せんだい3.11メモリアル交流館

せんだい3.11メモリアル交流館

コメント

1989年の古い家はトラムトラックのない耐洪水性の2階建てで、過去には古代の街灯柱だけがルートを照らしていました大阪1991中国が日本を爆撃しました大阪BBQが古い電球を破壊しました💡と2軒の家家は壊れていない部屋のすべてのガラス窓のライト壁は壊れていない防水線は壊れています。2003年の戦争絵画の後に斜めの耐震性を持たせるために家は修理されました1991年の家。2000年は近代的な路面電車の鉄道と高さを修理して建設しました-売り出し中の高層住宅、テナントは2階と1階の水色の壁を塗り直し、ピンク色の屋根を塗り、屋根の波形ソーラーパネルを交換し、部屋の照明を交換し、鉛と家庭用水を交換し、家の底の機器を修理します。それをチェックしてください、そして倉庫は1989.2003.2022に建てられた家を修理することを許可されていません3/2/2022
はじめに、台風19号により犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被害に遭われた方、またご家族が被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
報道されていない地域でも被害が多くあるようです。またこれから水分を多く含んだ山の土砂崩れの危険もあるようですので、二次被害がないことを祈ります。

【大切な場所=待っていてくれる人がいる場所】

映像作家の小森さんと画家で作家の瀬尾さんによるアートユニット「小森はるか+瀬尾夏美」のワークショップに参加して思う。

二人一組になり「私の地元/私の場所」についてインタビューしあい、相手の体験と言葉を共有しあった後、相手のことを私ごととして私の言葉でまとめて朗読するワークショップに参加した。

私の言葉は彼女の言葉になり、モヤモヤと曖昧だった気持ちをはっきりと言葉にしてくた。
自分の経験なのに自分のことではないような、でも気持ちを汲み取ってもらえたことに嬉しくて、違った視点で自分を知ることができた。

そこで気がついたのは、私にとっての大切な場所は「待ってくれている人がいる場所」ということ。

私も誰かにとっての「待ってくれている人」になりたい、そう思った。

アウトドア×インテリア雑貨店ENstyleで開催している「大人のための絵本の朗読会」によく来てくれていた、転勤で仙台を離れたOさん、結婚で仙台を離れたJさん、留学期間が終わって母国に帰っていったRちゃん、北海道から見守ってくれているMちゃんやYちゃんが、また仙台に来た時に絵本を読んでいるように…待っている人になっていようと思う。

10月29日(火)から12月28日(日)まで展覧会「継承のしぐさー小森はるか+瀬尾夏美ー」がせんだい3.11メモリアル交流館で開催されます。※期間中の休館日はせんだい3.11メモリアル交流館でご確認ください。
私が参加したワークショップのことも展示に加わる予定です。

震災の記憶や経験を市民のみなさまと共に考え将来にわたって伝えていくために、仙台市が開設する施設です。東部沿岸地域の現在と魅力も併せて発信します。 2011年3月11日。大きな痛みと共に、数々の大切なことを私たちの中に呼び覚ますことになったあの日を起点にして、過去を見つめ、今までを振り返りながら、これからを考え、語り合い、自由に表現する。せんだい3.11メモリアル交流館は、記憶と経験を媒介に、コミュニケーションを通じ知恵と教訓を紡ぎ出し、未来へ、世界へとつなぐ拠点です。

■開館時間
 10:00 ~ 17:00
 

通常通り開く

16/02/2022

【3/5(土)菅野正道さんによる沿岸地域のお話】
仙台防災未来フォーラムにて(先着24名【申込不要・当日会場へ】)
https://sendai311-memorial.jp/event/20220305_komainu/

3/5に仙台国際センターで開催される「仙台防災未来フォーラム」にて、メモリアル交流館の主催による講話「仙台市東部沿岸地域の歴史と記憶 ~こま犬と辿るハンドブック『海辺のふるさと』より」を開催いたします。
講師は郷土史家・元仙台市史編纂室長の菅野正道さん。当館で制作したハンドブック「海辺のふるさと」の著者でもあります。


クロマツの林を貞山堀が貫き、半農半漁の暮らしもあった個性豊かな海辺の村々。
土地の風習や伝承を伺って、小さな祠や石碑を巡りながら、絵図や航空写真を資料に作った2021年3月発行ハンドブック『海辺のふるさと』を紹介し、この地の歴史を辿ります。

ぜひご参加ください。

-------------------
仙台防災未来フォ-ラム2022「発表」プログラム
講話 仙台市東部沿岸地域の歴史と記憶
~こま犬と辿るハンドブック『海辺のふるさと』より

令和4年(2022年)3月5日(土)
11:00 – 12:15

●会場  仙台国際センター 展示棟 会議室3-A
(地下鉄東西線国際センター駅下車)

●定員  先着24名【申込不要・当日会場へ】・参加無料
(当日お名前とご連絡先をお伺いします)
      
●講師   菅野正道氏
(『海辺のふるさと』執筆者・郷土史家・元仙台市史編纂室長)

———–

【お問合せ先】
*ハンドブックは「行ってみようMAP」付き交流館にて800円で販売しています。当日は、会場でも販売します。

せんだい3.11メモリアル交流館〔地下鉄東西線荒井駅舎内〕
[TEL]022-390-9022

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 15/02/2022

【おかげさまで無事に終了しました!】
企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」
https://sendai311-memorial.jp/feature/voice/

おかげさまで、10月9日から約4か月の長きにわたって開催してきた企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」ですが、2月13日に最終日を迎えました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!
無事に撤収も終了しております。

会期中には「海辺のふるさとツアー『バスでめぐる高砂の旅』」、3回のリーディング公演なども開催いたしました。

本展覧会をつくるためにご協力いただいた地域のみなさま、展覧会制作にかかわっていただいた専門家のみなさまに改めて御礼申し上げます。

展示会場で上映した映像の一部はせんだいチューブで公開しています。
ぜひご覧ください。

■「笠神様」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=0PMg-_7CDTc

■「子育て地蔵」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=KsFSgzM91fs

■「赤沼の白蛇」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=ViisZsA1p9c

■「スサナの森」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=dQ9HJ25O07U

■「大杉の怪/狢(むじな)の化けた糸巻き婆さん」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=19pz_h8_2Ig

■「荒浜 狐塚」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=PodzgAjyips

---------------------

主催 せんだい3.11メモリアル交流館

舞台ディレクション・朗読構成・演出/髙橋菜穂子
空間デザイン・イラスト/大沢佐智子
映像・録音/福原悠介
映像照明/柴成美
印刷物デザイン/高橋功二
パネルデザイン/川村智美
製作/FACTORY・K

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 14/02/2022

【展示中 かえりびな ― 「東日本大震災を忘れない」を伝えていく】
https://sendai311-memorial.jp/event/kaeribina202202/

2/8から、仙台かえりびなの会の展示がはじまっております。3/11まで開催いたします。
2/19にはかえりびな作りのワークショップも開催いたします。(詳細は以下をご覧ください)

-----------------------
【展示】かえりびな ― 「東日本大震災を忘れない」を伝えていく

期間 2022年2月8日(火)~3月11日(金)
会場 せんだい3.11メモリアル交流館 1階交流スペース
観覧無料

震災で行方不明になった方の期間を願って、「かえりびな」と、つるし桃飾りを展示します。

-----------------------
【関連企画】かえりびな作り

着物の古布と帯で作ったキットで、かえりびなを作ります。

●2022年2月19日(土) 
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:00~15:00

●会場 せんだい3.11メモリアル交流館 1階交流スペース

●定員 各回10名程度(要申込・先着)

●費用 各1,000円(材料費)

●持参物 裁縫セット、千枚通し、水
また、マスクの着用をお願いいたします。

●お申込み
2月6日(日)10:00より
電話  090-2977-3438 (津田)

「声」に着目 仙台東部沿岸の伝承がテーマの企画展・・・昭和30年代の有線放送も(khb東日本放送) - Yahoo!ニュース 12/02/2022

「声」に着目 仙台東部沿岸の伝承がテーマの企画展・・・昭和30年代の有線放送も(khb東日本放送) - Yahoo!ニュース

【KHB東日本放送で報道されました】
企画展「 Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」
展示は明日2/13(日)まで!
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e3a0ba90613dcc36ed2d4615aa6c4d3271e8ed5

昨日2/11に、KHB東日本放送に、企画展「Voice」をご取材いただきました。
七郷地区の有線放送など詳しく取り上げていただいています。ぜひご覧ください。

展示は明日2/13(日)がとうとう最終日!
まだの方も、もう一回見たい方もお待ちしております!

---------------------
せんだい3.11メモリアル交流館 企画展
Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語 
https://sendai311-memorial.jp/feature/voice/

2021年10月9日(土)~2022年2月13日(日)
10:00~17:00
会場 せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室【地下鉄東西線荒井駅舎内】
入館無料

「声」に着目 仙台東部沿岸の伝承がテーマの企画展・・・昭和30年代の有線放送も(khb東日本放送) - Yahoo!ニュース  津波で被災した仙台市の沿岸地域にまつわる「伝承」をテーマにした展示が若林区で開かれています。

11/02/2022

【2/20(日)オンライン開催】
仙台市職員の自主的研究グループTeam Sendaiによる朗読イベント(配信のみとなります)
https://sendai311-memorial.jp/event/teamsendai202202/

**************************
【あれから11年スペシャル★プレイベント 職員はライフライン ~朗読と写真で伝える仙台市職員の震災体験】

-------
東日本大震災からもうすぐ 11 年 。
仙台市職員の自主的研究グループTeam Sendai (ちーむせんだい)が 、あの日、あの時のことを「朗読」や「 写真 」でイメージ豊かに伝えます。ぜひ、現場のリアルを疑似体験してみませんか。
(オンライン配信のみとなりますのでご注意ください)

■2022年2月20日(日)
時間 :午後 13 時 30 分~ 15 時 10 分

■開催方法 ZOOM によるオンライン開催
(せんだい3.11 メモリアル交流館 より配信)

■「Peatix 」よりお申し込みください。
https://aresupe11pre memokan.peatix.com
【申込受付  2/6 (日)~ 2 15 (火) 17 時 まで 】

問合せ:e mail にて bon [email protected] まで

-------
主催 Team Sendai &あれから 11 年スペシャル実行委員会
協力  せんだい 3.11 メモリアル交流館

【企画展】 Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語 11/02/2022

【企画展】 Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語

【本日2/11(金) KHB東日本放送 16:30からのニュースで「Voice」の取材映像が放映されます】
ぜひご覧ください。

企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」は、今週2/13(日)までとなります。
https://sendai311-memorial.jp/feature/voice/

ぜひ足をお運びください。

【企画展】 Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語  

「荒浜 狐塚」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ) 10/02/2022

「荒浜 狐塚」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)

【企画展「Voice」 七郷編の朗読動画が公開】
俳優の芝原弘さんによる朗読です
2本の動画が公開されています。お楽しみください。
-----------
「大杉の怪/狢(むじな)の化けた糸巻き婆さん」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=19pz_h8_2Ig

-----------
「荒浜 狐塚」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=PodzgAjyips

-----------

昨年10/9から約4か月にわたって開催した展覧会「Voice」も、今週2/13(日)が最終日となります。
現在は、仙台の俳優、小出天リさんによる高砂編の朗読映像を展示しています。
残りわずか、ご来場おまちしております!

------------------
せんだい3.11メモリアル交流館 企画展
Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語 
2021年10月9日(土)~2022年2月13日(日)
10:00~17:00
会場 せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室【地下鉄東西線荒井駅舎内】
入館無料
主催 せんだい3.11メモリアル交流館
舞台ディレクション・朗読構成・演出/髙橋菜穂子
空間デザイン・イラスト/大沢佐智子
映像・録音/福原悠介
映像照明/柴成美
印刷物デザイン/高橋功二
パネルデザイン/川村智美
製作/FACTORY・K

「荒浜 狐塚」の物語(3.11メモリアル交流館・Voiceシリーズ) 若林区七郷地域の荒浜(あらはま)地区に伝わる物語「荒浜 狐塚」を、仙台在住の俳優「芝原弘」さんが朗読したものです。せんだい3.11メモリアル交流館で開催中の企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」では.....

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 09/02/2022

【今週2/12(土)開催 予約受付中!】
「猫の芋版をつくろう!」
https://sendai311-memorial.jp/event/imoban2022/

2月22日は「猫の日」として親しまれています。まもなく訪れる猫の日に合わせて、仙台市の沿岸部で活動している手芸サークル「マートル」の方々に教わりながら、猫をモチーフにしたオリジナル芋版をつくりましょう。
イモも準備しました、みなさまのご参加お待ちしています~!

**********
日時/2月12日(土)10:30~12:00
会場/せんだい3.11メモリアル交流館

教えてくれる人/手芸サークル「マートル」
定員/先着15名程度
参加費/300円(材料費)
持ち物/特になし

---------
参加方法/電話またはメールにてお申込みください

申込時の必要事項 
①イベント名、②氏名、③電話番号

申込み先(問い合わせ先)/
電話 022-390-9022
Eメール [email protected]

--------
※十分な感染症対策を講じた上で実施します。参加される際は、マスクの着用とアルコール消毒、検温ヘのご協力をお願いいたします

08/02/2022

【次回企画展のお知らせ】3/1~6/19
「おらほのアルバム ~縁側で見るまちのオモイデ写真~」
***********
本日の読売新聞宮城県版にも告知記事が掲載されました。

仙台沿岸部震災前の姿を 3・11メモリアル交流館  生活収めた写真募集 来月から企画展
https://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20220207-OYTNT50193/
***********

現在開催中の企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」、2/13で終了します。
その次の展覧会は、3.11オモイデアーカイブさんとの協働企画で、震災前の写真を展示いたします。
写真は、市民の方からご提供いただいた写真を中心に展示いたします。

写真の募集は継続しておこなっており、会期中も募集を続け、展示は随時更新いたします。
https://sendai311-memorial.jp/event/engan_photo_boshu/

詳細情報は追ってお知らせいたします。
お楽しみに!

----------------
企画展「おらほのアルバム ~縁側で見るまちのオモイデ写真~」

会期 2022年3月1日(火)~6月19日(日)
会場 せんだい3.11メモリアル交流館 企画展示室

震災前に仙台市東部沿岸地域で撮影された風景や生活の写真を、市民の方からご提供いただいた写真などから展示いたします。会期中も写真のご提供を受け付けます。
入場無料。ぜひお越しください。

-----
主催 せんだい3.11メモリアル交流館
共同企画 3.11オモイデアーカイブ
http://sendai-city.net/

-----
投稿写真は1989(平成元)年5月31日丸安商店前(荒浜)。
(吉田安子さん/提供)
所蔵/3.11オモイデアーカイブ

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 07/02/2022

【今週2/13(日)まで!】
企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語
https://sendai311-memorial.jp/feature/voice/

昨年10/9から約4か月にわたって開催した展覧会「Voice」も、今週2/13(日)が最終日となります。
六郷・七郷・高砂と3期にわけた映像展示、3回のリーディングライブも行い、各地域の伝承や民話をご紹介してきました。
現在は、仙台の俳優、小出天リさんによる高砂編の朗読映像を展示しています。

展示映像やリーディング記録はウェブ上で公開を予定しておりますが、その他の展示物については、展覧会会場のみでご覧いただけるものとなります。まだご覧になっていない方は、残りわずかではありますが、ぜひ会場へ足をお運びいただければと思います。
みなさまのご来場、お待ちしております!

------------------
せんだい3.11メモリアル交流館 企画展
Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語 

2021年10月9日(土)~2022年2月13日(日)
10:00~17:00

会場 せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室【地下鉄東西線荒井駅舎内】
入館無料

主催 せんだい3.11メモリアル交流館

舞台ディレクション・朗読構成・演出/髙橋菜穂子
空間デザイン・イラスト/大沢佐智子
映像・録音/福原悠介
映像照明/柴成美
印刷物デザイン/高橋功二
パネルデザイン/川村智美
製作/FACTORY・K

とうほくえきものがたり:荒井駅 仙台 「震災」付箋で共有 | 毎日新聞 06/02/2022

とうほくえきものがたり:荒井駅 仙台 「震災」付箋で共有 | 毎日新聞

2/6毎日新聞宮城県版で、荒井駅およびメモリアル交流館が紹介されました
https://mainichi.jp/articles/20220206/ddl/k04/040/014000c

2/6毎日新聞宮城県版にメモリアル交流館の紹介記事が掲載となりました。当館職員の花淵みどりさんも取材されインタビューに答えています。

紙面に掲載されているほか、ウェブ上の記事は有料となっております。

とうほくえきものがたり:荒井駅 仙台 「震災」付箋で共有 | 毎日新聞  <東北駅物語>  仙台市地下鉄東西線の東の終着駅・荒井駅(同市若林区)は、市内の地下鉄駅で最も海に近く、東日本大震災で津波が押し寄せた沿岸部への「玄関口」となっている。駅構内には震災伝承施設「せんだ.....

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 05/02/2022

【2/6(日)10:00より予約開始】
仙台かえりびなの会 かえりびな作り
https://sendai311-memorial.jp/event/kaeribina202202/

要事前予約となります。
ご参加お待ちしています。

------------------------------
【関連企画】かえりびな作り
着物の古布と帯で作ったキットで、かえりびなを作ります。

●2022年2月19日(土) 
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:00~15:00

●会場 せんだい3.11メモリアル交流館 1階交流スペース

●定員 各回10名(要申込・先着)

●費用 各1,000円(材料費)

●持参物 裁縫セット、千枚通し、水
また、マスクの着用をお願いいたします。

●お申込み
2月6日(日)10:00より

電話  090-2977-3438 (津田)
(AM9時~12時または夕方6時以降ご連絡下さい )

---------------------
仙台かえりびなの会の展示は、2022年2月8日(火)~3月11日(金)で実施いたします。

04/02/2022

【2月6日(日)10:00より予約受付】
「猫の芋版をつくろう!」
https://sendai311-memorial.jp/event/imoban2022/

2月22日は「猫の日」として親しまれています。まもなく訪れる猫の日に合わせて、仙台市の沿岸部で活動している手芸サークル「マートル」の方々に教わりながら、猫をモチーフにしたオリジナル芋版をつくりましょう。

**********
日時/2月12日(土)10:30~12:00
会場/せんだい3.11メモリアル交流館

教えてくれる人/手芸サークル「マートル」

定員/先着15名程度

参加費/300円(材料費)
持ち物/特になし

---------
参加方法/2月6日(日)10:00より電話またはメールにてお申込みください

申込時の必要事項 ①イベント名、②氏名、③電話番号

申込み先(問い合わせ先)/
電話 022-390-9022
Eメール [email protected]


--------
※十分な感染症対策を講じた上で実施します。参加される際は、マスクの着用とアルコール消毒、検温ヘのご協力をお願いいたします。

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 03/02/2022

【本日スタート!2/27(日)まで】
「海辺の写真展ー荒浜とともに歩んだ10年」
https://sendai311-memorial.jp/event/2022umibe-photo/

現在の荒浜の風景写真の展示を行うほか、10年間続けてきた「海辺の写真展」の活動を振り返ります。
屋上のテラスも使って、たくさんの写真を展示しています。ぜひお越しください。

-------
会期 2022年2月3日(木)~27日(日)
会場:せんだい3.11メモリアル交流館 3F展望ギャラリーほか

-------
主催 海辺の図書館
協力 せんだい3.11メモリアル交流館

03/02/2022

メモリアル交流館も協力している、地底の森ミュージアムの「石っていろいろ!」展。
今週2/6(日)には、鳴り砂のイベントを予定していましたが、感染拡大防止のため中止となりました。残念です。
次回は3月6日(日)10:00~16:00を予定しています。次は開催できるとよいですね。

鳴り砂のイベントはなくなりましたが、砂の展示はしています。荒浜をはじめ、仙台湾の鳴り砂を見ることができますので、ぜひ展示に足をお運びください。

「石っていろいろ!」展覧会のページ
http://www.sendai-c.ed.jp/~bunkazai/~chiteinomori/guidemap/exhibition/index.html#cat01

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 02/02/2022

【2/13(日)までとなりました 
展覧会「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」】
https://sendai311-memorial.jp/feature/voice/

会期終了の2/13までは、俳優の小出天リさんが、高砂地区に伝わる民話・伝承を語る映像を会場で上映しています。約18分の映像です。

会期はあと2週間となりました。
ご来場お待ちしています。

----------------------
せんだい3.11メモリアル交流館 企画展
【Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語】

2022年2月13日(日)まで
10:00~17:00

休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)

会場 せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室【地下鉄東西線荒井駅舎内】

入館無料

--------------------------
主催 せんだい3.11メモリアル交流館

舞台ディレクション・朗読構成・演出/髙橋菜穂子
空間デザイン・イラスト/大沢佐智子
映像・録音/福原悠介
映像照明/柴成美
印刷物デザイン/高橋功二
パネルデザイン/川村智美
製作/FACTORY・K

01/02/2022

【2月7日(月)10:00から受付開始
 メモリアルコンサート 2/11(金・祝)】
https://sendai311-memorial.jp/event/memocon202220211/

東日本大震災から10年―
あの日への祈りと、未来への希望をこめて
メモリアルコンサート

2022年2月11日(金・祝)
1回目 12:30~13:00
2回目 14:00~14:30

会場 せんだい3.11メモリアル交流館(地下鉄東西線荒井駅内)

入場無料・予約制〈各回20席限定〉
※感染症予防対策のため予約制とします。1回目と2回目は同じプログラムです。

出演  ピアノ 大岩千華

曲目  ドビュッシー  月の光
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ8番「悲愴」  ほか

---------------
◆ご予約 
2月7日(月)10:00から受付開始

電話 022-797-0233(音楽の力による復興センター)

※お申込みは2名様まで(受付は平日10:00~17:00)

---------------
新型コロナウイルス感染症予防対策として、ご予約時にお名前と電話番号をお伺いします。
座席の間隔を広めに確保しています。
ご来場の際はマスクの着用と手指の消毒・検温にご協力ください

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 30/01/2022

【定点観測】
寒さは変わりませんが、少しずつ日が長くなってきているのを感じるメモリアル交流館の屋上庭園です。
来月2/3(水)から、3階展望ギャラリーで開催される「海辺の写真展」では、この屋上庭園にも作品が展示されます。お楽しみに!
そして2階の企画展示室で10月から開催中の企画展「VOICE~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」は、2/13(日)までの開催となっております。
皆様のご来館をお待ちしております!

29/01/2022

【1/29(土)河北新報朝刊
 震災前の写真募集の情報が掲載されました】

本日1/29の河北新報朝刊19面に、「震災前しのぶ1枚を」という見だしで、仙台市沿岸部の震災前の写真募集についての記事を掲載いただきました。
みなさまもぜひお持ちの写真がありましたら、ご提供の検討をいただければ有難いです。
なにげない風景写真が、誰かにとっては懐かしい1枚になる可能性があります。

写真の詳しい募集情報は以下リンクからご覧ください。
https://sendai311-memorial.jp/event/engan_photo_boshu/

写真は、3月から始まる企画展「おらほのアルバム ~縁側で見るまちのオモイデ写真~」で活用させていただきます。3.11オモイデアーカイブさんと共同企画する展覧会です。お楽しみに。

—————————————–
お問い合わせ
せんだい3.11メモリアル交流館
電話/022-390-9022
メール/[email protected]

佐藤健・神木隆之介『みやぎから、』 | NHK出版 28/01/2022

佐藤健・神木隆之介『みやぎから、』 | NHK出版

3/4発売の書籍「みやぎから、」。
俳優の佐藤健さんと神木隆之介さんが昨年ご来館し、取材されました。書籍は3/4発売です

この書籍では宮城県各所をご取材されています。
書籍の特設リンクはこちらです。
https://www.nhk-book.co.jp/pr/book/000000818952022/index.html

「みやぎから、」  
[著] 佐藤 健 [著] 神木 隆之介
NHK出版
定価:1,980円(本体1,800円)
発売日 2022年03月04日
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000818952022.html

-------------
目次

第1章 「それぞれの記憶」――せんだい3.11メモリアル交流館
第2章 「祈りを込めて」――鳴海屋紙商事株式会社/行山流水戸辺鹿子躍
第3章 「土地の力を感じる」――すみやのくらし/化石発掘体験
第4章 「つくり続ける意志」――佐野美里/本郷だるま屋
第5章 「ミュージアムの使命」――石ノ森萬画館/くりでんミュージアム
第6章 「海を知る水産を知る」――フィッシャーマン・ジャパン/鶴亀の湯・鶴亀食堂
旅のアルバム
旅を終えて
アクセスガイド

佐藤健・神木隆之介『みやぎから、』 | NHK出版 【佐藤健・神木隆之介】数々の出会いから見えてくる、宮城・東北のいま。ビジュアル対話集『みやぎから、』予約開始!

「おらほのアルバム」見て語ろう 震災前の写真や映像、収集へ | 毎日新聞 27/01/2022

「おらほのアルバム」見て語ろう 震災前の写真や映像、収集へ | 毎日新聞

【3月の展覧会に向けた写真募集の記事が毎日新聞宮城県版に掲載されました】

1/27(木)毎日新聞宮城県版
「おらほのアルバム」見て語ろう 震災前の写真や映像、収集へ
https://mainichi.jp/articles/20220127/k00/00m/040/034000c

3月1日からスタートする次回企画展「おらほのアルバム~縁側で見るまちのオモイデ写真~」に向け、メモリアル交流館では震災前の仙台市沿岸部の写真を集めています。

募集内容については、詳しくは以下のページでご説明しています。
https://sendai311-memorial.jp/event/engan_photo_boshu/

本当に何気ない風景、家族写真などでも結構です。
お持ちの方は、ご提供よろしくお願いいたします。

「おらほのアルバム」見て語ろう 震災前の写真や映像、収集へ | 毎日新聞  東日本大震災から11年となるのを前に、仙台市若林区の「せんだい3・11メモリアル交流館」が、震災前に同市の沿岸部で撮影された写真や映像の提供を呼びかけている。3月から同館で開く展覧会「おらほのアルバム~縁側...

Photos from せんだい3.11メモリアル交流館's post 26/01/2022

今週1/29(土)13:30~15:30 
【参加者募集!】荒浜の冬の音・四方山話 「新しい年に聴こえる音」
https://sendai311-memorial.jp/event/20220129-mimioto/

音の専門家や荒浜で生活していた方の話を聴きながら、音に着目し地域資源(=地域の宝物)を再発見する座談会「耳の記憶/音の記録 四方山話」。
車座になりながら、参加者の皆さんが持ち寄った話にみんなで聴き耳を立てていきます。今回のテーマは「冬の荒浜の音」。ぜひ、冬の音の思い出話を携えてご参加ください!聴くだけのご参加も、もちろん大歓迎です!

【日時】2022年1月29日(土) 13:30~15:30
【会場】せんだい3.11メモリアル交流館 1階交流スペース
(仙台市若林区荒井字沓形85-4/022-390-9022)
【参加費】無料(申込不要・直接会場へ)

------------------------------------
主催:福島大学共生システム理工学類永幡研究室
企画:耳の記憶/音の記録 企画チーム
永幡幸司(福島大学)
三浦忠士(海岸公園冒険広場/荒浜のめぐみキッチン/東北生活文化大学 非常勤講師)
田澤紘子(暮らしの採集室)
https://www.facebook.com/mimioto.record

協力:せんだい3.11メモリアル交流館

#初日の出 #元朝参り #冬鳥の飛来 #やーへやーへ #七草 #チャセゴ #鳥追い #成木ぜめ #春の準備 #餅つき #竹スケート #節分 #八大龍王の祭り #凧あげ

25/01/2022

【1/24(月)河北新報夕刊「街で会いましょう」で企画展「Voice」を取り上げていただきました】

河北新報夕刊に毎週掲載されている、佐藤ジュンコさんのマンガ「街で会いましょう。
昨日は当館で2/13まで開催中の企画展「 Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」を取り上げていただきました。

Voiceで取り扱っている個別の内容だけでなく、展覧会がテーマとしている伝承や記憶、交流についても考察を深められていています。当館のこれからの活動にもヒントをいただいたような内容でした。ありがとうございます!

企画展「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」ウェブページ
https://sendai311-memorial.jp/feature/voice/

ビデオ (すべて表示)

【井土メダカ】
荒浜のめぐみキッチン 竹鉄砲
【1F交流スペース立体地図の映像を更新しました】仙台東部エリアの立体地図に格納されている「東部地域360°パノラマ」に、2016年11月にドローンで撮影した映像を追加しました(この映像は藤塚地区の五柱神社です)。震災から5年8ヶ月が経過した...
せんだい3.11メモリアル交流館 開館記念展記録 360度VR動画

電話番号

ウェブサイト

住所


若林区荒井字沓形85-4
Sendai, Miyagi
984-0032

営業時間

火曜日 10:00 - 17:00
水曜日 10:30 - 17:00
木曜日 10:00 - 17:00
金曜日 10:00 - 17:00
土曜日 10:00 - 17:00
日曜日 10:00 - 17:00

その他 Sendai 芸術とエンターテイメント (すべて表示)
yoshiemoriuchi_artworks yoshiemoriuchi_artworks
宮城県
Sendai

一般財団法人SCSミュージカル研究所 一般財団法人SCSミュージカル研究所
青葉区一番町1丁目4-30
Sendai, 980-0811

創作ミュージカルの制作・上演・指導 Musical Theatre Production

ハンドメイド ハンドメイド
Sendai

主にインスタ配信しています!

ギャラリーチフリグリ ギャラリーチフリグリ
宮城野区五輪1-11-12
Sendai, 983-0842

貸し画廊、ワークショップ、パフォーマンス、ダンス、映像、音楽、舞台

古美術八光 仙台店 古美術八光 仙台店
青葉区中央2-3-21 イブブリアンビル 2F
Sendai, 9800021

八光堂仙台店は、全国初となるブランド品買取「なんぼや」仙台クリスロード店と合同出店店舗。 骨董品や美術品から着物まで様々なお品の高価買取を実施しています。

Sisaret シサレット Sisaret シサレット
太白区鹿野3丁目12-21-209
Sendai, 9820023

SISARET『シサレット』とはフィンランド語で姉妹の意味です。 姉妹二人の大好きな毛糸で帽子.靴下.ハンドウォーマー.ドッグセーター等を編んでいます。

SHION SHION
Sendai, 9820841

お声が掛かれば全国どこへでも出張いたします。婚礼・七五三・成人式・?

画材販売.jp 画材販売.jp
若林区卸町2-8-3
Sendai, 9840015

http://www.gazaihanbai.jp 画材販売jp公式Facebookページ

MAHARAJA SENDAI MAHARAJA SENDAI
青葉区国分町2-14-1
Sendai, 980-0803