春木駅

春木駅(はるきえき)は、大阪府岸和田市春木若松町14-6にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK22。概要岸和田競輪場の最寄り駅となっており、競輪開催時(場外発売日は除く)には、2005年11月27日の改正までは昼間時間帯のみ和歌山市発着の急行が臨時停車していた(泉佐野・羽倉崎折返しの急行や、多奈川線直通急行は通常時も停車していた)。なお、春木駅に停車する急行電車は、一般の急行電車と区別するために、行先案内板等では、「急行」の両側に白線(ハイフン)を付し、【】という案内表示がなされていた(この急行を、鉄道ファンの間では「白線急行」と称した)。(競輪の重賞レース開催日などに)まれに運転される当駅始発の臨時急行、および2017年1月28日の改正で深夜時間帯に設定される難波発急行泉佐野行きは当駅に停車し、この案内表示が使われる。空港急行・区間急行は全列車が停車する。空港急行が停車する理由は、空港線開業時に、泉佐野駅・羽倉崎駅折返しの急行が空港急行に変更されたためである(多奈川線直通急行はこの時点で既に廃止)。日中時間帯には、周辺の急行停車駅と事実上同格の駅となっているにもかかわらず、行先案内表示機などは設置されていない(但し案内放送は詳細タイプ)。またラッシュ時に運転される急行が当駅を通過する関係でラッシュ時(特に夕ラッシュ時の上り)は日中より停車本数が少ない時間帯がある。駅構造単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ地平駅である。改札口は上下線のホーム毎に独立しており、入場後のホーム同士の往復は不可能。なんば方面行き駅舎には臨時改札口(入口専用)もあったが、2017年にこの改札口の跡地に上り駅舎が移設された。トイレは設置されている。単式ホームが1番線、島式ホームが2・3番線となっている。3番線は和歌山市駅方が行き止まりとなっており折返し列車用となっている。3番線は元々、競輪輸送時の臨時列車に対応するために設けられていたと思われるが、ここ最近は使われていなかった。しかし、2005年11月27日のダイヤ改正では3番線に発着する当駅始発の準急・普通が設定された(これは高石駅の高架化工事を見据えて同駅始発列車を置き換えたものといえる。またグレードレース開催時には当駅始発の臨時急行も運転される)。そのため、点字タイルの貼り付けや再整備が3番線で施工された。有効長は、下り1番のりばと、上り2番のりばは8両編成、折り返し上り3番のりばは6両編成である。3番線ホーム西側には、業務用車両留置用の側線(非電化)がある。利用状況2015年(平成27年)度の1日平均乗降人員は14,845人である。

通常通り開く

電話番号

住所


春木若松町14-6
Kishiwada-shi, Osaka
596-0006

その他 Kishiwada-shi 輸送サービス (すべて表示)
Haruki Station Haruki Station
春木若松町13-27
Kishiwada-shi, 596-0006