旧石井県令邸

旧石井県令邸

コメント

岩手日報に本展覧会「コズビ」の記事が掲載されました。

連日たくさんの方にご来場いただき嬉しい限りです。

本日も11時から18時まで開場しています。
よろしくお願いします。
11時から会場しています。よろしくお願いします🙌

旧石井県令邸は現在アートスペース・撮影スタジオとして使用されております。

旧石井県令邸はキンダーホーム保育園の看板が目印です。

旧石井県令邸Mail
[email protected]

通常通り開く

11/04/2021

学生3.11アートプロジェクト 「HOME 〜あの時を刻んで〜」宍戸清孝写真展、終了いたしました。ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
次回の開館日は5月13日からとなります。

11/04/2021

佐藤慧さん インタビュー【寄り添う写真、伝える写真】

0:00 ジャーナリスティックな表現、アートな表現4:06 震災から10年、心の変化はありましたか?7:58 世代を超えて何かを伝えるには?佐藤慧NPO法人Dialogue for People代表/フォトジャーナリストWeb:https://d4p.worldYoutube:https://www.you...

11/04/2021

学生3.11アートプロジェクト 「HOME 〜あの時を刻んで〜」宍戸清孝写真展、最終日です。16時まで開催中です。
お散歩日和ですね、ぜひお立ち寄りください。

今日テレビ岩手「夢見るピノキオ」11時25分〜旧石井県令邸も出演予定です。

10/04/2021

明日最終日です。
学生3.11アートプロジェクト 
「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展 開催中です。
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示中です。

学生3.11アートプロジェクト
YouTubeも是非見てください!
https://youtu.be/ohH2jguNIcU

引き続き感染症対策をしっかりして、皆様のご来場をお待ちいたします。

08/04/2021

本日もはじまりました。16時まで開催しております!

学生3.11アートプロジェクト 
「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展 開催中です。
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示中です。

引き続き感染症対策をしっかりして、皆様のご来場をお待ちいたします。

07/04/2021

学生3.11アートプロジェクト
YouTubeも是非見てください!
https://youtu.be/ohH2jguNIcU

学生3.11アートプロジェクト 
「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展 開催中です。
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示中です。

引き続き感染症対策をしっかりして、皆様のご来場をお待ちいたします。

06/04/2021

11日(日)まで無休で開館中です。

学生3.11アートプロジェクト 
「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展 
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示中です。

引き続き感染症対策をしっかりして、皆様のご来場をお待ちいたします。

05/04/2021

「宮城県名取市閖上 2021年3月11日」

学生3.11アートプロジェクト
「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展 開催中
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示中です。

引き続き感染症対策をしっかりして、皆様のご来場をお待ちいたします。

04/04/2021

11日(日)まで無休で開館いたします。展覧会開催中は、ご予約無しで館内見学できます。引き続き感染症対策をしっかりして、皆様のご来場をお待ちいたします。

学生3.11アートプロジェクト「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示中です。

03/04/2021

[学生紹介その1] HOME〜あの時を刻んで〜宍戸清孝写真展

4月3日(土)〜4月11日(日)11:00〜16:00場所:旧石井県令邸(盛岡市清水町)東日本大震災から、10年。 岩手県内陸に住む若者が、これまでの10年、これからの10年、どのような感性で震災を伝えていくべきか。“祈り” が込められ...

03/04/2021

キンダーホームの梅の花も咲きました〜
旧石井県令邸本日11時から開館いたします!

02/04/2021

学生311アートプロジェクト委員会

今日からはじまる展覧会は赤木徳顕先生と学生さん達による3.11アートプロジェクトです。この様な時代だからこそ、若者達と考えたい事が沢山あるはずです。是非ご来場の際は学生さん達とお話しをしてみてください。今日は14時からアーティストトークがございます。(1時間程度)
感染症対策をしっかりして開催いたします。ご来場の際はマスクの着用をよろしくお願い申し上げます。

学生3.11アートプロジェクト「HOME 〜あの時を刻んで〜」宍戸清孝写真展
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料

岩手の大学生たちが「写真」や「音楽」などのアートを通じて震災を振り返り、これからを考えます。

02/04/2021

テレビ岩手が取材にいらしてくださいました、今日の夕方6時15分からのニュースで放送予定です。

岩手大学の学生による3.11アートプロジェクト「HOME 〜あの時を刻んで〜」
宍戸清孝写真展
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料
主催 学生3.11アートプロジェクト実行委員会、宍戸清孝写真事務所

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示します。

4月3日14時〜(1時間程度)宍戸氏によるアーティストトークを開催します。(小学生から大人まで参加可能)

01/04/2021

岩手大学の学生による3.11アートプロジェクト「HOME 〜あの時を刻んで〜」

宍戸清孝写真展
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料
主催 学生3.11アートプロジェクト実行委員会、宍戸清孝写真事務所

写真家である宍戸清孝氏が、東日本大震災直後から現在までの10年間に撮影されてきた写真を展示します。

4月3日14時〜(1時間程度)宍戸氏によるアーティストトークを開催します。(小学生から大人まで参加可能)

31/03/2021

夢見るピノキオ🌙の撮影中です。
4月11日11時25分から放送予定です。
テレビ岩手[公式]

29/03/2021

次回展覧会のお知らせです。

宍戸清孝写真展
2021 年 4 月 3 日(土)ー11 日(日)
11 時〜16 時
入場無料
4 月 3 日(土)14時〜ギャラリートークを開催いたします。

若者・学生が「アート」を通じて震災を振り返る

2021.3.11

2011年当時私たちは小学生。大変な事が当時起きたことは感じていたが、正直それ以上のことはよく分からない者が多い。そのまま岩手で育ったり、岩手にやってきた私たちは、自分たちなりの方法で、今年の311に向き合いたいと思った。そして「アート」を通じて向き合うことに決めた。

今年も多くのメディアが311前後に「振り返る」記事や番組を流し、イベントも行われた。それらはなぜか心に刺さってこないものだった。昨年もそうだったが、岩手はコロナ禍に対しても我慢しているだけ、に私たちには思えた。311後のこれまでも大事だが、これからも大事だ。岩手はこのままで良いのだろうか?だから私たちは「アート」を選んだ。

我々の企画は4月3日(土)から旧石井県令邸で開催される「宍戸清孝写真展」の企画・運営からスタートする。

28/03/2021

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー 昨日終了いたしました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
片桐宏典さん、ケイト・トムソンさん、片桐絵美理さん、「PHOTOHOKU」http://photohoku.org/ 吉川優子さん、ブライアン・スコット・ピーターソン さん、ありがとうございました。

次回は4月3日より開館いたします。

27/03/2021

ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。明日は最終日です。片桐さんとケイトさんとご来場をお待ちしております。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展
ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー 開催中
2021年3月11日(木)から 3月28日(日) 11:00 - 16:00  月、火、休館日

片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」  ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました。

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン  PHOTOHOKU(フォトウホク)は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。 コロナ対策をしっかりしてご来場お待ちしております。

25/03/2021

現在ご予約無しで入館していただけます、28日まで開館中です。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展
ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー 開催中
2021年3月11日(木)から 3月28日(日) 11:00 - 16:00  月、火、休館日

片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」  ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました。

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン  PHOTOHOKU(フォトウホク)は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。 体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。

[03/24/21]   「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展 ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー 開催中
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日

21/03/2021

本日、悪天候の中ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
月曜日と火曜日は休館日です。24日からまたお待ちしております。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日
入場無料

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました。

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
PHOTOHOKU(フォトウホク)http://photohoku.org/

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。


20/03/2021

今日と明日は片桐宏典さんとケイト・トムソンさんが在館いたします。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日
入場無料

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました。

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
PHOTOHOKU(フォトウホク)http://photohoku.org/

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

19/03/2021

彫刻家の絵
私には、広い海の中、小さい魚が沢山生きているように見える絵。鑑賞の仕方は自由です。土曜日と日曜日は彫刻家の片桐宏典さんとケイト・トムソンさんが在館いたします。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日
入場無料

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました。

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
PHOTOHOKU(フォトウホク)http://photohoku.org/

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

18/03/2021

本日17時30分からのラヂオもりおか内澤稲子さんのネコの部屋、お時間ございましたら是非お聞きください♪現在開催中の出展作家さん達が出演します。

17/03/2021

ケイト・トムソンさんの作品は是非触って観てください。観る角度を変えるとまったく違う、似てるけど違う2つが1つに繋がるような町と人の結束が強まるよう願う作品です。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
PHOTOHOKU(フォトウホク)http://photohoku.org/は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

16/03/2021

Photohoku

The first time we arrived in Tohoku, we had nothing but a beat-up camera, some expired instant film, and a few good intentions. Not having any idea of what to expect, or how to even go about what we hoped to accomplish, to give photos rather than just to take them, we just went on the wings of a prayer.

10 years later, with 50 photo-giving efforts behind us, we are carried north again on the wind of literally hundreds of volunteers and thousands of supporters, all of whom have been instrumental in restoring a sense of normalcy to those whose worlds were turned upside down, and in doing so, inspiring immense hope, and brightening uncountable smiles. It's been a humbling decade, to say the least.

This last effort brought us to Kenreitei, 旧石井県令邸, The Former Governor Ishii's Residence in Morioka, the capital city of Iwate. There, we hosted a photo exhibition, an instant photo studio, and the album cafe for the public as a chance reflect on all that was lost on March 11th, 2011 and to celebrate all that has been overcome since. It was pulled together in loving partnership with the absolute sterling people at Ukishima Sculpture Studio, and many other dear photohomies who I'll get to in a moment.

Iwate prefecture is home to the coastal communities of Rikuzentakata, Ofunato, Miyako, Kamaishi, Otsuchi, Yamada, Tanohato, Noda, Iwaizumi, Hirono, and Kuji, all of which were heavily devastated by the earthquake and tsunami. The tsunami reached a height of 40.5 meters (133 ft) in Miyako, and of the nearly 20,000 people who lost their lives across Tohoku, over 7000 were from Iwate, where over 26,000 homes and buildings were destroyed. The devastation was just staggering. As we made photos for visitors to the gallery, we heard, and cathartically re-lived, many harrowing tales people experienced. Emotions swelled, tears were shed, and solemn moments were reflected upon with heavy hearts. It was hard to be there and feel that weight. But it was good to be there too, with the wind of all our of photohomies at our backs. We not only gifted a lot photos, and made a lot smiles, I think just our presence alone sent a message of love and care. And that love and care was reflected back onto us ten fold, as we were fed and spoiled with the amazing natural beauty of Iwate and it's good-hearted people (...and delicious food!) While so many challenges for the region still lie ahead, the resilience of Iwate inspires us with overwhelming positivity. We're encouraged to return soon! Also, we found a great report that talks all about the recovery in Iwate (https://www.pref.iwate.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/022/737/eng-ayumi2019a3.pdf) , but be encouraged to go see it for yourself. Truly it's breathtakingly beautiful.

And speaking of breathtaking beauty, this all came together with the generosity and grace of our lovely co-exhibitiors Kate Thomson and Hironori Katagiri, and their daughter Emily. Kate and Kata envisioned this exhibition years ago actually when then first invited us, but circumstances only gave way now. They curated and designed an phenomenal exhibition at Kenreitei, in a stunning 130 year historical building that was completely filled with a visual notion of family, through sculpture, painting, illustration, photography, ...and postcards! It's on until the 28th so go see it! It was such an honor to exhibit Photohoku alongside these beautiful people. There is so much to say about their work and the Postcards to/from Japan project, but check out their presentation in the comments. Rest assured, they showered us with kindness and encouragement and tireless effort to make this all happen. From the bottom of our hearts, thank you Kata, Kate and Emily, and Chiba san, Matsuzaka san, Iyama san, Mori san, Uchizawa san, and Michael! Massive Thank you of course to all the countless photographers whose collective works and efforts produced this beautiful piece. Last but not least, a very special Thank You to our PechaKucha and Klein Dytham architecture families, who not work tirelessly on their own amazing response efforts in Tohoku (INSPIRE Japan and Home-for-all, respectively) but they also always support Photohoku and helped kick off the exhibition with a great PK Session. Thanks A+M and the whole gang. You're the best.

It is said that to give is to receive. But that equation is not so simple. What we've learned through doing Photohoku defies this axiom, for when you give, not only do you in fact receive more than you gave, you aspire to give more, which inspires others to give, thus creating more to receive, and inspire and aspire more still, in a perpetual positive infinity loop that just keeps going forever, like a ripple that never ends. Photohoku keeps proving this to be true, and will continue to do so for the next long, long while.

14/03/2021

本日もありがとうございました。
また17日からよろしくお願い申し上げます。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
PHOTOHOKU(フォトウホク)http://photohoku.org/は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

13/03/2021

今月は月曜日と火曜日は休館日です。
よろしくお願い申し上げます。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
PHOTOHOKU(フォトウホク)http://photohoku.org/は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

12/03/2021

13日まで「PHOTOHOKU」http://photohoku.org/ ブライアン・スコット・ピーターソン さんが在館中です。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展
ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
 PHOTOHOKU(フォトウホク)は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

11/03/2021

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展 
ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日) 11:00 - 16:00  月、火、休館日

初日16時からアーティストトークがございます。ご無理のないようお誘いさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」  ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました。

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン  PHOTOHOKU(フォトウホク)は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。 体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。

10/03/2021

3月11日、12日、13日、主催者の一人、ブライアン・スコット・ピーターソンが展覧会に訪れる方々の写真を(ご希望の方)大型カメラで無料で撮影いたします。

「Family Portrait/家族の肖像−10年目の春 」展
ー東日本大震災復興支援アート・プロジェクトの軌跡ー
2021年3月11日(木)から 3月28日(日)
11:00 - 16:00  月、火、休館日

「PHOTOHOKU」を迎えて、アートによる復興支援として行われたプロジェクトの紹介と美術家によるインスタレーションを展示いたします。

Ukishima Sculpture Studio
https://ukishima.net/
によるアート・インスタレーション
 片桐宏典(ドローイング+彫刻)、ケイト・トムソン(彫刻+ドローイング)、片桐絵美理(イラストレーション)

「ポストカード・プロジェクトーPostcards From Japan+Postcards To Japan」
 ポストカードプロジェクトは浮島彫刻スタジオによって企画実施された3つの震災復興支援アートプロジェクトです。東北の作家22人によるハガキサイズの作品がエディンバラ、ニューヨーク、ロンドン、ケルン、ブタペスト、バーミンガム、スターリングそして東京の各都市を巡回して岩手に戻ってきた作品展Postcards From Japan展、また海外の作家や一般の人々から送られてきた応援メッセージを込めた400枚以上に及ぶアート作品ハガキによるPostcards To Japan展は被災地を巡回してきました

Special guest;「PHOTOHOKU」 by 吉川優子、ブライアン・スコット・ピーターソン
 PHOTOHOKU(フォトウホク)は、東日本大震災で写真やアルバムを失った家族へ、新たな写真を撮影しアルバムに収めてプレゼントするプロジェクトです。震災から半年経った2011年9月11日に設立以降、外国人フォトグラファーが中心となり、毎月一度被災地に訪問して150以上の家族にアルバムと20,000枚以上の写真を渡してきました。

ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合はご来場をご遠慮ください。コロナ対策を徹底して皆様のご来場をお待ちいたします。

ビデオ (すべて表示)

カテゴリー

ウェブサイト

住所


清水町7-51
Morioka-shi, Iwate
020-0875
美術館・博物館のその他Morioka-shi (すべて表示)
Musée d'art d'Iwate Musée d'art d'Iwate
Morioka-shi