立川競輪場

立川競輪場

立川競輪場(たちかわけいりんじょう)は東京都立川市にある競輪場。施設所有および主催は立川市。競技実施はJKA東日本地区本部関東競技部。レース実況は多摩川電気で2006年より主に筒井大輔が担当している。概要1951年(昭和26年)10月17日に立川市営の競輪場として開設された。後楽園競輪場休止以降は東京の人口ボリュームから最も集客力のある競輪場として知られ、東京を代表する競輪場である。またKEIRINグランプリ発祥の地としても知られ、実際にKEIRINグランプリの大多数がこの競輪場で行われている。1979年(昭和54年)、1985年(昭和60年)、1988年(昭和63年)、1993年(平成5年)、2002年(平成14年)、2006年(平成18年)、2013年(平成25年)には日本選手権競輪が、1981年(昭和56年)にはオールスター競輪が行われた。そして1985年(昭和60年)からはKEIRINグランプリが開催され続けており、直近の2016年(平成28年)まで初回から通算20回開催されている。記念競輪 (GIII)は毎年1月に「鳳凰賞典レース」を開催しており、その開催が年明け早々に行われることから、開催2日目のシード優秀競走は「初夢賞」の名称で行われる。また恒例として「ギャンブルの王様」と評したほど競輪を愛した作家・色川武大(阿佐田哲也)の功績を称えた「阿佐田哲也杯」が毎年(KEIRINグランプリが立川で開催される時は同時に)2004年まで行われていた。2009年からは『江戸鷹』と呼ばれ、当地で開催された第32回日本選手権競輪で地元制覇を成し遂げるなど数々の戦績を残した山口健治を讃え「山口健治杯」が開催されている。

通常通り開く

電話番号

ウェブサイト

住所


曙町3丁目32-5
Tachikawa, Tokyo
190-0012
Sports & Recreationのその他Tachikawa (すべて表示)
たちかわ創造舎サイクル・ステーション たちかわ創造舎サイクル・ステーション
富士見町6-46-1
Tachikawa

たちかわ創造舎サイクル・ステーションで開催する自転車イベントをご紹介しています。

Na Lama O Kealohi-ナラマオケアロヒ Na Lama O Kealohi-ナラマオケアロヒ
錦町1-3-14 2F
Tachikawa, 190-0022

東京都立川市のフラダンス教室 Na Lama O Kealohi-ナラマオケアロヒ。