんでみるのもおすすめです。

ゆきのひのゆうびんやさん 大阪府豊中市にある、小さな絵本屋pieni silta(ピエニシルタ)です。

Photos from 絵本と雑貨 pieni silta (ピエニシルタ)'s post 31/10/2019

2019/10/31

オープンしました。営業時間は、16時まで。

早いもので、休業前、最後の営業日となりました。
当店は、明日からしばらくの間、休業させていただきます。

再開は、今のところ来年の春以降を予定しています。

秋の絵本に冬の絵本、クリスマスの絵本に、来年の干支ねずみの絵本......と、盛りだくさんな店内ですが、お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです!

本日もどうぞよろしくお願いします。

29/10/2019

【今日の1冊】

『あかいかさがおちていた』

筒井敬介 作
堀内誠一 絵
出版社 童心社
発行年月日 2011年9月30日
本体価格 1,400円+税

ジャングルに落ちていた、赤い傘。

それを見つけたさるくんたちは、傘なんて必要ないと、放り投げてしまいます。

その傘が落ちたところが、へびくんのところ。
へびくんは、赤い傘がとっても気に入りますが、うまく使いこなせなくて、なんとしっぽの骨を折ってしまいます。

それからその傘は、看護師のかんがるーさんへ、その次はくじらさんへと、動物たちの手から手へ渡っていきました。

そうして、赤い傘が、最後にたどりついたのは……?



本書は、1965年にあかね書房さんから刊行されたもので、2011年に童心社さんから復刊されました。
もともと、あかね書房さんから刊行された際は、「創作どうわ絵本」シリーズの6作目として刊行されたもの。同シリーズは10作ほどからなり、『おむくんとむくん』(寺村輝夫/作 多田ヒロシ/絵)や『けんはへっちゃら』(谷川俊太郎/作 和田誠/絵)などがありますが、この『あかいかさがおちていた』以外は、いずれも現在は品切れのようです。(残念だなあ……!)

さて、この『あかいかさがおちていた』には、たくさんの動物が登場します。
飽きっぽいさるくんたち、しっぽでちょんちょん跳ねる様子が愛らしいへびくん、すましていてちょっとわがままな看護師のかんがるーさん……。
みんな、それぞれに個性があって、おもしろいです。

そうそうそれから、後半のシーンでさりげなく登場しているぞうの親子(?)が、絵本『ぐるんぱのようちえん』のぐるんぱにそっくりだったりして。

赤い傘が、最後に誰のもとへ行って、どんな風に使われたのか。
その結末も、どうぞお見逃しなく。

ビデオ (すべて表示)

Book House

電話番号

ウェブサイト

住所


熊野町4-1-8
Toyonaka-shi, Osaka
560-0014

その他 Toyonaka-shi お店 (すべて表示)
セカンドストリート豊中穂積店 セカンドストリート豊中穂積店
穂積2-1-5
Toyonaka-shi, 561-0856

水晶や天然石・パワーストーン等の通販サイト 「シルフ」 水晶や天然石・パワーストーン等の通販サイト 「シルフ」
大阪府豊中市長興寺南 1-3-18
Toyonaka-shi, 561-0874

海外工場直入荷が安さの秘密!!卸価格で真誠な石達をお届けいたします。 古代より慈しみ愛された聖なる石。自然が創り出す造形美に秘めたエネルギーを感じて下さいね。

Ăn vặt nội địa Trung tại Nhật Bu Bu Ăn vặt nội địa Trung tại Nhật Bu Bu
Toyonaka-shi, 5610843

Kênh chuyên bán đồ ăn vặt nội địa Trung tại Nhật Bản Hàng đi trực tiếp từ kho- giá cả ưu đãi Nhận order đồ ăn vặt- mĩ phẩm - quần áo Taobao 12-15 ngày

Vishwas Co. Ltd. Vishwas Co. Ltd.
Toyonaka-shi, 5610858

Vishwas Co. Ltd. Store specializing in spices, herbs and Indian ingredients

メガネサロン アイム メガネサロン アイム
Toyonaka-shi, 561-0881

豊中の桜塚商店にある小さなメガネ店♪ 二つのお目目のチームプレーを手

セカンドストリート セカンドストリート
庄内西町5-1-18
Toyonaka-shi, 561-0832

セカンドストリート 豊中向丘店 セカンドストリート 豊中向丘店
向丘2-10-7
Toyonaka-shi, 560-0053

セカンドストリート セカンドストリート
南桜塚4-5-24
Toyonaka-shi, 561-0882

浄水シャワーヘッド 【イオナック】 IONAC 浄水シャワーヘッド 【イオナック】 IONAC
新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル1階
Toyonaka-shi, 5600082

FILTERED SHOWER HEAD IONAC|浄水シャワー「イオナック」

石のいがや 石のいがや
豊中市夕日丘3-12-5
Toyonaka-shi, 561-0864

お墓・霊園の事なら、なんでもご相談ください。 お墓の彫刻・リフォーム・引っ越しもご相談ください。

PATISSERIE Vin Blanc PATISSERIE Vin Blanc
豊中市長興寺南1-3-5-101B
Toyonaka-shi, 561-0874