水無瀬駅

は、大阪府三島郡島本町水無瀬一丁目にある、阪急電鉄京都本線の駅。駅番号はHK-74。2008年3月15日に西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線(JR京都線)に島本駅が開業するまでは、島本町唯一の鉄道駅だった。歴史開業時の駅名は「桜井ノ駅」駅と、末尾に「駅」が付く駅名であった。この「駅」は宿駅(駅家)を指し、当駅はかつての駅家跡で史跡の桜井駅跡の最寄り駅である。桜井駅跡は楠木正成・正行親子が決別した桜井の別れの舞台であり、戦前から戦中にかけては楠木正成を信奉し駅跡を参拝する客で当駅もにぎわった。 1939年(昭和14年)5月16日 - 京阪電気鉄道新京阪線の上牧駅(同日に「上牧桜井ノ駅駅」から改称) - 大山崎駅間に桜井ノ駅駅(さくらいのえきえき)として開業。 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の駅となる。 1948年(昭和23年)1月1日 - 水無瀬駅に改称。 1949年(昭和24年)12月1日 - 新京阪線が京都本線に改称され、当駅もその所属となる。 1963年(昭和38年) 4月24日 - 高架化工事のため東海道新幹線の線路を借用し、仮設ホームを設置して営業。 12月29日 - 高架線竣工。現ホームに移設。 2011年(平成23年)3月16日 - バリアフリー対応工事完成。 2013年(平成25年)12月21日 - 駅番号導入。

通常通り開く

カテゴリー

ウェブサイト

住所


島本町水無瀬1丁目
Mishima District, Osaka
618-0014