下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」

音楽・酒・珈琲
下北沢APOLLO

《APOLLO道順》

*まずは東口/中央口の本多劇場&ヴィレッジ・ヴァンガードを目指してください。本多劇場&ヴィレッジ・ヴァンガードから歩いて30秒です!
 
 
 
【下北沢駅東口/中央口からの道順】
 
下北沢東口/中央口を出て真っ直ぐ進むと、正面に大型スーパー 『オオゼキ』があります。(旧踏切の横。本多劇場&ヴィレッジ・ヴァンガードの斜め向かい)
 
そのスーパーマーケットの前で立ち止まってください!
 
そのスーパーの “向かって右側の出入り口” のすぐ右横に、 “細い細い裏道” があります。 *この裏道に入ってください! スーパーとauショップの間です。ここを曲がらずに直進してしまわないよう! 
 
この裏道を進んで20秒、“行き止まりの建物” の手前を右に曲がると、右手に焼肉屋さん『肉人(にくんちゅう)』があります。その焼肉屋さんの隣、地下1階がAPOLLOです。(1階は洋風

21/11/2023

Nate Renner(gt) 三嶋大輝(b) 外山明(ds)

11/24(金) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 

 
Nate Renner https://www.naterennermusic.com
1985年、カナダ・サスカトゥーン市生まれ。 トロントのハンバー大学のジャズプログラムを卒業し、John Abercrombie、Don Thompson、Pat Labarberaに師事。Dave Douglasが率いたバンフセンターのJazz and Creative Music Workshopに2度出席する。 トロントやカナダ各地のミュージシャンとアンサンブルを組み演奏を重ねた。トロント大学の民族音楽学の博士号を取得。2019年秋より拠点を札幌に移し、自己のカルテット他様々なバンドで活動中。
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 21/11/2023

栗林すみれ(piano) & 市野元彦(guitar)

11/26(日) open 18:30 / start 19:00
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

栗林すみれ:https://sumirekuribayashi.tumblr.com
市野元彦:https://www.motohikoichino.com

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 

 
 
 
 

 
 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 21/11/2023

『 nothing is real vol.43 』
ヒグチケイコ keiko higuchi (piano and voice)
ルイス稲毛(bass)

11/25(土) open 19:00 / start 19:30
2000yen+drink order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
https://www.apollonoise.com/
 
 

ヒグチケイコ
ヒグチケイコ/ Keiko Higuchi
身体、声、呼吸のつながりを探求し、即興からジャズまで幅広くこなすボーカリスト。アメリカ・ボストンにて声を使うパフォーマーとして活動開始、'98年に帰国以来、独特な声と表現で国内外にてソロや多くのコラボレーションやダンス、演劇などの作品に参加。過去には写真・執筆を発表している。アルバム作品には'13年ソロ第二作目「花弁のように儚い」(米utech records)、森重靖宗とのデュオ「あわい」(仏improvising beings)、'14年Cris Xとの「MELT」(musik atlach)、'16年1月にソロ第三作目「between dream and haze」(仏improvising beings)、そして’17年3月に神田晋一郎(p)との第二作目「passing and longing and there is only a trace left― 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り」(ftarri) 、’18年年末にはsachikoとのAlbedo Fantasticaで「暗渠と夜空」(仏an’archive)、’19年夏にはソロの1曲が含まれたコンピレーションアルバム「青鞜 Seitō: In the Beginning, Woman Was the Sun」(仏Akuphone) がリリース。自主リリースとしてissheeとの共犯者、そしてハーディガーディのTOMOとベースの内田静男と異色のバンドarcheusを結成、カセットとCDをセルフリリース。ベルギーのsloow tapesからManuel Knappとのアルバム「Summoning Ancient Spirits」も’21年にリリースされ、2022年2月には第四作目のソロとなる「vertical language 垂直の言語」(米 black editions)をリリース。
http://cleokcleok.wixsite.com/keiko-higuchi
www.facebook.com/cleokcleok
http://keikohiguchi.bandcamp.com/

keiko higuchi
a vocalist who seeks the connection between body, voice and breathing and covers jazz to vocalization. she started out her career as a voice performer in boston, usa. since returning to japan in '98, she has been working in dance, theater and many collaborations aside from her solo work. also she has some photography and writing work in the past. she has released, for the recent, her second album "ephemeral as petals" (utech records, usa) and "awai" the duo album with yasumune morishige (improvising beings, france) in 2013, "melt" with cris x (musik atlach, japan) in 2014, the third solo album "between dream and haze" (improvising beings, france) in 2016, and “passing and longing and there is only a trace left” (ftarri) with the pianist, shin-ichiro kanda released in 2017. As Albedo Fantastica with Sachiko “culvert and starry night” (an’archive, france) was released in ’18 and the summer of ’19 the compilation album she contributed one song “Seitō: In the Beginning, Woman Was the Sun (akuphone, France) has been also released. As for self-releases, “KYOHASHA” with isshee and “archeus” with TOMO on hurdy gurdy and Shizuo Uchida on bass have been out. In ’21 another collaboration on cassette, “Summoning Ancient Spirits” (sloow tapes, Belgium) with Manuel Knapp has been released and in ’22 her 4th solo album “vertical language” will be released (black editions, usa).
http://cleokcleok.wixsite.com/keiko-higuchi
www.facebook.com/cleokcleok
http://keikohiguchi.bandcamp.com/

 
 
 
  
 
 
  
APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 
  
 
 

 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 21/11/2023

“ Art of ETO-RYU ”
江藤良人(drums) × 吉田隆一(sax)

11/23(木) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
https://www.apollonoise.com/

江藤良人:http://eto.mockhillrecords.com
吉田隆一:https://twitter.com/hi_doi
 

 

江藤良人 / エトウヨシヒト / drums �1973年4月14日、三重県鈴鹿市生まれ。10歳からドラムを始める。�'94年 土岐英史(as)セッションでデビュー。�'96年から辛島文雄(p)トリオへの参加、本格的にプロ活動を開始。以後、池田芳夫(b)DADA、中本マリ(vo)グループ等に参加。�'98年、渡辺貞夫(as)バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。�'99年 綾戸智絵(vo)“Friends”アルバム制作、ツアーに参加。�'02年、初リーダーアルバム『江藤良人/ANIMAL HOUSE』をリリース。�J-POPユニット“orange pekoe”のレコーディング、ツアーにも参加。�'03年、自己のグループ『a.t.m.』を結成。従来のジャンルにとらわれない方向性を追求。�'05年、故 Elvin Jones(ds)のトリビュートアルバムとして、2作目のリーダーアルバム『江藤良人/RAY』をリリース。�'06年〜'15年まで『ルパン三世』の音楽で知られる作曲家/大野雄二率いる“Yuji Ohno & Lupintic Five”に参加。�'11年、ギターサウンドを重点的に取り入れた3枚目のリーダーアルバム『江藤良人/Three-Act Play 』をリリース。�'12年、井上陽介(b)、田中邦和(ts)と『Karate Chops』を結成。ライブツアー、コンサートを継続中。�'15年、4枚目のリーダーアルバムとして待望の『Karate Chops』をリリース。�また、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)、大西順子(p)、佐藤竹善(vo)、Lee Konitz(as)、Barry Harris(p)、Eddie Gomez(b)等と共演。�現在は自己のグループの他、井上陽介(b)カルテット、石井彰(p)トリオ、岡淳(ts)punch!、the EROS、NewYork=Tokyo Connection等に参加。�御茶ノ水NARUでの『江藤まつり』シリーズ、自由が丘Mellow Brown Coffeeライブ、新進気鋭のミュージシャンを起用したリーダーセッションでは毎回高く評価されている。��柔らかくしなやかで、繊細さと力強さを兼ね備えたドラミングが人々を魅了する。そこから生まれる心地良さ。聞き手はもとより、共演者にも絶大な信頼感をもたらす。

 

吉田隆一(sax)
1971年9月16日、東京都出身。
中学生の時に吹奏楽部でバリトンサクソフォンを手にする。高校生の頃にクラシックに傾倒。同時期にジョン・コルトレーン「アセンション」を偶然聴き、ショックを受ける。大学ではビッグバンドで活動し、同時期に林栄一(as)『林管楽交』に参加する。その後チンドンに弟子入り。富山チンドンマン・コンクールに2回出場。技能賞を受ける。同時期に荻窪「グッドマン」にてバリトンサックスによる無伴奏ソロライブを開始。

大学卒業後『村上俊二(p)「ミカラム」』『吉田隆一カルテット』等で新宿「pitinn」等で活動。'97年に藤井郷子(p)オーケストラに参加。同時期に『渋さ知らズ』に参加。98年、2000年のヨーロッパツアー全日程に参加する。
'99年、浜松ジャス・ウィークに『高瀬アキ・スペシャル・オーケストラ』のメンバーとして参加。高瀬アキ(p) 日野皓正(tp)らと共演。2000年『東京中低域』の立ち上げと同時に参加。2006年脱退。現在は『板橋文夫(p)』『藤井郷子オーケストラ』『SXQ(松本健一SAX Quintet)』『渋さ知らズ』『☆∞※★&♭』『林栄一カルテット』等のユニットに参加。

自己リーダーバンドは�アヴァンポップ・トリオ blacksheep(吉田隆一bs,後藤篤tb,スガダイローp)�アヴァンポップ・アンサンブル『tea-pool』(吉田隆一bs,太田恵資vl,壷井彰久vl,立花泰彦b,永田利樹b)�管楽器トリオ『DELTA BLUE'S』(吉田隆一bs,後藤篤tb,林栄一as)�『龍井(RON-JIN)』(吉田隆一bs,蜂谷真紀vo,山口コーイチp)
2007年2月より、表参道のcafe『月光茶房』にて『月光茶房の音会』と題する隔月ライブシリーズのプロデュースを行っている。
ソロアルバム:『phone-phone』『tea-pool(共にsincerely music)�参加アルバム:古澤良治郎『Ash』渋さ知らズ『渋龍』『渋旗』板倉克行『日めくり樹林』『AROUND TABLE』藤井郷子オーケストラ『Double Take~月は東に日は西に』『BEFORE THE DAWN「夜明け前」』『Live!!(CD+DVD)』東京中低域『明星』『東中』『火の玉ボーイ』『IN THE MASS』pikaia『pikaia』早坂紗知BlackOut『BlackOut』上々颱風『上々颱風9 ~心の花~』missing link『the spell was cast』大島輝之『into the black』他多数

 
 

 
    
 
APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ

19/11/2023

Jam Session

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 18/11/2023

“The Billie Jean South”
南博(pf) Billie Jean(sax) 清水昭好(b) 林頼我(ds)

11/21(火) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& bar charge 800yen, drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
 https://www.apollonoise.com/
 

南博 https://minamihiroshi.com
1960年東京生まれ。1986年東京音楽大学器楽科打楽器専攻卒業。
ピアノを宅孝二、Christian Jacob、Steve Kuhnに師事。 1988年 バークリー音楽大学から奨学金を得て渡米。ボストンを拠点に活動する。1991年バークリー音楽大学パフォーマンス課程修了。1990年代からは、スイス、フランス、ドイツ、デンマークなどに活動の範囲を広げ、ヨーロッパのミュージシャンと交流、ツアーを敢行。特にデンマークのトランぺッター、キャスパー・トランバーグとの親交は深く、コペンハーゲンジャズフェスティバルを含むコンサート活動、CDなどにも参加。国内では自己のグループ「GO THERE」をメインに活動、綾戸知恵、菊地成孔、ジム・ブラック、クリス・スピード、そして伝説的ヴォーカリストの与世山澄子との共演、共同製作でも知られる。
また、2008年、オフィシャルサイトに掲載していた日記が小学館より「白鍵と黒鍵の間に」として発売後、福田和也が絶賛したことで注目を浴び、2023年に映画化が決定。他に4冊のエッセーを著している。(詳しくはBOOKSの覧を参照して下さい。)生徒には元「東京事変」小沢一葉氏、シュローダーヘッズ、渡辺シュンスケ氏など多数。

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 
 
 

 
 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

16/11/2023

“清水くるみトリオ“
清水くるみ(pf) 米木康志(b) 原大力(ds)

16/11/2023

11/19(日)【 JAZZ JAM SESSION 】

ホスト:坂本千恵(pf) 阿部泉(b) 山田祐輔(ds)

◎14:00~17:00  
◎1500yen + drink order
◎ボーカルご遠慮ください。申し訳ございません。
◎ APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #ジャズ #ジャムセッション #ジャズジャムセッション #アポロ

14/11/2023

“清水くるみトリオ“
清水くるみ(pf) 米木康志(b) 原大力(ds)

11/16(木) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& bar charge 800yen, drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
 https://www.apollonoise.com/
 


清水くるみ Shimizu Kurumi (piano)
早稲田大学モダンジャズ研究会出身。後に本田竹曠に師事する。
自己のグループとしては、80年代に都内のライヴハウスを中心に、DUOから9人編成まで多様な形態で活動。またそのころ、国安良夫(Ts)4や、松風鉱一、梅津和時、沢井原児らとの<SAX WORKSHOP>、高橋知己(Ts)4などにメンバーとして参加。R・DAVISと共演の機会も得る。

'84に初リーダー作『PICTURES』をサウンドデザイン(ポリドール)より発表。
その後、夫、渋谷毅との間に子供が生まれたのを機に活動を休止。
西荻窪アケタの店を拠点に徐々に再開。アケタでのライヴ集(1曲、浜松でのコンサートも収録) 『くるみさん』、高橋知己(Ts)とのDUOアルバム(リーダー高橋) 『RECONFIRMATION』(スイングジャーナル日本ジャズ賞の候補作となる)をAKETA'S DISKより発表。
活動再開後はLed Zeppelinの楽曲のみを演奏するZEK3(米木康志B、本田珠也Ds)・ZEK4(+林栄一As) ・ZEKオーケストラ(渡辺隆雄Tp、林栄一As、片山広明Ts、松本健一Bs、早川岳晴B、本田珠也Ds)や G.Gershwin, B.Strayhorn 等の作品を中心に演奏する米木康志(B)原大力(Ds)とのピアノトリオ、 峰 厚介(Ts)をゲストに迎えた是安則克(B)本田珠也(Ds)らとのカルテットや、津上研太(As)工藤 精(B)力武 誠(Ds)とのカルテットでリーダーを務め、メンバーとして秋山一将のセッション、松風鉱一のグループ等に参加。

現在は、ZEK3(b米木康志、ds本田珠也)、清水くるみトリオ(b米木康志、ds原大力)カルテット(s津上研太、b石川隆一、ds力武誠)をメインに、b鈴木良雄をゲストに迎えたCKTトリオ(ds本田珠也)等、様々なセッションを組む。
2016、ZEK3の初CDをリリース、各誌絶賛、アマゾンランキング1位を獲得。
https://www.hotmusic.co.jp/shimizuprofile


米木康志:1952年函館市生まれ。�大学在学中、明田川荘之トリオで演奏活動を始める。�その後、植松孝夫グループ、小田切一巳グループに在籍し、折から来日中のドラマーである ドナルド・ベイリーとともに、ハロルド・ランド(ts)、ロレツ・アレキサンドリア(vo)、と共演の機会も持つ。�その後、板橋文夫(p)、ネイティブ・サン、本田竹広(p)、北海道バンド、大野俊三(tp)、大西順子(p)との活動も行う。�現在は、大石学トリオ、ZEKトリオ、 大口純一郎トリオ等で演奏する。



原大力(はらだいりき)
1959年5月22日福岡県生まれ。
高校3年の時にドラムを始める。千葉大学入学後、本格的にドラムを学び、在学中、早稲田大学モダンジャズ研究会に入りレギュラードラマーとして活躍する。
1981年、ミッキー吉野等と知り合いプロ入り。3年間、海老沢一博氏に師事した後、87年渡米。バークリー音楽院に入学。 在学中Antonio Hart、Joshua Redman等とボストンのジャズクラブ“ウォーリーズ”で演奏を重ねる。
91年帰国。宮ノ上貴昭&スモーキン、山田穣Quartet、多田誠司Quartetのレギュラードラマーとして活躍。92年 大西順子トリオに加入。"WOW"(東芝EMI)のレコーディングに参加。�その他、北村英治“エイジ・ミーツ・スモーキン”、竹内直“ライヴ・イン・バッシュ(Live盤)”、ジャズワークショップのプロジェクト:第一弾“ザ・セクステット”、第二弾“ザ・ギグ(多田誠司の初リーダーアルバム)”、 川嶋哲朗のライヴ盤等に参加。
大西順子とは、カナダのMontreal Jazz Festivalをはじめとする北米ツアー、ニューヨークの“スウィート・ベジル”等に出演。絶賛を浴びた。
2000年大石学Trioに加入。竹内直や荒巻茂生(「ARAMAKI BAND CHANGES ONE」)、大石学(「PAINTED DESERT」)らのアルバムに参加。
2003年よりユキ・アリマサ(p)、佐藤ハチ恭彦(b)と共に、ユキアリマサTrioのドラマーとしても活動。2006年にはアルバム"Tell me where the music is"を発表。
現在、ユキアリマサTrio、大口純一郎Trio、大野えりBand、鈴木央紹等のレギュラードラマーとして、また、原大力カルテットのリーダーとして、パワフルなドラミングでJ-ジャズシーンをスウィングさせている。

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 
 
 

 
 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 12/11/2023

Axel Filip(ds) 北田学(reeds) 小金丸慧(gt) 西嶋徹(b)

11/13(月) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& bar charge 800yen, drink order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
 https://www.apollonoise.com/
 

Axel Filip https://www.axelfilip.com
アクセル・フィリップは、現在ベルリンに拠点を置くアルゼンチンのドラマー、作曲家、即興演奏家、アレンジャーです。ブエノスアイレスのマヌエル・デ・ファリャ音楽院でジャズの学士号を取得し、NTNU音楽学科(トロンハイム)、新曲音楽院(コペンハーゲン)、ベルリンジャズ研究所でヨーロッパジャズ修士号を取得しました。彼はジャズやポピュラー音楽からアルゼンチンのフォークミュージック、アバンギャルド、自由、即興まで、幅広い音楽ジャンルで知られています。

作曲家としてアクセルはジャズ、即興、詩、民俗音楽の関係を探求し、複雑でありながら本能的な感情を呼び起こすサウンドスケープを作成します。彼は自分の芸術的実践を育み、彼自身のユニークな音と言語を開発することに強い関心を持っています。

2018年にはアルゼンチンの音楽作曲家によって書かれた音楽の研究、収集、編曲、録音に焦点を当てたプロジェクトのために国立芸術財団から助成金を獲得。このプロジェクトは、ジャズの観点からアレンジされ再解釈されたアルゼンチン音楽のレパートリーを拡大するのに役立ち、各作品を即興のプラットフォームとして使用することに特に焦点を当てました。

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

10/11/2023

【対談】ジャズとブンガク、朗読と演奏、 / 南博 x 大谷能生

ブンガク者がジャズをその表現に於いて取り入れる事はある意味喜ばしい事です。
弱小分野の普及に貢献しているのですから。しかしながらその表現が、ジャズを演奏するという実際の行為からヨレてしまうと、読者にあらぬ誤解を生みやすい。特にそのブンガク者が高名であればある程、ジャズをヤルという実際の行為から遠く離れた誤解を読者に与えかねない。この切り口から、実際のジャズの現場とブンガクに於けるお飾り的乖離を明らかにする事により、本筋のジャズ表現をあからさまにすることが出来るのではないか。この対談は、そのヨレ具合を検証し、読者に与えた架空のジャズ表現を探って行く試みです。この小さな文化事業に皆様、どうぞご傾聴ください。

11/15(水) open 19:00 / start 19:30 / 2000yen + drink order
APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
南博 https://minamihiroshi.com
1960年東京生まれ。1986年東京音楽大学器楽科打楽器専攻卒業。
ピアノを宅孝二、Christian Jacob、Steve Kuhnに師事。 1988年 バークリー音楽大学から奨学金を得て渡米。ボストンを拠点に活動する。1991年バークリー音楽大学パフォーマンス課程修了。1990年代からは、スイス、フランス、ドイツ、デンマークなどに活動の範囲を広げ、ヨーロッパのミュージシャンと交流、ツアーを敢行。特にデンマークのトランぺッター、キャスパー・トランバーグとの親交は深く、コペンハーゲンジャズフェスティバルを含むコンサート活動、CDなどにも参加。国内では自己のグループ「GO THERE」をメインに活動、綾戸知恵、菊地成孔、ジム・ブラック、クリス・スピード、そして伝説的ヴォーカリストの与世山澄子との共演、共同製作でも知られる。
また、2008年、オフィシャルサイトに掲載していた日記が小学館より「白鍵と黒鍵の間に」として発売後、福田和也が絶賛したことで注目を浴び、2023年に映画化が決定。他に4冊のエッセーを著している。(詳しくはBOOKSの覧を参照して下さい。)生徒には元「東京事変」小沢一葉氏、シュローダーヘッズ、渡辺シュンスケ氏など多数。

大谷能生(おおたによしお) https://ja.m.wikipedia.org/wiki
サックス/CDJ/PCなどを組み合わせた演奏で、sim(w/大島輝之、植村昌弘)、呑むズ(w/T.美川、HIKO)、JAZZ DOMMUNISTERS(w/ N/K aka 菊地成孔)、蓮沼執太フィルその他多くのバンドやセッション、録音に参加。ソロ・アルバムの代表作はBlacksmoker RecordsからリリースされたJAZZ三部作(『JAZZ ABSTRACTIONS』(2012)、『JAZZ ALTERNATIVE』(2016)、『JAZZ MODERNISM』(2021))など。また、演劇・ダンス作品など舞台芸術にも深く関わる。

 著述作としては『憂鬱と官能を教えた学校』(2004/菊地成孔との共著)、『貧しい音楽』(2007)、『日本ジャズの誕生』(2008/瀬川昌久との共著)、『ジャズと自由は手をとって(地獄へ)行く』(2013)、『平岡正明論』(2018)、『平成日本の音楽の教科書』(2019)、『ニッポンの音楽批評150年100冊』(2021/栗原裕一郎との強調)などなど。最新作は『歌というフィクション』(2023)書き下ろし四四万字!

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

07/11/2023

“TRIO 2”
James Gilligan (Steel guitar from Melbournen)
Joe Talia (Drums from Melbournen)
Atsuko Hatano (Viola)

05/11/2023

JAM SESSION

04/11/2023

” tone momentum + “
津上研太(as) & 小林洋子(pf) ゲスト:秋元修(ds)

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 01/11/2023

南博(pf) 小橋拓弥(gt) 座小田諒一(b) 秋元修(ds)

11/9(木) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

南博 https://minamihiroshi.com
1960年東京生まれ。1986年東京音楽大学器楽科打楽器専攻卒業。
ピアノを宅孝二、Christian Jacob、Steve Kuhnに師事。 1988年 バークリー音楽大学から奨学金を得て渡米。ボストンを拠点に活動する。1991年バークリー音楽大学パフォーマンス課程修了。1990年代からは、スイス、フランス、ドイツ、デンマークなどに活動の範囲を広げ、ヨーロッパのミュージシャンと交流、ツアーを敢行。特にデンマークのトランぺッター、キャスパー・トランバーグとの親交は深く、コペンハーゲンジャズフェスティバルを含むコンサート活動、CDなどにも参加。国内では自己のグループ「GO THERE」をメインに活動、綾戸知恵、菊地成孔、ジム・ブラック、クリス・スピード、そして伝説的ヴォーカリストの与世山澄子との共演、共同製作でも知られる。
また、2008年、オフィシャルサイトに掲載していた日記が小学館より「黒鍵と白鍵の間に」として発売後、福田和也が絶賛したことで注目を浴び、すでに5冊のエッセーを著している。(詳しくはBOOKSの覧を参照して下さい。)生徒には元「東京事変」小沢一葉氏、シュローダーヘッズ、渡辺シュンスケ氏など多数。

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

31/10/2023

“DEATH RABBIT”
ビリージーン(sax) 市川空(pf) 冨樫マコト(b) 林頼我(ds)

29/10/2023

11/5(日) JAZZ JAM SESSION

ホスト:中村泰介(pf) 金澤力哉(b) 鈴木梨花子(ds)

◎14:00~17:00  
◎1500yen + drink order
◎ボーカルご遠慮ください。申し訳ございません。
◎APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
  https://www.apollonoise.com/

 
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #ジャズ #ジャムセッション #ジャズジャムセッション #アポロ

29/10/2023

南博 × 大谷能生『夜のジャズ理論講座』 vol.6 最終回

29/10/2023

メルボルンから来日中のお二方と波多野敦子のトリオ・ライブ。

James Gilligan は自身のシンガープロジェクトやギター、スチールギターの作品などメルボルンで活躍されている音楽家、 Joeさんは凄腕エンジニアでドラマーでもあり実験音楽家でもあります。そして五弦ビオラとエフェクターで参加の波多野敦子のトリオ、お見逃しなく!

“TRIO”
James Gilligan (Steel guitar from Melbournen)
Joe Talia (Drums from Melbournen)
Atsuko Hatano (Viola)

11/7(火) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

James’s bandcamp :
https://inloveonline.bandcamp.com/album/lilium-2
Joe’s bandcamp :
https://joetalia.bandcamp.com/album/tint
Atsuko’s bandcamp:
https://atsukohatano.bandcamp.com/album/cells-5

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 

 
 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 29/10/2023

“DEATH RABBIT”
ビリージーン(sax) 市川空(pf) 冨樫マコト(b) 林頼我(ds)

10/31(火) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& bar charge 800yen, drink order

ビリージーン https://z0mbilli3.livedoor.blog

 

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

28/10/2023

ハンス・コッホ / Hans Koch (clarinet)
パド・コンカ / Paed Conca (clarinet)
波多野敦子 / Atsuko Hatano (viola)
キャル・ライアル / Cal Lyall (guitar)

27/10/2023

” tone momentum + “
津上研太(as) & 小林洋子(pf) ゲスト:秋元修(ds)

11/4(土) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 

小林洋子 https://www.piano-yokokobayashi-jazz.com
福岡県出身。射手座B型。4歳の頃よりピアノのレッスンを始め、後にバロック及び現代音楽に関心を持つようになる。
�東京音楽大学ピアノ科にて鈴木恭代氏、弘中孝氏に師事、その頃よりJazz Improvisation(即興)、Composition(作曲)に興味を持つ。また、指揮法を山本直純氏、森正氏に師事、そして作曲家・三枝成彰氏のアンサンブルレッスンの専属ピアニストを務め、更に音楽表現の幅を広げる事となる。卒業後、ジャズピアノを辛島文雄氏に師事、 渋谷オーケストラ、じゃがたら、上々颱風、生活向上委員会大管弦楽団等で活躍中の吉田哲治(tp)氏率いる吉田quartet、FIVESに参加。

quartet、FIVESでの共演ミュージシャンは古澤良治郎、外山明、村上ポンタ秀一、吉野弘志、早川岳晴、山元恭介、伊藤啓太、石渡明廣、向井滋春etc.多数。その後今泉裕(ss)カルテットに参加する。メンバー津村和彦、永田利樹、望月英明、佐野康夫、藤井信雄etc.��2005年に鈴木徹大(gt)とのDuo『LITTLE THINGSⅡ』を発表。 2008年より同Duo<B・B・STREEP>を軸としてトリオ、カルテット、クインテットでの活動も始動。共演ミュージシャンは、伊藤啓太、加藤真一、藤井信雄、小山彰太、角田健、青木タイセイetc.��著書に「クラシック・イン・ジャズ」2巻・3巻(共著)があり、「コンテンポラリー・ジャズピアノ」3巻(中央アート出版)にも協力している。

津上研太
1965年 8月20日生まれ。神奈川県出身
学生時代より大友義雄氏(Sax) 、ジョージ大塚氏(Ds)に師事し、1987年ジョージ大塚 WE THREE 、古澤良治郎パパラッコバンドでプロデビュー。以来、古澤良治郎(Ds) 、山下洋輔(Pf)綾戸智絵 (Vo)、中本マリ(Vo) 、忌野清志郎(Vo) 、坂田明(Sax) 、大友良英(Gt)、上々颱風、ゴンチチ、菊地成孔、等共演したミュージシャンは多数。

現在、渋谷毅orchestra、村田陽一 orchestra、清水くるみバンド、市野元彦Time Flows等、多岐にわたるグループやセッションで活動中。

また2000年夏に旗揚げした、津上研太 (Sax) 、南博 (P) 、水谷浩章 (Bass) 、外山明 (Ds) のメンバーによるリーダーバンド「 BOZO 」では 作曲・編曲を手がけ、今まで、4枚のCDをリリースしている。  
 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 27/10/2023

ジャズ理論講座お申し込みの皆様にお伝えいたします。ご確認ください。

南博 × 大谷能生『夜のジャズ理論講座』 vol.6 最終回

日時:10月29日(日) 最終回
時間:20:00-22:00 (入店は19:30~です)
料金:3000yen + 1drink order
会場:APOLLO
東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
 https://www.apollonoise.com/

*当日は五線紙ノート(電子でも可)、筆記用具ご用意ください。

それではよろしくお願いいたします。

26/10/2023

Nate Renner(gt) 中島弘惠(pf) 三嶋大輝(b) 林頼我(ds)

& ビリージーン

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 25/10/2023

𠮷田アミ(voice) x 吉田隆一(sax)

11/1(水) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& bar charge 800yen, drink order

吉田隆一(sax) https://twitter.com/hi_doi

𠮷田アミ(よしだあみ)※𠮷は土に口  https://amiyoshida.net
音楽家。1990年頃より音楽活動を開始。2003年にソロアルバム「虎鶫」をリリース。同年、アルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。文筆家、批評家としても活躍し、小説やレビュー、論考を発表。著書に「サマースプリング」(太田出版)、小説「雪ちゃんの言うことは絶対。」(講談社)がある。近年、舞台芸術の分野へ活動を広げ、場所や演者の記憶から想起する物語を紡ぎだし、劇作家、演出家としても活躍。舞台美術、音、照明、発話に即興性を取り入れた舞台作品で注目を集めてい

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 24/10/2023

ハンス・コッホ / Hans Koch (clarinet)
パド・コンカ / Paed Conca (clarinet)
波多野敦子 / Atsuko Hatano (viola)
キャル・ライアル / Cal Lyall (guitar)

10/28(土) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order
 

ハンス・コッホ/ Hans Koch https://www.hansko.ch
ハンス・コッホは、ヨーロッパで最も革新的な即興リード奏者の一人。彼は80年代からセシル・テイラー、フレッド・フリスなどと仕事をしてきました。同時に彼は作曲家としてKoch-Schütz-Studerのサウンドを形作り、ラジオプログラムや映画音楽を制作してきました。90年代からはサックス/クラリネットの延長としてのエレクトロニクスと、サンプリング/シーケンシング/ラップトップにも取り組み、リードプレーヤーとして彼は彼自身の語彙とサウンドを表現しており、非常にユニークな存在として世界中に知られています。

パド・コンカ / Paed Conca http://www.paed.ch
波多野敦子 / Atsuko Hatano https://hatanoatsuko.com/schedule.html
キャル・ライアル / Cal Lyall https://soundcloud.com/callyall

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 23/10/2023

ZANKÔ : Shinpei Ruike (trumpet) x Setsuhi Shiraishi (calligraphie)
トランペット 類家心平 × 書家 白石雪妃

無意識化で繰り広げられる即興の音と書は、Sillage: 残り香、航跡やAfterglow: 残光のように消え残る。
音の含んだ書を展示してその残光や残香を感じ、更にパフォーマンスを重ねていくプロジェクトユニットである。

【 ZANKÔ × AKI NO IRO 】10/27
類家心平(tp) 白石雪妃(書) Yvan Knorst(gt) http://yvanknorst.com/

10/27(金) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 

類家心平:https://ruikeshinpei.com
白石雪妃 : https://setsuhi.com
Yvan Knorst(gt) http://yvanknorst.com/

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 23/10/2023

Nate Renner(gt) 中島弘惠(pf) 三島大輝(b) 林頼我(ds)

10/26(木) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 

 
Nate Renner https://www.naterennermusic.com
1985年、カナダ・サスカトゥーン市生まれ。 トロントのハンバー大学のジャズプログラムを卒業し、John Abercrombie、Don Thompson、Pat Labarberaに師事。Dave Douglasが率いたバンフセンターのJazz and Creative Music Workshopに2度出席する。 トロントやカナダ各地のミュージシャンとアンサンブルを組み演奏を重ねた。トロント大学の民族音楽学の博士号を取得。2019年秋より拠点を札幌に移し、自己のカルテット他様々なバンドで活動中。
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

22/10/2023

阿部真武(ebass) 古和靖章(gt) 白石美徳(ds)

10/24(火) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
 https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

22/10/2023

小林洋子(pf) 高橋将(eb) 角田健(ds)

10/25(水) open 19:00 / start 19:30
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
 https://www.apollonoise.com/

Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
  
 
 

小林洋子 https://www.piano-yokokobayashi-jazz.com
福岡県出身。射手座B型。4歳の頃よりピアノのレッスンを始め、後にバロック及び現代音楽に関心を持つようになる。
�東京音楽大学ピアノ科にて鈴木恭代氏、弘中孝氏に師事、その頃よりJazz Improvisation(即興)、Composition(作曲)に興味を持つ。また、指揮法を山本直純氏、森正氏に師事、そして作曲家・三枝成彰氏のアンサンブルレッスンの専属ピアニストを務め、更に音楽表現の幅を広げる事となる。卒業後、ジャズピアノを辛島文雄氏に師事、 渋谷オーケストラ、じゃがたら、上々颱風、生活向上委員会大管弦楽団等で活躍中の吉田哲治(tp)氏率いる吉田quartet、FIVESに参加。

quartet、FIVESでの共演ミュージシャンは古澤良治郎、外山明、村上ポンタ秀一、吉野弘志、早川岳晴、山元恭介、伊藤啓太、石渡明廣、向井滋春etc.多数。その後今泉裕(ss)カルテットに参加する。メンバー津村和彦、永田利樹、望月英明、佐野康夫、藤井信雄etc.��2005年に鈴木徹大(gt)とのDuo『LITTLE THINGSⅡ』を発表。 2008年より同Duo<B・B・STREEP>を軸としてトリオ、カルテット、クインテットでの活動も始動。共演ミュージシャンは、伊藤啓太、加藤真一、藤井信雄、小山彰太、角田健、青木タイセイetc.��著書に「クラシック・イン・ジャズ」2巻・3巻(共著)があり、「コンテンポラリー・ジャズピアノ」3巻(中央アート出版)にも協力している。

 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 19/10/2023

栗林すみれ(piano) & 市野元彦(guitar)

10/22(日) open 18:30 / start 19:00
Tip for musicians 1000yen~(投げ銭制1000円~)
& Bar Charge 800yen, Drink Order

栗林すみれ:https://sumirekuribayashi.tumblr.com
市野元彦:https://www.motohikoichino.com

APOLLO 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKOビルB1
H.P:https://www.apollonoise.com/
Instagram : https://www.instagram.com/apolloshimokitazawa/
Facebook : https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo/ 

 
 

 
 
 
 

 
 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

Photos from 下北沢 APOLLO(アポロ shimokitazawa apollo)」's post 18/10/2023

「下北沢の秘密基地 APOLLO / 夜のジャズ理論講座」

10/29(日) 20:00-22:00

お申込み:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfSimy2Ek7efUeL8NLez3XdZJ2z0D8MU2sUC2ULqTdLso7mAA/viewform

APOLLOのオーナーの厚遇を得て、「地下の小さな秘密基地」でジャズ理論講座を教える運びとなりました。理論講座と銘打つと仰々しいですが、ジャズの理論はクラシックの作曲法から発展したものです。使われている楽器、記譜法も全てヨーロッパにて製作され、発展したものです。そのベーシックがおろそかでは真の意味で真のジャズ理論の理解には至りません。
今回企画したジャズ理論講座は、その点を踏まえて説明していきたいと思います。

私は26年以上ジャズピアノ、音楽理論、作曲法その他をマンツーマンで教えてきました。そこで長年感じてきた事は、音楽は数学、物理等とは違い、解答がないという事です。これら答えのはっきりしている学問に比べ、音楽が決定的に違う所は、そこに音、サウンドが含まれているという点です。また、ジャズを習得する上で覚える事が沢山あるので大変だと思われている方もいらしゃいます。しかし、それらは暗記するものでは無く、大元のクラシックの知識を知り、自分で音を出してみる事により、様々なコード、ハーモニーの成り立ち、名称には意味がある事が分かってきます。自らの音を聴く事により、楽曲分析、ピアノ奏法、音楽自体の知識も深まり、習得する事も楽しくなります。ひいてはそれがジャズ理論に直結して行くのです。

初心者の方、特にピアノのみならず他楽器の方々も大歓迎です。なぜなら、ピアノという楽器と管楽器、ギター等の大切な違いも説明する事ができるからです。

ガッコウらしくない地下の秘密基地で、他では触れることの出来ない理論講座を受けてみませんか。一定の人数が集まれば夜の学校は始動します。
奮って参加して下さい。お待ちしております。


講師:南 博(みなみひろし)
ジャズ・ピアニスト。エッセイスト。一九六〇年五月十五日東京生まれ。東京音楽大学、バークリー音楽大学卒。代官山ピアノ教室運営。『MINAMI HIROSHI TRIO』他に『LUNATIC EQUINOX』『TRIAD X NEW』を主宰。CD『LIKE SOMEONE IN LOVE』『GIRL NEXT DOOR』他多数、また、AIRPLANE LEBELから,『FROM ME TO ME』『PIANOHOLIC TAKES』等をリリース。著書に『黒鍵と白鍵の間に』『鍵盤上のU.S.A.』(小学館刊)『パリス』(駒草出版)『音楽の黙示録』(アルテス出版)等がある。WEBSITE minamihiroshi.com


———


今回、南博さんのお誘いで講座のお手伝いをすることになった大谷能生です。私はジャズ理論を自身の演奏のために独学で覚えたタイプのプレイヤーであり、音大およびバークリーでビシッと教育を受けられた南さんと違って体系的に音楽を教える能力は正直持ち合わせておりません。しかし師匠ナシでやってきた分だけ、いわゆる「音楽理論」のどこが分かりにくいのか、初心者にとって躓きの石になるのはどの部分なのか、実際に「音楽」を演奏したり制作したりするために必要な能力とはなんなのか……などなどについて、色々と試行錯誤しながら実地で学んできたように思います。南さんのレクチャーを聞きながら、また少し違う角度から、音楽理論の面白さ・豊かさについて語ることが出来ればと思っております。よろしくお願いいたします。(大谷能生)

お申込み:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfSimy2Ek7efUeL8NLez3XdZJ2z0D8MU2sUC2ULqTdLso7mAA/viewform

大谷能生(おおたによしお)

 サックス/CDJ/PCなどを組み合わせた演奏で、sim(w/大島輝之、植村昌弘)、呑むズ(w/T.美川、HIKO)、JAZZ DOMMUNISTERS(w/ N/K aka 菊地成孔)、蓮沼執太フィルその他多くのバンドやセッション、録音に参加。ソロ・アルバムの代表作はBlacksmoker RecordsからリリースされたJAZZ三部作(『JAZZ ABSTRACTIONS』(2012)、『JAZZ ALTERNATIVE』(2016)、『JAZZ MODERNISM』(2021))など。また、演劇・ダンス作品など舞台芸術にも深く関わる。
 著述作としては『憂鬱と官能を教えた学校』(2004/菊地成孔との共著)、『貧しい音楽』(2007)、『日本ジャズの誕生』(2008/瀬川昌久との共著)、『ジャズと自由は手をとって(地獄へ)行く』(2013)、『平岡正明論』(2018)、『平成日本の音楽の教科書』(2019)、『ニッポンの音楽批評150年100冊』(2021/栗原裕一郎との強調)などなど。最新作は『歌というフィクション』(2023)書き下ろし四四万字!
https://ja.m.wikipedia.org/wiki

 
 
 
 

 
 
    
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
#下北沢アポロ #ライブ #下北沢ライブ #インプロ #フリーインプロ #ジャズ #フリージャズ #アポロ #下北沢

18/10/2023
18/10/2023

レオナ(tap) x 類家心平(trumpet)

17/10/2023

10/17(火) “ アントワーヌ・カラコスタス カルテット” from Paris
Pierre Bernier (ts) ピエール・ベルニエ
Antoine Karacostas (p) アントワーヌ・カラコスタス
Gabriel Midon (b) ガブリエル・ミドン
Simon Bernier (ds) シモン・ベルニエ

あなたの事業をイベント/会場のトップリストSetagaya-kuにしたいですか?
ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

Our Story

《APOLLO道順》

*まずは東口/中央口の本多劇場&ヴィレッジ・ヴァンガードを目指してください。アポロは、本多劇場&ヴィレッジ・ヴァンガードから歩いて30秒です!
 
 
 
【下北沢駅東口/中央口からの道順】
 
下北沢東口/cえを出て、目の前の道を真っ直ぐ行くと(約100m)、正面に大型スーパー 『オオゼキ』があります。(旧踏切の横。本多劇場&ヴィレッジ・ヴァンガードの斜め向かい)
 
そのスーパーマーケットの前で立ち止まってください!
 
そのスーパーの “向かって右側の出入り口” のすぐ右横に、 “細い細い裏道” があります。 *この裏道に入ってください! スーパーとauショップの間です。ここを曲がらずに直進してしまわないよう! 
 
この裏道を進んで20秒、“行き止まりの建物” の手前を右に曲がると、右手に焼肉屋さん『肉人(にくんちゅう)』があります。その焼肉屋さんの隣、地下1階がAPOLLOです。(1階は洋風居酒屋) 
駅から徒歩3分。 
 
 
 
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-9-22 EIKO下北沢ビル地下1階 

〒155-0031 B1 Eiko bldg 2-9-22 Kitazawa Setagaya-ku Tokyo Japan

《mail》 [email protected]
 
《facebook》https://www.facebook.com/XiaBeiZeBarApolloaporoShimokitazawaApollo?ref=hl

《APOLLO SCHEDULE》 http://ameblo.jp/430416apollo/entrylist.html

カテゴリー

ウェブサイト

住所


北沢2-9-22EIKO下北沢ビルB1F
Setagaya-ku, Tokyo
155-0031

Concert Venuesのその他Setagaya-ku (すべて表示)
Studio HEIM Studio HEIM
松原3-30/11
Setagaya-ku, 1560043

Gallery / Event Space / etc.

東京ノイズ 東京ノイズ
Setagaya-ku

下北沢 cafe/field 下北沢 cafe/field
代沢5-33-3 ボート代沢1A
Setagaya-ku, 155-0032

下北沢の隅っこでやってる、cafe/fieid!!

ガードアイランドスタジオ下北沢 ガードアイランドスタジオ下北沢
北沢2-13-6第一マツヤビル3F
Setagaya-ku, 155-0031

下北沢にあるアットホームなスタジオです。リラックスして落ち着いた環?

Shimokitazawa RéG Shimokitazawa RéG
世田谷区代沢5-30-10 アール下北沢B1F
Setagaya-ku, 155-0032

Live & Club Space 下北沢ReGです。

Half Moon Hall - 下北沢 Half Moon Hall - 下北沢
北沢 4-10-4 B2F
Setagaya-ku, 155-0031

An events space in Shimokitazawa, Tokyo for concerts (grand piano available), recitals, art showings

tst高村撮影交通/Takamura shoothing crew transportation/ロケバス tst高村撮影交通/Takamura shoothing crew transportation/ロケバス
玉堤2-2/13
Setagaya-ku, 158-0087

ロケバス shoothing crew transportation 

下北沢 CLUB Que 下北沢 CLUB Que
北沢2-5-2 ビッグベンビルB2F
Setagaya-ku, 155-0031

東京・下北沢で1994年にオープンしたライブハウス、下北沢CLUB Queです。

Space えんがわinn Space えんがわinn
玉川田園調布2-12/6
Setagaya-ku, 158-0085

定期的な営業としてカフェ、手芸のワークショップ、読書会や朗読会など?

下北沢MOSAiC 下北沢MOSAiC
北沢2-2/14
Setagaya-ku, 155-0031

下北沢ライブハウスMOSAiC

GOLDENBIRD records GOLDENBIRD records
代田5-33-15/201
Setagaya-ku, 155-0033

GOLDENBIRD 株式会社 (舞台、音楽、映像、パフォーマンスの製作、マネジメ

ハウジングプラザ瀬田 朝日新聞総合住宅展示場 ハウジングプラザ瀬田 朝日新聞総合住宅展示場
瀬田5丁目 20
Setagaya-ku, 158-0095

一流住宅メーカーの多彩なモデルハウスが集結、ワンランク上の「上質で?