法人・会社の倒産手続BOOK

法人・会社の倒産手続BOOK

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,法人・会社の倒産手続? 東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所は,中小企業の事業に関わる法律問題や個人の生活に関わる法律問題を取り扱う法律事務所です。

LSC綜合法律事務所では,これまでに,法人・個人あわせて2000件以上の債務相談をおうかがいし,200件以上の破産手続の実績があります。また,東京地方裁判所立川支部において破産管財人にも選任されています。

これらの経験や実績に基づいて,このページでは,法人・会社の倒産手続(破産手続など)について詳しくご説明・ご案内していきます。



LSC綜合法律事務所について詳しくはホームページをご覧ください。
>> http://www.lsclaw.jp/


法人・会社の倒産手続については,以下のページもご覧ください。

・法人・会社の倒産・破産ネット相談室(総合サイト)
 → https://www.houjintousan.jp/

・法人破産・事業倒産プラス(Google+ページ)
 → https://plus.google.com/+HoujintousanJplsc

・会社・事業者の破産Mixi相談室(Mixiページ)
 → http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=313623



【LSC綜合法律事務所のその他取扱い業務に関するFacebookページ】

・東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所
 >> https://www.facebook.com/lsclaw

・債務整理・過払い金返還請求BOOK
 >> https://www.facebook.com/saimuseiri

・未払い残業代請求BOOK
 >> https://www.facebook.com/zangyoudai

・遺産相続・遺言作成BOOK
 >> https://www.facebook.com/souzokuyuigon

・交通事故トラブル解決BOOK
 >> https://www.facebook.com/koutuujiko

・不動産トラブル解決BOOK
 >> https://www.facebook.com/fudousanbengoshi

通常通り開く

東京都で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら 立川市のLSC綜合法律事務所 | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室 26/03/2021

東京都で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら 立川市のLSC綜合法律事務所 | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,法人破産・会社破産申立てのご相談は「無料相談」です。

東京都で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら 立川市のLSC綜合法律事務所 | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室 東京都で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。

破産法とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 24/03/2021

破産法とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産法の目的は,破産法第1条に規定されています。

破産法の第1の目的は,上記のとおり,「債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し,もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図る」ことです。

すなわち,債権者や利害関係人の利益をいかに図るかということが重大な目的とされてきます。そして,その各債権者については,適正かつ公平に取扱わなければならないということです。

そもそも,破産という手続は,倒産状態に陥った債務者の財産が,債権者等の間で奪い合いになり,債権者間での公平・平等が害されるのを防ぐために,裁判手続によって,債務者の財産を公平・平等に分配するための手続です。

したがって,破産法の第1の目的は,やはり債権者の利益を確保するというところにあるとされるのです。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasanhou/

#破産法 #法人破産 #会社破産

破産法とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産法とはどのような法律なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

破産管財人とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 23/03/2021

破産管財人とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産管財人は,裁判所に代わって破産手続を遂行していく破産手続上の機関の1つです。

破産管財人の法的地位をどのように解するかついては争いがありますが,通説的見解によると,破産財団に属する財産の管理処分権を有する破産管財人には,私人とは別個の独立の法人格が認められると解されています(管理機構人格説)。

また,破産管財人は,破産手続において,実体法上の第三者としての保護を受ける地位にあると解されています(破産管財人の第三者性)。

ただし,破産財団に関する訴訟においては,第三者ではなく,破産管財人がその訴訟の当事者(原告または被告)になります。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasankanzainin/

#破産管財人 #破産手続 #法人破産

破産管財人とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産管財人とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

法人・会社の破産手続における別除権とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 20/03/2021

法人・会社の破産手続における別除権とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産手続における別除権とは,破産手続開始の時において破産財団に属する財産につき,特別の先取特権,質権又は抵当権を有する者が,これらの権利の目的である財産について,破産手続によらないで行使することができる権利のことをいいます(破産法2条9項,65条1項)。

法人・会社の破産手続における別除権とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 法人・会社の破産における別除権とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

破産手続開始決定(旧「破産宣告」)とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 20/03/2021

破産手続開始決定(旧「破産宣告」)とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

裁判所において,法律要件を充たしてるため破産手続を開始してもよいと判断されると「破産手続開始決定」という決定がなされます。

この破産手続開始決定が発令されることによってはじめて,破産手続が開始されることになるのです。

破産手続開始決定(旧「破産宣告」)とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産手続開始決定(旧「破産宣告」)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

破産法とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 20/03/2021

破産法とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産法は,倒産手続の基本類型である破産手続について規定する法律です。破産手続の要件・効果などの実体面だけでなく,実際の破産手続の方式など手続面も規定しています。

破産法とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産法とはどのような法律なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

破産管財人とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 20/03/2021

破産管財人とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産管財人とは,破産裁判所から選任されて,その指導・監督の下で,「破産手続において破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を有する者」のことをいいます(破産法2条12項)。

破産管財人とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産管財人とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

民事再生手続(再生手続)とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 10/02/2021

民事再生手続(再生手続)とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

倒産手続には「清算型」と「再建型」という区別があります。

このうち,再建型とは,債務者の収益・財産を維持または向上させつつ,負債を圧縮するなどして,債務者の経済的な再建を図っていく類型の倒産手続です。

この再建型倒産手続の1つに,民事再生法に基づく「民事再生手続」があります。民事再生法では,単に「再生手続」と呼ばれています。

民事再生手続とは,「経済的に窮境にある債務者について,その債権者の多数の同意を得,かつ,裁判所の認可を受けた再生計画を定めること等により,当該債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し,もって当該債務者の事業又は経済生活の再生を図ることを目的とする」法的整理手続のことをいいます(民事再生法1条)。

この民事再生手続は,破産手続開始の原因となる事実(支払不能または債務超過)の生ずるおそれがある場合,または,事業の継続に著しい支障を来すことなく弁済期にある債務を弁済することができない場合に利用することができます。

そして,裁判所及び裁判所によって選任された監督委員の指導・監督の下で,再生債務者が,業務遂行権および財産管理処分権を維持したまま,債権者の同意により可決された再生計画に基づいて経済的再生を図っていくことになります。

https://www.houjintousan.jp/minjisaisei/saiseitetuduki/

#民事再生 #再生手続 #倒産

民事再生手続(再生手続)とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 民事再生手続(再生手続)とはどのような手続なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。民事再生手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

特別清算は破産と何が違うのか? | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室 09/02/2021

特別清算は破産と何が違うのか? | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室

特別清算と破産はいずれも,清算型の法的整理手続です。裁判所が選任した破産管財人または特別清算人が,債務者である会社の財産を換価処分して,それによって得た金銭を債権者に分配する手続である点は共通しています。しかし,根拠法律,適用対象となる債務者,手続の開始原因,手続の遂行,債権者の同意の必要性などにおいて違いがあります。

https://www.houjintousan.jp/tokubetuseisan/hasan.html

#特別清算 #破産 #倒産

特別清算は破産と何が違うのか? | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室 特別清算と破産の違いについて,,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。破産手続・特別清算手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

破産者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 08/02/2021

破産者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社について破産手続が開始されると,当該法人・会社は破産者として破産手続に参加することになります。

破産手続は破産管財人が遂行していきますが,破産者は手続の当事者ですから,ただ待っていればよいというものではありません。当事者としての役割を課されることになります。

また,破産者が当事者としての役割を果たし,また,破産管財人による破産手続を円滑に遂行していくため,破産者には各種の制限や義務が課されます。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasansha/

#破産者 #法人破産 #破産手続

破産者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産者とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

2021年(令和3年)サイト更新履歴 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 06/02/2021

2021年(令和3年)サイト更新履歴 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

「法人・会社の倒産・破産ネット相談室」は,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,法人・会社の破産手続などの各種倒産手続についての情報をご提供する専門サイトです。

https://www.houjintousan.jp/renewal/

2021年(令和3年)サイト更新履歴 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 法人・会社の倒産・破産ネット相談室の2021年(令和3年)サイト更新履歴です。法人・会社の倒産手続でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

2020年(令和2年)サイト更新履歴 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 06/02/2021

2020年(令和2年)サイト更新履歴 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社の倒産・破産ネット相談室の2020年(令和2年)における更新履歴です。

https://www.houjintousan.jp/renewal/2020.html

2020年(令和2年)サイト更新履歴 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 法人・会社の倒産・破産ネット相談室の2020年(令和2年)サイト更新履歴です。法人・会社の倒産手続でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

破産者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 06/02/2021

破産者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産者とは,債務者であって,裁判所により破産手続開始の決定がされているもののことをいいます(破産法2条3項)。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasansha/

破産者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 破産者とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

社会保険料滞納で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 16/01/2021

社会保険料滞納で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

従業員・労働者を雇って事業をする場合,厚生年金・健康保険・雇用保険・労働保険など各種の社会保険料を支払わなければなりません。

この社会保険料の支払いが,法人・会社の経営に対する大きな負担となることもあります。
社会保険料の支払いに圧迫されて,経営を継続できなくなるということもあるでしょう。

そのような場合,法人・会社を自己破産させるというのも,選択肢の1つです。

法人・会社が破産すると,最終的にその法人・会社は消滅します。債務者である法人・会社が消滅するのですから,当然,支払いきれない社会保険料も消滅することになります。

法人・会社の社会保険料が消滅したとしても,従業員が社会保険料を滞納したという扱いにはなりません。法人・会社が従業員から預かった社会保険料を支払わなかったという扱いになるだけです。

つまり,従業員の方に関しては,社会保険料を支払っていた,というように扱われるということです。従業員に無用な迷惑をかけることにはなりません。

実際,社会保険料の滞納が膨れ上がってしまうこともあります。
それにより,法人・会社を自己破産させるに至った,という事案も少なくありません。

https://www.houjintousan.jp/hasan/shakaihokenryou.html

#社会保険料 #法人破産 #弁護士

社会保険料滞納で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室 法人・会社が破産すると,滞納している社会保険料も消滅します。社会保険料滞納でお困りの方,法人破産・会社破産に強い弁護士 東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にご相談ください。ご相談は無料です。

houjintousan.jp 12/01/2021

弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

「法人・会社の倒産・破産ネット相談室」は,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,「倒産した方がよいのか」「倒産手続とは何をすればよいのか」「倒産手続をするとどうなるのか」などのご不安や疑問を少しでも解消していただくために設けた倒産手続の専門サイトです。

法人・会社の債務・負債でお困りの方や倒産・破産でお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

https://www.houjintousan.jp/

#法人破産 #倒産 #会社破産

houjintousan.jp 法人・会社の倒産・破産に強い東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,倒産手続(破産・特別清算等)ついて詳しくご説明する専門サイトです。法人・会社の倒産手続でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

houjintousan.jp 07/01/2021

破産債権・破産債権者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産法においては,公益性や重要度その他各種の理由から,債権者の有する債権を「財団債権」と「破産債権」とに分け,それぞれ異なる取り扱いをしています。

財団債権とは,破産手続によらないで破産財団から随時弁済を受けることができる債権のことをいいます(破産法2条7項)。この財団債権を有する債権者のことを「財団債権者」といいます(同条8号)。

これに対し,破産債権とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権であって,財団債権に該当しないもののことをいいます(破産法2条5号)。

この破産債権を有する債権者のことを「破産債権者」といいます(同条6号)。

法人・会社に対する債権には,破産法人・会社に対する売掛金,貸付金,代金,未収金などさまざまな債権がありますが,これらは基本的に破産債権です。

破産債権は,財団債権のように全額について随時弁済を受けることなどはできず,破産手続において配当を受けることになります。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasansaiken/

#破産債権 #破産債権者 #会社破産

houjintousan.jp 破産債権・破産債権者とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

lsclaw.jp 04/01/2021

令和3年(2021年)新年のご挨拶 | 東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

謹賀新年

令和3年(2021年),明けましておめでとうございます。

旧年中は,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所に,多くのご相談・ご依頼をいただき,また,さまざまなご協力・ご支援をいただき,本当にありがとうございました。

皆様方のおかげをもちまして,LSC綜合法律事務所は,昨年10月15日に11周年を迎えることができました。

ご協力・ご支援いただきました皆様方には,あらためて厚く御礼申し上げます。

令和2年は,大きな試練の年でした。新型コロナウィルスという脅威によって,我々の生活は大きな変化を迫られました。この試練は,まだ収束をみていません。

本年も,これまで以上に研鑽を積み,この大きな試練を皆様が乗り越えていくための一助になれるよう尽力していく所存ですので,旧年中と変わらぬご支援を賜りますよう,どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和3年元旦
LSC綜合法律事務所 代表弁護士 志賀 貴

https://www.lsclaw.jp/entry/20210101.html

lsclaw.jp 令和3年(2021年),明けましておめでとうございます。本年も,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所をよろしくお願いいたします。

houjintousan.jp 28/12/2020

法人・会社の自己破産手続が終わるまでの期間はどのくらいか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産手続には,裁判所によって破産管財人が選任される「管財手続」と,破産管財人が選任されず,破産手続開始と同時に手続が廃止により終了する「同時廃止手続」があります。

同時廃止手続になれば,開始と同時に終わるのですから,期間はまったくかからないということになります。

個人(自然人)の破産の場合には,この同時廃止になることも少なくありません(ただし,個人破産で同時廃止になった場合でも,その後に免責手続が行われるので,すべての手続が終了するまでには2,3か月はかかります。)。

しかし,法人・会社について自己破産を申し立てた場合,同時廃止で終了することはほとんどありません。法人・会社の自己破産手続は管財事件として扱われ,同時廃止事件よりも長期化するのが通常です。

ただし,東京地方裁判所(立川支部も含む。)においては,管財手続について,引継予納金を少額にして手続を簡易迅速化させた「少額管財」の運用がとられています。

通常の管財手続(特定管財)に比べれば,少額管財になった場合の方が,破産手続が終わるまでの期間は短くなるのが通常でしょう。

https://www.houjintousan.jp/hasan/kanzai/kikan.html

#法人破産 #破産手続 #期間

houjintousan.jp 法人・会社の自己破産手続が終わるまでの期間はどのくらいになるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 24/12/2020

倒産法・倒産手続にはどのような種類・分類があるのか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

倒産とは,一般的に,法人または個人が経済的に破綻し,弁済期にある債務を一般的継続的に弁済できない状態に陥ることをいいます。

この倒産に関する各種の処理を行う手続のことを「倒産手続」といい,それを規律する法律の総称を「倒産法」と呼ぶ場合があります。

代表的な倒産手続としては,破産法に基づく破産手続・会社法に基づく特別清算手続・民事再生法に基づく民事再生手続(再生手続)・会社更生法に基づく会社更生手続(更生手続)・裁判外での私的整理手続が挙げられます。

https://www.houjintousan.jp/tousan/tousantetsuzuki/shurui.html

#倒産法 #倒産手続

houjintousan.jp 倒産法・倒産手続にはどのような種類・分類があるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の倒産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 21/12/2020

税金滞納で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社の自己破産手続は,個人の自己破産手続に比べて,かなり複雑かつ厳格です。安易に手続を進めてしまうと,大きな問題となるおそれもあります。以下のとおり,法律の専門家である弁護士のサポートは必須といってよいでしょう。

・法人・会社の破産手続には,専門的な法的知識が必要となり,解釈や手続を誤ると大きな問題となることがあります。しかし,弁護士に依頼すれば,そのような不測のリスクを回避することが可能となります。

・法人・会社の破産手続においては,特に,申立てまでの準備に不備があると,破産手続開始後に大きな問題となることがあります。しかし,弁護士に依頼すれば,そのような不測のリスクも回避できます。

・破産手続においては,債権者だけでなく,裁判所・破産管財人との折衝や交渉が必要となってきます。弁護士に依頼すれば,対等な交渉が可能となり,また精神的負担も軽減できます。

・司法書士が代理人の場合には,破産管財人との打ち合わせや債権者集会に同席してもらうことができず,債権者や破産管財人と代わりに交渉してもらうこともできない場合があります。しかし,弁護士であればそのようなことはありません。

・そもそも,多くの裁判所では,法人・会社の自己破産申立てについては,弁護士が代理人になることが原則とされています。

https://www.houjintousan.jp/hasan/zeikin.html

#法人破産 #税金滞納 #弁護士

houjintousan.jp 法人・会社が破産すると,滞納している各種税金も消滅します。滞納税金でお困りの方,法人破産・会社破産に強い弁護士 東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にご相談ください。ご相談は無料です。

houjintousan.jp 18/12/2020

破産手続開始決定と同時に手続廃止になる同時廃止事件とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産手続は,裁判所によって破産管財人が選任され,その破産管財人が破産者の財産を調査・管理・換価処分して債権者に弁済または配当していくという「管財事件」が原則的形態です。

もっとも,破産手続が開始される時点で,破産管財人を選任して調査等を行わせる必要がないことが明らかであるという場合もあり得ます。そのような場合にまで,わざわざ破産管財人を選任するというのは無意味です。

そのため,破産手続には,管財事件のほかに,例外的な事件類型として,破産手続の開始と同時に,破産手続が廃止によって終了する場合があります。

破産手続の開始と同時に廃止となるため,「同時廃止事件」と呼ばれています。具体的には,破産手続開始決定と同時に「破産手続同時廃止決定」という裁判所の決定がなされることになります。

破産手続開始と同時に手続が終了するのですから,言うまでもなく,管財事件よりもはるかに迅速に決着が着きます。

また,破産管財人が選任されず,実質的な手続も行われないので,費用も管財事件よりもはるかに廉価です。

https://www.houjintousan.jp/hasan/doujihaishi/

#同時廃止 #破産手続開始決定 #会社破産

houjintousan.jp 破産手続における同時廃止事件とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 15/12/2020

法人・会社の債権者破産申立てとは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

裁判所によって破産手続を開始してもらうためには,破産手続開始決定を発してもらう必要があります。そのためには,前段階として,裁判所に対して破産手続開始の申立てをする必要があります。

この破産手続開始の申立ては誰でもできるわけではありません。破産法等の法律で定められた破産申立権者が申立てを行う必要があります。

破産手続開始の申立てというと,債務者である法人自体が申立てをする自己破産申立てを思い浮かべる方が多いと思います。実際,破産申立ての大半は自己破産の申立てです。

もっとも,破産法では,債務者やそれに準ずる者(準債務者)も申立権者とされていますし,さらに,債権者にも破産手続開始の申立権が認められています(破産法18条1項)。

債権者による破産手続開始の申立てのことを「債権者破産申立て(債権者申立て)」と呼んでいます。

債権者破産申立ての件数は,自己破産に比べれば100分の1にも満たない件数ですが,まったくないわけではありません。

https://www.houjintousan.jp/hasan/moush*tate/saikenshahasan.html

#債権者破産申立て #法人破産 #会社破産

houjintousan.jp 法人・会社の債権者破産申立てとはどのような手続なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 12/12/2020

社会保険料滞納で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社が破産すると,最終的にその法人・会社は消滅します。債務者である法人・会社が消滅するのですから,当然,支払いきれない社会保険料も消滅することになります。

https://www.houjintousan.jp/hasan/shakaihokenryou.html

houjintousan.jp 法人・会社が破産すると,滞納している社会保険料も消滅します。社会保険料滞納でお困りの方,法人破産・会社破産に強い弁護士 東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にご相談ください。ご相談は無料です。

houjintousan.jp 12/12/2020

弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

「法人・会社の倒産・破産ネット相談室」は,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,「倒産した方がよいのか」「倒産手続とは何をすればよいのか」「倒産手続をするとどうなるのか」などのご不安や疑問を少しでも解消していただくために設けた倒産手続の専門サイトです。

https://www.houjintousan.jp/

houjintousan.jp 法人・会社の倒産・破産に強い東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,倒産手続(破産・特別清算等)ついて詳しくご説明する専門サイトです。法人・会社の倒産手続でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

houjintousan.jp 11/12/2020

破産管財人には誰が選任されるのか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産手続は,破産者の財産を換価処分して金銭に換えて,それを各債権者に対して弁済または配当するという倒産手続です。

もっとも,これらの破産手続における業務(管財業務)を裁判官または裁判所の職員が行うのは,年間数万件にも及ぶ破産事件の件数からして,人員的にも物理的にも困難です。

そこで,破産管財業務は, 裁判所によって選任される破産管財人が行うものとされています。言ってみれば,裁判所が管財業務の遂行を外注するのです。

そして,この破産管財人は,破産者の財産を調査・回収・換価処分して破産財団を形成し,それによって得た金銭を各債権者に弁済または配当していきます。

破産手続において中心的な役割を果たす法的機関は,この破産管財人なのです。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasankanzainin/sennin.html

#破産管財人 #会社破産 #破産手続

houjintousan.jp 破産管財人には誰が選任されるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 10/12/2020

破産債権・破産債権者とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産債権とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権であって,財団債権に該当しないもののことをいいます(破産法2条5項)。この破産債権を有する債権者のことを「破産債権者」といいます(同条6項)。なお,破産手続開始前の原因に基づかない債権であっても,破産法97条各号に列挙されたものは,破産債権として扱われます。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasansaiken/

houjintousan.jp 破産債権・破産債権者とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 10/12/2020

法人・会社の自己破産手続が終わるまでの期間はどのくらいか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社の自己破産手続が終了するまでどのくらいの期間がかかるのかは,その法人・会社の規模・債務や財産の状況・法律問題の有無等によって異なってきます。したがって,一概にどのくらいの期間であるとは言えません。もっとも,少額管財相当の事件であれば,破産手続の開始から概ね3か月~1年程度で終結まで至るのが一般的でしょう。

https://www.houjintousan.jp/hasan/kanzai/kikan.html

houjintousan.jp 法人・会社の自己破産手続が終わるまでの期間はどのくらいになるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 08/12/2020

法人・会社が破産すると代表者の家族や親族にも影響があるのか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社と代表者や役員個人とは,法律上別人格として扱われます。

したがって,法人・会社が破産したとしても,その代表者や役員個人が,法人・会社の負債を支払う責任を背負うことにはならず,また,個人の資産に影響を生じることもないのが原則です。

代表者や役員に対してさえ影響を生じないのが原則なのですから,法人・会社と直接の関わりのない代表者等の家族や親族に対しても影響を及ぼさないのが原則です。

ただし,代表者等の家族や親族が,破産法人・破産会社との間で債権債務関係を持っている場合や,破産法人・破産会社の財産や負債に関わりを持っている場合には,影響を生じることがあります。

https://www.houjintousan.jp/hasan/daihyousha/kazoku.html

#法人破産 #代表者 #家族

houjintousan.jp 法人・会社が破産すると代表者の家族や親族にも影響を及ぼすのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 07/12/2020

倒産法・倒産手続にはどのような種類・分類があるのか? | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室

倒産手続とは,講学上の用語で,倒産処理に関連する各種手続の総称です。代表的な倒産手続としては,破産手続・特別清算手続・民事再生手続(再生手続)・会社更生手続(更生手続)があります。倒産手続は,裁判手続として行われる法的整理と裁判外で行われる私的整理に分類できます。法人・会社を清算させる清算型と法人・会社を存続させてその再建を図る再建型に分類することもできます。

https://www.houjintousan.jp/tousan/tousantetsuzuki/shurui.html

houjintousan.jp 倒産法・倒産手続にはどのような種類・分類があるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の倒産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 07/12/2020

税金滞納で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社の税金滞納や借金などでお悩みの方がいらっしゃいましたら,まずは,LSC綜合法律事務所の「無料相談」をご利用ください。ご一緒に最適な解決方法を考えていきます。お待ちしております。

https://www.houjintousan.jp/hasan/zeikin.html

houjintousan.jp 法人・会社が破産すると,滞納している各種税金も消滅します。滞納税金でお困りの方,法人破産・会社破産に強い弁護士 東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所にご相談ください。ご相談は無料です。

houjintousan.jp 05/12/2020

破産手続開始決定と同時に手続廃止になる同時廃止事件とは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産管財人が選任されず,破産手続開始と同時に手続が廃止によって終了する破産手続の例外的な事件類型のことを「同時廃止事件」と呼んでいます。

https://www.houjintousan.jp/hasan/doujihaishi/

houjintousan.jp 破産手続における同時廃止事件とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 05/12/2020

法人・会社の債権者破産申立てとは? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

債権者破産申立て(債権者申立て)とは,債権者が債務者の破産手続開始を申し立てることをいいます。破産手続自体は自己破産や準自己破産申立ての場合と同じですが,債権者破産申立てにおいては,債務者の負債や財産を申立人債権者側である程度調査しなければならず,申立人債権者が予納金を納付しなければなりません。また,債務者が協力的でないことが多く,手続が難航することも少なくありません。

https://www.houjintousan.jp/hasan/moush*tate/saikenshahasan.html

houjintousan.jp 法人・会社の債権者破産申立てとはどのような手続なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 05/12/2020

八王子市で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら LSC綜合法律事務所 | 法人・会社の倒産・破産ネット相談室

事業経営が厳しく,借入れや未払金が膨らんでしまい返済が厳しいという法人・会社は少なくありません。すでに今月の返済や取引先への支払いも困難な状況にあるという場合もあるでしょう。

新型コロナウィルスによる活動自粛などによって,経営が急激に悪化し,今後の見通しが立たなくなったという法人・会社もあるかもしれません。

もちろん経営を改善して事業を立て直すのが最良であることは言うまでもありません。とは言え,それは容易でない場合があることも事実です。かえって負債を大きくしてしまい傷口を広げてしまうことがないとも言えません。

新たな再スタートを図るために,「法人・会社を自己破産する」という選択肢をとらなければならないこともあるでしょう。自己破産をすれば,法人・会社の負債は,税金等を含めて消滅し,少なくとも負債の悩みからは解放されるからです。

つまり,破産手続はすべての「終わり」ではありません。
新しいスタートの「始まり」という意味もあるのです。

ただ漫然と悩んでいるよりも,まずは,自己破産とはどのようなものなのか,自己破産するとどうなるのかなどをご相談いただき,それからどうするか考えるという手もあります。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,法人破産・会社破産申立てのご相談は「無料相談」です。

https://www.houjintousan.jp/hasan/tokyo/hachioji.html

#八王子市 #法人破産 #弁護士

houjintousan.jp 東京都八王子市で法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談は無料です。ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。

houjintousan.jp 03/12/2020

破産管財人には誰が選任されるのか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

破産管財人は,破産裁判所により,破産手続開始と同時に選任されます。破産管財人に選任されるのは1人とは限らず,複数人が選任されることもあります。また,破産管財人には,個人だけでなく法人を選任されることもあります。もっとも,実務上,破産管財人に選任されるのは個人の弁護士であることが大半であり,東京地方裁判所においても弁護士以外または法人を選任した例はないとのことです。また,破産裁判所である地方裁判所の管轄地域内に所在する法律事務所に所属し,当該地域の弁護士会推薦名簿に登録されている弁護士が選任されるのが通常です。

https://www.houjintousan.jp/hasan/hasankanzainin/sennin.html

houjintousan.jp 破産管財人には誰が選任されるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

houjintousan.jp 02/12/2020

法人・会社が破産すると代表者の家族や親族にも影響があるのか? | 弁護士による法人・会社の倒産・破産ネット相談室

法人・会社が破産したからと言って,代表者等の家族や親族に対して影響を及ぼさないのが原則です。ただし,代表者等の家族や親族が,法人・会社の債権者である場合,法人・会社の債務について連帯保証人等になっている場合,法人・会社の財産・資産を無償または廉価で譲り受けている場合などには,影響を及ぼすことがあります。

https://www.houjintousan.jp/hasan/daihyousha/kazoku.html

houjintousan.jp 法人・会社が破産すると代表者の家族や親族にも影響を及ぼすのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。法人・会社の破産手続にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階 LSC綜合法律事務所
Tachikawa, Tokyo
190-0022
破産専門弁護士のその他Tachikawa (すべて表示)
希望法律事務所 希望法律事務所
柴崎町3丁目6-19勇和ビル
Tachikawa, 190-0023

JR立川駅徒歩3分。法律問題でお悩みの方に解決の希望の光を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所 東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所
錦町2-3-3 オリンピック錦町ビル2階
Tachikawa, 190-0022

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の生活や中小企業の事業に関する法律問題についてご相談・ご依頼を承っております。