東京競馬場

東京競馬場

東京競馬場(とうきょうけいばじょう/ 英: Tokyo Racecourse)は、東京都府中市にある中央競馬の競馬場。所在地から府中競馬場(ふちゅうけいばじょう)とも通称される。施行者ならびに管理者は日本中央競馬会である。敷地内施設として、JRA競馬博物館・乗馬センターの他、馬車(ホースリンク)・水遊び広場やミニ新幹線など遊園地のような遊具やイベントが行われている。歴史東京競馬場の前身は目黒競馬場である。1907年(明治40年)に約65000坪の敷地面積の目黒競馬場が開設されたが、その後目黒競馬場周辺の都市化が進み、借地が大部分だった目黒競馬場は借地料の増加に加え、馬券発売による競馬人気で手狭になったにもかかわらず施設拡張の余地がなかったため移転を余儀なくされた。小金井や羽田、世田谷なども移転先候補地となったが、府中町(当時は町)(昭和8年)11月18-20,25-26,12月1-3日である。東京優駿日本ダービーは第三回1934年(昭和9年)から東京競馬場で行われ、開設時の重賞競走としては帝室御賞典(今の天皇賞)や農林省賞典、目黒記念などが行われていた。1937年(昭和12年)、全国的な競馬施行団体である日本競馬会が設立された。これに伴って東京競馬場のみの競馬運営体の東京競馬倶楽部は解散して日本競馬会に合流し、東京競馬場は日本競馬会東京競馬場となる。1940年(昭和15年)の開催が決まっていた東京オリンピックでは、馬事公苑や中山競馬場とともに馬術競技で使用されることとなっていたが、日中戦争の影響で東京オリンピックの開催そのものが中止となった。1943年(昭和18年)12月、政府は競馬を中止し、1944年(昭和19年)以降は東京・京都でのみ能力検定試験を行うことにした。したがってこの年の日本ダービーや横浜農林省賞典四歳呼馬(現在の皐月賞)は馬券は売らず観客は入らないなかで、関係者のみが見つめる前でおこなわれている。中山競馬場で行われていた重賞レース(中山記念や中山四歳牝馬特別など)も東京で行われた。

通常通り開く

電話番号

住所


日吉町1-1
Fuchu, Tokyo
183-0024

営業時間

水曜日 10:00 - 12:00
13:00 - 16:00
木曜日 10:00 - 12:00
13:00 - 16:00
金曜日 10:00 - 12:00
13:00 - 16:00
土曜日 09:00 - 17:00
日曜日 09:00 - 17:00
スポーツ施設とスタジアムのその他Fuchu (すべて表示)
Tokyo Racecourse Tokyo Racecourse
Fuchu, 183-0024

東京競馬場 東京競馬場
日吉町1-1
Fuchu, 183-0024

東京競馬場の「非公式」ファンサイトです。歴史はこちらの方がはるかに?