汐見橋駅

汐見橋駅(しおみばしえき)は、大阪府大阪市浪速区桜川三丁目8番74号にある、南海電気鉄道高野線(汐見橋線)の駅。駅番号はNK06-5。南海電鉄では最も北に位置する駅である。駅構造高野線の起点駅となっており、頭端式(島式)1面2線のホームを持つ地上駅である。ホームは2番線まであるが、大半の列車は1番線に発着する。かつては貨物専用ヤードも併設していた。高野線の起点であり、1985年に大阪市の都市立体交差事業が行われる以前は、岸ノ里駅(現・岸里玉出駅)以南と直通していたため、当駅から高野線本線との一部区間運転電車が存在していたが、立体交差事業の実施後は線路が分断されたため直接高野線本線に乗り入れることが不可能となり、それ以後高野線本線は難波駅から岸里玉出駅まで南海本線を経由して極楽橋駅に乗り入れる電車のみとなった。このため当駅からは岸里玉出駅との区間運転の電車だけが運転されており、事実上は支線である。駅舎はホームの北端に接している。自動改札機はあるが、自動精算機はないため、精算が必要な時は駅員に申し出なければならない。駅舎内には昭和30年代当時の「南海沿線観光案内図」が近年まで現存していたなど、随所にターミナルの名残りがみられる。なおこの案内図には「この案内図は昭和30年代のものです。(現在の沿線案内については係員におたずねください)」との断り書きがあった。劣化が進み一部剥落するなどしたため(下の写真参照)、南海電鉄は2016年3月1日に案内図を撤去・廃棄した、とされていたが、その後2016年10月29日に開催された「南海電車まつり」にて、小分けにされ販売されていたことが判明している。この他、コンコース中央にある出札口も残されているが、現在は封鎖されている。駅名標も駅番号をシールで追記したのみで旧来の手書きで書かれたスタイルが長い間残されていたが、2016年7月現在は駅番号入り(次駅の芦原町駅の番号も表記)で中国語・韓国語併記の現行デザインに更新されている(ラインカラーは高野線の緑色)。 トイレは改札内にあり、男女共用の水洗式便器が設置されている。1993年(平成5年)4月18日から1995年(平成7年)8月24日までは、岸里玉出駅の高野線側の高架化工事により、レールがどの路線とも接続していなかった。そのため、ほとんど使用されることのない2番線に当時すでに廃線になった天王寺支線の天王寺駅にあった検修用の設備をそのまま移転させて使用の上検修用の車庫とし、さらにフェンスで覆って乗客が全景を眺められないようにしてあったが、改札口付近に立てばその検修用車庫に停まっている車両を眺めることができた。

通常通り開く

カテゴリー

電話番号

住所


浪速区桜川三丁目8番74号
Osaka, Osaka

営業時間

月曜日 06:10 - 22:45
火曜日 06:10 - 22:45
水曜日 06:10 - 22:45
木曜日 06:10 - 22:45
金曜日 06:10 - 22:45
土曜日 06:10 - 22:45
日曜日 06:10 - 22:45
輸送サービスのその他Osaka (すべて表示)
東淀川駅 東淀川駅
淀川区宮原 2丁目3番17
Osaka

NEXT co., ltd NEXT co., ltd
大阪市平野区長吉出戸1-11-55
Osaka, 547-0011

東南アジア各国へ向けて日本国内で、不要になった古着や中古家具、雑貨等を回収し、現地でまた新たな命として再利用出来るように輸出を行っております。

動物園前駅 動物園前駅
西成区太子1-6-12
Osaka

千船駅 千船駅
Osaka

帝塚山駅 帝塚山駅
住吉区帝塚山西一丁目5番8号
Osaka, 558-0052

寺田町駅 寺田町駅
天王寺区大道4ー11ー21
Osaka, 543-0052

東三国駅 東三国駅
淀川区東三国一丁目
Osaka

中崎町駅 中崎町駅
北区
Osaka

芦原橋駅 芦原橋駅
浪速区浪速東1-3-22
Osaka, 556-0025

西日本JRバス West Japan JR Bus 西日本JRバス West Japan JR Bus
此花区北港1丁目3-23
Osaka, 554-8510

大家好,我們是JR西日本巴士(客運)。 我們營運由日本京都、大阪、神戶、金澤為起點的高速巴士。