Fairy Tennis Forum

Fairy Tennis Forum

コメント

今日は白子のノアテニスアカデミーさんのハードコートをお借りして強化合宿を行ってます。フェアリーのチーム合宿としては、約2年振りです。新たなメンバーも加わり、冬のグレード大会や、年明けの地域予選大会上位進出を目指します。
子供達を育てるって、親もテニスコーチも難しいですね。

桑田真紀さん

ジェンダーレスや個性重視を具現化したような存在として話題を呼び、現在タレントして活躍中のMattさんの母であり、現在は彼のマネージャーも務める。夫は元プロ野球選手の桑田真澄さん。著書に自らの子育てについて語った『あなたはあなたのままでいい』(講談社)。

アーティスティックなメイク、デジタルを使った“Matt化”など、Mattさんの登場には誰もが驚かされました。自由奔放な彼の父親が、元プロ野球選手の桑田真澄さんであることも大きな話題となった反面、メディアに現れた頃はバッシングもかなり受けたそう。そんな状況下にもかかわらず、自分のやりたいことへポジティブに突き進むMattさんの姿は、むしろ清々しいとさえ感じてしまうほど。「特別な子育てをしてきたわけでは本当にないんです」。ご本人はそう言いますが、子どもと向き合うことを怠らず、口を出さずに、いつだって我が子の応援団長でいることって簡単なようで難しいことですよね。そんな桑田真紀さんのお話から見えた9つの心得とは?
1.ひとつのことを無理にやり通させない

「ひとつのことをやり通すことは美談と思われがちですが、もし、子どもが嫌々やっているとわかったら、親が才能を感じたとしても潔くやめることも大切。高校時代、吹奏楽部に所属していたMattの場合、顧問の先生に注意されるほど、楽器を替えたいという彼のリクエストに応じてきましたが、その結果出会えた楽器が今も続けているサックス。無理に続けさせるより、まわり道しても好きなことを見つけてあげる方が有効だと思うんです」

2.気持ちは言っても意見は言わない
(口を出さない)

「日常生活の中でも『大丈夫かな?』と思う場面はいくらでもありますが、子どもの考えや行動に“口を出す”のではなく“口に出す”。親だって人間、すべてが正解を言えるわけではないので、不安な気持ちを“口に出して”子どもと一緒に考えてみることをしてきました」

3.先回りしない

「子育てを通して実感したことは“先回りは遠回り”。大人の経験値から先回りして、つい答えを出してしまいがちですが、そうすることで本来するはずの失敗や経験がすっぽり抜けてしまうし、考えるチャンスを失ってしまう。結果、子どもの成長機会を奪ってしまうことにもなるんです。つい先回りして手助けしてしまう親心は痛いほどわかりますが、ぐっと我慢して陰から見守ることが、子どもの成長に大切なことです」

4.親が答えを出してあげない

「答えって親の欲ですよね。悩んでいる子どもの不安を聞いて導く作業は手間がかかりますが、“自分で決めた”という体験をさせてあげないと親のせいにしがち。子どもって自分で決断したことには歯をくいしばって頑張れる。自分で決める力を育むことで、責任感や強さも生まれます」

5.「頑張れ!」と言わない

「子どもと親はあくまでも別人格。ましてや所有物ではないので、『こう生きてほしい』と親が考える理想を押し付けることは親のエゴだと思うんです。親が思う方向に進まないことで、ストレスを向けることがいちばん注意したいこと。強制的な『頑張れ!』ほど、子どもの重荷になることはありません。子どもが何に興味があるか観察しながら見守り、子どもが必要とした時に必要な形でサポートをする。ヤキモキすることだらけですが、子育てって本当に忍耐が求められるものと感じます」

6.“ながら聞き”をしない

「1日に1回、顔を向き合って話すことだけは毎日欠かしませんでした。私は専業主婦でしたが、仕事を持つ忙しいママなら、夕食時でもお風呂の後でもいつでもいいので、料理したり、携帯を見ながらの“ながら聞き”ではなく、きちんと向かい合って話すことが大切。ゲームのことでも何でも、子どもが興味を持っていることに同じ目線で話すことで、子どもは親をよき理解者として心の扉を開いてくれます。話すことが生活の一部となることで、我が家は多感な年齢期にも気負いなく心の内を話してくれました」

7.否定しない

「子どもが話している最中に絶対に頭ごなしに否定をしないこと。子どもの話の中には、大人からすると間違っていると即座に突っ込みたくなることも多々ありますが、頭ごなしに否定をすると子どもはそのまま心を閉ざしてしまいがち。まずは歩み寄り、そして結論を急がない。指示をするのではなく、たわいもない会話から子どもを誘導してあげることも大切です」

8.他の子と比較しない

「親ってどこかで何か秀でたものを子どもに求めがちですが“普通だっていいじゃん”と思えるくらいの方が、むしろその先につながる子どもの“好き”を見つけてあげられるのではないかと思います。兄弟間でも言えることですが、できる子と比較をしない。“できるよ”“大丈夫だよ”など肯定する言葉が子どもの安心感を育み、自信を持って自分を発揮できる強さを育めるのでは」

9.目は離さない

「幼い子どもが『見て見て!』ってよく言いますが、子どもはいくつになっても親に見ていてもらいたいもの。きちんと子どもを見ることって簡単なようで難しいこと。同じ目線で物事を見て、心から子どもを肯定し、正面から向き合ってあげることで、外で失敗したり、不安なことに直面しても強い心を育めるのではないでしょうか」
フェアリースタッフ河本です。ある先輩コーチの投稿をシェアさせて頂きました。

あるデータが面白いです。それは、IQに及ぼす影響を遺伝的、家庭環境的、家庭以外の環境的に調査したもので、子どもが4~6歳(横軸の4 TO 6)のときのIQは遺伝が約4割、家庭環境が約4割、友人や学校が約2割、という影響率になっているということです。そして、友人や学校の影響率は加齢してもほぼ横ばいですが、遺伝の影響率は加齢とともに急上昇し、同時に家庭環境の影響率は急降下しています。そして、成人になると、遺伝の影響率が8割強となり、家庭環境の影響率は0%になっています。ここから導き出せる結論は、成人のIQは遺伝で8割強、決まってしまうというもので、親の育て方とかしつけというのは成人のIQには影響を及ぼさない、そして、親は子どもの友人選びや学校選びにかかわることで、2割弱ほどはIQに影響を与えられる可能性がある、ということです。IQは遺伝で8割強も決まってしまうということは、他にもそうした研究結果があります。なので、幼児教育をするなら、IQ以外の分野に労力を費やしたほうがよいということになって、子どものどういう分野を伸ばすかというと、それは、自制心を鍛えてあげることです。つまり、しつけとしてはガマンを教えることは大切ってことですね。そういう意味でスポーツはガマンすることが多いので、やはり小さい頃から何らかのスポーツをやらせるのは良い影響を及ぼすと思います。ただし、親がそこに関与しすぎると、逆に自制心は育たなくて、それは子どもの能力が高まる可能性を低くするので要注意です。
今朝は、全国小学生大会の東京予選のサポートで昭和の森テニスセンターへ。雨の中でしたが、通常通り開催されました。

フェアリーの選手は、終始自分の良いプレーをなかなか引き出せずにコートを去る事になりました。本来の力を少しでも出せなかった本人が一番悔しかったと思いますので、この敗戦を機に今後の取り組みのモチベーションに繋げて欲しいと思います。
昨日は、12歳男子1R、14歳女子2Rの試合のサポートでした。

両選手とも負けましたが、それぞれの選手が、試合の中で成長を感じさせてくれる場面が多々ありました。女子の選手は、東京のトップ選手を相手にしっかりとラリーの打ち合いができていて、来年の同じカテゴリーで戦える手応えを感じました。

また、男子の選手は、いま取り組み中のストロークの調整が上手くいかない中でも、諦めずに気持ちが崩れる様な態度は見せず最後まで戦ってくれました。試合の途中にストロークが余りにも上手く行かなさ過ぎて、開き直って笑った表情を見せた時にその選手の心の強さを感じました。

また来年この場所で堂々と自信に満ち溢れた選手の姿がみれる様に練習のサポートを行いたいと思います。
本日は、東京ジュニア選手権の試合サポートでした。フェアリーテニスクラブにも朝練のコートを提供して頂き、準備良く大会初日に挑めました。

今回の大会参加選手の中には、高校入学に伴い、今大会で私にとって最後の試合のサポートになる選手もいます。

私が出会った時は、小学5年生でした。身体も小さく、1番下のグレード大会はおろか、他のテニスクラブが主催している月例のトーナメントでさえ毎回の様に0-6,や1-6負けていた選手が、途中で退めずにテニスを続けてくれた事により今では、立派な戦いが出来る選手になりました。地域のトップ選手との距離は、縮まっていると思います。これからの高校生活で是非自分の目標を達成して欲しいと思います。これからの活躍を応援してます。
本日は、毎日庭球日さんよりお誘い頂き、白子でワンデーの3セットマッチの練習試合を行っております。個人参加も含めて複数の東京都のクラブが参加しており、天気も良く充実した練習試合でした♪
今日から東京都ジュニア選手権の予選大会のサポートが始まり、ここから約1ヶ月間は、土日の試合のサポートが続きます。

昨年は、全国大会につながる主要な地域大会が、殆ど中止になり、選手達も目標や、モチベーションを失いがちでしたが、今年は、各大会が開催される方向に進んでおり、このまま皆が安心できる環境になって欲しいです。
MUFGジュニアテニストーナメント東京都予選。

冷たい雨の中の開催になりました。フェアリーからは、男子2人が初戦に挑みました。
2人ともに、まだまだラリーでの失点の多さが目立ち、自分の良いプレーを出しきれず内容となりました。

東京都ジュニアに向けて強化していきます。
天気にも恵まれて3日間の日程を終了しました。
14歳以下女子優勝 14歳男子準優勝 12歳男子3位
と健闘しました。春の大きな大会に向け更に試合内容を引き上げて行きたいと思います。
2日目の白子も快晴です。テニスクリニックも同時開催中です。
コロナウィルスの感染力が高まる中ですが、フェアリー育成チームから数名キッズテニスカップ白子大会に参加させて頂いています。感染予防を徹底して3日間過ごしたいと思います。

東京都小平市にある、本格派テニススクール。Professional Tennis Registryのサテライトオフィスが設置され、世界最先端のティーチングをここから発信しています。

通常通り開く

Photos from Fairy Tennis Forum's post 20/11/2021

今日は白子のノアテニスアカデミーさんのハードコートをお借りして強化合宿を行ってます。フェアリーのチーム合宿としては、約2年振りです。新たなメンバーも加わり、冬のグレード大会や、年明けの地域予選大会上位進出を目指します。

13/10/2021

子供達を育てるって、親もテニスコーチも難しいですね。

桑田真紀さん

ジェンダーレスや個性重視を具現化したような存在として話題を呼び、現在タレントして活躍中のMattさんの母であり、現在は彼のマネージャーも務める。夫は元プロ野球選手の桑田真澄さん。著書に自らの子育てについて語った『あなたはあなたのままでいい』(講談社)。

アーティスティックなメイク、デジタルを使った“Matt化”など、Mattさんの登場には誰もが驚かされました。自由奔放な彼の父親が、元プロ野球選手の桑田真澄さんであることも大きな話題となった反面、メディアに現れた頃はバッシングもかなり受けたそう。そんな状況下にもかかわらず、自分のやりたいことへポジティブに突き進むMattさんの姿は、むしろ清々しいとさえ感じてしまうほど。「特別な子育てをしてきたわけでは本当にないんです」。ご本人はそう言いますが、子どもと向き合うことを怠らず、口を出さずに、いつだって我が子の応援団長でいることって簡単なようで難しいことですよね。そんな桑田真紀さんのお話から見えた9つの心得とは?
1.ひとつのことを無理にやり通させない

「ひとつのことをやり通すことは美談と思われがちですが、もし、子どもが嫌々やっているとわかったら、親が才能を感じたとしても潔くやめることも大切。高校時代、吹奏楽部に所属していたMattの場合、顧問の先生に注意されるほど、楽器を替えたいという彼のリクエストに応じてきましたが、その結果出会えた楽器が今も続けているサックス。無理に続けさせるより、まわり道しても好きなことを見つけてあげる方が有効だと思うんです」

2.気持ちは言っても意見は言わない
(口を出さない)

「日常生活の中でも『大丈夫かな?』と思う場面はいくらでもありますが、子どもの考えや行動に“口を出す”のではなく“口に出す”。親だって人間、すべてが正解を言えるわけではないので、不安な気持ちを“口に出して”子どもと一緒に考えてみることをしてきました」

3.先回りしない

「子育てを通して実感したことは“先回りは遠回り”。大人の経験値から先回りして、つい答えを出してしまいがちですが、そうすることで本来するはずの失敗や経験がすっぽり抜けてしまうし、考えるチャンスを失ってしまう。結果、子どもの成長機会を奪ってしまうことにもなるんです。つい先回りして手助けしてしまう親心は痛いほどわかりますが、ぐっと我慢して陰から見守ることが、子どもの成長に大切なことです」

4.親が答えを出してあげない

「答えって親の欲ですよね。悩んでいる子どもの不安を聞いて導く作業は手間がかかりますが、“自分で決めた”という体験をさせてあげないと親のせいにしがち。子どもって自分で決断したことには歯をくいしばって頑張れる。自分で決める力を育むことで、責任感や強さも生まれます」

5.「頑張れ!」と言わない

「子どもと親はあくまでも別人格。ましてや所有物ではないので、『こう生きてほしい』と親が考える理想を押し付けることは親のエゴだと思うんです。親が思う方向に進まないことで、ストレスを向けることがいちばん注意したいこと。強制的な『頑張れ!』ほど、子どもの重荷になることはありません。子どもが何に興味があるか観察しながら見守り、子どもが必要とした時に必要な形でサポートをする。ヤキモキすることだらけですが、子育てって本当に忍耐が求められるものと感じます」

6.“ながら聞き”をしない

「1日に1回、顔を向き合って話すことだけは毎日欠かしませんでした。私は専業主婦でしたが、仕事を持つ忙しいママなら、夕食時でもお風呂の後でもいつでもいいので、料理したり、携帯を見ながらの“ながら聞き”ではなく、きちんと向かい合って話すことが大切。ゲームのことでも何でも、子どもが興味を持っていることに同じ目線で話すことで、子どもは親をよき理解者として心の扉を開いてくれます。話すことが生活の一部となることで、我が家は多感な年齢期にも気負いなく心の内を話してくれました」

7.否定しない

「子どもが話している最中に絶対に頭ごなしに否定をしないこと。子どもの話の中には、大人からすると間違っていると即座に突っ込みたくなることも多々ありますが、頭ごなしに否定をすると子どもはそのまま心を閉ざしてしまいがち。まずは歩み寄り、そして結論を急がない。指示をするのではなく、たわいもない会話から子どもを誘導してあげることも大切です」

8.他の子と比較しない

「親ってどこかで何か秀でたものを子どもに求めがちですが“普通だっていいじゃん”と思えるくらいの方が、むしろその先につながる子どもの“好き”を見つけてあげられるのではないかと思います。兄弟間でも言えることですが、できる子と比較をしない。“できるよ”“大丈夫だよ”など肯定する言葉が子どもの安心感を育み、自信を持って自分を発揮できる強さを育めるのでは」

9.目は離さない

「幼い子どもが『見て見て!』ってよく言いますが、子どもはいくつになっても親に見ていてもらいたいもの。きちんと子どもを見ることって簡単なようで難しいこと。同じ目線で物事を見て、心から子どもを肯定し、正面から向き合ってあげることで、外で失敗したり、不安なことに直面しても強い心を育めるのではないでしょうか」

30/06/2021

フェアリースタッフ河本です。ある先輩コーチの投稿をシェアさせて頂きました。

あるデータが面白いです。それは、IQに及ぼす影響を遺伝的、家庭環境的、家庭以外の環境的に調査したもので、子どもが4~6歳(横軸の4 TO 6)のときのIQは遺伝が約4割、家庭環境が約4割、友人や学校が約2割、という影響率になっているということです。そして、友人や学校の影響率は加齢してもほぼ横ばいですが、遺伝の影響率は加齢とともに急上昇し、同時に家庭環境の影響率は急降下しています。そして、成人になると、遺伝の影響率が8割強となり、家庭環境の影響率は0%になっています。ここから導き出せる結論は、成人のIQは遺伝で8割強、決まってしまうというもので、親の育て方とかしつけというのは成人のIQには影響を及ぼさない、そして、親は子どもの友人選びや学校選びにかかわることで、2割弱ほどはIQに影響を与えられる可能性がある、ということです。IQは遺伝で8割強も決まってしまうということは、他にもそうした研究結果があります。なので、幼児教育をするなら、IQ以外の分野に労力を費やしたほうがよいということになって、子どものどういう分野を伸ばすかというと、それは、自制心を鍛えてあげることです。つまり、しつけとしてはガマンを教えることは大切ってことですね。そういう意味でスポーツはガマンすることが多いので、やはり小さい頃から何らかのスポーツをやらせるのは良い影響を及ぼすと思います。ただし、親がそこに関与しすぎると、逆に自制心は育たなくて、それは子どもの能力が高まる可能性を低くするので要注意です。

17/04/2021

今朝は、全国小学生大会の東京予選のサポートで昭和の森テニスセンターへ。雨の中でしたが、通常通り開催されました。

フェアリーの選手は、終始自分の良いプレーをなかなか引き出せずにコートを去る事になりました。本来の力を少しでも出せなかった本人が一番悔しかったと思いますので、この敗戦を機に今後の取り組みのモチベーションに繋げて欲しいと思います。

今朝は、全国小学生大会の東京予選のサポートで昭和の森テニスセンターへ。雨の中でしたが、通常通り開催されました。

フェアリーの選手は、終始自分の良いプレーをなかなか引き出せずにコートを去る事になりました。本来の力を少しでも出せなかった本人が一番悔しかったと思いますので、この敗戦を機に今後の取り組みのモチベーションに繋げて欲しいと思います。

21/03/2021

昨日は、12歳男子1R、14歳女子2Rの試合のサポートでした。

両選手とも負けましたが、それぞれの選手が、試合の中で成長を感じさせてくれる場面が多々ありました。女子の選手は、東京のトップ選手を相手にしっかりとラリーの打ち合いができていて、来年の同じカテゴリーで戦える手応えを感じました。

また、男子の選手は、いま取り組み中のストロークの調整が上手くいかない中でも、諦めずに気持ちが崩れる様な態度は見せず最後まで戦ってくれました。試合の途中にストロークが余りにも上手く行かなさ過ぎて、開き直って笑った表情を見せた時にその選手の心の強さを感じました。

また来年この場所で堂々と自信に満ち溢れた選手の姿がみれる様に練習のサポートを行いたいと思います。

昨日は、12歳男子1R、14歳女子2Rの試合のサポートでした。

両選手とも負けましたが、それぞれの選手が、試合の中で成長を感じさせてくれる場面が多々ありました。女子の選手は、東京のトップ選手を相手にしっかりとラリーの打ち合いができていて、来年の同じカテゴリーで戦える手応えを感じました。

また、男子の選手は、いま取り組み中のストロークの調整が上手くいかない中でも、諦めずに気持ちが崩れる様な態度は見せず最後まで戦ってくれました。試合の途中にストロークが余りにも上手く行かなさ過ぎて、開き直って笑った表情を見せた時にその選手の心の強さを感じました。

また来年この場所で堂々と自信に満ち溢れた選手の姿がみれる様に練習のサポートを行いたいと思います。

Photos from Fairy Tennis Forum's post 07/03/2021

本日は、東京ジュニア選手権の試合サポートでした。フェアリーテニスクラブにも朝練のコートを提供して頂き、準備良く大会初日に挑めました。

今回の大会参加選手の中には、高校入学に伴い、今大会で私にとって最後の試合のサポートになる選手もいます。

私が出会った時は、小学5年生でした。身体も小さく、1番下のグレード大会はおろか、他のテニスクラブが主催している月例のトーナメントでさえ毎回の様に0-6,や1-6負けていた選手が、途中で退めずにテニスを続けてくれた事により今では、立派な戦いが出来る選手になりました。地域のトップ選手との距離は、縮まっていると思います。これからの高校生活で是非自分の目標を達成して欲しいと思います。これからの活躍を応援してます。

Photos from Fairy Tennis Forum's post 23/02/2021

本日は、毎日庭球日さんよりお誘い頂き、白子でワンデーの3セットマッチの練習試合を行っております。個人参加も含めて複数の東京都のクラブが参加しており、天気も良く充実した練習試合でした♪

21/02/2021

今日から東京都ジュニア選手権の予選大会のサポートが始まり、ここから約1ヶ月間は、土日の試合のサポートが続きます。

昨年は、全国大会につながる主要な地域大会が、殆ど中止になり、選手達も目標や、モチベーションを失いがちでしたが、今年は、各大会が開催される方向に進んでおり、このまま皆が安心できる環境になって欲しいです。

今日から東京都ジュニア選手権の予選大会のサポートが始まり、ここから約1ヶ月間は、土日の試合のサポートが続きます。

昨年は、全国大会につながる主要な地域大会が、殆ど中止になり、選手達も目標や、モチベーションを失いがちでしたが、今年は、各大会が開催される方向に進んでおり、このまま皆が安心できる環境になって欲しいです。

Photos from Fairy Tennis Forum's post 23/01/2021

MUFGジュニアテニストーナメント東京都予選。

冷たい雨の中の開催になりました。フェアリーからは、男子2人が初戦に挑みました。
2人ともに、まだまだラリーでの失点の多さが目立ち、自分の良いプレーを出しきれず内容となりました。

東京都ジュニアに向けて強化していきます。

23/11/2020

天気にも恵まれて3日間の日程を終了しました。
14歳以下女子優勝 14歳男子準優勝 12歳男子3位
と健闘しました。春の大きな大会に向け更に試合内容を引き上げて行きたいと思います。

22/11/2020

2日目の白子も快晴です。テニスクリニックも同時開催中です。

21/11/2020

コロナウィルスの感染力が高まる中ですが、フェアリー育成チームから数名キッズテニスカップ白子大会に参加させて頂いています。感染予防を徹底して3日間過ごしたいと思います。

21/11/2020

コロナウィルスの感染力が高まる中ではありますが、フェアリー育成チームから数名キッズテニスカップ白子大会に参加させて頂いています。感染予防を徹底して3日間過ごしたいと思います。

08/11/2020

今日の午後は、都内のテニスクラブさんの交流戦に参加している子のサポートです。 閑静な住宅街の中にテニスコートとゴルフ場もあり、民間のクラブで存在している事にビックリです。

22/08/2020

このコロナ禍のタイミングで賛否両論ありますが、他のクラブチームさんのお誘いもあり、親御さんの了承もいただいた上で合宿を決行しました。

01/05/2020

こんにちは。コーチの三浦です。
良い天気なので、外で思いっきり動きたいですね。
私は今、部屋などで出来ることをして皆さんにお会いできた時にパワーアップした所をお見せできるよう準備しております。
皆様もこの動画含めて見て頂いて、少しでも打った際の感触が良いものになれるよう願っております。
次回の動画も楽しみに待っていてください。

27/04/2020

こんにちはヽ(^0^)ノ
コーチの菅野です!
皆さんもトレーニングをしてperfectbodyをめざ目指ししましょう( ̄▽ ̄)

26/04/2020

本日は小泉コーチからの自宅で出来る練習動画の紹介です!!~第2弾!!~
明日は、菅野コーチの予定です😉皆さんお楽しみに🎶

25/04/2020

こんにちは!フェアリーの田中です。
STAY HOMEが続く中、皆様ご自宅でどのようにお過ごしでしょうか?
今回は、ご自宅で出来るちょっとしたトレーニングを紹介いたします!是非、お子様から大人の方までやってみて下さい😊

15/04/2020

お客様各位

ゴールデンウィークイベント中止のお知らせ



平素はフェアリーテニスフォーラムをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、新型コロナウィルス感染拡大防止を考慮し、ゴールデンウィークに予定していました全てのイベントを中止とすることを決定いたしました。

イベントを楽しみにして頂いていたお客様には大変心苦しい限りですが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

Fairy Tennis Forum
ディレクター 徳丸 豊

06/04/2020

お客様各位

平素より当スクールをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染が大きくなり不安な毎日をお過ごしかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ゴールデンウィークのイベントへの参加のお申し込みについては継続させていただきますが、今後の感染拡大や東京都や国の緊急事態宣言の発令、その他の状況悪化によっては中止の決定をせざるを得ない場合もございます。

何卒御理解の上、ご了承頂ければ幸いです。

フェアリーテニスフォーラム
ディレクター 徳丸 豊

05/04/2020

フェアリーテニスフェスタのお知らせ、その3

『ジュニア体験レッスン』のご案内です🎶

・日時 4月29日(水・祝)
12:00〜13:00(雨天時はインドアコートを使用)

・参加人数 小学生低学年(小1〜小3) 8名
小学生高学年(小4〜小6) 8名
 ※フェアリーの生徒の方、元スクール生の方、一度当スクールで体験を受講した事がある方はご参加頂けません。ご了承ください。

・料金 1人500円(税込)
※当日払い

・レッスン内容 コーディネーショントレーニング、コーンバーで作ったネットやミニネットを使いレッドボールやオレンジボール(弾みを抑えたボール)などを使用し、ラリーやゲームなどを行います。🎾

・持ち物 飲み物 タオル 帽子
※当日は運動の出来る格好でお越しください。靴はテニスシューズでなくても、運動靴で結構です。

・お申込みは本日、4月5日(日)からになります!
お電話(042-325-9282)又は店頭にてお申し込み下さい!
※キャンセルは4月26日(日)までにご連絡をお願い致します。

これを機にテニスの楽しさに気づいてみてはいかがですか?!😏

沢山のご参加をお待ちしております!

05/04/2020

フェアリーテニスフェスタのお知らせ 2

『親子レッスン』のご案内です!👨‍👩‍👧

・日時 4月29日(水・祝)
10:00〜11:00(雨天時はインドアコート使用)

・参加人数 親子(小学生低学年) 6ペア
親子(小学生高学年) 6ペア
※スクール生の方も参加可能

・料金  1ペア 500円(税込)※当日払い

・レッスン内容 親子でコミニケーションをとりながら楽しめるコーディネーショントレーニング、コーンバーで作ったネットを使い基本レッドボール(弾みを抑えたボール)を使用しラリーやゲームなどを行います!🔥

・持ち物 飲み物 タオル
※当日は運動の出来る格好でお越しください。
ラケットはこちらでお貸しします。
靴はテニスシューズ出なくても、運動靴で結構で す。

お申し込みは本日、4月5日(日)からとなります!
お電話(042-325-9282)または、ご来店にてお申し込み下さい。親子のお名前、お子様の学年をお伝えください。
キャンセルは4月26日(日)までにご連絡をお願い致します。

親子で楽しい思い出、共通の趣味を見つけてみてはいかがですか?!☺️

是非、沢山のご参加お待ちしております🎶

04/04/2020

フェスタのご案内✨✨
色々なイベントを開催予定です🎶
皆様お誘い合わせの上ご参加下さい!!
また、募集イベントもございます。先着順となっておりますので、お早めにお申し込み下さい😊

29/03/2020

今年は積もらなくて良かったと思っていましたが、、、
明日、気温が上がる事を願います(>人

28/03/2020

フェアリーテニスフェスタお知らせ その1

ゴールデンウィーク4月29日(水.祝)2020フェアリーテニスフェスタを行います🎶
その中で、我がフェアリー育成チーム専属トレーナーの村原トレーナーに、2本イベントを行って頂きます!!
小学生向けの『かけっこ教室』と、大人向けの『腰痛、肩こり予防の体操とストレッチ』の2本立てです!!どちらもビフォーアフターを計測し、結果が分かるような内容の濃いイベントとなります!!スクール生の方でなくてもご参加可能です!
ご予約は4月4日(土)9時からの受付です!皆様お誘い合わせの上是非ご参加下さい☆
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
フェアリーテニスフォーラム
Tel:042-325-9282
メール:[email protected]

22/03/2020

ゴールデンウィークのイベントのお知らせです!
ジュニア向けの練習試合を沢山用意致しました!!低学年初心者向けのレッドボール大会!高学年初心者向けのオレンジボール大会、レベルアップ向けのグリーンボール大会を開催致します!いずれも3月29日日曜日17時00分からの申込受付開始です!ビジターの方のご参加も承ります🎶レッドボール大会、オレンジボール大会は講習付きとなっておりますので、試合が初めての方でも安心してご参加出来るようにしております!
是非この機会にご参加ください🎶

20/03/2020

天気に恵まれ、第1回フェアリー団体戦開催しております!コロナの影響で開催が危ぶまれましたが、皆さん盛り上がっております🎶団体戦ならではの盛り上がりですね!!

24/02/2020

本日、晴天に恵まれ『チャレンジシングルスA』と『チャレンジシングルスB』の大会が行われました!

午前は『チャレンジシングルスB』で、今回はグリーンクラスの生徒たちが8名参加してくださいました!毎回子供たちの試合は、こちらが驚く位成長が見られ、感動の連続でした!
そんな中、優勝に輝いたのは安藤選手です✨決勝は、キープ合戦でプロ顔負けの試合となり、大接戦の末、6-5で瀧澤選手を破り優勝となりました!瀧澤選手も悔しい気持ちもありながら、立派なスピーチをしてくれました!どの試合も、接戦が多くこれからの皆の更なる成長がとっても楽しみです🎶

午後は『チャレンジシングルスA』が、行われました!中学生はテスト期間で参加が少ない中、小学生、高校生と幅広い年齢層で12名参加してくださいました!4名の紹介の方も参加して下さり、決勝はビジター同士の戦いとなりました!
予選では1-6だった立住選手飯塚選手の決勝戦となりました!立住選手は決勝で粘りもみせ、3-4となり、観客をわかせてくれましたが、惜しくも4-6で、優勝は飯塚選手となりました!サウスポーで、キレのあるストロークが勝利の鍵となりました!おめでとうございます✨✨
次回はゴールデンウィークを予定しております!是非またご参加ください。応援してくださった親御様、ありがとうございました‼

23/02/2020

東京都6位入賞

東京都ジュニア選抜順位戦。1試合目を勝ち、5〜6位戦へ。2試合目は、明らかに電池切れで昨日のような内容には至りませんでしたが、今後この上位グループで戦い抜く為には、彼の最大の課題は、私の得意分野でもあります、「今より飯の量を増やす」という事で本人も納得していました。(^^)

22/02/2020

今日は、東京都ジュニア選抜選手権の試合のサポートでした。関東大会出場への切符は2〜3枚で本当に狭き門です。

本日ベスト16からの対戦相手はフェアリーの選手以外ほぼ全員が、個人戦で全国大会を経験している選手達です。今日の初戦は、左利きの相手ですが、左利きのチームメイトとの朝練の甲斐もあり終始堂々たるプレーを披露してくれて勝利しました。

東京都ベスト8は、フェアリー育成チーム始まって以来初の成績ですが、関東に出るには、更に強敵が待っています。

結果は、3-6 , 5-7で敗退ですが、2ndセットは、5-2デュースノーアドセットポイントまで行きました。
互角に戦えた内容を評価したいです。

その相手の選手とは、最近までぺんぺんにやられて完封負けしていた相手なので、この試合は、本人にとって大きな自信になったと思います。

明日は、5〜8位順位戦です。関東大会出場へ向けて数パーセントのチャンスですが、全力で戦って欲しいですね。明日も朝から小金井公園です。応援宜しくお願いします。!

16/02/2020

山梨県マッチ練習会2日目
U12のサポートは、雨のため予定より少し遅れてスタート。小雨になり試合ができる状態になりました。
中止になってもおかしくない状況でしたが、主催されている県協会のスタッフの皆様に感謝です。

15/02/2020

まもなく開催される東京都ジュニア選手権を目前に山梨県トレセン練習試合に参加させて頂いてます。

天候も良くアルプスをバックに最高のロケーションです。この景色を毎日みれる山梨県民が本当に羨ましいです。

11/02/2020

駒沢公園テニスコートにて。

フェアリー育成クラスからは、14歳以下男子1名エントリー。初戦を勝利しました。次回2回戦は、22日9時30〜小金井公園にて開催されます。関東大会出場をかけて戦います。応援宜しくお願い致します。

26/01/2020

マッチ練習合宿2日目。

あいにくの天気ではありますが、しっかりとマッチ練習で経験を積ませて貰ってます。

ビデオ (すべて表示)

こんにちは。コーチの三浦です。良い天気なので、外で思いっきり動きたいですね。私は今、部屋などで出来ることをして皆さんにお会いできた時にパワーアップした所をお見せできるよう準備しております。皆様もこの動画含めて見て頂いて、少しでも打った際の感...
こんにちはヽ(^0^)ノコーチの菅野です!皆さんもトレーニングをしてperfectbodyをめざ目指ししましょう( ̄▽ ̄)
本日は小泉コーチからの自宅で出来る練習動画の紹介です!!~第2弾!!~明日は、菅野コーチの予定です😉皆さんお楽しみに🎶
こんにちは!フェアリーの田中です。STAY HOMEが続く中、皆様ご自宅でどのようにお過ごしでしょうか?今回は、ご自宅で出来るちょっとしたトレーニングを紹介いたします!是非、お子様から大人の方までやってみて下さい😊
東京都6位入賞
山梨県マッチ練習会2日目U12のサポートは、雨のため予定より少し遅れてスタート。小雨になり試合ができる状態になりました。中止になってもおかしくない状況でしたが、主催されている県協会のスタッフの皆様に感謝です。
今日から2日間千葉県の白子練習マッチ強化合宿に参加させて頂いています。今回フェアリーから引率した選手達には、テニスを頑張ってやり続けるモチベーションのきっかけになって欲しいなと思います。
今日から3日間白子にて育成選手の合宿を行っています。今回も志津TCさん主催のマッチ合宿にも参加させていただきお世話になります。予報に反して今日は、天気にも恵まれていて風が爽やかで心地良い一日になりそうです。
いよいよ10連休ゴールデンウィークが始まりましたが、育成選手を引率して、今日と明日は、山中湖の練習マッチ合宿に参加し、3日目は甲府に移動して山梨県の複数のクラブチームと練習マッチ会に参加と充実した3日間になりそうです。あいにくの空模様ですが...
気温マイナス3度、霧の中タフマッチ最終日開始。上からは何も見えませんが、選手達には見えてるらしいです。
白子合宿2日目の朝は、選手合同のビーチランから始まる。

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


鈴木町1-400-1
Kodaira, Tokyo
187-0011
テニスのその他Kodaira (すべて表示)
PTR Japan PTR Japan
1-400-1, Suzuki-cho
Kodaira, 187-0011

PTR JAPANは、日本国内のPTRのメンバーへのサービスを行い、また、指導者の方や指導に興味を持つ方に様々な情報の提供を目指します。