三軒茶屋駅

三軒茶屋駅

三軒茶屋駅(さんげんぢゃやえき)は、東京都世田谷区太子堂にある、東京急行電鉄の駅である。概要田園都市線と世田谷線が乗り入れているが、両路線は改札外連絡となっており、運賃も別立てとなる。世田谷線の駅は、関東の駅百選に選ばれている。 東急電鉄 田園都市線 - 駅番号「DT03」 世田谷線 - 駅番号「SG01」歴史新玉川線計画の段階から、首都高速道路3号渋谷線および国道246号線の陸橋の基礎および地下道と一体構造で設計され建設されている。このうち、地下道部分は1971年12月に完成し、鉄道開業に先行して使用開始された。2005年(平成17年)10月上旬から2007年(平成19年)3月下旬まで、階段増設などの地下駅火災対策施設整備工事や二子玉川寄りの新改札口(現・西改札)の設置およびエレベーター新設などの駅改良工事が施工された。新改札口予定地の場所に元々存在していたテコプラザは移転し、世田谷通り口の進入方向がパティオ側からに制限された。 1907年(明治37年)3月6日 - 玉川電気鉄道(後の東急玉川線)が開業。 1925年(大正14年)1月18日 - 現在の世田谷線が開業。 この時は駅の手前に分岐器を設置して二子玉川園方面と下高井戸方面に分岐し、現在の世田谷線側には2面2線の相対式ホームが設置されたが、二子玉川方面は下り線に安全地帯が設置されたのみであり、上り線は廃線時まで直接道路上から乗降を余儀なくされていた。 1977年(昭和52年)4月7日 - 新玉川線(現・田園都市線)が開業。開業時から自動改札機を設置。 1992年(平成4年)11月11日 - 三軒茶屋駅周辺の再開発事業に伴い、世田谷線の駅を仮設駅(現在地より西太子堂寄り)に移転。 1996年(平成8年)11月15日 - 世田谷線の駅を現在地に移転。 1998年(平成9年) - 「関東の駅百選」に選定される。選定理由は「煉瓦造りの高層ビルの中でヨーロッパ風の駅舎にレトロな路面電車が走る駅」。

通常通り開く

カテゴリー

住所


太子堂2-15
Setagaya-ku, Tokyo
154-0004

鉄道のその他Setagaya-ku (すべて表示)
祖師谷大藏站 祖師谷大藏站
Setagaya-ku

Sangen-Jaya Station Sangen-Jaya Station
Setagaya-ku

上町駅 上町駅
世田谷3-4-3
Setagaya-ku