À vin de garde アヴァンギャルド

À vin de garde アヴァンギャルド

Wine bar, restaurent

17/09/2023

Photos from À vin de garde アヴァンギャルド's post 28/07/2023

いよいよ今夜ヴーヴクリコ・アンバサダーディナー開催、2ヶ月に渡るフェアのフィナーレ。
濃紺のピークドラペル・タキシードでお迎えします!
#やまや総本店膳 #やまや総本店白金小径

14/12/2022

Chambolle Summit

12/12/2022

プルミエクリュのクリマを村名より大きく記載するドメーヌだけど、サントーバンはそうしないのね、オンルミィは名が通っていると思うけど。この村も20は高かったので18を2本だけお試し、シャトードピュリニのオンルミィを以前よく使ってました。
色々飲んで来たけれど、フランスのワイン評論家の高評価がよく解らなかった生産者。最後は2015かな久しぶりに を、2019
16を半年ほど前に試しピュアで瑞々しく現代的と思い、18を追い掛けて。
良かった16繋がりで も。

06/12/2022

このクリマで最初に思い出すのは、ほとんどの方が
全くオファーが無いので現在の販売価格を知らないが、セカンドマーケットでは50万以上といったところ。
次に高価なのは、 恥ずかしながら飲んだ事もなく、こちらは20万を切らないようだ。
第3位は 辺りか、ヴィンテージによっては10万を切る事もあるが、20万オーバーもあり。
写真左の は次のランクか、しかし19、20、そして来たる21は20万超えの仲間入りへ。
逆に は下から数えた方が早い、ドメーヌ物で言うと、 ここが最安値となるだろう、ヴィンテージによっては、 等が安価で出て、その次がフェヴレ、但し特別な区画の があるのをお忘れなく、リリースされたばかりの年や17などしなやか系は10万を切るものの、殆どはそれ以上となる、未試飲。

01/12/2022

#室津牡蠣

27/11/2022

購入したのは2年前の10月、少し落ち着いてこの蔵の個性が出てきたようだ。
モエ2012を先に決めてコントラストを感じさせるものを、と思い選んだ一本、イメージ通りでした。
2012は21年3月仕入なので5ヶ月程後になる、当初から称賛したヴィンテージながら今回の前に開けたボトルは少し熟成が進んでいた。だがこのボトルはより健全でありプチドンペリの称号そのままの味わい。ブラインドならドンペリと答えたかもしれず、勿論12ではなく06、05辺りだろうか。グランヴィンテージとしては96に匹敵すると思われる。
一度飲んだ13は少し軽かったが残りのボトルに期待。

Photos from À vin de garde アヴァンギャルド's post 24/11/2022

南禅寺水路閣
過去に一度だけ訪れた南禅寺、その際にちょっと恐くて敬遠していた水路閣を上側から撮影して。
点描画の絵画のようで気に入りました。
連写すると微妙に色合いも変わり面白い。

アヴィニョンの水道橋
(Pont du Gard, Avignon)
も恐かったなあ。
#南禅寺水路閣

19/11/2022

店の開店時にはBienvenues, Les Folatières がリストを飾っていたと記憶している、Ramonet Batard, Les Boudriottes 等と共に。
4年前久しぶりに16 Bourgogne Blanc を3本購入し試したところ、素っ気ない味わいで残りを放置。
今月久しぶりに飲んだら抜栓当初はこれだけ待ったのに、との思いだったが2杯目以降むくむくと力を発揮して。
同じ酒屋のリストに19 Pulignyがあったのを思い出しメールすると、終売で20に変わってて在庫3本を全て購入。
その際インポーター在庫は全アイテム完売で21入荷待ちとの返答。
もう少し買い足したくなり、ネットショップから写真の3本をゲット、インポーターはAMZで同じ。
他のプルミエクリュも色々あり、様子を見ながら追加を検討し、年明けの21 Bourgogne Côte d’Or も。

18/11/2022

皆さんはドンペリをどれくらいストックされていますか?
一番古いヴィンテージは?
そして最高何年経ったドンペリを召し上がりましたか?

15/11/2022

2020第二弾仕入は 例年より少ない計10本、値上げも踏まえこんなものでしょう。21年以降はもっと少なくなるかもしれませんが、2012以降全てのヴィンテージがあるので相当数を在庫しています。
フーリエ好きの方は是非当店へお越し下さい。

Photos from À vin de garde アヴァンギャルド's post 13/11/2022

A pioneer in its category, Ultra Brut.

10/11/2022

来週ご予約のゲストに02を提案して。
最近はボルドーのオーダーが少なく、この有名銘柄も買い足すこと無く。
14セカンドは良い出来だとは思いました。

06/11/2022

12年だったか、薄かった記憶あり、白が価格上昇中で数の少ない20ブルゴーニュルージュを。12より明らかに良いですがこの価格だとライバルも多いでしょう。

03/11/2022

秋はこのディスプレイで。
周年でオーダーされたワインを中心に。今後随時更新していきますので素敵なワインのオーダーお待ちしています。

01/11/2022

購入当初は との違いが解りにくい気もしてセラーでエイジングを重ね、もう3年かな、御家芸のシャープな酸はそのままに細やかな味わいのニュアンスが生まれて。
透明のクリアーなボトルに変更してからは間違える人もいなくなったとは思いますし、期待感も抱かせて食卓が華やか。

30/10/2022

#2020 まあ許容範囲内の値上げかな、少量なので買ってみました。 は11月に納品を依頼して。
アルコール度数13%、赤いワックスはフラットで例年の長い斜めが好き。
八田商店扱いの 入荷が無くそのルートからは買いませんでした。

27/10/2022

et
当店で熟成させた2つの
旧クレール・ダユ区画だがスタイルはクラシックジャドー、どちらが好きかと言われれば、やはりBMに軍配を上げるが、2年前に京都で飲んだ09クロサンジャックと較べれば明らかにこの10が上で。
その09は想定した味わいと随分異なるのでレストランソムリエに、
これは典型的なのですか?
と質問したほど。
さて、ボンヌマールはやはりスケール感に勝る、4年の差とヴィンテージの個性が違うがタンニンはこちらが主張して。
例えばデュジャックのオーコンボットとシャルムシャンベルタン 単体でコンボットを飲めばしなやかさ、芳しさに魅了されるのだが、続けてシャルムを味わえば明らかにスケール感が違う、それと似ている。
どちらも最後は澱の多いワインで、その部分を注ぎ翌日香りを確認するとまた楽しめる、皆さんにもお勧め。

25/10/2022

久しぶりに飲み頃に差し掛かり、これから何年も楽しめそうなルフレーヴのピュリニに当たって。
15は残り一本だけかな、他には11、12、16、18。
プルミエクリュやレジョナル、アソシエを交えれば2010年代全てあると思う。

23/10/2022

店を愛する方々、そして私を愛して下さる方々の御来店が続き、幸せな毎日を送っています。
皆さん口々に21周年は凄いね、と仰って頂き、コロナ禍で生活スタイルが変わる中、営業を続ける大変さを実感しているので感無量です。

この12はクリスタルとして特別なスタイルと言えるでしょう、08は誰もが虜になる芳香と、やや豊満な味わいだったのに対し、味わう者を思索的にさせる複雑味、そして完全ビオディナミ移行に依ると推測されるシャープな酸、それはまるでピノノワールをブレンドしたサロンのよう。

そのサロンが手の届かない価格になった今、私はクリスタルとBlanc des Millenèresを継続して求めようと思います。

Mr. K. K. Thank you sooo much !

20/10/2022

前回投稿したようにセラー内のワインをシャッフルして出てきた2010のポイヤック。
購入履歴を調べると2012年6月に3本仕入れたようで、10年以上前だった。
2014年頃リリースされたばかりの 2010を飲む機会があり、まるで若飲みの効かない
その印象が強く、セカンドも放置したのだろう。
抜栓したコルクは2mm程の染み、但し犬の鼻のように黒い。香りはそれなりに経年変化を感じるが芳しさはなく、口に含んで丸みのあるタンニンとは言い難い。
やはりあのグランキュヴェと同様の傾向だ、そのランシュバージュ2010も帳面上は残っているし、木箱の底に塩漬けしているはず。
最近09ボルドーは何本も開けてて、その個性を確認しイメージを深めつつあるが、
10のブルゴーニュは兎も角、ボルドーに関しては未だ掴みきれていない。
2015が10年を迎える3年後からのテーマかな、15メドックは比較的09に近いのではないだろうか?
半年前に開けた15ポワフェレは非常に印象的。

19/10/2022

Shuffle the wine in the cellar

Photos from À vin de garde アヴァンギャルド's post 16/10/2022

開店年2001なので買っておいたワイン、21周年記念に抜栓して。
中盤は特に良く、澱も多かったので最後の一杯をグラスに注いだまま帰って。
翌日のブーケはクラスを超えた古酒の風情。

横に並べた と比べるとノンマロ効果で若さを保った2012。
ロゼ、BdBと価格は変わらないので、これがお勧め。
2年ほど前に一度試した15、その時より美味しく頂いて。自然派のニュアンスは感じるものの控えめ、15のかっちり感との相乗効果でしょうか。

2017も2年前開けて以来、随分と華やかに香るワイン、18のスタンダードブルゴーニュは箱買いしたので何本も開けているがちょっとクラスが違う感じ。
これを並べて味わうとノダン15の自然派香に気付かなくなるほど。
のパートナーと弟子を並べたのもお客様の選択に因るものでした。

13/10/2022

2 Morey
3 Gevrey
Two 2013
Three 2015

05/10/2022

昨日配達してくれた酒屋と2020ブルゴーニュワインの仕入れ状況を確認して。
価格上昇はもちろん割当ての減少著しいと。リリースの早かったマルク・コランは高騰で諦めピエール=イヴ・コランは果たして何本入荷するやら。
写真のデュジャックは昨年年明けだったが通常年内の入荷、14から頂ける分殆ど全て買っているので4ケースほどストック、18、19はまだ何も開けてなくて。20の村名はラックの上代¥18000くらいだろうか、それは店の開店当初の仕入れ98 と同額じゃないかな。

01/10/2022

2015が程良くこなれて今良いかと。同年ピュリニもあるけど写真の13が先かと思って。
はまだ先かな。
2006 と2012、この年までドメーヌ表記、12は と同時に開けようと思い、数日前は18を飲みました。6年間隔。
今月21周年なので、面白い銘柄を毎日開けて顧客にサーヴィスします。

25/09/2022

とても上質な2005で、このシャトーとして最高のワインでした。セラーには09もありそちらも有望でしょう。
16はネッビオーロ同様バルベラも良いのでしょうか、重み、厚みのある味わいに少し熱が加わったようなイタリアワインらしいと言っていいのかな、そんな味わい。
エイジングビーフのステーキに合わせるといいでしょう。
1ダース以上試したシャンパーニュもこれがラスト2、ノンマロらしい酸が残り発泡はやや柔らかくなったと感じさせるボトル。
でも慌ててラストを開けようとは思いません、これまでの経験でラストは若さを保っていることが多いので。

20/09/2022

もう4本目かな、開けるたびに表情は変わるが香しくスレンダーで酸の効いたシャンボールではないようだ。
アルコール度数は13%、18年には14%のブルゴーニュも珍しくなかったがこのワインとしては17、19の方が良い出来なのかも。

17/09/2022

6本仕入れた最初の1本、2019は も6本、こちらはピュリニベースなので単数の 価格は一般的な生産者の より高価、2020は更に1.5倍が見込まれるので、私の購入した最後のヴィンテージとなるだろう。
4日に渡りテイスティング、プイィ・フュイッセと解る人は誰もいないだろうが、ルフレーヴと答える人はいるだろう、そんな味わい。酸が綺麗で17白が好きな方には愛されるでしょう。
前述したブルゴーニュブランは放置を決め、 2016の2本目を試したくなりました、こちらも在庫は5本。

今日9時台のANAで上京の予定でしたが、台風で欠航となりました😂

15/09/2022

11/09/2022

2016 は6本ほど購入した2本目、直ぐに開けた1本目は生産者というよりアペラシヨン的味わいだったので残りを放置して。
今回はPYCMと共通する香り、味わいで本領発揮してきた様子。
16は市場に無いだろうし、買っておいて良かった。

07/09/2022

+c
ファーストノーズが通常シャンパーニュでは香らないニュアンス、例えるならキルシュ(eau de vie de Kirsch)に軽めの芋焼酎。
この前に試したこの蔵のスタンダードと言っていいのかな、
Oiry Blanc de Blancs Grand Cru
も個性的で、変わり種としてラインナップする類のもの。
日本輸入品はこの2つがS. A. 他に4種のミレジムが用意されている。
カタカナ表記で、
ラ・グランド・ヴィーニュ・モンターニュ=シュール=ヴェスル・ムニエ・エクストラ・ブリュット・ミレジム 2014
とあり。
こんなカタカナ必要ないよね、私なら
ラ・グランド・ヴィーニュ・ピノムニエ2014 とだけ記載し、アルファベットで
“La Grande Vigne”
Montigny-Sur-Vesle Pinot Meunier Extra Brut 2014
と正式名称を書く。
モンティニーをモンターニュと間違えてるし。
カタカナは要点だけでいい。

亡母の29回忌に献杯。

04/09/2022

2008で終わるかと思ったら2012がリリースされているようで。アンヴィタシオン も飽きたので、これがもう一本とメモアール 。

Photos from À vin de garde アヴァンギャルド's post 04/09/2022

久し振りのレコードを幾つか。
ワインは一本だけ、ニコル名義になって初めて開けた 中々個性的で面白いワインですね、上級銘柄を試してみたい。
セルの悲劇的はライヴと思わないでしょう、初めて聴く方は。
ヘルプをアルバム通して聴くのは20年振りくらいかも。キャピトルなのでパーロフォンとは選曲に違いあり。

Photos from À vin de garde アヴァンギャルド's post 31/08/2022

前回のラリュ・シャサーニュから18白を続けて。
このムルソーはワインサーチャーでも出てこないね。フィシェのワインも割当てなのでしょう、オファーも無ければ市場でも見ない。
味わいは購入して直ぐの一年半前よりムルソーらしくなりました、蜂蜜レモンと言うより水飴レモン寄り。熟成と共にまた変化するでしょう。
残り4本。

写真2枚目、 前日に飲んだラリュより味わいに厚みがあり、香りも分かりやすくシャサーニュらしい。しかし最後の一杯はそんな外交的要素が息を潜めて。
こちらは残一本、その代わり17プルミエクリュClos de la Maltroye が4本。
CDジャケットはハービーハンコックのソロピアノ、バンドでのバッキングやソロとは勝手が違うでしょうし、いつものハービー節とはいきませんがとても上質な演奏で、これから聴き込んでいきます。

28/08/2022

10年振りくらいかな、クローゼットを整理し取り出した20枚程のLPより。
DMM(Direct Metal Mastering)輸入盤で、当時の友人がVol. 1を持っていたのでVol.2を買ったんじゃないかな。今となってはVol. 1も買っておけばよかったと思うけど。
でもそんな収集癖もそろそろ終わりにしないとね。
生産者とは一度お会いした事があって。7〜8年前かな、あれは雪の降る寒い日でした、幾つかのドメーヌと共に来福し10人程度のソムリエ相手に試飲会を開いて。
ラリュを飲むのは久し振りだったので、私の知るスタイルとは変わったね、と伝えると、
“どちらが良いと思いますか?”
と尋ねられ、私は現在の味わいが好きです。
と返答。
嬉しそうな笑顔が思い出になって。
3年前京都パークハイアットでグラスの白がここのSous le Puits,
17で少し早いかと思ったら、既に魅力を感じさせる味わい。
そして2年前18を7本購入、正確には1本開けて追加で6本。
写真のシャサーニュは初めてでしたが、少し驚いたというか、香りも果実味も膨らみの少ないスレンダーな味わいだったから。
もう一本あるので変化を楽しみにしましょう。

23/08/2022

外を歩くと汗ばむとはいえ、確実に秋を感じさせるようになって。
ギル・エヴァンスとの3部作と言っていいのかな、ギルのアレンジとオーケストラサウンドに乗せてマイルスのトランペットを聴くと今の気分にぴったり。
ワインはシャーヴ・セレクションのシレーヌ・クローズ・エルミタージュ。
上品なシラーで、少し冷やしてグラスの中でシャンブレするといい。

20/08/2022

2015Vintage
2011~2014の後を受けて期待させたBourgogne Rouge の年、続く16もwine advocate 点数は高い訳だけど、90,96,02,05 の域に達するのは困難なのかも。
5が付くから05と比較、混同していたのかもしれません。
スタイルは明らかに異なるもの。

17/08/2022

買っただけで飲んでなかったブルゴーニュブラン2019を。
ヨーロッパでは既に2020が販売されている様子、国内は来月でしょうか。
ワックスにナイフを入れ通常のキャップシール同様に取り外し抜栓。いつも通りの天然コルクで問題無し。
但し18アリゴテでブショネ経験しました。
少し高めの温度16度位でスタート、イメージとしては18を購入して直ぐ開けた際と然程変わらないのかな、今飲むとして先月開けた16よりこちらが普通に美味しく感じるはず。
アルコール度数13度。

グールドのモーツァルト全集LP、昨年ヤフオク購入しましたがミント(未聴品)
同時購入した多数が同様で、田舎の販売店が廃業したのではと推測。

13/08/2022

珍しいのは
Chantal Remy Monopole
Vigot Gevrey
F***y Sabre Chorey Blanc かな。
Crystallum Cuvée Cinema 複数ヴィンテージあるけど初めての一本、ピーターマックスを普段飲みしてるので違いはよくわかりました。
天地人のマルサネ も上質でしたよ。
店はお盆休み中です。

あなたの事業をレストランのトップリストFukuoka-shiにしたいですか?
ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所

中央区今泉2-4-36, TIO今泉4階
Fukuoka-shi, Fukuoka
810-0021

営業時間

月曜日 18:00 - 00:00
火曜日 18:00 - 00:00
水曜日 18:00 - 00:00
木曜日 18:00 - 00:00
金曜日 18:00 - 00:00
土曜日 18:00 - 00:00

レストランのその他Fukuoka-shi (すべて表示)
福岡 薬院 ルシュッド 福岡 薬院 ルシュッド
中央区薬院1-6/25
Fukuoka-shi, 8100022

【魚介と野菜のフレンチ ルシュッド】 シェフ厳選の旬の食材、素材の味?

kafuku.gyoza kafuku.gyoza
福岡市早良区荒江2丁目10-18 N-ラヴィーヌ荒江1F
Fukuoka-shi, 814-0021

餃子の武蔵 名島店 餃子の武蔵 名島店
東区名島3丁目27/3
Fukuoka-shi, 8130043

福岡市東区名島に11月18日に開店の今までにない新しい餃子専門店です。 ?

おやつモダン花野季:和biカフェ母家 おやつモダン花野季:和biカフェ母家
西区今宿青木1059/29
Fukuoka-shi, 819-0162

福岡市にあるプリンとスイーツのお店です

Bicerin Hakata Hankyu Bicerin Hakata Hankyu
Fukuoka-shi, 812-0012

イタリアンカフェ

CECI Cafe CECI Cafe
福岡市博多区住吉4-21/10
Fukuoka-shi, 812-0018

NEW OPEN! おいしいコーヒーと楽しい英会話が自慢のカフェです!

餃子食堂 HOUNTEI 餃子食堂 HOUNTEI
西区小戸2-12-30 マリノアシティ福岡 マリナサイド南棟1F
Fukuoka-shi, 819-0001

博多⼀⼝餃⼦発祥の店「宝雲亭」の伝統とこだわりの味がマリノアシティ福岡に。

Montrose Diner Itoshima Montrose Diner Itoshima
西区田尻東2-2498/9
Fukuoka-shi, 8190383

「食べるものが身体と心をつくる」 無添加、非遺伝子組み換え、安心安全

酒と肴 中村商会 酒と肴 中村商会
福岡市中央区六本松4-11/2
Fukuoka-shi, 8100044

酒と肴中村商会

Ls plus cafe&bar Ls plus cafe&bar
福岡市中央区警固2-1-15-7階
Fukuoka-shi, 8100023

kamikumasu.hiroshi kamikumasu.hiroshi
Fukuoka-shi

焼肉赤身にくがとう E・ZO Fukuoka店 焼肉赤身にくがとう E・ZO Fukuoka店
中央区地行浜2-2-6 E・ZO FUKUOKA 3F
Fukuoka-shi, 810-0065

焼肉