東村山駅

東村山駅(ひがしむらやまえき)は、東京都東村山市本町二丁目にある、西武鉄道の駅である。特急「小江戸」号を含む全列車が停車する。乗り入れ路線新宿線、西武園線、国分寺線の3路線が乗り入れ、4方向の列車が利用できる。西武園線は当駅が起点、国分寺線は当駅が終点である。ただし、国分寺線の列車の一部は新宿線の本川越方面や西武園線と直通運転を行う。駅番号については、新宿線がSS21、国分寺線と西武園線がSK05である。西武園線は以前は路線図上では新宿線のラインカラーが使われていた。これは2011年12月の脱線事故以前は新宿線西武新宿方面との直通列車が乗り入れていた名残であり、2013年3月16日のダイヤ改正以降は、現在のダイヤの実情に応じて国分寺線と同じラインカラーに変更された。所沢方面から拝島方面へ行く場合、通常は小平で乗り換えるが、時刻によっては東村山で国分寺線に乗り換えると小川で拝島線下り列車に接続することがあり、その場合は東村山到着前の車内でアナウンスされる。歴史久米川仮停車場の開設川越鉄道は甲武鉄道国分寺停車場と川越を結ぶ目的で建設され計画時は東村山に停車場を作る予定はなかった。その理由を『東村山市史』では、東村山から一人も発起人が出なかったこと、同じく発起人がいなかったにもかかわらず小平村(現・小平市)に小川停車場が設置されたのは、青梅街道と交差するなど要衝の地であったことに対し、東村山が純農村地帯であったことを挙げている。ところが、予期せぬ出来事により東村山に停車場が設置されることになった。それは、柳瀬川の架橋に対し地元住民が水害の恐れがあると反対したため、工事が中断。結局内務省の裁定で橋梁の設計変更を行うこととなった。しかし、工事が大幅に遅延したため、やむなく1894年(明治27年)12月、橋梁手前に久米川仮停車場を設けて川越鉄道は暫定開業となり、こうして東村山に初めての停車場が誕生した。その後橋梁が完成し、翌年3月に川越停車場まで全通したため、久米川仮停車場は廃止されることになった。それを知った住民は停車場の設置を川越鉄道に陳情し、工事資金と用地を提供することにより8月に久米川仮停車場から国分寺停車場寄りに東村山停車場が開業することになった。西口ロータリーに設置されている「東村山停車場の碑」裏面には、寄付者約250人の姓名とその金額が記されている。

通常通り開く

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


本町2-3-32
Higashimurayama-shi, Tokyo
189-0014
輸送サービスのその他Higashimurayama-shi (すべて表示)
Shin-Akitsu Station Shin-Akitsu Station
Higashimurayama-shi