當麻寺

當麻寺(たいまでら、常用漢字体:当麻寺)は、奈良県葛城市にある7世紀創建の寺院。法号は「禅林寺」。山号は「二上山」。創建時の本尊は弥勒仏(金堂)であるが、現在信仰の中心となっているのは当麻曼荼羅(本堂)である。宗派は高野山真言宗と浄土宗の並立となっている。開基(創立者)は聖徳太子の異母弟・麻呂古王とされるが、草創については不明な点が多い。西方極楽浄土の様子を表した「当麻曼荼羅」の信仰と、曼荼羅にまつわる中将姫伝説で知られる古寺である。毎年5月14日に行われる練供養会式(ねりくようえしき)には多くの見物人が集まるが、この行事も当麻曼荼羅と中将姫にかかわるものである。奈良時代 - 平安時代初期建立の2基の三重塔(東塔・西塔)があり、近世以前建立の東西両塔が残る日本唯一の寺としても知られる。大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えられる。本項では寺号と行政地名については現地における表記を尊重して「當麻」とし、人名、作品名等については「当麻」の表記を用いる。歴史立地中将姫の蓮糸曼荼羅(当麻曼荼羅)の伝説で知られる當麻寺は、二上山(にじょうざん、ふたかみやま)の麓に位置する。當麻寺がある奈良県葛城市當麻地区(旧・北葛城郡當麻町)は、奈良盆地の西端、大阪府に接する位置にあり、古代においては交通上・軍事上の要地であった。二上山は、その名のとおり、ラクダのこぶのような2つの頂上(雄岳、雌岳という)をもつ山で、奈良盆地東部の神体山・三輪山(桜井市)と相対する位置にある。二上山は、大和の国の西に位置し、夕陽が2つの峰の中間に沈むことから、西方極楽浄土の入口、死者の魂がおもむく先であると考えられた特別な山であった。二上山はまた、古墳の石室や寺院の基壇の材料になる凝灰岩(松香石)や、研磨剤となる柘榴石の産地でもあった。

通常通り開く

カテゴリー

住所


Katsuragi-shi, Nara
639-0276

仏教寺院のその他Katsuragi-shi (すべて表示)
當麻寺中之坊(当麻寺中之坊) 當麻寺中之坊(当麻寺中之坊)
奈良県 葛城市當麻1263番地
Katsuragi-shi, 639-0276

當麻寺中之坊(当麻寺中之坊)は、「導き観音さま」の祈願所、庭園「香藕園」は大和三名園の一です。写佛道場にて写仏体験ができます。

當麻寺 奥院 當麻寺 奥院
當麻1263
Katsuragi-shi, 639-0276

當麻寺奥院 http://www.taimadera.or.jp/

子授け寺 浄願寺 子授け寺 浄願寺
寺口1170
Katsuragi-shi, 639-2135

子授け寺、子宝祈願、子授け祈願、癒しの庭園、お墓新区画分譲中