結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates

何か嬉しいこと、楽しいこと、心に届くものと出会う体験を。

通常通り開く

19/02/2022

キャリアガイダンス〜建築士の仕事紹介〜

2019年にお招きいただいた日本大学高等学校のキャリアガイダンスに再度お声掛けいただきました。

前回、高校1年生だった生徒さん達が3年生になり、この先の進路もほぼ決まった状態でのお話、ということで建築系の大学でどんなことを学び、それがどう社会につながっていくのか、学生時代にやっておいた方が良いと思うことを個人の建築士としてお話しました。

このFacebookに投稿した(2019年10月28日)前回の生徒さんからの質問を読み返すと、今回出た質問の内容との違いが成長のようにも見えます。身近に相談できる建築士がいない高校生もいるようなので、ある一建築士の考えとして今回の質問の回答も投稿してみます。

質問と回答
・設計などに関して特別な才能が必要ですか。
「はい」その人らしさという才能が必要だと思います。自分のクセや得意不得意を知り、仕事相手と一緒につくりあげる姿勢が大事だと思います。

・設計に毎回「これ以上ない」という自信を持っていますか。
「いいえ」です。いつも、その時の最善を尽くす仕事をしているつもりですが、もっとできることはなかったか?もし、あの時この方法を使ったらどうなっていただろうか?などと繰り返し頭の中で反芻しています。そうすることが、次の仕事の原動力にもなります。

・顧客の要望と独自性を合わせた総合的なデザインの仕方を教えてください。
私は、自分の独自性は意識せずとも出てしまうと思うので、基本的には顧客の要望をとにかくひたすら噛み砕き、その他の条件と合わせたらどうなるかについて考え抜くようにしています。

・デザインの思考法を教えてください。
私は、条件の中での思いつく限りを出し尽くし、3つくらいに絞っていく思考方法をよく行います。

・事務所の運営方法を教えてください。
設計を依頼してくれる人を見つける「広報・営業」、依頼された仕事を設計図書にまとめ、工事中の設計監理を行う「実務」、業務報酬や経費、税金などの収支を管理する「会計業務」、その他の「事務・雑務」などがあります。規模の小さな事務所では一人で全てをこなすこともあります。

・どのように仕事を受けていますか。
電話やメールで、依頼が来ることが多く、何度かやりとりを重ねて、相手の要望とこちらの仕事の状況や進め方が合うとプロジェクトスタートになることが多いです。

・建築士の1日の流れを教えてください。
毎日同じことの繰り返しではないので、1週間単位くらいのサイクルになることが多いと思います。
一日、図面作成や使用材料の詳細確認に費やすこともありますし、午前または午後に打合せや、役所へ事前協議、現場確認に行き、事務所に戻って設計検討を進める、という日もあったり、講師業務で一日出張など、いろいろあります。

・残業はどのくらいしていますか。
いつまでにこの図面を描く、いつまでにこの資料を作成する、等の締切に向かって仕事をすることが多いので、締切直前は使える時間を最大限に使うことが多いです。それ以外の時は、今の私の仕事のスタイルとしては週一回22時頃まで残業します。考える仕事の時は、区切られた時間の合計より、通して考える長時間が必要な時があります。

・今までで一番難しかった仕事内容(依頼)はなんですか。
なんでしょう?この質問で思い浮かぶ仕事はないです。簡単だったという意味ではもちろんなく、楽だった仕事は一つもないのですが。相談止まりでその先どうなったか気になった話として、建築的にまとめることができたとしても、そこを使う人達の人間関係を建築で完全に解決することは難しいだろうと思った相談はあります。未だに満足する提案はどういうことがあるかと考えてしまいます。

以上。
皆さんの将来を応援しています!!

吉野 百合江

28/12/2021

ご挨拶

一年を振り返ると、結局、山あり谷ありを乗り越え、あっという間に過ぎてしまう日々を過ごしてしまいました。
今年は新たなチャレンジをしたく、思い立って普通自動二輪の運転免許を取ろうと申込みをしたところ、教習所側が受付休止となっており、くじけてしまいました。いつもなら代わりにと、そのエネルギーを他に向けるところ、それをする間もなく過ぎてしまったことが、残念でもあり幸せなことでもあると感じています。

建築業界では、建材・資材の調達の難しいものがあったり、金額面にも厳しい状況が続いているようです。そうであっても、待ったなしのメンテナンスが必要になることも、またご縁で新築や建替えなどの機会が来ることもあると思います。そういった皆様の力に少しでもより良い仕事ができるよう来年も邁進したいと思います。

本年も一年ありがとうございました。
新年は1月5日より営業致します。
新しい年の皆様のご健康と幸運をお祈りいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

Photos from 結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's post 03/12/2021

ノベルティグッズを作成しました!
木製メジャー、スケールです。

「頑張れ!稲城の事業者応援ブック」の掲載応募しました。(掲載未定)
特典が必要だったので、ご成約の方に設計期間中もご自身の持ち込み荷物などを測っていただけるように、こちらのスケールをプレゼントしようと思っています。

建築を学ぶ学生は、まずはスケールを持ち歩いて測って寸法体系を叩き込め!と言われるくらい、スケールと建築は深いつながりのあるもの。私もこれまでいくつかのスケールとお付き合いしていますが、このスケールとても気に入っています。

こちらのサイトを見て設計依頼ご成約の方にも在庫の限りプレゼント致します。

28/08/2021

ご案内 ご案内 第4回
稲城市城山体験学習館 展示コーナーでの展示会準備に関わりました。建築士の視点から災害への備えをテーマにパネル展示を行っています。
たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです。

27/08/2021

ご案内 「第4回 建築士の仕事ってなぁに展」
明日から開催します。
今年は「災害に備える」をテーマに建築士の視点で防災・減災について展示をします。

ご縁ありまして稲城市消防団の公式ツイッターでもご案内いただきました。
https://twitter.com/inagi_fvc/status/1431079977764601857?s=20

お近くの方は是非お立ち寄りいただき、遠方の方は動画でご覧下さい。

今週末より第4回建築士の仕事ってなぁに展を開催します。
今年は、展示会場内を撮影した動画も配信予定ですので、ご来場が難しい方もどうぞ一度ご覧ください。

最近では7月3日の熱海市での大規模な土石流や8月14日には佐賀県の六角川で氾濫など、土砂災害、風水害について各地で大きな被害があったこともあり、今一度、市民の皆様が防災へ目を向けていただく機会と、地域の頼れる建築士の存在をアピールする機会と考えています。
どうぞ皆様からも身近な方へこの展示会へのご来場・閲覧をご案内いただけたら幸いです。

また、「小さな避難所」のリ・デザインも明日の締切まで皆様、ご家族ご関係者の方々からのご応募を絶賛大募集中です。
どうぞお気軽に応募作品をお送り下さい。

タイトル:第4回 建築士の仕事ってなぁに展 〜災害に備える〜
日時:2021年8月28日(金)15時〜2021年9月5日(日)15時(展示会場会館時間9時〜20時)
会場:稲城市城山体験学習館 展示コーナー
   東京都稲城市向陽台4-6-18(城山公園内)
費用:無料
展示動画サイト:このfacebookページ内に追ってご案内致します
主催:東京建築士会多摩ブロック南部支部
後援:稲城市、多摩市、狛江市

02/07/2021

雨を楽しむ ENJOY RAINY DAYS

今年竣工の幼稚園で、雨の日を楽しんでもらえるようにと設置しています。

16/06/2021

竣工アルバム

ご相談から約2年掛かりで竣工した幼稚園園舎の竣工アルバムが届きました。
撮影にも立会い、写真データも確認していますが、やはり製本アルバムとして見るとページ構成や紙の質感など、自分とは違う視点をより深く感じることができ、とても興味深いです。

今回はカメラマンの澤﨑信孝さんにお世話になりました。
素敵な写真をありがとうございました!

17/05/2021

手ざわり

いつもの手荷物が重たく感じるようになってきました。
老化という二文字を感じつつ、振り払って日々を過ごしているところ、雨の日にはまた一つ傘を持つことに負担を感じてしまいます。

いつの間にか、そんな厄介者のように分類された傘ですが、先日初めて使った傘の柄"手元"と呼ばれる部分の手ざわりの良さに感動しました。
その傘は生地柄が気に入り、これまで自分が使用してきた代々の傘に対して、だいぶ思いきった買い物でした。
実際のところ私にとって手元の部分は、生地に対して素っ気ない印象でした。

そんな期待値の低さが良かったのでしょうか。よりによって普段は持ち歩かないノートパソコンまで持参の重い手荷物の日に、新しい傘を使うことになりました。さらなる重たい気持ちの中、傘を差して最寄り駅に向かう中、傘の手元のすらりとした太さ、感触、カーブにすっかり魅入ってしまいました。

よく見てみると、無垢の木材を曲げ、丁寧に仕上げてある様子がわかります。
傘を畳んでからも、その感触を確かめ観察し、傘は荷物ではなく、その手ざわりと共に連れ立って移動しているようなものでした。

建築に関わる業務の中で、普段から手摺りや取っ手、床などの手ざわり、足ざわりにアンテナを張っているつもりでした。こんな日常の一コマから、人に寄り添う建築として、考えて行きたいところがたくさんあるなと思ったできごとでした。

Photos from 結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's post 07/05/2021

この4月に竣工の幼稚園増築園舎の天窓装飾です。
季節や時間で影絵が移動していく姿を子供達が楽しんでくれたらいいなと思っています。

28/12/2020

ご挨拶

今年も、たくさんのご縁を経て一年間を過ごすことができました。
ありがとうございます。

一つの仕事を通して、多くの方々の様々な考え方に触れ、何かしらのお役にたてる機会を得られたことに感謝しています。

今年は、新規案件の機会には恵まれなかったとも言えますが、移動や対面の機会が大きく減ったため、体調管理や読書による学び、異業種分野への知識を広げる時間に充てることができました。
大変な状況を過ごしている方も多くいらっしゃると思います。
医療従事者の皆様を始め、気を抜けない中でお仕事をしている方々に、感謝申し上げます。

新年は1月5日より仕事始めと致します。
皆様にとってより良い一年の始まりとなるよう願っています。

どうぞ良いお年を

31/10/2020

上棟

天気にも大変恵まれ、事故もなく無事の上棟となりました。
直会後にはちょうどとてもきれいな月が昇り、おめでたい一日となりました。
竣工まで皆様の力を合わせて、より良いものを目指したいと思います。

30/10/2020

工事の見学

前回の基礎工事の見学会に引き続き、建て方見学を園児さん向けに行いました。
大型クレーンの動きよりも、職方さん達の仕事ぶりや、端材の木材に触ったり乗ったりの方に注目が集まりました。

特に梁上で作業する職方さん達のまねっこのように、木材の上に乗るのは大人気でした。

konoie.kaitai-guide.net 20/10/2020

一級建築士事務所結人建築設計事務所

記事掲載

インタビューに来て下さり、いつか掲載されると知ってはいましたが、いつの間にか掲載されておりました。ということで、1ヶ月以上前の記事となり、お知らせがだいぶ遅くなってしまいました。

設計事務所、工務店の紹介サイトとしては、作品より設計者の人柄を記事にするという主旨に賛同してインタビューを受けたものです。
設計仲間の記事も楽しく拝見しています。
よろしければ、ご覧下さい。
https://konoie.kaitai-guide.net/yuitoarchitecturedesignoffice/

konoie.kaitai-guide.net 結人建築設計事務所の吉野さんは、頑張らなくても自然と家が片付けるように、住む人らしさを生かしてラクに暮らせる設計をしている建築家さんです。全国で対応されています。

07/10/2020

工事の見学

幼稚園の園舎増築工事に関わっています。
人の手をかけて造られる建築工事を、少しでも身近に感じてもらえたらと思い、基礎コンクリート打設工事を見学する機会を設けました。

子供達の「なんだこれは!?」という反応も楽しいですが、思いのほか、先生方にも興味を持ってもらえたようで何よりでした。

工事に関わる皆様、お疲れさまです。
引き続きよろしくお願い致します。

24/08/2020

今年も開催します。
微力ながら実行委員として携わっています。
興味をもっていただけたら嬉しいです。

多摩ブロック南部支部では、支部設立から毎年開催している「建築士の仕事ってなぁに」展を今年も開催致します。

今年は新型コロナウィルス禍により、多くの方に不安も広がる状況となりました。
建築士として、身近な生活や建築の中に「新しい生活様式」で暮らすためのヒントをまとめた展示会企画としました。お子様から大人まで幅広く皆様にわかりやすい展示を目指しています。

こんな時期ですので、開催直前や会期中に展示会が中止となることも考えられます。そのため、このfacebook上でも企画内容をある程度は共有できるようにする予定ですが、もしご都合がつくようでしたら支部のfacebookで開催をご確認の上、是非会場まで脚を運んでいただけたら幸いです。
できるだけ多くの皆さんに見ていただき、ご意見を頂戴できたら嬉しく思います。

企画:建築士の仕事ってなぁに展 〜これまでの日常 ∩ 新しい生活様式〜
会場:稲城市城山体験学習館 展示コーナー
   東京都稲城市向陽台4−6−18(城山公園内)JR南武線南多摩駅から徒歩10分
会期:2020年9月5日(土)〜2020年9月13日(日)
   9時〜20時(初日は12時〜、最終日は15時まで)
実行委員常駐日時:2020年9月6日(日)10時〜16時
主催:東京建築士会多摩ブロック南部支部
実行委員:唐沢真、川口孝男、藤森伝一、三上孝幸、三木伸展、横山眞理、吉野百合江(順不動、敬称略)
自由作品展示:石井正博+近藤民子、上原和、小西恵(順不動、敬称略)

30/12/2019

ご挨拶

本年もたくさんの皆様に支えられ、一年を終えようとしています。ありがとうございます。

特に今年は、人と人とのつながりを実感するような仕事に恵まれ、心より感謝しています。

仕事の幅が広がるとともに、悩みも付きものとなりますが、建築士同士のつながりや、非常勤講師を通じて情報交換をすることができる仲間ができ、本当にありがたく思います。

多くのことを教えて下さる様々な業界の皆様、施主としてご縁をいただく皆様方にも厚くお礼申し上げます。

来年も多くの方々にとって幸せな一年となりますようお祈り致します。

新年は1月7日より営業致します。

年明け早々から複数の現場に出向く都合上、不在にすることが多く、こちらまで足を運んで下さる方々にはご挨拶ができず失礼致します。

どうぞ良いお年を。

28/10/2019

建築士の仕事紹介の質疑回答

日本大学高等学校の1年生向けキャリアガイダンスという授業で建築士の仕事を紹介する講演をしました。
質問として寄せられていたのに、回答しきれなかったものをこちらで回答したいと思います。

・設計時に考えることは何ですか?
様々な条件に見合うか、どのように使われるかをよく考えます。

・個人事務所で大変なことはありますか?
はいあります。でも、大きな事務所でも大変なことはあると思います。
どの立場でも大変なことはあると考えてみて下さい。

・家を作る時のアイデアはどこから生まれますか?またアイデアが浮かばないときはどうしますか?
住む人が何を大事にしているのか、どういう暮らしをしたいのか、環境状況などからアイデアがわくことが多いです。
アイデアが浮かばないということはありませんが、どれが一番良いのかがわからない時はあります。そんな時は住む人との話合いを重ねて進めるようにしています。

・設計をする大変さ、工夫していることは何ですか。
答えが1つという世界ではないので、本当にこれで良いか?と考え、計画を進めることは大変なことだと思っています。
工夫はその時々によって様々で、工夫を考えることが設計の大事な仕事だと思います。

・今までで一番大変だったことは何ですか?
”一番”と順位をつけることが難しいです。人と人の対話のずれが結果にひびいてしまうような時が大変だと思います。

・建築士事務所はどのように起業するのですか?
建築士事務所登録をすることと税務署に開業届を提出することで事務所は開設できます。
実際には、建築士事務所での勤務経験をもとに開設する方が多いです。

・週休と長期休みはどのようになっていますか?
設計事務所は土日祝日休みとしている所が多いと思いますが、仕事をする建て主さんとの打合せが土日になることも多くあります。
事務所や会社の方針にもよりますが、通常時に休みがなくなってしまうことはよくあるので、夏休み冬休みはしっかりとるようにしています。

・この仕事をやっていて良かったと思う瞬間はどのような時ですか?
喜んでもらえた時です。これに尽きます。

・今後、どのような建物を設計したいですか?
回答に悩みます。建築は人の暮らしを包む器だと思っています。暮らしを引き立てる美しい器をつくっていきたいです。

・英語が話せると有利ですか?
有利だと思います。英語だけでなく、他言語が話せることは他の文化への理解の幅が広がりとても良いと思います。

・設計以外にどのような仕事をしますか?
防災への協力や、教える仕事、建築物の調査などが思い当たります。

・年収はいくらくらいですか?
人によって違うと思います。建築士というだけでは収入が得られません。企業勤めであれば一般的な給与体系と同等程度に、資格手当がつくかもしれません。
独立した場合は仕事の入り方で大きく違いますが、”お金持ちになりたい”という目標がある場合は、違う職種を選びましょう。

・客の要求にはどのくらい応えることができますか?
100%応えたいと思って仕事をしています。要望は様々な条件から全てを実現させることができないのが常ですが、諦めた要望も含めて最後にたどり着いたものが一番良かったと思ってもらえるように仕事をしています。

・想像力は必要になりますか?
はい必要です。使う人の様々な状況を想像すること、周辺と通りがかる人達のこと、建物の様々な状態を想像するという想像力と、生み出す創造力のどちらも必要です。

・1つの家の設計図を作るのにどのくらい時間がかかりますか?
話合いを重ねながら6ヶ月くらいかけています。すでに決まっている内容の図面だけの作成時間は大したことはないのですが、建て主との打合せ、考える時間、関係者との打合せなどが図面作成に欠かせず、時間がかかります。

以上。
建築士の仕事に興味をもってもらえて嬉しいです。がんばれ!

07/09/2019

「建築士の仕事ってなぁに」展に出展しています。
お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい!

「建築士の仕事ってなぁに」展 始まりました!

昨年に引き続き2回目の開催となる稲城市城山体験学習館展示コーナーでの建築士の仕事を紹介する展示始まりました。

支部活動として建築士の職能を活かした地域貢献を紹介するパネルや、建築士の資格を子どもにもわかる形で紹介したもの、防災訓練展示でも掲載した応急危険度判定や危険なブロック塀のチェックポイントのパネル、支部会員の皆様から展示協力いただいた建築士の実務を紹介するパネルや模型を展示しています。

会期中、多くの方に脚を運んでもらえたら嬉しいです。

会期:2019年9月7日(土)〜13日(金)
時間:9時〜20時 ※最終日15時まで
会場:稲城市城山体験学習館展示コーナー
   東京都稲城市向陽台4−6−18(城山公園内)
入場無料

09/05/2019

結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's cover photo

01/04/2019

結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's cover photo

tatenomokuzai.info 26/01/2019

立野木材工芸株式会社

ご案内「木材工芸家具の話を聞こう!」の会

ご近所さんでもあるLEO建築設計の三木さんのご紹介による木材工芸家具を営む方から家具製作の話を聞く会を、ご縁あって当事務所で行うことになりました。

ご興味ある方、どうぞ一緒にお話を聞きましょう。

日時:1月31日(木)10:30〜12:00
会場:結人建築設計事務所
ご紹介家具:立野木材工芸株式会社(福岡県大川市)
      http://www.tatenomokuzai.info
参加申込み:1月29日(火)までに([email protected])までご連絡ください。
費用:無料

tatenomokuzai.info 立野木材工芸株式会社では、テーブルやチェストなど、良質の家具を自社工場にて製造。オーダー家具のご相談もお気軽に。“こだわりの住まいづくり”を丁寧にサポートします。

28/12/2018

年末年始営業のお知らせ

本年は事務所設立から10周年を迎えた年となり、事務所のこれまでとこれからを振り返る機会の多い一年でした。
また建築士会で、地域の建築士同士のつながりと地域とのつながりを結ぶお手伝いが、支部設立という形になりました。

全ては皆様のたくさんのご支援があってのことです。心より感謝しています。
来年もより一層の努力を重ねていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

2018年12月29日(土)〜2019年1月7日(月)まで冬期休業をいただきます。新年は1月8日(火)からどうぞよろしくお願い致します。

一年間ありがとうございました。

27/12/2018

前回、素人ながらにDIYとしてチャレンジしてみた事務所の外部木部のメンテナンスを、今回は新築時からお世話になっている工務店に他の工事を含めてお願いしました。

年末の多忙なこの時期、外部の劣化しているデッキの交換と新なパーゴラ工事をしているところですが、真剣でありつつなんだかとても楽しそうです。
写真は本職大工さんのぶれない工具遣いを、現場管理の工務店の方が、まねてみるけどやっぱり違う、と言っているところです。確かに構え方から違う、などと私もこっそりまねてみようと思ってしまうのでした。

03/12/2018

サテライトオフィス始めました

沿線に住む身として、いつもお世話になっている京王電鉄さんの新事業でもあるサテライトオフィスが、京王多摩センター駅から徒歩数分の京王プラザホテル内に開設されました。

内部を拝見し、とても気に入ったので本日サテライトオフィス利用の登録をしました。

普段の設計業務では、あれこれ資料を広げたりサンプルを並べて比較してみたりと物に囲まれたところで仕事をしていますが、「このためだけに数時間集中したい!」というような時間を区切って集中したい時や、気分転換を図りたい時に最適だと思い利用を決めました。

が、それだけが理由でもなく、内部の音の雰囲気や、約17種類ある様々な椅子や執務環境を選択できることも決め手となりました。

柔・硬2種類の選べるソファ席や、左右に揺れる椅子、重心によって回転する椅子で話し合いができる席など、椅子によって話し合いの雰囲気が変わるであろうことを想像すると、とても興味深く、好奇心が勝った部分もあります。

さらには利用者同士の交流も考えた企画もあるようで、これまでとは違う刺激も少し期待しつつ、業務の質をより一層向上させて行きたいと思います。

04/11/2018

稲城市地域防災訓練に、東京建築士会多摩ブロック南部支部として参加しました。
様々な防災展示や訓練が行われ、肌寒い天候でしたが、多くの方が参加していました。防災意識はきっかけがないとなかなか高まりにくいものかと思いますので、皆様もどうぞお近くの防災イベントに気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

本日(11/4)多摩川緑地公園で行われた「稲城市地域防災訓練」に東京建築士会多摩ブロック南部支部として出展し、参加してきました。
小さなブースながら内容充実の展示となり、興味を持って立ち寄っていただいたも多くいらっしゃいました。
その他参加機関の出展内容も大変参考になる地域防災イベントだったと思います。

01/10/2018

結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's cover photo

01/10/2018

台風24号日本縦断のニュースタイトルが身にしみる朝でした。
皆様の周囲は大丈夫でしたでしょうか。

事務所のすぐ近くでは根元からの倒木や、大きな枝が折れて道路の通行障害になっていたりしています。微力ながら道路脇に寄せてみましたが、すでにどなたかが寄せた痕が道路に残っていました。そして倒れた幹はとても重く、倒れた時の力の大きさをあらためて脅威に感じました。住宅側への被害がない様子にほっとしつつ、自然災害への対策は常に継続・更新だと思い巡らせました。

20/09/2018

「ご紹介」
建築見学会のご縁で出会った建築と映画が大好きな押垂勝久さんという方がいます。
なんと個人で400脚以上の椅子のコレクションを収集されている方で、椅子への愛は、聞く話だけでも大変面白く、いずれは椅子の美術館を開きたいと考えている方です。

そんな押垂コレクションの椅子達が保管場所の問題をきっかけに、椅子の里親募集プロジェクトが始まりました。
押垂さんのお人柄と素晴らしい椅子達を通して人の和が広がるようなプロジェクトです。

建築を生業とする方には椅子好きは多く、私も例外ではありません。こんな話には飛びつかずにはいられません。押垂コレクションのごく一部を拝見しただけでも垂涎の思いでした。
そして6脚の椅子達の里親になることを認めていただき、ついに我が家へ向かえました。

椅子達の紹介はまた別にホームページで行いたいと思います。
このプロジェクトはまだ続いていますので、興味のある方はお声掛けください。

08/09/2018

「お知らせ」

昨夕より、東京建築士会多摩ブロック南部支部企画の展示会に3枚のパネルて出展しています。
多摩周辺地域の建築士の仕事紹介の展示です。
建築士の仕事にもいろいろあるんだなぁと感じてもらえるようなものを目指した展示ですが、皆様はどんな風に感じられるのか気になります。
お立ち寄りいただけたら、気軽にご意見や感想をよせていただけたら嬉しいです。

建築士の仕事ってなぁに展〜楽しいぞ けんちく〜開催です。
9/7〜16(最終日15時まで)に稲城市城山体験学習館での支部企画展示がついにスタートしました。
お近くにお越しの方は是非お立ち寄り下さい。
出展者の在廊などを計画していませんが、芳名帳を用意しましたので、どうぞお気軽にご意見等お寄せ下さい。
お待ちしています!

出展者一覧(50音順)
石井 正博+近藤 民子 / 設計事務所アーキプレイス
上原  和 / 上原和建築研究所
内田 雄介 / 内田雄介設計室
江守 芙実 / 江守設計
唐沢  真 / 叶構造設計
川口 孝男 / 川口孝男建築設計事務所
木村 勇治 / ワイ企画設計室
倉澤  智 / 有限会社倉澤智建築研究所
小西  恵 / g.i.l建築研究所
下久保 亘 / 株式会社メイホウ・オンスタジオ・アソシエイツ
藤森 伝一 / 藤森伝一建築設計事務所
三上 孝幸 / 三上石崎建築計画事務所
三木 伸展 / LEO建築設計
吉野百合江/ 結人建築設計事務所

開催準備にご協力いただいた皆様ありがとうございました。

23/08/2018

「お知らせ」
東京都稲城市城山体験学習館の展示コーナーで開催の「建築士の仕事ってなぁに〜楽しいぞ けんちく〜」展に出展します。
2018年9月7日(金)〜16日(日)
9:00〜20:00(初日19時〜、最終日15時まで)
入場無料
主催:東京建築士会多摩ブロック南部支部

図書館隣接の建物での展示ということで、図書館に来館した子ども達にも興味をもってもらえるような建築士の仕事紹介をテーマにした展示です。

よくあるかっこいい建築紹介ではなく、親しみをもって観てもらえるような展示を目指して10組前後の建築士が展示をします。

残念ながら展示期間中に在廊する建築士はいませんが、皆さんがどんな風に閲覧するのか気になってしまうので、時折のぞきに行こうと思っています。

お時間ある方はどうぞお立ち寄り下さい。
感想やご質問など、お待ちしています。

17/07/2018

熊本城内旧細川刑部邸の実測調査に参加してきました。
ここは2016年の熊本地震以来まだ修復されていないままの状態です。
早い復旧を願いつつ、日本に続く木造文化を肌で感じ、大変貴重な調査体験となりました。

16/05/2018

結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's cover photo

08/05/2018

「ご報告」
本日、東京建築士会多摩ブロック南部支部副支部長兼事務局として、稲城市長へ支部設立のご挨拶に伺いました。建築士としての職能を地域に還元できたらという思いが、多くの方々の結びつきを生んでいるように思います。

当事務所もついに10周年を迎えました。たくさんの方々の支えに心より感謝致します。今後も人と人のつながりから多くを学び、精進していきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

稲城市行政訪問のご報告
4月10日の稲城市都市建設部、稲城市消防本部へのご挨拶に引き続き、本日は稲城市長の高橋勝浩様に支部設立のご挨拶に伺いました。

稲城市は周辺の市よりも都市的な発展が新しく、木造住宅の耐震化率や火災による延焼阻止率、特定空き家問題に対しては、公式数字では良い状態だということです。しかし、だからこそ目標数値を高くし、その達成に意欲的なお話しを伺いました。稲城市は独自の消防をもっていることもあり、耐震と防火への意欲が熱く感じられました。

本日は、小金井の副支部長が急遽やむをえない欠席となり、支部長・副支部長・稲城部会幹事・監査・今回の面会へのご協力をいただいた支部会員の5名オール稲城部会メンバーで訪問しました。
写真にご一緒いただいているのは、ご同席いただいた都市建設部長の吉野浩章様、都市建設部参事の小林卓美様、都市建設部都市計画課長の吉岡博文様です。

各市の行政訪問には、多くの方のご協力があって実現しています。ご協力いただいている皆様ありがとうございます。

26/03/2018

結人建築設計事務所 / Yuito Architects & Associates's cover photo

01/03/2018

「ご報告」東京建築士会多摩ブロック南部支部
最近、度々ご報告している東京建築士会多摩ブロック南部支部がついに設立されました。
良い方向に進むことを願うばかりです。

ご報告として、当事務所はこの支部の事務局となり、吉野は副支部長のお役をいただいています。
多くの方々の考えや、建築士業としての大きな流れをつかみながら、通常業務をより一層充実させていきたいと思います。

ビデオ (すべて表示)

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


向陽台3-27-14
Inagi-shi, Tokyo
206-0803

営業時間

月曜日 09:00 - 17:00
火曜日 09:00 - 17:00
水曜日 09:00 - 17:00
木曜日 09:00 - 17:00
金曜日 09:00 - 17:00

ビジネスサービスのその他Inagi-shi (すべて表示)
川辺農研産業株式会社 川辺農研産業株式会社
矢野口574-4
Inagi-shi, 206-0812

TMSデンタル TMSデンタル
押立1715-16
Inagi-shi, 206-0811

総合歯科用品販売 大東京歯科用品商協同組合 組合員 (株)マシンツール?

石井左官工業 石井左官工業
百村162
Inagi-shi, 206-0804

左官工事業一式 / 和室洋室の京壁・繊維壁・漆喰・珪藻土などの塗り壁

株式会社吉田工務店 株式会社吉田工務店
東長沼784
Inagi-shi, 206-0802

吉田工務店は、東京・神奈川を中心に、厳選した素材にこだわりながら木造建築を設計・施工する工務店です。