新小平駅

新小平駅

新小平駅(しんこだいらえき)は、東京都小平市小川町二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線の駅である。当駅は小平市内に唯一存在するJR線の駅である。武蔵野線の本線のほか、旅客駅より西国分寺駅側で中央本線国立駅へ通じる武蔵野線支線(国立支線)が分岐している。この支線は主に貨物列車が走行するが、一部「むさしの号」や「ホリデー快速富士山号」などの旅客列車も経由する。歴史 1973年(昭和48年)4月1日:日本国有鉄道(国鉄)の駅として開業。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。 1991年(平成3年) 8月:地下ホームの吹抜部を使った大きな壁画が完成。 10月11日:水没のため、12月11日まで閉鎖。下記参照。 2月28日:バリアフリー対応としてエスカレーターの使用を開始。 11月18日:ICカード「Suica」の利用が可能となる。 2009年(平成21年) 3月2日:構内コンビニエンスストアのNEWDAYSが出入口を改札外から改札内に移動して改装オープン。 12月:エレベーターを新設。

通常通り開く

カテゴリー

住所


小川町2-1960
Kodaira, Tokyo
187-0032
その他 Kodaira タクシー (すべて表示)
花小金井駅 花小金井駅
花小金井1-10-5
Kodaira, 187-0002

鷹の台駅 鷹の台駅
たかの台45-4
Kodaira, 187-0024