庄内駅

庄内駅(しょうないえき)は、大阪府豊中市庄内東町一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。駅番号はHK-42。歴史 1951年(昭和26年)5月15日 - 地元からの請願駅として、三国駅 - 服部駅(現在の服部天神駅)間に新設開業。開業当時は大阪府豊能郡庄内町であった。 1956年(昭和31年)2月2日 - 庄内事件が起こり、電車が運休となる。 2013年(平成25年)12月21日 - 駅番号導入。駅構造|} 待避設備を持つ島式ホーム2面4線の地上駅である。改札は地下通路に1箇所のみ設置されている。旧来からの駅施設であるためエレベーターやそれに代わるバリアフリー施設はなく、また改札内にトイレも設置されていなかったが、バリアフリー工事の施工により、改札内の地下スペースが拡張され、改札内に多機能トイレ・男女トイレ、また改札内外に計4箇所エレベーターが設置された。ホームと地下コンコースを連絡するエレベーターの設置に伴い、下り側(宝塚方面)の階段が数メートル移設されている。のりば内側2線(2号線と3号線)が主本線、外側2線(1号線と4号線)が待避線となっているが、現行ダイヤでは昼間時に当駅での待避は行われていない。曽根駅が高架化されるまでは、4号線に列車が夜間留置され、翌朝梅田駅に回送されていた。 ファイル:Hankyu Shonai Station2.JPG|西出口 ファイル:Hankyu Shonai Station Ticket Gate.JPG|改札口 ファイル:Hankyu_Shonai Station3.JPG|駅構内(手前が宝塚方面ホーム)

カテゴリー

ウェブサイト

住所


庄内東町1丁目7-19
Toyonaka-shi, Osaka
561-0831

鉄道のその他Toyonaka-shi (すべて表示)
Momoyamadai Station Momoyamadai Station
Toyonaka-shi

豊中駅 豊中駅
本町1-1-1
Toyonaka-shi, 560-0021