岸和田駅

岸和田駅(きしわだえき)は、大阪府岸和田市宮本町にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK24。「ラピートα」をのぞき全列車が停車する。日中は特急「サザン」・「ラピートβ」と普通がそれぞれ緩急接続する。(2014年10月18日改正)駅構造待避設備を備えた島式2面4線のホームを持つ高架駅である。現在の駅舎は3代目。先代は昭和初期に建てられたもので、半円型のステンドグラスが特徴的な洋風の駅舎だったが、現駅舎にも2代目駅舎をイメージしたステンドグラスや半円型のガラス窓などが施されている。1階に改札、2階にホームがある。改札口は中央口と和歌山市駅寄りの南口があり、両口とも団体専用口を備えている。1・4番線が待避線で2・3番線が本線となっている。 中央口に改札とホームを結ぶエスカレータ・エレベータ、南口に同じくエスカレータが設置される。当駅は、駅長が配置され、春木駅~二色浜駅の各駅を管轄している。3階と4階及び屋上は都市計画駐車場となっている。駐車場の出入口は駅西側3階にあり、スロープで難波駅側から入り和歌山市駅側へ出る。駐車場各階と駅西側1階を結ぶエレベータが設置される。利用状況2015年(平成27年)度の1日平均乗降人員は24,047人で、南海の駅(100駅)では12位である。近年の1日平均乗降・乗車人員は下表の通り。駅周辺中央口は東出口と西出口に分かれる。東出口はバス・タクシーターミナルがあり、国道26号まで片側2車線の道路が伸びている。西出口は大阪臨海線まで昭和大通という5間幅の道路が伸び、商店街を経て岸和田カンカンベイサイドモールに至る商業エリアとなっている。南口も中央口同様東西に分かれるが、出口の区別はない。ただし、構内図等で南出口と表記されることがある。南口は市役所や旧市街地への最寄口となる。バス路線バス 南海ウイングバス南部: 岸和田市内を走る路線の他、泉北高速鉄道 和泉中央駅へ向かう路線も運行している。 岸和田市地域巡回ローズバス(南海ウイングバス南部運行): 岸和田市内を巡回しているコミュニティバスの内回り、外回りの起点であり終点。

通常通り開く

カテゴリー

電話番号

住所


宮本町1番10号
Kishiwada-shi, Osaka
596-0054

輸送サービスのその他Kishiwada-shi (すべて表示)
久米田駅 久米田駅
大町373-2番地
Kishiwada-shi

和泉大宮駅 和泉大宮駅
Kishiwada-shi, 596-0047