湘南モノレール

湘南モノレール株式会社(しょうなんモノレール)は、神奈川県鎌倉市に本社を置くモノレール江の島線を経営する鉄道会社である。経営共創基盤傘下のみちのりホールディングスが株式の92 %を保有する同社の子会社である。概要懸垂式モノレール鉄道設備機器の導入・拡販のために、三菱重工業、三菱電機、三菱商事、京浜急行電鉄などが出資し、1966年(昭和41年)4月に設立した。懸垂式モノレールの技術契約を持っていた日本エアウェイ開発からの引き継ぎの事情もあり、設立時は東京都港区浜松町に東京事務所を構えていた。新幹線0系の開発に関わったことで知られる鉄道車両技術者・三木忠直は、江の島線敷設にあたって技師長として技術部門の指揮を執り、開業後もしばらく事業に携わっていた。江の島線開業当初には、会社規模に応じた沿線宅地開発やマンション(3棟)の建設を行ったほか、1975年(昭和50年)ごろには、仙台市営モノレール南西線構想のあった宮城県仙台市太白区の茂庭台で不動産開発を行うなどで、現地に不動産営業所を構えていたこともある。ただし現在不動産事業は縮小している。日本民営鉄道協会に、モノレール専業事業者としては唯一加盟している。社会インフラシステムの販促を主目的として設立されつつも、半世紀近くが経過、結果として地域における重要な公共交通機関としての営業が主体となっているが、2015年(平成27年)の株式譲渡まで株主構成は設立当初からほとんど変わっておらず、三菱グループが9割以上の株を保有し、歴代社長も設立当初を除き三菱重工業出身者で占められていた。鉄道事業者の出資は京急と西武がわずかな割合を負担しただけで、京急が開業当初の人材派遣と、現在まで続く関連会社による車両メンテナンスの一部請け負い程度の役割をしていることに留まる。そもそも京急が出資している理由は江の島線がかつて京急の所有していた自動車専用道路「京浜急行線」のほぼ真上に敷設されているためである。

通常通り開く

住所


片瀬3-15-1
Fujisawa-shi, Kanagawa
251-0032

その他 Fujisawa-shi タクシー (すべて表示)
介護タクシー 湘南ウェーブ 介護タクシー 湘南ウェーブ
石川3丁目19-4 101
Fujisawa-shi, 252-0815

【藤沢・茅ケ崎・辻堂、湘南エリアの介護タクシー送迎サービス】神奈川県藤沢市にございます『介護タクシー 湘南ウェーブ』のFacebookページです。

江ノ島タクシー株式会社 江ノ島タクシー株式会社
片瀬海岸1丁目10番地14号
Fujisawa-shi, 251-0035

湘南江の島にあるタクシー・貸切バス運営会社 江ノ島タクシー株式会社の公式Facebookページです。

Shonan Monorail Shonan Monorail
Fujisawa-shi

江ノ島電鉄 江ノ島電鉄
片瀬海岸1-4-7
Fujisawa-shi, 248-0016