年金の学校

年金の学校

コメント

下記日程にてFP継続教育を担当させていただきます。

ZOOMによるオンライン講座となりますので、職場でもご自宅でもお好きな場所で受講可能です。

ウェビナー機能での配信のため、顔や名前が表示される心配もありません。気軽に受講ください。

内容は年金だけでなく、介護・相続の基礎も紹介する講座です。リタイアメントプランに関心ある方、是非ご参加ください!

FP継続単位(3)も取得可能です。

テーマ:「人生100年時代! これからの年金・介護・相続対策」
日時:2021年4月10日(土)・13:30~16:30
受講料:5000円(税込)

主催・申込先: ゆうちょ財団
http://fp.yucho-fa.com/pg22.html
オンライン開催のFP継続教育講師を担当させていただきます。
Zoomのウェビナー機能での配信となりますので、皆様の顔や名前が表示されることもありません。
安心して受講ください!

テーマ:ねんきん定期便の見方と使い方
日時:2021年2月26日(金):14時~16時
受講料:4,400円(税込)
主催・申込先:ビジネス教育出版社
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7489163999433808&EventCode=8059975698

継続教育ですのでFP単位(2)も取得可能です。
ねんきん定期便の見方や使い方を知りたい方、年金知識を実務で活かしたい方等、是非ご参加ください!
FP継続教育を対面講義にて実施いたします。
年金の基礎から確認したい方、年金知識を実務で活かしたい方、是非ご参加ください!

テーマ:公的年金の基礎から実務まで
日時:2月23日(火・祝):10時~13時
受講料:5,500円
会場・主催:ビジネス教育出版社(市ヶ谷)

https://www.bks.co.jp/fp-seminar/15498
FP継続教育(オンライン開催)のご案内

テーマ:「遺族年金知識と生命保険必要保障額」
日時:12月13日(日)・9:30~12:30
受講料:5,000円(税込)
主催・申込先:ゆうちょ財団
http://fp.yucho-fa.com/pg22.html

公的年金の遺族年金制度を中心に解説いたします。
また、遺族年金知識を生命保険の必要保障額計算に活かす方法も紹介します。

・保険業務に携わっている方
・自身の生命保険見直しに取組みたい方
に特にお勧めです!

オンライン開催となりますので、全国どこでも、自宅や職場でも受講可能です。
FPの単位(3)も取得可能です。
【オンラインFP継続教育の案内】

オンライン(Zoom)によるFP継続教育を担当します。
Web講座ですので、全国どこでも、自宅でも・職場でも、受講可能です!
テーマ:「公的年金最新情報 ~今年度の年金額と今後について~」
日時:9月13日(日)・13:30~16:30
受講料:5,000円(税込)
申込:ゆうちょ財団
取得単位:3単位
http://fp.yucho-fa.com/pg22.html
【オンライン年金講座案内】
オンライン(Zoom)による年金講座を担当します。
FP継続教育の単位(2単位)も取得可能です。

Web講座ですので、全国どこでも、自宅でも・職場でも、受講可能です!

テーマ:「改めて学び直す!FPに必要な公的年金知識」
日時:8月28日(金)・14時~16時
受講料:4,400円(税込)
申込:ビジネス教育出版社
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7489163999433808&EventCode=8401042308

年金セミナーや研修の講座案内を発信しております。 ・年金セミナー、研修
・従業員向けライフプラン支援動画配信サービス
・確定拠出年金導入支援
・健康経営推進支援

通常通り開く

FPセミナー予約 08/03/2021

FPセミナー予約

下記日程にてFP継続教育を担当させていただきます。

ZOOMによるオンライン講座となりますので、職場でもご自宅でもお好きな場所で受講可能です。

ウェビナー機能での配信のため、顔や名前が表示される心配もありません。気軽に受講ください。

内容は年金だけでなく、介護・相続の基礎も紹介する講座です。リタイアメントプランに関心ある方、是非ご参加ください!

FP継続単位(3)も取得可能です。

テーマ:「人生100年時代! これからの年金・介護・相続対策」
日時:2021年4月10日(土)・13:30~16:30
受講料:5000円(税込)

主催・申込先: ゆうちょ財団
http://fp.yucho-fa.com/pg22.html

FPセミナー予約

26/01/2021

イベント詳細 | 【ウェビナー】ねんきん定期便の見方と使い方

オンライン開催のFP継続教育講師を担当させていただきます。
Zoomのウェビナー機能での配信となりますので、皆様の顔や名前が表示されることもありません。
安心して受講ください!

テーマ:ねんきん定期便の見方と使い方
日時:2021年2月26日(金):14時~16時
受講料:4,400円(税込)
主催・申込先:ビジネス教育出版社
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7489163999433808&EventCode=8059975698

継続教育ですのでFP単位(2)も取得可能です。
ねんきん定期便の見方や使い方を知りたい方、年金知識を実務で活かしたい方等、是非ご参加ください!

eventpay.jp 【ウェビナー】ねんきん定期便の見方と使い方

bks.co.jp 24/01/2021

公的年金の基礎から実務まで~年金知識の使い方・伝え方~ | ビジネス教育出版社

FP継続教育を対面講義にて実施いたします。
年金の基礎から確認したい方、年金知識を実務で活かしたい方、是非ご参加ください!

テーマ:公的年金の基礎から実務まで
日時:2月23日(火・祝):10時~13時
受講料:5,500円
会場・主催:ビジネス教育出版社(市ヶ谷)

https://www.bks.co.jp/fp-seminar/15498

bks.co.jp 1.公的年金の概要2.老齢年金の仕組みと年金額3.在職老齢年金制度4.繰上げ、繰下げ制度5.ねんきん定期便の見方6.今後の年金額と効果的な年金対策...

fp.yucho-fa.com 28/11/2020

FPセミナー予約

FP継続教育(オンライン開催)のご案内

テーマ:「遺族年金知識と生命保険必要保障額」
日時:12月13日(日)・9:30~12:30
受講料:5,000円(税込)
主催・申込先:ゆうちょ財団
http://fp.yucho-fa.com/pg22.html

公的年金の遺族年金制度を中心に解説いたします。
また、遺族年金知識を生命保険の必要保障額計算に活かす方法も紹介します。

・保険業務に携わっている方
・自身の生命保険見直しに取組みたい方
に特にお勧めです!

オンライン開催となりますので、全国どこでも、自宅や職場でも受講可能です。
FPの単位(3)も取得可能です。

fp.yucho-fa.com

fp.yucho-fa.com 07/09/2020

FPセミナー予約

【オンラインFP継続教育の案内】

オンライン(Zoom)によるFP継続教育を担当します。
Web講座ですので、全国どこでも、自宅でも・職場でも、受講可能です!
テーマ:「公的年金最新情報 ~今年度の年金額と今後について~」
日時:9月13日(日)・13:30~16:30
受講料:5,000円(税込)
申込:ゆうちょ財団
取得単位:3単位
http://fp.yucho-fa.com/pg22.html

fp.yucho-fa.com

17/08/2020

イベント詳細 | オンラインセミナー「改めて学び直す!FPに必要な公的年金基礎知識」

【オンライン年金講座案内】
オンライン(Zoom)による年金講座を担当します。
FP継続教育の単位(2単位)も取得可能です。

Web講座ですので、全国どこでも、自宅でも・職場でも、受講可能です!

テーマ:「改めて学び直す!FPに必要な公的年金知識」
日時:8月28日(金)・14時~16時
受講料:4,400円(税込)
申込:ビジネス教育出版社
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7489163999433808&EventCode=8401042308

eventpay.jp オンラインセミナー「改めて学び直す!FPに必要な公的年金基礎知識」

11/05/2019

www.bks.co.jp

Web年金セミナーのご案内

年金の基本をPCやスマホで学べるWeb年金セミナーを開講いたしました。

3ヵ月または6ヵ月の期間内であれば、何度でも好きな時間に視聴可能です。

年金を勉強したい方、是非ご覧ください!

【講座概要】
https://www.bks.co.jp/websmn/pdf/2019-nenkin.pdf

【お申込】
https://www.bks.co.jp/web-seminar

bks.co.jp

10/10/2017

金融実務セミナー(東京)「相続・終活アドバイスのためのポイント」を実施いたします。|経済法令研究会

最近関心が高まっている「終活」。
一方で、具体的な対策方法が見えないのも「終活」です。

そこで、11/11(土)に「相続・終活」をテーマにしたセミナーを実施させていただくことになりました。

https://www.khk.co.jp/seminar/seminar_news_detail.php?nid=50

FPや金融機関・保険会社の方を対象にした内容で
・エンディングノートの考え方
・介護対策
・相続対策
に重きを置いて紹介します。

「クライアントが知りたいこと」「クライアントにアドバイスすべきこと」にポイントを当てますので、実務直結の内容です。
興味のある方は是非参加ください!

khk.co.jp 数多くの顧客向け「相続・終活セミナー」を実施している沖倉功能講師より、FP・相談担当者が顧客に対しアドバイスする際のポイント等についてわかりやすく解説いただきます。今後の人生を安心して生きるための終活の考え方/エンディングノートの仕組みと正しい書き方/終活の一つとしての介護対策と相続対策/介護、相続対策としての保険(共済)の有効性など、一般の関心が高い情報を多く盛り込み、実務にも直結する内容です。是非ご参加をお待ちしております!

21/08/2017

「終活」
この言葉、かなり浸透してきましたね。
日経新聞にも本日から特集記事が組まれていました。

実は、私も終活をテーマにしたセミナーに取り組んでいます。
実感するのは、多くの方が「何から始めれば良いのかわからない・・・」と考えていること。
たしかに一言で終活といってもやるべき事は数多くあります。
完璧に準備を、と考えるとキリがありません。

そこで私は終活セミナーでは
・エンディングノートの必要性
・介護対策の考え方
・相続対策の考え方
この3点に絞ってお話しております。

完全とは言えませんが、終活を始めるきっかけにはなります。

できることから少しずつ始める。
これが終活だと思います。

19/04/2017

平成29年改正情報 最新年金セミナー | セミナー | 取扱商品 | 経済法令Group Web Site

8月から老齢年金を受給するための資格期間が25年から10年に短縮されます。
該当する方にはすでに年金請求書も送付されております。

それだけに、実務で質問されるケースも多くなってきました。

一方で老齢年金は短縮されますが、遺族年金は今までどおり25年必要など、複雑な部分もあります。
最低限の改正内容は確認しておく必要があると思います。

そこで、この改正も含めた年金最新情報を解説するセミナーを担当させていただくことになりました。
https://www.khk.co.jp/cont?id=5626

ご興味のある方は是非ご参加ください!

khk.co.jp 本セミナーを銀行振込にてお支払いを希望される場合は、申し込み用紙(PDF)をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、

23/03/2017

10分年金セミナーシリーズ① 公的年金基礎の基礎

・年金を知りたい
でも
・長々勉強するのは苦痛
そんな声を良く聞くので、10分で話をまとめてみました。

「10分で年金を知るシリーズ」
https://www.youtube.com/watch?v=6foAj1RsANI

年金に触れるきっかけになれば本望です!

10分で年金の基本を知るシリーズです。 第1弾は基本である老齢年金についてです。 年金セミナー・研修の専門会社 http://www.pjh.co.jp/

07/01/2017

1月14日に個人型確定拠出年金をテーマにしたFP継続教育を担当させていただきますが、すでに満席になったようです。
昨年の12月にも、ある地方銀行で顧客向け個人型確定拠出年金セミナーを担当させていただきましたが、やはり盛況でした。
それだけ関心が高まっている証拠だと思います。

私自身、客観的に見て、老後資産形成の受け皿として優れている仕組みだと感じております。
多くの方に目を向けていただき利用を検討いただきたいとも思っております。
もちろん私も利用しております(笑)

ただ利用に当たっては、確定拠出年金だけでなくベースとなる公的年金の理解が欠かせません。
単に税制優遇だけに目を奪われるのではなく、公的年金を知り、上乗せの必要性を認識した上で検討するのが個人型確定拠出年金だと思います。

そのため、私は確定拠出年金のセミナーや研修でも、必ず公的年金についても基本を解説するようにしております。
何事も俯瞰することが重要ですから・・・

もっとも、確定拠出年金をきっかけにして、公的年金に関心をよせ正しく理解いただければ私としても本望でございます。
ということで、今年は研修やセミナーを通して、個人型確定拠出年金普及にも力をいれてまいりたいと思います!

17/06/2016

5月に確定拠出年金法が改正されました。
実施は来年の1月からですが影響は大きそうですね。

ちなみに私は個人型の加入対象者拡大に注目しています。

加入者拡大に伴い、恐らく多くの金融機関が利用者獲得に力を入れてくるでしょう。
さらに、現在高く設定されている手数料などの引き下げ競争も行なわれるでしょう。

これにより、多くの方の目に留まり注目を集めるようになると思います。

確定拠出年金は税制上確実に有利な仕組みですので、周知され、利用が進むことは喜ばしいことです。

一方で、利用する金融機関(運営管理機関)選びや商品選定が重要になってきますしサポートも必要となってきますね。

さらに金融機関としては、顧客に個人型利用サポートを行なえれば、必然的に確定拠出年金以外の必要性も訴えられますので、自社が扱っている金融商品(投信・保険)販売に結び付けられます。
また、確定拠出年金と公的年金の受け取りは同じ口座にするケースが大半になりますので、公的年金の振込口座獲得にも直結します。

利用次第では大きなビジネスチャンスといって良いかと思います。

当然弊社でも、これを踏まえた金融機関様向け研修や、顧客向けの個人型確定拠出年金利用セミナーを開催してまいりたいと思います!

14/06/2016

4月~6月は、多くの年金研修を金融機関で担当させていただきました。

やはり、知識習得も必要ですが、その知識を使えること・伝えることのほうが重要ですね
改めて痛感いたしました。

私の研修は年金相談員になっていただくことが目的ではありません。
顧客に年金を教えてあげ、そこから今後の生活に役立つアドバイスができるようになっていだくことが目的です。
顧客は、自分の年金だけ知っても豊かな老後生活には結び付けられませんので・・・。

つまり、
・年金を確実に受取るためにすべきこと
・年金不足対策を効率的に行なうこと
までアドバイスできて、はじめて年金を伝えた意味が出てくるということです。

今後も研修やセミナーを行なう際は、この軸だけはぶれないようにしたいと思います。

04/05/2016

先日、「年金講師養成講座」を担当させていただきました。
年金の講師に取り組んでみたい方、あるいはすでに取り組んでいる方に向けてのFP継続教育です。

年金講師の最大の役割は
「いかにシンプルにできるか」
だと思います。

年金講師は年金相談員ではありません。
多くの人に年金の「概要」をつかんでいただくことが第一目標です。

一方で、シンプルにしただけで肝心な部分が伝わらなければ本末転倒です。

シンプルに、なおかつ分かりやすく・・・そのテクニックの一端を、この講座でお話させていただきました。

実は私が目指す方向の一つが、年金分かりやすく伝えられる方(私のとって同志!)に増えていただくことなのです。
年金不振を和らげるためにも必要なことですので。

今後も、この講座は開催してまいりたいと思います。
ちなみに次回は8月!

20/03/2016

www.mhlw.go.jp

3/11に年金改正の法案が国会に提出されました。
可決されれば、我々の生活に大きな影響がでそうな改正が以下の3つです。

1.厚生年金保険加入者の拡大(平成28年10月)
2.第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除(平成31年4月)
3.マクロ経済スライド制度のルール見直し(平成30年4月)

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/190-26.pdf

ちなみに、1.の厚生年金保険加入者の拡大はパートタイマーなどの方にも加入対象を拡げる案です。
従業員501人以上の大企業は平成28年10月から適用されるのが決定していますが、500人以下の企業にも労使の話し合いで適用できるようにする改正案です。

中小企業にとっては、あくまで「話し合いによって」なので強制ではないのですが、今後強制適用するための最初のステップのような気もします・・・。

mhlw.go.jp

24/02/2016

次年度(平成28年4月以降)の年金額は据え置きとなります。
そのため、老齢基礎年金の満額は、現在と同じ780,100円です。

もっとも、4月以降の改定分からは年金額の端数処理が、100円未満四捨五入から1円未満四捨五入に変わります。
そのため、厚生年金額や基礎年金が満額でない方は若干金額が変わる可能性はあります。

余談ですが、毎年、年金額が変わる度に研修やセミナー資料の修正作業に追われていました。
今年はその作業が必要ないので楽ができそうです(笑)

21/02/2016

自営業者の方などが該当する国民年金第1号被保険者の保険料は、現在毎月15,590円/月です。

しかし、前納と言って一定期間まとめて払うと割り引かれる制度があります。
前納できる期間は6か月、1年、2年です。

まとめる期間が多いほど割引額も多くなります。
例えば、口座振替で納めた場合、6か月前納であれば1,110円割引なのに対し、2年前納すれば15,690円も割り引かれます。
1か月分の保険料ですね。

なお、6か月と1年前納は現金でも口座振替でも可能ですが、2年前納は口座振替のみとなっています。
そして口座振替の場合の申込期限は2月末までとなっています。

すなわち、2年前納したい場合はまもなく期限となります。
検討している方はお早めに!

20/02/2016

本日は金融機関で顧客向けの年金セミナーを担当させていただきました。
定員160名で募集したところ1週間で満席になったそうです。

年金への関心の高さを実感するとともに、主催者の集客力に脱帽いたしました。

お聞きしたところ、対象者を55歳から60歳に絞って告知されたそうです。
これが奏功したのでしょうね。

「誰でも可」より、対象を絞った方が自分に関係することが実感できますので申し込みやすくなります。
結果として間口を広げるより多くの方にお集まりいただけるのですね。

他のテーマで開催する場合にも参考になりそうです。

14/02/2016

年金の金額は、通常、年額で記載されています。
しかし同じ金額でも月額に直すと、より身近に感じるものです。

たとえば・・・
国民年金から支給される老齢基礎年金は、現在満額で780,100円です。
この額だけではすぐにイメージがわきません。
一方、月額に直せば6.5万円。
感覚で捉えられますよね。

ちょっとした工夫ですが、これだけで伝わり方は大きく違ってくるものです。

「年金を説明する際は月額に直す」
実行する価値はあると思いますよ!

08/02/2016

先週、今週と「年金」「相続」「介護」をテーマにしたセミナーや研修を担当させていただいております。

いずれも
・誰にとっても身近なテーマ
しかし
・知らないことが多いテーマ

ですよね。
実感させられます。

多くの方が手軽に知ることができる場が必要です!

03/02/2016

本日は銀行にてお客様向けに「終活」をテーマにお話させていただきました。

「終活」・・・以前はこの言葉に抵抗がありました。
人生の終焉に向けての活動。後ろ向きですものね。

しかし、知れば知るほど違うことに気付いてきました。

・家族のためのもの
そして
・自分のこれからの人生の不安を和らげるためのもの
が終活なのですね。

この考え方を広げるためにも、後ろ向きではなく前向きな「終活」を普及してまいりたいと思います!

22/01/2016

年金の知識がある方ほど、一般の人に年金を説明するのが不得手だったりします。

なぜか?

原因の一つに、無意識のうちに専門用語を使ってしまうことがあげられます。

例えば、「老齢基礎年金」という名称。

年金に携わっている方からすれば、何とも無い言葉ですが一般の方はここで引っ掛かります。
「基礎年金」の意味がイメージできないのです。

そのため、「基礎年金」は「国民年金」のこと、と一言挟めばよいのです。
これでイメージがわいてきます。
伝わり方も全く異なってきます。

知識ある方ほど、換言すれば、年金を勉強すればするほど、実務で活かすためには伝える工夫が必要なのですね。

14/01/2016

本日は、経営者向けセミナーを担当させていただきました。
テーマは「社会保険料の見直し(削減)」

多くの経営者の方にとって、知っているようで知らない、聞いたことあるようで聞いたことがないテーマだと思います。

節税と違って劇的には削減できませんが、地道な努力で確実に減らすことができるのが社会保険料です。

単に損得ではなく
・会社のため
・従業員のため
・経営者本人のため
にも、目を向けていただきたい問題です。

pjh.co.jp 13/01/2016

年金・終活に関する研修・セミナーは、講師で実績豊富なピージェイハーベストにお任せください。

弊社HPを少々手直しいたしました。

よろしければご覧ください!

http://www.pjh.co.jp/

pjh.co.jp 「年金を知る」「人前での話し方を知る」ためのお手伝いは、ピージェイハーベストにお任せください。

fp.yucho-fa.com 05/01/2016

FPセミナー予約

今週末(1/9)はFP継続教育の講師を担当します。
テーマは「公的保険と民間保険の役割」。
社会保険の強みと弱み、民間保険の使い方などを解説します!
http://fp.yucho-fa.com/pg18.html

fp.yucho-fa.com

05/01/2016

新年と共に、Facebookページも一新!
今年も「年金」と「終活」をテーマに情報提供してまいります。

製品

年金セミナー・研修
動画配信

ウェブサイト

住所


南新町20-4 アプロディーテ202
Hachioji, Tokyo
192-0075

その他 Hachioji 企業 (すべて表示)
アキヤマスタジオ アキヤマスタジオ
犬目町250-5
Hachioji, 193-0802

八王子の写真館 証明写真や七五三など記念写真はアキヤマスタジオへ

合同会社ハッソウ 合同会社ハッソウ
打越町1183-7
Hachioji, 192-0911

合同会社ハッソウの公式ページです。

八王子旬香 染井 八王子旬香 染井
東京都八王子市千人町2-2-11
Hachioji, 193-0835

営業時間

HATSU JAPAN HATSU JAPAN
3-8 Kasade Yamazaki 301, Nakacho, Hachioji, Tokyo 192-0085, Japan
Hachioji, 1920085

We offer our vast experience and global contacts to help small companies get a "jump-start"​ to their full potential!

~Fairy Ring~(フェアリーリング) ~Fairy Ring~(フェアリーリング)
中野上町1-18-13
Hachioji, 192-0041

☆ビーズアーティスト☆ ☆カラーセラピスト(TCマスタートレーナー)☆ 「色彩豊かなHappyライフを…」 をコンセプトにカラーとビーズのキラキラを通してHappyをお届けします✨

Shu Inc. Shu Inc.
明神町2丁目27-6
Hachioji, 192-0914

外国人観光客を受け入れたいと考える全ての事業者様を対象に訪日客集客コンサル、英語版ウェブ制作、翻訳、メニュー制作等の観光業に特化したコンサル/制作を行っております。

丸美建設株式会社 丸美建設株式会社
石川町2567-1
Hachioji, 1920032

建築工事に伴う架設工事 土工事 コンクリート打設工事等の請負業務

はちおんす はちおんす
寺町1-13
Hachioji, 192-0073

ITサポート  データ削除 デジタルサイネージ 貸広告看板 

Harunet Harunet
Hachioji, 192-0012

株式会社アイワライフ 株式会社アイワライフ
Hachioji, 193-0942

一般建築リフォーム会社

中西ファーム 中西ファーム
小比企町2706
Hachioji, 193-0934

中西FarmのFacebookページです。 とにかく楽しくがモットー。 農業界の革命児になるべく日々奮闘中!