武蔵野総合診療/家庭医療プログラム

武蔵野総合診療/家庭医療プログラム

【地域家庭診療センター】東京で家庭医を育成しています。見学、研修のご相談は随時受け付けております。

通常通り開く

[09/27/21]   武蔵国分寺公園クリニックでは、2021年9月から日本在宅医療連合学会認定の在宅医療研修プログラムを開始しました。在宅医療認定専門医の取得が可能な1年間のフェローシッププログラムです。詳細は学会ホームページのプログラム施設一覧 www.jahcm.org/program_facility.html 東京都の武蔵野在宅医療プログラムのリンクをご確認ください。

以下、研修プログラムの特徴です。

基幹施設となる武蔵国分寺公園クリニックは、乳幼児から超高齢者まで幅広い年齢層に対応する外来診療と、近隣市域まで幅広く対応する24時間体制の在宅医療を提供する機能強化型在宅療養支援診療所であり、複数の家庭医によるグループ診療を行っています。「あらゆる健康問題の相談に乗ります」「健康だけでなく生活上の問題を重視します」「人生の下り坂を支援します」を研修理念としています。総合診療/家庭医療の専門研修プログラムを運営してきた教育の実績があり、特にEBM(Evidence-based medicine)の実践については深く学べる環境があります。約250人の在宅患者を抱えるフィールドを活かして、多様で豊富な在宅症例を経験することができます。

[09/13/21]   武蔵国分寺公園クリニックの武蔵野総合診療プログラム、レジデント募集中。まだ将来を決めかねている人、何を選んだらいいのかわからない人、目標を見失っている人、ぜひ

[04/12/21]   レジデント募集中です。
へき地の1年と多摩地域での3年の研修です。

「もはやヒポクラテスではいられない」21世紀 新医師宣言プロジェクト 10/04/2021

「もはやヒポクラテスではいられない」21世紀 新医師宣言プロジェクト

開業してから、こういうのを作りました。

http://ishisengen.jp/

「もはやヒポクラテスではいられない」21世紀 新医師宣言プロジェクト 「もはやヒポクラテスではいられない」21世紀 新医師宣言プロジェクトとは、このプロジェクトは、現代の日本で普通に医療を行う医師が、新たな患者−医療者間の相互信頼をめざし、自分の背丈で医師としての誠意と責....

[04/10/21]   「診察室に来ない人のことも考慮する」

診察室には、実は誰も来ていない。
来ているという本人も「よそいき」の患者とは別人だったりする

[04/10/21]   さらに続き

「生物学的問題だけでなく心理社会的問題も重視する」
「臓器・ヒトにとどまらず、家庭・地域も視点とする」

これはよく言われることですね。
生物学的問題に対する医療の進歩、臓器に対する医療の進歩は目覚ましいが、そこから先は何が進歩なのかもよくわからない

[04/10/21]   5の軸続き

「患者や問題の種類により差別をしない」

好きな人も嫌いな人も、金持ちも貧乏も、いい人も悪い人も、鼻たれも瀕死の重症者も差別しない。

無理だな、と思うが、こういう極端を目指すことで、新しいなにかが見えてくることもある

[04/09/21]   5の軸

「患者によって自分を変える」
「患者や問題の種類により差別をしない」
「生物学的問題だけでなく心理社会的問題も重視する」
「臓器・ヒトにとどまらず、家庭・地域も視点とする」
「診察室に来ない人のことも考慮する」

まず「患者によって自分を変える」です。

医師としての「自分らしさ」とかを捨てる。かといって「患者の立場に立つ」のも困難。患者を変えるのは大変だ、自分を変える方がまだたやすいかもしれない。せめて自分を変えることで対応できれば、というところです。

[04/09/21]   引き続き、プログラムについてです。

3の軸
「多様な視点」
「境界なし」
「ナラティブ」

視点や守備範囲を固定することなく、それぞれの視点、それぞれの場所、それぞれの物語に焦点を当てる。

「ナラティブ」というと「個別の」という感じがするかもしれないが、むしろ周囲との関係性において、エコロジカルに、個別のものを超えて形成されるのが「ナラティブ」だ。

[04/08/21]   1の軸

「あらゆる問題に対応する」

「生まれ、生き、死ぬ」という中で生じる「あらゆる問題に対応する」というのですから、とんでもないことですが、それでも、こういう姿勢で問題にあたるという一つの決意です。

「あらゆる問題に対応するのが私たちの仕事である」ということです。

「対応する」というのは解決できないことの言い訳に過ぎないのではという指摘があるかもしれません。
しかし、これは「解決不能な問題に対しても対応する」ということです。

[04/07/21]   プログラムについて少しずつ説明します。

まずプログラムの最も基盤にあるものです。

ゼロの軸と呼んでいます。

「万物は流転する」

生まれ、生き、死ぬという全体を見失わないように、細部も見る。
何が起きているかをみる。
流転を見る。

30/08/2020

新型コロナと人類滅亡教

2020年8月29日開催いたしましたプログラム説明会にご参加いただき、ありがとうございました。

ミニレクチャー「新型コロナと人類滅亡教」の動画を公開いたします。

これからもこのような機会をつくっていきたいと考えております。
次回もお気軽にご参加ください。

19/08/2020

プログラム説明会 リハーサル動画

プログラム説明会、リハーサル(打ち合わせ)の様子を動画にしてみました。手のうちを見せてしまっていますが、クリニックや勉強会の雰囲気がわかると思い、公開することにしました。

参加してみようかなと思った方は、ぜひご覧ください。
エントリーはメッセージから。お気軽にご参加ください。
お待ちしております!

[08/18/20]   8/29の5時からZOOMで武蔵の総合診療/家庭医療プログラム説明会を行います。
「新型コロナと人類滅亡教」のレクチャーもあります。
希望の方はFacebookでメッセージ下さい

16/08/2020

東京都立多摩総合医療センター 救急・総合診療部門

【名郷先生勉強会:新型コロナウイルスと人類滅亡教】

当科では月に1回「家庭医療コア」の勉強会を行っています。
今月は特別講師として武蔵国分寺公園クリニックより、名郷直樹先生に「新型コロナと人類滅亡教」に関して講義いただきました。

「一番大事なものってなんですか?」という質問から始まり、RCTやコホート研究を通して、それは「健康」なのか「命」なのか?、議論を深めていく。
新型コロナがもたらした、命が一番・健康が一番の世の中から、「逆に」人類滅亡教のような極端な思想を考えることで、両極端の間のような、�「ほどほどに生きる」のがいいのでは?「何が一番でもいい世の中」がいいのでは?と議論が進んでいきました。

名郷先生の武蔵国分寺公園クリニックのモットーは『下り坂の下りを支援する』。
下り坂を登りにしようとするのではなく、一緒に下りを歩いていく。そんなためにも多様な価値観が重要であることを改めて認識させて頂きました。

当科では、武蔵国分寺公園クリニックのような地域の診療所と関わりを持つことで、地域住民の視線にあった医療を病院でも行えるよう努力を続けていきます。

名郷先生からスライドを頂きましたので共有させて頂きます。
武蔵野総合診療/家庭医療プログラム

[08/13/20]   8/15の午後5時よりZOOMによるプログラム説明会を行います。希望の方は,facebook上でメッセージをいただければ、参加方法をお知らせします。よろしくお願いします。

31/07/2020

今月の武蔵国分寺公園クリニック職員向け講演会はオンライン開催。
東京都立小児総合医療センター 在宅診療科 冨田 直 先生に
「小児在宅医療の現在地」と題してご講演いただきました。

小児在宅医療の歴史から現状、これからの課題について、詳しくご説明いただきました。
ありがとうございました!

冨田先生の小児在宅医療にかける情熱にアツくなり、そして私ども地域の診療所に託された役割の大きさを、あらためて再認識したところです。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

introduction.dr-ubie.com 30/06/2020

AI問診Ubieで実現する、医療従事者の働き方改革

ドクターベイズからAI問診Ubieへ
https://introduction.dr-ubie.com/

introduction.dr-ubie.com AIによる問診事務効率化なら「AI問診Ubie」。医療従事者の働き方改革をサポート。電子カルテ記載事務を年間1000時間削減。クリニックから大病院まで、全国200施設超の利用実績。すべての電子カルテと併用可能。職種間のタ...

24/06/2020

東京都立多摩総合医療センター 救急・総合診療部門

【名郷先生勉強会:新型コロナウイルスと人類滅亡教】

当科では月に1回「家庭医療コア」の勉強会を行っています。
今月は特別講師として武蔵国分寺公園クリニックより、名郷直樹先生に「新型コロナと人類滅亡教」に関して講義いただきました。

「一番大事なものってなんですか?」という質問から始まり、RCTやコホート研究を通して、それは「健康」なのか「命」なのか?、議論を深めていく。
新型コロナがもたらした、命が一番・健康が一番の世の中から、「逆に」人類滅亡教のような極端な思想を考えることで、両極端の間のような、�「ほどほどに生きる」のがいいのでは?「何が一番でもいい世の中」がいいのでは?と議論が進んでいきました。

名郷先生の武蔵国分寺公園クリニックのモットーは『下り坂の下りを支援する』。
下り坂を登りにしようとするのではなく、一緒に下りを歩いていく。そんなためにも多様な価値観が重要であることを改めて認識させて頂きました。

当科では、武蔵国分寺公園クリニックのような地域の診療所と関わりを持つことで、地域住民の視線にあった医療を病院でも行えるよう努力を続けていきます。

名郷先生からスライドを頂きましたので共有させて頂きます。
武蔵野総合診療/家庭医療プログラム

31/01/2020

全職員で持ちよりランチのあと、「0の軸、3の軸、5の軸」についてのレクチャー。8年ぶり。

17/01/2020

学生実習、短時間でジャーナルクラブ
降圧薬は就寝前に

17/01/2020

「ミーティングの進め方」 全職員対象のミニレクチャー、約9年ぶりに

bmcpalliatcare.biomedcentral.com 05/01/2020

Oxygen use and survival in patients with advanced cancer and low oxygen saturation in home care: a preliminary retrospective cohort study

論文掲載されました。
Igarashi H, Fukushi M, Nago N. Oxygen use and survival in patients with advanced cancer and low oxygen saturation in home care: a preliminary retrospective cohort study. BMC Palliat Care. 2020;19(1):3. Published 2020 Jan 3. doi:10.1186/s12904-019-0511-9
https://bmcpalliatcare.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12904-019-0511-9

bmcpalliatcare.biomedcentral.com The role of oxygen therapy in end-of-life care for patients with advanced cancer is incompletely understood. We aimed to evaluate the association between oxygen use and survival in patients with advanced cancer and low oxygen saturation in home care. We conducted a retrospective cohort study at a pr...

slideshare.net 21/11/2019

Kozo2019

slideshare.net 数字の向こうのその向こうの「私」 構造主義医療の挑戦 2019 名郷直樹

shin-kateiiryo.primary-care.or.jp 05/10/2019

日本プライマリ・ケア連合学会 | 新・家庭医療専門医制度

2020年度より、「新・家庭医療専門医制度」がスタートします。
当プログラムも研修プログラムとして申請予定です。
https://www.shin-kateiiryo.primary-care.or.jp/

shin-kateiiryo.primary-care.or.jp 2020年度より、総合診療専門医を基盤として、さらに質の高い専門医を目指す「新・家庭医療専門医制度」がスタートします!

24/08/2019

武蔵野総合診療プログラム 説明会、開催しました。
ミニレクチャーは名郷院長によるメタ分析の読み方「降圧薬の効果を患者に説明するーメタ分析の論文を例にー」でした。
医学生、研修医、医師の見学は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

shin-kateiiryo.primary-care.or.jp 16/08/2019

日本プライマリ・ケア連合学会 | 新・家庭医療専門医制度

shin-kateiiryo.primary-care.or.jp 2020年度より、総合診療専門医を基盤として、さらに質の高い専門医を目指す「新・家庭医療専門医制度」がスタートします!

webronza.asahi.com 07/07/2019

がん 早期発見・早期治療が善であるとは限らない - 名郷直樹|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

webronza.asahi.com  菊池誠氏の「福島の甲状腺検査は即刻中⽌すべきだ」の記事に関して、Twitter上で多くの反論が寄せられているのを目の当たりにしたが、反論に対する意見の一つとして、筆者が2年前に日刊ゲンダイに書いた記

20/06/2019

【後期研修医募集】
武蔵野総合診療/家庭医療プログラム後期研修説明会 後期研修医募集!
後期研修説明会の紹介です。
当院は東京都国分寺市にて、乳幼児から超高齢者まで幅広い年齢層に対する外来診療(80人/日)、在宅医療(400件/月)を提供する機能強化型在宅療養支援診療所です。多様な年齢層・健康問題に対応する医療施設であることから豊富な症例が経験できます。当プログラムでは、EBM、行動科学、患者中心の医療の方法を使いこなし、幅広い健康問題が取り扱える医師の育成しています。

当日は当院院長の名郷直樹によるレクチャーも予定しています。こちらだけでも必見です。
レクチャー内容は《診療所での高血圧診療-5分で読めるメタ分析-》です。
興味を持たれた方、まずは説明会にご参加してみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆説明会☆
日にち:2019年8月24日(土)
時間 :16時15分-17時45分、その後自由参加の懇親会を予定しています
場所 :武蔵国分寺公園クリニック
内容 :当クリニックの紹介とプログラム説明、レクチャー、懇親会(クリニック見学も可能です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加を希望される方は,http://ebm-clinic.com/mailform.html
のフォームよりご応募ください。
説明会当日の診療見学も可能です。

何かご不明な点があれば遠慮なくご連絡ください。
当日来れない方も、いつでも見学受け入れしていますのでご連絡お待ちしています。
旧バージョンも募集していますのでお気軽にお問い合わせください。
============================== ========
こちらも参照ください!
武蔵野総合診療/家庭医療プログラム https://www.facebook.com/musashinoFP/
武蔵国分寺公園クリニック研修案内 http://ebm-clinic.com/traning.html

29/05/2019

【講演会のお知らせ】

今週の金曜日 5月31日に
武蔵国分寺公園クリニックで講演会が行われます。
講演者は今年の4月から武蔵国分寺公園クリニックで医師として勤務している進ちゃんこと進谷憲亮氏。

彼は昨年4月から今年の3月までの約1年間
特定非営利活動法人ジャパンハートの医師ボランティアとして
途上国カンボジアで医療活動を行っていました。

1年間カンボジアで暮らし、医師として活動する中で
学んだこと、体験したこと、感じたことを共有して頂こうと思います。

参加募集人数に限りがありますが、まだ若干名の参加可能です。
ご興味ある方は気軽にご連絡頂けたらと思います。
地域医療や途上国での活動にご興味のある方、大歓迎です。

日時:2019年5月31日 13:30〜
場所:武蔵国分寺公園クリニック

31/03/2019

武蔵野総合診療/家庭医療プログラム

森川すいめいさんをお招きして、オープンダイアローグのワークショップを開催しました。
ゆったりと時間をかけて話すこと、聞くことを分けること、対話を重ねていくことの大切さをあらためて体験しました。
臨床の場でどう生かしていくか、これから模索していきたいと思います。

31/03/2019

森川すいめいさんをお招きして、オープンダイアローグのワークショップを開催しました。
ゆったりと時間をかけて話すこと、聞くことを分けること、対話を重ねていくことの大切さをあらためて体験しました。
臨床の場でどう生かしていくか、これから模索していきたいと思います。

29/03/2019

武蔵野家庭医療プログラムの中間評価(研修手帳・ポートフォリオ・面接)を実施しました。
これから360度評価も行います。

15/03/2019

ローカルガイドライン「インフルエンザ」共同執筆中。
Slackで原稿チェックしながら進めていますが、いきなりコクランを簡単によむ方法のミニレクチャーがはじまったりします。

minds.jcqhc.or.jp 15/03/2019

Mindsについて | Mindsガイドラインライブラリ

Mindsフォーラム2019(2019.1.12 開催)
「おまかせ」しない医療に向けて:患者と医療者は何をシェアしていくべきか?

動画公開されています。
https://minds.jcqhc.or.jp/activity/annual_report/T0012452

minds.jcqhc.or.jp 2019年1月12日に開催された、Mindsフォーラム2019『「おまかせ」しない医療に向けて:患者と医療者は何をシェアしていくべきか?』の報告ページです。当日の内容を動画でご覧いただけます。よりよい患者―医療者関係を築.....

武蔵野総合診療/家庭医療プログラム

東京都国分寺市に拠点。
地域医療・家庭医療の実践と教育に取り組んでいます。

ビデオ (すべて表示)

新型コロナと人類滅亡教
プログラム説明会 リハーサル動画

電話番号

住所


西元町2-16-34-127
Kokubunji, Tokyo
185-0023
その他 Kokubunji 診療所 (すべて表示)
東迎はりきゅう接骨院 東迎はりきゅう接骨院
西恋ケ窪2-10-33
Kokubunji, 185-0013

東京都国分寺市で開業26周年を迎えます東迎接骨院です。 JR中央線西国分寺駅徒歩5分です。 スポーツ外傷に特化した接骨院です。

Head Spa & Private mirai Head Spa & Private mirai
南町2−18−6 B1F
Kokubunji, 185-0021

国分寺駅南口徒歩1分、話題の『ドライヘッドスパ』サロン・アロマトリートメントも人気です。「本来の美しさ」取り戻しませんか?

金子鍼灸接骨院 金子鍼灸接骨院
貫井北町5-10-14 studioK
Kokubunji, 184-0015

患者さんに合わせた手技療法、機器療法、鍼療法を駆使した施術

はりきゅう すもも治療院 はりきゅう すもも治療院
本町3-7-23 第3小柳コーポ202
Kokubunji, 185-0012

東京都国分寺市にある『 はりきゅう すもも治療院 』です。

CHIKAWA DENTAL CHIKAWA DENTAL
本町2-23-5 ラフィネ込山1F
Kokubunji, 185-0012

チカワデンタル 2010年11月開院。 JR国分寺駅 徒歩3分の新しい歯科医院です。

けやき動物病院 けやき動物病院
本多5-3-6
Kokubunji, 185-0011

フレーバーライフ アロマテラピーショップ フレーバーライフ アロマテラピーショップ
東京都国分寺市本町4-1-12
Kokubunji, 185-0012

http://flavorlfie.com フレーバーライフ アロマテラピーオンラインショップ

バランス整体 孝 国分寺店 バランス整体 孝 国分寺店
南町2-1-38ケロリンビル2F
Kokubunji, 185-0021

バランス整体とは、施術の全てを手技で行います。 骨ではなく筋肉に働きかけ筋肉の動きを良くする事で、その人の持つ自己治癒力を高め、 身体のバランスをとっていきます。

Salon de Topinambour : Private Workshops, Cooking class, and Relaxation Salon de Topinambour : Private Workshops, Cooking class, and Relaxation
Kokubunji, 185-0035

YOSHIVEGGIE WORKSHOP 〜Sharing Love & Grace through Healthy Natural Cooking〜

多摩メディカルクリニック 多摩メディカルクリニック
本町3-11-14
Kokubunji, 185-0012

内科・胃カメラ・大腸カメラ・消化器内視鏡検査や人間ドックを行っております。AGA治療 ED治療 禁煙外来 ピロリ菌検査除菌 グラッシュビスタ 腸内洗浄 プラセンタ等もあり。

からだバランス協会 からだバランス協会
東京都国分寺市富士本2-16-2
Kokubunji, 185-0031

国分寺すずかけ心療クリニック 国分寺すずかけ心療クリニック
本多2-3-3 国分寺市商工会館5階
Kokubunji, 1850011

国分寺すずかけ心療クリニック 精神科・心療内科・精神科デイケア