山ノ上ギャラリー

山ノ上ギャラリー

金沢市の卯辰山中腹にあるアートギャラリーです

18/04/2022

LOOP THE LOOP
村上有輝染展
2022.4/21(木)〜5/1(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
“自然風景を循環する水”をテーマに制作しています。
水はある意味この世の心理なのではないかと考えています。
布に染め描く絵画の魅力を感じ取って頂ければ幸いです。
2020 卯辰山工芸工房 染工房 入所
2020-2014 有)由水十久工房 入社・退職
2014 金沢美術工芸大学院 絵画専攻油画コース 修了
2012 金沢美術工芸大学 美術工芸科油画専攻 卒業
1989 大阪府出身

03/04/2022

2022山ノ上デ、春ヲ楽シム。

4月6日(水)〜4月17日(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
片瀬有美子(陶)山口 香菜(染) 保木 詩衣吏(ガラス) 
武藤 公夫(陶) 田中 若葉(漆)

24/03/2022

展示2日目になりました。
こちらがホームページを依頼している会社のサーバーがなんらかの不具合で落ちてしまって今回のオンライン販売のページを含めてHPも見れない状態になっております。今回の展示はギャラリーでの販売のみとさせていただきます。ご迷惑おかけ致しまして申し訳ありませんでした。

02/03/2022

春の陽
陶/荒谷 翔
ガラス/松田 苑子
2022.3月23日(水)〜4月3日(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
植物や風景を閉じ込めたガラスの箱。器や花器など、自然釉を基調とした陶磁器を展示します。春らしい温かな作品をご覧下さい。

荒谷 翔
植物の灰を基調とした釉薬というのは、陶磁史の中で一番古い技法の一つですが、
植物の種類によって実に様々な表情を見せてくれます。
この灰釉と呼ばれる技法で身近な自然の表情や旅をしてみてきた色を植物や土の組み合わせで出し、その風景を器に落とし込み制作をしています。

11月からの曇天とともに金沢の長い冬を終え、暖かい日差しの季節を迎えます。
冬の空、雪、雪解け水などから、春に向けての花芽や蕾、新芽、徐々に緑が増えてくる季節の移ろいを作品の表情から感じて頂ければと思います。

2011 筑波大学芸術専門学群構成専攻クラフトコース 卒業
2013 東京藝術大学大学院修士課程 陶芸 修了
2013-17 小榑窯 勤務
2017 金沢市にて独立、築窯

松田 苑子
大切なものの容れ物として、硝子で箱をつくり『ときの箱』と名付けています。
私が考える大切なものとは、
過ごしてきた時間を内包するもの
未来への希望を抱くもの

仕舞うものはなんでもよくて、
指輪でもいいし、
拾ってきた小石、集めた貝殻、
空気でもいい。

箱という用具には、内側にある大切なものを守り育む力があると思っています。
お気に入りの箱の蓋を開けて、大切なものにそっと触れてみる。
そんな、ひっそりとした特別で愛おしい時間を共に過ごすものであること、 使う人の心に寄り添うものとなることを願いながらつくっています。

2011  多摩美術大学美術学部工芸学科 ガラスプログラム 卒業
2013  東京藝術大学大学院修士課程 ガラス造形 修了
2015  金沢卯辰山工芸工房 研修者 修了
多摩美術大学工芸学科 ガラス研究室 助手を経て
2018  春より京都にアトリエをうつして制作

Photos from 山ノ上ギャラリー's post 28/12/2021

2022年山ノ上ギャラリー新春展のご案内

「光の回廊」
佐々木 俊仁 ガラス作品展
2022年1月7日(木)〜1月16日(日)
AM11:00〜PM5:00
月曜日定休

佐々木 俊仁Shunji Sasaki
祖母の箪笥から出てきた一枚の布と出会った。歴史を感じ、様々な色の布が織り込まれ、まるで花のような美しさを放っていた。
その布のような「時を経ても感動をもたらす作品を作りたい」そんな願いを込めながら、吹きガラスの技法で制作を続けている。
略歴
1987 岩手県生まれ
2007 秋田公立美術工芸短期大学
工芸美術学科 ガラスコース 卒業
2007 栃木県 グラススタジオ ポンテ 勤務
2009 富山市 一般財団法人 富山市ガラス工芸センター 勤務
2016 富山市 富山ガラス造形研究所 教務課 助手 勤務
2019 富山市 「 S glass studio 」 開設

下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
2022年1月8日11:00 START
1月16日17:00 CLOSE

06/12/2021

山ノ上ギャラリー
2021年ラストの展示になります。

「わくわくドキドキざわめくカタチ 」
12月9日(木)〜12月22日(水)
AM11:00〜PM5:00 ●月曜日定休
それぞれの素材が魔法にかかったように、いろいろなものたちに生まれ変わりました。
ワクワク楽しいパラダイスにようこそ。
藤田有紀(金属)マスヤケイコ(陶)中山昌果(羊毛)木本 百合子(染)

藤田 有紀
愛知県名古屋市に生まれ。
金沢美術工芸大学工芸科、修士課程、
金沢卯辰山工芸工房修了後
同年より金沢市内の工房にて制作。

マスヤケイコ
金沢生まれ、少し能登育ち。大阪美術専門学校、
大阪芸術大学工芸学科を卒業後
現在能登に拠点を置き陶芸を制作。

中山 昌果
奥能登・珠洲生まれ。
石川県立九谷焼技術研究所を卒業後、
珠洲に帰郷し作陶をはじめ、
現在は羊毛や色々な素材で珍獣など制作。

木本 百合子
金沢美術工芸大学大学院 工芸専攻 染織コース
修了後、現在金沢卯辰山工芸工房に在籍中
友禅を中心とした染め物、イラストレーションを制作。

12月10日より、下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
12月10日 11:00 START
12月 22日 17:00 CLOSE

15/11/2021

はなやすみ
田中 陽子 展
お花をモチーフにした陶作品を展示いたします。
お花に囲まれた一時をお過ごしください。
2021. 11月20日(土)〜12月5日(日)
AM11:00〜PM5:00 月曜日定休

1992 金沢市生まれ
2015 金沢美術工芸大学美術工芸学部工芸科卒業
2017 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程終了
2020 金沢卯辰山工芸工房技術研修者 陶芸工房 修了

11月21日より、下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
11月21日 11:00 START
12月 5日 17:00 CLOSE

25/10/2021

星の海
河内麻子ガラス展
2021.10月28日(木)〜11月14日(日)
11:00〜17:00 月曜日定休
世界はそれぞれの命が輝く、まるで星の海
とろけるガラスの表情を活かした色とりどりの器やオブジェの展示になります。

うつろいゆく時間とともにあるやわらかな永遠性を夢の中にいる心地で、触れようとする。
そんな感覚でガラスや世界と関わっています。

河内あさこ
2014 関西学院大学社会学部卒業
2018 富山ガラス造形研究所 造形科卒業
2019 金沢卯辰山工芸工房入所
現在 金沢にて制作

下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
10月28日11:00 START
11月14日17:00 CLOSE

11/10/2021

漂う貝にたずねて 
杉本小百合 藤田柚子 近藤なつみ 三人展

2021年10月15日(金)〜10月24日(日)
11:00~17:00  月曜定休

私ちは身体一つ心一つで生まれ落ち、何を頼りに、どこへ行くのか。信じること、確かめること、慈しむこと。
生きる場所や時代が変わっても悠久の時を通し繰り返されてきた人間の営みは、私たちに何かを教えてくれるかも知れません。
現代世界という大海原で漂いながらも生きる私たちは、この小さな声を頼りに探し続ける。
貝に耳を澄まし、たずねきくように。

杉本 小百合 Sayuri Sugimoto
1996年 滋賀県出身
2021年 金沢美術工芸大学大学院 工芸専攻漆・木工コース修了
現在 金沢卯辰山工芸工房にて制作

目に見えないが確かに存在するもの(宗教や国家、時間といった)を信じ、考え、物語ることが出来るという人の性質に興味があり、人がどう世界を捉えて理解してきたかをテーマに銀の研ぎ出し蒔絵のパネルをメインに制作を行っています。

藤田 柚子 Yuko Fujita
1994年 北海道出身
2019年 金沢美術工芸大学 工芸科漆・木工コース卒業
現在  金沢美術工芸大学大学院 工芸専攻漆・木工コース在籍

触感覚に働きかける表現を追求しています。漆が持つ奥行きをを感じさせる艶・肌にしっとりとなじむ質感は、「触る・触らない」といった人間の触感覚を刺激します。自分自身と世界の実在を指先から確かめるための媒体として、漆という素材を用いカバンを始めとした身の回りの小物を制作しています。

近藤なつみ Natsumi Kondo
1994年 東京出身
2019年 金沢美術工芸大学 工芸科漆・木工コース卒業
現在   東京にて制作

少しだけ心を落ち着かせて、「お茶でもしませんか?」
忙しい日々の生活の中で、忘れかけていた豊かな時間と空間を思い出させてくれる、丁寧に満たしてくれる。モノで溢れた現代において、世界に一つしかない、本当に大切な付加価値を時間と共に育てる。永く愛用して、馴染み、変化し、お直しをして、また愉しむ。
そうなり得る漆芸作品を制作しています。

下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
10月15日11:00 START
10月24日17:00 CLOSE

※掲載作品は3人のコラボ作品です。

27/09/2021

松永安正展
スペインに捧ぐ
2021.10月5日(火)〜10日(日)
画家として四十数年、
スペインを題材に又抽象表現を模索して続けてきました。
1994年から金沢での個展から皆様の支えで今に至りました。
油画、水彩画、アクリル画等展示致します。
1951 福岡県出身
1971 武蔵野美術短期大学卒
<1978~1985 スペイン留学>
1979 バルセロナ大学美術学部編入
1981 マッサナ美術学校銅版画科卒
1984 ジョッジャ美術学校卒
<1985~2020 各地で個展>

10月5日〜10月10日の期間
下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
10月5日11:00  START
10月10日17:00 CLOSE

31/08/2021

「たゆたふ」
陶/竹田みずほ
染/井上 藍
9月11日(土)〜9月26日(日)AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
ゆらぐ曲線や柔らかな色彩の織りなす空間をお楽しみください。

竹田みずほ
TAKEDA MIZUHO
1988 東京都生まれ
2013 東京藝術大学美術学部
    工芸科陶芸専攻 卒業
2015 東京芸術大学大学院美術研究科工芸専攻 陶芸研究領域 修了
2017 石川県金沢市にて独立・築窯

○作品のコンセプト
世界の祈りが込められた文様を用いた表現。
作品に主に用いている幾何七宝紋は、アラベスク文様と日本の古典文様である七宝紋を図形的に組み合せ、
相違と調和を表現している。
成型に関しては小さい作品を中心に手びねりや鋳込み、大きいサイズの作品は主に轆轤を用いて形を作っている。
手びねりは塊のような状態から即興的に形を模索しながら掘り出していき、
面と線を構成することによって仕上げていく。
その面の一部に意匠を施すことによって静と動を表現している。
(琳派の絵画や着物の文様などによく見られる雲や川の輪郭線の中に連続文様が描かれる意匠をヒントにしている。)
着色は上絵の具(洋絵の具)を使用している。(九谷焼の和絵の具とは種類が異なる)

井上藍
INOUE AI
1991 京都府生まれ
2015 金沢美術工芸大学 美術工芸科 
    工芸専攻 染織コース卒業
2015-2016 インドで絵を描く
2018 金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科 染織コース修了
2021 金沢卯辰山工芸工房修了

○作品コンセプト
作品テーマは生命の始まり。
植物が生えてくる様子等をモチーフに描きます。これらのモチーフは、抽象的・偶発的にできるデカルコマニー模様から出発します。
偶発的にできるデカルコマニー模様から、具象的なモチーフへと変化する様子は、
形のない生命から何かが生まれ育つ“生命の始まり”を意味します。
デカルコマニー模様は見る人によって様々なイメージを与える模様であり、“想像の原点”のように考えています。
着物等を染める際に使用する友禅技法と、絵画技法であるデカルコマニー技法を組み合わせ、
作品を制作しています。現在は金沢を拠点に活動中です。

20/07/2021

富永 一真 Glass art
内側をつくる
2021/7月24日(土)〜8月8日(日)
AM11:00〜PM17:00
自宅で過ごすことが多くなったいま、《内側》についてより意識するようになった。
今回の個展では身近な自宅で使う器を中心に他オブシェなどの展示を展開致します。

富永 一真
Kazuma Tominaga

1987 大阪に生まれる
2010 大阪芸術大学芸術学部工芸学科ガラスコース 卒業
2010-2012 大阪府立西野田工科高校 特別非常勤講師
2012-2016 大阪芸術大学短期大学部 非常勤副手
2017-2020 金沢卯辰山工芸工房 技術研修者
2020- 富山ガラス造形研究所 助手

下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
7月24日11:00  START
8月8日17:00 CLOSE

01/07/2021

寄り道の寄り道。
新城すみれ 染展
2021年7月8日(木)〜7月18日(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
「毎日のおもしろ探し」いつもの日常を新鮮に感じながらカラフルにエネルギッシュに表現。ろうけつ染めと木版で染め描く世界。

下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
7月8日11:00  START
7月18日17:00 CLOSE

Photos from 山ノ上ギャラリー's post 07/06/2021

「光に描く」
上端伸也Kanbata shinya
浅野恵理子Asano eriko
6月10日(木)〜6月27日(日)
11:00〜17:00月曜日定休
ガラスと上絵のコンテンポラリーな融合。
それぞれの技法が息づくコラボレーションの世界が広がります。
上端 伸也
2002年 石川県立九谷焼技術研修所 本科 入学
2005年 石川県立九谷焼技術研修所 本科・研究科修了
現在 石川県内で制作活動

浅野恵理子
2008年 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
2010年 富山ガラス造形研究所研究科 修了
2014年 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在 石川県内で制作活動

下記のサイトより一部の作品購入も出来ますので、ご覧いただければと思います。
http://yamano-ue.com/shop/
6月10日11:00 オンラインSTART
6月27日17:00 オンラインCLOS

25/05/2021

卯辰の新緑に魅せられて
2021年5月27日(木)〜6月6日(日)
AM11:00〜PM5:00
ステンドグラス  小林 真由美
キャンドル  谷口 悦子
フラワーマグネット 谷内口 麻弓
木工  西尾 賢一
木の器 山崎 貞明

27/04/2021

藤田有紀金属の世界
空と海のちょうどあいだの
2021.5/1(土)〜5/23(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
空と海の間の世界“ソラウミ”を舞台に生きるいきものたちを
銅や真鍮などの金属を用いて制作しました。
私の頭の中に棲むいきものたちに是非会いに来てください。

藤田有紀(ふじたゆうき) 略歴 
1986 愛知県生まれ 
2011 金沢美術工芸大学工芸科卒業 
2013 金沢美術工芸大学工芸科
修士課程修了 
2016 金沢卯辰山工芸工房修了   
現在金沢市で制作活動中 
2011第67回金沢市工芸展 市長奨励賞
    第51回日本クラフト展 丸の内賞
2012 GEISAI#17 審査員賞(富野由悠季賞)
2013 世界工芸コンペティション 金沢2013 
    審査員特別賞
2015 2016 金沢卯辰山工芸工房賞
https://yamano-ue.com/

コロナ禍でもありますので
今回の展示は特別に一部の作品をオンライン販売もさせて頂きます。
期間/5月1日(土)〜5月23日(日)
5月1日より
https://yamano-ue.com/shop/
にて作品を紹介致します。
販売方法はメール、電話で対応致しますのでよろしくお願い致します。
TEL/076-251-7411(AM11:00〜PM5:00月曜日定休)
mail/[email protected]

05/04/2021

山ノ上デ、春ヲ楽シム。
4月8日.木〜4月25日.金
11:00〜17:00
月曜日定休
朴木朋美/陶
武藤公夫/陶
山添恵茉/七宝
村上有輝/染
藤原愛/漆
菅野有紀子/ガラス

19/03/2021

●上の展示スペースにて
ときめきの時間
たこあつこ(陶)
松村明子(羊毛フェルト)
2021年3月19日(金)〜4月4日(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)

下の展示スペースにて
同時開催

HIDE AND SEEK

物事の本質は常に隠されている。
覆いを取り去り、目に見える色と形でそれらを明らかにする。
それが万の作品。

08/03/2021

わくわくカーニバルの世界へようこそ
「ときめきの時間」
たこあつこ(陶)
松村明子(羊毛フェルト)
2021年3月19日(金)〜4月4日(日)
AM11:00〜PM5:00(月曜日定休)
Happyな作品たちが笑顔でお出迎え。
優しさ溢れる楽しい空間をお楽しみ下さい。

20/01/2021

2021新春展
1月26日(火)〜2月8日(日)
冬期営業時間
PM1:00〜PM5:00
月曜日定休
2021年の山ノ上ギャラリーがスタートします。
今回は2020年の12月に開催しました「大切な人に届けたいもの」の展示も引き続き一部展示致します。
冬期時間で午後からの展示になりますが是非お散歩がてらご覧頂ければと思います。
※悪天候の時はクローズになる事があります。
変更のお知らせはHP、FB等でお知らせ致します。

11/01/2021

2021年もよろしくお願い致します。
1月14日からの新春展は雪のためまだまだ交通困難と判断致しまして1月21日からに変更させて頂きます。
また近くなりましたら展示内容はFBとHPにてご案内させて頂たいと思います。皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしください。

23/11/2020

山ノ上ギャラリー10周年企画
感謝の想いを込めて‥。
大切な人に届けたいもの
12月4日(金)〜12月24日(木)
月曜日定休
AM11:00〜PM17:00
https://yamano-ue.com/

今回はギャラリー10周年記念展示となります。
ギャラリーも色々な方々のお陰でこれまで続けてこれていると思っています。
2020年はいままでにない本当に大変な年になりました。
大切な人にとどけたいもの。
いまだからこそ作家と心をひとつにしてこのメッセージを届けられる展示を開催したいと思いました。
60人の作家それぞれの想いを込めたオンリーワンをお届けできればと思います。

浦中 廣太郎(金工)
河野 太郎(金工)
藤田 有紀(金工)
中島 ゆり恵 (金工)
奥澤 華(金工)
黄  照津(金工)
河上 真琴 (鉄)
浅野 恵理子(ガラス)
菅野 有紀子(ガラス)
河内 あさこ(ガラス)
富永 一真 (ガラス)
保木 詩衣吏(ガラス)
奥村 朝美(ガラス)
松田 苑子(ガラス)
杉原 倫子(ガラス)
河野 千種(ガラス)
小坂 未央 (ガラス)
佐々木俊仁(ガラス)
藤原 彩葉(ガラス)
西垣  聡(ガラス)
田中 若葉(漆)
百瀬 玲亜(漆)
黒木 紗世(漆)
藤原  愛(漆)
井上 藍 (染)
小島 柚穂(染)
新城 すみれ(染)
田中 陽子(陶)
鍾 雯婷(陶)
中井 波花(陶)
平井 悠一(陶)
東元 生(陶)
朴木 友美(陶)
由良 薫子(陶)
白井 渚(陶)
矢野 滋(陶)
柳井 友一(陶)
竹 優莉(陶)
南 槙太朗(陶)
荒谷 翔(陶)
竹田みずほ(陶)
堀 貴春(陶)
石永 知美(陶)
三宅日加里(陶)
ウエダキヨアキ(陶)
吉村 茉莉(陶)
澤谷 由子(陶)
上端 伸也(陶)
張 多然 (陶)
たこあつこ(陶)
エセム 万(絵画)
松永 安正 (絵画)
稲澤 廣明 (絵画)
松岡 理恵 (絵画)
谷内 正遠 (版画)
松本 睦子 (キルト)
松村 明子 (羊毛フェルト)
小澤 明子 (籐)
山本 由美子(ステンドグラス)
小林 真由美(ステンドグラス)
(順不同)
(画像作品は展示作品と異なります)

ビデオ (すべて表示)

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


山の上町25-8
Kanazawa-shi, Ishikawa
920-0816

アートギャラリーのその他Kanazawa-shi (すべて表示)
陶庵 to-an 陶庵 to-an
入江2-401
Kanazawa-shi, 921-8011

金沢にある陶芸工房(予約制)です。初めての方も経験者の方も大歓迎!落ち着いたお洒落空間で陶芸体験をしてみませんか?2020.1じゃらんの遊び体験で全国1位獲得。

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa
広坂1-2-1
Kanazawa-shi, 920-0962

ギャラリートネリコ ギャラリートネリコ
池田町3-30
Kanazawa-shi, 920-0985

金沢市中心地にあるギャラリーです(企画・貸し)。

北山堂 [HOKUSANDO] 北山堂 [HOKUSANDO]
広坂1-2-33
Kanazawa-shi, 920-0962

Kutani ceramics have been widely used in the daily lives of Kanazawa residents since the feudal

Gallery O2 Gallery O2
石川県金沢市南町5-12 井上ビル4F Inoue Bldg. 4th Floor 5-12 Minamicho Kanazawa, Ishikawa
Kanazawa-shi, 920-0919

美術工芸ギャラリー Art Gallery

GalleryTEN GalleryTEN
入江2-243
Kanazawa-shi, 921-8011

ハイクラスホテル、レストランなどのコミッションワーク(フルオーダー、オリジナルアートワークのご提案から設置まで)を行います。

金沢21世紀美術館IPC写真展 金沢21世紀美術館IPC写真展
金沢市
Kanazawa-shi, 920-8509

縁煌 -enishira- 縁煌 -enishira-
東山1-13-10
Kanazawa-shi, 920-0831

金沢・ひがし茶屋街にある、80人以上の地元・若手工芸作家を中心とした、セレクトショップ&ギャラリーです。

金沢アートグミのつまみぐみ講座 金沢アートグミのつまみぐみ講座
青草町88番地北國銀行武蔵ヶ辻支店3階
Kanazawa-shi, 920-0907

毎月一回、木曜夜開催。1講座90 分 場所は金沢アートグミです。それ以外の場合は予約時にお伝えします。 アートグミ会員、アーティストは500円オフ!

As baku As baku
博労町71
Kanazawa-shi, 9200903

芸宿 ge-Shuku 芸宿 ge-Shuku
小立野4-2-1 すみれ台ハウス
Kanazawa-shi, 920-0942

ー基本情報ー 金沢にあるArtist Run Space&Community。自分にとって、また誰かにとって都合のいい場所。 https://twitter.com/ge_Shuku

Shirasagi/白鷺美術 Shirasagi/白鷺美術
柿木畠4-16
Kanazawa-shi, 920-0999

独自の世界観を持つ作品、アーティストの紹介を企画。演奏会や2階のギャラリーにて作品展示を月一回行っている。