税理士法人シンフォニア

税理士法人シンフォニア

シンフォニアSinfoniaは交響曲を意味するイタリア語。お客様のご要望をモチーフにして、専門家として心・技・体の限りを尽くし、お客様の心に響く仕事をします 。 相続税・贈与税・不動産に関する税金のご相談 / 会社の税金・経営計画の策定をメイン業務として、税理士2名により活動しています。 相談者の方のお悩みをとことんまでお聞きして、問題を正確に把握した上で、最も良い解決方法を考えます。 税理士 西山実 新潟県出身 税理士法人トーマツにて多くの法人・個人の案件を手掛け、㈱ファイザー製薬勤務の後、調布にて税理士事務所開業 平成5年税理士登録  税理士 鹿野浩一 北海道出身 武蔵府中税務署、武蔵野税務署等三多摩を中心に長年所得税、相続税を担当。府中にて税理士事務所開業 平成22年税理士登録

使命: 我々は次の価値基準にもとづき仕事をしています。 1 強い情熱を持つこと 2 素直かつ正直であること 3 事業感覚を鍛錬すること 4 絶えざる研究を行うこと

【シンフォニア経営セミナー開催ご案内】

税理士法人シンフォニアでは中小企業の経営者のみなさま向けに、「お金」と「人」をテーマに定期的にセミナーを開催しています。2018年9月はコーチングのスペシャリスト、10月は調布の弁護士さんをゲストでお呼びして開催します。

・9月19日 (水) 18時~20時10分
・10月25日(木) 18時~20時10分

会場は、調布市文化会館たづくり10階です。
参加費は1,000円です。リンク先のフォームよりお申込みください!

http://www.sinfonia-tax.com/category/1974796.html

sinfonia-tax.com

マイナンバー制度 実務対応セミナー

【マイナンバー実務セミナー開催】
いよいよ来月にはマイナンバーが通知されます。マイナンバー制度に向けて企業が準備すべきことについて、実務セミナーを開催します。

次の2つの日程からお選び頂くことができます。(両日とも内容は同じです)
 ① 10月2日(金)の14時~(受付開始13時半)
 ② 10月6日(火)の18時~(受付開始17時半)

対象者:企業経営者、企業給与計算業務ご担当者、金融機関の方が対象です。参加費は無料です。

詳細並びにお申し込みはリンク先のHPをご覧ください。
http://www.sinfonia-tax.com/category/1974796.html

sinfonia-tax.com お申込みフォーム

税理士法人シンフォニア主催の相続税セミナー「税務調査も心配なし!相続税対策を知ろう」開催中です。次回開催は7月21日(火)。

sinfonia-tax.com

セミナーのご案内

相続税セミナー「税務調査も心配なし!相続税対策を知ろう」を2015年6月16日(火)、調布市文化会館たづくりにて開催します。

相続税セミナーを毎月開催して満4年、今回で49回目になります。ご家族で相続について話をするきっかけにして頂ければと思います。

参加費無料です。6月16日は残席あとわずかです。同じ内容で7月21日、8月11日も開催します。詳細とお申し込みは、リンク先のHPからお願い致します。

http://www.sinfonia-tax.com/category/1493035.html

sinfonia-tax.com セミナーのご案内

mbp-tokyo.com

国外転出課税

今、話題(!)の富裕層への課税について、なるべく噛み砕いて書いてみました。気を付けるべきは出国のケースだけではありません。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/44135/

mbp-tokyo.com 平成27年税制改正の中でも最も注目されるのが「国外転出課税」です。これは1億円以上の有価証券等を保有する者が、平成27年7月1日以降に国外転出をする際に、その有価証券等を譲渡したのものとみなして所得税を課税するという制度です。...

mbp-tokyo.com

寡婦控除と寡夫控除

寡婦・寡夫の控除の違いを見ると、税法の考え方の立ち位置がわかって興味深いものがあります。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/43377/

mbp-tokyo.com 確定申告が始まっていますが、市役所の税務相談会などで担当していると寡婦控除について質問を受けることがあります。女性の所得控除である寡婦控除とは次です。①夫と死別で本人の所得500万円以下(寡婦27万円控除)夫と死別後婚姻...

mbp-tokyo.com

2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について

確定申告の時期が近づいてきました。割引制度のある国民年金保険料2年前納制度を利用された方はご確認ください。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/42838/

mbp-tokyo.com 先日税理士会支部の所得税確定申告の無料相談会の担当者説明があり、その席で注意点として情報を頂いてきましたのでご案内します。国民年金については、平成26年4月から2年度分の保険料を口座振替でまとめて納める「2年前納」が始まっていま...

mbp-tokyo.com

平成27年度税制改正大綱の主要ポイント

平成27年度の税制改正で特に注目される6ポイントをまとめました。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/42530/

mbp-tokyo.com あけましておめでとうございます。本年も2週に一度ペースでコラムを書いて行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。師走の選挙で12月30日に決定がずれ込んだ平成27年度税制改正大綱の主要なポイントを記しておきます。①消...

mbp-tokyo.com

預金口座にマイナンバー

平成27年の税制改正ではマイナンバーの踏みこんだ扱いが出そうです。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/42133/

mbp-tokyo.com 政府は12月30日に発表される見込みの平成27年税制改正大綱で、平成30(2018)年からマイナンバーを預金口座に適用する方針を固めたという報道がされています。12月20日付け日本経済新聞↓(全文を見るためには有料登録が必要です)http://w...

mbp-tokyo.com

マイナンバー制度の導入

来年の10月に個人番号が通知され、再来年から使用が開始されるマイナンバー。もっと国民の関心が高まるべきではないかと思います。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/41860/

mbp-tokyo.com 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)をご存知ですか?マイナンバー制度とは、国民全員に番号を付して、社会保障や税についての行政の事務効率化を図り、国民の負担を軽減させ、適切な所得の再分配の実現、国民の社会保障の権利を守ろ...

mbp-tokyo.com

消費税10%導入の延長

消費税10%が平成29年4月に延長され確実に実施、そのときに軽減税率導入を目指すということが報道されています。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/41605/

mbp-tokyo.com 衆議院が11月21日に解散し、12月14日に選挙が実施されることとなりました。平成27年10月に予定されていた消費税の10%への増税は、平成29年4月へと18か月間延期されることとなりました。安倍総理によると、平成29年4月からの10%実施につい...

mbp-tokyo.com

配偶者控除見直しの5案

配偶者控除の議論は、単純な「継続」か「廃止」かだけではなく、いくつかの提案がなされています。なかでも、配偶者の基礎控除の移転という案は興味深いです。http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/41380/

mbp-tokyo.com 毎年の税制改正議論で話題となる配偶者控除見直しですが、11月7日の政府税制調査会では5つの案が提示されています。①配偶者控除の廃止②配偶者控除に所得制限を設ける③移転的基礎控除の導入④移転的基礎控除の導入と税額控除化⑤...

mbp-tokyo.com

出国税

いよいよこの税制改正の議論が始まるようです。注目していきたいと思います。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/41103/

mbp-tokyo.com 富裕層が日本の税金を嫌って、日本を出国し香港やシンガポールなどに移住する動きがテレビなどで取り上げられます。出国して日本の非居住者となったあとに、含み益のある株式を売却しても日本では所得税がかかりません。一方で、香港やシン...

mbp-tokyo.com

Jリーグ消費税未納

Jリーグの話題に消費税ということで目に止めた方も多かったのではないでしょうか。Jリーグに属する外国人の消費税の話題です。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/40848/

mbp-tokyo.com インターネットで11日の新聞記事「〈消費税未納〉Jリーグ監督・選手30人分 国税庁放置」が掲載されていました。http://mainichi.jp/shimen/news/20141011ddm041040123000c.htmlヤフーニュースのスポーツ欄にもリンクされていて、人気の...

「生計を一にする」とは

少し税金について勉強すると出てくる言葉「生計を一にする」は、実は法律に定義がされていません。解釈の幅があり事実認定が難しい奥深いものなのです。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/40532/

mbp-tokyo.com 税法では「生計を一にする」という言葉が、あちこちで使われます。例えば、所得税の扶養控除の対象者(扶養親族)の要件では、「生計を一にする」親族が対象とされています。来年1月からの増税が話題の相続税では、一定の条件を満たす宅...

相続税相談が増えています

新聞や雑誌など相続税特集は増えていますが、なかなか正確な情報を理解するのは大変なようです。専門家の活用をお勧めします。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/40315/

mbp-tokyo.com 来年1月1日からの相続税増税を目前にして、あちらこちらで金融機関やハウスメーカーなどの主催による相続税セミナーや相続税相談会が開催されています。先日、私も吉祥寺のホテルで大手ハウスメーカーが開催する相続税相談会にて相談員を担...

赤字企業の課税

法人の実行税率を下げるために赤字企業の外形標準課税の負担増を検討するようです。中小企業は対象にはならないようですが、給与等に課税する外形標準課税の仕組みを考えると課題は多そうです。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/39949/

mbp-tokyo.com 本日の日本経済新聞一面の大見出し記事は「法人税、赤字企業の負担増」です。安倍政権は、法人税の実効税率の引き下げを公約しており、黒字企業は減税する一方で、赤字企業は増税をする方向で税制改正の議論に入るようです。企業のグロ...

会社と個人事業の違い

細かいルールの違いは山のようにありますが、まずは知っておいていただきたい違いを書いておきました。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/39375/

mbp-tokyo.com 「会社の税務と個人事業主としての税務の違いはあるのですか?」と会社勤務時代の友人に聞かれました。最近顧問先になったお客様で、個人事業主としてずっと仕事をやっていたけれどもチャレンジしてみようと決意し法人にしたという方がいら...

mbp-tokyo.com

配偶者控除の対象となるか?

女性の社会進出も多様化しています。配偶者が個人事業者の場合、配偶者控除の適用はどうなるのでしょうか?
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/39175/

mbp-tokyo.com 配偶者控除が女性の社会進出を阻害するという考えがあり、毎年のように配偶者控除の廃止が議論されています。個人的な感想としては「せっかくある所得控除を縮小・廃止しようなんてもったいない」と思っています。努力を積み上げて社会進出を...

[07/15/14]   7月15日にWebからお問い合わせ頂いたお客様:

お問い合わせありがとうございました。残念ながらご入力いただいたメールアドレスが正しくないようで、メールをお送りしても届かない状況です。お手数をおかけしますが、再度メールアドレスもしくは電話番号をご連絡ください。よろしくお願い申し上げます。(税理士 西山)

mbp-tokyo.com

ふるさと納税

自治体同士で特産品のバーゲンセールになるのはいかがなものかとも思いますが、「ふるさと納税」を地方活性化に活用しようという官房長官の発言もあるようです。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/38932/

mbp-tokyo.com Yahooなどのインターネットの記事を見ると「ふるさと納税」が話題になることが増えているようです。話題になる理由は、お礼に特産品がもらえる自治体が増えているからのようですが、「ふるさと納税」については地方活性化の観点から菅官房長官...

mbp-tokyo.com

法人税の減税議論

実効税率29%まで下がるとインパクトは大きいと思います。一方で、国内中小企業への影響は気になるところです。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/38694/

mbp-tokyo.com アベノミクスの成長戦略のひとつとしての法人税改革が議論されています。振り返ればここ数年は、一貫して増税議論が中心でした。本年と来年で決定している主要な増税は次の通りです。消費税増税: 8%(2014年4月)、10%(2015年10月)相...

mbp-tokyo.com

消費税の軽減税率の議論スタート

消費税の軽減税率の論点を読むと、これを法律にしたり、実務で対応することの困難さを強く感じます。対象品目の線引きを定義するのは大変ではないでしょうか。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/38488/

mbp-tokyo.com 2014年6月5日に与党の税制協議会で、「消費税の軽減税率に関する検討について」と題した論点整理がまとめられました。https://www.jimin.jp/news/policy/pdf/pdf179_1.pdf軽減税率の対象としては、税率が20%を超えるヨーロッパ諸国では生活...

小規模宅地特例と要介護認定

老人ホーム入居していた場合、相続税の小規模宅地特例を受けるためには「要介護」もしくは「要支援」認定が必要ですが、亡くなった後に認定を受けた場合であっても、適用を受けることができます。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/38371/

mbp-tokyo.com 平成26年1月1日から適用になっている相続税の改正では、被相続人が老人ホームに入居して空き家となっていた場合の家屋の敷地についても、一定の要件を満たす場合には、小規模宅地特例(特定居住用の80%減額)が受けられこととなっています。...

mbp-tokyo.com

接待飲食費に関するFAQ

接待飲食費の半分が損金になる税制改正がなされましたが、その範囲について知っておくことで、節税もできて、景気拡大への政策効果も高まることでしょう。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/38149/

mbp-tokyo.com アベノミクス政策のひとつとして、従来は大企業における交際費は全額が損金不算入とされ法人税の課税対象であったものが、平成26年税制改正では、交際費のうち接待飲食費の額の50%相当額が損金の額に算入されることとなりました。法人の平成2...

任意の消費税中間申告制度

消費増税からの回復が順調なようだという新聞記事を見ます。事業者が納税できて消費増税のヤマが超えることになると思いますが、任意の納税という新しい制度が導入されています。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/37935/

mbp-tokyo.com 5月2日の日本経済新聞1面は、“消費税落ち込み「想定内」”という大見出しでした。「増税直後に約2割落ち込んだ百貨店の売上高は約1割減まで復調。スーパーなど、毎日の生活に根ざした商品を扱う店舗では前年を上回り始めた企業もある。」な...

mbp-tokyo.com

飲食費の50%損金算入

景気拡大への経済効果の期待が高い平成26年度の交際費課税の改正です。飲食費を支出する企業側での、税務上の要件を整理しました。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/37588/

mbp-tokyo.com 法人が支出する交際費の課税については、平成26年度の税制改正で減税方向の改正が行われています。改正趣旨は、言うまでもなく現政権の重要政策である景気拡大(アベノミクス)です。昨年(平成25年)の税制改正でも、資本金1億円以下の中小...

mbp-tokyo.com

タワーマンションの節税に思う

消費税の駆け込み消費もタワーマンションの節税も、気をつけるべき根っこは同じなのではないかと思います。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/37267/

mbp-tokyo.com 消費税増税まであと2日。この週末は駆け込みで消費の対応で忙しい事業者・消費者も多いことでしょう。私も、昨晩ガソリンを満タンにしてきました。気をつけるべきは、駆け込み消費による需給バランスのゆがみのため、税抜きの価格自体が高くな...

mbp-tokyo.com

消費税増税まで1ヶ月

増税まで1ケ月を切っていよいよ大きな話題になっています。どのタイミングで8%になるか要注意です。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/36770/

mbp-tokyo.com いよいよ消費税率が8%に上がるまで1ケ月を切りました。テレビや新聞報道などでも本格的に話題になっています。私がたまたま見ていたテレビでは、デパートの紳士服のオーダーメイドを取り上げていて、3月某日までの申込であれば5%と紹介して...

贈与税申告は期限内に出しましょう

この時期国税庁は確定申告の呼びかけをしていますが、期限内に申告をしなければ非課税にならないという制度があります。特に贈与税にご注意を。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/36628/

mbp-tokyo.com ただいま平成25年分の所得税の確定申告期間のまっただ中ですが、この時期(2月1日~3月17日)は平成25年分の贈与税の確定申告期間でもあります。通常、平成25年中に贈与を受けた財産が110万円を超える場合(複数の人から贈与を受けている場合...

mbp-tokyo.com

ゴルフ会員権が「生活に通常必要でない資産」になります!

税法では「生活に必要な資産」と「生活に通常必要でない資産」に分けて税金を計算します。ゴルフ会員権は、平成26年4月1日から「生活に通常必要でない資産」に仲間入りします。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/36461/

mbp-tokyo.com 税法は複雑と言われます。これは「課税の公平」を目指すために、毎年の税制改正でより精緻になっていくためです。所得税も最も複雑な税制のひとつです。個人に対して課税をする所得税では、所得を10種類に区分して計算していきます。法人税...

消費税の適用税率に関する国税庁Q&A

国税庁が新しい消費税のQ&Aを公表しています。消費税は簡単なようでいて、なかなか深くて難しいものと思います。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/36032/

mbp-tokyo.com 1月20日付けで国税庁は「消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率に関するQ&A」を公表しました。http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/kaisei/pdf/201401qa.pdf消費税の適用税率は悩ましい点が多々あります。理屈上は...

mbp-tokyo.com

相続税調査件数データ

相続税の税務調査件数が減少しているというデータがありますが、これが実体を表しているかは疑問、と言うお話です。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/35877/

mbp-tokyo.com 平成27年に相続税の大きな改正があり、これにより相続税の申告が増加することが見込まれています。一方で、税務職員の増加は見込まれておらず、今後の税務調査がどのようになっていくかについて、関心が持たれます。 国税庁は昨年11月に「平...

mbp-tokyo.com

扶養義務者から「生活費」又は「教育費」の贈与を受けた場合

本年もよろしくお願い申し上げます。明日から業務開始です。
昨年末に国税庁のHPに扶養義務者からの贈与についてのQ&Aが掲載されていますので、コラムでご紹介しています。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/35559/

mbp-tokyo.com この年末年始には、遠く離れて暮らす肉親との団らんを楽しんだ方も多いと思います。中には、生活費や教育費、結婚や出産の費用の援助の話をしたご家庭方もあるのではないでしょうか。国税庁が、平成25年12月12日に「扶養義務者(父母や祖父...

平成26年度税制改正大綱

今週はマスコミ報道でも大きく取り上げられました。大きくは、個人は増税、法人は減税です。
http://mbp-tokyo.com/nishiyama-tax/column/35216/

mbp-tokyo.com 税務の今週の大きな話題は、12月12日に決定した平成26年度税制改正大綱です。税制改正大綱本文へのリンクはこちらです。(自民党HP内)http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/zeisei2013/pdf128_1.pdf実務的に注目度が高いのは、次の点です。...

あなたの事業を会計士のトップリストChofuにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


小島町2-45-22 ワイズビル202
Chofu, Tokyo
182-0026
会計士のその他Chofu (すべて表示)
熊澤会計事務所 熊澤会計事務所
下石原1‐29‐9
Chofu, 182-0034

会計事務所