髙敏晴会計事務所

髙敏晴会計事務所

公認会計士・税理士・医療経営士 髙敏晴が運営する会計事務所です。
医療・介護およびベンチャーに特化したサービスを提供します。

生命保険料控除証明書が届きはじめました 12/10/2021

生命保険料控除証明書が届きはじめました

10月に入り契約している生命保険会社から「生命保険料控除証明書」が郵送されてきていると思います。 これらは年末調整や確定申告の際に使いますので大切に保管しておいてください。 年末調整には原本の提出が必要ですが、確定申告の場合はe-taxで申告する場合には控除の内容を記載した明細書を提出すれば証明書の提出は必要ありません。 当事務所に確定申告を依頼される顧問先の方で来年までに証明書をなくしてしまいそうという方は、今のうちに当事務所にスキャンしたデータを共有しておいてください。そうすれば確定申告の時に慌てずにすみます。

https://ko-cpa.com/2021/10/12/%e7%94%9f%e5%91%bd%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e6%8e%a7%e9%99%a4%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e3%81%8c%e5%b1%8a%e3%81%8d%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

生命保険料控除証明書が届きはじめました 10月に入り契約している生命保険会社から「生命保険料控除証明書」が郵送されてきていると思います。 これらは年末…

インボイス制度の導入 28/09/2021

インボイス制度の導入

インボイス制度の導入についての記事を書きました。
https://ko-cpa.com/2021/09/28/invoice20210928/

インボイス制度の導入 2021年10月1日から適格請求書発行事業者の登録受付開始 消費税法の改正により2023年10月1日から消費税…

髙敏晴会計事務所 24/08/2021

髙敏晴会計事務所

事務所の本棚(蔵書リスト)を久しぶりに更新しました。
https://librize.com/places/1122

髙敏晴会計事務所 公認会計士・税理士・医療経営士 髙敏晴が運営する会計事務所です。 医療・介護およびベンチャーに特化したサービスを提供します。

所得税予定納税の減額申請について(2021年度) 03/07/2021

所得税予定納税の減額申請について(2021年度)

6月半ば以降に税務署から対象者には所得税予定納税のお知らせが届いているかと思います。想像以上の納付額となり予定納税が困難な事業者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この場合は減額申請を行うことができます。これは従来からその年の納税額が大きく減少することが見込まれる場合に認められている手続です。 予定納税が必要になる人 予定納税基準額=経常的な所得分の所得税ー源泉所得税額が15万円以上になる人 予定納税の納付期限と納付額 第1期:7月31日(予定納税基準額÷3)第2期:11月30日(予定納税基準額÷3) 予定納税額の減額申請手続期日 7月15日:第1期及び第2期の予定納税11月15日:第2期 コロナウィルスの影響等で収入が減少しているにもかかわらず、税務署から予定納税の通知書が来て困っている顧問先の方は是非ご相談ください。

https://ko-cpa.com/2021/07/04/%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e4%ba%88%e5%ae%9a%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e3%81%ae%e6%b8%9b%e9%a1%8d%e7%94%b3%e8%ab%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%882021%e5%b9%b4%e5%ba%a6%ef%bc%89/

所得税予定納税の減額申請について(2021年度) 6月半ば以降に税務署から対象者には所得税予定納税のお知らせが届いているかと思います。想像以上の納付額となり予定…

旧ジャパンネット銀行名での振込について 01/07/2021

旧ジャパンネット銀行名での振込について

2021年4月1日に旧ジャパンネット銀行はPayPay銀行に変わりました。 当事務所の報酬お振込口座はPayPay銀行にしていますが、「ジャパンネット銀行」名での振込は明日2021年7月2日までで、7月3日からは受け付けてもらえなくなってしまいます。 自動振込設定などで「ジャパンネット銀行」としている顧問先があれば、お手数ですが「PayPay銀行」にご変更ください。

https://ko-cpa.com/2021/07/01/%e6%97%a7%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e9%8a%80%e8%a1%8c%e5%90%8d%e3%81%a7%e3%81%ae%e6%8c%af%e8%be%bc%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

旧ジャパンネット銀行名での振込について 2021年4月1日に旧ジャパンネット銀行はPayPay銀行に変わりました。 当事務所の報酬お振込口座はPayP…

一時支援金の事前確認 10/05/2021

一時支援金の事前確認

一時支援金の事前確認は顧問先に限り対応しています。

一時支援金の事前確認 中小企業庁の一時支援金が5月末で申請期限を迎えます。その後は月次支援金という制度に引き継がれます。一時支援金は…

ジャパンネット銀行がPayPay銀行になりました 05/04/2021

ジャパンネット銀行がPayPay銀行になりました

ついにこの日が来てしまいました。当事務所においてメインで使っているジャパンネット銀行がPayPay銀行に名前が変わりました。 顧問報酬の振込先口座でもあるので、顧問先の皆さまには顧問料を振り込んでいただく際には銀行名にお気をつけください。今月の請求書は「ジャパンネット銀行」で発送してしまいました。こんなところに影響があるとは気づいていませんでした。申し訳ありません。 また自動振込を設定されている方もいらっしゃると思いますが、こちらも銀行名の変更をお願いします。 しばらくの間は振込先をジャパンネット銀行としてもちゃんと振り込まれるようですが、今のうちの設定変更をお願いいたします。 次に、顧問先の皆さまで旧ジャパンネット銀行の口座をお持ちで、かつ、freeeに同期させている場合は、同期が適切にできているかご確認ください。当事務所でもいったん同期が不能になり、準備が出来次第メールでお知らせが来るとのことでした。しばらくかかるのかと思っておりましたが、存外早く復旧し、今は問題なく同期ができています。 その他、口座引落しなども引き続きできているか注意した方が良いかもしれません。 銀行の名前が変わることで思わぬところに影響がでますね。

https://ko-cpa.com/2021/04/05/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%81%8cpaypay%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

ジャパンネット銀行がPayPay銀行になりました ついにこの日が来てしまいました。当事務所においてメインで使っているジャパンネット銀行がPayPay銀行に名前が…

年末年始の事務所業務について 15/12/2020

年末年始の事務所業務について

いつも当事務所の業務にご理解ご協力を賜りありがとうございます。 年末年始につきましては、以下の通りの予定となっています。 12月25日まで:平日通常通り12月29日まで:連絡が取りづらい可能性が高いです12月30日~1月4日まで:完全休業1月5日から:平日通常通り 新型コロナウイルス感染症拡大の懸念もありますが、皆様もご自愛しつつよい年末年始をお迎えください。

https://ko-cpa.com/2020/12/15/%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e5%b9%b4%e5%a7%8b%e3%81%ae%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e6%a5%ad%e5%8b%99%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

年末年始の事務所業務について いつも当事務所の業務にご理解ご協力を賜りありがとうございます。 年末年始につきましては、以下の通りの予定となっ…

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している場合の固定資産税等の減免について 11/12/2020

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している場合の固定資産税等の減免について

新型コロナウィルスの影響により事業収入が減少している場合の固定資産税等の減免についてまとめました。

https://ko-cpa.com/2020/12/11/%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%81%a7%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%81%8c%e6%b8%9b/

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している場合の固定資産税等の減免について 固定資産税(償却資産税も含む)・都市計画税(以下「固定資産税等」)は1月1日現在の対象資産に対して課税されます…

2020年度年末調整について 05/11/2020

2020年度年末調整について

年末調整について顧問先向けに業務連絡を書きました。

https://ko-cpa.com/2020/11/05/2020%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e8%aa%bf%e6%95%b4%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

2020年度年末調整について 今年も残すところあと2ヶ月になりました。税務署から年末調整の封筒が届いているかと思います。 顧問先の皆様にご対…

ko-cpa.com 01/07/2020

所得税予定納税の減額申請について

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛も解除され、徐々に元の経済活動に戻りつつありますが、4月5月の収入が減少する一方で、昨年度の所得から計算される予定納税が困難な事業者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この場合は減額申請を行うことができます。これは今回のコロナウィルスの影響だけでなく、従来からその年の納税額が大きく減少することが見込まれる場合に認められている手続です。 予定納税が必要になる人 予定納税基準額=経常的な所得分の所得税ー源泉所得税額が15万円以上になる人 予定納税の納付期限と納付額 第1期:7月31日(予定納税基準額÷3)第2期:11月30日(予定納税基準額÷3) 予定納税額の減額申請手続 7月15日:第1期及び第2期の予定納税11月15日:第2期 コロナウィルスの影響等で収入が減少しているにもかかわらず、税務署から予定納税の通知書が来て困っている顧問先の方は是非ご相談ください。
https://ko-cpa.com/2020/07/01/%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e4%ba%88%e5%ae%9a%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e3%81%ae%e6%b8%9b%e9%a1%8d%e7%94%b3%e8%ab%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

ko-cpa.com 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛も解除され、徐々に元の経済活動に戻りつつありますが、4月5月の収入が減…

ko-cpa.com 02/05/2020

持続化給付金(経済産業省)申請における注意点

持続化給付金の申請をする場合には十分注意してください。

ko-cpa.com 持続化給付金の申請が始まりました。ネットで完結することもあり、早くも申請を終えた事業者が多数いらっしゃいます。…

[04/28/20]   当事務所は1人事務所なので休業等は行っていませんが、顧問先より助成金の申請に関するご相談、融資資料の作成や3月決算の前倒し対応など、多くの業務が集中しております。コロナ関連については優先して対応しておりますが、いつもよりもお待ちいただいている状況です。
何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

ko-cpa.com 28/04/2020

持続化給付金(経済産業省)の内容について

速報版です。

ko-cpa.com 2020年4月27日に経済産業省より「持続化給付金」の申請要領等(速報版)が公表されました。 経済産業省:「持…

ko-cpa.com 09/04/2020

2020年4月7日に閣議決定された緊急経済対策

緊急経済対策のまとめです。

ko-cpa.com 今回の新型コロナウィルス感染症に対する緊急事態宣言を受けて、その対となる緊急経済対策が内閣府から発表されました…

ko-cpa.com 06/03/2020

コロナウィルスの影響を受けた事業者に対する公的支援制度

コロナウィルスの影響で休業したり来店客数が減少するなどの影響を受けてしまった事業者に対して公的な支援制度が発表されました。 当事務所がある世田谷区の例をご紹介していますが 、他の自治体においても同じような制度があるかと思います。 支援の内容は、 資金繰り支援(緊急特別融資あっせん) 人件費の補償(雇用調整助成金) となっています。 1.資金繰り支援の概要 世田谷区内に主たる事業所(法人の場合は本店登記所在地)がある事業者を対象に300万円を金利0.3%での融資を斡旋するものです。 融資の審査自体は個々の民間金融機関が行うこととなりますが、必要と思われる顧問先の方は取引金融機関に聞いてみて下さい。 世田谷区のホームページ:「緊急特別融資のご案内」 2.人件費補償の概要 経済上の理由により事業活動の縮小をせざるを得なくなった事業主が休業等の雇用調整を行い雇用を維持した場合にその賃金相当額の一部が助成されるものです。 本来は休業を行う期間に対して事前の届出が必要なのですが、今回は特例として事後の届出でも可能とする内容になっています。 厚生労働省のホームページ:「雇用調整助成金について」
https://ko-cpa.com/2020/03/06/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%9f%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e8%80%85%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e5%85%ac/

ko-cpa.com コロナウィルスの影響で休業したり来店客数が減少するなどの影響を受けてしまった事業者に対して公的な支援制度が発表…

ko-cpa.com 27/02/2020

令和元年度の確定申告について申告期限が延長されました

コロナウィルスの影響で申告期限と納付期限が延長されました。

ko-cpa.com 確定申告の期限延長に関して決まったこと コロナウィルスの影響で以下の税目について申告期限の納付期限が延長されま…

ko-cpa.com 23/01/2020

ジャパンネット銀行で国税の還付金の受取りが可能に!!

ネット銀行のジャパンネット銀行を所得税の還付金口座として使えるようになりました。 これまでネット銀行は軒並み還付金口座として設定することができず(新生銀行もそう)、うっかり申告書にネット銀行の口座を書いてしまうと、手続にとても手間取ることになってしまいます。私も独立した当初はそのようなことが分からずやらかしていました。 とてもゆっくりですが、すこしずつネット銀行が市民権を得ているのが嬉しくて投稿しました。
https://ko-cpa.com/2020/01/23/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%81%a7%e5%9b%bd%e7%a8%8e%e3%81%ae%e9%82%84%e4%bb%98%e9%87%91%e3%81%ae%e5%8f%97%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%81%8c%e5%8f%af/

ko-cpa.com ネット銀行のジャパンネット銀行を所得税の還付金口座として使えるようになりました。 これまでネット銀行は軒並み還…

ko-cpa.com 06/01/2020

2019年度分所得税確定申告について(早めの還付申告のススメ)

確定申告の期限 今年の確定申告のスケジュールは土日の関係で、2月17日(月)から3月16日(月)までです。しかし、以下に記載のとおり還付になる人は1月1日から申告を行うことができます。早めに還付の申告を行えば、税務署の対応も早い(とはいっても経験則では2~3週間ぐらい)ですし、早く還付金を受け取ることができます。ちなみに還付は5年間行うことができるので3月15日を過ぎてしまっていても諦める必要はありません。 還付になる人 正確には所得税の計算をして、 所得税の額-予定納税額-源泉徴収税額 がマイナスになった場合、所得税が還付されます。 還付になりそうかどうかは、昨年の確定申告書を見て表紙(第一表)の右下あたりの「㊵還付される税金」に金額が記載されていて、今年も収支構造に大きな変化がなければ還付になる可能性が高いです。不明な場合は当事務所までお問い合わせください。 確定申告に必要な書類 当事務所に確定申告をご依頼のされる方(すでに顧問先の方も同じです)は、freeeのアカウントを共有していただいた上で以下の書類をご用意いただければほとんどの場合対応可能です。 また、フリーランスの方を中心に「支払調書が揃わない」「支払調書がもらえない」といったご相談を受けることがありますが、確定申告において支払調書は必須の資料ではありません。そもそも支払調書は税務署に提出するための書類であって、支払先に交付する義務はありません。ですので、支払調書が揃わなくても確定申告を行うことは可能です。 確定申告のスケジュール 当事務所にご依頼の場合、通常は以下のスケジュールで対応させていただいています。 確定申告書のドラフト作成:freeeの入力が終わっていて上記の書類を共有いただいてから1週間 確定申告書の電子申告:上記ドラフトを確認いただいてから2日以内 ただし、2月下旬から3月上旬の間は大変混雑する時期ですので、上記日程では対応できない可能性もありますし、飛び込みのご依頼をお断りさせていただくこともありますので、なるべくお早めの依頼をお願いいたします。個人事業主の顧問先の皆様には当事務所からスケジュール確認のご連絡をいたします。
https://ko-cpa.com/2020/01/06/2019%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e5%88%86%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e7%94%b3%e5%91%8a%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%88%e6%97%a9%e3%82%81%e3%81%ae%e9%82%84%e4%bb%98%e7%94%b3/

ko-cpa.com 確定申告の期限 今年の確定申告のスケジュールは土日の関係で、2月17日(月)から3月16日(月)までです。しか…

ko-cpa.com 10/12/2019

会計freee法人事業者向け料金プラン改定に関しての雑感

freeeに関して物議を醸しているようなので緊急投稿。

https://ko-cpa.com/2019/12/10/%e4%bc%9a%e8%a8%88freee%e6%b3%95%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e8%80%85%e5%90%91%e3%81%91%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e6%94%b9%e5%ae%9a%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae/

ko-cpa.com freeeが上場を直前にして2020年2月以降の法人プランの料金改定を公表しました。一部SNSでは「一律10倍…

ko-cpa.com 10/12/2019

会計freee法人事業者向け料金プラン改定に関しての雑感

freeeが上場を直前にして2020年2月以降の法人プランの料金改定を公表しました。一部SNSでは「一律10倍の値上げ」といった情報も飛び交い始め炎上気味になっているので、何が変わるのか確認してみました。 何が変わるのか? freeeから公表された ベーシックプラン(3,980円/月のプラン) における機能制限は以下の通りで、これらの機能を引き続き利用するためにはプロフェッショナルプラン(39,800円/月のプラン)への変更が必要になるとのことです。 消し込みに関する自動登録ルールの作成 年齢表 配賦仕訳関連 仕訳承認 仮締め(会計事務所プランは引き続き使用可) 試算表・全部門比較エクスポート カスタム権限 グループ管理 ジャパンネット銀行ワンタイム口座 どういった法人が影響を受けるのか? このうち当事務所の業務に影響が生じそうなのは年齢表と仮締めですが、年齢表はGoogleスプレッドシートアドオン機能を使ってピボット集計すれば同等のレポートは楽に作成できそうですし、仮締めも会計事務所側では引き続き使えるようなので、大きな影響はないかなというところ。 上場準備などで内部統制を会計システムに組み込んでいる法人は仕訳承認や仮締めの機能は必要かもしれないですが、そういう会社はすでにプロフェッショナルプランを利用しているように思います。 また、SNSで話題になっている配賦計算機能の制限は社会福祉法人やNPO法人といった拠点別のレポートが必要な法人にとっては残念な改定かもしれません。さすがにこのために10倍にもなる利用料は負担できないでしょう。いったんGoogleスプレッドシートアドオンを使ってfreee外に吐き出し配賦計算を行った後に配賦仕訳を再度freeeに取り込むといった迂回策が必要になりそうですが、ベーシック→エンタープライズへのプラン変更をしなくてもどうにかなる気もします(手間はかかってしまいますが)。 今回の料金改定は株式会社freee自体の上場直前のタイミングということもあり、ユーザーを囲い込むだけ囲い込み離れられなくした後、値上げを行うことに対して、大きな不満を言っている人達(特にこれまでfreeeを熱烈に支持していた層も含まれます)が多くなっています。 従来使えていた機能を一部制限して、より上位の料金プランへの変更を促す施策はこれまでにも行われてきたことですし、プラットフォームを利用する以上はそうしたリスクとは付き合い続ける認識は必要と思います。今回については上位プランがいきなり料金10倍というのが不満の原因の1つであって、1.5倍~2倍ぐらいのプランが用意されていればよかったのかもしれません。 今後のことを考えるとプラン変更の方針は明確にしてもらいたいところです。
https://ko-cpa.com/2019/12/10/%e4%bc%9a%e8%a8%88freee%e6%b3%95%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e8%80%85%e5%90%91%e3%81%91%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e6%94%b9%e5%ae%9a%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae/

ko-cpa.com freeeが上場を直前にして2020年2月以降の法人プランの料金改定を公表しました。一部SNSでは「一律10倍…

ko-cpa.com 27/11/2019

給与支払報告書について

先日書いた年末調整と法定調書と同じタイミングで、「給与支払報告書」が各自治体から来るかと思います。自治体によって体裁は異なるかもしれませんが、当事務所のある世田谷区は「住民税関係書類在中(給与支払報告書総括表等)」という表紙の封筒が届きました。 これも年末調整と同様に、顧問先の皆様は何もしなくて大丈夫です。年末調整の過程で従業員の年間の給与が確定すれば、給与支払報告書の作成に必要な情報は自動的に揃いますし、たいていの税務ソフトではセットで作成する作りになっていますので、当事務所で作成提出いたします。 何のために作成するのか? ヒントは世田谷区から来る封筒のタイトルにあります。給与支払報告書は、来年6月以降従業員の給与から天引きする(特別徴収といいます)住民税の額を決定するための基礎資料となります。 したがって、給与支払報告書を提出しないと特別徴収の対象にならなくなってしまいます。従業員の方に迷惑を掛けることになってしまうので、漏れなく提出しなくてはなりません。 提出する時にやっていただきたいこと 1月下旬までには当事務所で給与支払報告書のドラフトを作成しますので、全ての従業員が含まれているかどうかだけ確認いただければ助かります。
https://ko-cpa.com/2019/11/27/%e7%b5%a6%e4%b8%8e%e6%94%af%e6%89%95%e5%a0%b1%e5%91%8a%e6%9b%b8%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

ko-cpa.com 先日書いた年末調整と法定調書と同じタイミングで、「給与支払報告書」が各自治体から来るかと思います。自治体によっ…

ko-cpa.com 03/11/2019

年末調整と法定調書

年末調整について顧問先に向けた記事を書きました。

ko-cpa.com 管轄の税務署から年末調整等のお知らせが届く頃かと思います。顧問先の皆様におかれましては、このお知らせが届いたら…

ko-cpa.com 01/10/2019

開業5周年

本日2019年10月1日で高敏晴会計事務所を開業して5年が経ちました。 情報の整理のためクライアントに通し番号を付けているのですが、5年経って99ありました。この数字はクライアントのみなさんが当事務所を支えていただいたことで成り立った数字であります。この場を借りて深く御礼申し上げます。 最初の5年はまずは業界内で生き残るチャレンジでした。次のチャレンジは以下の3つにしようと思います。 既存クライアントへのサービス充実 事務所業務の効率化 新たな業務への関与 1はクライアントから日頃寄せられるご質問・ご相談の中から一般化できるものをFAQのような形でこのブログに投稿していこうと思います。当事務所のクライアントを前提とした内容にします。 2は様々な事務所オペレーションの機械化を促進します。細かいアクションを見直してみると自動化できそうな余地があるのでこれを進めていきます。 3はこれまでの業務経験を組み合わせて、 クラウド会計ソフトfreeeを使ってIPO企業の計算書類や有価証券報告書作成までを含めた決算作業の効率化・省力化 医療法人のM&Aや再生などにおける事業計画の策定とその後のモニタリングサポート といったことを手掛けてみたいと考えています。 みなさま、今後とも高敏晴会計事務所をどうぞよろしくお願いします。
http://ko-cpa.com/2019/10/01/%e9%96%8b%e6%a5%ad5%e5%91%a8%e5%b9%b4/

ko-cpa.com 本日2019年10月1日で高敏晴会計事務所を開業して5年が経ちました。 情報の整理のためクライアントに通し番号…

19/08/2019

クラウド会計ソフトfreeeアドバイザー向けページ

税務研究会のウェブサイトにインタビュー記事が掲載されました。

【税務研究会様との共同作成記事が公開されました!🕺】

「クラウド会計で、顧客先とのコミュニケーションの在り方がどのように変化したか?」というテーマで、freee認定アドバイザーの伊沢さん・髙さんにお話を伺いました。

クラウドを活用しながら自分らしく働かれているお二人が、どのようなきっかけでクラウド会計と出会い、どんな活用をされているのか、盛りだくさんの記事となりました。
ぜひご一読ください。

https://www.zeiken.co.jp/ad/freee/

ko-cpa.com 10/04/2019

税務カレンダーを作成しました

税務カレンダーのバージョンアップを行いました。

ko-cpa.com クライアントからお問い合わせの多い「どの税金をいつ納付すればよいか分からない」といった声にお応えし、Googl…

ko-cpa.com 10/04/2019

税務カレンダーGoogleカレンダーインポート様式_Ver2

税務カレンダーGoogleカレンダーインポート様式_Ver2
http://ko-cpa.com/download/%e7%a8%8e%e5%8b%99%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bcgoogle%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%a7%98%e5%bc%8f_ver2/

ko-cpa.com 詳しくは投稿をご覧ください。

ko-cpa.com 09/04/2019

税務カレンダーを作成しました

クライアントからお問い合わせの多い「どの税金をいつ納付すればよいか分からない」といった声にお応えし、Googleカレンダーにインポートできる税務カレンダーを作成しました。 Excelファイルを開いて最初のシートで基礎情報を入力後、「スケジュールインポート様式」のシートをcsvファイルで保存して下さい。 このcsvはそのままGoogleカレンダーにインポートすることができますし、そのまま期日表として利用してもらっても構いません。 取り急ぎ作ったので今は国税だけですが、地方税を追加したり、祝日を考慮した期日設定にしたりとバージョンアップを加えていく予定です。
http://ko-cpa.com/2019/04/09/%e7%a8%8e%e5%8b%99%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

ko-cpa.com クライアントからお問い合わせの多い「どの税金をいつ納付すればよいか分からない」といった声にお応えし、Googl…

ko-cpa.com 09/04/2019

税務カレンダーGoogleカレンダーインポート様式(国税のみ)

税務カレンダーGoogleカレンダーインポート様式(国税のみ)
http://ko-cpa.com/download/%e7%a8%8e%e5%8b%99%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bcgoogle%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%a7%98%e5%bc%8f%ef%bc%88%e5%9b%bd/

ko-cpa.com 詳しくは投稿をご覧ください。

ko-cpa.com 07/04/2019

クレジットカードによる国税の納付

所得税、法人税、消費税といった国税はクレジットカードでも納付することができます。 クレジットカードで国税を納付するときはこのURLを使います。どのような種類の税金がクレジットカードに対応しているかも記載されています。だいたいの税目が対応しています。 サイトにアクセスしていただければ分かると思いますが、意外にシンプルです。納税者の名前、住所、電話番号、所轄の税務署、税目、税額とクレジットカード情報を入力するだけです。 ただし手数料がかかります(10,000円につき82円程度)ので、カード決済でもらえるポイントなどと相談して使用して下さい。 社長個人名義のクレジットカードでも 納付することができますが、税務署でのひも付けに時間がかかると思われますので、任意項目ではありますが「整理番号」を入力しておくとよいと思います。整理番号は税務署から郵送される納付書等の書類には記載されています。 クレジットカードによっては税金を支払うだけの利用可能額が残っていない場合もあると思います。複数のクレジットカード合計で利用可能額があれば、上記の操作を複数回行うことで納税が可能です。
http://ko-cpa.com/2019/04/07/%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%9b%bd%e7%a8%8e%e3%81%ae%e7%b4%8d%e4%bb%98/

ko-cpa.com 所得税、法人税、消費税といった国税はクレジットカードでも納付することができます。 クレジットカードで国税を納付…

[03/16/19]   【業務連絡】
確定申告業務も終了して一区切りついたので、かねてから考えていたことを実行に移します。

携帯電話のおやすみモードを17時から翌日9時にセットしました。つまり当事務所の電話は9時から17時までしか通じません。本当は24時間おやすみモードにしようと思いました。しかしお互い電話でしか連絡できない先があります。そうです、税務署です。

当事務所への連絡はメール、メッセンジャーなどの非同期型コミニュケーション手段を使っていただければと思います。

30/12/2018

事務所の大掃除をして2018年は終了です。
今年は2月にこの場所に事務所を借りて、ようやく一国一城の主となりました。
来年の目標はこれから考えます。
来年も引き続きご厚情の程よろしくお願いします。

20/12/2018

クラウド会計ソフトfreeeアドバイザー向けページ

チェックルールのカスタマイズが会計事務所の付加価値の見せ所になるでしょう。

【「AI月次監査」に新機能を追加】

機械学習による勘定科目エラー検知やチェックルールのカスタマイズに対応!
国内で初めて、会計ソフトにおいて機械学習による勘定科目エラー検知および修正提案機能の搭載を実現しました。
https://corp.freee.co.jp/news/aimonthlyaudit-8877.html?fbclid=IwAR0sPTK82Xww6-yhF5azbIciBBRq8FtFreUDu1Xw2AdRZH3w0MBn8Ws85Ik

〜リリース情報掲載媒体〜
▼日本経済新聞▼ほか
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39044060X11C18A2000000/

03/12/2018

当事務所の基調カラーは青と白なのですが、今月だけ一部クリスマスカラーを取り入れました。

ko-cpa.com 05/10/2018

新兵器導入

当事務所ではなるべくペーパーレスにして、デュアルディスプレイの片方で資料を見ながら作業することが多いのですが、法令集(税務六法とか会計監査六法とか)や参考図書、紙の業務資料を見ながら作業することも多いです。これまではデスクの上に平積みにしていましたが、これだと効率が悪いのでこれを導入しました。これにその時使う分だけ書籍や資料を置いて執務をします。おかげでデスクの上もスッキリと片付けることができました。
http://ko-cpa.com/2018/10/05/%e6%96%b0%e5%85%b5%e5%99%a8%e5%b0%8e%e5%85%a5/

ko-cpa.com 当事務所ではなるべくペーパーレスにして、デュアルディスプレイの片方で資料を見ながら作業することが多いのですが、…

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


代沢5-32-5 シェルボ下北沢304
Setagaya-ku, Tokyo
155-0032
会計士のその他Setagaya-ku (すべて表示)
税理士法人しんぼ会計 税理士法人しんぼ会計
赤堤2丁目9番4号
Setagaya-ku, 156-0044

税理士事務所

社長の右腕【株式会社ダイリアル】定例型・非常勤経営管 社長の右腕【株式会社ダイリアル】定例型・非常勤経営管
三宿1-4-7
Setagaya-ku, 154-0005

経理部長代行サービス

加藤公認会計士・税理士事務所 加藤公認会計士・税理士事務所
Setagaya-ku, 157-0074

加藤総合事務所は、お客様が「本来の業務にまい進し、事業を拡大すること」に集中できるように、全力でサポートいたします。

秋本経営会計事務所 秋本経営会計事務所
東京都世田谷区奥沢5-34-7
Setagaya-ku, 158-0083

廣田税務会計事務所 廣田税務会計事務所
梅丘1-31-2 JSビル
Setagaya-ku, 154-0022