塚口駅

塚口駅(つかぐちえき)は、兵庫県尼崎市東塚口町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線の駅である。アーバンネットワークおよび「JR宝塚線」の愛称区間に含まれている。かつては、福知山線の支線に当たる尼崎港線の起点でもあった。歴史当駅が所属する福知山線は、長年にわたって単線・非電化という低規格の路線であったため、ターミナル駅である大阪駅からさほど離れていない割りに利便性は劣っていた。改札も列車別改札で行われていた。1980年頃にもなると、当駅のすぐ北側で交差する阪急神戸本線を最新鋭の6000系電車が満員の通勤客を乗せて時速100キロで通過するのを尻目に、当駅からDD51形ディーゼル機関車に牽引された43系客車がのんびり発車するさまは、一種異様な風景だった。しかし1981年の複線電化を機に、橋上駅舎が整備されるなど近代化が進み、ようやく大都市近郊駅としての機能を果たすようになった。1984年までは、尼崎港駅へ至る支線(通称・尼崎港線)が当駅 - 尼崎駅間で分岐していた。開業当時はそれが本線とされ、尼崎港方面へ向かう線路が直線的に敷設(現在でも路盤の跡が残っている)されていたのに対し、現在の本線は一旦西にそれて大きく回り込むような線形となっている。この迂回ルート上にあるカーブで、2005年4月25日に脱線事故が発生した。東海道本線の東京駅 - 大阪駅間で運転されていた長距離特急『つばめ』や『はと』は、大阪駅に到着した後に当駅まで回送された上、当駅で機関車を編成の後端に付け替えた後、宮原操車場へ入り方向転換を行っていた。これは各列車の先頭に展望車があり、展望車側を先頭にする必要があったためである。こういった運用に対応すべく、1956年11月のダイヤ改正を機に尼崎駅 - 当駅間は早々に電化された。その後も1978年10月のダイヤ改正まで、宮原操車場への回送の際の時間調整のため、大阪駅から一部の特急が当駅まで回送されて運行まで待機していた。同改正をもって電気運転は一旦廃止されたものの、電化設備はそのまま残され、1981年の線内電化の際に再利用された。

通常通り開く

カテゴリー

ウェブサイト

住所


東塚口町1丁目9番1号
Amagasaki-shi, Hyogo
661-0011

輸送サービスのその他Amagasaki-shi (すべて表示)
Sahana Đại lý Hyogo - Vận chuyển Nhật Việt Sahana Đại lý Hyogo - Vận chuyển Nhật Việt
Amagasaki-shi

Vận chuyển 2 chiều Nhật - Việt uy tín. + Vận chuyển đường bay và đường biển Inbox để liên hệ !

尼崎駅 尼崎駅
潮江1-1-1
Amagasaki-shi, 660-0808

尼崎市場駅 尼崎市場駅
Amagasaki-shi