西国分寺駅

西国分寺駅(にしこくぶんじえき)は、東京都国分寺市西恋ヶ窪二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。駅番号は中央線がJC 17、武蔵野線がJM 33。中央本線と武蔵野線の2路線が乗り入れ、中央本線を当駅の所属線としている。中央本線は当駅を含む区間は、運行系統上は「中央線」と案内される。運転形態の詳細については該当記事を参照のこと。歴史東京 - 高尾間の中央線の駅では最も新しい駅である。元々中央線には西国分寺駅は設置されていなかったが、武蔵野線開通に伴い乗り換えの便を図るために設置された。 1973年(昭和48年)4月1日:武蔵野線開通と同時に日本国有鉄道の駅として開業。旅客営業のみ。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日:ICカード「Suica」の利用が可能となる。 2017年(平成29年)3月4日:発車メロディに「一番星みつけた」(中央線ホーム)と「国分寺市の歌」(武蔵野線ホーム)を導入。ご当地メロディの導入は中央線系統では8駅目、武蔵野線では新座駅、東川口駅(現在不使用)、南越谷駅(8月限定)に続いて4駅目の導入。駅構造中央線部分は相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホームは掘割部分にあり、その上部に橋上駅舎を有する。駅本屋の建設は鹿島建設が担当した。中央線の複々線化を考慮し、掘割は十分な幅を持っており、ホームの改修により島式ホーム2面4線として機能するようになっている。ただし、2013年現在は複々線用地に店舗が設置されている(後述)。また、駅ホームの手前、国立寄りの中央線上り線路側の掘割斜面には「JR東日本」の文字が示された植え込みがある。

通常通り開く

カテゴリー

ウェブサイト

住所


西恋ヶ窪二丁目1-18
Kokubunji, Tokyo
185-0013

営業時間

火曜日 11:30 - 14:00
17:00 - 23:00
日曜日 11:30 - 15:00
17:00 - 22:00
鉄道のその他Kokubunji (すべて表示)