七道駅

七道駅(しちどうえき)は、大阪府堺市堺区鉄砲町にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK10。駅構造島式1面2線のホームを持つ高架駅である。ホームは3階、改札口は1階にある。1番線側大和川寄りの道路を越えたあたりに、地上線時代の線路跡が若干残されている。利用状況「大阪府統計年鑑」によると、2015年(平成27年)度の1日平均乗降人員は8,328人である。近年の1日利用状況推移は下記の通り。歴史 1917年(大正6年)4月21日 - 南海鉄道の住ノ江駅 - 堺駅間に新設。 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。 1983年(昭和58年)7月3日 - 上り線のみ高架化。 1985年(昭和60年)5月7日 - 高架化完成。駅周辺駅西側にロータリーがあり、河口慧海の銅像が立てられている。駅東側は鉄砲遠打場のあった七道浜で、堺市街の北西端となる。当駅高架下を2本の道路が横断しているが、改札のある南側の道路を東へ行くとすぐ、内川に架かっていた江川橋跡になり、そこから東が堺市街となる。江戸時代には現在の北旅籠町西・桜之町西・綾之町西・錦之町西の中浜筋沿いに鉄砲鍛冶が多く居住しており、北旅籠町西には非公開だが鉄砲鍛冶屋敷が現存している。高架下を横断する北側の道路は土居川と呼ばれる環濠の北部分を埋め立てた道路で、西から千日橋、北之橋(大道筋)、稲荷橋が架かっていた。千日橋は千日井と呼ばれる井戸に由来し、行基建立の高渚寺(たかすでら)の井戸と伝わる。高渚寺は現存しないが、諸説ある七道の地名由来のひとつに高渚寺の七堂伽藍説がある。堺市街の北東端に近い稲荷橋跡には、鬼門封じとして鉄砲鍛冶の芝辻理右衛門によって勧請された高須神社(たかすじんじゃ)という稲荷社が現在も鎮座する。

カテゴリー

住所


Sakai-shi, Osaka

輸送サービスのその他Sakai-shi (すべて表示)
有限会社軽貨物急送 有限会社軽貨物急送
堺区材木町西1-1-22
Sakai-shi, 590-0941

大阪で軽貨物運送なら堺市の有限会社軽貨物急送へおまかせ下さい。緊急チャーター配送やスポット輸送、企業専属の定期便が主な業務です。 #有限会社軽貨物急送 #軽貨物 #大阪 #堺 #運送 #

堺駅 堺駅
堺区戎島町3-22
Sakai-shi, 590-0985

泉ケ丘駅 泉ケ丘駅
南区竹城台一丁目一番1号
Sakai-shi, 590-0105

中百舌鳥駅 中百舌鳥駅
堺市北区中百舌鳥町2-196
Sakai-shi, 591-8023

白鷺駅 白鷺駅
北区金岡町1150番地1
Sakai-shi, 591-8022

三国ヶ丘駅 三国ヶ丘駅
堺区向陵中町2丁7番
Sakai-shi, 590-0024

北花田駅 北花田駅
大阪府
Sakai-shi, 591-8002

諏訪ノ森駅 諏訪ノ森駅
西区浜寺諏訪ノ森町西二丁78番地
Sakai-shi, 592-8347