アクセサリーミュージアム

アクセサリーミュージアム

アクセサリーミュージアム公式facebookページ
Museum specializing in costume jewelry, a rarity in the world.

閑静な住宅街に佇むコスチュームジュエリーを中心とした美術館。
コスチュームジュエリーとは、貴金属や宝石などを使って作るファインジュエリーと区別され、ファッション性を重視し、ガラス、プラスチック、真鍮等素材を問わず作られたもの。展示室は年代順に分かれており、時代ごとのコスチュームジュエリーの変遷を体感していただけます。

営業時間 ... 火曜〜日曜 10:00〜17:00(入館16:30)
休館日... 月曜日、第4・第5日曜日、年末年始、ゴールデンウイーク、8月夏季休業
詳細はウェブサイト、もしくはお電話でお問い合わせください

30/05/2023

デザイナー歴50周年記念
Mariko Kohga展
2023年6月1日(木)~8月13日(日)

日本のファッションデザイナーである甲賀真理子氏は過去のインタビューに「大人の女性のための服」という言葉を何度も残しています。

1974年に松田光弘氏が設立したニコルにアシスタントデザイナーとして入社し、ブランド担当デザイナーを経て、「ゼルダ」や「マリコ・コウガ」のチーフデザイナーとして活躍、東京コレクションにも参加し、日本のデザイナーズブランド全盛期に大きく貢献しました。

彼女の作る服はオートクチュールを感じさせる西洋的なフォルムでありながら、頽廃的な個性を兼ね備えており、コレクションの中にはそれらのスタイルを完成させるコスチュームジュエリーも多くみられます。

本展は甲賀真理子氏の全面協力を得て、1980年代後半から2000年代のコレクションをはじめ、ブランドカタログやコスチュームジュエリー、坂本冬美さんや中森明菜さんら著名人の着用した衣装や同型の展示も行います。そして作品をより深く鑑賞して頂くため、実際に使用された貴重な素材や布に触れられるコーナーもご用意しています。

デザイナー歴50周年のメモリアルイヤーにあたる本年、ぜひ甲賀真理子氏の上質な世界観をお楽しみください。

特別協力(敬称略):甲賀真理子(Mariko Kohga)
協力(音順・敬称略):株式会社HZ VILLAGE、株式会社小田急百貨店、坂本冬美、株式会社ティアンドケイ・ミュージック、渡部伸

Photos from アクセサリーミュージアム's post 28/05/2023

おかげさまで昨日、企画展Vol.45「戦後日本コスチュームジュエリー史 1950-2000」が終了しました。

最終週は雨が降ったり夏日があったりと天候的には不順でしたが、たいへん多くの方にご来館いただきました。館長の新著と本企画展で日本のコスチュームジュエリー史の大きな流れを体感いただけるように努めました。

今後も蒐集と研究に努め、装身具というまなざしから装う文化への理解を深め、未来の美を考えてまいります。

21/01/2023

1月31日より再開館し、新しい企画展「戦後日本コスチュームジュエリー史 1950-2000」がスタートします。(本来は1/24スタートの予定でしたが、新型コロナ感染者が出たため、慎重に検討した結果1/31より再開館としました。ご了承ください)

本企画展ではアクセサリーミュージアム館長、田中元子が上梓した「日本のコスチュームジュエリー史 1950-2000」(繊研新聞社)の出版を記念して、その内容を立体的に見ることができる展覧会を開催いたします。企画展では単に著作の中の装身具を展示するだけでなく、コスチュームジュエリーデザイナー時代の作業デスクの再現や当時のルックがずらりと並んだ展示室、海外での取材メモなど、本企画展ならではの見どころをたくさんご用意してお待ちしています。

日本における独自の変遷と戦後急速に拡大し、変化を続けたファッション業界の足跡をお楽しみください。

■開催概要
企画展Vol.45 戦後日本コスチュームジュエリー史 1950-2000 展
期間:2023年1月31日(火)~5月27日(土)
協力(敬称略) 羊亭社、アダチヨシオ

04/09/2022

9月1日より再開館し、新しい企画展「いけないのファッション展」がスタートしました。

時代や場所、環境などの世相と密接な関係にあるファッションの中には、当時好ましく思われていなかったものや、時間が経つことで好ましくないと分かったものなどが多く存在します。

本展では昨今の社会問題から、材料に毒が使用されているものまで様々な「いけない」ものをご紹介いたします。どこがいけないのか、本当にいけないのか、普段のファッションとは少し違った側面をお楽しみください。

■開催概要
企画展Vol.44 いけないのファッション展
期間:2022年9月1日(木)~12月17日(土)
協力(敬称略):アダチヨシオ、ブルーミング中西株式会社、羊亭社 渡辺マリ

■会期中の催し
=============
オシャレ割引
=============
通常チケットをご購入のかたの入館料を100円割引いたします。

①「自然」 期間:2022年9月1日(木)~12月17日(土)
ファーやフェイクファーは勿論、動物の模様や牙などのアイテムを身につけてご来館ください。

②「ハンカチーフ」 期間:2022年11月1日(火)~11月6日(日)
11月3日のハンカチーフの日に合わせて、ご自慢のハンカチーフをもってご来館ください。

※受付にてお申し出ください。こちらからお声がけさせていただく場合もございます。
※他の割引との併用はできません。
※過度の露出や危険物などは割引対象とならず、ご入館をお断りいたします。周りの方とお楽しみ頂けるスタイルでご来館ください。

13/08/2022

企画展43「巨匠たちのコスチュームジュエリー」8/12をもちまして会期終了いたしました。ご来館いただいた皆さま、FacebookをはじめとしたSNSに関心を寄せていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

当館は8月31日まで夏季休館とさせていただきます。
次回企画展は「いけない」をテーマに9月1日(木)より皆さまをお待ちしております。

29/04/2022

当館がゴールデンウィークにお届けするお楽しみは「journée du muguet 幸せを呼ぶスズランの日」と題し、スズランをモチーフにしたワークショップ開催とご入館のかたへのポストカードプレゼントをおこないます。

5月1日、大切な人に幸せがおとずれるようにと祈りを込めてスズランを贈りあう素敵な習慣は16世紀フランスから始まったとされ、フランスでは初夏の風物詩となっています。ぜひゴールデンウイークのひととき、大切なかたのために、幸せを願うご自身のために、当館でスズランの日を過ごしてみませんか?

26/01/2022

企画展Vol.43 巨匠たちのコスチュームジュエリー
会期:2022年1月25日(火)~8月12日(金)
協力:桜アンティキテ、渡辺マリ

当館の主要コレクションでもあるコスチュームジュエリーは、時代や流行のスタイルに合わせて制作される装身具です。これらは流行を発信する一流ブランドからも発表され、デザイナー達の物づくりに対する姿勢や哲学が色濃く反映した美術品が数多く存在します。

今回の企画展では歴史的ラグジュアリーブランドとして知られるシャネルとディオール、「コスチュームジュエリー界の女王」と言われるミリアム・ハスケルの3つのブランドに焦点を当て、コスチュームジュエリーがどの様な意向から制作されたのか展示致します。

美術館において初展示となるシャネルのプロトタイプ(量産前の試作品)の展示や、ディオールが各デザイナーに託したエレガンス、ハスケルの作品の技術へのこだわりが垣間見える企画展です。巨匠たちのそれぞれの美へのアプローチ、ぜひご覧ください。

企画展 | IN ~ハンドバッグとその中身~ 07/12/2021

12月11日まで!
『IN〜ハンドバッグとその中身』展
旅する人のチケットや書類を入れるものとして生まれたハンドバッグ。
19世紀のメタルビーズバッグやアールデコ時代の化粧品専用ハンドバッグ。
時代とともに変わりゆく女性の生き方を垣間見るような展覧会です。

http://acce-museum.main.jp/exhibition/

企画展 | IN ~ハンドバッグとその中身~ 本展はハンドバッグの中身や細工の裏側、きれいな装飾に隠れた歴史など普段見ることのできないハンドバックの魅力を紹介。 2021年1月19日(火)~12月11日(土)※会期延長!

04/12/2021

『PASS THE BATON MARKET Vol.6 ―』
出品アクセサリーの一部をご紹介
1940年代頃から1980年代頃までのアメリカ、ヨーロッパのビンテージアクセサリーを中心に出品いたします。
年月を経てなお色褪せない魅力をお楽しみください

https://www.pass-the-baton.com/news/14270/

Otona no Radio Alexandria 21/11/2021

6月にも出演させていただきましたロバート・ハリスさんがパーソナリティを務めるラジオ「otona no radio Alexandria」に館長の田中が出演いたします。
今回は女性とハンドバッグについてお話させていただきます。
是非お楽しみください。
日時 11月23日(火)午前11:10~11:28
番組 Otona no Radio ALEXANDRIA (InterFM897)
https://www.interfm.co.jp/alex

Otona no Radio Alexandria ロバート・ハリスが送る、プレミアム世代へ向けた文化情報発信番組。 深夜放送でラジオを知り、聴こえてくる人声に笑い、泣き、怒ったプレミアム世代。 聴こえてきた音楽から“新しいライフスタイル”も知りました。 ...

18/11/2021

来る12月2日よりホテル雅叙園東京内で芸術メダルの展覧会「国際メダル展」が開催されます。当館も全面的に協力させていただいております。

本展覧会は世界46か国が加盟する芸術メダルの文化を啓蒙する団体「FIDEM(フィデム)」が2年に1度、開催する大会(国際会議と展覧会)のホスト国として日本を指名したことからスタートします。FIDEMの大会がアジア圏で開催されることは1937年にFIDEMが設立されてからの長い歴史の中で初めてのことで、たいへん名誉なことです。

また、展覧会の会場は当館と同じ目黒区にあるホテル雅叙園東京にある東京都指定有形文化財「百段階段」。昭和の竜宮城と称され、動と静、明と暗、余白と密…など日本の美意識をぎゅっととじこめた各部屋に現代の芸術メダルが競演します。

12月16日までと会期は短い期間になりますが、ぜひ足をお運びください。

FIDEM TOKYO 2020 
FIDEM International Contemporary Art Medal Exhibition
第36回 国際メダル展

2021年 12月2日~2021年 12月 16日(15日間)
ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 百段階段

開催時間:11:30-18:00(最終入館17:30)
     ※金・土曜日は20:00迄(最終入館19:30)

入場料       
一般 当日        ¥1,000
大学生・高校生~小学生  ¥500

バッグを見れば世界の歴史がわかる アクセサリーミュージアム「IN ~ハンドバッグとその中身~」 | ZIEL - 人生を豊かに彩るWEBマガジン 25/09/2021

先日に引き続きWEBマガジンZIEL「私の好きな名作」のコーナーで企画展「IN~ハンドバッグとその中身~」をご紹介いただきました。
豊富な種類のハンドバッグが登場した20世紀初めを記事にして頂いています。
是非お楽しみください。
https://www.ziel-magazine.com/feature2109-10-06/

バッグを見れば世界の歴史がわかる アクセサリーミュージアム「IN ~ハンドバッグとその中身~」 | ZIEL - 人生を豊かに彩るWEBマガジン 元々、ルーサイトは戦闘機の風防に使われていた素材でしたが、ルーサイトをつくっていた会社が「もう争いのためには使ってほしくない」との想いからハンドバッグをつくり始めたそうです。ハンドバッグの起源を辿って...

世界中のアクセサリーが集結「アクセサリーミュージアム」 | ZIEL - 人生を豊かに彩るWEBマガジン 22/09/2021

WEBマガジンZIEL「私の好きな名作」のコーナーで館長の田中元子の取材をして頂きました。
ミュージアム設立の経緯など楽しくまとめて頂き有難うございます。

https://www.ziel-magazine.com/feature2109-10-05/

世界中のアクセサリーが集結「アクセサリーミュージアム」 | ZIEL - 人生を豊かに彩るWEBマガジン 1990年代に入ると、アクセサリー職人たちが歳を重ねて退職し、職人さんが激減していきました。代わりに海外の安い工場に製造を依頼することが増えたのですが、当然、輸送費や税金などお金がものすごくかかるため、大.....

Photos from アクセサリーミュージアム's post 16/07/2021

前回に引き続き講談社Kissで連載されている二ノ宮知子先生の漫画
「 #七つ屋志のぶの宝石匣」単行本14巻に載せて頂いた所蔵品から
現在展示を行っていない2点をご紹介いたします。

【花を持つ手のブローチ】
ジェットが高価だったためイミテーションとしてボルカナイト(ゴム)で制作されたブローチです。手と薔薇の質感の違いが美しく、立体的な表現もジェットで制作されたものとも劣りません。
ヴィクトリアン時代に流行した「手」のモチーフは親愛を表し、薔薇の他にリースや花かごなどを持つデザインも存在しています。

【遺髪を編み込んだブローチ】
髪の色が3色使われている珍しいモーニングジュエリーです。
ヴィクトリアン時代ヘアジュエリーはとても身近なもので、
17,18世紀と人気だった貴族たちのカツラ職人が新しい収入源としてたのと同時に、女性たちが自宅で雑誌の作り方を見ながら制作するほどでした。

Photos from アクセサリーミュージアム's post 16/07/2021

講談社Kissで連載されている二ノ宮知子先生の漫画「 #七つ屋志のぶの宝石匣」単行本14巻の袖に当館所蔵の #モーニングジュエリー を載せて頂きました。素敵なアイ・ミニアチュールはイセキアヤコ様の所蔵品です。

載せて頂いた4点の内現在展示しているのはは少女の写真が入ったブレスレットのみです。(同種類品の展示はございます)
裏面の髪で作られたミニアチュールも鏡越しでご覧いただけます。開館しましたら是非実物を見にご来館ください。
※12月11日まで展示中(日程は変更の場合もございますご了承ください。)

09/07/2021

【重要】アクセサリーミュージアムは緊急事態宣言の発出に伴い7月13日から宣言解除まで臨時休館いたします。
ご来館を予定されていた皆様にはご不便をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。
なお7月11日(日)までは通常通り開館、12日(月)は休館日となります。

再開の際は当館ホームページ・SNS等で改めてお知らせいたします。何卒ご了承ください。

また現在開催中の企画展IN~ハンドバッグとその中身~は一部展示替えを行い12月11日まで延長が決定しております。
皆様のご来館をお待ちしております。

Otona no Radio Alexandria 23/06/2021

ロバート・ハリスさんがパーソナリティのラジオ「otona no radio Alexandria」に当館長の田中が出演いたします。ヴィクトリアン時代からアール・デコ時代のアクセサリーの魅力やコレクションの裏話などお話させていただきます。
是非お楽しみください。
日時 6月24日(木)午前11:10~11:28
番組 Otona no Radio ALEXANDRIA(InterFM)
https://www.interfm.co.jp/alex
  #ラジオ

Otona no Radio Alexandria ロバート・ハリスが送る、プレミアム世代へ向けた文化情報発信番組。 深夜放送でラジオを知り、聴こえてくる人声に笑い、泣き、怒ったプレミアム世代。 聴こえてきた音楽から“新しいライフスタイル”も知りました。 ...

19/06/2021

【会期延長のお知らせ】

現在開催中の「IN~ハンドバッグとその中身~」展は皆様に安心してお楽しみ頂くため12/11(土)まで会期を延長することにいたしました。
なお、今後の感染状況により予定が変更となる場合がございますのでご了承ください。

18/06/2021

【再開のお知らせ】
当館はでは新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため国の「緊急事態宣言」が解除されるまで臨時休館をいただいておりました。この度の解除にともない、当館は6/22(火)より再開館いたします。

Photos from アクセサリーミュージアム's post 28/05/2021

【オンライン展覧会】ミリアム・ハスケル展

グリポアパーツを使用したネックレス
1970年代のミリアム・ハスケル。ミリアムとフランクが引退し、後継者であるロバート・F・クラークがデザインを手がけた作品。グリポア工房特有の透明感のあるパーツに同系色のガラスビーズを組み合わせた立体感と、ミリアム・ハスケルの特徴の一つである金具を見えるパーツとしてデザインしています。

本日の投稿でオンライン展覧会ミリアム・ハスケル展は終了となります。
お楽しみいただき有難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Art Show-YOKOHAMA 2021春-
会場:横浜港大さん橋ホール
日時:2021年5月27日(木)~29日(土)
10:00~17:00(初日のみ~18:00)
https://t.co/O7XhC0QskH https://t.co/Mz8R7Od8wO

感染予防対策
<事前登録のお願い>
下記フォームより登録をお願いします。
https://t.co/2FNDdn5VAH
※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#ミリアムハスケル 
#ビーズ
#オンライン展覧会

Photos from アクセサリーミュージアム's post 27/05/2021

【オンライン展覧会】ミリアム・ハスケル展

立体的なゴールドフラワーの二連ネックレス
ミリアム・ハスケル1940~50年代の作品。 それぞれ印象的なイミテーションパールを幾重にも重ねた金色パーツで一つの作品にまとめています。葉脈が施されたパーツが厚みのある金属に繊細なイメージを与えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Art Show-YOKOHAMA 2021春-
会場:横浜港大さん橋ホール
日時:2021年5月27日(木)~29日(土)
10:00~17:00(初日のみ~18:00)
https://t.co/O7XhC0QskH https://t.co/Mz8R7Od8wO

感染予防対策
<事前登録のお願い>
下記フォームより登録をお願いします。
https://t.co/2FNDdn5VAH
※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#ミリアムハスケル 
#ビーズ
#オンライン展覧会

Photos from アクセサリーミュージアム's post 26/05/2021

【オンライン展覧会】ミリアム・ハスケル展

クリアパーツ三連ネックレス
1950年代に制作されたミリアム・ハスケルのネックレスです。全体写真をアップしてみるとトップの花モチーフの裏側に銀色のパーツが透けて見えますでしょうか?これはクリアパーツを濁らせない為の工夫で通常の光であればクリアパーツは横からの写真の様な色に見えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Art Show-YOKOHAMA 2021春-
会場:横浜港大さん橋ホール
日時:2021年5月27日(木)~29日(土)
10:00~17:00(初日のみ~18:00)
https://t.co/O7XhC0QskH https://t.co/Mz8R7Od8wO

感染予防対策
<事前登録のお願い>
下記フォームより登録をお願いします。
https://t.co/2FNDdn5VAH
※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#ミリアムハスケル 
#ビーズ
#オンライン展覧会

Photos from アクセサリーミュージアム's post 25/05/2021

【オンライン展覧会】ミリアムハスケル展

シードパールのフラワーブローチ
ミリアム・ハスケル1940~50年代に制作されたものでオーバル形のサインプレートが付いています。シードパールのワイヤーワークは勿論、裏面のワイヤーを隠すために重ねられたゴールドパーツが美しく、持ち主のみが見れる別の作品のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Art Show-YOKOHAMA 2021春-
会場:横浜港大さん橋ホール
日時:2021年5月27日(木)~29日(土)
10:00~17:00(初日のみ~18:00)
https://t.co/O7XhC0QskH https://t.co/Mz8R7Od8wO

感染予防対策
<事前登録のお願い>
下記フォームより登録をお願いします。
https://t.co/2FNDdn5VAH
※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#ミリアムハスケル 
#ビーズ
#オンライン展覧会

Photos from アクセサリーミュージアム's post 24/05/2021

【オンライン展覧会】ミリアム・ハスケル展

ゴールドパーツとエナメルリーフのブローチ
ミリアム・ハスケルの初期の作品で1935年頃に制作されたと考えられます。横から見ると金色のパーツには金ワイヤー、淡い緑色のビーズには同系色の糸を使用しているのが分かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Art Show-YOKOHAMA 2021春-
会場:横浜港大さん橋ホール
日時:2021年5月27日(木)~29日(土)
10:00~17:00(初日のみ~18:00)
https://t.co/O7XhC0QskH https://t.co/Mz8R7Od8wO

感染予防対策
<事前登録のお願い>
下記フォームより登録をお願いします。
https://t.co/2FNDdn5VAH
※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#ミリアムハスケル 
#ビーズ
#オンライン展覧会

Photos from アクセサリーミュージアム's post 20/05/2021

【オンライン展覧会】ミリアム・ハスケル展

25日からはじまるミリアム・ハスケル展に向けてミリアム・ハスケルがどんなブランドかご紹介いたします。

ミリアム・ハスケルとは
繊細なワイヤーワークが特徴のコスチューム・ジュエリー界のトップブランド
創設者であるミリアム・ハスケルという女性は、天才デザイナーであるフランク・ヘスに出会い、彼をデザイナー、自身はプロデューサーとして女性を彩るジュエリーを世に送り出しました。

アクセサリーミュージアムでも2018年11月から2019年4月まで渡辺マリ先生のミリアムハスケルコレクションを企画展として展示した他、常設展内オートクチュールの部屋(1940~60年代)では当館の所蔵品から選りすぐりのミリアム・ハスケルを展示しています。このオンライン展覧会で興味を持たれた方は当館にも是非ご来館くださいませ。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#オンライン展覧会
#ミリアムハスケル
#アクセサリーミュージアム
#ビーズ
#コスチュームジュエリ

18/05/2021

【お知らせ】
5月27日(木)~29日(土)に開催されるビーズアートショーにて「ミリアム・ハスケル展」を出張展示予定でしたが諸般の事情により中止いたします。
そこで今回展示を予定していた「ミリアム・ハスケルコレクション」より5つの作品を5月25日~29日の5日間にわたってご紹介いたします。ビーズアートショーに合わせて作家が見たい裏側の処理やこだわりが見える写真をご用意いたしましたので是非お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Art Show-YOKOHAMA 2021春-
会場:横浜港大さん橋ホール
日時:2021年5月27日(木)~29日(土)
10:00~17:00(初日のみ~18:00)
https://t.co/O7XhC0QskH https://t.co/Mz8R7Od8wO

感染予防対策
<事前登録のお願い>
下記フォームより登録をお願いします。
https://t.co/2FNDdn5VAH
※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。

#ビーズアートショー横浜2021春 
#ビーズアートショー 
#ミリアムハスケル 
#ビーズ

04/05/2021

お家で楽しむ第5弾!
ストローでパーツを作ってアクセサリーを作りましょう。

03/05/2021

お家で楽しむ第4弾
これからの季節にも大活躍なブレスレットを作ってみましょう!
ビーズはストローでも大丈夫です。

02/05/2021

お家で楽しむ第3弾!
セロハンテープの芯と身近にある紐でドリームキャッチャーを作りましょう。滑りやすい素材にはボンドをつけるか固結びに。

01/05/2021

お家時間を楽しむ第2弾。
毛糸やビニールの紐でマクラメフェザーを作ってみましょう!
櫛などで解くとフワフワになります。

30/04/2021

GWはお家にあるものをみんなリボンにしてしまいましょう!
簡単に作れる2重リボン結びについてお届けします。長さは50センチ、裏表無い布やリボンがおすすめです。多くの地域でお守りとしても使われるリボンに願いを込めて!
#美術館 #おうちでアクセサリー #親子でファッション

24/04/2021

当館は、新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、2021年4月25日(日)から国の「緊急事態宣言」が解除されるまで臨時休館となります。再開館については改めて当館ホームページ、SNSなどでお知らせをいたします。ご来館の際には最新の情報をご確認ください。

13/01/2021

当館は、新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、2021年1月19日(火)から国の「緊急事態宣言」が解除されるまで臨時休館となります。臨時休館にともない、2月・3月アクセサリー教室全日程につきましても中止となります。再開館については改めて当館ホームページ、SNSなどでお知らせをいたします。ご来館の際には最新の情報をご確認ください。

なお、これに伴い今後の企画展開催期間や内容に一部変更の可能性がございます。ご来館を予定されていたお客様におかれましては、大変申し訳ありませんが、ご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

ご来館を予定されている皆様へ | アクセサリーミュージアム 15/08/2020

【重要なお知らせ|6月9日再開】
緊急事態宣言の解除により、アクセサリーミュージアムは6月9日(火)~開館します。なお、感染症拡大防止のため、マスク着用や検温、連絡先の記入(ミュージアム利用の方のみ)をお願いいたします。ご来館前に下記をご確認いただきますようお願い申し上げます。

http://acce-museum.main.jp/covid19-20200531/

ご来館を予定されている皆様へ | アクセサリーミュージアム ご来館を予定されている皆様へ 当館では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染及び拡散を防止し、みなさまに安心してご鑑賞いただくために、お客様へのお願いがございます。

15/08/2020

夏期休館
8月16日(日)〜31日(月)休館いたします
9月1日(火)から通常通り開館いたします

http://acce-museum.main.jp

Photos from アクセサリーミュージアム's post 01/08/2020

企画展 「ジャポニスムジュエリー」の一角に
トシカネジュエリーの展示があります。
戦後海外向けに、柿右衛門焼と同じ原料と技術の流れを汲み育った有田焼のミニチュアジュエリーを制作。他に類を見ない精巧さと独特な日本美は高い評価を受けました。
当時の製品の付属案内書によると、
「製品はすべて手作りです。幾多の秘法秘技を尽くした精巧品だけに、その類似品さへ未だ他に見聞したことがない珍しいアクセサリー」
と記される唯一無二のジャポニスムジュエリーです。

#ジャポニスム  #有田焼  #トシカネ

25/07/2020

8月アクセサリー教室
日程 7/31(金)、8/1(土)、2(日)
8/6(木)、7(金)、8(土)
  8/13(木)、14(金)、15(土)
今月のテーマ  
「ボヘミアンチェーンネックレス」

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の為、定員を4名とさせていただいております。
ご予約はお電話でお願いいたします。

当教室の自慢はアトリエにずらっと並んだビーズやパーツの山、山。
色やパーツを選び、自分のイメージにデザインできるアクセサリー教室です。
一回ごとの単発の教室です。希望日を選んでご連絡ください(要予約)

初めての方は、基礎コースも同時開催!
基礎コース初回は特別にショートネックレスを2本作製!
初回1回だけの体験もOK
もちろん色やパーツはお好みで♪
《基礎コース〈全5回〉》
基本的な道具の使い方から、デザインのイロハ、綺麗に上手く作るちょっとしたプロの技等、それぞれの回に習得していただきたい内容を詰め込んで厳選した全5回基礎講座です
(経験者は講師の判断で基礎コーススキップもあり)

時間:午後1時30分~午後4時30分頃
費用:5,000円+消費税(材料費込み。作品はお持ち帰り)
場所 : アクセサリーミュージアム B1
予約電話 : 03-3760-7411

#アクセサリー教室  #手作り  #ハンドメイド

18/07/2020

「究極のジャポニスムジュエリー ~輝くにっぽんクラシック~」
6月30日(火)~12月20日(日)開催

戦後、進駐軍向けに製作された「トシカネジュエリー」のミクロス(有田焼のミニチュア)をはじめ、象牙、金物、鼈甲など、様々な形のジャポニスムジュエリーを展示。わずか数センチの世界に表現された日本の美意識と職人技の結晶をご堪能ください

#美術館 #アート #ジャポニスム #コスチュームジュエリー #アクセサリー #ファッション #展覧会

14/07/2020

本日読売新聞夕刊「ミュージアムへ行こう」のコーナーでご紹介いただきました。
コスチュームジュエリーという珍しいジャンルにも関わらず熱意たっぷりに取材していただきました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
掲載許可を頂いておりますので皆様どうぞお楽しみください。

Photos from アクセサリーミュージアム's post 08/06/2020

6月より当館館長の田中元子がMejiro Fashion & Art College 目白ファッション&アートカレッジの講師を務めることになりました。

目白ファッション&アートカレッジは昭和10年代から続く歴史ある学院で、ファッションアクセサリー科を擁しています。3密に気をつけながらではありますが、講義や実技を生徒さんと重ねていきます。

あなたの事業を博物館のトップリストMeguro-kuにしたいですか?
ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

ビデオ (すべて表示)

企画展43無事終了しました
お家で楽しむ第5弾!ストローでパーツを作ってアクセサリーを作りましょう。
お家で楽しむ第3弾!セロハンテープの芯と身近にある紐でドリームキャッチャーを作りましょう。滑りやすい素材にはボンドをつけるか固結びに。
お家で楽しむ第4弾これからの季節にも大活躍なブレスレットを作ってみましょう!ビーズはストローでも大丈夫です。
お家時間を楽しむ第2弾。毛糸やビニールの紐でマクラメフェザーを作ってみましょう!櫛などで解くとフワフワになります。
GWはお家にあるものをみんなリボンにしてしまいましょう!簡単に作れる2重リボン結びについてお届けします。長さは50センチ、裏表無い布やリボンがおすすめです。多くの地域でお守りとしても使われるリボンに願いを込めて!#美術館 #おうちでアクセサ...
シードパールのヴィクトリアンブローチ
Coro社 1950年代当館館長が輸入商品を扱っていたお父様から頂いた思い出のブローチ。しかし当時の日本では商品として扱えぬほどの高級品、館長も身に着けることが出来ずずっと宝箱に入れていたのだそうです。常設展室オートクチュールにて展示中#ア...
ストローワークのアクセサリー
室内で過ごす時間に楽しいひと時を。簡単に作れる2重リボン結びについてお届けします。長さは50センチ、裏表無い布やリボンがおすすめです。多くの地域でお守りとしても使われるリボンに願いを込めて!(H)#美術館 #おうちでアクセサリー #親子でフ...
開催中 フォトグラファー池田ただし 個展                  「Collector Collector 」 5/19(日)まで池田ただし4月発売の当館コレクション図録第2弾「コスチュームジュエリーの世界vol.2」の撮影を担当...

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


上目黒4-33/12
Meguro-ku, Tokyo
153-0051

美術館・博物館のその他Meguro-ku (すべて表示)
CAMARADA (カマラダ) CAMARADA (カマラダ)
東山1-3-6 201
Meguro-ku, 153-0043

CAMARADA作品展示の利用について

Soranomado Project Soranomado Project
Meguro-ku, 153-0041