美加の台駅

美加の台駅(みかのだいえき)は、大阪府河内長野市にある、南海電気鉄道高野線の駅。駅番号はNK71。概要複線化されてから開設された駅の一つで、快速急行以下の種別が停車する。旧線時代、この場所には加賀田信号所が設置されており、列車の行き違いが行われていた。 美加の台トンネルが竣工して新線に切り替わった後も、三日市町から千早口までの複線化工事が完了するまでは信号所として存続していたが、1984年3月6日の複線化完工をもって廃止された。しかし周辺には新興住宅地である「南海美加の台」などが造成され、その利便を図るため、加賀田信号所の廃止から半年が経った1984年9月1日、同じ地に当駅が誕生した。駅はニュータウンが広がる丘陵間の谷に位置しており、旧線区間を転用した遊歩道や田園風景を俯瞰することができる。なお、橋上駅舎は出入り口が3階部分にあり、屋上バスロータリーが道路橋梁に直接接続しているため、駅舎から地上へ降りることはできない。駅構造相対式2面2線のホームを持つ橋上駅(難波方4両分は高架駅)である。ホーム有効長は8両。屋根は高野山方4両分しかなく、利用者からは拡張の要望が出ている。1階がプラットホーム、2階が駅務室およびコンコースである。3階屋上に駅の出入り口・バスロータリーがあるため、乗降客は屋上から出入りする。2階には改札口があり、改札内に上下ホーム用のエレベーターが2基、改札外に屋上用の1基が設置されている。券売機が1台のみであるため乗車駅証明書発行機が設置されている。また、遅延等の連絡用のスクリーン(普段は広告として使用されている)、ICカード用のチャージ機が付近に設置されている。車椅子対応トイレには、オストメイト、ベビーベッドが設置されている。1階(ホーム)に発車標(列車案内板)はないが、接近案内装置ある。駅自動放送は原則として簡易タイプであるが、下り快速急行到着時のみ、詳細タイプに近い文面になる(林間田園都市駅まで無停車のため。ただし行き先は呼称されない)。各ホーム3ヶ所に列車非常停止ボタンが設置されている。南海高野線の中では最も新しい駅である。2012年にバリアフリー化等の工事を行い、エレベーター等を新設、旅客案内サイン類を一新した。利用状況平日ラッシュ時は1時間あたり6本、日中は1時間あたり3-4本が停車する。

通常通り開く

カテゴリー

住所


Kawachinagano-shi, Osaka